ミシンすべて ユーザーレビュー

 >  >  > すべて

ユーザーレビュー > 家電 > ミシン > すべて

ミシン のユーザーレビュー

(5件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
ミシン > ブラザー > MS-2000

多賀一晃さん

  • レビュー投稿数:109件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の…続きを読む

満足度4
デザイン4
使いやすさ5
パワー5
仕上がり5
静音性3
サイズ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

MS-2000。白色LEDのため、手元が明るい。

糸コマ押えを使わないので、糸が引っ掛かったところ。

16種類の内から選択。迷いは少ない。

速度調整のスライダーとスタートボタン。

竿袋の縫い目。裏から縫って表から見たところ。

ケース裏側。発泡スチロールはいただけない。

思わず、マンガのタイトルのようなタイトルを付けてしまったが、それが実直な想いだ。刺繍縫いなどの特殊機能はない(アップリケ縫いはあります!)が、ミシンに要求される、「思った通り」「確実に」縫うということに特化したミシンだ。言うなれば、基礎をみっちり覚え込ませたミシンと言ってもいいだろう。そのミシン、ブラザーのMS-2000を今回、メーカーより借りてテストしてみた。

ミシンという道具は、下糸をボビンに巻き、上糸をミシン針に通すことから始まる。これが、5分位でできないと、イラつくことがある。これが初心者でも5分以内でできる。下糸:3分、上糸:1分。最近上糸を針穴に通すのは、装置を使って通すのが通常になっているが、MS-2000に関していうと、私は手動で通す方が早かった。失敗せず、ほぼ1回で通すことができたからだ。糸穴の近くのスペースがそれなりに大きいのと、針穴の位置がとてもイイのが要因だ。また白色LEDライトのサポートも大きい。

逆に失敗したのが、斜め横にホールドされたミシン糸のセットの仕方だ。説明書を見ずに、「糸コマ押え」をセットせず使い始めたら、糸コマの糸の端をひっかける溝に、糸が引っ掛かったからだ。ここは糸コマ押えを使うこと。あと、個人的にだが、糸コマは「リン」とした感じで立っている方が好きだ。

さて、今回は、釣り竿を入れる竿袋をキルティングで作ってみた。キルティングは切った後を「たち目かがり」処置し、後、袋に縫ってみた。袋の長さ、約150cm×約15cmを一気に縫ったわけだ。時間の関係でカッティングから縫いまで、すべてフリーハンドで対応したが、MS-2000は癖もなく、素直に、確実に動作するため、小一時間で縫い上げることができた。(時間の大半は、たち目かがりをゆっりくこなしたため) ちなみに、糸調子は自動、やや早めの設定だ。ただ、その設定でも立ち上がり(ほんの1から2秒)は、ややゆっくりであり、余裕を持って対応できるのもイイ。ワークスペースも広く、男の私でも不自由を感じることはなかった。

創作意欲を刺激するような刺激的な機能はないが、しっかりしているため、作りたいモノを確実に作ることができるミシンといえる。また糸調子などの自動モードも、「自分はこうだ」という人でない限り、問題もでないと思う。

後、裁縫道具を入れるところが多いこと、コードリール付きの電源コードの長さも十分長く、ほとんどの場合問題ないと思う。

初心者から、ベテランまで、特殊機能を必要としない人、全員に勧められるモデルといえる。


参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ミシン > ブラザー > PS102

鈴木啓一さん

  • レビュー投稿数:78件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールITmedia等の情報サイトで記事を書いている フリーランスのライター、兼、IT先端技術コンサルタント。
モバイルやクラウドを駆使するスマートワーク研究をライフワークとしている。

【主なWeb媒体】
ITmedia 誠Biz.I…続きを読む

満足度5
デザイン5
使いやすさ4
パワー5
仕上がり5
静音性5
サイズ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

