マザーボードすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > すべて

マザーボード のユーザーレビュー

(9883件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
モニタレビュー
マザーボード > MSI > MPG X570 GAMING PRO CARBON WIFI

ロキソニンpさん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性4
設定項目4
付属ソフト4

X470 GAMING PRO CARBONからMSIのマザボにはお世話になっています。
やはり先代と変わらず全体的なデザインやレイアウトなど個人的にはとても気に入っております。

PCの構成は
OS:Windows10 Home 64bit
CPU:AMD CPU Ryzen 5 3600
メモリ:Ballistix 8GB×2
SSD:Samsung SSD 500GB 970 EVO plus
マザボ:MSI MPG X570 GAMING PRO CARBON WI-FI
グラボ:MSI GeForce RTX 2070 VENTUS 8G
電源:NeoECO Gold NE750G
ケース:R5

で不具合も無く今の所とても順調に動いています。
他社と比べてもMSIのファンの位置はとても良く、干渉せずかつ静音で冷却性能も良いと感じます。
Gen4に関してはまだ使用してないのでレビューすることはできませんが、いずれ対応製品を購入して使用した際は追記したいと思います。
X470で済まそうかとも考えていたのですが、やはり今後のことも考えるとX570にしておいて良かったのかなと今は思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > MSI > MPG Z390 GAMING PRO CARBON AC

zym9426さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

【安定性】Core i7-9700Kをオーバークロックするのに十分な性能を備えています。
2*M.2が非常に便利と思います。


【互換性】2*M.2が非常に便利と思います。

【拡張性】端子の数が非常に多く、拡張性が高いと思います。

【機能性】BIOSで、メモリのXMP、CPUのOC簡単です。

【設定項目】他のマザボと似合う。

【総評】とでもいいと思います。満足しております。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > X570 Taichi

春晴さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
3件
6件
SSD
1件
1件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
1件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性4
設定項目3
付属ソフト4

Lian LiのL字USB-Cコネクタ

シリコンパッド→銅パッド

Lian LiのL字USB-Cコネクタ高さ

CPU:3900X
CPU Cooler:NH-U12A
MBO:X570 Taichi
GPU:RTX2080Ti Inno3D
MEM:W4U3200CM-16G
SSD:Samsung 850PRO + Micron 1100 + Crucial MX500 + M.2 Pelxtor M8Peg x2
OPD:Pioneer BDR-211 BDR-209
PSU:KRPW-TI700W/94+
CASE:SST-PS13B + Lian li PW-IC01NH45
ASRock Thunderbolt 3 AIC
ASMediaSATA SD-PESA3ES2L
4チャンネルUSB3 U3208
10GbE GBEX-PCIE
F12-PWM x1
SF12-S4PWM x2

AMDマザーでThunderboltが使用できるのがASRockだけ、
その中で現在x16スロットが3つあるのがこのTaichiと上位のX570PGXです。
上位品のX570PGXが2.5GbEと物足りないため、Taichiを選びました。

メモリはネイティブDDR4-3200で何もせずに安定動作しています。
上記構成での電源プランRyzen High Peformanceでアイドル消費電力100W〜110Wです。
(最小限仮組み(グラボGT710)でのアイドル消費電力は40〜50Wくらい)

現在SATAがホットプラグに対応していないためSATA増設カードを使用しています。
メモリの配線はデイジーチェーンらしいです、当初Tトポロジーの予定が変更になったらしく
その影響かわかりませんがUSB-Cヘッダーの位置が悪くなっています。
ケースに穴をあけてUSB-Cケーブル Lian Li PW-IC01NH45を使用していますが問題なく接続できました。
チップセットファンがグラボの直下にあり(窒息ファンと呼ばれる配置)ますが気体である空気が
通るためテープで目張りでもしないかぎり通ります。
USB-Cヘッダーとファンの位置が気になる場合はグラボを中央のx16(x8)側に差すとよいと思います、
自作ユーザーならご存知x16とx8では1%ほどしか性能変わりません。
私の構成では中央のx16スロットを10GbEで使用しているため帯域はx8に制限されます。

