プリメインアンプすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > 家電 > プリメインアンプ > すべて

プリメインアンプ のユーザーレビュー

(3143件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
プリメインアンプ > MCINTOSH > MA12000

Risa@Hさん

  • レビュー投稿数:99件
  • 累計支持数:1745人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
16件
30件
空気清浄機
11件
6件
エアコン・クーラー
5件
10件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ4

主にアナログプレーヤーからのレコードで
ジャズやクラシック音楽を聴いています。
真空管プリアンプの温かみのある中高音が特に素晴らしいです。

プリアンプ部に12AX7A真空管を4本(チャンネルあたり2本)を搭載したハイブリッド設計で、
350Wのパワーアンプ部にはソリッドステート設計を採用している効果を感じれ、
真空管の良さを十二分に感じれます。

今時のドンシャリ系ではないですが、大音量にしなくても温かみのある
中高音を再現でき満足しています。

強いていうならとても重いので設置場所はあらかじめ用意しておく必要があります。

レベル
上級者

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プリメインアンプ > SONY > STR-DH190

しゃん太郎さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
1件
0件
プリメインアンプ
1件
0件
その他調理家電
1件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン4
操作性2
音質2
パワー2
機能性3
入出力端子2
サイズ4

音は、普通の普通…
裏の端子は、昭和仕様(RCAのみ)
期待してたBluetoothの音質が酷い(^_^;)
フルサイズアンプを使用されてた方は
中身の安さに気がつくはず。
安いから仕方がないが、買い直す事になるかも?
インテリアとして飾るなら○

レベル
中級者

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プリメインアンプ > DENON > PMA-1600NE

SKuroさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイプレーヤー
1件
4件
プリメインアンプ
1件
1件
ノートパソコン
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性3
音質5
パワー3
機能性3
入出力端子3
サイズ4
   

1975年発売の日本コロムビア社製アンプPMA-255

   

【はじめに】
 今回のアンプ選択は難しかった。コロナ感染の中で気軽に試聴に出かける状況ではなかった。また、現用品の突然故障で予定外の時期にアンプを購入したこともあった。正直に言えば、今回の選択は、実売価格にあります。たまたま安く販売していた店舗を訪れることができたことが決め手となりました。また、欲しい機能や品質については、今回かなり妥協しています。ただし、音質面においての妥協はしていません。(音質欄を参照)
 当アンプとの比較対象について説明します。まず、表題の1970年台機器として、1975年発売の同社製PMA-255を例にしました。当時は、オーディオ全盛期で、各社が競って新製品を出していた時代です。その中では地味な存在でしたが、DENONとしては従来のアンプ製品イメージを一新した製品です。
 (ステレオ時代 最新号:vol.18 https://www.fujisan.co.jp/product/1281696717/new/「まだまだ現役'70年代国産プリメイン」記事中に写真有)
 マランツ#7似の正面パネル、全無垢のアルミつまみ、70V電源のEQ回路等が印象にあります。 そのEQについては、当アンプのルーツとなっているPMA-1500Rに引継がれたようです。(紹介雑誌記事より認知)
 これを新発売と同時に購入し、約10年程度使用しました。
 次に、pioneer製AVアンプは、昨年12月あたりまで音楽専用で使用していたもので、動作異常が多発したことから当アンプへの買い替えとなったものです、こちらは2003年購入で約18年近く使用していました。

【デザイン】
 過去のPMA-255と同じ雰囲気を持つ昔ながらのプリメインアンプの顔と体型です。

【操作性】
 昨年末まで使用していたpioneer製AVアンプのような多機能は一切なく、アンプとして基本操作のみです。ただ、リモコンはさらにシンプル操作で機能限定過ぎます。例えば、トーンコントロール(L,H)、バランスもリモコンで操作したいものです。

【音質】
 定価で10〜30万円程度の製品を試聴比較して、これを最終決定したのですが、そのときに重要視したのがこの音質とその価格との対比です。音質対価格比では十分な満足度があります。PMA-255を使用していた記憶と比べますと、低音〜中低域領域の厚みはこちらにあります。昔のデンオン時代とは音作りは違いますが、なぜか懐かしい思いがあります。
 また、今回置き換えのpioneer製AVアンプとの音の違いはもっとはっきりとしました。デノンが大切にしているのは低域の表現だと思います。ただし、アンプの利用目的が違うことも考慮すべきだと考えます。パイオニア製は主が映像で音は映像を邪魔しない音作りとなっています。
 当アンプだと音が主ですから、味付けを濃くしているとも言えます。しかし、その結果は現使用スピーカーとの相性が良くなって、明るく躍動感のある音を表現してくれています。
(参考、スピーカーは2003年購入Victor製SX-500DE+純正台、部屋は和室6帖+α)