付属の専用カバーをかけたところ

価格.com経由でメーカーから1週間ほどお借りする機会があり、レビューをすることにした。

私自身はミシンを使った経験に乏しいが、妻がとても得意なのでふたりで使ってレビューする。妻は自分で着るシンプルなワンピースを、ささっと1時間で作ってしまう腕前である。

【デザイン】
白いボディに液晶表示の部分だけまわりが赤いワンポイントが印象的。全体に丸っこく、親しみやすく飽きの来ないデザインである。

【使いやすさ】
全体に完成度が高く、使いやすくできている。初心者向けにもお薦めできるレベル。

「クイック糸通し」という機能がついており、面倒なミシン針の糸通しをスムーズにこなせるのも良い。

ただ、この機能を使おうと、マニュアルを見ながら何度も試したのだが、最初はなかなかうまくいかなかった。何回か失敗して、やっとマニュアルに書かれている意味を理解して上手に使えるようになった。

私がこの手の「メカ」に慣れていないためとは思うが、わかってしまえばとても便利で、ありがたい機能である。

マニュアルのP.23 「10 糸通しレバーをいっぱいまで下げます」の図にも、「11」と同じ要領で「フック」が針穴を通った状態の説明図を追加してほしかったと思う。

【パワー】
タオル地を何枚か重ねて雑巾を作ってみたりしたが、この程度はらくらくこなせる。厚手の記事もそこそこ大丈夫と思う。

【仕上がり】
妻は今回も1時間ほどで自分が着るためのワンピースをささっと仕上げてしまった。
ミシンの縫い目はもちろんきれいで、評価は5とした。

【静音性】
ミシンなのである程度の音が出るが、特に大きな騒音というほどではなく、比較的静かなほうではないかと思う。

【サイズ】
29.1×40.7×17.0cm、4.5kgと、ミシンの使い勝手を阻害しない範囲でちょうどいい、コンパクトさと思う。

【総評】
メーカーのホームページでは、本機はよく使う機能に絞った入門者向きの機種とされているが、まさにその説明に納得できるミシンだ。

妻によると、このレベルなら特に大きな不満はなく、たとえば子供のいる家庭でのさまざまなミシンの用途にひと通り答えられるだろうとのこと。

価格も手ごろにおさえられているし、メーカーのいうように入門者にお薦めできるミシンだと思う。




参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ミシン > アイシン精機 > OEKAKI50 OEKAKI50A-SG [セージグリーン]

多賀一晃さん

  • レビュー投稿数:109件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の…続きを読む

満足度5
デザイン4
使いやすさ5
パワー5
仕上がり5
静音性3
サイズ3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

機能美あるれる外観

この広さが使い易さを演出する

プレート中には、いろいろなアタッチメントを入れられる

ファスナー部分を修理。満足のできあがり。

ボタンホール縫い。これもラクラク。

下書きなしの、フリーハンド2回目。コツが半分掴めた状態

最近、ミシンを軽視する女性も多いと聞きます。しかし私は衣類ケアにミシンは必需品だと考えています。今回、アイシン精機様より貸し出しの提示があったとき、喜んで応募しました。アイシンはトヨタのクルマのパーツ製造で有名なメーカー。しっかりした作りには定評があります。ミシンも同様で「シンプルで壊れにくい。」と言われるミシンです。

■デザイン
OEKAKI50の手元が広いプレートはデザイン上の特長でもあります。アイロン掛けでもそうですが、衣類を正確にコントロールするには、衣類をキチンと広げることが大切。そのためにはスペースを確保することが大切です。逆な言い方をしますと、使う時に全力を出し切るタイプ。収納に関しては振りです。

■使いやすさ
プロが使う道具は、基本がしっかりしています。また初心者でも、こう使うんだよと導いてくれます。私が、OEKAKI50から受けた印象もそうです。今回初めて、フリーハンドの刺繍(名前のOEKAKI(お絵かき)の由来)にトライした時もそうでした。どうせならと、下書きなしでトライ。2回で使い方のイメージを得ることができました。ペンでカリグラフィーを書く時のように、ゆっくりスピード調整すればいいのです。コツが掴めると簡単な感じです。アイロン、ミシンなど、自分の手の延長として使う道具は、このコツが掴み易いことが重要です。

