レコードプレーヤーすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > 家電 > レコードプレーヤー > すべて

レコードプレーヤー のユーザーレビュー

(351件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
レコードプレーヤー > オーディオテクニカ > AT-LP3

PaulandPaulaさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
2件
デジタルカメラ
1件
0件
電子レンジ・オーブンレンジ
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン4
音質4
操作性4
機能性3

過不足無し。展示品を格安で購入。
ベルトの寿命は不安要素か。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レコードプレーヤー > オーディオテクニカ > AT-LP60X DGM [ダークガンメタリック]

キッド紅さん

  • レビュー投稿数:288件
  • 累計支持数:678人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

アニメ(DVD・ブルーレイ)
79件
0件
プレイステーション4(PS4) ソフト
33件
0件
イヤホン・ヘッドホン
27件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

CDに比べ少しノイズが気になる暖かい音だが
凄く自然な鳴り方で生々しさが優れているし躍動感もある
音高音が自然に伸びている感じがする
ボーカルは暖かく生々しく響く
低音もしっかり出ていて迫力がある
クラシックが生演奏に近くなった
デジタルに変換されないから生々しさが失われてないようだ
スピーカーでCDとSACDとの差より音の違いが解りやすいと思う

使い方はオートなので簡単だと思う
レコードが音を読み込んいるところみていて楽しい

レコードプレーヤー オーディオテクニカ AT-LP60X
プリメインアンプ ケンブリッジオーディオ AXA25
スピーカー エラック CARINA BS243.4


両面合わせて8曲くらいしか収録されないが音質面ではCDより勝っている部分が大きい印象があるが
CDのほうが細かい音まで聴こえるから好みの問題かな

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レコードプレーヤー > オーディオテクニカ > AT-PL300USB

Chihiro0201さん

  • レビュー投稿数:126件
  • 累計支持数:267人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
31件
1件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
8件
0件
スマートフォン
6件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質4
操作性5
機能性4

【デザイン】
プラスティッキーで高級感はありませんが、価格を考えれば相応のデザインに思えます。少なくともチープとは思いません。

【音質】
様々なレコードを聴きましたが、低音が過多で高音がシャリつく(ひどい時は音割れ)ような傾向にあるように思います。フォノイコライザーも内蔵のものを使っての評価ですので、ご参考までに。

【操作性】
シンプルな操作で再生から停止までオートなので初心者には優しいです。一応マニュアルでの操作も少しできるようです。

【機能性】
パソコン取り込みの機能があります。レコードでは持っているけどデジタル音源としては持っていないレコードを手に入れた際などには便利そうです。

【総評】
新品購入時より回転数がずれているようです。スマホアプリで計測した値で33.5回転(+1%)ずれていました。調節もできるのでよかったのですが、1パーセントのずれは1/8音分ピッチがずれていることになるので、それなりに気になります。

レコードを手軽に楽しみたいというニーズにはしっかりと応えられている商品で、私のようなアナログ初心者には十分過ぎる性能に感じました。いずれ上位機を検討してみたいと思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レコードプレーヤー > オーディオテクニカ > AT-LP7

ぎっくちゃんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レコードプレーヤー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性4

【デザイン】
黒一色でコンパクトにまとめられている。ダストカバーも載せるだけです。

【音質】
附属カートリッジ目当てで本機を購入しました。音が滑らかです。

【操作性】
アームリフターを上げたままアームをアームレストに戻しておけないのは少し不便だが、アームが動かないようにロックがかかるのは良い。

【機能性】
1)ターンテーブルは水平に設置しなくてはならないので、高さ調節機能付きインシュレータは良い。
2)フォノケーブルをご自分の好みに合わせて選べるのは良い。
3)フォノイコライザーアンプを内蔵と外付けを選べるのは良い。(内蔵も悪くないが、同社製フォノイコライザーアンプをバッテリー駆動で利用している(自己責任ですが)
4)附属ACアダプターをトロイダルトランス電源(付属のACアダプターも悪くないが)に変えて使用してる(これも自己責任ですが)

【総評】
本機は電源を外付けで供給するので、まずこの電源を良いものに変えると音質向上が望める。ケーブルも同様です。外付けフォノイコライザーアンプをバッテリー駆動で使用する(何度もすみません自己責任です)と本機が持っている実力を発揮できるのではないかと思います。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レコードプレーヤー > ELAC > Miracord 60

n-pokkeさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
0件
7件
スピーカー
3件
1件
液晶テレビ・有機ELテレビ
0件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質4
操作性4
機能性4