良いところ
Thunderbolt3ヘッダー搭載(Intel USB3.2Gen2兼用)
PCIeスロットの数
SATAポートの数
リアIOパネル一体型でパネル位置に遊びがある
X570マザーでは省エネ
チップセットファンをBIOSおよびソフトウェアでファンカーブ変更可能

悪いところ
機動が遅い(初代RYZENの初期なみ)
USB-C3.2ヘッダーの位置(向き)
チップセットファンの位置と回転数(音はあまり気にならなかった)
チップセットヒートシンクパネルがM.2と共用(良くも悪くもある)
SATAがホットプラグ非対応
BIOS更新でPrecision Boost Overdriveの位置が分かりづらくなった
チップセットの表示温度が高い
(ヒートシンクの実測温度は40〜50℃台でBIOS、ソフトでの表示は70℃〜80℃)


チップセットヒートシンクとパネル間のサーマルシリコンパッドを銅パッド20mmx20mmx1mmに変更しています。
銅パッドをCPUグリスでグリスバーガーしてずり落ち防止にシリコンパッド1.5mm厚をストッパーとして配置
BIOSからチップセットファンをサイレントに変更しています。
専用のUSB-Cヘッダーケーブルが無償配布されるようです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > TUF B450M-PRO GAMING

りゅうちぇーさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
サウンドカード・ユニット
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

マザーボード本体

m.2SSDを使用したかったのですが

クセもなく水冷にも使い易いです

【安定性】 初回起動からノートラブルです。週一のゲームメンテ以外、24時間稼働させていますが安定しています。

【互換性】 スロットにdGPU・サウンドカード・Intel無線LANカードを挿して安定稼働中です。

【拡張性】 m.2SSD×2基、USB 3.1 Gen 2 Type-A等不足はありません。

【機能性】 上等なオンボードサウンド、 Aura Sync は発光部がスリーブケーブルに隠れてしまいましたが充実しています。

【設定項目】 不足は感じませんでした。

【付属ソフト】 未使用です。

【総評】 一般的なグラフィックボードとサウンドカードを使用する場合、TUF B450M-PLUS GAMINGのようなスロット配置ですとPCIe 2.0 x1スロット にサウンドカードが挿せません。TUF B450M-PRO GAMINGで念願のスロット配置となりました。PCIe 3.0/2.0 x16 (x16 mode)スロットを (x8 mode) に落とさずにSTRIX RAID DLXなどのサウンドカードを使用出来るようになりました。

またRYZEN 5 2600なので未検証ですが、TUF B450M-PRO GAMINGとZen2の組み合わせではPCI-Express 4.0 x16での動作が可能なようです。スイッチチップのある上位マザー(X470・370等)ではPCI-Exprses 4.0 x8動作となるようなので、こちらが人気になりそうですね。

TUF B450M-PRO GAMINGとは関係ありませんが、画像のm.2SSDは大きすぎるヒートシンクが水枕と干渉して使用不可でした。


《追記》 何年かぶりの投稿ですが、なかなか上手くいきません。ブラウザを変えたりしてやっとアップロード出来たと思ったら画像が上がっていない等々   気付いたところは修正します。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > X570M Pro4

まさじん50さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
4件
0件
デスクトップパソコン
2件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
2件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5
 

 

初めての、マイクロATXマザー、Asrock製品、だったので、わからないことが多く、不安もあったのですが、組付けは、ATXに比べて、はるかに、ケースの重量が、軽いということもあり、ストレスなく、楽に組み付けることができました、この快適さを知ってしまうと、ATXサイズのケースには、戻れないと思いました。

