CPUクーラーすべて ユーザーレビュー

 >  >  > すべて

ユーザーレビュー > パソコン > CPUクーラー > すべて

CPUクーラー のユーザーレビュー

(47件)
RSS

CPUクーラー > Fractal Design > Kelvin S24 FD-WCU-KELVIN-S24-BK [黒]

あずたろうさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:1078件
  • 累計支持数:1760人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
13件
2037件
CPU
12件
966件
SSD
18件
845件
もっと見る
満足度5
デザイン4
冷却性能5
静音性4
取付やすさ4

再生する

製品紹介・使用例
紹介動画

傷だらけ

手持ちのバックプレートで代用

虎徹U(交換前)

KELVIN 交換後

中古で購入です。 Alphacoolのラジエーターということで2500円で買えて楽しみでした。
はじめゴボゴボと泡噛みの音がすごかったですが5分も回せば音は消えましたね。
けれどいつかはクーラントを足す必要がるかもです。
バックプレートは付いてなく、ラジエーターはかなり潰れた個所がありグリス塗るヘラで須戸酢ずつ修正しました。

【デザイン】
光物は全くなくロゴさえ点灯しないですね。 でも基本さえしっかりしてレナそれで十分です。

【冷却性能】
虎徹Uより負荷時に5〜6℃低下しました。 よく冷えてると思います。
PCケースの空気取り込み口が狭いのでFANをもう少し検討しようと思います。

【静音性】
結構静かです。、OCCT時でも煩いとは感じませんでした。

【取付やすさ】
バックプレートが全く別ものを00付けましたうまくいったようです。
正規品だったらもう少しつけやすかったかも。

【総評】
殻割i7 8700K 4.8GHz OCCT Linpak AVXが 70℃未満になり 最高です。
さすがオールカッパー のラジエーターですね。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPUクーラー > Thermaltake > Floe Riing RGB 240 TT Premium Edition CL-W157-PL12SW-A

ころんちゃん♪さん

  • レビュー投稿数:114件
  • 累計支持数:232人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

ケースファン
17件
1件
SSD
9件
0件
ノートパソコン
4件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
冷却性能4
静音性3
取付やすさ5

再生する

再生する

製品紹介・使用例
MSIのBOOSTによる温度の変化

製品紹介・使用例
TT RGB plus の設定画面の録画

Floe Riing RGB 240 TT Premium Editionを取り付ける前は空冷を使用してましたがOCをしているので夏がやばそうなので水冷に変えました。

ファンをコントロールする「TT RGB PLUS」ですがFloe Riing RGB 240を取り付ける前に「Thermaltake Riing Plus 14 RGB Radiator Fan TT Premium Edition」を2個取り付けていたのですがソフトウエア上でエラーNo.1が表示されてました。
Floe Riing RGB 240に付け替えてソフトウエアでファン4個にCPUのポンプを合わせて5個をコントロールするように設定したらNo.1エラーは解消されて問題なく動くようになりました。

ソフトウエアで選ぶ項目は以下のようにします。
CPU : RGB Fitting / FAN : Riing Plus

冷却性能はマザーボード側でCPUファンの回転数等を無効にしないと正常に動かないです。
マザボ側でCPUファン設定がONになっていたりするとエラーがでてPCが起動しなくなったり、CPU温度が70度近く起動しただけで上がってしまいます。
なのでCPUのファン設定は無効にしてマックスで稼働するようにすれば冷却は正常にできるようになります。

ラジエイターにつけているファンは回転数を「TT RGB PLUS」でコントロールしますが2個とも同じ60%の回転速度にしてもファンの個体差によりプラスマイナス50ぐらいの誤差が出ます。
例えば、片方は1210回転ぐらいで、もう片方は1180回転とかになります。

