マザーボードすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > すべて

マザーボード のユーザーレビュー

(11568件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
モニタレビュー
マザーボード > ASRock > H470 Phantom Gaming 4

ZEUSNさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性3
設定項目3
付属ソフト無評価

【安定性】
とりあえずのところは。
これから要観察。

【互換性】
ショップさんが気を配ってくれたので難なくクリア。

【拡張性】
そこまで拡張予定はないので、現状で不満はありません。

【機能性】
うりになるような機能性は特にありませんでしたね。

【設定項目】
あまり細かいところはいじらないのですが、最低限の設定はありました。

【総評】
ゲーム向けとしてもそこまで張り切って拡張する予定のない人なら問題なく選べるのではないでしょうか。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > PRIME H470M-PLUS

現役爺爺さん

  • レビュー投稿数:50件
  • 累計支持数:475人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
18件
クレジットカード
14件
5件
CPU
1件
10件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性5
拡張性5
機能性4
設定項目5
付属ソフト4

Prime H370m-plusを使って古いメーカーPCを半分自作へ改造した経験から今回、気軽に古いメーカーPCの解体から始めたものの、古いパーツが次々と使えない状態になり、気がつけば、光学ドライブ以外は全部おニューのケース、パーツになりました。
古い時代の経験は、残念ながら新しいパーツやBIOSの条件下では、試行錯誤の回数を増やすばかりで、頭脳パズルで思考力を鍛えるみたいな結果になりました。

UFEI環境でのインストールとレガシー(クラシック)環境ではインストールが全然違う! お気軽に直球でクラシック環境をあまり考えずに使っていたので、焦りまくりました。

Prime H470m-plus
Core i5-10600 Box
ADATA DDR4 3200 PC4-25600 32GB
Western Digital HDD 6TB
CORSAIR CARBIDE 100R

今、左にh470、右にh370を置いて比較していますが、(Prime H370m-plus、 Corei5-8500、ADATA DDR4 2667 16GB, Western Digital HDD 6TB)、
ASUS All Suite3の数字で見る限り、左右ともに798MHzあたりで動作。
特にマカフィ等以外のアプリケーションを走らせない状態です。BIOSは同じバージョン番号ですが、左のBIOSは2020年4月作成、右は2018年6月作成になっています。



左右でExcelのマクロを走らせていますが、左は瞬時に処理を終えます。メモリーのおかげか。左のCPU及びCPUパッケージの温度は44度及び50℃以上を常時示しています。右はCPUが25℃。マザーボードの温度は左右似たようなものですが。

ケースは、たまたまCorsairにしたわけですが、ファンが2個付いているのは良いが、通風がいまいち。また、ファンコントローラーが付いているが、自動調整ではなく、えっ、という性能なので、マザーボードのファン管理に委ねて、ケースのコントローラーは使用していません。不要なコードはまとめてI/Oパネルの穴から外に出しています。光学ドライブはフロントパネルを閉めてから差し込む必要がありますが、逆にトライして遠回りしました。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > TUF GAMING B560-PLUS WIFI

海ザルMAXさん

  • レビュー投稿数:143件
  • 累計支持数:1312人
  • ファン数:41人

よく投稿するカテゴリ

CPU
16件
147件
マザーボード
15件
85件
CPUクーラー
7件
52件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性5
機能性4
設定項目4
付属ソフト4

パッケージ&CPU周り

マザーボード本体

サブ機ケース内

Crystal Disk Mark&Info

CPU-Z

BIOS設定

インテル環境でもやっとGen4が採用され、サブ機のCPU&マザーボード、M.2を新たに換装してみました。Z590やH570マザーボードが更に満足度は高いと思いますが、Core i9-11900KやCore i7-11700Kの評判が今一つで、メイン機のCPUを買い換えようという気にはなりませんでした。使用中の10コアCore i9-10900Kで十分対応できますし、サブ機の構成変更でこのマザーボードをチョイスしました。
Rocket Lake-SはB560マザーボードで良くないかというのが正直な感想です。B560チップセットでありながら、ハイサイドとローサイドのMOSFETとドライバーを1つのパッケージに組み合わせた8 + 1 DrMOSを備えていますし、CPUのオーバークロックをしなければこれで十分です。あくまで第12世代の繋ぎの世代と考えていますので、サブ機なら下記のPC構成で満足できそうです。

