プレイステーション(PS) ソフトすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > ゲーム > プレイステーション(PS) ソフト > すべて

プレイステーション(PS) ソフト のユーザーレビュー

(389件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プレイステーション(PS) ソフト > SIE > 戦闘国家-改-(インプルーブド)

HISASHI-880さん

  • レビュー投稿数:518件
  • 累計支持数:6314人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

映画(DVD・ブルーレイ)
97件
0件
自動車(本体)
23件
13件
外付け ハードディスク
23件
0件
もっと見る
満足度5
操作性5
グラフィック5
サウンド3
熱中度5
継続性5
ゲームバランス3
 

ゲーム・パッケージ【表】

ゲーム・パッケージ【裏】

 

若い頃の「ファミコンウォーズ」にハマったこともありこの手のシュミレーションゲームが好きなジャンルになります。
違うシュミレーションゲームを遊びたくてメガドライブを購入したり、先にレビューした戦闘国家シリーズの『戦闘国家 AIR LAND BATTLE』をプレイしたくてプレイステーションを購入したりしたくらいです。
他にレビューした『大戦略エクシード2 [PS3]』『大戦略パーフェクト〜戦場の覇者〜 [限定版] [PS3]』]』『現代大戦略2016〜秩序の崩壊・覇権国家失墜〜 [PS3]』もPS3を購入するきっかけになりました。
このゲームをプレイしていなかったらPS3を購入しなかったと思います。

この『戦闘国家-改-(インプルーブド)』は、先にレビューした『戦闘国家 AIR LAND BATTLE』の続編として購入しましたが、標題にもあるように「裏技(隠しコマンド)」が有って設定変更や隠し兵器などでもありました。
いろんなパターンで遊べた「ファミコンウォーズ」並にハマったゲームになります。


項目別は、点数のみの評価です。


【操作性】・・・5点 
先にプレイした『戦闘国家 AIR LAND BATTLE』でコントローラーの操作に慣れていたので簡単でした。

【グラフィック】・・・5点
『戦闘国家 AIR LAND BATTLE』と同じく当時のブラウン管の32インチテレビでプレイしていましたが、画が綺麗でした。
マップ画面が支障なく識別しやすかったです。

【サウンド】・・・3点
音は、良かったと思いますが、『戦闘国家 AIR LAND BATTLE』同様サウンドが邪魔で「戦闘」以外のBGM等をオフにしてプレイしていました。

【熱中度】・・・5点
前作同様「先手必勝」「持久戦」等、同じマップでも結構自分で作戦を考えることで熱中できました。
裏技によって遊び方の幅やバリエーションも増えて更に熱中できました。

【継続性】・・・5点
前作の『戦闘国家 AIR LAND BATTLE』よりもこのゲームで遊ばせていただきました。
私にとってストレス解消に最適なゲームでした。

【ゲームバランス】・・・3点
『戦闘国家 AIR LAND BATTLE』よりも対戦相手のコンピューター側の思考時間は、短かったですが、それでも若干長く感じました。
それより古い「ファミコン」「スーパーファミコン」「メガドライブ」等のシュミレーションゲームの思考時間よりは、断然速かったです。

【総評】・・・5点
重複しますが、このゲームは、それより古い「ファミコンウォーズ」で熱中したと同じくらい弩ハマリしました。
対戦相手のコンピューター側の思考時間がもっと短ければ最高のゲームと言えます。
PS3の同種のゲームの思考時間は、劇的に短くなりましたが「設定」が複雑になりすぎてやるべき作業が増えて単純な「戦術シュミレーションゲーム」とは、言い難くなりました。
ハードが壊れてしまいもう遊べませんが、また遊びたいと思えるゲームのため諸々勘案すれば満足度5点となります。

比較製品
SIE > 戦闘国家 AIR LAND BATTLE
システムソフト・アルファー > 現代大戦略2016〜秩序の崩壊・覇権国家失墜〜 [PS3]
システムソフト・アルファー > 大戦略パーフェクト〜戦場の覇者〜 [限定版] [PS3]
レベル
ビギナー
目的
ひとりで遊ぶ
総プレイ時間
101時間以上

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プレイステーション(PS) ソフト > J・ウイング > 華蘭虎龍学園〜むねきゅん編〜

じゃむぱん丼さん

  • レビュー投稿数:355件
  • 累計支持数:140人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

