テレビリモコンすべて ユーザーレビュー

 >  >  > すべて

ユーザーレビュー > 家電 > テレビリモコン > すべて

テレビリモコン のユーザーレビュー

(8件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
テレビリモコン > Nature > Remo mini

岡安学さん

  • レビュー投稿数:243件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジモノ誌やウェブで活動するフリーライター。
デジカメ、テレビ、レコーダーなどデジタル機器を中心に
白物家電やPCまで執筆対象を拡げている。
また、ゲームやアニメ、ホビー、トイなど、サブカルチャーも扱う。
近著に『INGRESSを…続きを読む

満足度5
デザイン5
機能性5
使いやすさ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

本体です

背面です

USB-A to microBのケーブルは同梱されていますが、USB充電器は入っていません

Lenovo Smart Clockとスマート家電コントローラーの組み合わせが便利で
ほったらかしにしておいたAmazon Echoも再度使おうと思い、購入。

【デザイン】
超小型で置き場所に困りません。
デザインも無難なので、リビングのテーブルに置いても
違和感はありません。


【機能性】
リビングで使用していますが、置き場所にしっくりした場所がなく
とりあえずテーブルの上に置いてますが、それより低い位置にある
BDレコーダーやテレビの受信部にもちゃんと赤外線が届いて操作ができます。
アプリに関しても高機能で使いやすいです。
ただ、ダイキンのエアコンをリモコンから登録したのですが、
電源のオンオフ、冷房・暖房・ドライの切り替え、風量しかボタンがなかったのが残念です。
おまかせエコ自動なども選べると良いのですが。
まあ、これはあったら良いな程度の話ではあります。


【使いやすさ】
スマホでWi-FiやAmazon Echoとの接続などが簡単にでき、
スマートスピーカーの音声操作やスマホからの操作も
やりやすいです。


【総評】
Remo miniの機能ではなく、Amazon Echo側の機能なのですが
以前は、音声操作するとき、
「リモでエアコンの冷房を入れて」と言わなければならなかったのが
「エアコンの冷房を入れて」だけで済むようになったのが本当に便利になった感じです。
まあ、その所為でスマート家電コントローラーやAmazon Echo自体を使わなくなったので
それが対応できるようになったのは大きいです。
Remo mini単体としては、数々のリモコンをスマホに集約することができるので
リモコンを探したり、管理しなくて済むようになるのはありがたいです。
あと、機器の登録もリモコンを本体に向かって赤外線を読み込ませるだけで済むので楽です。
リモコンがない場合でも、メーカー名から探して、いくつか候補があれば、
ひとつずつ試していけば、対応するリモコンを見つけることができるのも良い感じです。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

テレビリモコン > キングジム > エッグ EG10

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:220件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度4
デザイン5
機能性4
使いやすさ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

本体はタマゴ型で軽い。乾電池駆動なので持ち運びも楽

操作はアプリから。登録したリモコンが一覧で表示される

リモコンの画面。データベースにあるリモコンならすぐ表示される

 

約2万9000種類の家電のリモコンがデータベース登録されている

複数の家電のリモコンを1台にしたカスタムリモコンも作成可能

 

自腹購入。

クラウドファンディングのサイトで先行予約していたので買ってみた。
特にほしかったわけではないのだが、いろいろな家電製品のリモコンが家にはあり、壊れたりもするので、いざというとき役立つかなと思った次第。

まず思ったのが、本体はほぼただのタマゴ(笑)。電池を入れて置いておくだけ。あとは専用アプリを入れたスマホから設定などを行う。

かなりいろいろな家電製品(約3万)がすでに登録されており、型番などで調べるとたいてい出てくる。ケーブルテレビのチューナーなども用意されている。

はじめにテレビのリモコンを登録してみたら、ちゃんと動作する。エアコンもOK。DVDレコーダーもいける。たまにデータベースにない家電もあるのだが、それはリモコン送信部に近づけて認識させると、リモコンがアプリに表示されられる場合がある。なんかすごい。