★PC構成
【M/B】TUF GAMING B560 PLUS WIFI
【CPU】Core i5-11400
【GPU】GF-GTX1650D6-E4GB/DF2
【RAM】CMK16GX4M2A2666C16
【クーラー】CORSAIR H100i
【M.2】980 PRO MZ-V8P500B/IT システム用
【M.2】WDS500G2B0C アプリ用
【HDD】ST1000DM003
【PSU】CORSAIR RM650x
【CASE】P280-MW Window

★Core i5-11400価格.comレビュー
Power Limit解除で化けるCPU
https://review.kakaku.com/review/K0001342650/ReviewCD=1441705/#tab

★安定性
Kナンバー以外のCPUならメモリ設定以外では、起動不能などの不安定な状態になることはありません。というかこのB560マザーボードでもメモリのオーバークロックができるようになったので、初心者には意外と敷居の高いマザーボードかもしれません。UEFI BIOSでメモリ設定やCPU Powew Manegementなど設定変更されない方は問題ありませんが、私のように少しでもパフォーマンスを上げたいと考えパフォーマンス重視の設定をしたい方はある程度オーバークロックの知識が必要になりそうです。

★互換性
CPUは第10世代11世代と互換性がありますが、世代別のCPUによって使える機能、使えない機能があるのである程度調べた上でパーツを選んだ方がいいかと思います。第11世代でCore i5以上のCPUであればGen4などのパーツの互換性は問題なく使えます。
Gen4で一番満足できるのがM.2であります。980 PRO MZ-V8P500B/ITも公称値シール6900MB/s、シーケンシャルライト5000MB/s出ますし満足度は高くなります。グラフィックカードのGen4はさほどGen3と変わらないのは予想通りでしたが・・・

★拡張性
私自身使用中のPCケースはフルタワーケースが大半ですから、選ぶマザーボードの規格はATXを選ぶようにしています。ただ最近のMicroATX規格のファンコネクタやストレージ&SATAコネクタなどもATX並みに備えたものが多いので、好みにより選ばれたらいいかと思います。
今回のTUF GAMING B560 PLUS WIFIはM.2×2、SATAコネクタ×6と十分で、バックパネルI/Oも必要なものは備わっています。ZシリーズではないのでバックパネルにCMOSクリアボタンやUSB BIOS Flashback機能がないのは仕方ないかな・・・

★機能性
メモリのオーバークロックで少しですがシステムのパワーアップが図れます。今回使用するメモリはCMK16GX4M2A2666C16ですが、メモリ電圧をかなり盛れば予想以上のオーバークロックが可能になります。ちょっと面倒なDRAM Frequency RatioでGear1(1:1)やGear2(1:2)設定がありますが、Gear2ならかなりクロックが上げられそうですが、私は性能重視ですからGear1で最速を目指しました。
(メモリのオーバークロックも保障の範囲外になりますので自己判断でお願いします)
基本メモリ設定 DDR4-2666  CL16-18-15-35 1.200V
初期安定設定  DDR4-3200 CL16-17-17-36 1.370V
最終設定    DDR4-3200 CL15-17-17-39 1.390V

★設定項目
パフォーマンス重視なら、ASUS Performance Enhancement2.0をEnabled有効にしてPL1とPL2を最大値(無制限ではありません)設定すればCPUの性能を最大に引き出せます。Core i5-11400の場合PL1=125W、PL2=181W、Tauは長めの56秒に設定しています。当然CPUの高負荷時はCPU Powerは180W前後になりますので、選ぶ電源ユニットやハイエンド空冷CPUクーラーか水冷一体型クーラーで240mm以上のタイプが必要になります。

