ヘッドホンアンプ・DACすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > 家電 > ヘッドホンアンプ・DAC > すべて

ヘッドホンアンプ・DAC のユーザーレビュー

(4081件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
モニタレビュー
ヘッドホンアンプ・DAC > オーディオテクニカ > AT-PHA10

烏丸少将かっこいいでおじゃるさん

  • レビュー投稿数:45件
  • 累計支持数:114人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
6件
21件
スマートフォン
0件
16件
デジタル一眼カメラ
1件
9件
もっと見る
満足度4
デザイン3
音質3
操作性4
機能性4
   

GBミクロのノイズが除去できました、嬉しい

   

2018年に2,500円ほどで購入。
ケーブルの汚れなどを考えると黒がよかったけど高騰していたので白で。
購入当初はDSやPSPなどの携帯ゲーム機の音量調節で使えたらなあと思っていましたが、PCで使うことも多くて重宝しています。

[使用場面]
・ゲームボーイミクロのノイズ除去として
・PCキャプチャ中のモニターイヤホンの音量調節として
・スマホで音楽再生する場合の簡易ポタアンとして
・コンポにDAPを接続する際の音量調節として

[マイナス点]
・音量調節がダイヤル式でホールド機能がないため、使用場面によっては誤作動により音量大になる
 →寝ながら使う、満員電車で使う、などは誤作動が少し心配
・クリップが大きいのは良いが、いつか割れそう

ほとんど音量調節として活躍していて、いわゆる「音質向上」という面ではあまり期待はできません。
ただ、スマホ(SH-M07)にATH-ESW10JPNを接続してOnkyoのHF Playerにて音楽再生したところ、直挿しよりも音が太く若干表現も増えていると感じました。
1万円以下のイヤホンだと差は直挿しとの違いは出にくいと思うので、音質面は「ないよりはあった方がいい」程度で考えていた方がいいかな。

個人的に良かったのは、ゲームボーイミクロのノイズ除去が出来た点。
購入時はミクロのことを失念していましたが、ゲームボーイミクロはイヤホンジャックからの音が「ブツブツブツ」とノイズがのるという欠点があるのです。ふとミクロに使ったらどうだろうと試したみたら、ノイズを抑えることが出来ました。
このアンプ側の音量をノイズがのらない最小にまで絞り、その後でミクロ本体側の音量を上げてやればブツブツノイズは聞こえない状態で音量を確保することが出来ました。
GBAなどのレトロゲーを実機でプレイする人には良いかも?

ただし、音量調節がダイヤル式でわりと軽い力で回るわりに、ホールド機能がないので注意が必要。
寝ながら使うなど摩擦が生じる場合は、体や布団がこすれて急激に音量が大きくなることもあるので。
机に置きながらとか、布団でも枕元に置いておくなどすれば大丈夫かな。
ミュートボタンがあるのなら、ホールド機能もつけてほしかったです。ホールドあれば完璧でした。

ちゃんとしたヘッドホンアンプを持っていれば必要ない製品かもしれないけど、音量調節を手軽に出来るという点ではけっこう便利な製品だと思います。
専用バッテリーではなく単4なのでエネループ駆動すれば、本体が壊れるまでずっと使えるのも良い点だと思います。
今はなんでもブルートゥース接続なので時代遅れ感がありますが、手軽な音量調節機器として重宝しています。
3千円以下なら購入してもいいのではないかなと思う製品。

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > TEAC > UD-505-B [ブラック]

Arbutusさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
5件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
4件
スマートフォン
0件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性5

HD-DAC-1からの乗り換えです。

最近、ヘッドホンをDENON AH-D9200に新調し、大満足でレビューを
書いたのですが、実はちょっとした不満というか違和感も感じていました。

「もうちょっとアタック感が欲しいな」とか「ここは前はもう少し伸びがあった
ような気がする」

最初は全然気にならなかったのですが、徐々に違和感は強くなり…。
eイヤホンさんで聴いたときはもっとよかったはず、との思いが強くなりました。
で、当初から予定していたDACの買い替えを前倒し、視聴を始めました。