Floe Riing RGB 360 TT Premium Editionのレビューもしていますがケースがキューブ方なのでFloe Riing RGB 240 TT Premium Editionに変えました。使用しているケース上はFloe Riing RGB 280 TT Premium Editionも取り付けることができますが今回は予算の関係上でFloe Riing RGB 240 TT Premium Editionになりました。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPUクーラー > PCCOOLER > CC-05B

あずたろうさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:1078件
  • 累計支持数:1760人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
13件
2037件
CPU
12件
966件
SSD
18件
845件
もっと見る
満足度3
デザイン4
冷却性能3
静音性2
取付やすさ3

再生する

製品紹介・使用例
紹介動画

簡易水冷のような厚紙段ボールケース

リテンションリング

正方向の位置

30度ずらし

取り付けと評価は数日後に再レビューしますが、あまりにも開封しての驚きに一報としてみました。

まず驚いたのが箱の中の収まってるケースです。それは簡易水冷の120mmモデルでも入ってたような厚紙段ボールです。

【デザイン】
高さ148mm設計なので ほぼどのようなケースにも対応されるかと。
ファンのリング部だけが青く光るのがクールな感じで選びました。 またそのリング部は消灯時は真っ黒なプラスチックなので
へぇー、ここが光るのかな?と思わせる感じです。

【取付やすさ】
これと同じようなリテンションの中華製のエントリークーラーは時々見ます。
ネジでの取付けじゃなく、自前のプッシュピンで固定した後に、AMDのクーラーのような引っ掛けて絞り上げる感じでの固定になるようです。 面白いけどプッシュピンが耐えれるのかな^^;
あと方向も30度くらいずらせるようですが、使うことあるのかな^^

【総評】
冷え具合や静音性はっ再レビュー時にまたやります。 エントリーモデルですがなかなか取付けの楽しみがありそうでワクワクしますね^^ 当方としては冷え云々よりしっかり固定が出来ればそれでよいですが。



4/5 追記:
取り付けてみたら重要なことが判明です。 AMDのような引っ掛けて、引き上げる方式ではなく、クーラー本体を60度くらいに傾けて片側を引っ掛けます。 そのあとにレバーっぽい側を押したらリテンションリングが撓んでもう片方も引っかかる感じです。

あと自分のマザーで最低回転数として12.5%まで下げれるのですが、それでも1000rpmは超えてます(ちょっと音出ます)
そしてMAX回転数は2000rpm超えです^^;

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった4人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPUクーラー > LEPA > LPANL12

厚揚公太さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

動画編集ソフト
1件
73件
ケースファン
1件
4件
PCケース
1件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン5
冷却性能3
静音性4
取付やすさ3

再生する

製品紹介・使用例
Thermaltake A500TG Lepa12

ASRock Z390 Phantom Gaming 6で電力制限をしたIntel core i9-9900K (定格)で使用しています。

▼【9900K】データシート通りにしてCINEBENCH R15を走らせてみた!
https://edit-anything.com/blog/used-according-to-the-9900k-data-sheet.html

【デザイン】
サイド部分のLEDの発光パーツが白いのだけが残念ポイントですがフィンも真っ黒でカッコいいです。

【冷却性能】
TDP200Wということだったのでそこそこ使えるだろうと購入しましたが、冬にi9-9900Kを電力制限で使ってもエンコード時には70度以上になることがあるのでさほど冷えないと思います。

【静音性】
使用環境や設定によってかなり異なるので何とも言えませんが今のところは特にうるさいと思ったことはないです。

【取付やすさ】
詳しくはブログに記載していますがネジやスペーサーに取り付ける向きがちゃんとあるのにその説明がマニュアルに載っていなくてまた逆に付けても一応取り付けられるのでちょっと戸惑うかもしれません。

【総評】
完全に見た目だけで購入したので買ってよかったです。ただ、LEDの電力をマザーから取ると白の発色が悪いので付属のケーブルを使って電源から取得した方がいいみたいです。不満な点はLEDの明るさを調整できないことですね。あとサイドのLEDは要らないというかロゴLEDだけ光らせたかったのでロゴLEDとサイドのLEDを別々の制御できれば最高でした。

