ブルーレイプレーヤーすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > 家電 > ブルーレイプレーヤー > すべて

ブルーレイプレーヤー のユーザーレビュー

(3件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
ブルーレイプレーヤー > SONY > BDP-S1500

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:199件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度5
デザイン5
操作性4
再生画質5
音質無評価
読み取り精度無評価
出力端子3
サイズ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

結構コンパクト。安っぽさはあまり感じられない

USB端子がある。USBメモリ内に保存された動画再生にも対応

端子類。いたってシンプル。アナログ音声出力があるともっとうれしかった

   

リモコンは小さめ。紛失に注意

   

自腹購入。

使っていない21インチの液晶ディスプレイがあったので、BD再生専用機にしようと思い購入。なるべくコンパクトなものをと思っていたのだが、中古で安かったのでこれに決めた。

さすがソニー製。特に問題なくすんなり使える。有線LANをつなげばいろいろアプリをダウンロードして機能拡張できるらしいが、置いている場所に有線LANはないので、その機能は使えず。残念。

リモコンが小さめ。特に問題なく使えているが、ボタン類がちょっとだけ小さいかなと感じる。そんなに頻繁にいじるものでもないのでそれほど気にならないが。

驚いたのは画質。PC用液晶ディスプレイなのでそれほど期待してなかったのだが、なかなかよい。プレーヤー本体の画質がいいのだろう。DVDを再生するときはアップコンバーターが適用されるっぽいのだが、そちらもなかなか。

一応デジタル音声出力があるのだが、これは使ってないので無評価。できればアナログの音声出力(ヘッドホン端子でもいい)があると、簡単に音声が出せていいのではと思う(ディスプレイ内蔵のスピーカーを使っているがこちらはダメダメ)。

メイン機としてはシンプルすぎるが、再生だけの環境であれば十分な機種。ソニー製ということもありUIも使いやすい。やや古い機種だが、程度がよかればまだまだ使えると思う。

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ブルーレイプレーヤー > パナソニック > DP-UB32

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度5
デザイン4
操作性5
再生画質5
音質5
読み取り精度5
出力端子4
サイズ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

AV評論家としての活動を通じてのレビューです。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
フロント周りは樹脂系素材で高級感こそありませんが、この価格帯の製品としては必要充分。どなたも不満の無いレベルだと思います。

【操作性】
トレイのオープン、ディスクを入れてから映像が出るまでなど、動作が機敏で快適です。
プレーヤー専用機の特権といったところでしょうか。

【再生画質】
「4Kリアルクロマプロセッサ」を搭載し、HDDレコーダー兼用モデルや上位モデルと比較しても遜色ありません。
「4Kリアルクロマプロセッサ」は、一般的な映像信号で間引かれている色信号を補完するものですが、高精度なマルチタップ処理によって、キレが良く高解像度で奥行きも感じられる高画質が楽しめます。
また、ブルーレイなどの2K映像についても「4Kダイレクトクロマアップコンバート」の効果は絶大。輝度情報と色情報を一気&高精度に4Kへとアップスケーリングすることで、細部の再現性が良好。例えば、他社の一般的なアップスケーリング処理でジャギーやモアレのような現象が生じるシーンも、本機は高解像度かつナチュラルに表示します。
こうした違いは、AVマニアでない一般的なユーザーも、比較すれば一目で分かるレベルで、当方がパナソニック製品をおすすめする理由です。
同じパナソニック製品では、DMP-UB900のようなハイエンドプレーヤーや、HDDレコーダーとの差が気になる方も多いと思いますが、ここはマニアの領域と言える僅差。
一般的なユーザーなら、本機で、充分に高画質を楽しむことができます。

【音質】
HDMIデジタル出力を用いれば、充分に高音質です。
よほどのマニアでなければ、上位モデルとの差は分からないと思います。

【読み取り精度】
パナソニックは実績が豊富で、信頼に値します。

【出力端子】
HDMIが1系統です。

【サイズ】
幅320mm×高さ45mm×奥行191mm(突起部含まず)
AV機器は430mm幅が標準的ですので、本機はコンパクトと言えます。

【総評】
出力端子はHDMIが1系統とシンプルですが、多くのご家庭では必要充分に思います。
LAN端子を備え、NETFLIX、dTV、Amazonプライム・ビデオなどの4Kネット動画も視聴でき、さらに「4Kリアルクロマプロセッサ」の恩恵が受けられるので高画質で楽しめます。
こうした良質な製品が低価格で製品化できるのは、長年に渡る研究開発や上位モデルで培ってきた技術の蓄積が豊富なパナソニックならではと言えます。
UHD BDや4Kネット動画をなるべく低コストで高品位に楽しみたいユーザーにおすすめできる、コストパフォーマンスの高い好製品です。

参考になった35

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ブルーレイプレーヤー > ヤマハ > AVENTAGE BD-A1060(H) [チタン]

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度5
デザイン5
操作性5
再生画質5
音質5
読み取り精度無評価
出力端子5
サイズ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

フロントとリモコン

オーディオマインドをくすぐる「CDモード」スイッチ!

リア。XLR端子がカッコイイ!

ヤマハ視聴室(一般非公開)にて体験してきました。

【デザイン】
ヤハマのAVアンプ製品群とマッチするデザインです。
フロント(下半分)はアルミパネルで、質感も良好です。

【操作性】
リモコンが付属し、再生や停止といった基本操作は、リモコンで快適に行えます。

【再生画質】
4Kにアップスケーリングして出力できます。
他に高品位なアップスケーラー、映像装置をお持ちの方は、処理をそちらに任せると良いでしょう。

【音質】
「CDモード」を備えているのがユニークです。
本体前面に専用のスイッチを設け、CDモードをONにすると、使用しない回路を停止し、HDMIからの映像・音声出力も制限し、ノイズを低減します。また、CD再生時には、ディスクの回転数を20%抑制します。
実際にCDで聞き比べてみましたが、CDモードをONにすると、レンジが広がり、開放的で心地良い音に改善されます。
CDプレーヤーを設置していたスペースで、BDプレーヤーに置き換えたいニーズがあると思いますが、そうしたユーザーの多くは、本機の音質に満足できると思います。

【出力端子】
金メッキ仕様のXLR音声出力端子を備えています。

【サイズ】
幅435mm x 高さ86mm 奥行き262mmです。薄型で奥行きも短めと言えます。

【総評】
価格帯からも、最高峰の画質や音質を追求する製品ではありませんが、手頃な価格でありながら、AV機器として物量を投入し、回路構成、電源、シャーシなども拘りが感じられる力作です。
CDプレーヤーの置き換えで、そこそこ良いCDの再生音が得られるBDプレーヤーが欲しい!、というニーズには、ピッタリの1台だと思います。
コストパフォーマンスに優れ、お薦めできる好製品です。

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビューランキング

(ブルーレイプレーヤー)

ご注意