ヘッドホンアンプ・DACすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > 家電 > ヘッドホンアンプ・DAC > すべて

ヘッドホンアンプ・DAC のユーザーレビュー

(4622件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
モニタレビュー
ヘッドホンアンプ・DAC > LUXURY & PRECISION > LUXURY & PRECISION W2

premium2さん

  • レビュー投稿数:120件
  • 累計支持数:446人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
13件
1件
イヤホン・ヘッドホン
6件
0件
スピーカー
5件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質4
操作性4
機能性4

ポータブルはやや興味が遠のいていたのですが、スマホでハイレゾのサブスクをよく聴くようになったので、改めて購入しました。いつもライターの佐々木さんの記事を参考にしており、今回も佐々木さんがべたぼめしておられたので、購入しました。

【デザイン】
特に秀逸とまでは思いませんが、悪い点もありません。

【音質】
これは、かなり優秀かと思います。以前、入手したLotoo PAW S1は音に納得できませんでしたが、この機種は電源もiPhoneから供給されるのに、しっかりした音がします。佐々木さんも書いておられたように、まるでESSみたいな音です。
特に4.4mmのバランスケーブルにすると、2段くらい向上しますので、ぜひそうすべきと思います。
ただ、超絶の良い音かというと、その手前ではあります。

【操作性】
まあ悪いというほどのことはないのですが、もう少しボリューム操作がしやすいと良かったです。シーソー型のボリュームは今ひとつ操作感が悪いです。良い点は、重量が軽いので、ポケットに押し込んだりせずぶらぶらさせて持ち歩くのが許容できることです。Lotoo PAW S1はもう少しだけ重いせいかそれがためらわれました。

【機能性】
私にとって無駄なイコライザーなどもありますが、使わない者に邪魔でもないので、良いです。

【総評】
この価格で、スマホ主体で使うDAC兼ヘッドホンアンプで、このサイズで、買って損はないと思います。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FiiO > BTR5 2021

Earth_Diverさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:148人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
0件
11件
スマートフォン
0件
6件
水中撮影用防水カメラケース・水中ハウジング
1件
3件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質4
操作性3
機能性4

B&Oなど、いくつかのコードイヤホン・ヘッドホンをBTで使いたく購入。
【デザイン】
デザインはスッキリ、質感にチープなプラスティッキー感はないです。
【音質】
詳しくないですが、クリアで満足してます。
【操作性】
音量と曲送りのボタンが兼用なのがやや使いづらいです。慣れかな?
【機能性】
操作時の音声ガイドが欲しいような、あると煩わしいような、、、
【総評】
皆さんのレビューでコンパクトさではBTR3が、機能ではBTR5が良いとの情報でやや迷いましたが、2021版が出た5を選択。
大きさ重さは秋冬の衣服では許容範囲ですが、夏のポロやTシャツなどの軽装時に胸元でクリップ留めで使うにはやや重いでしょうか。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FiiO > BTR5 2021

xuqnkhebさん

  • レビュー投稿数:176件
  • 累計支持数:1033人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
157件
42件
イヤホン・ヘッドホン用リケーブル
10件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
4件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

外箱です。

フタを開けると。

大きさ比較。左からUP4、UP5、BTR5、BTR5 2021。

   

左からshanlingUP5+Ali取寄せケーブル、fiio Q3(このケーブルは流用不可).BTR5 2021

   

神機BTR5の新バージョン。

●結論
変わらず、更に「神機」です。

●購入の際の注意
iPhoneを使っている方はiPhoneとの接続ケーブルが付属する限定バージョンを選びましょう。ヨドバシの品名では「BTR5 LC 2021」、ビックでは「FIO-BTR5ESLC-2021」で、数量限定モデルなどの表記があります。
限定版に付いているUSB-C to Lightningのケーブルを使ってiPhoneと USB接続して DACとして運用できます。また、同じfiioでも Q3付属のケーブルとは違い BTR5 2021に付属する限定版のケーブルはshanling UP5でも使えたりします(2021.12.3時点)

●環境
iPhone7とAAC接続、USB接続、DAP(hiby R5 saberなど)とLDAC接続、USB接続しましたが、主はiPhoneによる運用です。

●接続性
iPhoneとのBT接続では問題ありません。Androidの場合は不明です。

●機能性
アプリとの連携は容易です。また、端子は3.5mmアンバランスと2.5mmバランスに対応していますが、4.4mmバランスを直接挿したい方はshanling UP5の方が端子3種対応なので良いかもしれません。

