電子辞書すべて ユーザーレビュー

 >  >  > すべて

ユーザーレビュー > 家電 > 電子辞書 > すべて

電子辞書 のユーザーレビュー

(7件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
モニタレビュー
電子辞書 > シャープ > Brain PW-SH7 > Brain PW-SH7-W [ホワイト系]

神野恵美さん

  • レビュー投稿数:692件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールライター・編集者。
書籍編集者、雑誌記者・編集者を経て、2004年にセミリタイアと称して渡仏。以降、現地にて言語を学ぶ傍ら、フリーランスで日本のメディア向けの取材活動、現地邦人向けのメディアなどにも関わる。帰国後は、新聞、雑誌、ウェブ媒…続きを読む

満足度4
デザイン4
収録辞書数5
見やすさ5
使いやすさ4
携帯性4
検索機能4
バッテリー5
拡張性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

両手で持った時のホールド感も良好。

縦画面、片手持ち使用時。

高精細&カラーで見やすい画面

 

手書き入力にも対応。

キーボードは、指先でも打ちやすいほどよいサイズ

 

シャープの電子辞書シリーズ「Brain」の高校生向け新モデル。新製品発表会を取材の上、メーカーから実機をお借りして試用した。

なんと言っても高精細な画面が魅力。画面を360°回転させられ、縦にして片手で持ちながらスマホ感覚で使用できる。重量約265gは重すぎず、軽すぎず。サイズ感とともに、女性が片手で持った時にも安定感がある。

操作は、キーボードの他、付属のタッチペンか、タッチ操作で可能。直観的でわかりやすいが、タッチ操作時にはスマホのようにスクロールやピンチイン&アウトはできない。日ごろの習慣でついこれらの操作をしてしまうが、対応してくれるとよりよかった。

収録コンテンツは十分すぎるほど。辞書のみならず、高校生向けの主要教科の学習や暗記ツールも豊富にあり、隙間時間に学習するのに便利。

『リーダーズ英和辞典』『リーダーズ・プラス』『ジーニアス英和大辞典』のメジャーな英和辞書の他、最新版の『OXFORD現代英英辞典 第10版』、最新版の『大辞林』、連語類語辞典、活用表現辞典など、紙の辞書ではかさばるし、なかなか購入しないであろう
高度かつマニアックな辞書・辞典なども多数あり、大人になっても十分便利に使えるのも魅力。もちろん、コンテンツは任意で追加購入もできる。

充電はUSBケーブル方式で、バッテリーの使用時間は、連続表示時で約140時間、連続使用時で約65時間と、かなり持つ。


初期投資はそれなりに必要とはいえ、これだけの内容と長く使えること、かさばらないなどの利便性を考えると、コスパはかなり高い。子どもの新入学のタイミングで購入を検討したい。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

電子辞書 > シャープ > ナゾル BN-NZ1E

神野恵美さん

  • レビュー投稿数:692件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールライター・編集者。
書籍編集者、雑誌記者・編集者を経て、2004年にセミリタイアと称して渡仏。以降、現地にて言語を学ぶ傍ら、フリーランスで日本のメディア向けの取材活動、現地邦人向けのメディアなどにも関わる。帰国後は、新聞、雑誌、ウェブ媒…続きを読む

満足度3
デザイン4
収録辞書数3
見やすさ3
使いやすさ3
携帯性4
検索機能3
バッテリー3
拡張性無評価

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

長さはペン並み。太めのラインマーカーといった感じ

厚みは2.1センチ。薄くはないが指先で十分つまめる

スキャン時にはランプが点灯し、なぞっている箇所がわかりやすい

 

実際の文書中の場合は、文字の大きさや文字間によっては少々技術が必要。要練習

検索結果の表示例

 

ペン型の電子辞書。記者説明会の取材後、実機をお借りして試用してみた。
その名のとおり、ペン先のスキャナーで文字を上からなぞって読み取り、内蔵された辞書から検索された結果を表示する。

