その他オーディオ機器すべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > 家電 > その他オーディオ機器 > すべて

その他オーディオ機器 のユーザーレビュー

(702件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
その他オーディオ機器 > CSR > SOULNOTE E-2 [プレミアム・シルバー]

viola9さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:57件
  • 累計支持数:162人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

その他オーディオ機器
9件
5件
デジタル一眼カメラ
1件
11件
スピーカー
5件
6件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質5
操作性4
機能性5

【デザイン】
フロントとサイドは上品な白っぽいマットなシルバーの仕上げ、
天板がべったりしたグレーなのが今ひとつ。電源オン時には中が赤く光る。

【音質】
元マランツということで、この価格帯では厚い音を聞かせてくれます。

【操作性】
特筆すべきところはなし。
リモコンがないので必要に応じて、つまみを単純にひねる・ボタンを押すのみ。
消磁機能は針落としの際にも便利。

【機能性】
バランス入力、バランス出力、光カートリッジ対応とあらゆる接続を完備。

【総評】
バランス入出力がある機種を求めていたので、あまり選択肢がなかったのだが、
JAZZ向きの厚い音と対応カートリッジの豊富さ、
機械音痴の嫁でも簡単に使えるところなど満足のいくフォノイコ。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

その他オーディオ機器 > iFi Audio > iPurifier3 B Type

sardine104さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
12件
スマートフォン
1件
3件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
1件
もっと見る
満足度3
デザイン5
音質3
操作性無評価
機能性無評価

使用環境はud503とpcの間です。前にaudioquest社のjitterbugを使った際は明らかに着けない方が良い音だったので、それよりは良いと思います。ただ何と言うかs/n比の改善というよりはこういうアイテム特有の音のスッキリ感と低音の出方が深く成るものの、解像度と音場は落ちるように感じます。因みに使用しているusbケーブルはAIM電子のua3です。私はデジタルアイソレーターとの相性よりもケーブルとの相性の良し悪しを感じました。前に使っていたaudioquest社のcinnamonでは音がスッキリ薄くなりすぎて外した方が良い音に感じました。ですが、ua3だとメリットもデメリットもあるのでどちらでもといった感じです。
ただ一つ言えるのはusbケーブルを良いものにした方が効果が遥かに高いと感じます。
因みにifiの製品はipurifier acから使い始め、ipurifier spdifも良かったので、ちょっと期待していただけに残念です。これがnano i galvanicとかならもっと違った結果が出たのでしょうか?とにかく買うならメーカーから試聴機を借りた方が良いと思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

その他オーディオ機器 > OCTAVE > HP300SE ラインモデル [アルミニウムシルバー]

Rensselaerさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
10件
CDプレーヤー
0件
4件
デジタル一眼カメラ
0件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

思い切って購入しましたが、大満足です。クラシックがいい感じになりました。

【デザイン】
薄型でシャープなデザインです。

【音質】
トライオードのTRV-A300SEに接続しましたが、レンジが広くなりました。特に低域のエネルギー感が増したようです。

【操作性】
リモコンはボリューム操作だけですが便利です。

【機能性】
ゲイン切り替えがあるので、組み合わせるアンプやスピーカーに応じて音量が調整できるので便利です。

【総評】
マニュアルにあるように、電源ケーブルには3Pアダプターを使用しています。
CDプレイヤー(ラックスマン D-06)はラインケーブルで接続していますが、シールド切りのケーブル(NuForce IC-700R)を利用、空間描写もすばらしいです。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

その他オーディオ機器 > KOJO TECHNOLOGY > Force bar EP

9832312eさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:406件
  • 累計支持数:3551人
  • ファン数:47人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
3332件
ヘッドホンアンプ・DAC
12件
795件
クレジットカード
53件
619件
もっと見る
満足度3
デザイン2
音質3
操作性3
機能性3
   

   

発売間もない時に購入しました。
効果はやや薄いものの機器に接続すると、ややスッキリとして、解像度が上がるような感じでした。
二個購入しスピーカーで試して見ましたがこちらはほぼ効果を感じることは出来ませんでした。
バイアンプ対応のスピーカーだったので、シングルのものだったら多少は違ったかもしれません。
価格を考えると効果は結構微妙ですね。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