プレイステーション2(PS2) ソフト
96件
0件
プレイステーション(PS) ソフト
72件
0件
ニンテンドーDS ソフト
41件
1件
もっと見る
満足度3
操作性4
グラフィック3
サウンド2
熱中度2
継続性1
ゲームバランス3

これでからんころん学園と読む。暴走族か。
2000年の2月から毎月一本ずつ「どきどき編」「むねきゅん編」「ぴゅあらぶ編」と称して発売された二人打ち麻雀風ギャルゲー。
これは第二弾ということになる。
以前三作目のぴゅあらぶ編を手に入れてレビューしたが、ゲームシステムはほぼ同じ。
まとめると

・麻雀は二人打ち
・ゲーム部分は結構な高速化が可能で、余計な演出は開始時以外ほぼ挟まらない
・ツモるか鳴くか、リーチするかはプレイヤーが選択する
・ロン、ツモ時だけ自動で選択肢が出る
・勝負は五回戦、点数制ではなく勝ち数の勝負。どんな役でも上がれば勝ち、上がられたら負け
・ストーリー、フリーともにルールは同じで、勝敗決定後点数計算はするものの持ち点はどこにもない
・ストーリーモードでは勝たないとご褒美グラフィックが出ない
・負けても一応新規グラフィックが出ることもあるが、ご褒美ではないのでおまけにも掲載されない


実質グラフィックやシナリオだけ差し替えて、どれも中身は同じという認識でいいと思われる。
今回のキャラデザインは漫画家の現津みかみという人が担当している。
パッケージの絵を見ると胸が全然ないキャラが三人揃っているが、実際のグラフィックもスレンダー系のキャラばかりだった。
声優は南央美(ボーイッシュ料理少女)、野上ゆかな(ほぼ水着姿のみのデレお嬢様)、雪乃五月(演技の方が地声で怖い低音演劇少女)の三人。
ってぴゅあらぶ編と声優完全に同じやん。多分第一弾もそうなんだろうな。
一度に全キャラ分録音したと思われる。
麻雀ボイスは共通かなあ、もう忘れてしまったしぴゅあらぶ編はどこかに仕舞ったので取り出して確認するのも面倒だ。
ともあれ徹底した省エネぶりには感心する。
予算的に相当かつかつで末期状態だったのだろうけど。(開発のJウィングという会社はこの後潰れた模様)

相変わらずストーリーとフリーを一度でもプレイすれば(勝敗の結果に関わらず)キャラごとにおまけモードがオープンされる。
本編で見ていない絵も見られるので、苦労して勝つまで麻雀を続けなくてもいい。
お気に入りでも見つかればよし、いなければ適当に回しておまけだけオープンすれば終わり。
気に入った子がいたとしてもどうせおまけオープンするまでの命。まあ持って数時間ってところかな。

とりあえず2時間くらいは楽しめたかな、今回も。
過剰な期待を寄せなければこんなものかと。
とても定価(当時2800円)で買う気にはなれないけどなあ。

総プレイ時間
5時間未満

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プレイステーション(PS) ソフト > SIE > 戦闘国家 AIR LAND BATTLE

HISASHI-880さん

  • レビュー投稿数:518件
  • 累計支持数:6314人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

映画(DVD・ブルーレイ)
97件
0件
自動車(本体)
23件
13件
外付け ハードディスク
23件
0件
もっと見る
満足度5
操作性5
グラフィック5
サウンド3
熱中度5
継続性5
ゲームバランス3
 

ゲーム・パッケージ【表】

ゲーム・パッケージ【裏】

 

若い頃の「ファミコンウォーズ」にハマったこともありこの手のシュミレーションゲームが好きなジャンルになります。
違うシュミレーションゲームを遊びたくてメガドライブも購入しました。
その後、この『戦闘国家 AIR LAND BATTLE』をプレイしたくてプレイステーションを購入しました。
先にレビューした『大戦略エクシード2 [PS3]』『大戦略パーフェクト〜戦場の覇者〜 [限定版] [PS3]』『現代大戦略2016〜秩序の崩壊・覇権国家失墜〜 [PS3]』もPS3を購入しようと思ったきっかけになりました。


以下は、簡単な項目別評価です。


【操作性】・・・5点 
プレイステーション自体、このゲームが最初だったためコントローラーの操作に慣れるまで四苦八苦しました。
慣れてしまえば簡単でした。

【グラフィック】・・・5点
当時は、ブラウン管の32インチテレビでプレイしていましたが、意外な程に画が綺麗でした。
マップ上の兵器のアイコンがハッキリと見えて画面で識別しやすかったです。

