マザーボードすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > すべて

マザーボード のユーザーレビュー

(10168件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
モニタレビュー
マザーボード > ASUS > ROG STRIX H370-I GAMING

ニーソスキー教授さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
0件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
1件
SSD
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト無評価

Haswell以来自作から離れていたのですが戻ってきました。

【安定性】
i3 9100FをOffset -0.100で1.04V相当に電圧を下げて安定して使っています。
【互換性】
特筆点なし。
【拡張性】
Intelと蟹(Realtek)でLANが2系統に加えてWLANまでついてこのお値段。
さらにPCIe3.0x4のM.2が表裏で2つあるのは嬉しいですね。私の用途ではSATAドライブが完全に不要になりました。
表面は発熱の多いCrucial P1でチップセットヒートシンクを活用、裏面は低温なWD SN500を搭載しました。
【機能性】
ハードウェアてんこもりのはずなのにBIOSの起動が結構速いですね。
プリマウントIOシールド、フロントパネルケーブルのコネクタが本当に、本当に便利です。
指揮官機ザクのブレードアンテナみたいなWifiアンテナが個人的に好きです。赤く塗装して三倍速くしてやろうかしら
【設定項目】
特に物足りない項目はありませんでした。USBポートの個別のオンオフが使えるのが良かった。
また、数年前のマザーと違ってPWM制御ではない3ピンファンの電圧制御がマトモに使えたので驚きました。
【総評】
AMD全盛期にあえてintel機を組んだのはH@ckintoshのためです・・・
安いし、一通り欲しい機能はついているしで文句ないですね。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > MSI > MPG Z390 GAMING PLUS

f or cさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度3
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性4
設定項目3
付属ソフト1

MSI Z390-A PROより買い替え。

アプライドで購入しましたが、17000円(税込み)を超える代物ではありません。
せいぜい12000円(税込み)です。

あれこれ皆さん書き込まれているので、3つ注意点だけ。

(1):
よくみなさんスルーできるなーと感心しますが、付属のドライバはLANだけ入りません。
自作経験がある方なら、付属使わず先にドライバ類、ユーティリティはMSIからダウンロードしているでしょうが、初心者さんは付属のメディアからインストールすると思います。
これ、LANドライバだけ入りませんから。
対策はLANドライバの更新から直接インストールしてあげてください。
 デバイスマネージャ→Intel(R) Ethemet Connection (7) l219-V→プロパティ→ドライバ(タブ)→ドライバの更新→コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索(R)→付属メディアのNETWORKからINTELを選択(サブフォルダも含むにチェック)
で使えるようになります。

また、これをするとMSIから最新をダウンロードしてもインストールできなくなります。
アプリの機能からIntel(R) Network Connections 20.2.4001.0をアンインストールして、ダウンロードしたLANドライバをインストールしてあげましょう。


(2):
ユーティリティソフトでしかLEDの制御はできません。
BIOSからは発光パターンしか選択できません。
しかしそのユーティリティは1980年代を思わせる誤字が見受けられたりします。
もはや失笑です。
マッハでアンインストールしたいです。


(3):
付属のマニュアルが超不親切。
本当にゴミが投げ入れられたかのようなすり切れたマニュアルが入っていました。
中国文化として読めればいい、つかえればいいので気にしないとあるのですが、まあ、私も読めればいいのでかましまへん。
しかし…、記述内容が色々抜けてます。
MSIが提唱するファンクションボタンの内容、LAN Option ROM、M.2 Optanegenie、HD audio controller、AHCI/RAID、CPU Fan Fail warning control、これらについては何一つ触れられていません。
全部説明するのもダルイので、これだけは知っておかないとダメです。
Windowsをインストールするストレージですが、AHCIとRAIDの二種類があります。
人によってHDDやSSD、M.2と分岐すると思います。
例えばNVMe接続のM.2を2枚でRAIDとしてシステム側に、拡張としてHDDを一つとする場合、AHCI/RAIDをRAIDに最初にしてあげないといけません。
これをすることによってM.2 Optaregenieも使用することができます。
M.2一個とか、HDD一個とかストレージが1つの場合はAHCIでも構いません。
将来的にRAID化する必要がある場合は、兎にも角にも最初にRAIDにしてあげないと色々苦労することになります。




この製品は低コストで作成されています。
むしろMSIの協力会社(外部?)とも見れます。
当然コストを抑える為には、作成側の人間、工場も低コストで作成されています。
当然不…。
でも売らなければ現金になりません。
あとは察してください。
MSIが「コレオススメ!」と宣伝しているのが「アタリ」です。
これで消されないかなw