【パワー】
 難点はここにあって、アンプパワーは70W+70Wと家庭で使用するには適量なのに対して、アンプのゲインが大きくて、音量ボリュームを適正目盛り(9〜12時位置)で使用できません。特にスピーカーの能率高い90dB以上の製品だとこの問題が目につきます。以前のPMA-255のように別に-10,-20dB切替で調整可能な対応が何か必要です。

【機能性】
 今回からDAC内蔵で直接デジタルソース対応としています。この流れには大賛成です。さらにUSB対応だけではなく、LAN対応まであれば良かったのではと思います。

【入出力端子】
 出力SP端子がA,Bと2組あるのに対し、それらの切替機能が無いのが残念です。特に私の場合は、STAX製コンデンサーヘッドフォン端子としてSP端子を使用していたため今回から使用できなくなりました。

【サイズ】
外形寸法(W × H × D): 434 x 135 x 410 mm
質量: 17.6 kg
上級機ほど高さが無いのが良いです。重量はやや重いのですが、全体に大きくないため取り回しは悪くありません。

【総評】
 過去に使ってきたDENON製品にDP3000,DL-103,AH-D2000などがあります。これらと同様、所有する満足感とピュアオーディオの楽しみを味わいたいとの期待に十分応えてくれる製品だと思います。

レベル
中級者

参考になった3人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プリメインアンプ > MUSICAL FIDELITY > M6si [Silver]

古いもの大好きさん 銀メダル

  • レビュー投稿数:261件
  • 累計支持数:1264人
  • ファン数:31人
満足度4
デザイン3
操作性3
音質4
パワー4
機能性4
入出力端子4
サイズ3

Mシリーズ最上位機種になる。
さすがにシリーズの最上位機種だけあって入力も少し豊富になって
フォノイコライザーが、MMとMC両方に対応。

またバランス入力も1系統備えている。
切り替えでパワーアンプとして使用可能なAUX-1端子もある。
また本体サイドには放熱用のフィン形状となっている。

リモコンは値段の割にチープ感が漂う作りで残念。

サウンド的には低音のドライブ力が下位機種より上がってしっかりと制御され
締まりが出て来て音の輪郭がはっきりした出音に聴こえた。

また全体的に細かな部分もハッキリしてきた上でしっとり感もある
サウンドと感じた。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プリメインアンプ > MUSICAL FIDELITY > M2Si [シルバー]

古いもの大好きさん 銀メダル

  • レビュー投稿数:261件
  • 累計支持数:1264人
  • ファン数:31人
満足度3
デザイン3
操作性3
音質4
パワー3
機能性3
入出力端子3
サイズ3

非常にシンプルな構成のインテグレーテッドアンプ。
シリーズ中のエントリー機設定されていると思う。

入力としては全てアナログのアンバランスRCA×6

面白いのはRCAのプリアウトが装備されている処。
プリアンプとしての使用も可能と言う事。

音質的には、素直なサウンドであまり特徴が無いのが特徴。
製品として黒子に徹している様な感じ。

上位のM3siとの価格差が少なくM3はデジタル入力が装備されている。
またフォノイコライザーもあるので個人的にはM3の方が
コストパフォーマンスが良く感じる。

スピーカー端子もM3の方が品位が高いものが選ばれている。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プリメインアンプ > マランツ > PM7000N

ベーシスト兼仕事人さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
プリメインアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性5
音質5
パワー5
機能性4
入出力端子5
サイズ4

