グラフィックボード・ビデオカードすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > パソコン > グラフィックボード・ビデオカード > すべて

グラフィックボード・ビデオカード のユーザーレビュー

(34件)
RSS

グラフィックボード・ビデオカード > Palit Microsystems > NE51650S06G1-1170F (GeForce GTX1650 STORMX OC 4GB) [PCIExp 4GB] ドスパラWeb限定モデル

erthさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
1件
1件
デスクトップパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性5
処理速度5
静音性4
付属ソフト3

再生する

製品紹介・使用例
VRベンチマーク実行の様子。

   

この結果の後、Steam VRから強制アップデートという運命の悪戯で<可能>まで後退 !!

   

2年以上快適に使用していたGT1030(GDDR5)からGTX16シリーズの中で安価でスーパーチャージャーを体験したく高解像度ゲームに対応したVRAM 4Gbメモリー そしてVR Ready!?だという当製品を清水の舞台から飛び降りる気持ちで交換してしまいました(悲). .
結果、画質が美しいウルトラにアップし、以前の設定ではプレイ中ゲーム(WOT)が40fpsから一気に100fpsへと跳ね上がりCPUも同時に交換したかのようにパワフル滑らかで非常に快適になりました(喜) その他 4K 60fpsやGoogleマップ3Dストリートビューも快調です。
GT1030は大事に使うからと言った兄弟の古いパソコンで活躍しています。     i3 8100 Gtx1650 4Gx2 (Magnate Ie)  

追記. . .GTXに不具合 無し

You Tube動画    8 K 60fps  視聴出来てます。(Flash player ON)

NVIDIA VR REALITY *取得 !! 話題のVRゲーム(コンテンツ)対応 VIVE と Oculus
Rift Sがお楽しみ頂けます。本製品のSTORM Xは HTC VIVEのみ。

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった4人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

グラフィックボード・ビデオカード > ZOTAC > ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 AMP Edition ZT-T20600D-10M [PCIExp 6GB]

オリエントブルーさん

  • レビュー投稿数:1065件
  • 累計支持数:6469人
  • ファン数:207人

よく投稿するカテゴリ

CPU
38件
2830件
SSD
25件
2655件
グラフィックボード・ビデオカード
20件
2524件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性5
処理速度5
静音性5
付属ソフト無評価

再生する

製品紹介・使用例
見た目もGood!

これTDPは170wにアップしました。
消費電力は高負荷時はGTX1060より90w以上喰います(笑)

RTX2070からスケールダウン25%の実力を見せて頂きました。
https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/20-series/rtx/

ベンチ結果は画像のとおりであります。
もはやミドルレンジではなくメインストリームです。

**************************************************

 新構築システム

■CPU:これCorei9 9900KF
■マザー:MSI Z390 Gaming Plus
■メモリー:GSKILL RGB TRIDENTZ FA3600C (4133でOC使用)
■VGA: これ ZOTAC Gaming RTX2060 AMP
■クーラー:Corsair H100i V2
■ストレージ:Samsung NvMe SSD 960EVO他 x2台
■電源:Thermaltake RGB 850W Gold

**************************************************

【安定性】
挙動不審なし安定動作しております。

【画質】
画質は現在文句なしに綺麗。

【機能性】
OCと光物は私めには必須 90mmファンは少々気になりましたが
コンパクトで前面から背面のパネルにまで排熱効果がOKはGood!

【処理速度】
良いと思います。
しかしGTX1060から思い切りパワーアップ
TDPもこれ170wにアップ高負荷時には90w以上喰います。

【静音性】
静かでありますね 問題なし。

【付属ソフト】
私めには必要なし。

【総評】
作り精度も本当に優秀な製品でありました。
マザーボード横幅よりも小さくコンパクトであります。

見てるとブーストは2000MHz超えしていましたね (^◇^;)
さすがAMPであります (^_^)

14nmワールドもこれで終焉かな。
次の7nmものAmpere(アンペア)までゆっくりさせて頂きます。

これには大変満足致しました。お勧めです∠(^_^)

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった18人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

グラフィックボード・ビデオカード > ZOTAC > ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 Twin Fan ZT-T20600F-10M [PCIExp 6GB]

アテゴン乗りさん

  • レビュー投稿数:322件
  • 累計支持数:1343人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
8件
1024件
マザーボード
3件
288件
SSD
8件
249件
もっと見る
満足度5
安定性4
画質5
機能性5
処理速度5
静音性4
付属ソフト3

再生する

再生する

製品紹介・使用例
DR2:写り込みは綺麗だけどよく見ると結構嘘が…

製品紹介・使用例
Q2:低ポリゴンだけど自然な映り込みや影

 

DR2プレイ後

温度の上がり下がり

 

4年強使ったGTX970から入れ替え後、
地元PC専門店で購入ASK扱いの製品でした。

搭載環境:
CPU:Corei5-4690(定格)
MB:Gigabyte H97-HD3
RAM:24GB(PC3-12800 定格)
OS:Windows10 64bit
GeforceDriver:430.64>425.31>430.86(後記)
SSD*3、HDD*2、BD*1
PSU:SST-ST75F-P
モニター:242G5DJEB/11(FHD、144Hz、DP)

事実上GTX10シリーズと同じことしかできないGTX16シリーズのGTX1660Ti
速度は違えど最上位のRTX2080Tiと同じ機能が備わっているRTX2060
と考えRTX2060へ

【安定性】
ゲームで微妙にちらつきが出たりしてまだどことなく頼りないです。
GeforceExprience(以降:GE)で最適化すると不具合が出る(ノイズが出る等)タイトルも、
ゲーム側での設定だけなら出ない問題も少なくないです。
全然最適じゃない!(笑)
DXR等新機能の影響もあると思いますが、
ドライバーやソフト面で旧世代と同等に安定するにはもう少し期間が必要の様に感じます。
(GTX970も発売当初こんな感じだったかな?)