文字通り、霧が晴れたような音になりました。
クリアで解像度が高いという評価を受けるのもうなずけます。

さらに、あくまで個人的な印象ですが、低音のキレが抜群です。
欲しかったアタック感が程よく出ています。
高音域はしっかり伸びて、音に煌びやかさを感じます。

本機とHD-DAC-1を比べると、後者は全体に音が眠たいというか、ぼやけ気味
というか。(相性の問題もあるのかな?同じグループなんだけど^^;;)

本機に買い換えたことでAH-D9200に出会った時のインパクトを思い出せました。
自分が惚れたのはこの音だったんだと。

今のところアンバランス接続ですが、これをバランス接続にしてみたらどうなるか。
ここから先は本当に未知の領域なので、さらに楽しめそうです。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FiiO > BTR3

ラーメン好きサワさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン3
音質4
操作性5
機能性4

スマホによってこんなに接続安定性に違いがあるとは思いませんでした。

pixel3xl・・・ド安定。
mate20プロ・・・ケツポケットはモチロン、少しでもスマホと当機種の間に遮るものがあるとブチキレます。

ハズレ商品を購入してしまったかと、少し後悔しましたが、pixelとなら安定してますのでpixel用と割り切って使用予定です。

うーん、HWA接続目当てだっただけに残念です。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FiiO > BTR1K FIO-BTR1K

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度4
デザイン4
音質4
操作性5
機能性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

デザインと質感のご参考に

USB端子側

イヤホン端子側

メーカーのメディア用試聴機をお借りしてのレビューです。
イヤホンはFiiO F9 PROを組み合わせ、aptXはA&ultima SP1000で、AACはiPhoneXで試聴しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
質感ですが、大半はアルミ押し出し材のようで、金属ならではのシャープでソリッドな美しさを感じます。

【音質】
ザワザワとしたフロアノイズを感じずワイドレンジ。AACも聴き映えし、aptX接続ではさらに高域の伸びと透明感が増して、なかなかの高音質です。
ボーカルはやや子音の刺激が気になりますが明瞭でニュアンスも豊か。ほか、低域の鳴りっぷりの良さや高域の精細感は本機ならではと思えるもので、音楽鑑賞にもおすすめできます。

【操作性】
電源ボタンとペアリング用ボタンが分離していて、操作ミスは起こりにくいです。
NFCに対応、NFC対応のスマホとなら、手間なくペアリングが可能です。
USB端子はType-Cで、接続時に方向を気にしなくて済むのは良いですね。

【機能性】
AAC/apt X/apt X LLにも対応しています。接続コーデックがLEDの色で確認できるのも、高音質志向のユーザーには安心でしょう。
USB-DACとしても利用でき、PCと接続して確認しましたが、音が引き締まって明瞭でかつ粒立ちの良い高解像度サウンド。多くのノートPCなら、本体のイヤホンジャックに接続するより、本機を経由させるほうが高音質で楽しめるでしょう。本機(手元)で音量調整ができるのも便利なはずです。

【総評】
超コンパクトで外観デザインや質感が良く、高音質でUSB-DACとしても利用可能。価格もリーズナブルで良心的な製品に感じます。
総じてコストパフォーマンスが高く、お勧めしたい好製品です。
満足度は「5」でも良いと思いましたが、同ブランドの「BTR3」が多機能かつ高音質で価格差も2,000円程度なので、相対的に「4」にしました。予算に余裕があれば、「BTR3」をお勧めします!

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > SONY > PHA-3

new3さん

  • レビュー投稿数:95件
  • 累計支持数:735人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
68件
28件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
13件
33件
ヘッドホンアンプ・DAC
6件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

本機が終売となったため、新品購入(amazonから)最後のチャンスだと思い入手した。(中古も含めこれで4回目の入手)本機の特性等は言い尽くされているのでここでは述べないことにする。本機&PHA-2aの生産完了は『ポタアン』ブーム、ポータブルオーディオでの1つの時代の終わりを感じざるを得ない。SONYのポータブルオーディオ製品に於いて『SONYらしい濃厚さ&暖かさ』を感じることが出来る最後のアンプとなってしまった。本機とのマッチングが計られているMDR-Z7、MDR-Z1R、XBA-Z5での『濃厚なSONYサウンド』はもう2度と聴くことが出来ないのだろう。近年のSONYサウンドは繊細で高解像、癖のないモニターライクな方向へ舵を切っている。それを歓迎するユーザーも多く存在するだろう。しかし、『SONYらしさ』はますます薄れ、競合製品群との差別化が厳しくなりつつある。ワイヤレス時代を迎え、SONYならではの機能とサウンドが融合された画期的製品に期待したい。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > LUXMAN > DA-150

tosi1387さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
2件
0件
デスクトップパソコン
1件
0件
ブルーレイドライブ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性4