【サウンド】・・・3点
音は、良かったと思いますが、自分はサウンドが邪魔で「戦闘」以外のBGM等をオフにしてプレイしていました。

【熱中度】・・・5点
「先手必勝」「持久戦」等、同じマップでも結構自分で作戦を考えることで熱中できました。

【継続性】・・・5点
次の新作が出るまで結構このゲームで遊ばせていただきました。
私にとってストレス解消に最適なゲームでした。

【ゲームバランス】・・・3点
対戦相手のコンピューター側の思考時間が長かったのが唯一の欠点と思いますが、それまでの「ファミコン」「スーパーファミコン」「メガドライブ」等のシュミレーションゲームの思考時間よりは、断然速かったです。

【総評】・・・5点
このゲームをプレイする前は、「メガドライブ」で似たようなシュミレーションゲームで遊んでいました。
このゲームは、メガドライブと比べてプレイステーションが優秀だったのだと思いますが、大袈裟に言えば革新的で満足度5点です。

比較製品
システムソフト・アルファー > 現代大戦略2016〜秩序の崩壊・覇権国家失墜〜 [PS3]
システムソフト・アルファー > 大戦略パーフェクト〜戦場の覇者〜 [限定版] [PS3]
システムソフト・アルファー > 大戦略エクシード2 [PS3]
レベル
ビギナー
目的
ひとりで遊ぶ
総プレイ時間
101時間以上

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プレイステーション(PS) ソフト > SIE > I.Q. FINAL

じゃむぱん丼さん

  • レビュー投稿数:355件
  • 累計支持数:140人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

プレイステーション2(PS2) ソフト
96件
0件
プレイステーション(PS) ソフト
72件
0件
ニンテンドーDS ソフト
41件
1件
もっと見る
満足度3
操作性3
グラフィック3
サウンド1
熱中度3
継続性3
ゲームバランス3

なにをもってファイナルと名付けたのか、正直よくわからないI.Qの続編ぽいもの。
続編というのも変な感じ。
実際その後もまたゲーム出ているし。

今回はだらだらステージが数珠つなぎになっている構成の従来ゲームと別にゲームモードがいくつか追加された。
なにはともあれ100ATTACKの追加で、ようやく初歩から制作側の狙いがよくわかるようになったのは大きいと思う。
これを何故最初に作らなかったと言っても言い過ぎとは思わないくらいベーシックな内容。
本来先に欲しかったのはこっちで、エンドレスモード(とはちょっと違うけど)なんてその後につけるべきだったろうに、何故なかったのやら。

結局ファイナルと仰々しいが、未完成品を先に出してから、後出しでやーっとそれなりのものを出してくる嫌な商法だったとしか言いようがない。
こちらさえあればいよいよI.Qをプレイする意味はなくなった。
だからといってこっちを完全版とか完成形とか言うのは、ちょっとおかしいとしか思えないさすがに。

音楽は……相変わらずプレイしていて違和感しかない曲揃い。
どうも場違いでどこにもぴったりはまらない、自己完結していて周囲と混じり合おうともしない変な主張ばっかりしてる曲なんだよなあ。

グラフィックも多少マシにはなったけど、やっぱり大したことはない。
というかステージ開始時など余計な演出が挟まって始まるのを遅くしているのがとにかく邪魔で、それがプレイする気を阻害してくれるのは心底困ったもの。


まあ、ゲームとしてはこれでやっと及第点ってところかな。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プレイステーション(PS) ソフト > SIE > I.Q. インテリジェント キューブ

じゃむぱん丼さん

  • レビュー投稿数:355件
  • 累計支持数:140人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

プレイステーション2(PS2) ソフト
96件
0件
プレイステーション(PS) ソフト
72件
0件
ニンテンドーDS ソフト
41件
1件
もっと見る
満足度2
操作性3
グラフィック2
サウンド1
熱中度3
継続性2
ゲームバランス2

インテリジェントキューブ、略してI.Q。
本当はキューブはCubeだが、タイトル画面ではそのCをQに置き換えている。
知能指数のIQとかかっているという寸法。かかっているだけで特に関連はないのだが。