【画質】
2D画質は何も変わりません。
動画(DVD等)の画質もちょっとしか観ていませんが変化は感じません。
3Dゲームの方では機能が増えているので画質が上がることを期待

【機能性】
DP*3、HDMI*1 の計4出力です。(5ポート品も有る様ですがRTX2060仕様では同時は最大4画面)
安いモデルには3出力端子のモデルもあるのでプラス要素かも。

シェア録画をしたときのfpsの落ち込みはGTX970より少ないです。
細かく記録していませんが感覚としては1〜2fpsしか落ちていないじゃないかな?
(GTX970は5fps位落ちていたイメージ)

RTはRTX2060ではRTX2080Tiの半分ぐらいの性能みたいなので、
DLSSやVRS(Variable Rate Shading)なんて機能もFHDでも使われるようになると期待。
今回の世代でゲーム周りは結構細かい地味な機能増えているようです。

Ansel、PhysX、等NVIDIAのみの機能も少なくはないです。
ただどれも一部のタイトルしか対応していない…、RTが同じ運命にはならないで欲しい。

QuakeII RTXをやってみて…
DOS版遊んでいましたが、気が付いたら今更Quake2購入していました。(笑)
やっぱり名作です。(シークレット覚えていない…)
ポリゴンが少なくても面白いです。
映り込みだけがRTでは無いです。
解像度をモニター以下に落とすとDLSSが働いている気が?
このデモお勧めです。

【処理速度】
もともとの目的だったDirtRally2.0(DR2)を始めました。
(コードマスター社のラリーレースゲームで、インスト容量66GBのヘビータイトルです。)
FHDでも最高セッティングだとfpsのブレが大きく少し絞っています。
RTを使わなくても、FHD解像度でもまだまだ負荷は上がるのだなと感じました。
このゲームかなり負荷が高いです。
VRAMが確認した中では最大5.6GBほどまで使われます。

同じようなfpsを推移するセッティングに合わせてもGTX970より軽快感があります。
FP32演算とINT32演算のオーバーラップ実行可能と言われているのが効いているのか、
単純にメモリーの速度が効いているのか分かりません。


RTはQuakeIIをやってみましたが、画質上げていくと25fps切ります…
MODみたいなものなので最適化不足だとは思いますが、画質と負荷がアンバランスです。(笑)

【静音性&クーラー関係】
比較的派手さのないデザインです。
ファンのセンターは立体のアルミのステッカーです。
紙製の装飾ステッカーはありません。
バックプレートはアルミっぽいですがチップ非接触の様でほとんど熱は伝わってきません。
(GTX970は接触型で触ると熱かったしプレートに注意と書かれていた。)

定格稼働で
3DMARKのストレステストでは最高温度71℃前後で97%程度判定でした。(室温約26℃)

ファンの制御は
40%:1200rpm〜100%:3000rpm
室温26℃でDR2では73℃でファンが70%越えで2400rpmぐらいまで行く時が有りました。
フルロード時はGTX970より若干賑やかです。
あまり言われませんがNVIDIAのスペックでは、
GTX9シリーズ(98℃)、GTX10シリーズ(94℃)、GTX16シリーズ(95℃)に対して
RTX20シリーズは88℃と若干低くターゲット温度も低いのも影響しているかも?
熱に弱く無ければ良いですが。

【付属ソフト】
ディスクは付いていません。
未開封、未使用です。
ゲーム付属等のキャンペーン時々やっているようですが、
買う前も買った後も…不思議といつもタイミングが合いません。(笑)
ASKの保証書と説明書がパッケージに貼ってありますが、
お陰で箱に書いてある説明が読めません。
しかも剥がす時箱を破りそうで怖い。気遣い不足です。
箱ごと変えている玄人志向の方がこの点では上


【総評】
毎世代買い替えている人で純粋な処理速度が足りているなら、次の世代まだRTはお預けでも良いかも?
SUPERってなに?と気になる方は待ちかな?

結局グラボが活きるも死ぬもゲーム次第?
QuakeII RTXもDR2もとても楽しめているので買ってよかったです。

比較製品
玄人志向 > GF-GTX970-E4GB/OC [PCIExp 4GB]
レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった6人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

グラフィックボード・ビデオカード > ASUS > TURBO-RTX2070-8G [PCIExp 8GB]

SQUPさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
0件
8件
マザーボード
0件
7件
AVアンプ
0件
7件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性5
処理速度5
静音性5
付属ソフト4

