マザーボードすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > すべて

マザーボード のユーザーレビュー

(9719件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
マザーボード > ASRock > Z390 Taichi

nano9029さん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

ASRockだからこそできる性能と価格の商品。
3つのM.2スロットや無線機能、2ポートの有線LANポート等嬉しいオプションが多くある。
OCに耐えうる設計なので定格運用はもちろん、常用OCでも安定しやすいのが特徴。
また、ソフトウェアはApp Shopで簡単にインストールができるの点も良い部分だろう。

この性能のマザーにしては格安なので、ある程度自作をこなしたユーザにお勧めできる商品だ。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > B450M Steel Legend

ずいずいずいさんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
5件
タブレットPC
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
0件
1件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト4

【安定性】

急に落ちたり、ベンチマークスコアが落ちたりすることもなく安定動作。

【互換性】

DDR4 2666 4GB×2 での動作で、AMD向けではなかったものの特に不具合なし。

【拡張性】

必要十分。欲を言えば下段のM.2スロットもPcie接続可能だったらもっとよかった。

【機能性】

ATX版との差異が大きい。Powerd USB や M.2カバー、下段M.2スロットのPcie対応の有無の確認をしていただければ早い。

【設定項目】

特に特筆すべきごとはない。ただし、UEFIバージョンをアップデートしたら、Athlon 200GEでのOCができなくなってしまった。

【付属ソフト】

特に問題ない。Google系のソフトを入れさせようとするのは賛否両論か。選択はできる。

【総評】
安定動作していたが、Zen2対応のUEFIが出た為アップデートするとAthlom 200GEでのOCが不可能となってしまったため後悔…タイトルの通りやらなくてもよかった…

レベル
初めて自作
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > B365 Phantom Gaming 4

magpoさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
9件
PCモニター・液晶ディスプレイ
0件
7件
マザーボード
1件
4件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目無評価
付属ソフト無評価

以前より、サブPCのi5 4440のパフォーマンスに不満が出ていまして
更には怒涛の連休であまりにも暇だったので
一式組み上げてリプレースしました。

CPU:core i5 9400F(新規購入)と、クーラーはScythe SCBYK-2000I (白虎 弐 775-1366)
MEMORY:CMK16GX4M2A2666C16 (メインのryzenPCより移設)
VGA:GEFORCE GTX 1660ti(新規購入)
SSD:Crucial MX500 CT500MX500SSD1JP(新規購入)
HDD: ST4000DM004(持ち越し)
PSU:NeoECO GOLD NE750 GOLD(新規購入)
CASE:CORSAIR Obsidian Series 550D(持ち越し)
OS:Windows10 PRO(新規購入)

【安定性】
全く問題ないです。OSもすんなり入って安定稼働しています。

【互換性】
今回組んだ構成では相性問題は発生していないようです。

【拡張性】
ATXなのでスロットも豊富です。M.2もあります。
いま考えられる普通の拡張性が備わっています。

【機能性】
ここ最近ずっとasrockのマザーボードを使ってましたが、
ファンコンの出来はいまいちと個人的には思っていました。
このマザーボードは起動したときから何もしなくても静かでした。

オンボードサウンドも相当進化してたようでびっくり。
いつもはサウンドカードは必ず増設していましたが
今回はそのままオンボードサウンドを使ってます。

鉄製のPCIスロットやM.2のヒートシンクなど
廉価製品とは思えないくらい機能が備わっています。

内蔵LANを気にする人は結構いると思われますが
Intel製が使われています。

【設定項目】
基本定格で使うので設定項目に重要さを求めません。
私は使いませんがLED制御の項目もあるようです。

【付属ソフト】
各種ユーティリティはあるようですが使っていません。

【総評】
廉価チップセットなのでそれなりに制限はありますが
定格で静々と使うぶんには全く問題ありません。
9400Fと1660tiで快適にゲームが遊べています。
もちろん日常用途もストレスなくこなせています。