三省堂の「グランドコンサイス英和辞典」を内蔵し、約36万の項目を収録する。長さ15.8センチ、重さ約86グラム、幅3.6センチの大型ラインマーカーのような形状で、一般的な電子辞書を持ち歩くよりも身軽に携帯できる。大きめのペンケースやポーチに入れるとちょうどいいサイズだ。

電源は単4形アルカリ電池2本で、仕様上は約30日は使用できるとしている。他に国語辞書版もラインナップするが、日本語の単語よりも英単語のほうが長い文字数のものが多いので、どちらかと言えば一般的に日本人にとって出番が多そうなのはこちらのモデルだ。

扱い方はスキャンボタンを押して先端の部分でなぞるだけと簡単。本体後方の2.6インチの液晶に結果を表示する。液晶はモノクロでバックライトはないため、暗い場所での使用には向かない。1画面に1行あたり15文字を3行表示できる。

読み取り可能な文字のサイズは、約6ポイント(約2.1ミリ大)から約22ポイント(約7.8ミリ大)まで。使用する際、読み取り面はライトが点灯する。

実際に使用してみた感じでは、読み取り精度は比較的高いと感じた。読み取ってから結果を表示するまでも公称どおり2秒程度と速い。

ただし、スキャニング自体はコツが必要なよう。本体をスライドさせるスピードや紙の上での接し方などでうまくいかないことがあり、成功するまでに少々時間を要した。慣れの問題とは思うが、最初につまづくと以降使う気になれなくなってしまうユーザーもいると思うので、このあたりの許容度や能力は次期製品では改善してほしいポイントだ。

ユーザーはどんな条件のもとでも一定のレベルで使用できることを望むもの。使用したい紙が必ずしも平らだったり、水平ではない場合など様々な条件のもとで使用したとしても、環境に左右されずにシームレスに使えることがベストだが、本製品の場合はその点において多少の課題があることを留意して購入したほうがよい。とはいえ、うまく使いこなすことができれば、効率よく英単語を調べることができるのは確かだ。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

電子辞書 > シャープ > ナゾル BN-NZ1J

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度4
デザイン5
収録辞書数5
見やすさ4
使いやすさ4
携帯性5
検索機能5
バッテリー5
拡張性無評価

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

取材で取り上げる機会があり、面白い製品だと思いましたので、ご紹介します。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
個人的には、洗練度が高く、質感も良好で、好感を持ちました。

【収録辞書数】
『スーパー大辞林 3.0』で、26万5千語を収録しています。
日常生活で利用するには充分と思います。

【見やすさ】
液晶画面は15文字x3列で、電子辞書としては実用充分に思います。
一方、スマホの高精細なカラー画面を見慣れた今では、文字のギザギザが気になります。(コンパクトな製品なので仕方ないですね)

【使いやすさ】
最初はスキャンエラーが多く、慣れるまで30分くらい掛かりました。
店頭で短時間試用されると、「使い物にならない」、と思う方も多いと思います。
コツは、ターゲットの文字に対し、"少し広い"範囲を、"素早く"なぞることです。
慣れると、スキャンの成功率が上がります。
実用的と思うか否かについては、個人差もあると思いますので、店頭で納得が行くまで、じっくり試用されると良いと思います。

【携帯性】
ペン型で、重さは86g。携帯性は非常に良いです。

【検索機能】
スキャンしてから約2秒で表示されます。
読めない文字が入力できるのは、一般的な電子辞書には無い機能と言え、検索能力は高いと言えます。

【バッテリー】
単四アルカリ電池2本で、約30日利用できます。
(メーカー公称値。1日30回スキャン、ほか、諸条件の元での数値)