KORGからの乗り換えです。
再生音にLUXMANらしい主張ができるあって、クラッシック、JAZZ、J-POP、演歌・歌謡曲など楽しくリスニングしています。
KORGのDACではフォーマットが変わると自動再生が停止する問題があったのですが、DA-150ではフォーマットに応じて、自動的に選択してくれるので、使いやすいです。なお光かCOXのデジタル出力端子があるとなおよかったと思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > カイン > HA-1A MK2

AUX1さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:67人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
3件
27件
イヤホン・ヘッドホン
4件
21件
電源ユニット
1件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性5
機能性3

デザイン

外観は好みに依ると思いますが、私は好きです。
ただ重量が約10kgもあり、形状も縦長でラックに収まりにくい(しかも排熱もある)ことで正直扱いづらさは感じました。卓上使用でPCやDACと並べたりする分にはかなり良いデザインじゃないでしょうか。個人的には、ボリュームノブ等の各機構にしっかりとした重さがあり、高級感を十分に感じられる所が〇です。スカスカのボリュームノブって調整し辛いしちょっと安っぽくて嫌ですよね。

音質

想像以上に良い音でかなり満足しています(今回は視聴無しで購入したので嬉しかったです)。ヘッドホン出力端子がA端子とB端子の2種類あり、Aはくっきりはっきりしてダイナミックな音。Bはしっとりしたなめらかな音と言った感じです。私はAでたまにキツさを感じ時があるのでほとんどBで使用しています。Bの方がより真空管らしい音でリスニング用途として気に入ってます。真空管特有のホワイトノイズはどちらの端子でも感じません。管が温まるまでの10分くらいはヘッドホンによって無音時に僅かなホワイトノイズがのるかなといった程度で全く気になりません。

結構べた褒めになっちゃいましたけど、1台使用でも出力端子の使い分けで(例えるなら)トランジスタアンプに近い音とより真空管らしさにより振った音の両方を楽しめますし、出力もパワフルでほとんどのヘッドホンの性能も引き出せ、低音もしっかり出て分解能が高いのに聴き疲れとは無縁で心地よく聴けるとなるとこの価格のアンプだったらべた褒めせざるを得ないと思いました。正直アンプは10万越えが一つのラインなのかなと思ってたのですが、やはり価格だけでは全然わからないものですね。

強いて言えばやはり置き場所を選ぶことが欠点と言えば欠点ですかね。排熱・重量・寸法までしっかり考慮してスペースが出来てからの購入をお勧めします。

参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > TEAC > UD-505-B [ブラック]

HPすぱいらるさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
0件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
サウンドカード・ユニット
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
音質5
操作性5
機能性3

音質や機能性は価格なりの物があると思います。操作性も良い方だと思います。
バランスとアクティブグラウンドの違いは判りますが、デジタルフィルターの効果は自分にはよくわかりませんでした。
シャープロールオフにすると音場広くなって圧感じるなぁ位で正直他は使いこなせていない感じです。
それぞれの音の傾向の説明位は書いておいて欲しかったです。
あと、4.4oバランスと6.3oバランスを両方刺した場合は4.4oバランスのみの出力となるようです。
出来るだけプラグの挿抜はしたくないので刺しこんだままで切り替えできるようにしてほしいです。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > TEAC > UD-505-B [ブラック]

Bigshooterさん

  • レビュー投稿数:151件
  • 累計支持数:462人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
25件
12件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
19件
その他オーディオ機器
4件
16件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質5
操作性5
機能性5
   

   