コストパフォーマンスは非常に良いと思います。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > B450 Steel Legend

銀黎さん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

インターフェイスカード
0件
7件
スマートフォン
0件
6件
マウス
0件
2件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性3
機能性4
設定項目4
付属ソフト4

ASUSのX370のマザーが壊れたため次世代への繋ぎとして購入しました。
ASUS、MSI、GIGABYTEと各メーカーを渡り歩いてAsrockに到達し満足しております。

X370の上位グレードを使っていたのであまり妥協はできずかといって繋ぎのためなのであまり高いのはなと思っていたので購入した次第ですがSATAや外部USB、3.1Gen2のポートがついていないことなど上位とは比較してはダメとは思いつつもその点は拡張性に乏しいかなと思ってしまいました。
只、価格も安い方ですしOC耐性は前のX370のボードと変わらないかそれ以上のスコアを出しているのでかなり驚いています。

【安定性】
今のところ問題なく動作しています。

【互換性】
Ryzen7 1800x 4.05
G.skill trident z royal 3200
MSI RTX2080 Gaming X Trio
を使用していますが全く問題はありません。

【拡張性】
上にSATAや3.1Gen2のポートなりが足りないと書きましたが価格やグレード相応ですし必要充分かなと感じます。
嬉しいのはM.2が二つに増えて更にUltla M.2の方はヒートシンク付きなのが助かります。

【総評】
価格なり部分も多少はありますが12000円程度で買うならば用途次第ですが下手なX470マザーを買うよりこちらをお勧めしたいです。
何といってもデザインがかなり格好いいのでPCケースなどの配色はかなり気に入っています。
Ryzenマザーで迷われている方にお勧めです。
次世代のX570でSteel Legendが出てきたらTaichiと迷うかなと思います(笑)

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > Z390 Phantom Gaming 6

けー(Key)さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

1ヶ月前に自作してレビューを書けると判断したのでレビューを書かせて頂きます。初めてなので暖かい目で見て頂きたいです。
まず構成は
CPU Core i9 9900K
VGA GV-N2070WF3-8GC
RAM CMK32GX4M2B3000C15
電源 HCG850 Gold
で組んだ当時から全く問題なく動作しました。
一つの不満点はUSB9ピンが2つしかなく、拡張パーツの購入が必須だったところです。
他にもOCしてCPUを全コア5Ghzで使用率100%でも全く問題ありませんでした。
付属ソフトは使っていませんので無評価です。
第9世代を使うならおすすめできる製品だと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > MSI > MPG Z390M GAMING EDGE AC

食い物よこせさん

  • レビュー投稿数:38件
  • 累計支持数:129人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

サウンドカード・ユニット
0件
274件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
250件
イヤホン・ヘッドホン
4件
228件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性3
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

MicroATXの強化ガラスケースで光物を使いたくて、
MicroATXのZ390でアドレサブルLEDが使えるマザボを探したところ、
コレかASUS ROGしかありませんでした。
自分的にはROGは機能も価格もオーバースペックなので却下、
と言うことでこちらにしました。

3-pin RAINBOW LED(アドレサブルLED)コネクタにENERMAX LIQFUSION ELC-LF240-RGB
4-pin RGB LEDコネクタにT.B.RGB UCTBRGB14
メモリにG.Skill F4-3200C16D-16GTZR
を繋いでMistyc Lightで光らせて楽しんでいます。

OC等は全然していないので割愛しますw

難点はPCIeスロットの拡張性ですね。
2.5スロットのGTX1070のグラボを使っているのですが、
3スロット目も塞がれて使えませんし、
空いてる4スロット目にサウンドカードを載せたら、
グラボの熱がヤバかったので外しました。
大型グラボを使うと実質他のスロットは使えません。
まぁMicroATXを選択した時点で覚悟はしていましたので、
サウンドはオンボードやUSB接続のタイプにして回避しました。

中堅どころのZ390 MicroATXで光物を連動させたかったら、これ一択です。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > B450 Steel Legend

reiki0627さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
バイク(本体)
0件
1件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性4
設定項目3
付属ソフト4

AM3、FM2の頃からAsrockさんのマザーボードを使っています
なんと言ってもコスパがすごい!!