●デザイン、携帯性
小型軽量でシンプルなデザインです。前機種と変わりません。前機種(UP4)より少し大きくなったshanling UP5に比べるとコンパクトです。

●BTR5との違い
ESS製DAC+アンプ統合型チップの進化は以下の通りです(fiio HPより)
 BTR5「ES9218P」
 BTR5 2021「ES9219C」
これはshanlingのUP5、DAP M3Xに搭載されているものと同じ型番になります。
iPhone7とBT接続(AAC接続)している時は、正直に申し上げて音質(違い)を中高年オヤジは感知できません。全く不満はありませんが... 音の違いはイヤホンを変えた方が変化を体感できると思います。ただし、iPhone7でUSB接続して DACとして使う場合でAmazon MUSIC HDでは192khzが表示されます。その音は細やかになりながら鮮明さが増して力強くなる印象があります。電池の減りは速そうですが...

●総評
性能と価格が乖離したまま 新たなバージョンにより更に乖離が拡大した神機です。

BTR5を持っている場合は悩みますが、PhoneユーザーでiPhoneとUSB接続してDACとして192khzでAmazon MUSIC HDを楽しみたい場合は当機(BTR5 LC 2021)をお勧めします。iPhoneとUSB接続出来るようになったことで、電池持ちや4.4mm端子やパワー、音質などを除くとBT接続、コンパクトさなどでfiio Q3より使い易いかもしれません。

shanling UP5を持っている場合も悩みますが、UP5は2021.123現在でアプリのイコライザー機能に不具合があり使えません(その他の不具合はver.1.6.3のファームウェアで解決しています)。イコライザー機能を調整したい場合には当機(BTR5 LC 2021)をお勧めします。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > ゼンハイザー > HDV 820

くらぶ くあとろさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:45人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
0件
28件
イヤホン・ヘッドホン
2件
26件
OSソフト
0件
27件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

パソコンfoobar2000 > HDV820 > HD800S・IE900
ヘッドホン・イヤホンを聴くことが目的で購入しました。
内容的にスピーカーを鳴らされる方は気を悪くされるかもしれません。
また、本レビューは製品の音質等についてはかなり短縮しております。
変なレビューになりますが、よろしければご一読ください。


まず、音に関しては、素直で飾り気のない、その方向で高級な音です。
ヘッドホン・イヤホン自体の主体性を、アンプ側 (上流)で変化させたくない方には、
この製品は良い選択だと思います。
素直に鳴らしますので、ヘッドホン・イヤホンの試聴で使用するにも適しています。

4.4mmのヘッドホン出力が2つあります。
2.5・3.5mmはないので、それらを主として使用される方は少し不便です。
4.4mmを主に使う当方にすれば、
例えば数年後4.4mmの1つがダメになった場合、
修理に出さずにもう一つのほうで賄えることくらいが、いま考えられるメリットです。
4.4mmが2本あっても同時に聴き比べすることもたぶん無いと思うので、
やはり1つ壊れた場合に予備があるくらいに感じます。

また、リモコンがありません。
実際に触ると分かりますが、メーカーとしてかなり拘りがあるためか、
かなり重いボリュームなので、それでリモコン実装はムリなのでしょうか?。
当方はイヤホンもつなぎますので、HDV820は手元にありリモコンは不要です。
どうしても本製品自体にリモコンが必要な方は、この製品はダメです。

以上、製品本体に関してのレビューです。
詳細な音質などについては他の方のレビューを参考にしてください。




次に、
そこそこのヘッドホン・イヤホンをお持ちであれば、
一度はこの製品につなげて音を聴いてみてはどうでしょうか。
HDV820でドライブした音と、他のヘッドホンアンプなどの音と比べて、
やはりHDV820より他のアンプなどの音のほうが良ければ、
それは間違いのない選択だと思います。

SENNHEISERの音質が好みで
SENNHEISERのそこそこのヘッドホン・イヤホンをお持ちなのであれば、
この製品につなげた音を基準にしたほうが、
結局、早く安く到達点にたどり着ける方も多いと推測します。
SENNHEISERの音が好きなら、
まずはSENNHEISERの音を出すこの製品で一度は試聴することをお薦めします。
価格で妥協したり、またはレビューだけで他のヘッドホンアンプを選んだ場合など、
あとで 「HDV820ならどうだったのだろう」 と、
余計な思考をめぐらすことにもなりかねません。
たくさんの製品を購入できる余裕のある方は別ですが、
一つの製品で納得した好みの音にたどり着きたいと思う方は、
変な妥協をすると、結局目的を遠ざけることにもなりかねません。