★総評
第11世代CPUでKナンバー以外なら今回のTUF GAMING B560 PLUS WIFIでも十分対応可能でないかと思われます。過去KナンバーCPUをメインで使ってきたこともあり、HシリーズやBシリーズマザーボードは避けていましたが、これだけの電力設計や拡張性があればメイン機でもTUF GAMING B560 PLUS WIFIでいいかもしれません。
個人的にはWIFI機能は必要なかったのですが、如何せんマザーボードの流通量も豊富と言えない状況で、PCショップに在庫があるものかネットショップで吟味する必要があるので、在庫品のWIHIタイプを選びましたが、最近のグラフィックカードやメモリ価格の高騰、他のパーツの流通用の少なさは気になる要素ではあります。次期DDR5メモリもかなり高価になるのではと今から心配になる今日この頃です。
コストパフォーマンス重視で選ぶなら安定のTUF GAMING B560 PLUS WIFIはお勧めのマザーボードであると感じています。Bシリーズでありながらメモリのオーバークロックができるのは流石インテルと言えそうです。

★紹介ブログ
Rocket Lake-SはB560で良くない!
http://umizaru.fc2.net/blog-entry-234.html

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > ROG STRIX Z590-F GAMING WIFI

びとんとんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト4

【安定性】
BIOSが起動するまでに四苦八苦しましたが、COMSクリアで一発起動でした。OSインストール後に特段気になる挙動などはありません。

【互換性】
NZXTの簡易水冷・ライディングコントローラー、msi製のGTX1650搭載グラボ、kingston HyperXのメモリ、トランセンドのM.2SSDなどなどを使用していますが動作が不安定や競合してエラーになるなどもないです。制約はありそうですが、NZXTの装置もAURAで動作可能だと思います。

【拡張性】
11th向けに対して10thの10900K使用しているためM.2_1は無効ですが残り3ポートあるため不満はありません。
M.2_2とPCIeの_1が帯域を共有しているため、使用時はBIOSの設定が必要ではありますがSATAも六ポートあったりとどうにでもなりそうです。
IOパネルもこれでもかとポートがあるのでよほど困らないと思います。

【機能性】
ヒートシンクはしっかりしているようで簡易水冷でもオーバークロックしていなければVRMの過度な発熱なども見受けられません。
BIOS Flashbackがありワンタッチで更新できるのは便利だと感じました。
IOバックパネルが一体のためバックパネル取り付け時に折り返し部分を挟み込んだりがないので取り付けも容易でした。

【設定項目】
UEFI BIOSにて設定やOCに関連する項目は充実してそうな感じがありますが、初心者からするとEZモード(簡易表示)でも充分に思います。
日本語表示だと機械翻訳感が多少残りますが他のメーカーに比べると違和感がありません。
日本語手順書でも英語表記での設定項目の場所の表記しかありません。

【付属ソフト】ドライバインストール用のDVD-Rが1枚付属してあります。今回はBIOS FlashbackでBIOS更新、ドライバーはwindowsアップデートにて更新、足りないものはASUS ROGの管理ソフトArmoury Crateからインストールしました。
ROGのためゲーム等、シーン別に特化させた動作ができるようなツールが自動的にインストールされています。怪しく見えてしまうもの、自動起動して鬱陶しく感じるものもありますが、設定などで無効化できました。

【総評】
初めての自作PCにしては機能が多すぎる気も否めませんが、今後数年は今の構成を維持するつもりなのでのんびり勉強しながら深く使えていければと思います。
標準ソフトにサブスクのものがあったり便利すぎて逆に不便に感じるところや不安になる要素もあるためトータルで★4とさせてもらいました。

レベル
初めて自作
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > TUF GAMING B560M-PLUS WIFI

tonposさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
4件
0件
CPU
2件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性3
機能性5
設定項目3
付属ソフト無評価

【安定性】何枚もマザーボードがあるのだが、GIGABYTEとASROCKしか持っていなかったのでASUSでIntelチップセットなら間違いないと思い購入した。Core i 5 11400F付属のCPUクーラーはうるさかったので社外品に交換した。
BIOS起動から、Windowsインストールまで特に問題は無かった。