【デザイン】
TASCAMばりの取っ手付きのデザインは好き嫌いの
分かれるところかな・・・
フロントのフォントが薄くて見ずらいのが難点。

【音質】
Isochronous方式では解像度の高い、フラット&クール
な再現となる。
Bukl Pet方式+Active Groundの組合せでは鮮度の
良いイキイキとした再生音となり音像がより立体的に
再現され、情報量も多く、出音の安定感が高い。
AK4497の採用の影響なのか503と比較してバランス
接続以上にアンバランス接続での音質向上が顕著だ
と感じた。
Bukl Petの4つのモードとIsochronousの切り替えは
TEAC HR AUDIO PLAYERのコントロールパネルで
一度モードをロックしておけば別の再生ソフトでも
転送方式が適用されるため、HR AUDIO PLAYER
はモード変更の時にのみ立ち上げれば良い。
Bukl Pet方式はタスクマネージャーで見ても
Isochronous方式と比較してCPU負荷がかなり
低いので少なくても謳い文句どおり電圧変動の
面では効果が確認できる。
Bukl Pet方式の4つの転送モードについては色々
試行錯誤してみたが、どのモードが良いというの
ではなく再生ソフトとの組合せで出音も変化するの
でソフトのCPU負荷をタスクマネージャーとにらめっ
こしながらモード選択してみると面白い。
当方ではCPU負荷が高いソフトやアップサンプリ
ング時にはモード1・2、逆にCPU負荷の低いソフト
ではモード3・4が好結果であると感じた。
DACの性能に比してアンプ部はやや弱い面がある
のか高インピのヘッドフォンよりも65Ω前後までの
ヘッドフォンを低負荷でドライブしてあげた方が
音質面では持ち味が発揮できるのではないだろう
か・・・
当方ではFidelio X2との組合せが最も良く、モニ
ター系のヘッドフォンとの組合せでは音質的な
不満はないものの分析的な音でややそっけなく
感じた。
Esotericのトラポと同様、インシュレーターの下に
KRIPTON AB-500B程度のオーディオボードを敷く
だけで想像以上に音質がグレードアップするので
是非お試しいただきたい。
DACといえどもトランスがあるので微振動を逃がさな
いと機械として設計どおりの性能発揮はできないの
ではないだろうか・・・
デジタル機材といえども人間の耳に届く時にはアナ
ログですからね〜

【操作性】
リモコンが良くできていて切り替えもストレスなし。
ファームウェアのアップデートは裏面のMicroUSBを
使う仕様になっているが、メインテ用の端子であれば
前面に配置すべきだと思う。

【機能性】
スペックだけを見るとこれ以上ないくらい機能が
てんこ盛りになっているが、XLR 4PINの端子が
なかったり、送信機能のないBlootoothだったり
する点はさらにユーザー視点に立った機能の
見直しが必要なのではないかと思う。

【総合】
この価格帯のヘッドフォンアンプとしたら機能性・
音質とも間違いなくベストバイ!
音質自体フラットなチューニングでSONYやDENONの
アンプのように音に強い主張やクセがないのでヘッド
フォン本来の持ち味を引き出すには最適な商品といえる。

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > RADSONE > Earstudio ES100

sowninさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
125件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
17件
au携帯電話
0件
16件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質4
操作性3
機能性4

ずっと有線でスマホから音楽をflacで聞いてましたが、バランス接続が出来るとの事で試しに買ってみました。
結果として音切れも無くとても満足しています。バランス接続の効果は良く分かりません。(音源、イヤホンとの相性?)
音質も有線の時と遜色無いように感じています。
音にこだわりを持ち出すと、キリが無くなりそうなので私にはちょうど良いと感じています。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > DENON > DA-310USB

hiro.coolverse.jpさん

  • レビュー投稿数:47件
  • 累計支持数:226人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
2件
59件
薄型テレビ・液晶テレビ
2件
46件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
40件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5
 

PINK HQ

始めたら沼でした、3年掛かって完成かな?