この製品の音が気に入りこの音を基準としたいなら、
手っ取り早い手段はこの製品を買うことです 。
(当たり前じゃないか!と、ツッコまれそう)

のちのち、ヘッドホンアンプ沼にハマることにならないように、
とにかく一度は試聴されることを薦めます。
自分の予算より高くなっても安くなっても、
結局はこれを買って納得だという方も多いと思います。
他の趣味 (例えば自動車)に比べれば激安ですし、
ランニングコストもそれほどいりません。
アンプなんて故障しなければ電気代だけです。
(コンセント、ケーブル、ボードなどなど、言い出せばキリはありませんが)

当方はそんな考え方で、一切妥協することなく納得してHDV820を選びました。



話はそれますが、
日本の一般的な住環境において、
そこそこ以上の価格帯のオーディオ用スピーカーを存分に鳴らし切るには限界があります。
潤沢な資金のある方ならオーディオルームとう選択肢もありますが、
ほとんどの方はムリです。それなりに楽しむのが現実かと思います。
そこそこ以上の価格帯のスピーカーやアンプが真の実力を発揮するためには、
ある程度以上の音量を出す必要があります。
(一般の住居でそれをすると、部屋が負けうるさいだけです)
スピーカーの本気の実力を引き出す要件は、
部屋というエンクロージャーの性能が半分以上占めると思います。
それに比べて、ヘッドホン・イヤホンは、
静寂性 (開放型ヘッドホンについては必項)とくつろげる椅子などがあれば、
それのみで製品の持つ性能をハイレベルで享受することが容易です。
ヘッドホン・イヤホンでの音楽試聴は、
部屋自体に高いレベルのクオリティを求めません。
環境によりますが、例えば二重窓の施工だけでクリア出来ることも多いでしょう。
それだけ部屋の環境設定だけを考えればスピーカーより有利な訳ですから、
ヘッドホン・イヤホンをドライブするHDV820が30万円でも、
その実力を誰もが容易に享受できるので高くはないと思います。

前述しましたが、そこそこ以上の価格帯のスピーカーの本気の圧を受け止めるためには、まず部屋というエンクロージャーがその圧を受け止める強さが必要です。
防音も必要です。そして、その土台がありようやく反射や吸音など音作りが始まります。
しかし、ヘッドホン・イヤホンはメーカーがすでに音を仕上げた状態で販売しています。基本的には、ただ製品を買えば良いだけです。
そのヘッドホンを鳴らすためのHDV820の実力も、当然誰もが容易に享受できます。



スピーカーで聴くオーディオがダメだという事ではありません。
また、スピーカーの鳴り方をヘッドホンで再現することも当然出来ません。
スピーカーの良さは存じております。

ただ、スピーカーの本気の実力を出して鳴らすことは、
かなり困難なことだと、経験から思うのです。
(スピーカーユニットだけの音質を楽しむなら、音量はそれほどいりません。
ニアフィールドで聴けば良いです。これでもかなり感動するスピーカーも多々あります)


製品自体のレビューからは逸脱した内容になりました。

とにかくHDV820の30万円は高くないと思います。

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > iFi Audio > iFi ZEN DAC Signature

16台目さん

  • レビュー投稿数:270件
  • 累計支持数:1329人
  • ファン数:16人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
172件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
51件
2件
デジタルカメラ
7件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質4
操作性3
機能性4

正面より。2台揃うと結構良いですね。

正面斜め上から。上にもメーカー名あり、デザインになっている。

背面の2台のSignatureを繋ぐ、両端4.4oの短いケーブル

 

箱です。ACアダプタが入っていない。

別途購入のiPower 5Vの箱。

 

ちょっと購入して時間が経ってしまいましたが、レビューします。
基本的には、4.4oバランス端子を持った比較的安価なヘッドアンプを求めてZen Cam Signatureにしたので、DACも本機を合わせた感じです。
ただし、今は処分しましたが、一時期比較のためにFOSTEXのHP-A4BLと並行して使っていました。

【デザイン】
実は結構この基本黒で、正面の断面とボリュームがブルーブラック的な深い色の組み合わせは品が良くて好きです。
デザインを揃えるために、このDACとヘッドフォンアンプを揃えた感じです。(購入時期は別々で、セット品ではない。)