ゲームは迫ってくるキューブをうまく消していくアクションパズル。
ぼやぼやしているとすぐ追い詰められてしまうか潰されて終わりなので、のんびり考えている暇はない。
下手をすると最初のポジション次第で何手も無駄にしてしまうという、中々忙しいゲーム。
まあこの常に追い立てられる要素こそIQの所以なんだろうけど。

とはいえ演出上動きが止まるタイミングもあるので、細かい操作が全てというわけでもない。
頭を使ってコンボさえ決めれば、思った以上に動きは少なくてすむ。
それができない段階ではかなり忙しく感じるのだが。
一つずつ虱潰しに消すなんて事をしていると、あっというまに気疲れしてしまうだろうな。
いや最初はほんとにそれだった。


ステージがやたらと繋がっているので、やめどきがわかりにくいのが辛いなあこのゲームは。
コンティニューもステージの最初からなので、強引な突破もままならず、地力をつける以外に方法がない。
しかしステージが進んでくるととても力をつける余裕、暇がなくなるので、いつまで経っても同じことの繰り返しになってしまう。
最初にミスるとどんどんジリ貧になって挽回のチャンスもないので、コンボの実力が身についていないとどうしても先に進まなくなって飽きてしまう。
くせにそのコンボのタイミングを掴むこともろくにできないんじゃ、放り捨てられたのと同じだ。
これは次回作に多少解決されるのだが、今作単体では全く手が入っていない。

コンティニューしないでやり直すと全部一からなのもだるい話。(まあ、そうでないと地力もつかないのだが)
非常に細かい作業を強いられる場所もあり、それが一手でもずれると致命傷になってしまうことも割とよくある。
コツを掴むまで耐えられるかはかなり微妙なところ。
実際やることはほぼコンボゲーで、それも最初から難易度曲線が極端なのはよろしくない。


発想はそれなりに面白かったけど、ゲームとしての作りに致命的なセンスのなさが覗いてしまっている。
ちょっとオシャレに無機質感を出したり変なところばかり気張って、結局は完成度の低さばかりが目立ってしまっているのは惜しい。

このゲームやけに音楽の評価が高いが、自分からしたらどれもこれもどこかで聴いたような曲ばかりで、ここは評価できなかった。
ゲーム内容と噛み合ってないことも含めてかなり好き嫌いが分かれそうな出来なんだが。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プレイステーション(PS) ソフト > チュンソフト > かまいたちの夜 特別篇(PS the Best)

じゃむぱん丼さん

  • レビュー投稿数:355件
  • 累計支持数:140人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

プレイステーション2(PS2) ソフト
96件
0件
プレイステーション(PS) ソフト
72件
0件
ニンテンドーDS ソフト
41件
1件
もっと見る
満足度4
操作性3
グラフィック4
サウンド4
熱中度3
継続性3
ゲームバランス3

元はスーパーファミコンで発売されたサウンドノベル。
ミステリー作家を脚本に招聘したシナリオは一応本格ミステリーになっていて、プレイヤーは(バッドエンドに至った情報などを含めて)犯人とそのトリックを推理しないといけない。
失敗したり流されてしまうとどんどん状況が悪化し、犠牲者が増えていく。
油断すれば自分も即座に殺されてバッドエンド、という作りは中々よくできている。
シルエットによる登場人物描写も一見チープではあるが、その分より雰囲気や想像力を掻き立てていて、効果音と程よい長さのメッセージが三位一体となってそれぞれを補い合っている。
なので予備知識なしでプレイすれば即座にはまれること請け合い。


ではあるんだけど、問題がないでもない。
一つはすでに内容も犯人も広く知られてしまっていること。
移植であるだけにこれが初見ではないプレイヤーも多いと思う。
自分もそうだった。
その場合すでに仕掛けや犯人はご存知なわけで、それをまた一から丁寧に読み直してプレイするだけの気力が続くかはまた別問題になってしまう。
確かに細かいところで修正や変更が入っていて、システム的にもわかりやすく遊びやすくはなっているんだけどねえ。
ただ一部の変更点に狙いを絞ってプレイしてしまうと、やっぱり微妙に長い文章は変化に乏しく、最初のプレイがこちらだったなら……というがっかり感は否めない。
自分は結局正解シナリオを一周した後、選択肢を埋める気力も続かず早々にやめてしまった。
データの消去ではなく記憶の消去ボタンがほしかったねえ。