メモリのXMPで3200もすんなり通ってしまったし初めての自作の方でもオススメです!

コスパ良し、見た目よし、性能よし。
ただRGB系のアプリだけがちょっと重くて操作しずらいかなって思いました。改善されるとなお良しです!

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > B450 Pro4

利他心さん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:165人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
28件
PCケース
4件
4件
モニターアーム
2件
5件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性4
拡張性無評価
機能性3
設定項目2
付属ソフト無評価

現在、ASRockのB450 Pro4(https://kakaku.com/item/K0001076790/)とRyzen 7 2700Xの組み合わせでPCを稼働させておりますが、
UFEIからSMT(AMDのマルチスレッド技術)を無効にすると、スリープに移行できなくなる症状を確認しました。
→厳密には、スリープに移行できなくなるのではなく、Windows上でスリープ設定の項目自体が表示されなくなります。
(コマンドプロンプトからpowercfg /aを実行すると、S1、S2、S3、S0いずれも、”システム ファームウェアはこのスタンバイ状態をサポートしていません。”と表示されます。)

Ryzen 7 2700Xのレビューにおいて、SMTを無効にすることによって、当該CPUは『個性』が変わり、ホームユースにも適合すると記載したのですが、本MBではRyzen 7 2700Xを8C8Tで常用することは難しいの実情です。
→8C16T稼働であればなんらの問題もありません。

MSIのB450 GAMING PLUSの口コミでの報告によると、
本MBのほか、Asrock AB350 Gaming K4、Asus Zenith Extreme(X399)といったMBにおいても、SMTを無効にするとWindows上でスリープに対応できなくようです。

一方、ギガバイトのX470 AORUS GAMING7 WIFIでは、SMTを無効にした状態でも何らの問題もなくスリープ移行するとのことですからASUSとASRockの仕様みたいですね。
MSIについては今のところ回答が得られておりません。

メーカーサポートに問い合わせを行ったところ、単に仕様ですとの回答が返ってきました。
SMTを無効にしたまま常用される方は決して多くはないと思いますが、Ryzen 7 2700X等を8C8Tで稼働させたい方はご注意ください。

UFEIの詳細タブ以下、深い階層にある設定項目の説明に下記の記載がありました。


can be used to disable symmetric multithreading.
to re-enable SMT, a power cycle is needed after selecting the auto option.
warning - s3 is not supported on systems where smt is disabled.



ここまで記載してあるなら製品情報ページにも記載して欲しかったですね。
メーカー側が承知していたにもかかわらず、それを適切にアナウンスしないというのは、ブランドに対する不信の感が拭えません。

ASRockマザーを愛用していただけに残念です。

――――

サイズに関してですが、縦は一般的な305mmですが、横は224mmなので、一般的なATXマザーボードよりも10mm〜20mmほど短くなっています。

したがって、マザーボードの一番右端はケースのスタンドオフネジと固定することができず、24ピンケーブルを抜き差しするときなどは基盤が反るため、少し気を使う必要があります。

――――

この価格帯なので当たり前といえば当たり前ですが、VRMの温度を拾うことができないのでオーバークロックには向いていません。

第二世代のRyzenはそもそも動作周波数決め打ちのオーバークロックには向いていないのですが、遊んでみたい方は注意してください。

要するに、本品はオーバークロック含めて機能性が簡略化されているので、『普通』にパソコンを使う用途に適している製品です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった4人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > B450 Steel Legend