画像等はブログにたくさん掲載しています。
https://edit-anything.com/blog/cpu-cooler-lepa-lpanl12.html

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPUクーラー > クーラーマスター > I70C RR-I70C-20PK-R1

あずたろうさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:1078件
  • 累計支持数:1760人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
13件
2037件
CPU
12件
966件
SSD
18件
845件
もっと見る
満足度4
デザイン5
冷却性能3
静音性5
取付やすさ5

再生する

製品紹介・使用例
紹介動画

比較

バックプレート貼り付け

 

メモリーとの関係

 

前置き:

小型のシステム、TDPの低いCPU向けのクーラーです。
ヒートシンクのサイズ的にはほぼ純正の物や同系のものと同じです。
真ん中の銅芯部分がちょっと小さいようですが^^;
けど大きな違いは12cmのFANです。
通常はこのサイズだと92mmファンを使ってますが、
これの特徴は大きな口径のFANであるため
冷却の速さや静かさが有利ですね。
そしてなんといっても価格が1300円ちょっと。
これでクーラーとして成り立てば本当に素晴らしいと思います。
もちろん長時間のエンコなどはやらないシステム用として。。


【デザイン】
小型でも12cmFAN搭載の驚く仕様です。 冷えよりも静粛性に重きを置きまして選びました。

【冷却性能】
ヒートシンク本体は標準で付くクーラーと大差ない代物です。 ここはあまり期待しないほうが良いです。

【静音性】
12cmFANで回転数は600rpm台で回ってくれます。

【取付やすさ】
バックプレートは両面テープの貼り付けで取り敢えず位置を仮抑えして表からのネジはスプリングを押しながらのネジ固定になります。
簡単な要領なので何てことなく容易く取付けできます。

【総評】
本当はスイッチでLEDをon/offできれば最良ですが、この価格なのでもう十分でしょう。本当にコスパの良い商品です。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPUクーラー > ANTEC > Mercury360 RGB

bidesanさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ
0件
8件
マザーボード
2件
4件
カーナビ
0件
6件
もっと見る
満足度4
デザイン3
冷却性能4
静音性3
取付やすさ4

再生する

作例
光り方

【デザイン】
アドレサブルRGBではないので光り方はイマイチ
NVIDIAカラーのケースなのでグリーンに光らせてます

【冷却性能】
CPU温度に異常はない むしろケースのエアフローが悪いのが気になってます

【静音性】
ファンの音はほとんど聞こえません

【取付やすさ】
ここが流石のAntec製品
今まで使っていたアマゾンで買ったファン1個の水冷クーラーはバックプレートが固定出来ずクーラーヘッド部分を取り付ける時にネジが抜け落ちてしまったりして取付最悪でした
こちらは取付金具に工夫があってバックプレートだけで固定出来るのでとても取付し易かったです
固定金具にネジ穴を切るだけでこのように簡単に取り付けられるのに安物はホントダメですね ユーザーへの配慮大事です

【総評】
Corsair製と迷って余り予算もかけられないのでこちらにしましたが光り方以外はとても満足しています

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPUクーラー > NZXT > KRAKEN X62 RL-KRX62-01

sakki-noさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:272人
  • ファン数:27人

よく投稿するカテゴリ

CPU
3件
807件
グラフィックボード・ビデオカード
6件
442件
マザーボード
0件
405件
もっと見る
満足度5
デザイン5
冷却性能5
静音性5
取付やすさ5

再生する

製品紹介・使用例

Core i7 9700Kにて使用しています。

【デザイン】
NZXTはケースもそうですがデザインがとてもクールで大好きです。今回はケースもH500にしていますのでとてもマッチしていると思います。

水枕のインフィニティミラーはとても綺麗ですが単色での発光で、ThermaltakeのFloe Riing RGB 360 TT Premium Editionの様にRGBに変化させるパターンが無いようなのでそこはちょっと残念ですね。
でも、光り方はKRAKENの方が落ち着きがあって上品です。