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > ROG STRIX Z390-F GAMING

lcac 6さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
1件
0件
マザーボード
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

安定しての動作もするし、そこまでピカピカ光らないので目障りにもならないし、ヒートシンクなども適切に配置されている。オーバークロックももちろんできるし、M.2のヒートシンクまでついてくる。その他の欲しい機能も不自由なく使えるし、文句の言いようがない。
ありがたや

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > BIOSTAR > H110M-BTC

(たじ)さん

  • レビュー投稿数:46件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

SSD
1件
18件
マザーボード
4件
0件
PCケース
4件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性4
拡張性4
機能性4
設定項目4
付属ソフト無評価

【安定性】

Windows10で何の問題もありません。

【互換性】

普通のH110 MBですから特には。

【拡張性】

必要十分です。

【機能性】

必要十分です。

【設定項目】

必要十分です。

【付属ソフト】

使用していないので無評価。

【総評】

一時期3千円台で買えたので、激安マシンを作るのに、大変重宝しました。
安定性も問題ありません。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > A88X-PLUS/USB 3.1

iida502さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
3件
0件
SDメモリーカード
1件
0件
無線LANアダプタ
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目4
付属ソフト4

<CPU> AMD A10-7860K BOX
<Memory> PATRIOT製 DDR3 8Gメモリ*2枚
<OS> Windows10 64Professional
<SSD> ADATA SP550 240G

この組み合わせでも、無難に動いています。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > PRIME A320I-K

yokko〜さん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
3件
PCケース
1件
2件
ヒーター・ストーブ
3件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性4
拡張性3
機能性4
設定項目3
付属ソフト2

今回、CPUをアップグレードした結果、RYZEN 7 2700Xが余ったので、このマザーボードを購入してみました。
BIOSのアップデートで、RYZEN 9にも対応できるようです。
気になったのは、ファン端子が4つある一方、SATAは2つしかありません。
UEFIはグラフィカルで使いやすいのですが、付属のソフトは、あまり使えない印象です。
しばらく使ってみないとわかりませんが、耐久性がウリのようです。
オーバークロック等はしないので、不要で余分な機能がない分、コスパが良く気に入りました。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > X570 Phantom Gaming 4

Yさん(ローエンド)さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度1
安定性2
互換性3
拡張性2
機能性2
設定項目2
付属ソフト2

気に入ってる点
・発売から3か月未満で価格が3/4になっていてX570系の練習台には向いている
 ただ高性能のパーツでそろえるのは控えないと熱の処理に不安が出るので、あくまでテスト板として使える

・USB 3.2 Gen2が2つある 3.2 Gen1(普通のUSB3.0)も6つある

気に入らない点
・この性能なのに発売当初2万強で販売してた(そして買ってしまった自分)

・M.2のヒートシンクが無いので別売りを買うコストを考えると
 ひとつグレードを上げヒートシンク付きにした方が精神衛生上良い
 さらにM.2の位置が悪くグラフィックボードの熱を吸収してしまう
 GIGABYTEなどM.2がCPU側で、さらにヒートシンクがあるボードが望ましい
 CPUファンのエアーが当たらないともったいない

・電源まわりの発熱が高め

・各所からの熱でファンが高回転モードになり静音性マイナス

・ASROCKのボード全般だが、チップセットファンの吸気口にグラフィックボードがかぶさりかなり窒息気味
 ハイエンドのグラボだと長さも厚さもあり、チップセットの位置が設計ミスに見える

感想・・値段が下がったのはいいが、M.2でしっかり運用したいなら低コスト最低ラインはGIGABYTEのエリートだと思う
     あとはASUSも無難に仕上がっているように思う。なるべく今回はアスロックは見送る事を個人的にすすめたい

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった3人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > X570 Phantom Gaming 4

SANOYAMA親方さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
3件
5件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
2件
スピーカー
0件
3件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性3
設定項目5
付属ソフト3

ベンチ中のM.2の温度

温度計のセンサーの位置

アイドル時の温度

   

高負荷時の温度

   

友人の依頼でPCのリプレースをするのに使用しました。

良い点
・電源回りがしっかりしている
・Intel製LANや分離基盤のオーディオ、15μゴールドコンタクト、2oz Copper PCB等、重要な部分にはコストをかけた作り
・ステータスチェッカがあるので不具合などの切り分けがある程度楽
・BIOSの項目まで記載された日本語マニュアル