gyaian123さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性4
設定項目5
付属ソフト4

今回 初AMDで組んでみようとこのM/Bを選択

構成
CPU:Ryzen 5 2600 BOX
M/B:B450 Steel Legend
メモリ:CORSAIR(コルセア)CMR16GX4M2A2666C16 (288pin/DDR4-2666/8GBx2)
CPUクーラー:虎徹 MarkU(SCKTT-2000)
電源:Toughpower Grand RGB 850W Gold PS-TPG-0850FPCGJP-R
GPU:MSI  Radeon RX 570 ARMOR 8G
ストレージ(OS):Crucial(クルーシャル)MX500 CT500MX500SSD1/JP
ストレージ(データ用):CFD2.5インチ SSD CSSD-S6B960CG3VX
ケース:Thermaltake Versa H26 TG CA-1J5-00M1WN-00
その他:RGBファン5基

上記で運営してますが、まったく問題なし!

BIOSも解りやすく、設定も簡単でした。

ずっとASUSのマザーボードで作ってきましたが、最近のASRockも良いと感じたマザーボードです。


レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > MSI > MAG Z390M MORTAR

FR!SKさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性4
拡張性3
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

ガンメタルなパーツが多く とても重厚感のあるデザインです
元々MicroATXサイズのケースだったため こちらを購入したものの 後にMSIのミドルタワーケースを購入し 3ピンのアドレサブルRGBファンが付いてきたのですが こちらのマザーボードには 3ピンのアドレサブルRGBヘッダが搭載されていないので アドレサブルRGBは使用できませんでした。その点だけ注意が必要です
BIOSの設定にてFast Bootを有効にすると Windowsに入るまでUSBを検知しない代わりに BIOSの立ち上がりがとても速くなり 電源ボタンを押してから 一般的にモニターが起動して映像が出力されるまでには Windowsのロード画面に進んでいるくらい 恐ろしいほど起動が速くなります
また BIOSの設定で PCを起動する際に 電源ボタンを4秒長押しするとBIOSセットアップに入れる機能もあるため とても利便性が高いです

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > TUF B450-PLUS GAMING

空きビルさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度1
安定性1
互換性5
拡張性3
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

【安定性】
これは最悪です。
部品が揃って組み立てたあとOSをインストールして、Windowsが起動したのは良いものの、何故か動作がおかしい。
USBが切断された後ブルースクリーン再起動や、オーディオにノイズが入ってまともに音楽や動画が再生できない。メモリエラーを疑いましたが、memtestを掛けても4週パス。CMOSリセットや、グラボ、メモリを変えても再発。マザーボードがおかしいと思い、返品交換して貰いました。
しかし、2枚目のマザーボード、今度はBIOSすらまともに起動しない。CMOSリセットをかければ1度は起動するものの、再起動かけると立ち上がらない。まともじゃないです。さすがに頭にきたので、GIGABYTEのマザーボードに買い替えました

【互換性】
Ryzen系のCPUは一通り使えるので問題ないかと。

【拡張性】
フロント用のUSB3.0が1つしかないので2つは欲しいですね。

【機能性】
特に問題ないかと。

【設定項目】
BIOSをそんなに弄らないので重視してないです。

【付属ソフト】
基本的なものは揃っています。

【総評】
安定感があるASUSというイメージだったので今回は最悪でした。二度とASUSのマザーは買いたくないと思ってしまいました。恐らく買ったロットがダメなのかもしれませんね。
値段相応といえばそうですが、初期不良2連続というのはどうかなーと。
10年近く自作してきましたが、こんな目にあったのは初めてでした。
某ショップの店員さんいわくASUSマザーの返品はそんなにないらしく、基本的には大丈夫なようですが・・・・・。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > MSI > X470 GAMING PRO

cannele_deさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性4
拡張性4
機能性3
設定項目4
付属ソフト3

A-XMP設定画面

CPU-Zでメモリ動作2933MHz(1466.3×2)を確認

「2色」にすると点滅を消せます

 

CommandCenterファン設定(スマート4pとマニュアル4段階)