2021年4月に購入しました。AMAZON MUSIC HDの再生について、色々なサイトで酷評されていたり、混乱しているようですが、私がiPhoneで操作する限り、酷評されるような問題はありませんでした。
- iPhoneに、HEOSアプリ、AMAZON ALEXA をインストールして、PM7000NとALEXAをHEOS経由で連携させれば、AMAZON MUSICアプリから直接PM7000Nに接続し、HD, ULTRA HDの音源をPM7000Nで直接再生することができます。プレイリストなどAmazonの機能はすべて使用できます(Amazon musicアプリで操作できるので当然ですが)。
- HEOSからAMAZONにログインしたりしてHEOSを操作する必要はありません。HEOSは連携に使うだけです。ただし、音量や電源の操作にはHEOSは使えます。一旦連携させてしまえば、HEOSをいちいち立ち上げる必要もありません。
- ALEXAアプリをiPhoneにインストールすればいいだけで、Amazon Echoなどの機器は別途必要ありません。連携後は、ALEXAアプリもいちいち立ち上げる必要ありません。
- つまり、Amazon Musicアプリだけを立ち上げて、Amazon MusicアプリからPM7000Nに接続するだけでよくなります。
- iPhoneのAmazon Musicアプリから再生開始させても、再生しているのはあくまでPM7000N本体ですので、iPhoneに電話がかかってきても、Airplayのように、音楽がとぎれることはありません。また、一旦再生始まれば、iPhoneの接続がなくても再生は継続し、当然ですが本体付属のリモコンだけで操作も可能です。
- 本体はLAN接続で聴いていますが、音が途切れたり、不安定になることはありません。

ということで、iPhoneを使って、PM7000NでAmazon Music HDは快適に再生することができます。

以上ご参考まで。

レベル
中級者

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プリメインアンプ > パイオニア > SX-S30

TKおじさんさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人
満足度3
デザイン5
操作性4
音質無評価
パワー無評価
機能性無評価
入出力端子5
サイズ5

初期不良でした。
サイズ感(特に高さ)、機能性、テレビへの接続など素晴らしい製品と思ったのですが。品薄なので、ショップ、メーカーとも交換できないとのことなので、やむなく返品しました。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プリメインアンプ > マランツ > NR1200

TKおじさんさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ4

【デザイン】
 高級感があります。リビングにマッチ。

【操作性】
 私は今のところリモコンでは直接AmazonMusicに辿り着けません。でもAmazonMusicアプリ、HEOSアプリから操作できるのでとても便利です。

【音質】【パワー】
 ボリュームを大きくすると家族から苦情が出るので残念ですが、パワフルでら良い音です。

【機能性】
テレビ、レコーダー、ゲーム、NASに昔ためたiTunesの音楽、AmazonMusic HDなど、これまでバラバラだった音楽環境が統一されて大満足です。

【入出力端子】
 上記に加え、別ゾーンへの別ソース出力が可能とのこと!これはすごい。リビングでテレビを見ながら、寝室ではAmazonが聞けるのか。余裕ができたら、試してみたいと思います。

【サイズ】
 十分小さいのですが、もっと小さいとさらに売れるのではないかと思います。

【総評】
 最高でした。スピーカーにももっと投資したくなりました。

レベル
初心者

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プリメインアンプ > マランツ > NR1200

ダニロさん

  • レビュー投稿数:49件
  • 累計支持数:105人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
4件
3件
ブルーレイ・DVDレコーダー
2件
4件
デジタル一眼カメラ
1件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性3
音質4
パワー無評価
機能性4
入出力端子5
サイズ5

テレビを55型の有機ELに買い替えて、音楽番組やBDを視聴する機会が増えたので、プラズマTVと共に使っていたOnkyoのシアターシステム(2chのみ)からの買い替えです。スピーカーはDALIのObelon1、サブウーファーにDALIのSUB-E9F。

【デザイン】
すっきりとしています。

【操作性】
TVとの連動が容易で概ね良いのですが、初めて利用するHEOSの操作性(ユーザーインターフェイス)がよろしくないです。(例えば登録した局の順番の入れ替えなど。)スマートフォンにHEOSのアプリを入れると容易になったので、スマートフォンからの利用を主にするようにしました。

【音質】
別室で20年以上前に購入したオーディオ専用機(LUXMAN)を使っていましたが、それとの比較はしません。中級のアンプとしてこのコストに見合う音質です。
我が家のTVには同軸出力があるので、そこから音を取るようにしたところ音像がくっきりとしました。HDMIだけでも十分機能しますが、試す価値はありそうです。
また、このアンプ購入後に電源タップ強化、電源ケーブル/プラグ/コネクタの変更、アンプ下とスピーカー下への12mm厚のコーリアンボードの設置、などで音の微妙な変化を楽しんでいます。
コーリアンボードは好みの色調とサイズが市販されていないので、複数社見積もりの結果、安田木工という所で比較的リーズナブルに製作してもらいました。

