グラフィックボード・ビデオカードすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > パソコン > グラフィックボード・ビデオカード > すべて

グラフィックボード・ビデオカード のユーザーレビュー

(3件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
モニタレビュー
グラフィックボード・ビデオカード > エレコム > LDE-HDMI2KU3

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度4
安定性4
画質5
機能性5
処理速度4
静音性5
付属ソフト3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

指先に乗るコンパクト設計!

USB3.0端子。ケーブル付属。

HDMI出力端子。勘合のフィーリングも良いです。

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
ノートPC(core i3/USB3.0)と接続し、出力解像度は1980x1080で確認しました。
画質は、ノートPC本体からのHDMI出力と、本機経由の画質を比較確認しました。

【安定性】
短時間の利用ですが、特に不安感はありませんでした。安定していると思います。

【画質】
本機を経由することにより、見た目の解像度が低下するような印象はありません。

【機能性】
特別な機能は見あたりませんが、逆に、ノートPC本体のHDMI出力端子と同様の感覚で利用できるのは良いです。
Windowsの「ディスプレイ設定」で、2画面複製、2画面拡張、解像度設定などが行えます。

【処理速度】
YouTubeで1080p映像を再生すると、コマ落ちします。(CPUスペックなどが影響するかもしれません)
動画鑑賞を中心に考えている方はご留意頂いた方が良いと思います。
など、資料(パワーポイントなど)の表示、アニメーションや動画の簡易表示程度なら、心配は不要でしょう。

【静音性】
ファンは無く無音です。

【付属ソフト】
製品サイトからドライバーのダウンロードが必要です。
ダウンロードサイトは英語表記のみで、PCに不慣れな方は、戸惑うかもしれません。
(ダウンロード後のインストールはクリックするだけです)

【総評】
指先に乗るコンパクトさでUSBバスパワード。USB端子をHDMI端子に変換するようなイメージで利用できます。
近年のプロジェクターはHDMI接続が標準的ですので、HDMI端子を持たないノートPCでプレゼンするような用途で活用できると思います。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

グラフィックボード・ビデオカード > ELSA > ELSA GeForce GT 610 x1 1GB GD610-1GERL1 [PCIExp 1GB]

関口 寿さん

  • レビュー投稿数:163件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール東京都練馬区在住。小学生の時に読んだ科学雑誌に触発され電子工作を始める。学生時代は自動車整備に明け暮れ、その後はサーバー/ネットワークエンジニアを生業としながら、2002年よりPC自作、改造、電子工作の記事を執筆。近年はLEDや電子回路を…続きを読む

満足度4
安定性5
画質4
機能性3
処理速度2
静音性無評価
付属ソフト無評価

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

基板の大半はヒートシンク。ファン用「らしき」コネクタも存在する

15ピンのアナログ端子は装備されていないが、DVI-Iにつき変換は可能

3DMARK 11によるベンチ結果

2016年1月に購入、自宅で使用。
原稿執筆が中心のため処理速度よりも静音性を重視、PCI-e x1の変則的な仕様にひかれて購入した。

【安定性】
非常に良い。
ファンレス仕様の製品には巨大なヒートシンクを装備した製品が多いなか、1スロットに収まる省スペース設計。
放熱性に不安があったものの、普段使い/ベンチマークともに問題なく、安定した動作が得られた。

【画質】
良い。
いまとなっては「型落ち」のGPUながらも最大2560x1600まで対応、発色も充分に良い。

【機能性】
普通。
画像からもおわかりのようにHDMIとDVI-Iコネクタを1つずつ装備する以外に付加機能はない。
また、付属品もドライバCDとロープロファイル用ブラケットのみと、必要最低限にとどまる。

【処理速度】
やや劣る。
HDMI、DVI-Iともに1920x1080のデュアルモニターで使用し、動画もストレスなく鑑賞できる。
ただしドキュメントによってはスクロールする際にギクシャクし、なめらかさに欠けるときがある。
本来は16レーンで使用するGPUを1レーンにした「デチューン」仕様なので、処理速度の見劣りは当然の結果といえよう。