悪い点(気になる点、惜しい点)
・M.2 Armorが付属していない
・起動設定でUltraFastを選ぶと内蔵ストレージから起動できない
・MOSFETがDrMOSではないため、それに比べれば発熱の面と消費電力では劣る
・7.1chサウンドなのにジャックが3つしかない

悪い点については正直さほど気になりません。
M.2の発熱が気になるならヒートシンク付きのM.2を買うか、ヒートシンクを買えばいいだけですし、電源回りの発熱については後述しますがそこまで大きくありません。
起動については、通常でも十分高速ですし、今後のBIOSの更新で治るんじゃないかな〜と。

あと、人によっては良い点と言えるかもしれないんですが、マザーが一切光りませんw
LEDのコントロール用のヘッダピンや制御機能自体はあるので、光物が使えないわけではありませんが。

105WのCPUでも安定して動きますし、価格もX570マザーでは最低クラスであることを考えると、この性能は正直驚きです。
安定度もテストでFFXVベンチを20時間ほど連続稼働させましたが全く問題は出ませんでした。
マザーにコストをかけたくないと言う人以外にも普通にお勧めできるマザーだと思います。

逆に、発熱は可能な限り抑えたい人や、マザーの発光も含めてケース内を光らせたい人、オーバークロックを極めたい人については、素直にそういった機能が充実した上位のマザーを選ばれた方がいいと思います。


補足1、電源回りの発熱について。

他のレビューだと、電源回りの発熱が酷いと言う書き込みが複数あるため、疑問に思い実測してみました。

条件は以下の通り
CPU:RYZEN2700X(3900Xに近い環境を作るため)
クーラー:虎徹Mark2
VGA:GALAX GeForce GTX960 OC
ケース:SOURCE210Elite(フロント12p×2、リア12p×1追加)
温度計:KEYNICE F7002-USB

温度計のセンサーをVRMのヒートシンクのASROCKロゴのあたりにテープで張り付け、FFXVベンチをループさせて1時間以上放置し、温度上昇が止まった時点の温度を計測。

室内気温:24〜25度ほど
電源投入前のヒートシンクの温度:22.4度
アイドル時のヒートシンクの温度:32.6度
高負荷時の温度:43.1度

結果としては、アイドル時に比べて約11度ほど上昇しましたが、室内気温&#8724;20度程度なら個人的には全く問題ないレベルだと思います。


補足2、良い点に挙げた電源回りがしっかりしているについて。

ASROCKのX570マザーの中で唯一DrMOSを使っていなかったり(Pro4は兄弟板なので除外)、コンデンサがニチコンのブラックキャップではなかったり、パワーチョークが50Aであることから電源回りが弱い!と思われがちですが、電源回りの構成を見て見ても、PWMコントローラーやMOSFETはUP9505PやSM4336とSM4337と、ASROCKでも高耐久が売りのSteel Legend系マザーで使われている物ですし、コンデンサも表記を見る限りはよく使われているAPAQ製で、特に劣るというものでもありませんし、パワーチョークが50Aな点も、他社であればそれなりのモデルでもチョークは50Aが使われていたりしますから問題なし。

実際X3900を安定稼働させられる力は十分ありますし、ネットに上がってるPhantom Gaming 4のレビュー動画では、液体窒素冷却でVcoreに1.55Vぶち込んで3700Xを5GHz駆動とかまでできちゃってますから、弱いどころかかなり強力です(弱かったら動かないか最悪火を噴きます)。

あと、電源回りの強さと発熱について勘違いしている人がいるようなので補足ですが、VRMって電源ユニットで作られた電流の電圧を、CPUなどで使われる電圧に変換する回路なわけですが、変換する際にやっぱりロスが出るんですよね。
そのロスが大きければ発熱は大きくなりがちですし、高効率なら発熱は減ります。

高いモデル程高効率なパーツや回路を使ったり、フェイズ数を増やして負荷を分散したりして発熱の低減や高負荷へ対応をしているわけです。
中には、B450 Steel Legendのように、フェース毎の品質を上げつつフェーズを増やさないことで部品点数を減らして信頼性を維持しつつ、フェーズ間の隙間を空けて冷却に配慮するなんてサーバーで使われる仕組みを取り入れる場合もありますが、どちらが良いと言うよりも、設計思想の違いです。
(因みに、B450SLのMOSFETもロー側はダブルになってますがSM4336とSM4337です)