【音質】
比較的明るい音色です。FASTEXのA4は、スッキリした音ですが、本機は中高音に力が煌びやかさがあります。高級機のようなハッとする静けさとか純度までは感じませんが、解像度は十分高くて普通に普段聞いている分は不足を感じませんし、メリハリがあって、明るく楽しく聞けます。
特に、ZEN CANとの組み合わせでは、とても明るく躍動的な音になるので、2台積んだ外観もそうですが、音も2台揃得ることでメリットを感じます。

【操作性】
 USBバスパワーで動作するので、電源のボタンがありません。USBケーブルをパソコンに挿したままにしておくと、不要な時にも電源が入ることになるので、はっきり言って不便です。ボリュームが電源も兼ねている機種が多いですが、そのようにすべきではと思いました。

【機能性】
 自分はPCオーディオのために買いましたので良いですが、色々と使い倒したい方にとっては、デジタル入力がUSBだけなのは大変不便と思います。
 一方、アナログ出力が、固定と可変で変更できるのは良い点です。
実のところ、各メーカーとも誤操作を恐れてか、大体後ろにスイッチがありあmすが、この切り替えは前にあった方が個人的には嬉しいです。
 また、アナログ出力が、4.4ミリのバランス端子というのはどうでしょうか。全く汎用性が無いというか、この端子を採用している機種は他に見たことがないので、あまりに特殊です。結構困りますね。

【総評】
このDACは個性がそこまで強くはなく素直な音ではありますが、音も躍動感があって明るくメリハリが効いて、どのような音楽とも合って聞きやすいと思います。また、色デザインがカッコ良く、所有していて嬉しくなる機種です。価格も高くないので、コストパフォーマンスは大変良いと思います。
個人的には、Signatureにして良かったです。音は分かりませんが、見かけでノーマルタイプはあまり魅力を感じませんでしたので、自分としてはヘッドフォンアンプと組ませて満足しています。
尚、
本機は、USBで十分バスパワー駆動できますが、写真にある通り、iPower 5Vを電源として異様しています。正直言って、自分の耳では、バスパワーとの区別はつかないです。本当にiPower 5Vが、電流を供給し動作しているのか疑うほどです。以前、iDACでは電源強化した方が明らかに音が良かったので、今回も期待しましたが、改善はあまりされたとは言えません。逆にいうと、バスパワーでも十分良い音色を出してくれます。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > INFOMEDIA > Lotoo PAW S1 (USB-C)

半殺しの米さん

  • レビュー投稿数:45件
  • 累計支持数:124人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
25件
11件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
6件
ヘッドホンアンプ・DAC
8件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
音質4
操作性4
機能性5

イヤホンジャックの無いスマートフォンに買い替えたのを機に、いくつかのUSBDACを購入してみました。本機はそのうちの一つ。

【デザイン】
何の変哲もないデザイン。

【音質】
複数のイヤホンで確認しましたが、ハイゲインとローゲインで印象が異なります。
ローゲインでは低音がかなり多めなピラミッド傾向で、個人的にはあまり好みではありませんでした。
ハイゲインでも低音は多めに感じるものの、許容範囲内でしたので主にハイゲインで使用しています。
音質としては、分離・解像度はなかなかのもので、エントリークラスのDAPよりも上に感じます。

【操作性】
本体にディスプレイが搭載されており音量の確認がしやすく、イコライザやゲイン選択もアプリ無しで操作・確認ができるのが便利。

【機能性】
独立ボリュームを搭載しているのでまずは及第点。前回使用時の音量を記憶してくれるのも便利。
また、HUD100 Mk2やNuPrime Hi mDAC Signatureではホスト機能付きのUSBケーブルしか受け付けなかったのですが、本機は100均のケーブルでも認識可能と、USB Type-Cのメリットがキチンとあるのが嬉しいところ。

なお、私は使用しないのですが、プリセットのイコライザも使用可能です。

【総評】
いくつかのUSBDACを使用してきましたが、利便性と音質でDAPの代替となり得るのは本機くらいのクラスからかな、と感じます。
既に後継機のS2やLuxury&Precision W2もありますが、本機はそれらよりも少しお安くなっているので、個人的にはオススメです。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > Shanling > SHANLING UP5

xuqnkhebさん

  • レビュー投稿数:176件
  • 累計支持数:1033人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
157件
42件
イヤホン・ヘッドホン用リケーブル
10件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
4件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性4
 

fiio Q3と付属ケーブル→UP5では繋がらず、右は繋がったケーブル

iPhone7 Amazon music HD→ UP5 192khz

 