その他オーディオ機器 > DENON > DN-300R

ミノルタ1.4トリオさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
35件
レンズ
1件
8件
CDプレーヤー
0件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性2

上級機DN-500R(発売終了)で録音した、WAV録音を別の場所で再生しようと購入しましたが、DN-500RでWAV録音したものは認識されませんでした。

仕方なく、MP3で今後は録音し使用します。

WAV録音が、2トラ38ならばMP3は、カセットのような感覚ですがFMエアチェックが主なので我慢します。

それ以外は、使い勝手も良いです。

しかし、DN-500Rに比べるとかなり機能が低いです。
同じメーカーでWAVの互換性がないことには、驚きました。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

その他オーディオ機器 > MCINTOSH > Stereo Power Amplifier MC152

viola9さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:57件
  • 累計支持数:162人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

その他オーディオ機器
9件
5件
デジタル一眼カメラ
1件
11件
スピーカー
5件
6件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質3
操作性無評価
機能性3

【デザイン】
薄型だけどブラックガラスパネルに映えるブルーアイズはカッコイイ。

【音質】
クワッドバランスのMC301と比べると音質的には劣るが、
サラウンド用のパワーアンプとして使うのであれば必要十分。
フロント&センターをMC301でサラウンド&サラウンドバックをMC152にすると
別メーカーのアンプを使うのに比べ、音のつながりと密度感が増す。

【操作性】
パワーアンプのため特になし。

【機能性】
トリガー連動でブルーアイズが自動消灯。

【総評】
2ch用とし使うには今ひとつだが、サラウンド用に使うには満足度は高い。
MC301とくらべてやや重いのと、電源ケーブルの差し込み口が真ん中なのは注意点。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

その他オーディオ機器 > Accuphase > P-7300

のらぽんさん

  • レビュー投稿数:49件
  • 累計支持数:444人
  • ファン数:69人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
2340件
スピーカー
2件
377件
カメラその他
0件
321件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性5
機能性4

P-7300の顔は大きなアナログメーターにハンドル

アルミダイキャスト製ヒートシンクはデザインの一部に。出力段のトランジスタが直付

トップパネルはヘアーライン仕上げのアルミ素材

中央部には「Accuphase」のロゴ

リアパネルには大型のSPターミナルが占有

ロータリーは梨地仕上げの一部に鏡面のテーパーがアクセントとなっています

SPへ直接エネルギーを送り出すパワーアンプ、それ故にSPとの結びつきを強く感じます。

冷静さと適度な温もり感が伴う私のマジコにはA級よりもパワフルで鮮度の高いP-7300がベストなバランスでした。
静寂を背景にニュアンスひとつひとつを精細に描写する高い解像力、
俊敏な反応、そして躍動感溢れる音です。

P-7300はまるで果ての無いエネルギーが内在する器。
余裕度に満ちた鳴り方には、歪み感の無さ故の表現力があります。
低域のエネルギー感は、もはや重々しさと言うよりサラサラと空間へと轟く爽快感です。
P-7300が創る音はストレートで高精細、緩む余地の無い精確な音像に、艶と中庸なボリューム感を有するナチュラルサウンド。


【A級パワーアンプA-75とのライバル対決】
アキュフェーズのパワーアンプは共通して高解像力でしなやかな音です。
だからこそP-7300の導入を考える際にも、アキュフェーズのA級パワーアンプは無関心ではいられない存在となります。
特にA-75は同メーカーのA級ラインナップ。
価格も同額(税別120万円)の、正にライバルに位置するパワーアンプです。

両機とも根底に宿る音は、端正でニュアンスを描き分ける精確な音楽への描写力、そして何よりしなやか、アキュフェーズの音そのもの。
ただ両機には似て非なる音の違いがあります。

それは、P-7300の方がより明瞭な骨格感を伴いストレートな音を伴います。
噴き出すエネルギー感、高い制動力に加え音の立ち上がりは俊敏そのもので、この点でP-7300が一際優れています。
再生される音楽は、一気に揚々とした熱気に包まれます。