再生する

製品紹介・使用例
かっこいい

DVI端子とかいうゴミ端子がないのがかっこいい。
ゴミ規格は滅びた。

安定して動作している。
一度もクラッシュしたことがない。


画質は最高だ。
鉄拳7では今までGeForceGTX1070では描かれなかった遠景まで詳細に描かれている。


機能性
冷却ファンなんて1個あれば十分だということをASUSは僕に教えてくれた。
1個だけでも全くクラッシュされることなく動作し続けられるんだからな。
奥のほうで空気を取り込み扇風機のように吹き付けそして入出力端子すぐそばの穴から熱を排熱する方式が採用されている。
排熱口に手をかざせば多量に熱が吐き出されているのに気が付く。
排熱がうまくいっていそうだ。

処理速度
RTXなんて対応しているのはどうせ一部のソフトだけだろ、知らんけど。
ほとんどのゲームソフトには関係ない。
GTX2080に勝る処理速度は半端ない。
鉄拳7が4K解像度でも59FPSを維持するだろう。


付属ソフト
付属ソフトウェアディスクが、役立たずだった。
このグラフィックボードをマザーボードに取り付けたうえで、WindowsUpdateすればうまく動作するようになる。
インターネット接続環境さえあればインストールが成功する。


その他
このレビューを書くのは2度目だ疲れたから適当に書かせてくれ頼む。

とにかくかっこいいグラフィックボードで安定していて処理速度が高速なのだ。


miniitxケース情報
sugo13 取り付けられない
obsidian250d取り付けられる
core v1 理論上取り付けられる

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

グラフィックボード・ビデオカード > MSI > GeForce RTX 2070 GAMING Z 8G [PCIExp 8GB]

sakki-noさん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:397人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

CPU
5件
986件
マザーボード
2件
609件
グラフィックボード・ビデオカード
7件
557件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性無評価
処理速度5
静音性5
付属ソフト5

再生する

製品紹介・使用例

GTX1080Tiをメインにしていて最近までGTX980TiとGTX1080をサブで使用していましたが、今回はそれらのサブと入れ替える形でこのRTX2070 GAMING Zを購入してみました。

多くのレビューサイトなどでRTX2070は概ねGTX1080相当のパフォーマンスとの結果が出ていますが、今回のMSI RTX2070 GAMING Zはベースクロックこそリファレンスと同じながら、ブーストクロックはリファレンスの1830MHzより210MHzも高い1980MHzと大幅に引き上げられたモデルで、補助電源コネクタは8ピン+6ピンとRTX 2070のリファレンスデザインは8ピン×1なので6がピン1追加されており、電源回路はGPU用が8+2フェーズ、メモリチップ用が2フェーズという構成でなんとRTX 2080 Founders Editionと同じとのことです。


外観はかなり大きく、カード長は実測で295mmで幅もPCIブラケットの先端を含めると155mmもあり厚みもかなりのものとなっています。
また、この巨大で重いカードを支えるには、いくらマザー側のPCI-Eスロットが補強してあると言っても負担が大きいと思われますので、かなり大きく頑丈なビデオカードホルダーが標準で付属しています。

LEDについてはサイドのMSIのロゴとファンの回りの部分がRGBに発光するようになっていて、MSI MysticLightでかなり豊富なバリエーションの発光パターンを設定をすることが可能です(動画参照)

-- 構成 --

■CPU Core i7 9700K
■RAM DDR4-3333MHz

-- ベンチマーク等の結果 --

【Fire Strike】
Graphics 23208 / Physsics 18856 / Combined 11235 / Total 20336
これは概ねGTX1080相当のスコアです。

【TimeSpy】
Graphics 9296 / CPU 8203 / Total 9113
これはGTX1080を大幅に超えGTX1080Tiにかなり迫るスコアです。

【FF1-XIV紅蓮のリベレーター】
1920×1080  19758
2560×1440  14893
これはGTX1080を少し上回るスコアです。

【FF-XV】
1920×1080  9726
2560×1440  7216
これはGTX1080とGTX1080Tiのちょうど中間くらいのスコアです。

【Superposition】
1080P EXTREME  5551
これはGTX1080を大幅に上回りGTX1080Tiにかなり肉薄するスコアです。

-- 温度などについて --

かなりクロックアップされたRTX 2070 GAMING Z 8Gの気になる発熱具合ですが、室温20℃でアイドル時33℃、各種ベンチを回しての最高温度は70℃となっており、非常に優秀な冷却能力が備わっていると思います。

-- 総評--

FireStrikeやFF-XIVなどの古いベンチでは概ねGTX1080Ti相当という結果でしたが、DirectX12のTimSpyやFF-XVではGTX1080とGTX1080Tiの中間以上のスコアが出ており、CPUの影響を受けず純粋にGPUの能力が結果に出るSuperpositionではGTX1080Tiにかなり肉薄するスコアが出ました、
数少ないベンチを行った感想としてはRTX2070は多くのレビューサイトの結果通り概ねGTX1080相当の実力があり、大幅にクロックアップされたこのRTX2070 GAMING ZはほぼほぼGTX1080とGTX1080Tiの中間以上のパフォーマンスだと言えると思います。

ただし、RTX世代のトピックスである新技術のリアルタイムレイトレーシングやDLSSといった機能は残念ながら今の段階では試すことができません。FF-XVベンチはVer.1.2でDLSSに対応しましたがサポートしている解像度が4Kのみなので、WQHDモニターしか所持していない私の環境では試すことができませんので、これらが真価を発揮するのはまだまだこれからということになりますね。