--- ライティング追記 ---

単色での発光パターンしか無いと思っていたのですが、カスタムメニューで円状の発光部分を8ブロックに分割にしてそれぞれのブロックに色を割り当てることでRGBにすることができました。発光状態については動画をご参照ください。

【冷却性能】
最初は360mmラジエターのThermaltake Floe Riing RGB 360 TT Premium Editionを使ったのですが、9700Kが爆熱なのもありますが定格でとてもじゃないですが許容できる温度では無かったので、Ryzen 7 2700X用に買っていおいたこちらを急遽9700Kで使うことにしました。結果はこんな感じです。

定格
■CPU Core Voltage 1.200V(負荷時にはLLC Mode2で1.25V位)/室温25℃
□CPU:OCCT 平均 61℃ / Max 71℃
□CPU:LINPACK AVXチェック無し 平均 69℃ / Max 73℃ 
□CPU:LINPACK AVXチェック有り 数分でで90℃に達してしまうので終了

4.8GHzにOC
■CPU Core Voltage 1.210V(負荷時にはLLC Mode2で1.35V位)/室温25℃
□CPU:OCCT 平均 65℃ / Max 74℃
□CPU:LINPACK AVXチェック無し 平均 78℃ / Max 84℃ 

4.9GHzにOC
■CPU Core Voltage 1.220V(負荷時にはLLC Mode2で1.35V位)/室温25℃
□CPU:OCCT 平均 68℃ / Max 78℃
□CPU:LINPACK AVXチェック無し 平均 80℃ / Max 89℃ 

5GHzにOC
■CPU Core Voltage 1.250V(負荷時にはLLC Mode2で1.35V位)/室温25℃
□CPU:OCCT 平均 73℃ / Max 83℃
□CPU:LINPACK AVXチェック無し 数分で90℃に達して終了させた 

OCCTでのストレステスト時の温度はThermaltake Floe Riing RGB 360 TT Premium Editionと比べて10℃位下がったのでかなり冷却性能は高いと思います。それでも9700Kは爆熱ですけどね^^;

--- 冷却性能追記 ---

その後CPUグリスをThermal Grizzly Kryonautに変更しましたところ、さらに温度を下げることができました。

検証時間 15分 室温22.5℃
□CPU:OCCT 平均 52℃ / Max 56℃
□CPU:LINPACK AVXチェック無し 平均 62 / Max 64℃ 
□CPU:LINPACK AVXチェック有り 平均 72 / Max 74℃

【静音性】
全くもって無音。静かです。

【取り付けやすさ】
これは簡易水冷としては普通ですね。ていうか、Thermaltakeのを2種類、CorsairそしてKRAKENと使ってますが、どれもバックプレートや水枕にかます金具等が同じ?にしか思えないので多分作ってる会社は同じなんじゃないかと思います。つまり、どれも取り付け手順は同じですし、取り付けやすさは同じだと思います。

KRAKEN X62は最近価格の変動も結構ありますし、在庫のあるショップが出たり消えたりしてるのでもう終息に向かってるんでしょうか。なので、2700X用にもう一個買っておこうかなと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった7人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPUクーラー > サイズ > 虎徹 MarkII SCKTT-2000

あずたろうさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:1078件
  • 累計支持数:1760人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
13件
2037件
CPU
12件
966件
SSD
18件
845件
もっと見る
満足度4
デザイン4
冷却性能4
静音性5
取付やすさ5

再生する

製品紹介・使用例
紹介動画

OCCT LINPPACK AVX

   

最大温度コアのグラフ

   

【デザイン】
・取っ手付き新型ワイヤークリップ
IZUNAで慣れたので今はもう昔の阿修羅や初代虎徹のようなファンクリップよりも便利かもと思えるようになってきましたね。
残念なのはファンを1つ分しか付けられない(クリップが1組分)なことです。
阿修羅の時は2組分が同梱されてました。