他方、A-75をP-7300と比べるなら、一音一音のエッジに丸みを帯び、柔らかなその響きには咀嚼して意味を顧みるような余韻、僅かにウェットな質感。
より音楽の内面に訴える表現力を持っています。
ただ、これはA-75が単に俊敏さが劣る音ということではなく、むしろ実際にはこの点が魅力にもなっているのですが、あくまでP-7300との比較ならと言う話です。


【進化ための技術】
近年のアキュフェーズはS/N比とDF(ダンピングファクター)の向上に力を入れて製品開発を行ってきています。
P-7300ではカタログペックでS/N比(A補正、入力ショート)は125dB、DFは1,000と謳われています。

音が全てなのだからカタログスペックで語っても仕方ない、そう考えるオーディオファンも多いことは承知しています。

しかし小手先のように表面上の音色を変え、新たな製品を市場に送り込むような手法ではなく、実直に定量的な数値を掲げて製品を市場へと提示するアキュフェーズの姿勢には意味を感じます。
それは定量的な要素の向上を地道に積み重ねる先に本質的な音への向上が待っているものと思うからです。

前置きが長くなりましたが、P-7300はS/N比向上の手法として、入力アンプ部とパワーアンプ部とのゲイン配分を変えました。

アキュフェーズのパワーアンプ全体のゲインは統一的に28dBです。
この配分をP-7100時代と比較すると、パワーアンプ部を16dBから6dB(たった2倍に)へ下げる一方、入力アンプ部は12dBから22dBへと大幅に引き上げられました。

そこで、入力アンプ部で必要な信号振幅を得るため、従来のオペアンプを用いた電源電圧±18Vからトランジスタを用いたディスクリート回路±30Vへと変更しました。
当改良等で保証値のS/N比は最大ゲイン時122dBから125dBへ向上、保証値外として実に128dB程度にまで達します。
この流れは同社のアンプで水平展開されるようになり、現在のアキュフェーズアンプのトレンドとなっています。

DF向上では、出力インピーを極限まで下げる試みがなされました。
出力直近の保護回路は、信頼性向上とON抵抗値低減を目的に、メカニカルリレーから機械的接点の無いMOS-FETスイッチがA-46から採用されています。
P-7300も正常進化しMOS-FETを採用(ON抵抗僅か2mΩ程度のTK160F10N1をソース連結2個直列で使用)。

また容量性負荷対策の発信防止コイル(1.1μH)には、僅か2.3mΩ程度の極太エッジワイズ巻きコイル(2×5mmの平角銅線)です。
DF保証値は1,000としているものの、実際には2,000を超えるとも言われています。


【縮小された点】
P-7100と比べ縮小された点も結構あるので紹介します。
まず、1Ω負荷時の保証値の出力が20%低下しました。
また筐体と僅かに製品質量もダウンサイズ化。
と言ってもP-7300の質量は48.6kgです。

筐体内で質量、容積を大きく占めるパーツのひとつはトランスです。
同社の機構担当の方に伺うと現行機のトランス容量の最大のものはPS-1230、次にP-7300とのこと。
P-7300の特質からも最大に配慮すべき重要な部品には相違ありません。

パワーアンプ部の回路も簡素化しました。
詳細は割愛しますが、ゲイン分担軽減に合わせた形で電圧増幅段でいくつかの回路簡素化がなされました。
特に電力増幅段の11パラSEPPから10パラSEPPへの縮小は大きなポイントです。
ただしトランジスタは2SC5200N、2SA1943Nが新しく採用されています。


【A級かAB級か、パワーアンプの選択】
まず、実用面での発熱の問題や消費電力の大きさなどを考慮される方もおられると思います。
P-7300は電源投入後の安定時(筐体の熱の平衡状態時)で、筐体が少し温まる程度です。
A-46と比べても100W程度の省エネ、発熱が少ないです。