 

趣味でサウンドプレイヤーの研究開発をしています。最初はPCサウンド向けでしたが、音質面で世界最高クラスを実現できる様になってからは、ハイエンド向けにもなりました。それでもフルデジタルへ対応させるのは、とても大変でした。DENON社の言うとおりの原音再生にはならなかったのです。いまは完全に原音再生の理想を実現した感じです。完成と言える。

DA-310USBに向いているUSBケーブルは、FURUTECH GT2PRO USB B です。ジッター影響の少ない製品がベストです。
https://kakaku.com/item/K0000640103/

私が愛用しているスピーカーは EVE Audio SC204 です。原音再生へ完全対応しています。能率が100dBに近いので、騒音になりやすい。1戸建ての家向けです。立井電線 SOFTEC MIC CORD RCAケーブル(Audio Yamato)のオーダーメイドケーブルを使用しています。

DA-310USBの最高性能を出すために、サウンドプレイヤー側で工夫したテクニックとしては、電子ビット基準をメモリチップに完全に合致させること、その基準を合わせるためにCPU内部で処理するデジタルアイソレーター処理、メモリバッファの高品質な初期化、メモリバッファの書き込み後のクールタイム、転送方法の究極処理、沼ですよ!嫌になるほど大変!

音質はオーディオの理想といえます。DA-310USBの最高性能は、ハイエンドクラスって思いました。初心者から上級者まで誰にでも推薦できる製品です。工夫次第で本当に高級オーディオの世界へ旅立つことができる。

DA-310USBの問題点として、3つ。

長く使うとヘッドホンのありなしをチェックするセンサーが反応しなくなるケース。抜き差しすれば直りますが、何とかならないか?

フルデジタルの問題ですが左右のバランスが均等にならない。サウンドプレイヤー側で無理矢理対応して、左右均等を実現しています。普通のPCオーディオでは、左が強く、右が弱い、こうした現象が起きます。

HIGHとLOWはノイズが起きやすい。MIDしか使えない印象です。イヤホンで使うなら普通のポタアンを推奨です。

DA-310USBだから良いとサウンドプレイヤーの研究開発して思ったこと

RCA出力がPCM1795独占になっているので、32ビットDACの性能が面白いぐらい真剣に楽しめる。ASIOのドライバー設定は32ビットが良いです。あと、ヘッドホン出力ですが−

最初の頃、MID -24dB ぐらいでちょうどいい
現在、MID -40dB から -60dB ぐらいでちょうどいい

私が作ったサウンドプレイヤーでは難聴になりにくいと思います。知らない人にとっては -45dB って小さすぎる音量ですが、フルデジタルへ完全対応すると、ちょうど良い音量になります。

参考になった41人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > EXOGAL > Comet Computer DAC

うにゃにゃ!!さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
ホームシアター スピーカー
2件
0件
プリメインアンプ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
音質5
操作性4
機能性5

良い点

・豊富な入力を備える。多くのデジタル入力に加えてアナログ入力もある。
・湿り気のあるアナログ的な音質。詳細で丁寧な描写力。
・パワーアンプ直結で音質低下を防止できる。
・逆さに設置すれば回路基板が下にくるので音の広がりが格段に良くなる。
・下に敷く木材の材質で音質を好みにカスタマイズできる。
・入力切替とボリュームのコントロールはi-pad/i-phoneでできる。

悪い点

・表示窓が見えない。
・リモコンと電源がプア。
・回路基板が天井に設置されていてそのまま設置すると音に広がりがない。
・androidデバイスではアプリの出来が今一つでコントロールできない事もある。


比較製品
ARCAM > rDAC

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > TEAC > UD-301-SP-B [ブラック]

SW-4.01さん

  • レビュー投稿数:85件
  • 累計支持数:154人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
3件
15件
イヤホン・ヘッドホン
10件
4件
ゲーム機本体
0件
9件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性4

今までPCにアクティブスピーカーをオンボードに直つなぎしておりましたが、故障の為別のスピーカーを探しておりましたが、
十年程度前のBeolab8000がとても程度の良い状態で入手出来たので、それならばPCの中の音楽を良い環境で聴こうと思い、
ネットを徘徊し使っている人の感想があったのでこちらのD/Aコンバーターを購入しました。
狭い個人の部屋ですが、スピーカー間を2.5mくらいとりfoobar2000を使い聴いております。
パワーにも余裕がある感じで部屋が音楽で満たされる感じです。低音もちょうど良く出ており中高音まんべんなくクリアに出ている印象です。スピーカーにもよるのかもしれませんがとくに欠点はないです。
デスクに乗っけていますが奥行きが取られます。後ろを若干スペースを開け全体で30cm取っています。ダイヤルが手を伸ばしてすぐ調整したかったので個人的には気にならないです。
画像で見るよりも小さい印象でしょうか。メタル筐体で高級感のある質感です。ボリュームダイヤルもちょうどよい抵抗感があります。
電源ボタン類も仕上げが良いです。青く光るのが最高にカッコいいですね。とくにヘッドホンは使わないのですが、ステレオ標準プラグなのでミニステレオプラグのヘッドホンには変換アダプタが必要です。
ときには3万切る時もあるので非常にコスパに優れた商品です。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > マランツ > HD-DAC1