【互換性】Intel第11世代CPUに対応していてWi-Fi接続できるということで互換性というか汎用性は十分ではないか。

【拡張性】Micro-ATXであるがメモリーも4枚させるし、今時拡張カードもビデオカードくらいしか刺さないので一般的に使用している。あと、M.2スロットが2個も1tbと500gbの2枚運用で不具合はない。

【機能性】BIOSが壊れたときに、復帰できるASUS  
CrashFree BIOS 3があるので心強い。
【設定項目】ファンコントロールをうるさくないところにいじって設定した。ピカピカPC系も今後ファンの交換などで試したい。

【付属ソフト】ドライバーDVD

【総評】所有しているマザーボードがAMDチップセットに対応したものだけだったので、Intel CPUが手ごろな値段になったいまが買い時だと思った。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > MSI > MAG B550 TOMAHAWK

すろうはーふさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性4
拡張性5
機能性3
設定項目5
付属ソフト3

【安定性】
 Ryzen7 4750Gとセット品で購入。セット品なので問題なく動作しています。

【互換性】
 メモリーの要件が少し厳しいなと言う印象。手持ちのDDR4-3600の8GB×2ではDDR4-2666にしないと安定しなかったです。APUはメモリ要件が厳しめという情報もあるので、メーカーサポートの互換リストに掲載されているモデルを選ぶのが無難だと思います。

【拡張性】
 ATX規格なので拡張性は確保されています。PCIeとM.2で排他利用になる条件があるのでそれだけ注意すれば良いと思います。個人的にはWiFi内蔵orWiFi用のM.2スロットがあるとなお良かったです。
 有線LANは2系統(2.5G、1G)用意されています。2系統とも蟹チップなので、intel信者としては不安でしたが、数日利用した限りでは安定して通信できているので杞憂だったようです。

【機能性】
 概ね満足なのですが、APUと組み合わせる場合にHDMIが4096x2160@24Hz(1.4相当?)までの対応となっているのは不満。B550世代でHDMI2.0以上に対応していないのは珍しいので、APUでHDMI利用を考慮している方は他を選んだ方が将来的に後悔しないかもしれません。

【設定項目】
 今回は対応BIOSに更新済みでしたので利用しませんでしたが、CPUやメモリ無しでもUSBからBIOSのアップデートができるのは便利だと思います。設定項目は普通です。

【付属ソフト】
 MSI Center(Dragon Center)でドライバなどは一括導入できるので便利ですし、設定などもすべてできるのでわかりやすいと思いました。

【総評】
 今回はAPUのおまけでついてきた感じなので大満足なマザーボードです。1.5万円前後でこのマザーボードが購入できるのはかなりコスパがいいと思います。それだけにAPU使いとしてはHDMIの仕様が残念でなりません。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > GIGABYTE > B560M AORUS PRO AX [Rev.1.0]

TaiKa1122さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
SSD
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目無評価
付属ソフト無評価

まず初めに、Ryzenと比較してという観点は置いときますw

ひかりTVショッピングの決算セールでこのマザボを購入しました。
購入時点では、割引対象の中から消去法で選びましたが、結果的には満足しています。

【良かった点】
・Wifi・2.5GbLAN・USB Type-C等の機能を一通り揃えており、将来の拡張性に不安がない
・12+1というVRMフェーズはB560マザボの中では最高クラス(後述)

【悪かった点】
・価格がB560MicroATX帯では最高クラス(といっても、最安からは+1万/同ランク帯では+5千)
・AORUSだけどマザーボードは光らない(RGB制御機能はアリ)

【その他】
Load Optimized Defaultsしても他PCから移設したSATA-SSDからWindowsが起動しないトラブルが発生しましたが、
CSM SupportをEnabledにすることで起動できました。