2021.11.29追記
バージョン1.6.3のファームウェアに更新致しました。サポート曰く イコライザーの不具合以外は改善されたとのことです。
どこで間違ったのか アプリはEDDIT playerをインストールしていましたが、UP5に対する機能設定はバージョン確認、更新も含めてshanling controllerを使うべきでした。お詫びして該当部分を訂正致しました。11月29日現在で iPhoneアプリのcontrollerではバージョンを1.6.3に出来ない不具合、イコライザー設定部分に不具合がありますが 総合的評価として5に戻します。
特に、最大の難所であったiPhoneからも認識されてUSB DACとして使えるようになりました。ただし、カスタマーサービス曰くサポート外とのことです。なお、手持ちのfiioQ3付属のUSB-Lightningケーブルでは認識しませんでした。Q3予備用にネットで調べてAli expressで買ったケーブルだと認識します。カメラケーブル云々は持ってないので不明です。今売っているかは不明ですが写真をアップしておきます。

===以下、前回のレビュー===
しばらく使いましたが...
やはりダメダメなところがかなり気になるので評価を下げます。
●アプリEDDIT playerは史上最低レベル
-----イコライザーは機能不全で相変わらずカスタム設定が出来ません。
-----曲の取込が出来ない最低プレイヤーです。数曲ずつなら記憶するようですがiPhoneに5000曲入っているので無理です。
→プレイヤーは最低
→△アプリはshanling controllerを使いましょう。ただし、イコライザーはまだ直ってません。
●→○電源ON後、爆音ありは1.6.3で解消
●→○iPhoneとUSB接続不能は解消
→ver.1.6.3で出来るようです。ただし、サポート外みたいです。ちなみにfiio Q3に付属のUSB-Lightningケーブルでは出来ませんでした。ところが、以前 Q3の予備用にAli expressで取り寄せたケーブルでは認識しました。写真を参照願います。iPhone7でAmazon music HDを音源とし192khzで繋がっています。なお、BT接続して充電はOFFにした上でBT接続しないようにする必要があるようです。
○4.4mmバランスが挿せる事
○AndroidとはLDAC接続出来る事

結論
機能面では良くなったはずの利点、アピールポイントが「4.4mmバランスケーブルが挿せること」と「AndroidからLDAC接続可能なこと」だけでそれ以外はダメダメに感じました。特にiPhoneユーザーはLDAC接続に縁が無いので不要だと思います。個人的にはDAPからLDAC接続は出来ますが、それならhiby R5 saberあたりの大きさならば直で4.4mmバランスケーブル挿します。アプリもiPhoneとのUSB接続も更新を期待していますが...
→元々サポート外らしいが ver.1.6.3で改善しUSB接続可能になりました。また、爆音についても改善されました。

===以下、前々回のレビュー===
箱開けからの使い勝手の感想です。微妙なところは自分が知らないだけかもしれません。

【デザイン】
UP4より大きいですが小型軽量であることに変わりはありません。

【音質】【操作性】【機能性】
●大した耳を持っていませんが特に問題無く鳴ります。UP4との比較でわかるかと言えば微妙というか たぶんわからないかもしれませんが..

●ただし、あまり楽しくはありません。機器の問題とは微妙にズレますが全体的使い勝手ということでアプリの問題を記述します。色々設定できるはずのEddict Playerが個人的な技量の問題なのか「挙動不審なアプリ」で、イコライザーのカスタム設定の固定が出来なかったりします。なんか操作する度にBT接続を促してくるし、イコライザーのバーを設定してメッセージにOKしても直ぐに忘れる物忘れの激しいアプリです。また、バー自体が設定できず元に戻ってしまうことも多発します。これはAndroidアプリでもiPhoneアプリでも発生します。なお、日本語版はありませんので英語表記で余計にわかりにくいのです。
→アプリはshanling controllerを使いましょう。バージョンを1.6.3に上げればイコライザー以外は改善します。

●致命的なことは、iPhoneとUSB接続してDACとして使えるのではないか、fiioの神DACはあるものの更に小型軽量で使えるのではないかと期待していましたが、残念ながら自分のiPhone7にはfiioのUSB-C/Lightningケーブルでは認識しません。→ケーブルの相性はあるみたいですが繋がりました。

【総評】
色々できる機能が満載らしいのですが、iPhoneとの有線接続でDAC使用が出来ないので 今のところは期待した感じでは使えてません。まぁ、音とBT接続には問題はないので評価は暫定4と致します。
→ver.1.6.3によりiPhoneと繋がりUSB DACとして使えるようになりました。ただし、iPhoneのshanling controllerからだと11/29現在では1.6.3が表示されずバージョンアップ出来ません。自分はDAP(Android)からバージョンアップしました。

付記
代理店であるエミライの方が当コメントをご覧になっておられましたら、上記の課題を解決するアドバイスを製品ページにご記載頂けるとありがたいです。iPhoneの件は8月末時点では出来ないことが記載されているようですが...