現時点においてはRTX2070のモデルの多くは65,000円〜75,000円位のものが多いので、GTX1080相当の実力にRT CoreやTensor Coreがプラスされていると考えれば実はそれほど高い価格では無いと私は思います。
でも、大幅にクロックアップされてるとは言えこのRTX20709 GAMING Zはまだ8万円台後半なのは… 高いですね^^;

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった15人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

グラフィックボード・ビデオカード > Palit Microsystems > NEC103000646-1082F (GeForce GT1030 2GB) [PCIExp 2GB] ドスパラWeb限定モデル

オリエントブルーさん

  • レビュー投稿数:1065件
  • 累計支持数:6469人
  • ファン数:207人

よく投稿するカテゴリ

CPU
38件
2830件
SSD
25件
2655件
グラフィックボード・ビデオカード
20件
2524件
もっと見る
満足度4
安定性5
画質4
機能性4
処理速度無評価
静音性5
付属ソフト無評価

再生する

製品紹介・使用例
5cmファンも静かです

 

 

最後の1個の様子でうまくGetしました。
超こなれた価格で会社事務処理用にはうれしい。

PCIexの x8の端子はお初の体験ですね。
ベンチ数値はちょっと悲しい(笑)

【安定性】
挙動不審なく安定しています。

【画質】
意外や綺麗でありましたね (*゚v゚*)

【機能性】
特になし。

【処理速度】
まだ不明です。

【静音性】
これも意外や5cmファンなのに静かでしたね。

【付属ソフト】
私めには必要なし。

**********************************

■Nvidia:GeForce GT 1030
■PCIex:X8
■CUDAコア数:384
■メモリ:2GB
■メモリクロック:2100MHz
■モニター端子:DVI x1 HDMIx1

**********************************

いや〜最初はCPU内蔵GPUを使用予定でしたが
あら マザーになんとモニター端子がDVIなしで
急遽これをGetです(笑)

これも永く付き合えると幸いです (^_^)

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

グラフィックボード・ビデオカード > Colorful > iGame GTX1080Ti Vulcan X OC [PCIExp 11GB]

c-bouさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デスクトップパソコン
2件
0件
カードリーダー
1件
0件
動画編集ソフト
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
画質5
機能性5
処理速度5
静音性5
付属ソフト4

再生する

再生する

製品紹介・使用例
動画1 表側のLEDイルミネーション(LCDモニタも)

製品紹介・使用例
動画2 裏側のLEDイルミネーション

図1 パッケージ内容

図2 iGame Status Monitor

図3 3DMark(Time Spy)

図4 3DMark(Fire Strike)

図5 Heaven Benchmark 4.0

図6 THE LAST REMNANT

まず、Colorful社であるが、国内では知名度が低い。しかし、中国で1位、世界でも4位のグラフィックスカードの販売台数を持つ。他にも、SSDやメモリなどを手掛ける。2017年8月から、COLORFUL iGame GTX1080Ti Vulcan X OC(以下、Vulcanと略記)などのiGameシリーズで、日本での販売を開始した。
第一印象は、非常に大きく重いであった。特徴的な機能は以下の通りだ。

・NVIDIA GeForce GTX1080 Ti搭載(Base Clock 1480MHz、Boost Clock 1582MHz)
・各種情報を表示するLCDモニタ:iGame Status Monitor
・独自のオーバークロック機能「ONE-KEY OC」(Base Clock 1620MHz、Boost Clock 1733MHz)
・Memory Clock 11GHz、Memory Size 11GB

詳細は、スペック情報や国内代理店であるリンクスインターナショナルのWebページ(https://www.links.co.jp/item/igame-gtx1080ti-vulcan-x-oc/)を参照してほしい。

■ベンチマーク結果

まずは、ベンチマークの結果である。使用したPCは、

・CPU:Core i7 6700K
・M/B:ASRock Z170M PRO4S
・RAM:DDR4-2133 8GB×4
・SSD:SAMSUNG MZNLN128HCGR 128GB M.2
・電源ユニット:Antec HCP-1300 Platinum (1300W)
・モニタ:I-O DATA LCD-M4K282XB

である。参考にならないかもしれないが、M/BのIntel HD Graphics 530の値も紹介する。また、ONE-KEY OCは有効にした。まずは、3DMarkである。Futuremark社が提供するDirectX 12における3Dの性能を評価する。図3は、Time Spyの結果である。参考までに、GTX1080では約6500、GTX1070では約5500の値が報告されている。HD G530では439であった。
次いで、3DMarkのFire Strikeである。こちらは、GPUの描画性能を評価する。結果は図4の通り、20057となった。Time Spyと合わせ、ここまでの値はあまり見聞きしたことがない。HD G530では1115であった
次は、Unigine社のベンチマーク、Heaven Benchmark 4.0である。その結果は、図5となった。Titan XPでは、FPSが約60、スコアが約1500との報告があった。Titan XPを越えた値を出している。HD G530では33であった。
最後は、THE LAST REMNANTの体験版である。リリースは2009年と古いが、当時のゲームでは、3D機能をフルに活用したゲームが多い。体験版では、FPSがを測定することが目的である。結果は図6のように、384FPSとなった。HD G530では、68FPSであった。当時の評価値であるが以下の通りである。

・「非常に快適」:90FPS以上
・「快適」:65FPS以上
・「普通」:45FPS以上
・「重い」:25FPS未満

このベンチでは、値にはそれほど意味はないだろう。次の画質について、評価をしてみたい。
Colorful社では、さらなるOCをしたKudanを発表している(発売は予定より遅れている)。当然、Vulcanを越える性能となる。それまでは、Vulcanが最高レベルとして君臨し続けるだろう。