なので、必ずしも発熱が大きい=電源回路が弱いとはならないわけです。

電源回路のせいで高負荷時に安定動作しないとか、3900Xだと不安定になるとか、XFR2等の効きが悪いと言う検証結果が出ているなら別ですが、特にそういった話もありませんしね。

まあ、それ以前に、3900Xとか使用する上でマザーを選定するなら、どのようなマザーかくらいは事前に確認すべきだと思いますが。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった9人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > ROG STRIX X570-F GAMING

ろらんろらんろらんさん

  • レビュー投稿数:48件
  • 累計支持数:58人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
4件
0件
イヤホン・ヘッドホン
4件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
3件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性4
拡張性4
機能性3
設定項目4
付属ソフト3

【安定性】
電源回路まわりや基盤冷却の設計など、マザーボード自体としてはかなり安定感がある感じです。

【互換性】
下記の構成で運用しておりますが、特段、メモリやグラボとの相性問題は発生しておりません。
 CPU:AMD Ryzen 7 3700X
 電源:ANTEC NeoECO Gold NE750G
 メモリ:G.Skill F4-3200C16D-16GTZRX
 SSD:PG3VNF CSSD-M2B1TPG3VNF
 グラボ:SAPPHIRE Radeon RX 5700 XT 8G

【拡張性】
 SATA8基、USB3.2はType-Cコネクタ1基含めバックパネルで8基、その他フロントパネル用の内部コネクタもあります。
 メモリスロット4基、PCI-E x16が2基、PCI-E x1が2基、M2スロット2基ありますので、通常では拡張性十分かと思います。

【機能性】
 特段、目立ったものはないですが、LANや、オーディオは堅実なチップが使われています。

【設定項目】
 UEFIの設定項目はオーバークロックされる方にも必要十分かと思います。

【付属ソフト】
 RAM Cacheは使用しておりますが、その他はあまり使用していないので、なんとも。

【総評】
 トップクラスではなくても、そつなく何でもできてかつ、コストと機能のバランスを重視される方にはお勧めできると思います。
 

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > MSI > B450M GAMING PLUS

Dの軌跡さん

  • レビュー投稿数:48件
  • 累計支持数:99人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
13件
24件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
5件
プリンタ
1件
4件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

初自作で、Ryzen5 2600と組み合わせて使っています。
すでに10か月経ちましたのでレビューをします。

【安定性】
10か月安定運用が続いています。特段問題がありませんので☆5

【互換性】
特別相性問題も出なく、MSIのHPで確認できる互換性の種類の豊富さを
考えると☆5を出しても問題ないと判断しました。

【拡張性】
micro-ATXで今では普通にM.2も積めるので配線も簡略化できるのはありがたく
ピン方式じゃなくネジ方式だったのも初心者にはありがたかったです。
このサイズでの最大の拡張性は自分の用途にはあっているので☆5を付けました。

【機能性】
自分の用途に十全に使われているかは定かではありませんが、おおよそ自分の用途
には十分すぎる機能を備えていると考えるので☆5にしました。

【設定項目】
BIOSの設定などあまり触りませんでしたが、いろいろと弄れるようなので☆5としました。

【付属ソフト】
付属ソフトを使っていないので無評価とします。

【総評】
メインマシン、骨董品と化したCore2Duo機をfull最新ミドルスペックに変更のためにコストを第一に
考えての初自作でした。
CPUはRyzen5 2600、メモリ16GB、SSD(m.2)500GB、グラボ当時1030GTという構成でケースは以前の
ケースを流用しました。
前評判通り、すごく素晴らしいパソコンライフを送れるようになりました。
余談ですが、メモリスロットが2つなのでコンパクトなケースにおすすめです。4スロットあると入らないケースでもありがたい
部分でした。

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > MSI > MPG Z390 GAMING PLUS

nobu〜さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
0件
3件
マザーボード
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

コストパフォーマンスが高いです。
可もなく不可もなくといった感じですね。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > X570 Taichi

OKU!.さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

サウンドカード・ユニット
1件
15件
無線LAN中継機・アクセスポイント
0件
7件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
6件
もっと見る
満足度4
安定性無評価
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

SR-IOVを前提にした仮想サーバーを立てる目的で買いました。
SR-IOVはACSとARIを明示的に有効化する機能が無ければ使えませんが、AsRockにはコレがあります。
逆に言うと他社のSR-IOV対応マザボはコレがない場合があり、その場合は対応とは名ばかりで全く使えません。
そういう意味では、SR-IOVを使いたい人にはAsRockが大前提に成りますので、拡張性・耐久性・価格の優れたこの製品は難民のオアシス的な存在では無いでしょうか。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > GIGABYTE > GA-EP45-UD3R Rev.1.0