参考になった4人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FiiO > BTR5 2021

しの木さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性無評価

ポエムみたいな文章は書かずになるべくシンプルに具体的にレビューします。
【デザイン】
オリジナルから据え置き

【音質】
音の特性はオリジナルBTR5を踏襲しつつ、DACチップが変わった恩恵からか2割増しで音がクッキリ聴こえるようになりました。
そのため、少し分析的な音に寄った印象を受けます。

【操作性】
これもオリジナルBTR5から据え置きです。
Fiioさんはハードウェア操作キーを充実して備えてくれるので、どのBluetoothレシーバーよりも使いやすいです。Fiioの物を選んで買う理由になってます。

【機能性】
オリジナルBTR5と比較すると現在はDACフィルターの種類が少ないので、ここはアップデートで順次追加されると思います。

【総評】
音質は気持ちレベルで向上し、これでBTR5シリーズは完結されたと思います。

長らく品薄でBTR5を買えなかった方は、迷わずこのBTR5 2021をおすすめします。
今BTR5をお持ちの方はこの2021版に買い換えるメリットはあまり少ないと思います。

以上

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FOSTEX > HP-A3

でこ介さん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

セキュリティソフト
3件
0件
ブルーレイ・DVDレコーダー
2件
1件
キーボード
1件
1件
もっと見る
満足度3
デザイン3
音質3
操作性3
機能性3

【デザイン】
黒一色でシンプルです。

【音質】
5千円くらいの安いヘッドホンと繋いだら何も変わりませんでした。
2万円くらいのヘッドホン「ATH-M50x」と繋いだところ、少し音質が変化し、イコライザで調整してさらに良くなりました。
メーカーはともにオーテクですが、繋ぐものによって結果は大きく異なりそう。
ゼンハイザーが相性良いらしいです(とくにHD650)。

【操作性】
きわめて簡単。

【機能性】
よくわかりません。

【総評】
はじめてDAC/ヘッドホンアンプを購入しました。
高い買い物でしたが、色々と勉強になりました。
いつかゼンハイザーと組み合わせたいですし、オペアンプとかもやってみたいです。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > iFi Audio > iFi micro iDSD Signature

G.R.F.さん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:57人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
3件
8件
イヤホン・ヘッドホン
5件
0件
双眼鏡・単眼鏡
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質4
操作性3
機能性4

【デザイン】
落ち着いたデザイン、落ち着いた色、高級感のある重さ、満足しています。

【音質】
バーブラウンの暖かみのある音は良いのですが、旭化成の透明感と音場の広さが備われば、と思わなくもありません。

【操作性】
ボリュームのギャングエラーが玉に瑕。
側面のスイッチは底面を確認しなければならないのが不便ですが、操作そのものには不満は有りません。

【機能性】
ポタアンに必要な機能は充分で、一応バランス出力端子も有り。
困ることは有りません。
デジタルフィルター切り替えは有っても無くてもどちらでも良いかな。

【総評】
この製品はバーブラウンの音と、強力なドライブ力が他には代え難いです。
スペック以上に鳴らし難いDT1770 PROも、TURBOモードならまともに鳴らせます。
据え置き機器への接続が前提のプロ用のヘッドホンでもしっかりドライブ出来るポータブルアンプは本当に買って良かったと思っています。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > オーディオテクニカ > AT-PHA55BT

小学5年生れす。さん

  • レビュー投稿数:138件
  • 累計支持数:2682人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
64件
345件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
17件
スマートフォン
1件
14件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性4

【デザイン】
シンプル&スマート

【音質】
USB DAC(24bit/192kHz)との比較。
本機の伝送帯域上限が4kHz。
高音はきちんと出ます。
低音は伝送帯域下限が20Hzのため、やや弱くなります。
イコライザーで補えます。