【パワー】
リビングでの視聴なので大音量で鳴らすことはしませんから、評価は遠慮します。

【機能性】
基本的にTVやBDプレイヤーとの連動は問題なく使えています。操作性の項で記しましたがユーザーインターフェイスには改良の余地があるのでは。

【入出力端子】
HDMI入力、光入力、同軸入力、フォノ、FM/AM、NETミュージック、サブウーファー出力端子、と盛りだくさん。同軸入力の数を増やしてほしいと思います。

【サイズ】
問題ありません。

【総評】
購入して満足しています。TVの音を良くしたい。でも市販のサウンドバーではちょっと、と思うユーザーには良い選択肢だと思います。

レベル
中級者

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プリメインアンプ > Cambridge Audio > CXA60 BLK [Black]

丘の住人さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:66人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
3件
0件
自動車(本体)
2件
0件
サウンドカード・ユニット
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
操作性3
音質4
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ5

サンスイのAU-α607MRの動作がいよいよ不安定になってきたので、後継機を
さがしていてここにたどり着きました。
当初は安くなっていたYAMAHAの同価格帯のアンプに決めていたのですが、こちらのアンプは今後手に入らなくなるとの口コミ情報から、物欲が出てきてこちらを購入することに…

購入して約半年が過ぎました。
同じケンブリッジのTOPAZAM5は持っていて、聴き比べ結果を記します。
TOPAZAM5は中低域に強いものの高域は弱く、音の線が太くちょっと音が
ざらついているというかギザギザしてる印象でした。(安い割に頑張っているとは思います)
CXA60は中級機らしく全域フラットで繊細なというかナチュラルな印象で、音質は中級機としては標準レベルです。持っているマランツのPM8006と傾向は似ていると思いました。(本格的な聞き比べはまだしていません)
残念ながらサンスイのような重厚な音ではなかったので、
607MRが名残惜しいですが時代の流れですかね。
(最近はドンシャリな音は流行らないのか?)
購入して一番の驚きは実はその軽さ(たった8Kg)です。
そんなのは買う前から判ってるだろうと思われるかもしれませんが、
私のアンプは重いという常識を覆してくれました。
これまではアンプの設置というと四苦八苦してましたが、CXA60は楽ちんでしたね。
これからは重さも選択肢の一つとしてありだなと思いました。
他のメーカーも見習って欲しいです。
またこのアンプにはオートパワーオフ機能がついています。
アンプには珍しい(私だけ?)機能ですが、良いと思いました。
ちょっと困ったのはリモコンがマランツのPM8006と競合していて
独立したコントロールができないことです。
特にボリュームが両方動くので困りものです。(競合回避機能が欲しい)

今はTOPAZAM5、CXA60、PM8006でマルチトラック再生システムを組んで
音楽をいじくって楽しんでいます。
(マルチトラック再生システムはYouTubeで紹介しています。丘の住人で検索してみてください)

レベル
中級者

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プリメインアンプ > Accuphase > E-380

まるぼうずさん

  • レビュー投稿数:62件
  • 累計支持数:1011人
  • ファン数:35人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
1146件
スマートフォン
3件
463件
レンズ
18件
217件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ4
   

   

DAC-50との組み合わせで音質には満足していたのですが、サンプリングレートが切り替わる時にリレー音がするのが煩わしく、DAC-50からUD-505に戻しました。


以下、最初のレビューです。(システム構成は初期と変わっています)


E-380にオプションのDAC-50を組み合わせました。
DACについては、TEAC UD-505からの買い換えです。

サブスク等ネットオーディオ時代に合わせ、システムを見直し簡素化を図りました。

プレーヤー     BLUESOUND NODE 2i
FMチューナー   SONY ST-SA5ES
スピーカー     Sonus faber Lumina I
DAC       TEAC UD-505 (DAC-50から戻しました)
アンプ       Accuphase E-380 

ソースについてはAmazonMusicHD、NAS(AppleLossless)です。

一番の不安は、DACの変更でした。
DAC-50は試聴が難しく、ネットの情報も少なくて不安でしたが、思い切って購入してみました。
UD-505のDAC「AK4497」から旧世代の「AK4490」(UD-503相当)になるので、音質が落ちるのが当然だと思いましたが、システムの簡素化を優先しました。