■画質も重視したい

さて、筆者がVulcanを使って最初に試したのは、4K動画の再生であった。初めて、4Kコンテンツをこのレベルのグラフィックスカードで試すことができた。その印象であるが、とにかく滑らかさを感じることができた。さらにいえば、画面の締まりもよい印象である。
ベンチマークで、Heaven Benchmark 4.0やTHE LAST REMNANTを試した理由を少し紹介したい。Heaven Benchmark 4.0は、設定項目を変更できるといった特徴もあるが、何よりも美しい画像が印象的で、見るだけでも楽しくなる要素がある。こういったコンテンツを直接、体験することとで、ベンチマークにはでない性能を評価したかった。
THE LAST REMNANTも同様である。筆者は新しい環境では、必ずこの体験版を試す。3D性能とは別に、古くから慣れているコンテンツの再生状況、描画の具合などをじっくり眺めるのである。客観的な評価ではないかもしれない。しかし、こういった経験を積んでいくことも重要な要素と考えている。
それらの観点から、Vulcanの評価であるが、画質も非常によい。色味も偏りはなく、クリアな印象が残った。グラフィックスカードでは、パーツや作りの良さが画質に現れる。ベンチの値以上に好感が持てた。

■3D性能以外では

ベンチマークの結果からは、現時点(2017年11月)の最高レベルのグラフィックスカードといってもいいだろう。その他、気が付いた点を紹介したい。
まず、iGame Status MonitorとLEDイルミネーションである(動画参照)。iGame Status Monitorでは、GPU温度、コアクロック、メモリ使用率、ファン回転数を表示する。付属ソフトのLCDコントローラで、表示タイミングなどを変更できるが、それほど細かい設定はできない。LEDイルミネーションも付属するiGameZoneで変更可能である。この2つの機能で、最近、流行のガラスケースや内部が見えるタイプのPCケースがほしくなってしまった。
冷却性であるが、3つのファンが実装されていること、大型放熱フィンを採用したヒートシンクが搭載により、高負荷状態を継続しても、GPUが80度以上になることはなかった。冷却性能は、十分といえるだろう。
それに反比例するのが静穏性である。しかし、Vulcanに関していえば、ファンの音がそれほど気にならなかった。セミファンレス機能に対応し、GPU負荷が低いとファンの回転数も下がる。これらの機能により、ファンがフル回転することは、それほど多くないであろう。
一方、気になるのは、消費電力の多さである。外箱には最低でも750W電源が必要とあったがその通りであった。筆者はこれに気が付かず、新たな電源を手配する必要に迫られた。また、3スロット占有、筐体の大きさなども状況によっては、支障となる可能性もあるので、事前に検討しておくべきであろう。
GTX1080 Tiで最高レベルのOCチューニングが施されたVulcan。ふさわしいユーザーであるが、やはりヘビィなゲームユーザーだろう。4Kで3Dゲームをバリバリに楽しみたいという目的には最適といえる。しかし、性能の高さに比例して、価格もそれなりである。その価値のある1枚であることはまちがいない。このあたりも事前に十分検討したい。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

グラフィックボード・ビデオカード > LEADTEK > WinFast GTX570 LR [PCIExp 1280MB]

猫の名前はシロちゃんさん

  • レビュー投稿数:1478件
  • 累計支持数:3245人
  • ファン数:22人

よく投稿するカテゴリ

アニメ(DVD・ブルーレイ)
150件
0件
デジタルカメラ
7件
137件
映画(DVD・ブルーレイ)
138件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性5
処理速度5
静音性5
付属ソフト5

再生する

製品紹介・使用例

   

   

【安定性】

使用4年以上、ゲーム長時間プレイでも不具合等はありません。

【画質】

最高画質、高負荷でも綺麗な画像、滑らかに動作です。カクカクしません。

【機能性】

必要十分な機能です、最新のゲームはプレイしませんから問題は全くありません。

【処理速度】

BF3、クライシス、デッド・スペース等のレベルなら、ストレス無く動きもヌルヌルでカクカクしてもたつく事はありません。処理速度に不満はありません。

【静音性】

高負荷が掛かった場合、ビデオカードの温度が80度を超えたあたりから、冷却ファンの唸る音はします。夏場は特に耳障りな騒音がします。普通の使用では静音ですから問題ないと言っていいでしょう。

【付属ソフト】

普通レベルです。

【総評】

プレイしたいゲームの為に購入。当時最新のビデオカードが発売されて、値段が安くなったのでゲット、製品的にも安定した頃で不具合、トラブルも無く今も快適に動作してます。

まだまだこのビデオカードは能力的に使い続けられますから良い買い物でした。

最新のゲーム以外なら十分な能力、動画サイトでの視聴も全く問題無しです。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

グラフィックボード・ビデオカード > 玄人志向 > GF-GTX1050-2GB/OC/SF [PCIExp 2GB]

オリエントブルーさん

  • レビュー投稿数:1065件
  • 累計支持数:6469人
  • ファン数:207人

よく投稿するカテゴリ

CPU
38件
2830件
SSD
25件
2655件
グラフィックボード・ビデオカード
20件
2524件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性4
処理速度5
静音性5
付属ソフト無評価

再生する

製品紹介・使用例
コンパクトで良い

家内用の Z170システム移植機に
こなれたこれも買っておきました。

このクラスなので細かいデーター様子は割愛です。

【安定性】
問題なし安定しています。

【画質】
画質も綺麗でGood!