【静音性】
ファンレス設計につき、当然ながら無音。そのため「無評価」とした。


【付属ソフト】
マニュアル/ドライバなどの必要ファイルのみにつき「無評価」とした。

【総評】
900番台まで進化したGeForceのなか、610に処理速度を求めるのは筋違いで、性能重視のひとにはお勧めしがたい製品。
変則的な仕様につき位置づけが難しい製品だが、PCI-e x1を採用したことにより、スロットを選ばない汎用性重視と考えるべきだろう。
旧式のPCでは、空きスロットがない/スペース的に取り付け不可能なものも見かけるので、使い続けたいひとの「アップグレード用」にお勧めしたい。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

グラフィックボード・ビデオカード > IODATA > USBグラフィック USB-RGB3/H

関口 寿さん

  • レビュー投稿数:163件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール東京都練馬区在住。小学生の時に読んだ科学雑誌に触発され電子工作を始める。学生時代は自動車整備に明け暮れ、その後はサーバー/ネットワークエンジニアを生業としながら、2002年よりPC自作、改造、電子工作の記事を執筆。近年はLEDや電子回路を…続きを読む

満足度3
安定性4
画質4
機能性4
処理速度3
静音性5
付属ソフト4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

入出力コネクタだけを装備したシンプルなデザイン

デバイスマネージャーでは、USB Display Adaptersのカテゴリが新たに発生する

USB2.0接続でのベンチ結果

   

USB3.0接続でも大きな違いは見られなかった

   

2012年7月に購入。
 
USB-RGB3/Hは、Windows7/Vista/XPのマルチディスプレイに対応したグラフィックアダプタだ。ほぼカードサイズ(約60x83mm)と小型ながらも、最大解像度は4:3で1,600x1,200、ワイドではQWXGA(2,048x1,152)まで対応している。フルHDを超える解像度だから、Blu-rayディスクの再生でも、鮮明な画質を楽しむことができる。
パソコンとの接続にはMicro-USB 3.0コネクタが採用されている。このコネクタはUSB 2.0と3.0の両方を合体させた形状なので、付属ケーブルのほか、既存のUSB 2.0 micro-Bケーブルも使用できる。
ACアダプタが不要なバスパワー方式が採用されているので、電源コネクタもない。出力用にHDMIタイプAコネクタが用意されるのみのシンプルなデザインだ。
約52gと軽量なため持ち運びも容易なので、ノートパソコンの表示を大型液晶テレビに出力して、パーティやプレゼンテーションに活用するのも良いだろう。

使ってみると、発色も良く、フルHDの動画再生でもコマ落ちは見られず、VGAカードと比べて遜色のない印象を受けた。そこで少々酷ではあるが、3DMARK11 Version 1.0.3を使って計測してみた。GeForce GT 520(x8で使用)と併用し、「画面の解像度」から「表示画面を拡張する」を選択、本機が接続されているモニタをメイン・ディスプレイに設定する。また、USB 2.0に接続した際のスコアとも比較してみることにした。
まずRenesas製USB3.0チップとの接続結果は以下の通りである。
・SCORE P504
・GRAPHICS SCORE 438
・PHYSICS SCORE 4,115
・COMBINED SCORE 432

次にP67チップセットのUSB2.0では、
・SCORE P505
・GRAPHICS SCORE 437
・PHYSICS SCORE 3,970
・COMBINED SCORE 444
となり、優劣つけ難い結果となった。

GRAPHICSとPHYSICSのスコアはわずかながらも向上しているので、USB 3.0の方が有利であることは理解できるが、トータルでは誤差の範囲にとどまり、USB規格上の圧倒的な速度差は得られなかった。
スコアだけを見ると見劣り感は否めないが、ミドルクラスのVGAカードでも辛いベンチマークなので、同等の結果を求めることは間違いである。検証に使ったGeForce GT 520でもスコアはP638で、計測中の画像がギクシャクしていたことを思えば、USBデバイスとしては良好な結果と考えるべきだろう。

なお、この製品はキーボードやUSB HDDと異なり、OSが起動する前のBIOSやPOST画面は表示できない。チップセットや拡張カードのVGA機能が必須となり、単体では使用できないので注意して頂きたい。
また、消費電力は約500mA(メーカー公表値)とされているので、USB 3.0では余裕があるものの、USB 2.0に接続した場合は供給電力ギリギリの計算となる。他のUSBデバイスと併用する際は、事前に消費電力の確認をお勧めする。

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(グラフィックボード・ビデオカード)

ご注意