「VRMフェーズ数」とはイマイチ良く分からないスペック項目ですが、
このマザボはそれを活かしており、
All-Core Turboが規定で4.8GHzの11900K・KFを、5.1GHzにブーストできるようです。
https://www.gigabyte.com/jp/Press/News/-228

==ここから引用
GIGABYTE B560用最新BIOSでi9-11900K CPU全コア最大5.1GHzブースト

GIGABYTE TECHNOLOGY Co. Ltd(本社:台湾)は2021年03月31日、
GIGABYTE B560マザーボード用の最新BIOSを公開いたしました。
この最新BIOSにより特に、12+1電源フェーズ設計を採用したAORUSモデルでは、
i9-11900K CPUを使用した全コア最大5.1GHzブーストが可能になります。
==ここまで引用

当方は10900Kで運用しているので、規定以上のブーストは未確認ですが、
将来、他のKモデルも動作対象となることを期待しています。

現状、同クラスの商品で購入を検討するとなると、御三家の下記モデルが比較対象です。
TUF GAMING B560M-PLUS WIFI
MAG B560M MORTAR WIFI

大きな違いはないので、微妙な価格差と、最終的にはメーカーの好き嫌いかなと思います。
国内でのGigabyteはイマイチ影が薄いところがありますが、
Z590 AORUS TACHYONと11900Kの組み合わせでオーバークロック世界記録を達成したり、
上記のB560での規定以上のオーバークロックサポートしたりと、
最近はコスパだけでなく技術力を着実に着けてきていると感じています。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > GIGABYTE > B550M AORUS PRO-P [Rev.1.0]

bitdさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性3
機能性3
設定項目5
付属ソフト無評価

【安定性】組んで間もないですが、今のところ安定しています。

【互換性】問題無し

【拡張性】MicroATXなので拡張性は重視していません。

【機能性】特に目新しい機能はありませんが、他社も同様だと思います。

【設定項目】BIOSの設定項目は豊富です。ちなみに「Above 4G Decoding」の設定項目が有ります。

【付属ソフト】マザーボードメーカーの独自ソフトは使わないので無評価です。

【総評】不安だった海外での事前の不具合情報の数々は杞憂に

最新BIOSのF13iに更新してから組んだ為か、
今のところ海外で報告されていたLANやUSBの切断という
購入前に確認した不具合は出ていません。

B550のMicroATXマザーボードの上位クラスは各社横並びの印象ですが、
このマザーボードはVRMの構成で頭一つ抜けているかな?という感想です。
ただ、個人的に定格運用では6〜8フェーズで十分だと思いますので、運用方法次第です。
できれば省電力志向のフェーズ構成のモデルで差別化を図ってほしいというのが本音です。

今回、このクラスのマザーボードは他社もALC1200&Realtek2.5GLANという
搭載チップの構成なので、値段のみで選びました。
ALC1220&Intel LANというチップ構成のモデルがあれば、そちらを選んでいたと思います。

個人としてGA-EP45-UD3R以来、久々にGIGABYTEさんのマザーボードを使用する事になりましたが、
今後の商品にも期待しております。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > TUF GAMING Z490-PLUS (WI-FI)

唐揚翔太朗さん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マウス
3件
3件
イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
PCスピーカー
2件
0件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性無評価
設定項目3
付属ソフト無評価

【安定性】
問題ありません。

【互換性】
初の自作でしたが相性問題もなく使用できました(構成は下記)

【拡張性】
十分です。

【設定項目】
BIOSで設定した電源OFF時LED消灯の内容が保存されません(デフォルトのカラフルな点滅に戻ってしまいます)
気持ち悪いですが支障は無いので放置してます

【総評】
GPUと合わせてASUSののマザーボードを選択。
TUFを選んだのはZ490でWi-Fi搭載最安だったから
PRIMEの見た目のほうが好きだったのですが残念ながらWi-Fiモデルは無かったためTUF。