アキュフェーズではA級がAB級に比べ人気があるそうですが、多くはA級とAB級とのイメージや機器固有の音色の好みで選択される方が多いように感じます。
一つ忘れがちなポイントとして、A級またはAB級アンプとしての固定観念を持つよりも、SPとの相性を考慮することが重要です。
経験上、A級、AB級のどちらのアンプがトータルとして好みに感じるのか、SPの選択次第によるところが多いからです。

A級、AB級はバイアス電圧による動作点の与え方の違いです。
P-7300も8Ω時4WまでA級動作、A-75も定格以上はAB級動作です。
俯瞰的に見れば、一層オーディオは楽しくなるように感じます。

比較製品
Accuphase > A-75

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

その他オーディオ機器 > マランツ > AV8805

viola9さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:57件
  • 累計支持数:162人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

その他オーディオ機器
9件
5件
デジタル一眼カメラ
1件
11件
スピーカー
5件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性4

【デザイン】
SR7009、AV8802Aと全く同じマランツ伝統のデザイン。
他メーカーの四角いアンプよりデザインは良いが、
丸いモニターは見にくいため、終始フロントパネルは開けっ放しとなる。

【音質】
つなぐパワーアンプによっても音質がガラッと変わるが、
AV8802Aと比べると空間表現が優れている。
何より優れているのが、別売アプリのAudyssey MultEQ Editorを使った測定。
正直、AV8802AからAV8805に単純に変えた時の変化よりも、
AV8805本体のみで測定した設定を、Audyssey MultEQ Editorを使って測定した設定を反映させた時の方の変化が大きく驚いた。

【操作性】
特に問題なし。
起動時にたまにTVとの音声リンクがうまくいかない程度。

【機能性】
必要十分

【総評】
AV8805そのままでもAV8802Aからの正当な進化を感じる。
ただAV8805の真価を感じるならAudyssey MultEQ Editorは別売りだが必須のアプリと思う。(無料アプリにすればよいのに。。)

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

その他オーディオ機器 > Cambridge Audio > Cambridge Audio SOLO

sasiba16さん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:59人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
4件
0件
その他オーディオ機器
1件
3件
換気扇・レンジフード
1件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性3
機能性5

【デザイン】
正面には電源スイッチがあるだけで至ってシンプルです。

【音質】
当たり前ですが、数千円のフォノイコライザーよりは格段に良いです。
以前使用していた10万前後のアンプの内蔵フォノと比べても、中高音が明瞭になり低音の押出し感も良く成りました。

【操作性】
スタンバイ状態からSWを押しオンにするだけです。
電源オフの状態はありませんスタンバイ/オンでけです。
オートパワーオフは、20分無入力だと自動的にスタンバイモードになります。
スタンバイになると電源ランプが薄暗くなるけど、部屋が暗いと慣れるまでオンと勘違いすることがありしました。
まあ、電源オンするだけだけどやっぱりリモコン欲しいです。

【機能性】
左右の音量バランス調整ができます。
オートパワーオフの20分は、以外に早く感じるこもありますが解除機能があります。
まあ、機能的には十分でしょう。

【総評】
アンプを変えたらフォノ入力がなくなりフォノイコライザーを単体で購入することになりましたが、日本製になると数千円の安価なものと5万以上高額なものに分かれ、2万円前後ものが余り見当たらなく、海外製品であるケンブリッジオーディオの製品を初めて購入しました。
入荷待ちで4か月掛かると言われ、その間、数千円の中古品を使用していましが、待った甲斐もあり本品に交換し音質が向上したことにより躍動感が増し、レコードを購入した頃を思い出し自然と( ̄ー ̄)ニヤリとしてしまいました。
アナログはデジタルよりもお金掛けた分音が良くなるそうですがこの辺で満足しておきます。
まあ、聴いているのが昭和のフォークソングやロック、アイドルなんですけれどね。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

その他オーディオ機器 > Steinberg > MR816 X

tsubasa0513さん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
0件
5件
外付け ハードディスク
3件
0件
イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質3
操作性3
機能性4