ネタバレに晒されておらず、他でプレイしていないならオススメはオススメ。
SFCやGBAでプレイするよりは入手のハードルも低いし、最近の変なリメイクよりはずっと初代のいい雰囲気が残っているので、やっぱPS1版かな。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プレイステーション(PS) ソフト > BANDAI > ドラゴンボールZ アルティメットバトル22

じゃむぱん丼さん

  • レビュー投稿数:355件
  • 累計支持数:140人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

プレイステーション2(PS2) ソフト
96件
0件
プレイステーション(PS) ソフト
72件
0件
ニンテンドーDS ソフト
41件
1件
もっと見る
満足度1
操作性2
グラフィック2
サウンド1
熱中度1
継続性1
ゲームバランス1

ドラゴンボールZ超武闘伝の流れをくむ対戦格闘ゲーム。
左右に無限に広がるフィールドに上下の要素などはそのまま。
ただ画面分割は廃止されているので、どうも広がりを感じられない。舞空術もライン移動以下だ。
キャラはドットでなくセル画を取り込んでいるらしいが、だからといってよく動くわけでもなくただ不自然なだけで、3D化した背景とともに見た目をかなりしょぼくれさせている。

1でアニメと同じ声優が声を発し自由に動き回る楽しさを示し、2で格闘ゲームとして完成した超武闘伝も、3では調整の甘さや演出の簡素化、派手さの喪失を招いてしまったが、これもその3以降の悪い流れを明確に受け継いでしまっている。
効果音のありえないくらいのしょぼさやあまりにもスピード感がない技の数々、超メテオ技の壮絶な劣化、空間の使い方がまるでなっていない画面構成など、ちょっと擁護しきれないくらいに酷い仕上がり。

キャラ数は22+隠しキャラとかなりの数だが、各人の技は非常に少なく、操作していても大体同じパターンの技しかなくて即座に飽きるため、見掛け倒しもいいところになっている。
声優による戦闘前の掛け合いも迫力不足で、会話が繋がっていないくせに冗長だし、どこを見どころにすればいいのやら。

せっかくPSという上級ハードになったのに、なにひとつ超武闘伝2から成長していないとしか言いようがない。
斜め上に相当な距離ふっ飛ばした相手を追いかけてさらに斜め下に吹っ飛ばして地面にめりこませる、離れた場所にいる相手に向けてかめはめ波やファイナルフラッシュを叩き込むあの超武闘伝2のド派手な技を一つでも見たことがあれば、こんなぺちぺち殴ってただ放り投げるだけのゲームなんか作れるわけないんだがなあ……ゲームづくりに必要なのはハード性能ではなくセンスだということが如実にわかるケースだった。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プレイステーション(PS) ソフト > ZOOM > ゼロ・ディバイド

じゃむぱん丼さん

  • レビュー投稿数:355件
  • 累計支持数:140人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

プレイステーション2(PS2) ソフト
96件
0件
プレイステーション(PS) ソフト
72件
0件
ニンテンドーDS ソフト
41件
1件
もっと見る
満足度3
操作性3
グラフィック3
サウンド3
熱中度3
継続性2
ゲームバランス3

バーチャファイターが鳴り物入りで登場して3D格闘とポリゴンが一気に席巻した時代のオリジナル3D格闘もの。
バーチャファイター登場後3D格闘ものは2D格闘の延長で操作する闘神伝や今でもシリーズ展開が続く鉄拳などが登場したが、これはどちらかというとバーチャの系統のほうに近い。
当時は家庭用オリジナルというとアーケードの移植と比べるとバランスがいまいちなものが多かったが、これはかなり安定した作りだったと思う。
今見るとさすがにポリゴンも荒く見劣りするが、当時としては結構なレベルに仕上がっていた。
ポリゴンの少なさをカバーするため人間造形を諦め、ロボットにしたのは正解だったと思う。

しかし当時から思っていたことだが、このゲーム何が足りないって声がない。
煽りのアナウンスはたまに挟まるものの、キャラはあくまで無機質なロボのため、格闘ゲームのお約束である細かな反応が全くないのは惜しい。
画竜点睛を欠くとはまさにこのことで、このせいで派手さが落ちてしまっている。
そこはフォローしておいてほしかったかな。
ゲーム自体も意外と淡白なノリなため、どうしても飽きるのが早い。
オリジナル作品でこれ以上は高望みな部分もあるが、どうしても惜しいなあとしか言いようがない出来になっていて残念。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プレイステーション(PS) ソフト > ユーメディア > 70年代風ロボットアニメ ゲッP-X

mitsukikoさん

  • レビュー投稿数:61件
  • 累計支持数:102人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
6件
519件
スマートフォン
2件
335件
タブレットPC
1件
103件
もっと見る
満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド5
熱中度4
継続性4
ゲームバランス4