手持ちのレコードを処分する前に、プレイヤーを手に入れてアナログに再チャレンジしてみました。
10万以下のローコスト機では満足できないかもという不安があり、20万弱のクラスでは圧倒的にデザインがよく、ELACというブランドへの信頼感もあり、こちらにしました。

【デザイン】コンパクトでシンプルなスタイルですが、ベースのシルバーとトップのグロスブラックが相まって落ち着きと高級感のあるデザインです。

【音質】比較対象を持っていませんので、正確な評価はできませんが、DENON、ガラード、トーレンス、リン、STAX、SME、SAECなどを使ってきた記憶をたどると、現在の加工精度や最新の制御は物量をある程度カバーしているのかなという気がしてます。

【操作性】シェルは専用のものですが、アームへの取り付けはユニバーサルタイプですので、複数のカートリッジの使い分けは簡単です。
アームはカーボンのストレートタイプです。最近は軽量のアームを使い、慣性質量を下げる方向性かもしれません。針圧の調整はやや行いにくいので針圧計でチェックしています。

【機能性】電源スイッチもなく回転数の切り替えダイヤルを回すだけのシンプルな操作です。

【総評】他機種と聞き比べて購入したわけではありませんので、音質についてはコメントできませんが、過不足ない音質、機能美溢れるスタイル、シンプルな操作性など、所有する満足感は十分あります。
パイロットカートリッジはオーディオテクニカのVM750SHとしました。今後のカートリッジ追加が楽しみです。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レコードプレーヤー > TEAC > TN-4D-SE/WA [ウォルナット]

根一さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
1件
0件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
0件
液晶テレビ・有機ELテレビ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性4

オーディオテクニカ AT-LP60XBT からの買い替えです。

【デザイン】
シンプルで飽きのこないデザインだと思います。

【音質】
AT-LP60XBT に比べ、高音域の繊細さが魅力です。
低音域もダイナミックで、強いエネルギー感を体感させてくれます。
カートリッジの感度が高いため、手でダストカバーに触れた音まで拾うようになりました。
スピーカーと同じAVボード上に設置しているため、新たにスピーカーボードとインシュレーターを増設し、防振対策を施しました。
そうすることによって低音域が引き締まり、更に歯切れのよいバスドラ音が楽しめるようになりました。

【操作性】
機能がシンプルなだけに、基本的にすべてマニュアル操作です。
リフトのアップ・ダウン(針の上げ下ろし)だけは、レバーで操作できます。

【機能性】
シンプルすぎるくらい電子制御系の機能はありません。
アームを戻しても、回転を「OFF」にしない限り、盤は回り続けます。
しかしそれが音質とのトレードオフの関係にあるなら、私はこれで十分です。

【総評】
とにかく音の良さが最大の魅力だと思います。
数十年前、テクニクスのダイレクトドライブ型(フルオート)を使っていました。
機能面の便利さではそれに敵いませんが、音の純粋さでは、勝るとも劣らない製品だと思います。
大事に使いたいと思います。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レコードプレーヤー > オーディオテクニカ > AT-LP60X RD [レッド]

初心者50のおじさんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
0件
5件
ブルーレイドライブ
0件
2件
掃除機
0件
2件
もっと見る
満足度1
デザイン5
音質1
操作性1
機能性1

早速購入し同時購入したアンプ(共立プロダクツ Wonder pure ワンダーピュアLP-808)に
繋いでLINE出力で音を楽しもうとしたのですが、音が出ません、このアンプじゃ鳴らないのですか?
試しにphone入力が無いアンプでも音が出ませんでした。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レコードプレーヤー > オーディオテクニカ > AT-LP7

uutanntaracoccoさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:55人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

無線LAN中継機・アクセスポイント
1件
0件
液晶テレビ・有機ELテレビ
1件
0件
テレビオプション
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性3
機能性2

オーディオ機材、それがビンテージやハイエンドであっても直接的には音質と関係ない。つまり、値段と音質は関係ないとよく言われますが、まさにオーディオテクニカさんはそれをやってみせてくれました。実際、機材そのものより機材のセッティング能力のほうがはるかに音質に影響すると私は思います。