音の輪郭が最大の違い。
LDAC接続でもやや輪郭がぼける。

悪い面ばかりでもなく、気持ち遠くから
音が広がるイメージ。

開放型イヤホン、ヘッドホンとの相性は悪くない。

あとは低音モデルではない密閉型のイヤホン、ヘッドホン
も相性が良い。

モニターヘッドホンは相性が悪いというよりは
ヘッドホンの性能を80%位しか引き出せていない感じ。

【操作性】
ボタンは最小限。
節度感もまずまずだがロックがやや面倒。
慣れれば問題なし。

【機能性】
前のAT-PHA50BTに付いていたAM3Dのエフェクトが
ないのが残念。

【総評】
イヤホン用アンプと思われるがポータブルのヘッドホンであれば余裕で音量は取れます。
LDACがかなり頑張っていて聞き流し等の
リスニングにおいては問題なし。

値段が上下するので12000円程度になればポチっても
良いかと思います。

参考になった24人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > LUXMAN > P-750u MARK II

Gurizaiyaさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
0件
13件
その他オーディオ機器
0件
8件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性4

【デザイン】
見た目通りです。LUXMANに共通する仕上がり、フロントパネルの厚みが上から見ると分かります。
真ん中のプレートは鏡見たいに磨かれてます。MarkIIの赤色は控えめに主張します。

【環境】
PC(foobar2000&AmazonMusicHDでのWASAPI)⇒Qutest⇒P-750u(電源はJPA15000)
MDR-Z1Rにてバランス接続で聞いた際の評価(アンバランス、バランスは付属ケーブルで比較)

【前段】
基本的にとても満足してるので、不満も強いて言えばのレベルで、良かったところメインです。
LUXMAN P-200やSONY WM1Aを普段使ってきたユーザが乗り換えた際の感想になります。

・駆動力
オーケストラの音が一気に展開する際の勢い、音の細やかさ、力強さが段違いです。
以前、大きく音が広がる際、音がなよっとする。小さくなってる楽器の音に迫力がなかったのが大幅に改善です。

宇多田ヒカルを聞いた際のボーカルの力強さ、滲みの無い低域、不満がないです。

洋楽メタルなど、キレのある低域が求められる場面でももたつきはないです。Z1Rがにじむことがないです。


・音場
比較で物色していたゼンハイザのHDV820やSONYのTA-ZH1ESを凌駕すると思います。
特にバランスで聞くとスピーカーで聞くのと同じように、聞きやすい音の聞こえ方になります。
大編成でも窮屈な印象がほぼないです。

・音色
Qutestに左右される側面はあると思いますが、750uそのものは湿度感そのものは丁度フラットかなと。
主観的なところですが、非常に澄み切っていて、音が持つ質感が良く出てる印象です。
私の環境だと、ほどほどに明るめで、澄み切った空気感です。
だいぶ昔は言われたラックストーンというのはあまりイメージがないですが、自然な音色感が出てると思います。

・解像度
急にスピーカーの話をするなとなりますが、アキュフェーズの上位機種のような異様な細やかさまで入ってない感じがありますが、もう十分に高いレベルです。まあこれはDACがDAVEとかならもっと細かくなるかもですが。

・バランスとアンバランスの差
アンバランスは駆動力というか音の力強さがさらに増します。Z1Rだとボーカルだと心なしか刺さります。
バランスは、アンバランスと比べちゃうと力強さが低下しますが、音の聞こえ方が疲れづらくなります。
ヘッドホンによってはアンバランスもいいと思います。

・音的な総評
MDR-Z1R、若干パワーがないと音がぼやけてしまうのですが
それがないので、音がどれも正確に聞こえるイメージです。振動版かっちり制御してるなと思います。ヘッドホンそのものの能力によりますが、高音の伸びやかさやボーカル表現、どこをとっても欠点らしいものがない。
MDR-Z1Rの個性をそのまま拡張した音楽表現でとてもいいです。

【操作性】
特に困ることはないです。アンバランス、バランス3pin,4pnをボタンで切り替えできていいです。

【機能性】
4.4ミリがあればもっと良かったです。

【ホワイトノイズ】
たまに気にしてる人がいますが、Z1RとHD660Sは凝らしても全く聞こえないです。
カスタムIEMをぶっ刺してみたところ、結構聞こえました、DAPよりは相当ありますね。
余談ですが、イヤホンも音はいいのですが、もうドライバ全ての能力値の限界に達したような音がして、MDR-Z1Rの方が、懐の広さを感じました。手持ちのIEMではイヤホン側が上限って感じです。)