スリープから再開に使用するデバイスを有効に

 

NEC Express5800/S70 通称、鼻○鯖から乗り換え。
鼻○鯖にはメモリを9GB積んでいたのですが度々メモリ不足の為、HDDの仮想メモリに読み書きが発生して処理が遅くなっていました。
ゲームやエンコード・デコードでのCPU処理も辛く、HDDでのWindowsUpdateやOSの起動もとても遅かったので、新しい環境に移行する事にしました。

[構成]
マザボ:MSI X470 GAMING PRO
CPU:AMD Ryzen 7 2700
CPUクーラー:AMD Wraith Spire RGB LED
グラボ:MSI Radeon RX 580 ARMOR MK II 8G OC
メモリ:G.SKILL DDR4-3000 32GB (16GB 2枚)
SSD:Samsung 860EVO 500GB
電源:ANTEC NeoECO Gold NE650G
ケース:Fractal Design Define R5 (Titanium)

[良い点]
コストパフォーマンスが良い。
SATAポートが6個と多く、各種拡張スロットも十分揃っていると思います。
ゲームバンドルでAssassin’s Creed Odysseyもついてて14,000円台でした。

SATA 6Gb/s接続のSSDでOSの起動も30~40秒くらいで終わるようになりました。
付属ソフトのMSI RAMDISKで自動復元を設定した場合は割当容量によりますが起動時間+30~?秒くらいで1分少々で終わります。
HDDでの起動と比べると、とても速く快適です。

メモリの相性もMSIの検証済メモリリストにはないものでしたが、BIOSのA-XMPで簡単に2800MHz/2933MHzへ設定してOSの起動できました。
プロファイル2(2933MHz)のままDRAM Frequencyを自動から3000MHzに変更してOSの起動を確認。

メモリを最大64GBまで搭載可能です。
鼻○鯖では最大8GB(非公式16GB)だったので今回は32GBのメモリを積みました。仮想メモリを使用しなくても、メモリ不足になることもなく安定しており、付属ソフトのmsi RAMDISKで仮想ディスクを割り当ててブラウザキャッシュやTempフォルダに使用しています。
割当量は32MB刻みで最大積載量近くまで設定できます。1GBまで4GBまで等の制限がないのは良いですね。

スリープ時に点滅するケースの電源LEDを消せるところ。
鼻○鯖のケースだとスリープ時に電源LEDはオレンジで点灯するのですが、Define R5では電源LEDが青で点滅します。
暗い時に青で点滅されると気になるので、消すことが出来て助かりました。
BIOS>Settings>拡張項目>ACPIセッティング>電源LEDを点滅から2色にすることで消せます。

[悪い点]
A-XMPでプロファイルを変更するとCPU fan設定とSYS fan設定が自動的に変わるようです。

ファンコントロールソフトのSpeedfanでCPU温度やマザボの各温度、CPUファンとSYSファンの回転数が読めず、Speedfanではファンのコントロール設定が出来ません。
当マザボではファンの回転数を設定するには再起動がいるBIOSで設定するか、付属ソフトのMSI Command Centerが必要です。
また私の設定が悪いのかMSI Command Centerでfan設定を行っても、再起動のタイミングなどでBIOSの設定に戻ってしまいます。

BIOS、Command Center共にSpeedfanより細かいファン調整が出来ません。
マニュアル設定だとCPU fanは25%/50%/75%/100%の4段階、SYS fanは50%/75%/100%の3段階しかありません。
speedfanだと5%毎の上げ下げ、または直接数値入力が可能でした。

オート設定の回転数グラフでは設定ポイントが4ポイントしかありません。
speedfanでは16ポイントまたは要求温度になったら最低回転数に設定した値で回転、警告温度になったら最大回転数に設定した値で回転、最低と最大の間で変化量の自動化と細かく設定できていたのでちょっと残念です。