【機能性】
8ピン電源も関係なし スロットに挿して終わりで手間いらず。
省エネ コンパクトで良い。

【処理速度】
このクラスですが文句なしに良い。

【静音性】
負荷時も静かで良い。

【付属ソフト】
これは関係なし。
Nvidiaのドライバーのみ

【総評】
コンパクトなケースには助かりますね。
ゲームしない人にはうれしいカードでしょう。

****************************************

■チップ:NVIDIA GeForce GTX 1050
■メモリ:GDDR5 2GB
■メモリバス:128bit
■CUDAコア数:640
■端子:DVIx1 HDMIx1 DisplayPortx1
■寸法:196mm x126mm x39mm
■保証期間:1年間

*****************************************

玄人志向ものを久しぶりにGetしましたが
良いんではないでしょうか 画質も綺麗。

これも永く付き合えたらうれしいですね。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

グラフィックボード・ビデオカード > GIGABYTE > GV-N1050D5-2GD [PCIExp 2GB]

RUIZIさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
2件
2件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質4
機能性4
処理速度5
静音性4
付属ソフト5

再生する

再生する

製品紹介・使用例
FAN PWM 75%時の音です

製品紹介・使用例
FAN PWM 100%のときの音です

製品の箱です

箱を開けたところです

製品の箱の裏面です

製品の基盤です。(ダブルFANではバックプレートがついているそうです)

GIGABYTEオリジナルのFANだそうです

1050の横面です

【安定性】GM107のGTX750でOC耐性にはがっかりでしたが、このGTX1050(GP-107)のOC耐性はとてもすごいです。
Core Clockは、1900Mhzを超え、Memory Clockも1750Mhzを超えることができます。ここらへんは、GTX750との差がかなりでます。

【画質】FHDで運用していますが、750と比べ、特に変わりはありません。ココらへんは好みに変更できます。

【機能性】ここもGTX750から大きく変わって、接続端子が、750では、DVI-DかDVI-I+miniHDMIでしたが、1050では、DVI-D, HDMI ,DPと新規格にも対応しています。

【処理速度】750と比べ、コアクロック、メモリクロックが増加しているのでとても早くなりました。ただ、FPS値を見ないと大きは感じられませんが。また、メモリ容量も1GB→2GBに増えているのでそこも変化が感じられます。

【静音性】ファン回転数が0%にできるので、とても静かです。ただし、100%の時は騒音になります。

【付属ソフト】Gigabyte Xtreme Gaming Engineというソフトが付いてきますが、そのソフトでは、簡単にOverclockできます。
Fan回転数も簡単に変えることができます。シンプル・イズ・ベストです。

【総評】GTX750と比べ、少しお金をたせば買えるもので、性能もかなりUPしているので、とてもおすすめです!

比較製品
ZOTAC > ZOTAC GeForce GTX 750 ZT-70702-10M [PCIExp 1GB]
レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

グラフィックボード・ビデオカード > ASUS > ROG STRIX-GTX1060-O6G-GAMING [PCIExp 6GB]

海ザルMAXさん

  • レビュー投稿数:111件
  • 累計支持数:923人
  • ファン数:39人

よく投稿するカテゴリ

CPU
11件
59件
CPUクーラー
6件
48件
マザーボード
10件
44件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性5
処理速度5
静音性5
付属ソフト5

再生する

製品紹介・使用例
Aura RGB LightingでLEDを確認

FF14 OC mode

Fire Strike

Time Spy

Unigine Heaven Bench

VRAM Band Width Test

Aura RGB Lighting

GTX600シリーズからGTX760、GTX970とMSIを愛用していましたが、今回はちょっと浮気してASUSを選んでみました。GTX1060の発売当初よりROG STRIX-GTX1060-O6G-GAMINGかGTX 1060 GAMING X 6Gか悩んでいましたが、冷却性能と静音性とこちらが少し上かな?という期待を込めてこれに決定です。
以前のGTX970シリーズは、発売後すぐに購入して3.5GB VRAM問題が明るみになり嫌な思いをしましたので、今回はしばらく様子見でした。(笑)
日頃はWotをプレーしていますのでGTX1050Tiでも十分ですが、最高設定でヌルヌル動くことを考えSTRIX GTX1060 O6G GAMINGをチョイスしました。

★PC構成
【M/B】Z170 Extreme4
【CPU】i5-6600K 4.5GHz 
【GPU】STRIX GTX1060 O6G GAMING
【RAM】CMK16GX4M2A2666C16
【クーラー】CORSAIR H110 
【SSD】PX-256M6S
【PSU】SST-ST85F-GS
【CASE】Air 540
【OS】Windows 10 Pro 64bit

★システム全体の消費電力
FF14  OC mode:221W
Fire Strike:227W
Heaven Benchmark 4.0:212W
アイドル時:85W

★ベンチマーク
【FF14 DirectX 11 最高品質】
OC mode:13786
Gaming mode:13583
Silent mode:13464
【3D MARK】
Fire Strike:11208
Time Spy:4336

★安定性
休日はWotを数時間連続でプレーしますが、fpsの上限を180fpsに変更しています。大体130fpsから180fpsで推移しています。そこまでシビアなシーンはないのですが、モニターも60Hzから76Hzにリフレッシュレートをオーバークロックしていますが、安定性は問題なしです。

★機能性
GPU Tweak IIもトラブルなく使用しています。基本はOC modeで使いますが、ブーストクロックも最大で2025MHzまで上昇します。Aura RGB Lightingの使い勝手もいいですし、派手好きの私にはピッタリの機能でした。

★静音性
GPU Tweak IIで0dBファンは無効にして、1400rpm前後でファンを回していますが、全くファンのノイズは気になりません。H110のポンプのノイズがうるさいせいか、トリプルファンのSTRIX GTX1060 O6G GAMINGはかなり静音性がありますね!