打ち込みと宅録兼用で購入。ドラム等多入力が必要だったため。

【デザイン】
そそられるほどのものはないが、安っぽさを感じない感じがよい。

【音質】
素人なので詳しく分からないが、必要十分かと。

【操作性】
Cubaseとの親和性が非常に高いということなので、Cubaseでは便利なのかと。
こういう機材は総じてそうなのかもしれないが、表示、ボタン等が分かりやすいとは思えない。

【機能性】
上位機種よりはエフェクトの関係等で劣る。

【総評】
完全素人意見だが、自分のような用途であればミキサー型のほうが便利に感じるが、当時はM-AudioなどのProtools用ぐらいしかなかったため、これを選択。
今は安価なミキサータイプもあるため、いいなーと思っている。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

その他オーディオ機器 > MCINTOSH > C52

master,tamzarさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

その他オーディオ機器
1件
3件
スピーカー
1件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質4
操作性4
機能性5

この間初めてC50と比較する事が出来ました!
C52をC50とほとんど同じという方がいますが割と違います。
C42=C52、C40=C50という感じ?
ただDACは段違いにこちらが上です。
C50が優れているのはボリュームの操作感位ですね。
あとリモコンが安っぽい。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

その他オーディオ機器 > AIR TIGHT > ATM-300

慎吉。さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CDプレーヤー
5件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性4

【デザイン】 良いと思います。

【音質】 初段にJJの12AU7A、次段にエレハモの12BH7A、出力管にエレハモの300B、整流管にエレハモの5U4GBからスタートしました。玉転がしはこれからの楽しみにしていければと思います。
最低限の状態で聴いていますが、この組み合わせでも結構いい音がしていると思います。女性ヴォーカルが素晴らしいです。私は、クラシック中心ですが、もっと、ヴォーカルも聴きたいと思いました。

【操作性】 普通だと思います。

【機能性】 普通だと思います。

【総評】
いままで、上杉のU-BROS3というパワーアンプを使用してきました。クラシックにはいいのですが、かなり無骨な音のアンプでもっと繊細さが欲しいと思い思い切って買い換えました。
300Bの音色は、前からあこがれていたので、夢が叶いました。展示処分品をネットで見つけ、もうこれしかないと思い買いました。新しいATM-300Rは玉付きで100万を超えるので、とても無理でした。
私には、ATM-300で十分です。本当にいいアンプですよ。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

その他オーディオ機器 > ヤマハ > AVENTAGE MX-A5000(H) [チタン]

LWSCさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

AVアンプ
2件
136件
スピーカー
1件
91件
自動車(本体)
0件
58件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性無評価
機能性5

タイトル通りRX-A3070の外部アンプとして使用しています。遂にと言うか、とうとう買ってしまいました。

RX-3070の前に使用していたRX-A3040をフロントスピーカーの外部アンプに使用していましたが、本機と入れ替えました。今はフロア設置のスピーカー全て本機に接続しています。(スピーカーはフロントとサラウンドがD-77MRX、サラウンドバックがNS-300)


【デザイン】 素っ気なく、シンプル過ぎる位シンプルです。

【音質】 アンプ出力が以前より増えたのが要因だと思いますが、音のメリハリが増して迫力満点です。

【操作性】 前面には電源スイッチとメインのA・B切替スイッチしかありません。AVアンプと電源連動出来るので、普段は本機を操作する事はありません。そういう訳で評価は不要と思います。

【機能性】 パワーアンプとして必要十分だと思います。バイアンプ接続で使用する場合、ペアになるのががどれとどれになるのか把握する必要があるくらいです。逆にそれぞれ独立で使用する場合、切替スイッチの確認が必要ですね。

【総評】 現在の価格(最安価格¥167000)ならお買い得と言えます。

ヤマハのAVアンプのアップグレード並びに音質向上に効果絶大です!(プリアウトがある機種限定ですが)

ヤマハのAVアンプは音が軽いとか言われる事がありますが、RX-A3000シリーズでも効果があるので下のグレードなら更に効果が大きいと思います。

11ch構成を考えておられるなら是非とも本機の導入ををオススメします。

因みに、ヤマハのプリメインアンプのA-S1100以上にはパワーアンプとして使用出来るモードがあるのですが、1100はRCA入力のみ、2100はXLR入力がありますがアンプ出力等は1100と同じ、3100は音質は別としてアンプ出力が本機より少ないです。