・新型スプリングスクリュー仕様「ブリッジ式リテンション」
逆にこれがやや心配です。 ネジを締めきれば最適な固定圧が得られると書かれてますが、2本のネジを交互に締めていっても最後まで締めこまなくてもクーラー本体がガッチリと取り付いて少しもがたつきを感じません。ほんとに一番最後まで締めて大丈夫なのか。。 
アマゾンのレビューを見てたら締めすぎたら動作しなくなったとかブルスクになったとか見受けられます(笑)
クーラー本体を掴んで左右に振っても動かないなら十分じゃないかしら。

・冷却ファンKAZE FLEX 1200RPMというのが若干心許ないけど静音を狙ったのでしょう。
一応OCCTテストもしましたが今の晩秋11月の気温(室温)ではあまり意味ないかもですね。


【冷却性能】
室温20℃(20.1℃)にてOCCT LINPACKをテストしました。 最大CPU温度は63℃でしたね。
単純に室温が30℃ならばCPU温度は73℃でしたら心配要らないレベルだと期待します。
(そんなに綺麗に比例加算で行ければ良いですが。。)

【静音性】
さすがにこれは静かだと認めます。
というかOCCTで63℃MAXなのでファンの回転数は980rpmなのですから^^;
夏場の70℃超えのときに1200rpm近くまで上がればもう少し五月蠅くなるでしょう。

【取付やすさ】
バックプレートに4本のネジが外れないように付けられてるので大変ありがたく、また作業的に便利ですね。
そしてオフセットのあるクーラー本体のおかげでメモリーとも全く干渉も無く、その隙間も広めなので安心感もあります。
ナローフィンで最後の2本のネジ締めも見易くラクに作業出来ます。 これまで奥行きのある大きなクーラーも試してますが
その大きさと冷え具合は必ずしも比例したものではないです。 ただデカい・重いだけでは済まされないフィン構造yやエアフロー通貨構造の大事さがあるように思えます。

【総評】
i5 8400では多少オーバーなクーラーかもしれません。 けれど3400円程度で買えるなら最高の冷却ユニットではないでしょうか。
まぁ流行りの電飾光ものとは一線を画すものではあります。 あと簡易水冷は当たり外れ大きいし経年での故障もよくあります。
空冷シンプルなクーラーはこの点で心配要らずなものだと思ってます。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPUクーラー > Thermaltake > Floe Riing RGB 360 TT Premium Edition CL-W158-PL12SW-A

ころんちゃん♪さん

  • レビュー投稿数:114件
  • 累計支持数:232人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

ケースファン
17件
1件
SSD
9件
0件
ノートパソコン
4件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
冷却性能5
静音性4
取付やすさ4

再生する

製品紹介・使用例
動画を撮ってみた

取り付けたばかりの状態

ブルー正面

ブルーサイド側

水冷は9月に別のものを購入して使ってましたが変な音がするのでこちらの3連に換装しました。

最初にリアファン側にチューブを付けたらリアファンが取り付けできなくなって急遽変更しました。
チューブが短くてギリギリの状態で固定してます。

ファンの色をブルーに変えるのに「Riing Plus RGB」の設定でピンの設定が英語でよくわからなくて20回以上電源のオン・オフを繰り返して3時間かけて好みの色に設定できました。

説明書が英語なので大変です!

AM4の取付が一部チューブと干渉して手でネジの固定ができなくてドライバーで何とか固定しました。

デジタルライティングコントローラは2個連結してありますのでラジエイターに取り付けてるファンを合わせて7個です。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPUクーラー > ANTEC > Mercury120 RGB

あずたろうさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:1078件
  • 累計支持数:1760人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
13件
2037件
CPU
12件
966件
SSD
18件
845件
もっと見る
満足度3
デザイン4
冷却性能3
静音性4
取付やすさ3