■パワー
14オンスのブルージーンをも通すことができます。成長が早い子どもの衣料などでは、裾を余していれば、何度でも裾直しができます。

■仕上がり
ロングダウンを修理してみました。満足行く仕上がりです。

■静音性
並ですね。極端に大きいということはありません。

■サイズ
デザインでも書きましたが、使用サイズは問題ありません。というより、使いやすいです。逆に収納はスペースが必要です。ただアタッチメントなどは本体収納ですので、ばらけることはありません。

■総評
ズバリいいミシンだと思います。使っている内に、ここで、あすこで使ってみたいとの思いが出てくるミシンです。が、問題は価格。単なる修理目的なら、お高いです。いろいろなモノを作るなら、逆に安く感じると思います。自分の思った通りに動かせる道具ですので、使っていると楽しくなります。創作に集中でき、ワクワクすると思います。好きな人には堪らないミシンになると思います。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ミシン > アイシン精機 > スーパージーンズ SuperJ15BR [茶]

鈴木啓一さん

  • レビュー投稿数:78件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールITmedia等の情報サイトで記事を書いている フリーランスのライター、兼、IT先端技術コンサルタント。
モバイルやクラウドを駆使するスマートワーク研究をライフワークとしている。

【主なWeb媒体】
ITmedia 誠Biz.I…続きを読む

満足度4
デザイン3
使いやすさ4
パワー5
仕上がり5
静音性5
サイズ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

価格.com経由でメーカーから1週間ほどお借りする機会があり、レビューをすることにした。

私自身はミシンを使った経験に乏しいが、妻がとても得意なのでふたりで使ってレビューする。妻は自分で着るシルク素材のシンプルなワンピースを、ささっと半日〜1日で作ってしまう腕前である。

【デザイン】
シックであきのこないデザインである。クラシカルな雰囲気。でも地味ではある。

リビングに置いて邪魔にならず、愛着もわくデザインとは思うが、若い女性より、ベテランをターゲットにした外観かもしれない。

【使いやすさ】
ボビンケースにボビンをポンと入れるだけでいいのはとても便利で使いやすい。

「補助テーブル」部分がスロープのカーブ形状になっていて生地をのせ、縫いやすい設計になっている。

「模様選択ダイヤル」は15種類の縫い模様を切り替えできる。大きなダイヤルで、わかりやすく使いやすい。

ただ、使いやすさが抜きんでているというほどでもないので、評価は4とした。

【パワー】

厚みのある生地もしっかり縫えるパワーは十分ある。本機に付属の「段縫い押え」を使うことでデニム生地12枚をクリアするという。今回時間の関係で実際に試すことができなかったが、魅力的だ。

【仕上がり】
仕上がりは良好。安定して縫える。

【静音性】
このパワーなので音が心配だったが、そんな心配を吹き飛ばすくらい、意外なくらい静かである。

【サイズ】
大きさはちょうどいい

【総評】
一般家庭のミシン掛けには十分な機能性能を持っている。
構造的にしっかりしていて長く使えそうである。

デザインの項にも書いたが、若い女性の入門者よりも、ベテランを狙った機種と思う。名前のようにジーンズ生地をよく縫うひとにむく、業務用ミシンに近い頼りになるマシンと思う。

ミシン掛けのベテランである妻によると、初心者はオプションの足ふみスイッチを合わせて購入することがお薦めだという。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ミシン > アイシン精機 > OEKAKI50 OEKAKI50A-SG [セージグリーン]

鈴木啓一さん

  • レビュー投稿数:78件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールITmedia等の情報サイトで記事を書いている フリーランスのライター、兼、IT先端技術コンサルタント。
モバイルやクラウドを駆使するスマートワーク研究をライフワークとしている。