飯山金貨さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
6件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目4
付属ソフト無評価

2019年8月頃にジャンクでこのマザーを購入し、サブPC用途で2か月ほど使用した感想。

【スペック】
CPU…Core2QUAD Q6600 2.4GHz
CPUクーラー…Thermaltake Contac Silent 12
RAM…DDR2-800 2GB×4 8GB
GPU…GT630 1GB
電源…玄人志向 KRPW-L5-400W/80+
SSD…TC-SUNBOW 120GB
OS…Windows 10 Pro 64bit 


【外観】
「イケメン」の理由はここにあり。
このマザー、ヒートシンクには「GIGABYTE」の大きな刻印がしてあり、更に私のもとに届いたマザーは保存状態が非常に良いものだったためか、きれいな状態の青くゴツいヒートシンクがツヤだっていた。
マザーボードのことを格好いいと思える人ならば共感できるかと思うが、ジャンクで、そして10年以上前のマザーボードとは思えないほど格好いいと感じたのだ。一度現物を一見してみることをお勧めするが、このマザー、現在発売されているものにも引けを取らないほどにイケている。
個人的にはLGA775マザーの中で一二を争う格好良さだ。性能は関係なく所有する喜びを感じられるほどである。
GIGABYTEさんのこだわりを感じる。
評価項目にはないがここは内心☆5だ。

【安定性】
このマザーのもう一つの魅力は、高品質105℃コンデンサを使用したその安定性にあるだろう。
2ヶ月使用しているが、何も問題が起こっていないのがその証拠だ。
更にOCにも強く、筆者のようなにわか文系でもQ6600を難なく3GHzまでクロックアップできた。
究極を目指さないならばOC常用も考えられる安定性であり、ジャンク自作の初心者向けマザーとしては最適だろう。

【互換性】
LGA775後期のマザーということもあり、ほぼ全てのCPUをカバーしている。
BIOSアップデート無しでもとりあえず載せれば動く、という安心感がある。
またメモリに関しても、DDR2の4GBモデルまで正式にカバーしており、最大16GBまで搭載可能だ。
ただしDDR2のメモリは4GBの価格が中古、新品どちらも未だ高止まりしており、2GBを4枚、合計8GB程度の搭載がコスパのいいメモリ容量となるだろう。


【拡張性】
USBポートはバックパネルだけで8ポートあり、必要十分だ。
ただしUSB3.0ポートはなく、全てUSB2.0であることに注意。
またSATAポートもSATA3ではなくSATA2であり、これらは時代を感じる部分である。
PCIE×16は2.0であり、グラフィックは高性能なGPUを挿せばそこそこなものが期待できる。

【機能性】
やはりコンデンサの安定性が安心感を生む。
10年以上前のコンデンサであるが、妊娠してる様子はない。
SSDによる動作は軽快だ。Windows10も問題なく動作しており、不自然な挙動が一切ないのは素晴らしい。

【設定項目】
説明書が有能。この一言に尽きる。
わからないことがあれば大体解決できるので、レガシーBIOSに慣れていない人でも上手く扱えるだろう。
唯一不満点があるとすれば、メモリ周波数を自由に設定できないことだろうか。
しかしOC時などに最適な周波数を自動でチューニングしてくれるので、扱いやすいということでもある。
一長一短あり、賛否両論分かれる点だ。

【付属ソフト】
Windows10の標準ドライバで問題なく動作しているため、無評価。

【総評】
10年以上前のマザーとは思えないモダンさと、規格の古さからくるレガシーさを両方感じさせてくれる矛盾に富んだマザーボードである。
今やジャンク自作の代名詞となってしまったLGA775ではあるが、このマザーボードのように実用に耐えうる板もまだまだある。コスパよくネットサーフィン・事務作業用のパソコンを組みたいならば、2019年現在でもおすすめできる魅力があるだろう。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > MSI > B450 GAMING PLUS MAX

えちさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:101人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
25件
PCモニター・液晶ディスプレイ
0件
6件
薄型テレビ・液晶テレビ
3件
1件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性4
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト3

FF14をやられている方。
最新のBios「7B86vH3」の導入は避けられた方がよいと思います。

標準の「7B86vH1」では問題なかったのですが、最新のBiosにしてからDirectX関連のエラーで落とされまくりました。
どうやらメモリのXMP設定が正しく表示されなくなる様で、手動で設定してもエラーが出まくりました。
Biosを初期のものに入れ替えると(USBメモリーさえあれば簡単です)、まったくエラーは出なくなりました。
FF15等の別ゲームでは全く問題なかったのですが、なぜかFF14だけだめでした。