カスタムリモコンがアプリ上で作れるのもおもしろい。ケーブルテレビのチューナーとテレビを組み合わせたカスタムリモコンを作ってみたが、これが便利。なんでもかんでも思い通りというわけではないが、必要なことは全部できる。

いろいろなリモコンをスマホに集約できるというメリットのほか、もしリモコンが壊れてもスマホで操作できるというのは結構ありがたいのではと思う。

小さなタブレットとeggをリビングに置いておき、家電の操作をそのタブレットからやるようにしたら、とても便利そうだ。普通のご家庭でも、近未来を感じられることだろう。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

テレビリモコン > リンクジャパン > eRemote mini

神野恵美さん

  • レビュー投稿数:570件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールライター・編集者。
書籍編集者、雑誌記者・編集者を経て、2004年にセミリタイアと称して渡仏。以降、現地にて言語を学ぶ傍ら、フリーランスで日本のメディア向けの取材活動、現地邦人向けのメディアなどにも関わる。帰国後は、新聞、雑誌、ウェブ媒…続きを読む

満足度4
デザイン4
機能性4
使いやすさ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

手のひらサイズのコンパクトな本体

電源はUSBタイプ。ケーブルLANケーブルのように平たい

スマホアプリ(ホーム画面)

   

テレビのリモコン画面

   

いわゆる赤外線学習リモコンだが、無線LAN経由でスマホアプリで操作ができるのが特徴GoogleアシスタントとAlexaとも連携し、音声操作も可能になる。

赤外線式のリモコンであれば登録できるが、操作は本製品から発する電波が届く範囲内なので、複数の部屋で使用したい場合には、部屋ごとに本機を設置する必要がある。

我が家では、リビングに設置して、テレビ、エアコン、照明器具、空気清浄機、同じメーカーの「ePlug」というコンセント型の無線LAN化デバイスと組み合わせて、加湿器を登録している。

「ePlug」は、赤外線リモコン操作ができない家電でも、コンセントとプラグの間にかませることで、無線LAN経由でスイッチのオン・オフができるようにしてくれるという便利な器具だが、電源を根元からオン・オフするというシンプルな操作しかできないので、エアコンのようなリモコン操作を待機状態としているのが前提の機器ではない限り、電源オフはできても、動作させることはできない点に留意しておきたい。とはいえ、我が家は消費電力の高い加湿器の消し忘れを防ぐというだけでも十分。加湿器自体には、〇時間後に電源をオフにするというタイマーオフ機能しかないが、「ePlug」を利用することにより、スマホアプリ上で電源をオフする時刻を設定できるようになり、無駄な稼働を防げるようになった。

最近では、音声操作に対応した家電が増えつつあるが、それらを買わなくても、また今使っている機器を簡単にスマホ操作や音声操作を可能にしてくれる便利ガジェット。しかも1台買えば、使用している家電製品の赤外線リモコンを一括して無線LAN化できる。リモコンを一括してスマホ上で管理できるし、宅外からも遠隔操作できるようになり、一度使うと、ないと不便と感じるようになるほど手放せなくなる製品。必需品ではないが、利用すると、日々の暮らしの快適さと効率が各段にアップする。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

テレビリモコン > RATOC > RS-WFIREX4

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度5
デザイン5
機能性5
使いやすさ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

RS-WFIREX3と本機を比較。コンパクトに!

Siriショートカットへの登録も簡単!