【主なWeb媒体】
ITmedia 誠Biz.I…続きを読む

満足度5
デザイン5
使いやすさ4
パワー5
仕上がり5
静音性4
サイズ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

スターターキット (刺繍の練習用の布が用意されている)

たくさんの付属部品

テーブル部分をはずしたところ

価格.comのスタッフの提案でメーカーからお借りしてレビューをしてみることに。

私自身はミシンを使った経験に乏しいが、妻がとても得意なのでふたりで使ってレビューすることとし、引き受けることにした。

妻は自分で着るシルク素材のシンプルなワンピースを、ささっと半日〜1日で作ってしまう腕前であるが、今回のような刺繍ができる最新機種は経験がなく、ふたりで興味津津で使い始めた。


【デザイン】

お借りしたのはセージグリーンのタイプで、どちらかというとレトロで落ち着いた雰囲気で、ミシンにぴったりの色だ。

デザインで最も特徴的なのは布を置くテーブルの部分が広いこと。作業がしやすいと、妻のまず第一声。とても良い第一印象だったようだ。

このテーブル部分は収納にもなっており、便利だ。さらにはこれを取り外してしまうと、袖口のような筒状の部分を縫うのに便利な構造になっているのも良い点だ。


【使いやすさ】

ミシンに慣れている妻はどんどん作業を進め、あっという間に作品を仕上げてしまうが、私自身はマニュアルと格闘して、四苦八苦。

それでも、2日ほどで直線縫いや飾り縫いができるところまで何とか到達。見た目はともかく、一応作業ができるまでにはなった。

付属品の数が多く、似た部品の中から適切なものを選ぶのだけでも大変で、マニュアルと実物を何度も見比べながらの作業となった。

また、私のような超初心者にはマニュアルに書かれている概念を理解するところから難しく、具体的でわかりやすいビデオ解説などがあるともっと良いのにと感じた。

部品の取り付け、取り外しのために「針板ドライバー」という鍵のような形をした簡易的なドライバーが付属しているが、これがとても使いにくい。私自身が不器用なのもあるが、ネジを回すのに毎回四苦八苦する。

実際にセッティングができれば、肝心の縫う作業は前述のようにとてもやりやすい。


【パワー】

もちろん、厚い生地にもしっかり対応している。


【仕上がり】

私はまだ慣れてなくて、同じ調子で布を送ることができていないせいか、縫い目の長さや幅がばらついたり、歪んだりする。しかし、ミシンになれている妻は、製品並みに綺麗な縫い目で作品をどんどん作っている。

ジャージのような伸縮性のある生地や、シルクのスカーフのような薄い生地では特に布の「送り」かたが重要で、仕上げに大きく影響する。まさに練習が必要と言うことだ。

刺繍を施す「お絵かきぬい」では、さらにその傾向が強くなる。お借りしている期間の関係で習熟するまでには至らなかったが、アルファベットの筆記体のような線の太い・細いを自由に表現できるようになったらすごいなあと思う。でも、このミシンならば練習すればできそうと感じさせてくれただけでも、かなり価値があると思った。


【静音性】

メカがあれだけパワフルに動くのであるから、音は当然ある程度覚悟している。でも、いやな感じの音ではない。


【サイズ】

省スペースというほど小さいわけではない。ミシンとして使いやすい適度な大きさと感じる。特に前述のように布を置くテーブルの部分が広くとられているのがとてもよい。


【総評】

私自身は、今回話があるまで正直言って車の部品製造で有名なアイシン精機が家庭用ミシンを出していることを知らなかった。しかし、さすがにハイテクメカを作らせたら世界トップクラスの会社だけあって、家庭用ミシンもとても高いレベルで安定した機能を提供してくれていることを感じさせてもらった。

改善してほしい点はいろいろあるが、基本的にレベルがとても高く、制作意欲をわかせる素晴らしい製品であると思った。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(ミシン)

ご注意