極論を言えば、機材の良し悪しは基本性能が高いことだと思います。現行品であれビンテージであれ基本性能が高ければ、いくら古いものでもセッティング次第でよい音を鳴らせることは可能だと思います。ただ、古いものだとオーバーホールなどのメンテナンスに費用が掛かることがデメリットです。

なので、購入するには基本的に現行品から選ぶのがベストだと思っています。メンテナンスに費用が掛からない、加工精度が桁違いに良い。新素材の採用など現行品にはメリットが多くあります。大袈裟ですが、今の加工技術であれば40年前のYAMAHA GT2000であっても、今の現行品のエントリーモデルと同程度の性能(音質的には)でしかなくなっている可能性もありえると思っています。

前置きが長くなりましたが、AT-LP7を選んだ理由。

1.定価が約10万円
2.搭載機能が最小限(逆説的にという意味。以下3.でその理由を説明)
 同じ値段帯のテクニクスのSL-1200MK7は機能フル装備なのに対し、AT-LP7はオートリフター、ピッチコントロール、ストロボライトもついていない。
3.上記2.の理由を推測すると機能がない分、アーム、プラッター、ベースにコストが掛けられたと考えます。
4.つまり、仮にSL-1200MK7と同じ機能をAT-LP7に載せたら10万円では売ることができない、最低でも20万円程度にはなるのではないかと考えたとき、AT-LP7の基本性能は恐ろしく高く作られてるのではないかと考えた訳です。

使ってみた感想:
良い意味でセッティングが恐ろしくシビア。アーム、プラッター、ベースの関係がガチガチに決まっているような感じなので、特にベースの水平をかなりシビアに設定しないとアンチスケーティング設定が決まらず針圧の軽いカートリッジだと再生中に針飛びをするようになる。

逆にセッティングが決まれば取り付けたカートリッジの性能をフルに再現した良い音で鳴ります。前提条件としてレコードプレーヤー以外の機材や環境(アンプ、ケーブル、スピーカー、電源etc)が自身のオーディオ歴の中での最高のセッティング状態にあることを確認できる場合に限ります。
なぜなら、そうでないと良いか悪いかなんて判断できないからです。

私の場合、JAZZを聞きますので同じ米国JAZZアルバムでも日本盤と1stプレスのオリジナル盤をもっており、それぞれの音質の比較や昔にJAZZ喫茶で聞いた音の記憶や生のドラムセットの音との比較を頼りに、いかにリアルにかつ自然に生々しく再生できているかで判断しています。

例えば再生音を聴いた時に感じた何らかの違和感、それは私にとっては、高音がどうとか低音がどうとかを感じることであって、音としての不自然さ、それを違和感だと思っています。だから再生時に違和感を感じればセッティングが詰めれてない、つまりはリアル再生になっていないと判断しています。

ワイドレンジとか高音や低音がどうということではなく、LPが録音された時の音そのものがリアルに自宅で再現できているかが基準となります。だから私の場合、前に持っていたアナログプレーヤーよりAT-LP7はハイ寄りになるなとか、ナローレンジだとかいう評価にはならないのです。

そもそもリアルな音源は録音された音源たった一つだけです。ですから、私的には機材が変わったから音が変わるという認識はある意味おかしいと思っています。音を変化させているのはAT-LP7の問題ではなく、元々所有していた他の機材のセッティングや部屋の環境、例えばアンプ、ケーブル、スピーカー、電源等に元からある問題がさせているのであって、それをAT-LP7の再生音だと思い込みで評価しているだけだと思います。

実際、購入して2日目のAT-LP7で、JAZZバラード系のゆっくりとしたテンポの曲の再生中、単音を伸ばす箇所で音程が不安定にフラついて再生される現象が起きました。結局、原因は自宅の壁コンセント(100V)の電圧か周波数が不安定であったため、プラッターの回転がしばしば遅くなったり、もとに戻ったりを繰り返し、遅くなる時に音程が下がり、戻る時に音程が上がる(戻る)という現象が起きました。

私もすぐAT-LP7の初期不良だと思い込み、オーディオテクニカさんに問い合わせして、いくつかのアドバイスをもらったのですが結局、AT-LP7のコンセントを壁コンセントから所有している電源トランスに差し替えた直後に改善されました。機材の問題ではなく電源の問題だったのです。これをシビアと言っていいかは別にして、