まだまだ自作初心者で、初めてのアスロック製ということで、BIOS設定など、いろいろな設定が、すんなりいくか不安が、あったのですが、日本語表記が、結構多いことと、レイアウトが、良いこともありすごくわかりやすく、初心者でも、結構すんなり、ある程度の設定を、自分なりに、設定し終えることができたと思います。


新機種ということもあり、不安定な動作をある程度、覚悟していたのですが、そういうことは、なく、私の使用する範囲では、安定動作しております。

一つ疑問点があります、通常時、チップセットファンが、6000回転を超えているのですが、A-Tuningにて、ファン回転数を下げることは、可能なのですが、下げてよいものか、最初の設定がベストなのか、迷っております。

レベル
自作経験あり

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > GIGABYTE > X570 AORUS PRO [Rev.1.0]

Nierおじさんさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト3

【安定性】
全く問題ありません。VRM部の温度がとても低くてビックリ。これが「PowIRstage」と「Fins-Array Heatsink」の効果なんでしょうか。ちなみに海外の人の検証によると、一個下のAORUS ELITEでもVRMはよく冷えるみたいです。
メモリオーバークロックも4枚3733MHzで安定しています。最初に購入したAsrock X570 Phantom Gaming 4では3733MHzでは安定しなかったので、変えてよかったです。ちなみに使用したのは
https://kakaku.com/item/K0001056863/
これです。

【互換性】
特に問題はありませんでした。

【拡張性】
リアにUSB10個あり、USB 2.0がついているのもポイントが高いです。まえのPhantom Gaming 4では2.0がリアになく、ノイズで「うるさい」と言われたので・・・。ファンコネクタもたくさんあり、SLIにも対応しています。フロント用のUSB Type-Cヘッダーがある上に3.0のヘッダ−が2つついていました。求めているものがすべてついていて満足です。

【機能性】
チップセットのファンはちゃんと冷えてくれます。上を手でぴったり覆っても最大で65度いかなかったので安心して使えるでしょう。LEDは控えめで、受け入れやすいデザインでした。あとは、バックパネルが一体型だったのは組みやすくてよかったです。

【設定項目】
結構多かったですがオーバークロックなどはしないのであまり関係なかったです・・・

【付属ソフト】
ドライバディスクからそのままインストールすると、ノートンとかが勝手に入ってきます。いらないやつはチェックを外しましょう。

【総評】
本当に3万円以下でいいの?というくらいの完成度と安定性で驚きました。今まで、Asrockしか使ってきませんでしたが、これを機にいろいろなメーカーの製品を見ていきたいと思いました。
素晴らしいマザーボードです!鉄板ですね。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > MSI > B450 GAMING PLUS

まさじん50さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
4件
0件
デスクトップパソコン
2件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
2件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

最初の自作でしたので、評価の良かったマザーボードを購入しました。満足しております。

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった4人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > MSI > MPG X570 GAMING PLUS

まさじん50さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
4件
0件
デスクトップパソコン
2件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
2件
0件
もっと見る
満足度5
安定性3
互換性4
拡張性5
機能性4
設定項目5
付属ソフト4

まだまだ自分は初心者なので、メモリー、CPUなどの相性で、不具合が出ているのかBIOS、ソフトに問題があるのか、原因は、わかりませんが、
 
シャットダウンと再起動が、うまくできなかったり、ドラゴンセンターで、CPU温度が255℃で表示されたり、ミスティックライトが、動作不安定だったり、したのですが、BIOSを更新したり、ソフトをアップデートしているうちに、だんだんと良くなりつつあります。
初期ロットを購入するにあたり、最初からある程度のトラブルはあると思っていたのと、MSI一択だったので、全然不満はありません。

ただ、ファンコネクタは、下部に集中するのではなく、まんべんなく散らして欲しかったのと、ドラゴンセンターのモニターで、M.2の温度だけは、表示できるようにして欲しかったと思います。