結果は、問題なしでした。
厳密には劣るのでしょうけど、私の耳にはそれを感じませんでした。
まあその程度の駄耳でして、そのおかげで不満に思うことはなく、変更して良かったです。

E-380については、店頭でE-270と比較してかなりの差を感じましたので、少々無理をして選びました。
E-480はさらに良いですよと・・とのことでしたがさすがに予算オーバーなので、試聴もしませんでした。
購入時(2020年6月)にはE-270はモデル末期だったので、E-280が発売されていれば、そっちにしたかも知れませんが、デザイン的にも高級感のあるE-380を選んで良かったと思います。

音はもちろん、ボリュームダイヤル、各種ボタン、リモコンにいたるまで全てに高級感があり、所有欲が満たされる逸品です。

レベル
中級者

参考になった6人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プリメインアンプ > DENON > PMA-SA1

中納屋町さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人
満足度5
デザイン3
操作性2
音質5
パワー5
機能性4
入出力端子4
サイズ4

クラシック音楽演奏を専門にしている者です。
再生音が、普段の現場の音楽に近い物を選ぶべく、
オーディオ専門店で色々と聞き比べしました。
スピーカー は、音色に艶がないが、空間表現や音像のリアリティが良かったので、b&wの802で固定。

【デザイン】
可も無く、不可も無く
【操作性】
リモコンが無いのは駄目過ぎる
【音質】
ラックス、アキュ等々の同世代プリメイン群と比べて、最も良い音でした。SA11購入のつもりで、違いはどれほどか少し聞いてみようと試聴したところ、再生されたのは全くの別世界でした。SA11の音は死んだ音、SA1の音は生きていた。聞かなければ良かった…下手に聞いたから、もう選択の余地はありません。無理してこちらに変更しました。
【パワー】
不足ありません。
【機能性】
リモコンが欲しい。
【入出力端子】
過不足ありません。
【サイズ】
もっと軽くて小さければ良かった。音質には代えられない。
【総評】
2010年当時、手に入り得る国産プリメインアンプでは間違いなく最高の音でした。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プリメインアンプ > ヤマハ > A-S501

DELTA PLUSさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:358件
  • 累計支持数:588人
  • ファン数:10人
満足度4
デザイン4
操作性4
音質5
パワー4
機能性4
入出力端子4
サイズ3

2014年発売。

デザインは、「ザ・アンプ」という無骨な佇まいで個人的には好み。

入力端子は8系統で、光、同軸のデジタル端子も備える(CD1、チューナー1、ライン3、フォノ〔MM〕1、光デジタル1、同軸デジタル1)。
同軸・光デジタル入力は、最大192kHz/24bitに対応。
DACは、バー・ブラウン製「PCM5101A」。
出力端子は5系統で、サブウーファー端子も備える(レックアウト2、サブウーファー1、ヘッドホン1、DCアウト1)。
スピーカー端子は2系統。
このあたりは下位のA-S301と同じで、ピュアオーディオのアンプとしては十分。

音は接続するスピーカーによって大きく異なってくるので一概には言えないが、クセのないナチュラルな傾向で、スピーカーの個性を損なわず素直に鳴らしてくれると感じる。
どんな音楽ジャンルにも使いやすいと思う。
A-S301とと比較すると出力等仕様上の数値の違いはあるが、聴き比べた感じでは明確な違いが分かりにくい。

外形寸法(幅×高さ×奥行) 435W×151H×387Dmm(A-S301と同じ)
質量 10.3kg(A-S301は9.0kg)

下位機『A-S301』との大きな違いは、
『A-S501』が定格出力85W×2、
『A-S301』が定格出力60W×2、
といったところだろうか(いずれもシングルプッシュプル構成)。
明確な違いが分かりにくくて、アイデンティティを見出しにくい。

ちなみに、上位機『A-S801』は定格出力100W×2のパラレルプッシュプル構成。
その他、『A-S801』は、
DSD5.6MHzネイティブ&PCM384kHz対応のUSB DAC機能
ヤマハ独自の「CDダイレクトアンプ」も採用
などが異なる。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プリメインアンプ > DENON > PMA-30

DELTA PLUSさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:358件
  • 累計支持数:588人
  • ファン数:10人
満足度4
デザイン5
操作性4
音質4
パワー3
機能性3
入出力端子3
サイズ5