【総評】
スキャンにはコツを要したり、100発100中とは行かないもどかしさは残りますが、読めない漢字が検索できる機能性を考えれば、許容できる範囲です。
また、読める漢字でも、紙の辞書や電子辞書で検索するのは億劫なもので、その点、本機は気軽です。
新社会人など、これから新たな勉強が必要な方に、便利な製品に思います。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

電子辞書 > シャープ > ナゾル BN-NZ1J

岡安学さん

  • レビュー投稿数:259件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジモノ誌やウェブで活動するフリーライター。
デジカメ、テレビ、レコーダーなどデジタル機器を中心に
白物家電やPCまで執筆対象を拡げている。
また、ゲームやアニメ、ホビー、トイなど、サブカルチャーも扱う。
近著に『INGRESSを…続きを読む

満足度5
デザイン4
収録辞書数5
見やすさ4
使いやすさ5
携帯性5
検索機能5
バッテリー5
拡張性無評価

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

キャップがついた状態です。

調べたい文字をなぞってスキャンします。

ペンのアイコンのボタンを押すと、スキャンが開始されます。

メーカーにお借りして1か月くらい使用しました。


【デザイン】
とくにデザイン性が高くはないですが
特に問題があるデザインではありません。


【収録辞書数】
収録辞書数は多くないですが、
機能的なことを考えれば
そんなに多くの言葉を深く調べることはないと思うので
十分だと思います。


【見やすさ】
液晶の表示サイズが小さめなので
文字量が少なく
見やすいとは言えません。
ただ、見難いかと言うとそれほどでもないです。


【使いやすさ】
調べたい文字を蛍光ペンで塗るように
なぞるだけで調べられるのは便利です。
文字入力をするよりもはるかに楽です。
多少、なぞる場所や速さなどに慣れが必要ですが
すぐに慣れると思います。
縦書きと横書きを切り替えないといけないのは
ちょっと面倒です。


【携帯性】
ペン2本分くらいの太さなので
電子辞書としては優秀です。


【検索機能】
26万5000項目収録しているので
大抵の文字は検索できます。
検索時間も短いのでストレスレスで使えます。


【バッテリー】
バッテリー切れになるまでは使っていませんが
乾電池を使うので、
あまり気にせずに使えます。


【拡張性】
拡張性やアップデートは
無いようなので
この項目は無評価で。


【総評】
ちょっと意味があやふやな単語が出てきて、
電子辞書を出すまでもないような時でも
さっと調べられる手軽さが良いです。
スキャンミスした時に、もう一度スキャンボタンを押し直すのが面倒です。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

電子辞書 > シャープ > ナゾル BN-NZ1J

神野恵美さん

  • レビュー投稿数:692件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールライター・編集者。
書籍編集者、雑誌記者・編集者を経て、2004年にセミリタイアと称して渡仏。以降、現地にて言語を学ぶ傍ら、フリーランスで日本のメディア向けの取材活動、現地邦人向けのメディアなどにも関わる。帰国後は、新聞、雑誌、ウェブ媒…続きを読む

満足度3
デザイン4
収録辞書数3
見やすさ4
使いやすさ3
携帯性4
検索機能4
バッテリー3
拡張性無評価

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

キャップを外すとスキャナー部分が現れる

文字をなぞる際にはガイドを目安に

縦書きの文字にも対応

縦書き・横書きは本体で設定

検索結果の表示

設定すれば、行またぎの文字も読み取り可能

ペン型で文字をなぞった部分を読み取ることができる電子辞書で、『スーパー大辞林3.0』から約26万5000項目を収録した"国語モデル"。11月初旬に行われた説明会を取材した後、実機をお借りして試用した。

電子辞書と言えば、文字をタイピングして入力するタイプのものに始まり、手書き認識や画像認識などさまざまなタイプのものが発売されているが、本製品はペン型で先端部分の読み取り部分で文字をなぞると文字を認識し、辞書を検索してくれるという、ありそうでなかったタイプの商品だ。