上記 電源OFF時LED消灯の内容が保存されない問題以外は気になる点はありませんでした

参考までに構成を残しておきます。
CPU:インテル Core i7 10700
CPUクーラー:サイズ 虎徹 MarkII SCKTT-2000
メモリ:crucial CT2K16G4DFD832A [DDR4 PC4-25600 16GB 2枚組]
マザーボード:ASUS TUF GAMING Z490-PLUS (WI-FI)
GPU:ASUS ROG-STRIX-RTX2060S-O8G-EVO-GAMING [PCIExp 8GB]
SSD:crucial P5 CT500P5SSD8JP
HDD:WESTERN DIGITAL WD60EZAZ-RT [6TB SATA600 5400] x2
電源:Fractal Design ION+ 760P FD-PSU-IONP-760P-BK [ブラック/ガンメタル]

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > H97-PLUS

m17xさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

サウンドカード・ユニット
0件
2件
カーオーディオ
0件
2件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性無評価
設定項目無評価
付属ソフト無評価
   

   

今更ですが余ってた5775cを使いサブを作ろうと思い、性能より価格重視でオークションにて購入しました。用途はネット閲覧と音楽再生で手持ちのONKYO SE-200PCI LTD古いカードですがアナログ真空管アンプを通して奏でる音は最新のハイレゾ対応カードより好みなのでPCIスロット搭載のこちらのボード購入しました。OSと音楽再生ソフトのみインストールなのでSSDでもいいかと思いましたがM.2SSDも最近は手ごろな価格なので読込速いM.2SSD購入して作りました。シンプル故に起動も動作も安定していて満足しています。M.2SSDも最新のGen4には及びませんがサブとして十分な仕上がりになりました。必要最低限の使用なので機能等は無評価です。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > GIGABYTE > B560I AORUS PRO AX [Rev.1.0]

buminchuさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

【安定性】
高負荷でも問題ありません。
i5 11400をのせていますがMini-ITXでもVRMは8+1フェーズなので余裕があります。ベンチマーク時のコア電圧も安定しているように思います。

【互換性】
メモリ、M.2、グラフィックボード他、特に相性問題はありませんでした。
ただし豪華なバックプレートがついているので背面のスペースは予め取り付けるケースを確認した方がよいかもしれません。

【拡張性】
Mini-ITXなのでそれなりなんですがUSBポートは十分あり、このサイズでも一通りはおさえていると思います。
ファンコネクタがCPUx1、システムx2の3個なので十分なんですが私の環境ではあと1個ぐらい欲しいと思いました。
各2A出力あるのでコネクタを分岐させれば問題ないです。
上位モデルとの差別化、コストダウンで仕方ないところですね。
あとファンは変換ケーブルを差して接続するのですが少し短いのでマイナス1とします。

【機能性】
VRMやチップセットの放熱は素晴らしいと思います。
基板背面のバックプレートも豪華で重量感があり背面冷却されていそうです。
メモリスロットやPCIスロットも金属補強されており高級感があります。

【設定項目】
BIOS設定はまだファンとメモリのXMPとギア1、re-size bar有効しかいじっていませんが十分だと思います。
電力制限の解除や低電圧化も試してみたいですね。
あとメモリ側の基板背面のLEDを光らせることができます。(あまり目立たないですが)

【付属ソフト】
あまり使っていないので無評価です。

【総評】
重量感があり、細部も綺麗です。
初めてのMini-ITXでしたが大満足です。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > MSI > MAG B550 TOMAHAWK

syouae86さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性無評価
機能性5
設定項目無評価
付属ソフト5

以前までX370 GAMING PRO CARBON+2700Xで使用しておりましたが、Ryzen 7 4750Gに仕様変更をしようと思い、バンドルセットでこちらのマザーを購入しました。
全体的な品質は十分に高く、普通に使えています(当然のことですが。。。)。今後このマザーでCPUが何世代後まで対応するのかが楽しみです。(第6・7世代まで対応してくれないかな。。。)