とにかく、あくまで私的な感想として評価したとき、AT-LP7は超コストパフォーマンスでありながら、非常に高いポテンシャルを秘めているアナログプレーヤーであると思います。ただしセッティングは非常にシビアです。それとカートリッジは自分の信じれるものに変えて聴いてみて下さい。
それさえ確実にできれば最高にリアルな再生音を奏でると感じています。

さすがにオーディオテクニカさんのフラッグシップ。だけど正直、使うまで舐めてました。単に私が知らなかっただけなんですが。オーディオテクニカさん見直しました。

参考になった5人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レコードプレーヤー > オーディオテクニカ > AT-LP3

mameshiba2018さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レコードプレーヤー
1件
2件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
レコード針
0件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質3
操作性4
機能性4

【デザイン】
 逆五角形的なフォルムはなかなかスタイリッシュですが、近くで見ると素材の安っぽさが目立ちます。赤いヘッドシェルは組み合わせるカートリッジによっては違和感が出そうですが、適合する代替品を探すのは困難なので、これを使うしかなさそうです。

【音質】
 付属カートリッジはいかにも接合丸針の音という感じで、クラシックの鑑賞には厳しいものがあります。特にオーケストラでは、分解能の低さや歪みの多さが目立ちます。ポップスやロックでもボーカルがイマイチですね。そこで、同時に購入した同社のAT-VM95ML(マイクロリニア針のVM型カートリッジ)にしたら、歪の少ないクリアな音で、分解能も上がり、完全に1ランク以上上の音になりました。
 付属カートリッジで音質評価をするなら3にするところですが、カートリッジ交換によるアップグレードの可能性ということで4をつけました。

【操作性】
 問題なし。

【機能性】
 フルオートの動きはギクシャクしてて安っぽい。私はマニュアルで使うので、どうでもいいですが。フルオート機能などはいずれ壊れると思うし。手動アームリフターが付いているところはポイント高いです。

 アームレストは対策したほうがいいですね。何かを張り付けるなどしてアームホールド部分が深くなるようにしないと、事故で針先を破損する恐れがあります。

 ターンテーブルシートはゴム製の良質なもので、プラッターやレコードとの密着性が良く、振動吸収性が高そうです。

 回転速度とワウフラッターは測定はしていませんが、聴感上は問題なし。

 フォノイコは10万円以下のプリメイン内臓のものと同等かと思います。十分実用レベル。

 音声出力ケーブルは細くて頼りない。直出しなので改造でもしないと交換は困難。

 筐体は叩けば鳴るし、いかにも弱くて頼りなさそうですが、しっかりした台に置いて、インシュレーターなどの振動対策をすれば特に問題ないようです。

【総評】
 カートリッジ交換可能なプレーヤーの中では最安価格帯で、いろいろと難点はありますが、音はなかなか良いです。音に関しては、うるさいマニアでない限りは満足できると思います。


追記
 最近気づきましたが、「チッチッチ・・・」というノイズが入ります。小さなノイズなので最初のうちは気づきませんでした。フォノイコは内臓でも外付けでも同じ。カートリッジを変えても同じ。むしろ高感度のカートリッジだとノイズが目立ちます。音が鳴っている時は聞こえませんが、無音部分やアームを上げたときに聞こえます。小音量で聞いていると気付かないかもしれませんが。これはアームがスタートスイッチを兼ねているからなのか? これにより、音質の評価を下げました。やはりもっとしっかりしたプレーヤーを買った方がいいです。

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レコードプレーヤー > TEAC > TN-5BB

UNITED AIRLINEさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
0件
1件
レコードプレーヤー
1件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン4
音質4
操作性2
機能性2

【デザイン】大理石のキャビネットがカッコいいが、仕上がりはイマイチ。
2台買ったが、どちらも最初から磨き傷がある。
made in 台湾製

【音質】
バランス接続があるので、RCAよりはノイズに強い。
しかしバランスが売りなのに付属品はMMカートリッジ、、。
MCのみバランス接続が可能。
バランスで受けられるフォノイコライザーもあまり無い。
【操作性】
これもイマイチ。
終盤まで行くとオートリフトアップするが、そのままホルダーに戻そうとすると回転が始まる。
回転セレクター+プッシュスタートスイッチにするべき。
【機能性】
売りのオートリフトアップですが、
LPのみの対応で、EPでは曲の途中(LPの終盤)でリフトアップしてしまう。
一応OFFには出来るが、それでは意味がない。
レコードサイズを見分けるセンサーを付けるか、
難しいようなら45回転時のみリフトアップポイントを変えるなど、何か対策が欲しい。