tam-tam17701827さん

  • レビュー投稿数:65件
  • 累計支持数:127人
  • ファン数:2人
満足度5
デザイン4
音質5
操作性5
機能性4

【デザイン】
高級感のある本体。所有欲を満たしてくれます。
【音質】
柔らかく、ふくよか。
シャープ、タイトなDA-310USBとは対極に位置する音質。

【操作性】
ボリュームノブ、適度な負荷があり総じて使い易いし、高級感も感じられますね。

【機能性】
この価格帯では不足の無いところ。

【総評】
この製品の購入検討に頭を悩ませるのは比較的価格帯が近いDA-310USBの存在でしょうね。
答えは比較的明瞭。クラシック音楽主体の方でしたら、こちらのアンプを一推しします。(暖色系、暖かみのあるふくよかな音)
ポータブルアンプとは比較にならない程の高音質ですので、現在の価格でしたら、買わない理由が無いほど。
音質には好みがあるので視聴できる環境にあるのならばして欲しいところですが。
私自身もマランツとデノンで相当悩みましたが視聴して解決。
私個人はDA-310USBを購入しましたが、それ相応の理由があっての事です。
まず置き場所の確保が難しい事。クラシック音楽はかなり聴き込んでおりましたが、現在ではEDMなどの比較的刺激のある音源を聴いている事。
スペースも問題無し、クラシック音楽ファンでしたらこちらのアンプを一押ししておきます。(クラシックに限らず、アコースティックものも良い。クラシックギター弾き語り、JAZZヴォーカル、ボサノヴァ、アルゼンチンタンゴ等)
解像度、音場、臨場感、重心のある音、ポータブルアンプの比では無いですから!
質感も素晴らしく、所有感を満たしてくれる事うけあい!
現在の価格は大変なお買い得!おススメ!

参考になった6人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > Chord Electronics > Qutest

みっち2008さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
5件
レンズ
0件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性3
機能性3

レビューされている方が多いですから、よく取り上げられている点は省略します。

<機能について>
フィルタが4種類あるのですが、実質は2種類です。白はノーマルで、第1段の16倍WTAフィルタ、第2段の256倍WTAフィルタ、第3段の2048倍フィルタ、全てをとおります。オレンジは「ウォーム」となっており、第2段のWTAフィルタがバイパスされます。このため、ノーマルに比べると、厳密なDA変換にならず、音はウォームになる、という訳です。
この2種類のフィルタにそれぞれローパスフィルタを加えることができます。それで4種類ということになります。ローパスを入れるのは、ハイレゾ音源で、超音波域(20kHz以上の音)にノイズが載っているものがあるので、これがQutestの動作に悪影響を与えるのを避けるためです。ですから、通常の音楽CD(16ビット44.1kHz)にこのローパスを入れるのは、無意味です。
ということで、けっきょく白(ノーマル)かオレンジ(ウォーム)か、という話なんですが、これはもう白(ノーマル)の音にかぎる、という感じです。
あと、機能としてあるのは、出力レベルの切り替え(1V、2V、3Vrms)、入力の切り替え、あとは表示のディム(デフォルトは明るすぎるので暗くできる)だけです。

<評価>
とにかく、ふつうの音楽CD(16ビット44.1kHz)を愉しく聴こう、というのなら、少なくともこの価格帯では、これに限ると思います。ロバート・ワッツの設計意図もそこにある、と思います。ハイレゾ音源、それもDSDとなれば、ほかのDACの方がよいのでは。
私は以下のような装置で、クラシック(オペラからソロ・ピアノまで)を聴いています。
MacBook Pro(Audirvana3.5)→microRendu(ストリーマー)→Qutest→RME社Fireface UFX→Atoll社アンプ→LS3/5aスピーカー

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意