【安定性】
まったく問題ありません。
【互換性】
Team Night Hawk DDR4-3200 8GBx4 でAMPプロファイルを適用して3200MHz運用していますがOCCTでのエラーも起きていません。通常OCメモリを4枚使うことは推奨されていないでしょうが、私の環境では使えています。
【拡張性】
いたって普通です。
【機能性】
IOパネルも一体型となっていますので、取り付けも容易です。ヒートシンクも大きいです。強いて言えばDr.MOSに対応していれば尚よかったかもしれない。
【設定項目】
いたって普通です。特別このモデルだから良いということもなく普通に一通りの設定ができます。
【付属ソフト】
いつの世代のものから変わったのか存じませんが、今のMSIのユーティリティはDragonCenterに今までのGamingAPPやLiveUpdateが統合されているのでとても良い。
【総評】
全体的に普通のマザーです。世代なりに正常進化してきているように感じます。これからRyzenでPCを組みたいと考えている方にはかなりオススメできる一枚です。

製品そのもののレビューとは少し変わりますが、商品を箱から取り出す際に箱の中が真っ白なのがすごく嫌でした。今までのマザーはしっかりと箱の中身も黒一色で塗装されており多少の高級感がありましたが、今のマザーは箱を開けると中が真っ白であるため、すごい安物を購入した気分になります。すごく細かいことでどうでもいいことかもしれませんが、箱の中もちゃんと黒く塗ってほしいです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > GIGABYTE > Z490 AORUS PRO AX [Rev.1.1]

ぽんちゃころんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性無評価
互換性4
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

Intel i5 11500と組み合わせてゲーム用PCを組むために購入しました。

【安定性】
購入直後なので無評価としました。

【互換性】
Rocket Lake世代のCPUを使用するにはBIOSアップデートの必要がありましたが、Q Flash plusによってマザーに電源とアップデートファイルを入れたUSBメモリを指すだけでアップデートを無事に終えることができました。これによってPCIe 4.0もサポートされるのもありがたいです。

【拡張性】
ミドルハイクラスのマザーボードなだけあって、十分な拡張性があると思います。
USB3.2 Gen2x2こそありませんが、一般的なゲーミング用途では十分すぎるポートが揃っているかと思います。

【設定項目】
UEFI BIOSからRGB Fusionや他ユーティリティまで、直感的に操作しやすいと思います。

【総評】
機能や性能もさることながら、堅牢そうなデザインもかっこよく非常に満足しています。

レベル
初めて自作
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > GIGABYTE > B550M S2H [Rev.1.0]

blueman55さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性3
機能性3
設定項目4
付属ソフト無評価

Ryzen 5 5600X
DDR4 3200Mhz 16GB
GeForce GTX1650

サブPC用に組みました。
特に問題もなく快調に動作しております。
AMDのチップセットにはUSB問題があったようなので、OSインストール前に最新のBIOSにアップデートしておきました。

ごく普通のB550 M-ATXマザーボードです。
ただ、低価格品だけあり、付属品はI/OパネルとSATAケーブルx2のみです。
そこはまぁいいのですが、マニュアルがちょっと酷い。
わかりやすい日本語マニュアル付き!と書いてあるのにペラペラの紙が一枚のみです。
他にPCなりネットにつなげる環境でないと組めません。
いいんですよ、別にペラい紙一枚でも。
でもASUSにしてもそうですが、なぜフロントパネルヘッダーの説明を印刷しないのか不思議で仕方ない。
USBやらオーディオ端子なんて見ればわかるんですよ。
フロントパネルヘッダーだけはマニュアル見ないとわからないんですよ。
不満があるとすればそれだけでございます。
メーカーさんにはマニュアルにはフロントパネルヘッダーの説明だけは絶対に載せて欲しいという要望だけだしておきます。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > PRO A520M-C/CSM

slimyさん

  • レビュー投稿数:66件
  • 累計支持数:477人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
14件
1件
スイッチングハブ(ネットワークハブ)
3件
1件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
3件
1件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性4
設定項目4
付属ソフト4

リモート管理のASUS Control Centerが使えると思っていたのですが、マニュアルを読んでいるうちに時間切れ。
特に高価なものでもないですし、PCI付きというところを加点ポイントにして、★5にしました。
諸事情で自宅で組み立てられなかったので、しばらく塩漬けに・・・。