あと、針保護の為か、電源を入れるたびにリフターが勝手に上がる。
【総評】
やはり昔のプレーヤーには敵わない感じです。

参考になった4人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レコードプレーヤー > TEAC > TN-4D-SE/B [ピアノブラック]

黄金キャットさん

  • レビュー投稿数:52件
  • 累計支持数:257人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ミニコンポ・セットコンポ
3件
81件
プリメインアンプ
2件
60件
スピーカー
1件
46件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

長年使用してきた、 SONY の レコードプレーヤー「PS-V800」が、引退を迎えるため、ダイレクトドライブ・モデルでの後継機を探しておりました。
同社前モデルの TN-4D (無印)も、有力候補だったのですが、そうこうしているうちに「生産完了」フラグが立ってしまいました。
海外モデルも視野に入れましたが、保証・修理の問題や、近くの家電量販店で入手できるか等の問題を勘案し、国産モデルに絞ることにしました。

【デザイン】
ピアノブラックの突板仕上げで、大変にエレガントな質感です。視認性の高いダストカバーもきちんと着いているので、安心して、ベッド・布団等のある寝室等でも設置できます。

【音質】
TEAC さん、抜かりなく音質第一で設計してくれています。前モデルにあった要らない機能(USB端子での録音出力)は、このモデルでは割愛されました。
また、音質向上の邪魔になる可能性のある、オートリフトアップ等の機能も、当モデルにはありません。
アナログ盤なのに、デジタル・ストリーミング音源とは、また違う味の Hi-Fi な音像を奏でるのが可能なのも、当機のポテンシャルの高さを物語っているでしょう。
SAECとのコラボの、繊細なナイフエッジアームのおかげで、父から譲り受けた古いLPでも、快適に再生できております。
デフォルトで付属する米 SUMIKO 製のカートリッジも、なかなかのサウンドを奏でます。カートリッジ交換が可能なので、お好みの音色を追求することもできます。

【操作性】
ごくシンプルに構成されています。しかし、水平取りの際、ウェイト本体を回すのか、そこに着いているカウンターを回すのか、十二分に注意して慎重に行ないましょう。私はここで、手順を若干間違えてしまいました。
SAEC 製ナイフエッジはセンシティブなので、しっかり水平を取るのは、経験者でもなかなかに根気の要る作業です。焦らず、納得できる水平が取れるまで、何度も調整しましょう。
インストールが完了すれば、非常に扱いやすいモデルといえます。33/45回転の選択と、アームリフトにさえ気を付ければ、思う存分にヴァイナルレコードの神髄を味わえます。
リファレンス盤として、
・Live at the Hollywood Bowl 1964 / The Beatles
・Liza with a "Z", a concert for television / Liza Minnelli
・For You / 山下達郎
・Mozart:Concerto No.20 in D Minor for Piano and orch. K.466 /
 Rudolf Serkin(ピアノ), The Columbia Symphony Orch., George Szell(指揮)
・Les Liaisons Dangereuses(危険な関係) / Art Blakey's Jazz Messengers
を再生してみましたが、どのジャンルも、きちんとツボを押さえた、情感あふれる演奏をしてくれました。
アナログなのに Hi-Fi さも兼ね備えた音響の印象なので、スピーカーを合わせるとしたら、「ハッキリ・明瞭」系の YAMAHA, DENON, DIATONE, JBL, B&W あたりが有力候補になるでしょう。
(※ちなみに当方のシステムの出力スピーカーは、暫定的にブックシェルフ型 JBL STAGE A130 です。軍資金がさらに貯まったら、 B&W 707 S2 あたりに交換してみるつもりです。)