再生する

製品紹介・使用例
紹介動画

検査合格証

ASUS AURA

【デザイン】
これは光もの主義の特化したモデルです。ベースはMercury120と何ら変わらない仕様のようです。
動画をご覧いただければシンクロした光がよい感じですね。 カラーは現在マザーのRGB機能 AURAのツールで好きな設定にできます。

【冷却性能】
室温(26.0℃)に対してアイドル時で29〜31℃を表示してます。 僅かながら前のFSPの空冷AC-601よりは劣るくらい。Idle 特には問題なしです。負荷時OCCTでは70℃まで行ってました。(AC-601は66℃) これはマザーのファンコントロール設定にも依りますし147
0rpmでしたのでもう少し高回転寄りの設定にしてみようかと思います。
けれど冷却性能を重んじての購入なら240mmのほうを選ぶのでここは気にしてないです。

【静音性】
1470rpmで少しファン音が煩くなりました。早朝の静かな時間なのでよく判断できます。
PC起動時とかはほぼ無音に近いです。 ケースのサイドパネルを開けるとポンプヘッドあたりからファン音じゃない音が聞こえてきます。 このポンプ、総評にも書きますがMax状態で回してるのである程度は仕方ないかと思います。

【取付やすさ】
これはMercury120のレビューの方も書かれてますが、ネジ等一部のパーツが他のAMD用の袋に入ってたりと困惑させるパーツ添付は拙いですね。 あとラジエーターをPCへ取り付けるネジが回り難く、そのまま無理にやるとネジ穴を壊しそうなくらいな個所もありました。
おそらくですが塗装のせいで入りにくい状態になってたのかもです。

【総評】
回路接続的にポンプの回転数表示は見れないです。 ラジエーターのファンをCPU_FANに繋ぐのでそれだけの表示のみです。
当然にBIOS内でもポンプ回転数はN/Aになってます。
SATA電源からポンプヘッドの繋ぐので12Vがそのままで印加され最大回転してると思います。
3.5L/minの謳い文句もそのせいでもあるのかもしれません。
あとマニュアルは見難いので改善を要求したいですね。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPUクーラー > SILVERSTONE > SST-AR11

あずたろうさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:1078件
  • 累計支持数:1760人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
13件
2037件
CPU
12件
966件
SSD
18件
845件
もっと見る
満足度3
デザイン4
冷却性能3
静音性2
取付やすさ4

再生する

再生する

製品紹介・使用例
紹介動画

製品紹介・使用例
起動

9/30  CPU付属クーラー

10/01 AR11

はじめは何処か干渉してるのかな? と思ってたくらいでした。(4本の脚が綺麗に嵌ってない)
でもそれは杞憂でした。背面からのナット締めで間に挟むゴムのスペーサーが軽く潰れてしっかり固定されます。
デザイン(造り)や見た目は良い感じです。
47o高という仕様もその通りでした。 CRIORIG C7と同様 Chopinにキレイに収まります。
クーラーマスターのクーラーは高さを詐称してましたので返品しました。
というかCPU付属のクーラーも46oありますので寸法が正確なら変わず収まると思います^^

冷却性能はやはり大して変わりないです。
CPU付属クーラー  OCCT Max 65℃  (室温25.5℃ 9/30)
このクーラー         〃    64℃  (室温25.3℃ 10/01)

静音性が これまでクーラーと違い 少々煩いです。
PC起動時や 高負荷時には高回転になりますのでノイズが気になります。
高回転の割にそれほど冷えてない(笑)
総合的にみたら付属クーラーが静かでベストな感じです^^

今回も中古(新古品)購入です。 CRYORIG C7は 中古を2900円にて購入、3200円で売却なのですが
今回はそう旨くは行きそうにないのでしばらく使ってみることにします(笑)

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPUクーラー > クーラーマスター > X Dream P115 RR-X115-40PK-R1

あずたろうさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:1078件
  • 累計支持数:1760人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
13件
2037件
CPU
12件
966件
SSD
18件
845件
もっと見る
満足度1
デザイン無評価
冷却性能2
静音性4
取付やすさ4