消費電力測定。アダプター(別売)込みで1W以下とエコ。

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
既に使用しているRS-WFIREX3との比較を交えてレビューします。
(設定や操作はiPhoneXを使用)

【デザイン】
RS-WFIREX3に比べるとコンパクトになった上に、白色で形状も家電風。インテリアに溶け込みやすくなり、改善されたといえます。壁掛け設置も問題を感じません。

【機能性】
概ねRS-WFIREX3と同じく、スマホの専用アプリから各種家電のリモコン操作が可能で、AlexaやGoogle Homeと連携もできます。
詳細はRS-WFIREX3のレビューに譲り、以下、RS-WFIREX3と本機RS-WFIREX4との違いを記します。
目に見えて違うのは、センサーで捉えた明るさの表現方法。同じアプリですが、RS-WFIREX3に接続時はルクスを数値で表示するのに対し、本機では「暗い」「やや暗い」「明るい」の3段階で棒グラフ付きで示します。
数値を知りたい方はRS-WFIREX3が適しているといえますが、測定値には誤差が含まれるはずで、多くの用途ではあまり意味がないように思います。一方本機の場合、「暗い」は暗室に近い状態、「やや暗い」は夜間で照明光が直接あたらない薄暗い状態、「明るい」はその部屋の天井照明が点灯している状態のような感じで、夜間に照明の状態を知るにはちょうど良いフィーリングです。留守時の遠隔操作を考えると、実用性が増したように思います。
温度の測定は、正確な温度計を基準に、RS-WFIREX3と本機を比較確認しました。個体差があるかもしれませんが、RS-WFIREX3は+/-0.2度程度以内で非常に正確、本機は少し高めで+0.5〜1.0程度の表示でした。筐体が小さい分、内部発熱の影響を受けているのかもしれませんが、数時間後に計測しても同等の印象でしたので、+/-1度程度を考えておけば差支えないでしょう。遠隔でエアコン操作する際の判断には実用的だと思います。


【使いやすさ】
こちらもRS-WFIREX3と同等ですので、詳細はRS-WFIREX3のレビューを参照いただければと思います。
初回はWi-Fiアクセスポイントに接続するための設定が必要ですが、専用アプリで示される手順に従うだけで簡単に行えます。本体裏のQRコード(マックアドレス)を読み取る方法は非常に簡単で分かりやすく、スマホを利用するWi-Fiアクセスポイント(設定時のみ2.4GHz)に接続し、スマホカメラでQRコードを読み取った後、Wi-Fiパスワードを入力すればOKです。WPS接続も可能で、この場合はWi-Fiパスワードの入力が不要、アクセスポイント(SSID)の確認のみで完了できます。

実際のリモコン操作ですが、アプリから操作した場合のレスポンスは、RS-WFIREX3と本機は同程度。約1.5秒程度の遅延があり、各家電のリモコンに比べると少々タイムラグを感じますが、実用上はストレスを感じない範疇です。

今回初めてSiriショートカットを試してみましたが、非常に便利です。AlexaやGoogle Home対応のスマートスピーカーやデバイスを用意することなく、iPhoneがあればSiri経由で、「Hey Siri, 扇風機」のように呼び掛けて操作できます。よく使う操作は、Siriのショットカット候補としてiOSの設定画面に自動で出てくるので、設定も非常に簡単です。


【総評】
待機時の消費電力を測定すると、一般的なAC/DC(USB)アダプター込みで平均約0.7Wでした。コンセントに挿しっぱなしでも年間の電気代は150円程度の計算で、エコ性能も充分に思います。(RS-WFIREX3と同等レベル)
リモコン信号の到達距離は、RS-WFIREX3が見通し20mに対し本機は30mに強化されたとのことですが、当方のテストでは差異が感じられず同等の印象でした。恐らく強化されているのだと思いますが、劇的な向上は期待しないほうが良いでしょう。
機能面ではRS-WFIREX3と同等ですが、他社製品に対しても小型でインテリアとの違和感もなく、お勧めできる製品です。このレビューと実売価格を参考に、RS-WFIREX3または本機を選んで、家電のスマート操作を始めてみてください!