CPU  AMD Ryzen 5  3600X

メモリ G SKILL  TRIDET Z   RGB  8G×2枚

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった4人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > GIGABYTE > H370 HD3 [Rev.1.0]

火山好きおやじさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
0件
CPU
1件
0件
CPUクーラー
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

M.2ソケット*2があるかどうかが決め手でした。リード・ライトもほぼMAX出ており問題ありません。
SATAも6台まで接続でき必要十分です。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > MSI > B450I GAMING PLUS AC

アロマディフューザーさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性3
機能性5
設定項目4
付属ソフト4

良い点:
自作歴約10年でMSI社のマザーボードしか使用していませんでした。
他社と比べると、BIOSが格段に使いやすいし、値段も手ころです。
今まで使った経験からみると、MSIは故障やトラブルが発生したことはありません。

悪い点:
今のところなし

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > B450M Steel Legend

錯イオンさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:108人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
8件
スマートフォン
3件
4件
グラフィックボード・ビデオカード
2件
4件
もっと見る
満足度1
安定性1
互換性1
拡張性4
機能性1
設定項目3
付属ソフト1

元Asrock B450M SteelLegend使用者です

3700xとで使っていたんですがBIOS(2.30)でとにかく安定しませんでした

得にメモリ問題が酷く
G.Skill
F4-3600C19D-16GSXWB
G.Skill
F4-3200C16D-16GTZRX
を使って両方共定格じゃ起動せず もちろん3200まで上げても起動せずブルスクになってしまいました

勿論両方のMemtestでエラーがないのは実証済みです
AsrockはZ370 taichiがかなり素晴らしかったので残念です

こちらでレビューしてますが
ASUS TUF B450M-PRO GAMING 
https://review.kakaku.com/review/K0001141575/

の方がおすすめです メモリはDDR4-3600までベンチ完走しましたし
オンボードオーディオがALC S1200AでVRMが10個です こちらは6個です
価格も現時点でSteellegendが9980円 TUF B450M-PRO GAMING が9698円で安いです

比較製品
ASUS > TUF B450M-PRO GAMING
レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > TUF B450M-PRO GAMING

錯イオンさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:108人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
8件
スマートフォン
3件
4件
グラフィックボード・ビデオカード
2件
4件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

元Asrock B450M SteelLegend使用者です

3700xとで使っていたんですがBIOS(2.30)でとにかく安定しませんでした

得にメモリ問題が酷く
G.Skill
F4-3600C19D-16GSXWB
G.Skill
F4-3200C16D-16GTZRX
を使って両方共定格じゃ起動せず もちろん3200まで上げても起動せずブルスクになってしまいました

勿論両方のMemtestでエラーがないのは実証済みです
AsrockはZ370 taichiがかなり素晴らしかったので残念です


話はこの商品に戻り
7/21日この商品を購入しました価格はアマゾンで9700円くらいだったと思います
初期biosは 1201でZen2に対応してました 
Biosを最新の1607まで上げて起動テストをしたところ
上記の2つのメモリが定格で起動し DDR4-3600でもベンチマーク完走しました 素晴らしいです

なんといってもオンボードオーディオが
Asrock B450M SteelLegendが「ALC892」
ASUSTUF B450M-PRO GAMING「ALC S1200A」です

ゼンハイザー HD 660 Sで聞いてたところ
明らかにALC S1200Aがノイズが少なかったです
音質に関してはさほど変わりませんがどちらかといえばALC S1200Aの方が良いと言った程度でしょうか


次にVRMの数
SteelLegendが6個
こちらの製品がなんと10個

zen2は発熱がすごいと言われてるので安心できますね

今後zen2でB450を探してる人がいたらこちらのシリーズを強く進めると思います
MSIもよかったんですがMSIのマザボだけBIOSROMが16MBで足りず
UEFIを簡易的にしたりで機能も削っていくそうなので選択肢から外れました
https://www.techpowerup.com/257201/bios-rom-size-limitations-almost-derail-amds-zen2-backwards-compatibility-promise