音質より出力を重視なら本機の方が安上がりになる場合もあると思います。

出来るならチャンネル数の少ない下位機種が欲しいくらいです。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

その他オーディオ機器 > Accuphase > T-1000

yamachan58さん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:83人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ホームシアター スピーカー
2件
13件
AVケーブル
4件
0件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性4
 

サブで使用中のKT-1010FとST-SA5ES

 

 今更ですが、10年以上使用してみての感想です。
 さすが、アキュフェーズの製品ですね。長く使えるように設計されています。サブで今も使用中のKENWOOD KT-1010FやSONY ST-SA5ESに比べて、最低限度の表示で地味なディスプレイですが、LEDを使用し輝度の低下がまったくありません。
 KENWOOD KT-1010FやSONY ST-SA5ESのFL管採用のディスプレイの方が美しいのですが、SONY ST-SA5ESは部分的に輝度低下が発生しています。T-1000は、その点、よく検討されているなと感じます。
 動作の方も、周波数ずれ等の発生もなく安定しています。
 また、作りがしっかりしており、チューニングノブは、ガタつきがなく軸ブレもない素晴らしい品質です。操作感も昔のバリコンチューナーを彷彿させる、すべるようにまわるものです。アキュフェーズのこだわりを感じます。
 音の方も芯があり、力強い音で、FM放送番組のクオリティーが高ければ、素晴らしいサウンドを奏でます。
 機能的に残念だったのは、IF帯域切換等の調整機能を採用しなかったためか、セパレーションのスペックがサブで使用しているチューナーより相当低くなっているところです。
 代わりにFREQ.TRIM機能(ファインチューニング)を採用していますが、混信からの逃げの技術であり、あまり好きではありません。(あくまで、個人的見解です。)
機能的には、やはり、後継のT-1100やT-1200に魅力を感じます。
 また、せっかくビンテージもののシグナルメーターが装備されているのに、指針に照明が当たらない設計となっていて、昼間の明るい時間帯でないとシグナルレベレが目視できません。アキュフェーズさんらしくないですね。なぜでしょうか?
 いろいろ、好き勝手述べましたが、デザインを含め、非常に気に入っています。FM放送で魅力的な番組が減り、現状、ネットワークプレーヤーでネットラジオを聴く事が多くなり、本機の出番は少なくなっていますが、末永く大切に使用したいと思っています。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

その他オーディオ機器 > MUTEC > MC-3+USB [Black]

ssakcajさん

  • レビュー投稿数:157件
  • 累計支持数:413人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
3件
17件
ネットワークオーディオプレーヤー
3件
17件
プリメインアンプ
0件
19件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性5

マスタークロックに興味はあっても残念ながら外部クロック入力できる機器を私は持ち合わせていません。
マスタークロック導入のために機器を入れ替えるにも資金不足、今の状況では検討に値しないのですがもっとイイ音で聴きたいという欲求は尽きません。
そんなワガママな条件と欲求を満たしてくれそうな機器を探していたらコレに出会い購入となりました。

本機は入力信号をリクロックするので純粋なマスタークロックではないにしろ、同じくリクロック効果を謳うiFi audio iPurifier2よりも効果が顕著に感じられました。
音の滲みや濁りが改善した結果、立体的になり陰影がハッキリして特に弱音部の余韻の消え際は一層長く耳に残ります。
また、低域の輪郭が明瞭になり、躍動感が更に増した感じです。
80年代に買ったCDからリッピングした音源は「リマスター」のようです。
最近はファイル再生ばかりですが、本機の導入で再度昔の音源を聴き直しています。

PCからのUSB入力は、Linuxでは顕著な効果を感じませんでしたがWindowsではかなりの音質改善効果が感じられました。
LEDがかなり眩しいので消灯して使用していますが、しっかり再生音で存在を示します。
消費電力は10Wなので、基本的に常時ONです。

コレ以上の音質を求めると桁違いに高額な機器となりそうなので、個人的には「上がり」と思っています。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(その他オーディオ機器)

ご注意