比較製品
RATOC > RS-WFIREX3

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

テレビリモコン > RATOC > RS-WFIREX3

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度5
デザイン3
機能性5
使いやすさ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

左は初号機REX-WFIREX1、右が本機。コンパクトに。

ラーニングしたテレビの操作画面例。GUIが綺麗。

温度、湿度、照度の測定結果をスマホで表示。

   

消費電力の測定結果(別製品/アプリによる)

   

購入しました。2個所有しています。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
デザインと質感ともに、特に優れた印象はありませんが、実用上問題を感じません。

【機能性】
アプリからの各種家電リモコン操作のほか、AlexaおよびGoogle Homeと連携可能です。
リモコンコードはプリセットが充実しています。また、ラーニングはフォーマットを選ばず、リモコンで動作する家電はほぼ全て本機でコントロールできるでしょう。
ほか、温度、湿度、照度センサーを内蔵し、アプリから値を確認することができます。
旧モデルは温度センサーが筐体内部の発熱を検知して使い物になりませんでしたが、本機では改善されています。

【使いやすさ】
スマホアプリは以前に比べてデザインが改善されて視認性が向上し、使いやすくなりました。
アプリからの操作は、各家電に付属しているリモコンに遜色ないレスポンスでサクサク使えます。
当方はAlexa(スマートスピーカー)を利用していますが、Alexaと連携させる場合、「アレクサ、XXXXX」の発話開始からから家電が反応するまで約5秒程度です。発話が面倒で少し待たされる感はありますが、興味のある方、必要な方にとっては実用的だと思います。
ほか、本機から発信されるリモコン信号は範囲が広く見通しの効く室内ならまず問題なく操作できると思います。数年前から同様の製品を発売しているラトックが改善を続けてきたポイントで、本製品を選ぶ理由の一つになると思います。

【総評】
待機時の消費電力を測定すると、一般的なAC/DC(USB)アダプター込みで平均約0.6Wでした。コンセントに挿しっぱなしでも年間の電気代は150円程度の計算で、エコ性能も充分に思います。
スマホで屋内外から家電が操作でき、スマートスピーカーとの連携も可能。コンパクトで消費電力も少なく、本体価格もリーズナブル。文句なしです。
興味のある方は、とりあえず購入してみてください。良い製品です。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

テレビリモコン > RATOC > RS-WFIREX3

岡安学さん

  • レビュー投稿数:243件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジモノ誌やウェブで活動するフリーライター。
デジカメ、テレビ、レコーダーなどデジタル機器を中心に
白物家電やPCまで執筆対象を拡げている。
また、ゲームやアニメ、ホビー、トイなど、サブカルチャーも扱う。
近著に『INGRESSを…続きを読む

満足度5
デザイン5
機能性4
使いやすさ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

amazon echoとの組み合わせ

本体です

予約やおやすみモードなど細かい機能はなく、温度やオンオフがメイン

amazon echoと連携する為に購入しました。


【デザイン】
見た目は悪くなく、amazon echoの側に置いても特に違和感はありませんでした。
本体サイズが小さめなので、コードがちょっと気になりましたが。


【機能性】
amazon echoとの組み合わせでリビングで最初は使っていました。
いちいち「スマート家電リモコンで操作して」と言ってから、
「アレクサ、テレビつけて」とか「電気つけて」と言わなくてはいけないのがちょっと面倒でした。
結局リモコンつかったりした方が早い感じがしたので、
仕事部屋で使用変更に。
ここではamazon echoと連携させず、単体で使用。
スマホアプリから、エアコンと照明の操作のみをするようになりました。
とりあえず、スマホからどちらも操作ができるので
リモコンを探す手間が無くなった分、使い勝手が良くなった感じです。
あと、それぞれのリモコンだと指向性により、リモコンの向きによっては
操作できていなかったりしますが、
スマート家電コントローラーだと、基本、おいてある場所が変わらないこともあり
また、広範囲にカバーしているので、やり直すことがほとんどありません。
スマホからの操作だと、外出先からも操作できるので
電気の消し忘れとか
帰るちょっと前から部屋を暖めたり、涼しくしたりできるので
IoT非対応の家電を使っている人はオススメです。