ゲームタイトル通り70年代のロボットアニメをモチーフにしたシューティングゲームです。
昔、永井豪原作の漫画やアニメを読み漁っていた事もありこの手のモノは大好物ですね(笑)
内容ですが横スクロールのSTGだけで言えばお世辞にも出来は良いとは言えず、難易度も低めなのでガチのシューターな人には並以下の評価になるかと思いますね。

本作は70年代にTV放映されていたロボットアニメの構成を出来るだけ再現させようとしていることが大きな特徴でステージ毎に「オープニングアニメ→ゲームAパート→アイキャッチ→CM→ゲームBパート→エンディング→次回予告」という流れで作られていますが、その作り込みが異常とも言える拘りで主題歌・エンディングはささきいさお、劇中歌には串田アキラや影山ヒロノブ等を起用し、声優陣では神谷明、速水奨、たてかべ和也、永井一郎、納谷悟郎、池田秀一といった今では実現不可能な豪華メンバーが各CV担当になっています。
その歌やアニメパート等にとことん拘った結果として1タイトルのSTGとしては異例とも言えるディスク4枚組という大容量です(笑)

また、マジンガーZやゲッターロボだけでなくデビルマンやガンダム(ファースト)等が好きな人は思わずニヤりとする場面が多数あるのでハマる人にはハマるのではないかと思います。

ただ、本作はアーカイブス等が無いこともあってか中古パッケージ版でも現在1万円以上のプレミアム価格な為、容易にプレイし難くなってしまっている点が非常に残念です。

まあ、STG自体は凡作以下とも言えるのでYouTube等のプレイ動画で観るだけでも十分かもしれませんが・・(笑)

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プレイステーション(PS) ソフト > ソフトバンク > ドゥーム

猫の名前はシロちゃんさん 殿堂入り 銀メダル

  • レビュー投稿数:1478件
  • 累計支持数:3241人
  • ファン数:22人

よく投稿するカテゴリ

アニメ(DVD・ブルーレイ)
150件
0件
デジタルカメラ
7件
137件
映画(DVD・ブルーレイ)
138件
0件
もっと見る
満足度5
操作性2
グラフィック4
サウンド4
熱中度4
継続性4
ゲームバランス4

再生する

製品紹介・使用例

 

 

【操作性】

このゲーム、PC版でプレイしてたので、コントローラーでの操作はハッキリ言ってやり難い。反応が悪くタイミング遅過ぎです。

キーボード、マウスが圧倒的に操作性は良かった。当時のコントローラーの限界。

【グラフィック】

PC版よりグラフィックは良くなったとの触れ込みですが、これもPC版の勝ちです。しかし画像に不満は無し。

【サウンド】

微妙に籠もった抜けの悪い音になってますから少し残念。

【熱中度】

DOS/Vパソコン時代から、しゃぶり尽くす位遊んでます。PC版は追加マップも沢山あり、またマップエディターで自分で改良してましたから、その点PS版は非常に物足りなく感じます。

【継続性】

武器等縛りでプレイすれば、無限に遊べます。遊び方はプレイヤーの工夫次第です。

【ゲームバランス】

コントローラー操作性が悪いので苦戦する事しばしば。

【総評】

パソコンお蔵入りしてましたから、プレステ移植は助かりました。細かい不満はありますが、良しとします。

PC版で自分が作ったマップでプレイ出来ないのが寂しい、ゲーム機の限界です。

PCゲームのキーボードとマウス操作が圧倒的にプレイし易い。

レアなゲームになってます。

レベル
ミドルゲーマー
目的
ひとりで遊ぶ
総プレイ時間
101時間以上

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プレイステーション(PS) ソフト > コナミ > サイレントヒル(PSone Books)

猫の名前はシロちゃんさん 殿堂入り 銀メダル

  • レビュー投稿数:1478件
  • 累計支持数:3241人
  • ファン数:22人

よく投稿するカテゴリ

アニメ(DVD・ブルーレイ)
150件
0件
デジタルカメラ
7件
137件
映画(DVD・ブルーレイ)
138件
0件
もっと見る
満足度5
操作性4
グラフィック3
サウンド4
熱中度5
継続性5
ゲームバランス4