【機能性】
マニュアル式のシンプルな作りです。
前記の通り、フルオートにあるようなオートスタート・ストップ等の機能はありません。
USB録音出力等の、余計な機能を極力そぎ落としたことで、低価格化と高音質化に磨きがかかりました。
ストロボ・クオーツ等はついていませんが、その分キャビネットのスリムさと、『新開発の薄型ブラシレスDCモーターとフィードバック制御により、水晶精度の正確さとコギングを抑えた(メーカーページより引用)』再生が楽しめます。
筐体がコンパクトにまとまっているので、私のように書斎オーディオにも十分設置できる大きさです。
運用方法としては、ポテンシャルを最大限に発揮させるため、内蔵フォノイコライザはオフにして、基幹プリメインアンプの QUAD VENA U の PHONO 端子に、出力・入力の双方で、アースを取ったうえで接続しています。

【総評】
レコードの嗜みは、何かとお金がちょこちょこかかる趣味です。性格がズボラでは務まりません。
最後に参考として、今回の製品に付属して購入した、お役立ち周辺機器をメーカーとともに、リストアップしておきます。

<NAGAOKA>
・LP/EPレコードスタンド(STL01)
・レコード用特殊クリーニング水(SPW01、湿式)
・レコードクリーニングクロス(CLV30、乾式)
・アルジャント WET(WCL111、湿式)
・LPレコードジャケットカバー(JC30LP)
・スタットディスクファイル<50枚入り>(RS-LP2、古いLPの保護のために、
 傷んだディスクファイルと入れ替える)

<オーディオテクニカ>
・スタイラスクリーナー(AT607、レコード針の清掃に使う)
・レコードクリニカ(AT6086)

<Boundless Audio>
・静電気防止レコードブラシ

<サンワサプライ>
・エアダスター(200-CD017)
・精密作業用(パソコン)手袋(滑り止め付き・Lサイズ、TK-SE12L)

【雑感】
Technics(SL-1500C)と迷っておられる方も多いと思いますが、私は断然、当機を強くお勧めします。中途半端なオートリフトアップ機能(特定のレコード盤で作動しなかった、という報告が散見される)で、価格が上積みされているのは、エンドユーザーとしては「うーん…」ですね。
また、国産品でも YAMAHA や DENON のモデルは、ベルトドライブ駆動が多いですが、ベルトの定期的な架け替えは、案外面倒そうです。

レコードの趣味は、ステイホームの週末に打ち込むには、うってつけです。
今度、街に出たら、テレサ・テンか中森明菜の重量LP盤を、駅前の書店で入手してこようかと思案しております。

参考になった23人(再レビュー後:23人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レコードプレーヤー > SONY > PS-LX310BT

珍九郎さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:78人
  • ファン数:0人
満足度2
デザイン4
音質1
操作性3
機能性3

【デザイン】
 見た目シンプルで良い。

【音質】
 ぼやけた音。聞いてるうちにもういいや!胸焼けするわって感じになる。
アンプはLINN Majik DSM 内臓フォノイコで試聴。胸焼けするので
プレーヤー内臓フォノイコは試てない。

【操作性】
 フルオートは楽でいいです。

【機能性】
 色々ついてるんですが、USBがType-Aだったりして、ちょっと古いなぁって感じ。
PCの場所離れてるし…。DENONみたいにUSBメモリー直刺し録音の方がいいかな。

【総評】
 見た目はいいけど、使うとチープさがにじみ出る。
プラッター持った時、上に敷くゴムシートかと思ったほど軽い。
トラッキング能力がてんで無い。レコードの内周付近で音飛び多発するレコードが結構ある。
アナログの機械ものはやっぱり物量投入しないとまともなものにならないのかなぁ。
とりあえずレコードプレーヤーを、って人向きかな。
長く使い続けようって気にならない。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レコードプレーヤー > ONKYO > Onkyo Classic Series OCP-01(B) [ミスティックブラック]

ばねまるさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

コーヒーメーカー
1件
0件
浄水器・整水器
0件
1件
レコードプレーヤー
1件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン4
音質1
操作性2
機能性2