日本ではオーディオといえば大きな金属の物体というイメージだが、デノンのデザインシリーズは本当にコンセプトが素晴らしいと思う。
リビングやデスク周りにちょこんと置くととても可愛い。

「デノン=低音」というイメージとは少し違って低音はやや抑えめな印象で、中高域のキレの良さ、情報量の多さを感じる点は上位機PMA-60と同じような傾向だが、本機の方がより元気、快活系の音と感じる。
ミニコンポよりも良い音で聴きたい、でもとことん音質を追求するというよりも気軽に音楽(あるいはテレビの音)を楽しみたい、といった方向性の使い方が合っていると思う。

Bluetoothの対応コーデックは、aptX Low Latency、AAC、SBC。
aptX LL対応はこだわり派にとって嬉しいところ。
USBメモリー非対応なのは残念。

入出力端子は
・アナログ音声入力端子 アンバランス入力×1
・デジタル音声入力端子 同軸デジタル入力×1、光デジタル入力×2
CDプレーヤーを接続したり、テレビに接続したり、PCからデジタル入力したり、といった使い方には十分。
USB-A端子を備えていないのは残念。

外形寸法(W × H × D)
 200 x 86 x 258 mm(横置き時)
 80 x 206 x 258 mm(縦置き時)
質量 2.7 kg
サイズ、質量はPMA-60と同じ。
縦置きも可能で設置の自由度が高い。

PMA-60との主な違いは、
・クアルコム社のDDFAを搭載しているか否か
・USB-B端子が付いているか否か(PCとUSB接続ができるか否か)
・DSDに対応しているか
といったあたり。

Bluetoothで気軽に音楽を聴いたり、CDプレーヤーDCD-50(最近はユーザーが減っていると思うけど)やテレビと接続して気軽に楽しむといった使い方に適していると思う。
カジュアルな使い方が合っているモデルだけに、USBメモリーに保存した音源を気軽に楽しむ、といった使い方ができない点が残念。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プリメインアンプ > TEAC > AI-301DA-SP-B [ブラック]

namiheyyさん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:73人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ネットワークオーディオプレーヤー
2件
2件
マウス
2件
0件
ブルーレイ・DVDレコーダー
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
操作性4
音質4
パワー4
機能性4
入出力端子4
サイズ5

主にデスクトップでの利用を想定しており、フルサイズは避けたかったこと、できればUSBDAC内蔵がよかったこと、またデザインが好きなこともあって、この機種を選びました。
もちろん好みは人それぞれですが、個人的にTEACのアンプのデザインは昔から好きで、他にAX-501も所有しています。

本当は音で選ぶべきなのでしょうが、地方では自分の所有スピーカーと近い環境での試聴も難しいですし、アンプ部は定評のあるICEpowerということで、試聴はしませんでしたが、実際の音も満足しています。

対抗馬としてはDENONのPMA-50、PMA-60あたりがよく比較されるのではないかと思います。こちらは家電店などでも比較的置いてあるので試聴しましたが、確かに音は非常に良かったです。好みもあると思いますが、AI-301DAより好む人もいるのではないでしょか。
ただ、個人的にはPMA-60は、タッチでの操作性やボリュームノブの感触の悪さなど、音以外の面がどうしても気になっていまいました。あまり本体を触らなければ気にならない部分ですが、デスクトップですとそうもいきませんので。

実際に所有してみても、非常に使いやすい機種だと思います。何よりサイズがよいですし、USBDACを含め入力端子も過不足ない数で非常に使い易いと思っています。

気になる点としては、あまり使用する人はいないのかもしれませんし、最近は他社でも非常に多いですが、カードタイプのリモコンは止めて欲しいですね。単純に押し難い、使い難いです。

またこれはあくまでも私の購入した個体の問題、個体差ですが、ケースのボリュームのくり抜きとボリュームノブの中心が大きくずれています。一般的な価格の製品では、ここがずれているものは多いですし、構造上ある程度仕方ないとは思いますが、私の個体はそのずれが今まで見たことがないレベルで大きいです。
TEACはデザイン音質ともに好きなので、アンプに限らず何台かオーディを製品を購入してきましたが、初期不良も一度ならず経験していますし、品質面だけはもう少しがんばっていただきたいなとは思います。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意