ヒステリシス設定がないのでPC負荷時に1℃の温度変化で回転数が変化し、1℃上がる>回転数が上がる>1℃下がる>回転数が下がるがループして、常時回転数が変化し続けグラフ結果が波打ちます。設定があれば例えば5℃下がったら回転数を変えるというようにできるのですが。

[備考]
スリープから復帰するための設定。
鼻○鯖ではデバイスマネージャのキーボードやマウスの各プロパティの電源の管理タブから「このデバイスで、スタンバイを解除する」をチェックすることで設定できたのですが、当マザポでは最初に電源の管理タブが無く、設定できませんでした。
私の場合はBIOSで「Settings>拡張項目>Wake Up Event>Wake Up 設定」で「PS/2キーボードによりS3/S4/S5から再開」を「ホット・キー」にして、「ホット・キー」を「Ctrl+Space」にすることで復帰が可能になりました。
USBデバイスを使う方は「USBデバイスによるS3/S4ステートからのレジューム」を有効にするといいと思います。

鼻○鯖も稼働8年目まだセカンドとして現役なので、当マザボも8年~10年もってくれると嬉しいです。

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > B365M Phantom Gaming 4

NEKAStaさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
2件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性4
設定項目5
付属ソフト5

ASRockマザーの中でもトップクラスにコストパフォーマンスの良い一枚だと思います。
IO保護カバー、M.2ヒートシンク、スチル製PCIeスロット、LED機能など目に見える部分も凄く良く仕上がっていて気に入っています。
Post Status CheckerというLEDで以上のある個所を教えてくれる機能がありまして、初回起動時にメモリの差し込みが甘くて起動しなかったのですが、このLEDのおかげですぐに解決できました。知っておくととても便利な機能だと思います。
インテル製ギガビットイーサネットを搭載しているので、CPUに対する負荷がとても少ないのも嬉しいです。
CPU周りの電源フェーズには50Aチョークコイルを9個、ニチコン製ブラックコンデンサを平気でふんだんに使っています。原価を考えればどうして赤字にならないのかわからないほど良いチップが盛りだくさんです。まさしくASRockマザーという感じがします。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > B450M Pro4

フロストbisさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト4

OS移行で新規導入。最初だけちょっと注意
Win7homeからWin10homeへアップグレードののちディスクドライブとSSDとHDDと以外全部取り換え。Ryzen2400GとASRock B450M Pro4にキングストン HyperX FURY HX426C16FB2K2では起動しませんでした。
UEFI画面も呼び出せず。起動→電源落ちる→再起動の繰り返し。(ここでマザボ付属のディスクを読み込ませると違ったかも?) ただメモリ外して(メモリなしで)も同じ動作。
メモリをTEAM TED416G2666C19DC01に変えて起動しUEFI画面へ移行出来るのを確かめて後、マザボ付属のディスクを入れて起動すると『デバイスを準備しています』からOSへ以降。問題なく起動出来ました。その後でHyperX FURY HX426C16FB2K2に戻して現在使用中です。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > ROG STRIX B450-I GAMING

rootedさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
4件
4件
マザーボード
4件
2件
CPUクーラー
5件
0件
もっと見る
満足度1
安定性1
互換性1
拡張性4
機能性4
設定項目4
付属ソフト無評価

ryzen2400Gと組み合わせて使用しましたが
初期不良なのか正常に動作出来ませんでしたので返品しています

GPU+CPUであれば問題なく動作できましたがAPUを使用した際に
GPUに高負荷をかけるとブラックアウトします
検索してみるとGPU側に電力を供給するのが1フェーズしかなく高負荷時でかなり熱を持つようなので
APUには向かないようです
ITX規格でM2SSDが表面にさせるMBはこれくらいだと思うので残念です

アスロックのB450ITXに交換しましたがそちらでは安定動作しています

GPUを別でつけるハイスペックPCを作るには向いているのかもしれませんが
ちょっと詰めが甘いと思います

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意