【安定性】
TEAM T-FORCE ZEUS DDR4-3200 8GBx2を使ったのですが、なぜかメモリ速度がDDR4-2400に落とされるので、DDR4-3200固定にしました。
(SPDを見ると、JEDEC DDR4-2400, XMP DDR4-3200だから?)
それ以外は特に問題ない感じです。
ECCメモリも使えるんですね。

つくりはかなり堅牢で、配線パターンとか表面のコーティングとか、スペックに出ないところにも気が配られている気がします。
メモリ2スロットなのもその延長かと。

Windows 10を使ってみましたが、なぜかHDMIが無信号になって、UEFIは出るのWindowsは映らず、修復セットアップとかいろいろ試しましたが復活せず、あきらめて放置していたら2時間後くらいに(Windowsのログイン画面で)復活したという奇妙な現象に逢いました。
4kディスプレイとの相性がきついのかしら。

【互換性】
AM4ですがZen2のCPUのみ対応で、その意味では互換性皆無。
しかしインターフェイスがHENTAI的にすごい。
工場とかで使っていそうなレガシーインターフェイスが勢ぞろい。
バックパネル:
・PS/2マウス
・PS/2キーボード
・RS-232C(COM2)
・D-sub(VGA)
・DVI (-I?)
・HDMI
・USB2.0:2
・USB3.0:4
・ギガビットイーサ:1
・AC97
内蔵ピンヘッダ:
・RS-232C(COM1)
・LPT(IEEE1284)
・USB3.0:1 (2ポート)
・USB2.0:2 (4ポート)
・AC97
・TPM
その他:
・M.2 (M-Key):1
・SATA:4
・PCI(ASM1083経由):1
・PCIe x1:2
・PCIe x16:1
ないのはIEEE1394とSCSI・ATA・フロッピーくらいか?
せっかくなのでPCIのSCSIボード(AHA-19160)をぶっ差してみましたが、さすがにBIOSブートは無理っぽい?


【拡張性】
レガシーインターフェイスはそれぞれ1ポートずつという感じで(RS-232Cだけ2ポート)、拡張性よりはインターフェイスの種類を優先した感じです。
モダンなインターフェイスはM.2×1・SATA×4・PCIEx16×1・PCIEx1×2でm-ATXとしては十分、DisplayPortがないところもGPUで補えますので、なかなか渋いところをついていると思います。

【機能性】
ASUS Control Center ExpressからBIOS設定やアプリ利用のコントロール、リモートKVMまでなんでもできるっぽい感じですが、まだセットアップできておらず・・・。
一応別マシンにHyper-Vを入れたんですが、デプロイ前にASUS Control Center Expressの説明書を見ていたら、
Out of bandのRTL8117を有効にしろとか書かれていて、このマザーそんなのついてないぞ?とかいろいろ確認しているうちに時間切れ(連休終わり)。たぶんいろんな機能が使えないです。

【設定項目】
UEFIが古めかしい・・・。
OCメニューは控えめですが、安定性重視だしいいんじゃないかな。
ASUS Control CenterからUEFI設定をデプロイできるっぽいんですが、今のところやり方が分からず。

【付属ソフト】
CD?DVD?が添付されていますが、ドライブが準備できず中身は不明。
ドライバ一式と最新BIOSはASUSのページから確保。ASUS Control CenterもASUSのページから落とすっぽいです。

【総評】
BIOSレベルからリモート作業できるリモートKVMが使えると思って買いましたが、もしかして使えないんだろうか・・・。
マザー単品で見ると、つくりは堅牢でコスパ的には普通、PCI付きは珍しいですし、CSMなしでも悪くない選択肢だとは思います。
ただ、CPUがZen2世代に限定されますし、特にAPUの選択肢が狭く、システムトータルのコスパはよくないと思います。
とはいえ、ゲーミングじゃない選択肢としてこのマザーはアリだと思います。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意