【総評】
とりあえず、ヘッドホンアンプを探していて、ジャンルはオールマイティに聞きつつ、色んな音が細やかに、質感をしっかり感じるように聞きたい方にはオススメです。

MDR-Z1R、若干、低域が緩いとか、細やかな音が埋もれるな。。なんて思ってたのが一気に消えました。ばっちりです。解像度も高く、ぼやっとにじむところも一切なく、あくまで自然な音の質感をしっかり伝えてくれました。

唯一の不満があるとすれば、個人的には今一番いいと思っているMDR-Z1Rの上限みたいのも垣間見えて、ヘッドホンじゃこれぐらいか。。という気持ちもあるところです。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FOSTEX > PC100USB-HR2

タックメタさん

  • レビュー投稿数:49件
  • 累計支持数:638人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
9件
3件
自動車(本体)
2件
7件
レンズ
8件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性3
   

   

【デザイン】
小さくて邪魔にならない。機能的なサイズ。

【音質】
96khzまでしか対応してないので、理論値ではMac miniのヘッドフォンジャックより音質は下。
しかし、実際聴いてみると、こちらの方が高音が精細。

【操作性】
単純明快で良い。

【機能性】
インジケーターがボリュームつまみの直上にあるので隠れて見えづらい。これはつまみの下側に配置して欲しかった。
また、ヘッドフォン端子が裏にあって使いづらい。これは、正面側に配置すべき。

【総評】
M1 Mac miniに接続して使用。
元々は、ヘッドフォン端子のないプリメインアンプ接続だったので、ヘッドフォンアンプとして購入。
試しにスピーカーで音を出してみたら、高音キレイだったのでそのままアンプ接続した。
ヘッドフォン接続すると自動的にラインアウトからは音が出なくなるので便利。

なぜ正面側にヘッドフォン端子を配置しなかったのかだけが謎。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > KORG > USB DAC/ADC Nu 1

わんたパパさん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:144人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
0件
デジタルカメラ
3件
2件
ブルーレイ・DVDレコーダー
5件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

Amazon Musicで気軽に音楽に触れられる時代となり、DACによるオーバーサンプリングとやらで音質が改善すると友人が助言くださって、TEAC UD-505の購入を目指しておりました折、本機のリファービッシュ品を同価格帯でお譲りいただく機会に恵まれました。
本機の音質は素晴らしいの一言!真空管エフェクトなしでも、俊敏なのに固くない音質で、回路や部品の吟味は無論、おそらく電源系の余裕もあるのでしょう。また真空管エフェクトを入れると、倍音効果の響きをプラスしながらも、やはり透明感や俊敏さを失わない、素晴らしい音質です。
OPT入出力はありませんが、USB端子のほかRCA入力とXLR入力があり、さらにPHONO入力(MC/MM両対応)もあって、プリアンプとしても十分な機能を持っており、オーディオライクで非常に便利です。出力はプリアンプ出力とDACダイレクト出力があり、どちらもRCA端子とXLR端子の両方が装備され、常時、同時出力されております。従いまして、例えばスピーカーの音色に合わせたパワーアンプを各々に用意して、常時接続しておいて使い分けるといったことも可能になっております。
妻のお下がりのiPhone SEにカメラアダプターを介してUSB接続することで、サブスプリクションサービスで便利な音源となり、これに本機を介することで高音質に楽しめるとは、本当にいい時代になりました^^

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > LUXURY & PRECISION > LUXURY & PRECISION W2

nor99さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
24件
レンズ
0件
3件
ベアボーン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性3

Iphone + ヘッドホン でバランスケーブル接続で使用しています。

【デザイン】
この手の商品に求められるのは、コンパクトさと堅牢さ、他はその後にくる。
そういう意味では良いと思う。実際何回か落としてしまったが多少きずがついたくらいで済んでいる
ボディーはアルミだから結構堅牢である。

【音質】
この手軽さでこの音質が手に入るのか!
正直音質には感動しました。言うことないです。

【操作性】
特に取説を読まなくても使えます。ボリュームはこのDACを操作しないと変わりません。

【機能性】
機能は小さい事。ボリュームがいじれる事 それ以外はいらないです。
イコライザーの設定もありますが、私はノーマル1本です。

【総評】
当初、音が頻繁に切れました。ネット上いろいろ調べたら Iphoneと本体を接続するケーブルが問題かなと思い。フィーオのLT-LT1 というケーブルに交換しましたところその現象はなくなりました。
音質も安定した気がします。
この状態で使用する分には、最高のDACと言えるでしょう。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意