再生する

製品紹介・使用例

【操作性】

敵との間合い、武器攻撃、移動等の動きがぎごちないですが、そのワンクッション遅れた操作も慣れると大丈夫。

【グラフィック】

サイレントシリーズを最初にプレイしたのが、PS2のサイレントヒル2、次がサイレントヒル3だったので本作の最初の印象はしょぼいグラフィックだなと思いました。

プレイしてる内にこのグラフィックがゲームの雰囲気をよく表現しているのではと思うようになり、特に裏世界の血と錆びの表現は秀逸です。画像の悪さが逆に恐怖を誘ってます。

【サウンド】

背景音、効果音とも臨場感あって良いです。

【熱中度】

暗闇の中での探索、謎解き、戦闘、ボス戦ハマリます。学校、地下道、病院内での探索は恐怖最高潮!

【継続性】

クリアー特典、数種類のエンディング等、何度も楽しめます。

【ゲームバランス】

難易度は高いです。ハード・モードは鬼の難しさで詰まったところは数知れず。

視点外から突如敵が来る場合があり油断は禁物。

【総評】

このゲームをプレイして思うのは、最高のグラフィックがイコール良いゲームとは限らないと言う事です。

最初のサイレントヒルである本作は、ストーリーも確りしてますし、恐怖感もシリーズトップクラスです。

PS1ゲームというだけで敬遠するのは勿体無いホラーゲームの傑作です。

ゲーム機PS3でのプレイでは雑音が発生しますから注意が必要、非常に残念です。

本当に怖いホラーゲーム。

レベル
ミドルゲーマー
目的
ひとりで遊ぶ
総プレイ時間
101時間以上

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プレイステーション(PS) ソフト > コンパイル > ZANAC×ZANAC

mitsukikoさん

  • レビュー投稿数:61件
  • 累計支持数:102人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
6件
519件
スマートフォン
2件
335件
タブレットPC
1件
103件
もっと見る
満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド4
熱中度4
継続性4
ゲームバランス4

   

   

元々はMSX用ソフトとして発売された「ZANAC」ですが、音楽やシステムを含めてファミコンディスクシステム(FD)版が最高傑作だと思います。縦スクロールのSTGではこれより以前に発売され大ヒットした「ゼビウス」がありますが、個人的にはそれよりもハマりました。
ただ、FD版の発売年である1986年は先に名作「グラディウス」がファミコンに移植されたこともあり、当時はそちらの爆発的なヒットもあって影を潜め一部のシューターくらいにしか認知されていないマイナーゲームだったかと思います。

そして、忘れ去られた頃の2001年にまた密かに今度はプレイステーションで「ZANAC×ZANAC」を発売しました。
本作ではディスクシステム版、NES版、アレンジ版、スコアアタック、エディットモード、さらに新作の「ZANAC NEO」を収録したZANACマニア必須のアイテムとなっています。これにMSX、MSX2版も収録されいてたら完璧でしたね。

ただ、「ZANAC NEO」の方は出来が悪いという訳ではないですが、音楽を含めてFD版ほどのインパクトは無く凡作になってしまったのが残念ですね。
また、現在本作パッケージ版は中古でも高額な為、PlayStationStoreのゲームアーカイブスでDLした方が617円と手軽にプレイすることが出来ます。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プレイステーション(PS) ソフト > カプコン > バイオハザード3 ラストエスケープ

猫の名前はシロちゃんさん 殿堂入り 銀メダル

  • レビュー投稿数:1478件
  • 累計支持数:3241人
  • ファン数:22人

よく投稿するカテゴリ

アニメ(DVD・ブルーレイ)
150件
0件
デジタルカメラ
7件
137件
映画(DVD・ブルーレイ)
138件
0件
もっと見る
満足度5
操作性3
グラフィック4
サウンド4
熱中度5
継続性5
ゲームバランス5

再生する

再生する

製品紹介・使用例

製品紹介・使用例

 

 