紙の辞書を持ち歩くのに比べると、軽量・携帯性のよさは本製品に限らず、電子辞書全般に言えることだが、本製品は重量約86グラム、サイズ158×36×21ミリと、さらに軽量コンパクトである。しかし、ペン型とはいえ、ペンケースに入れるとなると、入らなくもないが、他のものが入らなくなったりというサイズ感である。

また、複数の辞書を搭載している手帳型の電子辞書やスマートフォンのアプリなどと比べると、内蔵している辞書はあくまで1冊なので、利用用途としてはかなり限定的なものである。さらに、本製品の有用性はふだんの生活で日本語の辞書をどれだけ使用しているかに左右されると思われる。

とはいえ、本製品の他にはないユニークな特徴は、縦書きの文字にも対応している点だ。横書きが基本であるウェブの世界とは違い、紙の世界ではまだまだ日本語は縦書きも横書きも混在するので、その点に着目しているのは抜かりない。さらに、読み取り文字サイズが6〜22ポイントと幅広いのも利点だ。

本製品は英和辞典を搭載したモデルも用意しているが、国語モデルに関しては外国人ユーザーに最も受け入れられそうだ。日本語学習はもちろんだが、日本で生活している外国人が例えばちょっとした資料や手紙、取扱説明書など紙に日本語で書かれたものを手にした際にあると非常に有用だと思う。

もちろん、日本人がわからない言葉に出会った際に利用するというのも全然アリだ。スキャンしてわずか2秒で検索してくれるので、紙の辞書を引いたり、ネットで検索したりするよりも遥かにスピーディーだ。

しかし、実際に使ってみると、読み取りには少々コツが必要。目的の文字より少し長めにスキャンするのがコツだが、正確に読み取れなかったり、読み取った一部から再度文字を選択しなければならないなど、もうひと手間が必要な場合も多かった。もちろん慣れれば効率よく正確に読み取ることができて便利に使えそうだが、そこに至るまでに脱落してしまうユーザーもいると思う。

1回なぞるだけで一発で正しく検索ができる率がもう少し高くなると、日本人ユーザーにとってもっと便利で"使える"ツールになるはずだ。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

電子辞書 > シャープ > ナゾル BN-NZ1E

岡安学さん

  • レビュー投稿数:259件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジモノ誌やウェブで活動するフリーライター。
デジカメ、テレビ、レコーダーなどデジタル機器を中心に
白物家電やPCまで執筆対象を拡げている。
また、ゲームやアニメ、ホビー、トイなど、サブカルチャーも扱う。
近著に『INGRESSを…続きを読む

満足度5
デザイン4
収録辞書数5
見やすさ4
使いやすさ5
携帯性5
検索機能5
バッテリー5
拡張性無評価

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

キャップをつけた状態です

文字に蛍光ペンでラインを引くようになぞります

真ん中のボタンを押すと、スキャンすることができます

メーカーに借りて2週間くらい使いました。

【デザイン】
カッコイイと言うほどのデザイン性はありませんが
機能重視のモデルなのでこんなものかと。


【収録辞書数】
辞書数で言うと1冊分ですが
用途を考えると十分です。


【見やすさ】
液晶は3行分しか表示されないので
全文を確認するにはスクロールしなくてはならず
見やすいとは言い難いです。


【使いやすさ】
スキャニングは慣れが必要ですが
一度慣れてしまえば
スーッとなぞるだけで
読み取れます。
読み込みに失敗するともう一度スキャンボタンを
押さなければならないのが面倒です。
読み込みに失敗したら必ずもう一度スキャンするので
失敗したらすぐにスタンバイ状態になって欲しい感じです。