B450M SteelLegendのBIOSが安定した としても
この価格帯ならオンボードオーディオとVRMの数の差でこちらを選ぶと思います

唯一の欠点が保証が1年の所 Asrockは2年です

ドライバーについてですがAsusのソフトは入れないほうがいいと思います
MBのメーカー純正ドライバー自動更新ソフトにウイルスが入ってた事件や
たまにおかしいバージョンを入れられることが多々あるので私はいれません

長文失礼しました

比較製品
ASRock > B450M Steel Legend
レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > GIGABYTE > X570 AORUS PRO [Rev.1.0]

揚げないかつパンさん 金メダル

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:56人
  • ファン数:14人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
3件
1837件
CPU
1件
930件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
602件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性4
設定項目4
付属ソフト無評価
   

4400

   

【安定性】
特に不安定と言う事は無いと思います。最初、電源が入らなくて焦りましたが、CMOSクリアーでちゃんと動作する様になりました。
メモリーの安定性は他のマザー同様に高クロックでも安定しています。
4266 22-22-22-47 1.27V

【互換性】
特に何か問題が有るという動作は有りません。
しいて言えば、X470 AORUS GAMING7 WIFIとBIOSの配置が全く違います。

【拡張性】
かなり拡張性は高いと思います。
USB2.0ポートをはじめ(このポートはキーボード/マウスなど低速な機器接続用かな)
Type-Cをはじめ6ポート有りますので十分です。
PCI-E 4.0のスロットも普通に使う分には問題有りません。M.2スロットも2つあり、特に不自由では有りません。内部USBピンヘッダもUSB2.0×2 USB3.0×2 Type-cヘッダの有り問題有りません。
ファンのポートも十分です。
LEDのヘッダもRGB 2 ARGB 2と普通には有ります。

【機能性】
GIGABYTEでは有りますが、あまり光りません。RGB FUSIONがアプリ制御になったので、まあ、初期状態で適当に光るだけで良かったので問題無いです。
Q FLASH PLUSボタンが付いたのでBIOS FLASH BACK+などと同じ事が出来ます。(加点です)

【設定項目】
BIOS上での設定項目は豊富で問題有りません。
ただ、X470 AORUS GAMING7 WIFIとレイアウトが違うので少し戸惑いました。
BIOS起動の度にマウスの電源が切れるのはなんとかしてほしいけど、まあ、抜き差しで認識するので、問題は無いです。
チップセットファンの速度制御が組み込まれてるのでそこは良いと思います。

【付属ソフト】
使って無いので評価なし

【総評】
CPUの速度、メモリー速度などはX470と何ら変わりません。(前に使ってたX470 GAMING7 WIFIと同程度)
特に性能が引き出せてない訳では無いので問題ないです。
X570の良い点は、PCi-E 4.0が使える部分になると思いますが、今回は使ってないのでこの点についてはなんともですが、PCI-E 3.0 M.2を2つ付けたい場合はX570ならできるという部分ではありだと思います。
チップセットファンは別に五月蠅い感じは有りません。温度も低い(52-56℃くらい)のでこの辺りは問題有りません。
12フェーズの電源フェーズが有りますが、3900Xで使う程度では温度もあまり上がらないし十分です。3950Xを使う際にOCすると200Wを超える場合も有るなら、これも有りな気がします。

自分が必要とする機能をすべて網羅していますので、自分には十分です。
ただ、できることもX470 GAMINIIG7 WIFIと同じだし、7SEGやBIOSクリアーボタンが無い事を除けばほボ同等なので使い易いと思います。
ただし、最新のAGESA1.0.0.3ABのBIOSが原因か分かりませんがRyzen Balancedで周波数が下がらない(BIOSアップデートで直ると思います)

追記:

マザーメーカーのメモリーで動作してるという周波数2200MHz(4400)を試してみました。レイテンシはそれほど高くていいメモリーじゃないですが、動作はしました。