★気になる点
MSIでは当たり前でしたが、STRIX GTX1060 O6G GAMINGにはDVI to VGAアダプタや6ピン to 8ピン電源ケーブルは付属しません。個人的には使うことはないので問題ありませんが、必要とされる方はご注意下さい・
STRIX-GTX1080-O8G-GAMINGやSTRIX-GTX1070-O8G-GAMINGのバックプレートのASUSのロゴがLEDでひかりカッコいいなと思っていましたが、STRIX-GTX1060-O6G-GAMINGはその機能がなく残念でした。
基板の長さが298oと大型のボードですので、ミドリタワーケースをお使いの方はサイズの確認をした方が良さそうです。私のケースはCORSAIR Air 540ですが、フロントファンまでのスペースが40oほどあり余裕でした。他ののIN WIN GRoneやP280のフルタワーケースは全く問題なしです。

★総評
評判通りGTX980を超えるベンチマークで満足しています。コストパフォーマンス重視ならGTX1060 6Gが最高かもしれません。その中でも高めのクロックで動作するSTRIX GTX1060 O6G GAMINGはお勧めできそうです。
個人的にはLEDイルミナシオンと同調して、Aura RGB Lightingで飾り付けができるのが一番のお気に入りかな!

★紹介ブログ
TRIX-GTX1060-O6G-GAMING
http://4338.blog.fc2.com/blog-entry-204.html




レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

グラフィックボード・ビデオカード > LEADTEK > WinFast GTX750 Single Fan 2048MB GD5 OC [PCIExp 2GB]

猫の名前はシロちゃんさん

  • レビュー投稿数:1478件
  • 累計支持数:3245人
  • ファン数:22人

よく投稿するカテゴリ

アニメ(DVD・ブルーレイ)
150件
0件
デジタルカメラ
7件
137件
映画(DVD・ブルーレイ)
138件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性5
処理速度4
静音性5
付属ソフト5

再生する

製品紹介・使用例

【安定性】

省エネで、電力消費が少なく、長時間起動していてもハードウェアーモニターの温度は平温で30度前後で安定動作,オンボード並みです。夏場も高温にならず助かります。

【画質】

所有している液晶モニターで見る限りはキレイです。動画、静止画、文字も見やすく、目も疲れません。

【機能性】

普通でしょう。

【処理速度】

最新のゲームをするわけではありませんから、それ程の高性能ではありませんが、数年前のアクションゲーム、デッドスペース等は最高画質でもヌルヌルと快適に動きます。処理速度は十分満足してます。

【静音性】

室温が高くなっても、PCゲーム等で酷使しても、ファン回転音は静かです。ファン回転は20パーセント位で、今までのビデオカードでは考えられない静かなカードです。

【総評】

省エネで静音性は抜群、処理速度も十分満足です。静止画と動画編集もテキパキとした作業が出来て好いです。オンボードビデオチップからのレベルアップとして増設するには丁度よいと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

グラフィックボード・ビデオカード > 玄人志向 > GF-GT430-LE1GH [PCIExp 1GB]

猫の名前はシロちゃんさん

  • レビュー投稿数:1478件
  • 累計支持数:3245人
  • ファン数:22人

よく投稿するカテゴリ

アニメ(DVD・ブルーレイ)
150件
0件
デジタルカメラ
7件
137件
映画(DVD・ブルーレイ)
138件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性4
処理速度4
静音性5
付属ソフト4

再生する

製品紹介・使用例

【総評】

スリム型デスクトップ、ロープロファイルとなるとグラフィックボード
の選択肢は限定されてきますが、このボードは当時4年前で5000円
前後の価格で購入、低価格にしては性能好くコストパフォーマンス好い
商品です。

スロットは2つ使いますが、別に問題ありません。ファンの音は静かで確りと冷却してます。

また使用パソコンの通気性も良く熱が籠もり難い構造で助かってます。

このグラフィックボードを増設するにあたり電源容量が250ワット
ということで、少し不安はありましたが4年間別に問題無いのは有り難いです。

オンボードグラフィックも普段使いには別段不満は無かったですが、
ゲームもそれなりに快適にプレイしたいので挿しましたが正解でした。

動画サイトも最近は高画質になり、このビデオカードを挿しての効果は出てます。

増設も簡単でつけた効果は体感出来ますから費用対効果からしても大成功と実感してます。

ちょっと旧いゲームなら快適に、ヌルヌル動いてます。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった5人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

グラフィックボード・ビデオカード > MSI > GTX 1060 GAMING X 3G [PCIExp 3GB]