 昭和からのテクニクスSL-5300を愛用していますが、レコードを気軽に聴けるよう家族用に購入。
 値段からして大したことは無いだろうけど、オーディオテクニカ辺りから出ているRCA2ピン接続のベルトドライブプレイヤーくらいの音ならいいかなと思いきや、それ以下でした。
 まず肝心の音がまともに出ていない。外付けアンプを通して聴いてもこもったりビビっている。いろいろ見回ってみての結果、針のカンチレバーが樹脂であることに気づいて愕然としました。細い金属パイプの根元に樹脂という針しか見たことが無い自分は、今や有名音響メーカーの商品でもこんなものなのかとショックでした。とりあえず速攻であれこれ検索し、通販で同等以上の針(「4RB」らしい)を探し出して装着。ビビりや多少の音飛びは残るものの、音質は見違える、というか聞き違える?ように良くなりました。
 あとは
・付属のシングル盤用アダプタの中心穴が大きすぎ、元々偏心のないドーナツ盤でも回転ムラが発生。これもアダプタを別途買い直して改善。(なおレコードの貼り合わせずれでの回転ムラはどうしようもありません。アダプタを付けずにマニュアルでずれを直すしか無い) 追記:買い直したアダプタは元のアダプタの場所には入らないという…(元のアダプタに合わせてピンが太い)
・回転数切り替えスイッチが小さすぎる上にアームの下にあって切り替えにくい。
・オートストップにすると時間の長いシングル盤(約5分以上?)などはエンディングで急ブレーキが掛かる。
・カートリッジを指で持ち上げるためのアームの飛び出しが控え目過ぎて指を掛けにくい。

 全体として、とりあえずおすすめは致しません。

比較製品
オーディオテクニカ > AT-LP60X DGM [ダークガンメタリック]
オーディオテクニカ > AT-LP60XBT

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レコードプレーヤー > DENON > DP-300F

ayumi2022さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
1件
73件
スピーカー
3件
35件
その他オーディオ機器
1件
12件
もっと見る
満足度4
デザイン2
音質5
操作性5
機能性3

DENON DP-300Fを購入してから2〜3週間が経ちましたのでレビューします。

【デザイン】
まあまあです。カタログ写真では高級そうに見えましたが、実際はちょっとプラスチックなアルミ調の塗装がされた質感で残念です。でも形自体はオーソドックスで、飽きがこないデザインで万人受けしそうです。

【音質】
付属のカートリッジがとても性能が良いようで、クリアな音を届けてくれます。低音はそれほど豊かではありませんが、厚みのある中音が音楽全体をまとめあげてくれます。硬さは感じられず、全体的に丸みを帯びた音質で、聴き疲れしません。

【操作性】
特に迷う事もなく、と言いますかボタン4つだけですので、誰でもすぐに直感的に操作ができます。
ただしボタンの押した感触が玩具みたいなので、ちょっと残念ではあります。

【機能性】
やはりフルオートは便利です。
プレイボタンを押せば、盤が周り初め勝手にアームが針を落としてくれます。全ての演奏が終われば盤が止まり、アームは自動的に元の位置に戻ります。
非常に楽ちんで便利です。
※再生中でも停止ボタンを押せば、フルオートで停止してくれます。

【総評】
厳しいことも書きましたが、レコードプレイヤーとしての性能で言いますと、あまりこれと言った弱点がなく、むしろ高性能の部類に入るのではないかと思います。

これからレコードを始める方にとてもオススメが出来る名機種だと思います。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レコードプレーヤー > DENON > DP-500M

Jazz大好きサラリーマンさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ネットワークオーディオプレーヤー
3件
25件
スピーカー
1件
25件
プリメインアンプ
1件
21件
もっと見る
満足度3
デザイン2
音質4
操作性2
機能性3

【デザイン】
伝統的なデザインだが、個人的にはもっと濃い色の方がシックで良いと思います。なんとなく和室向きという感じです。

【音質】
付属のカートリッジはそれなり、変えれば良いです。その他のパーツによる音はないので、特に問題ないと思います。接点が多いのは欠点なのにRCAが交換できるようにしたのは、最近のケーブル商法のためだろう。昔のプレイヤーがピンケーブル直付けだった理由がわかる。

【操作性】
初心者の私には、針の調整が難しい。外周と内周で音質差を感じると気になって調整しだすと、いつまでたっても音楽をゆっくり鑑賞できない。

【機能性】
これ以上特に機能は必要ありません。

【総評】
操作性のところに書いた理由で、レコード初心者だったけど、レコードやめちゃいました。10枚ぐらいレコード買いましたが、本器とともに下取りに出しました。私にはレコードは合ってないように感じました・・・

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビューランキング

(レコードプレーヤー)

ご注意