【使いやすさ】
スマホアプリは、それぞれのリモコンほど細かい設定ができないのが多少の難点。
ただ、エアコンのオンオフ、温度調整などはできるので
メインの操作は簡単にできます。


【総評】
外出先から操作ができる点といくつもの機器をスマホ1台に集約できるのは便利です。
すぐにリモコンの所在がわからなくなってしまう人は買いです。
ちなみに外出先から操作する場合はWi-Fi接続が必要で
家庭内無線LAN環境がないとできないので注意。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

テレビリモコン > RATOC > REX-WFIREX1

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度3
デザイン3
機能性3
使いやすさ3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

中央の丸型が本機。サイズは手の平くらい。

センサーを内蔵し、温度、湿度、照度、がモニタリングできる。

操作画面例(エアコン)

   

マクロ設定時の画面例。

   

メーカーからサンプル機(プレス用)をお借りしてのレビューです。


【デザイン】
LEDが光ると、内部の構造が見えてしまったりと、雑に感じる部分もありますが、実用上は問題ありません。
デザインで選ぶ製品ではないと思いますし、質感を含め、多くの方は納得できるレベルだと思います。


【機能性】
まず、ユーザーが最も期待するであろう、インターネット経由での操作ですが、製品HPには以下の注意書きがあります。
----------------------------
※ホームページで事前予告をおこなったうえ、家外モードの提供を中止する場合があります。
----------------------------
もう一点、
----------------------------
※ 外出先から家外モードへの切り替えはできません。家外モードを使う場合は外出前に切り替えておく必要があります。
----------------------------

かなり覚悟が必要と言いますか、一般ユーザーが使用するには不安が大きいです。一方、マニアなど、どうしても遠隔操作したいユーザーにとっては、選択肢の1つになり得ます。
購入に際しては、ご自身の興味度合いに応じて検討すると良いでしょう。

本題の内容ですが、学習リモコンとしては一通り動作しましたので、細かな点を記します。
1. 温度
室温が14度程度でも、アプリ画面では20度近く示しました。ここからは推測ですが、センサーが内部にあり、本体が発する熱の影響を受けているようです。扇風機で風を当て続ける、あるいは放熱穴を開けるなどの対策をすれば、正しい室温が表示されると思います。
2. マクロ機能
機器とボタンを選ぶだけでマクロが組めました。待ち時間は1秒刻みで設定できます。(動作は確認できていませんが、6000秒など長時間も設定できました)
3. タイマー
ひとつのボタンに対し、分単位で指定できます。ボタンだけでなく、マクロも指定できれば尚良さそうですが・・・


【使いやすさ】
アプリの画面デザインは手作り感が漂っていますが、一通り使うことができました。
出来は優秀とは言えませんが、実用上問題はないと思います。(細かなバグあり)


【総評】
外出先からのコントロール(接続)は、クラウドサービスを利用するため、特別な設定は不要です。クラウドサービスが無料なのも本機の利点です。(似た製品で、月額300円が必要)
一方、クラウドサービスが停止して、外出先から操作が完全にできなくなってしまう可能性があると思うと、大変心配です。自前サーバー含め、マニアックな方法でも良いので、救済策の用意があれば・・・と思います。
なお、製品としては、出来る事と価格のバランスは良く、遠隔操作が必要なユーザーにとって、本機は貴重な選択肢と思います。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

テレビリモコン > RATOC > REX-BTIREX1

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度4
デザイン4
機能性4
使いやすさ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

 

電源投入直後、LEDが3つ点灯した状態。

消費電力の測定結果。0.4Whとテレビの待機時並にエコ。

 

メーカーから評価用サンプルをお借りしてのレビューです。


【デザイン】
デザインが気になるジャンルの製品ではありませんが、コンパクトで場所を取らず好感が持てます。
写真を添付しています。LEDが大粒でデザイン的にはバランスが悪く感じますが、動作確認の観点からは視認性が良いと言えます。