オリエントブルーさん

  • レビュー投稿数:1065件
  • 累計支持数:6469人
  • ファン数:207人

よく投稿するカテゴリ

CPU
38件
2830件
SSD
25件
2655件
グラフィックボード・ビデオカード
20件
2524件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性無評価
処理速度5
静音性5
付属ソフト無評価

再生する

製品紹介・使用例
暗かったか、6GBと様子は同じ

6GB版と何が違うのか
TDPにサイズに重量にコアクロックにメモリバス幅と
光物設定にファンも同じである。
バックプレートも同じく装備されています。

違うのは
6GB版 (Cudaコア)シェーダ数1280に対して 3GB版は1152
6GB版 (テクスチャユニット)TMU POP数 80・48に対して 3GB版は72・48
と削減されてるところでありますね。

性能は6GB版の95%前後と言われていますが
私めがテストした結果は画像のとおりですが

テストシステムも最新SkyLake環境でなく
もう何年も使っているCorei5 IvyBridge環境のPCで
ありますので更にダウンしてる様子ですね。

それでもGTX970以上のスコアを出してるのは大変良い。

【安定性】
何の問題もなし。
挙動不審なく安定しています。

【画質】
これほんと画質きれいであります。Good!

【機能性】
光物機能は良いです。
MSIこれが大変お気に入りであります。

【処理速度】
まだ装着したばかりでこれからお試しであります。

【静音性】
いつもどおり静か負荷時以外はファンはSTOPしています。
負荷時回転しても静かでありますね。

【付属ソフト】
ドライバー以外は使いません

【総評】
構築ケース環境としてはエアフローは良いのですが
私めの個体だけかもですが6GBより熱持ちますね。
コアとシンク間の接着が甘いような。グリースの状態かな。

しかし おおむね満足しております。

*********************************************

(仕様)
■メモリーサイズ:3GB
■タイプ:GDDR5
■インターフェイス:192bit
■コネクター:8-pin x 1
■TDP:120W

■Boost Clock / Base Clock / Memory Frequency
  1809 MHz / 1594 MHz / 8100 MHz (OC Mode)
  1784 MHz / 1569 MHz / 8000 MHz (Gaming Mode)
  1708 MHz / 1506 MHz (Silent Mode)

■Video Output Function
  DisplayPort x 3
  HDMI x 1
  Dual-link DVI-D x 1

■Features
  Virtual Reality サポート 
  DirectX 12 サポート
  OpenGL ver4.5

■サイズ:277mm x 140mm x 39 mm
■重量:1017g

***********************************************

(構築システム)
■CPU:Corei5 3470
■CPUクーラー:クーラーマスター Hyper TX3 EVO
■VGA:これ GTX1060 X 3GB

■マザーボード:GIGABYTE B75M D3H
■メモリー:OCMEMORY 2400 4Gx4枚
■ストレージ:TOSHIBA 初代剣山くん 128GB他1台

■電源:サイズ剛力3 600w 80PLUS ブロンズ
■ケース:ENERMAX Ostrog Q ECA3351B-BT
■その他:BDドライブx1 DVDドライブx1 カードリーダーx1

************************************************

マザーにVGAは必ずMSIのをGetします。
性能うんぬん以前に光物が超気に入っております。

これからも良いものお願いしますよ MSIさん∠(^_^)

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

グラフィックボード・ビデオカード > PowerColor > PowerColor Red Devil Radeon RX 470 4GB GDDR5 AXRX 470 4GBD5-3DH/OC [PCIExp 4GB]

devlinさん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
4件
5件
ノートパソコン
3件
2件
マザーボード
4件
1件
もっと見る
満足度4
安定性4
画質4
機能性4
処理速度4
静音性5
付属ソフト5

再生する

その他
TWA Bench Mark

   

   

AMDより待望の新型GPUが登場したので、そろそろ買いに行ってきた。
今回は周到に巻き尺を持参した。

目標はTotal War Attilaを
グラフィック設定Qualityの解像度5120x1440モードでガシガシプレイすること、である。

ところが、RX 480はも影も見えず。入荷していないのか売り切れたのかは知らない。
あっても470/460がまばらにあるだけだった。
とはいえ470でもR9 270Xより性能は上らしかったので、それでもよかった。
480Xは今のところDVIポートが廃止されているカードばかりのようなので、その点でも損はしていない。
というか、Radeon自体があまりなかった(nVIDIAが多い)。
けしからん事態だ。

接続端子はDVI x 1,HDMI x 1,
Display Port x 3。
やはりまだDVIポートは欲しい。

3DMark06のスコア:20418
3DMark11のスコア:P9703
3DMarkFSのスコア:7024/11964/95441 (FS/CG/IS)

06は最初に走らせてから画像を保存して、再度見たときにIEのサイズが
125%になっていたのでもう一度走らせたところ、20,000を切ったので
3度走らせた。それが「06 x2」なのだが、500どころか1,000くらい
簡単にばらつきそうだった。

結果としてはFS換算でざっくり40%の性能向上だ。
これで「TWAのグラフィック設定Qualityで解像度5120x1440モード」も
スムースにプレイできるようになったので、ごきげんである。

最近のビデオ・カードはDirect X 9以前のスペックは低下する傾向にあるらしい。
まあ元々十分なので問題ないが。

http://moorakot.sakura.ne.jp/PC/160918.html

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(グラフィックボード・ビデオカード)

ご注意