メモリー周りはきちんと動作しますね^^;
今のところはなかなかいいマザーだと思います。

ベンチは速度が変わるとかは殆ど分からないので割愛しますね

取り合えず、メモリーはArk ARD4-U16G48MB-32AA-Dです。
※ 動作保証するものでは有りません。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった5人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > MSI > MPG X570 GAMING PRO CARBON WIFI

たまごごはんwithささみ肉さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性4
互換性5
拡張性3
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

使用環境
CPU:Ryzen9 3900X
M/B:本製品 
RAM:GSK F4-3200C16D-16GFX
GPU:GeForce RTX™ 2080 WINDFORCE 8G
SSD:Samsung SSD 500GB 970 EVO Plus&Samsung SSD 500GB 860EVO 2.5インチ内蔵型
HDD:WD 内蔵HDD Blue 3.5" 4TB SATA(6Gb/s)
OS:Windows10 Home 64bit
ケース:Define R5 Titanium

【安定性】
実使用上は、非常に安定しています。CPUは定格運用ですが、3900Xでも落ちることなく動作します。
しかし、当初、組んだ際にbios起動までの時間が30秒越えと非常に遅かったため、いろいろと調べてみたところ、OSのインストールがMBR形式でインストールされていて、GPT形式にして再インストールしなおし、マザーボードのbios方式をレガシー併用からUEFI専用に変えたところ、気にならないレベルには短縮できた。上記のパーティションの形式は、マザーボードのデフォルトの仕様なのかわかりかねますが、現状窓10が主流であるなら、UEFI専用で使用できるようにデフォルト設定してほしいと感じましたので、評価を1下げています。本利用には全く問題ありません。

【互換性】
PCパーツはすべて新品で使用しております。構成は上記参照の通りです。12コア24スレッドのRyzen9 3900Xでも、OCしないのであれば、全く問題ありません。快適に動作します。


【拡張性】
これは、PCケースとの相性の問題でもありますが、フロントパネルのUSB3.0用の接続コネクタが本製品では一枚目GPUの直下にあります。そのため、かなり、むりやり指しました。L字コネクタのようなものがあると良いかもしれません。この部分、取り付けに苦労したので、評価を2下げてあります。

拡張性自体は、チップセットX570なので、次世代規格のものが十分数確保されています。
私はGPUを一枚刺しなので影響を受けませんが、本製品はAMDグラボの二枚刺しcrossfire対応ですが、nVidiaのSLIには非対応なので要注意(そのようなヘヴィな使い方をする方はもう1クラス上をお使いになるでしょう)

【機能性】
製品名にWifiとあるように、通信対応です。デスクトップは有線だけでいいといわれますが、Blutooth機器を利用するのに後からアダプタ買いなおすくらいなら初めからついていたほうが良いのでは個人的に思います。対応規格が、Wifi6 BT5と共に新しい規格となっていて、ボトルネックになることはありません(他社同価格帯製品でwifi5までしか対応しないものがあります)
オーディオもRealtekの1220が搭載されていて、特別こだわりがなければサウンドカードの買い足しも必要ないくらいの音質が出ています。7.1ch対応です。付属ソフトのNahimicはオーディオ調整ソフトですが、使い勝手もよく、ゲームでも普通に使えます。
有線LANも安心のIntel製がついています。とことどころの細かい部品の選択が秀逸ですね。素晴らしいと思います。
ユーティリティソフトの「Dragon Center」ではドライバ更新を一括で確認しインストールしてくれます。これは、国内メーカーパソコンと同等の親切設計で驚きました。メーカーによっては、英語サイトから自力で探さないといけないので非常に楽になります。