【機能性】

〈プリセット〉
予めリモコンコードが登録されているプリセットは、テレビ、レコーダー、ホームシアターオーディオなどAV系が充実しています。かなりマニアックなメーカーも含まれていて面白いです。
照明やエアコンのプリセットもあります。
総じて、ホームシアターを意識した製品のようです。
(対応家電は、本機の製品紹介ページで確認できます)

〈学習〉
プリセットされていないリモコンは、手動で学習させることができます。
当方宅の家電で試したところ、大半が学習可能でした。しかし、15年前の「National」(現パナソニック)の扇風機は不可でした。特定の家電を操作したい場合は、事前の確認をお勧めします。

液晶表示付きのエアコンリモコンの学習は注意が必要です。ボタンとリモコンコードが一対になっていないケースが多いためです。例えば電源のオン・オフで問題がある場合は、オンとオフを個別に登録すると解決できます。温度調整も厄介です。
エアコンの場合は、事前に全自動モードにしておき、本機で学習/利用するのは、電源のオン・オフくらいと考えておくと無難でしょう。

〈タイマーが便利!〉
家電に付属のリモコンには無く、本機ならではの機能としては、自由自在な「タイマー」が便利です。
ボタン毎に、1分単位で細かく指定ができ、例えば照明やテレビのオンとオフを登録しておけば、夕方に照明をオンに、夜にテレビをオンにして、深夜に電源をオフ・・・のように、在宅を装うことができます。
夏場なら、就寝時にエアコンをタイマーオフ、その後に扇風機をオン・・・のような連携も、自動でできます。
タイマー設定は本機内に記憶され、一度登録しておくと、スマホ/タブレットが無くても動作します。
(本機の電源を抜き挿しした場合は、スマホ/タブレットから再送信要)

〈赤外線の到達範囲〉
赤外線リモコンの到達範囲は、受信側の機器や見通しにもよりますが、概ね5m程度なら問題ないと思います。


【使いやすさ】
〈インターフェース〉
リモコン画面はグラフィックの洗練度が今一歩で、操作体系を含めて改善の余地はありますが、一度リモコンの登録が済んでしまえば、実用上問題ありません。

〈サクサク感〉
スマホ/タブレットとは、Bluetooth接続です。本機の電源ONから使用可能になるまでの時間は約3秒、iPhone6でアプリを起動して本機を認識するまでの時間は5秒でした。
アプリがバックグラウンドで動いている時は、全く待たされません。
応答性は非常に良く、実用上ストレスは感じないと思います。

〈消費電力〉
待機時の消費電力は付属のAC-DC5V(USB)アダプター込みで0.4Whでした(1時間計測)。
1年間電源に接続しても電気代は100円程度とエコ性能も充分です。
コンセントに挿しっぱなしにして、フルに活用したいものです。


【総評】
グラフィックや操作体系は、洗練不足が否めませんが、Bluetooth経由で家電を操作する・・・という目的は果たせます。こうした機器が必要な方には、価格もリーズナブルで購入に値する製品と思います。

本機に限らず、Bluetooth経由のリモコン発振器は、リモコンの代用というよりは「、リモコン+α」と考えると良いでしょう。
例えば本機の場合、それぞれのリモコンを探して取りに行く手間が省けるとか、タイマーが利用できる点をメリットと感じられれば、大変価値があります。
(家電を操作するだけなら、各家電に付属のリモコンの方がやはり便利ですし、「長押し」や「2個同時押し」など、特殊なケースもあり・・・)
他、+αの機能としては、マクロ(ワンタッチで登録したいくつかのボタン操作を連続して行う)や、画面編集(いくつかの家電の、よく使うボタンを一画面にまとめる)などが加わると、さらに使い手があると思います。(今後、アプリのアップデートなどで対応してくれるよう期待します!)

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(テレビリモコン)

ご注意