そのほかの部分は価格も性能も満足です。

CPU:ryzen5 3600
MB:B450 GAMING PLUS MAX
MEM:AX4U300038G16-DBG
VGA:GTX1070 8GB Armor OC
SSD:ASX6000LNP-256GT-C(256GB)
PSU:TOUGHPOWER 750W 80Plus Gold

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > MSI > MPG Z390I GAMING EDGE AC

sakki-noさん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:397人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

CPU
5件
983件
マザーボード
2件
609件
グラフィックボード・ビデオカード
7件
555件
もっと見る
満足度5
安定性4
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価
   

こんなに小さい(笑)

   

複数マシンを所持していてちょっとマシンの置き場に困ってきたのとMini-ITXに興味を持ち始め、大好きなNZXTのH210でどうしても組みたくなったので、ASRock Z390 Phantom Gaming 6からこちらに載せ替えました。

Phantom Gaming 6はVRMも12フェーズと十分で基板上にパワーボタンやリセットボタンがあるなど中々コアな自作er向けな仕様でしたが、今回のZ390I GAMING EDGE ACは7フェーズであるなど仕様的にはかなりスペックダウンとなります。

【構成】
Core i7 9700K
MSI MPG Z390I GAMING EDGE AC
G.Skill F4-4000C19D-16GTZKW(DDR4-3733 17-17-17-37で動作)
CRYORIG A SERIES A40 ULTIMATE V2
MSI GeForce RTX 2060 SUPER VENTUS OC
Intel SSD 760p SSDPEKKW256G8XT(システム用)
Colorful SL500 480G(ゲームインストール用)
WESTERN DIGITAL WD40EZRZ-RT2(データ用)
玄人志向 KRPW-GK750W/90+

【使ってみて】
まずはその小ささにびっくりしましたが、VRMヒートシンクも小さいなりにかなり高さのあるしっかりしたものが付いていて中々好印象です。

@ファンコネクタ
私は簡易水冷でしてフロントに120mmラジエターファン×2、トップとリアに排気用の120mmファンがそれぞれひとつと計4個のファンを取り付けています。
これに対しマザーのファンコネクタはCPU/AIO/Sysの3箇所だけですが、簡易水冷のポンプをAIOにつなぎ、ラジエーターファンはポンプユニットにつなぐので残るケースファン2個は二股の分岐ケーブル使ってSysコネクタに継ぎましたのでCPU用は余っています。
なので、Mini-ITXでの仕様であれば十分なコネクタ数ですね。

AM.2SSDの取り付け
製品の画像はぱっと見るとM.2SSDのヒートシンクがあるように見えるのですがこれはヒートシンクではありません(笑)
なので、私はAmazonで399円で売ってるヒートシンクを付けましたが、ヒートシンク装着前はアイドル時60℃だったのが装着後は40℃に下がったのでとても満足しています。

BSATAポート
今回はM.2SSD×1・2.5インチSSD×1・3.5インチHDD×1の構成ですので、SATAポート4つあるうちの2つしか使ってませんので余裕ですね。

CVRMの発熱
私は9700Kで使っていますがフルロードに約115Wととなり、またメモリーも3733で運用していますのでVRMの発熱が気になっていたのですが、たったの7フェーズでもフルロード時にMosの温度は50℃くらいと非常に優秀です。

Dメモリー周りはイマイチ
メモリーはG.Skill F4-4000C19D-16GTZKWなのですが、このマザーでは4000では起動しますがFF14ベンチが途中で落ちてしまい、Memtest86では3733はパスしますが3866以上はエラーを吐きまくるのでメモリーの回りはあまり良いとは言えません。

EBluetoothは便利
Phantom Gaming 6には無かったのでアダプターを購入して使ってましたが、こちらのマザーはBluetooth内臓なのでとても便利です。

【総評】
最初はもう1万円ほど高いASUS ROGのMini-ITXにしようと思ったのですが、今更Z390にあまりお金をかけたくないのと私はIntel環境についてはやはりMSIが好きなのでこちらのマザーにしました。
ちょっと電源周りがプアなのかな?と不安に思っていましたが、実際使ってみるとこれで十分だというのがわかったのでとても満足しています(*^^*)

レベル
自作経験あり

参考になった4人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意