【携帯性】
電子辞書として考えると破格の携帯性です。
ペンケースなどに入れて置けるので
常時持ち歩けます。


【検索機能】
36万語を収録しており、スキャンと同時に検索してくれるので
検索性はなかなか高いです。


【バッテリー】
最後まで使い切っていませんが
乾電池タイプなので
バッテリーを起こしてもすぐに対応できます。


【拡張性】
追加辞書などを始め
アップデートの予定もないようなので
基本的には購入時のままで使うことになります。


【総評】
海外でメニューの内容をちょろっと確認したい場合などに
役立つと思います。
単語だけでなく、センテンスも読み込めるのも便利です。
イチイチ単語を打つのが面倒な人には最適です。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

電子辞書 > カシオ > エクスワード XD-B3800 > エクスワード XD-B3800WE [ホワイト]

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度4
デザイン5
収録辞書数5
見やすさ4
使いやすさ4
携帯性5
検索機能4
バッテリー4
拡張性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

システム手帳風の外観

カラー画面で写真の表示も。

キーボード下の子画面は、文字の手書き入力などに利用できる。

中学生の学習用に購入しました。

【デザイン】
外観はシステムノート風のデザインで、いかにも”電子機器”という感じがしなくて良いです。質感も良好で、高校生や大人が使うにも違和感はないでしょう。
色はピンクとホワイトがあります。小学生くらいの女の子の場合、ピンク色を欲しがると思いますが、長く使う可能性があるなら、本体は無難なホワイトを選び、別売りのケース(ピンク色)を購入するのも一案です。

【収録辞書数】
本機に限らず、どのメーカーも多種多様な辞書を収録しているので、原則、どのメーカーを選んでも不足は無いと思います。考えるとすれば、欲しい特定の辞書があれば、収録されているかどうかを確認しましょう。例えば、本機の場合、英英辞典は「小学館ケンブリッジ英英和辞典」が収録されています。学校や先生によってはオックスフォードを薦めるケースも多いようです。因みに当方は、本機を購入して、別途必要な辞典(オックスフォード英英辞典)は、別途、印刷物を購入しました。
本機には、辞書以外にも、参考書やテスト用の問題集も収録されているので、ニンテンドーDSなどに慣れた子供は、楽しく勉強できるようです。
その他、英語の名スピーチ(演説)などが収録されていて、音でも確認できるのは良いです。小中学生には、百人一首の読み上げも好評でした。(札取りゲームの際、詠み役を本機に任せられる)

【見やすさ】
液晶パネルが大きく見易いですが、最近の高精細なスマートフォンの画面を見慣れていると、文字がギザギザで読み難く感じます。(ニンテンドーDSレベル)
価格帯を考えると仕方がないように思いますが、購入に際しては留意すると良いでしょう。

【検索機能・使いやすさ】
辞書は、タッチペンで文字入力が出来、反応も認識率も良好です。アルファベットに限らず、漢字の入力も実用的です。
ネイティブ発音機能も本機の魅力ですが、音がやや聴き取り難い(圧縮し過ぎでモゴモゴした感じ)のは少々残念です。

【バッテリー】
メーカーの仕様ではアルカリ電池使用時で、130時間(連続使用)です。辞書として、電源オン/オフを繰り返しつつ1日1時間程度利用する場合、3ヶ月程度は使用できると思います。
参考書や問題集として1日に数時間も利用する場合でも、電池は一般的で比較的安価な単三型電池を2本使用するので、経済面で問題はないでしょう。エネループなど、単三型充電池の利用も可能です。

【総評】
新型のXD-B3850が発売されていて、本機は型落ち商品の分、2割程安く買えます。本機と新型の辞書内容を完全に比較した訳ではありませんので、新型の方が安心にも思いますが、来年には型落ちになります。毎年買い替える気が無ければ、お買い得な型落ちを選ぶのも一案と思います。
これだけの辞書や情報が2万円程度で入手できるのは驚きです。印刷物の辞書よりもスピーディーに検索でき、さらにカラー写真や発音なども利用できるのは、電子辞書ならではの利点です。辞書は紙でなくては・・・と思っている大人にも一度使ってみる事をオススメします。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(電子辞書)

ご注意