【操作性】

アイテム合わせで弾丸を作るシステムが追加されてます。面白くて操作性云々は言わなくていいでしょう。でも久しぶりにプレイすると戸惑います。

【グラフィック】

バイオの臨場感がスケールアップされてます。画像の粗さは気にならないレベルです。

【サウンド】

武器の発射音等が臨場感たっぷり。

【熱中度】

弾丸制作が特に熱が入ります。ゾンビの数も異常に増えてますし、追跡者(ネメシス)から追われてスリル満点! ハマリます。

【継続性】

色々追加されたバイオになっています、何回もしながらこれらシステムの面白さが実感出来ますから繰り返し長時間プレイできます。

【ゲームバランス】

ゾンビの数の増加、しつこい追跡者の存在等で難易度は上がってますが、緊急回避システムを使いながらのプレイで全体的なバランスはとれてます。

【総評】

PS1最後のバイオ、今のバイオに無い面白さがあります。追跡者(ネメシス)のキャラは、その後、他のゲームでも採用されたのでしょう。よく似たキャラが登場します。

カメラアングルの悪さで敵・ゾンビが近くに接近していて、ドキッとすることがしばしば、吃驚です。

繰り返しプレイ出来ます。

レベル
ミドルゲーマー
目的
ひとりで遊ぶ
総プレイ時間
101時間以上

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プレイステーション(PS) ソフト > コナミ > メタルギアソリッド(プレミアムパッケージ)

猫の名前はシロちゃんさん 殿堂入り 銀メダル

  • レビュー投稿数:1478件
  • 累計支持数:3241人
  • ファン数:22人

よく投稿するカテゴリ

アニメ(DVD・ブルーレイ)
150件
0件
デジタルカメラ
7件
137件
映画(DVD・ブルーレイ)
138件
0件
もっと見る
満足度5
操作性5
グラフィック4
サウンド5
熱中度5
継続性5
ゲームバランス5

再生する

再生する

製品紹介・使用例

製品紹介・使用例

 

 

【操作性】

アクションゲームに適した素晴らしい操作性です。

【グラフィック】

臨場感たっぷりのグラフィック、粗さもあまり気になりません。

【サウンド】

素晴らしいサウンドです。背景音楽、効果音共にトップクラスの出来栄えです。

【熱中度】

潜入、ボス戦、このゲームのオモシロさ満喫でき、ハマリます。

【継続性】

ストーリー、ゲームシステム共に何回プレイしても飽きません。

【ゲームバランス】

ボス戦も敵のパターンが判れば、それほど苦しむ難易度ではありません。ゲームバランス良好です。

【総評】

メタルギアの原点はこの作品です。スネークの声優といえば大塚明夫さんです。ストーリーも数あるゲームの中でも優れたものです。

ムービーもありますが、最近のようにプレイヤーに疎まれる様な長さではありません。

今プレイしても色褪せない魅力があります。画像のキレイさが全てでは無いと思い知らされる名作です。

本作は敵キャラに感情移入出来る程によく作り込まれた作品で、涙するシーンもあります。

日本語声優陣も豪華で、このゲームへの思い入れが伝わってきます。お奨めのゲームです。

ゲームはグラフィックの美しさだけでは無いと確信。

繰り返しプレイしたいゲーム。

レベル
ミドルゲーマー
目的
ひとりで遊ぶ
総プレイ時間
101時間以上

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プレイステーション(PS) ソフト > ナムコ > リッジレーサー

silvia-r240さん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:1656件
  • 累計支持数:5104人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
97件
142件
ゲーム周辺機器
191件
3件
プレイステーション4(PS4) ソフト
180件
2件
もっと見る
満足度3
操作性3
グラフィック2
サウンド3
熱中度4
継続性2
ゲームバランス3
   

   

この作品を語る上で外せないのはアーケード版の存在です。当時ゲームセンターに鳴り物入りでデビューした筐体のインパクトは凄まじく一瞬で虜になりました。というのも教習所に通う直前ということもあり車に対しての関心がマックスだった点が大きく影響しています。シュミレーター感覚で操作できるコクピットの仕上がりと体感的に楽しめるステアリングやミッション、ブレーキ等どれもが秀逸で通いまくった挙句いくらつぎ込んだか分かりません。そんな感じで思い入れのある本作が家庭用ゲーム機に移植されたときは本気で金返せ(笑)ってなりました。とはいっても手軽に楽しめるポイントは大きなメリットでしたが如何せんコントローラーでプレイする違和感というか自由度のない操作性は比較の対象にならずグラフックやサウンド面も含めてこんなものかって感じでしたが今後展開したシリーズの原点ということを考えると立派な礎を築いた名作だと思います( ^ω^ )

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(プレイステーション(PS) ソフト)

ご注意