【設定項目】
biso画面は、グラフィカルで設定項目がよくわかりやすい。ちょっと前までのアルファベットしか並んでいなくて、下手にいじって設定がおかしくなることもないでしょう。一部OCなどの設定項目を除けば、日本語化されています。設定項目ごとに解説も書かれています。OCする人は詳しい人だけでしょうから十分なのではないか。日本語かも不自然な日本語ではなくちゃんとしたものです。
初めて自作する人にとってもおすすめできるわかりやすさがあります。
【付属ソフト】
上記機能性の項目を参照してください。
【総評】
X570チップセット搭載のマザーボードは正直に言って高すぎます。なのでX570の最廉価かX470にするか、迷う方が多いと思います。3600などのコスパ重視ならともかく、妥協したくない方にとっては、やはり、X570にするほうが賢明かと私個人の意見ではあります。となると、せっかくお金を出すなら、機能絞り切ってる最廉価よりも、ちゃんとした部品構成で作られたものを選んだほうがいいと考えました。この製品はそこら辺のバランスが素晴らしいと思います。wifiやintelLANやRealtek1220などの部品はX470までは、上位機種搭載がほとんどです。そこらの製品と値段的に比べると、この製品のコスパの良さが輝いてきます。製品の構成だけでなく、その他のユーティリティも丁寧に作られていて、好感をもてます。非常にお勧めできる製品だと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > X570 Phantom Gaming 4

ASRocker1189さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度2
安定性3
互換性4
拡張性3
機能性3
設定項目5
付属ソフト5

友人用と自分用に、こちらのASRock X570 Phantom Gaming 4とGIGABYTE X570 AORUS ELITEを購入しました。
ASRockが好きで、今までASRock製品で満足したことが多かったので購入したのですが、正直失敗だったと思っています。

結論から言いますと、ほかのパーツを削ってでもGIGABYTE X570 AORUS ELITEやASUS PRIME X570-Pを購入したほうが絶対にいいです。どうしても削れないのであれば、MSI MPG X570 GAMING PLUSにしましょう。
以前、ASRock B450M Pro4やASRock Z390 Extreme4で非常に満足していた身からすると、完成度が低すぎて残念で仕方がないです。

[良かったところ]
B450M Pro4の時から思っていたのですが、ASRockは安い製品でも設定項目が多いところがいいと思います。特にオーバークロックや電力まわりの設定が細かくできるのは嬉しいです。
付属ソフトも変なものがゴテゴテついているわけではなく、値段相応といったらそれまでですが、そのあたりはいいなと感じました。

[悪かったところ]
・電源周りが弱く、発熱も大きい
・少しでも長いグラボを使うとチップセットファンが隠れる
・バックパネルの方にUSB2.0がない
・ファンポート数が4つしかない
です。電源周りが弱いというのは聞いた話だったのですが、海外のサイトや動画を見たところ、どうやらX570マザーボードの中では一番貧弱なようです。Ryzen 9 3900Xで一応安定動作はしていますが発熱が大きく感じます。Ryzen 9 3900X以上と組み合わせるならやめた方がいいです。
チップセットファンが隠れるのは短いグラボを使えば何とかなります。
バックパネルの方にUSB2.0がないというのはそこまで大きな問題ではないかもしれませんが、USB式ヘッドセットを使うなら必須のポートになります。

[まとめ]
価格を考えても貧弱で、今までASRockさんのマザーボードしか買っていなかった自分としては残念で仕方がありません。電源回路部の性能や発熱も気になりますし、自分用のマザーボードもASUSさんかGIGABYTEさんのものに交換する予定です。
同じような構成をしているX570 Pro4やX570M Pro4もダメでしょう。先でも言った通り、「どうしてもASRockじゃなきゃだめ!!」というのでなければASUSさんかGIGABYTEさんをおすすめします。MSIさんもファン回りでは好評みたいなので、それにしても良いと思います。

比較製品
GIGABYTE > X570 AORUS ELITE [Rev.1.0]
MSI > MPG X570 GAMING PLUS
ASUS > TUF GAMING X570-PLUS
レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意