再生する

製品紹介・使用例
紹介動画

@ Cryorig C7

A クーラーマスター X Dream

B G4560 付属クーラー

高さ47mmとあったので、余ったポイントで買ってみた。

当方のPCケースChopinにはCryorigの C7 (高さ47mm)が入ったので安心して購入でした。

しかしその実、ケースカバーは閉まらず、メッシュ部の取り付けを緩めて何とか閉まるようにはしましたが、

やはり5mmものズレは大きく、ファンの可動部じゃない部分での干渉はありました。

そして冷却性能も比較してみました。

取りついてた順にOCCTで測ってみました。(室温28℃)

@ Cryorig C7     最大69℃
A このクーラー    最大70℃
B CPU付属クーラー 最大70℃

どの外製クーラーも意味が殆どないので、Bのクーラーに戻しました(笑)

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPUクーラー > CRYORIG > CRYORIG C7

あずたろうさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:1078件
  • 累計支持数:1760人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
13件
2037件
CPU
12件
966件
SSD
18件
845件
もっと見る
満足度3
デザイン4
冷却性能2
静音性3
取付やすさ4

再生する

製品紹介・使用例
紹介動画

内容一式 奥にソケットレンチも見えます

マザー裏面  六角ネジの上下方向を間違えました^^;(これが正解)

CPU付属クーラーでの テスト

このクーラー  終了時にはMax60℃でした

サイドカバー 閉まりました

【デザイン】

デザイン的には良いんだけどね。 ロープロ Mini-ITXクーラーとしては他にNoctureの NH-9iくらいしか評判良さげなのは見当たらない。

【冷却性能】

まぁこれを期待しましたけど。。 付属のクーラーと比較して、 アイドル時変わらず、Cnebench R15時で−3℃頑張ってくれただけでした(笑)
今日は雨で気温も26℃です。  アイドル時34〜35℃  Cinebench時 60℃でした。
やはりこの手の小型のクーラーは期待しちゃいけませんね。

【静音性】

これは付属クーラーと同じでマザー設定にも依りますが静穏にも可能だと思います。

【取付やすさ】

初めはバックプレート取り付けで出来たかなと思ったけど、どうも浮いてたようで当方のMini-ITXマザーには無理でした。
結局ネジとスペーサーのみの取り付けへ変えて使えるようになりました。

【総評】
中古品をオークション購入しました。
PCケースは IN WINの Chopinですが入りました。(Max44mm 規格)  サイドのメッシュを少しでも押せばすぐにファンに接触してしまいますが^^;
まぁそういう取り付けに関してはOKでした。 けれど冷却性は正直ガッカリですね。
猛暑の先月辺りならどうなんでしょうね。 室温は34、5℃近くありましたから。
(実は付属クーラーだったので見るのが怖くて見ておりません(笑))
まぁ負荷時に3℃だけでも下がったということに納得して付き合っていこうかと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPUクーラー > Corsair > H150i PRO RGB CW-9060031-WW

nantonaraさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPUクーラー
1件
0件
SSD
1件
0件
PCケース
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
冷却性能5
静音性4
取付やすさ5

再生する

製品紹介・使用例
ネオン街!!

 

 

初めて水冷のCPUクーラーを購入するので、液漏れを考えると初心者には簡易水冷の方が良いだろうと思い、H150i PRO RGB CW-9060031-WWかWater 3.0 Riing Edition CL-W108-PL12SW-Aのどちらかを検討。
PC内を派手に光らせるつもりはないので、他の方のレビューを読んで、冷却能力の高そうなH150i PRO RGB CW-9060031-WWを選び取り付けました。

360mmサイズは、ミドルサイズPCケースにはぎりぎりの長さですが、もともとHDケースもなく(オールSSD)、前面ファンも下部に1基だけなので、斜めに差し入れて問題なく天板下に装着。各電源コードも取説のイラストで接続完了。(作業時間1時間かかりました。(@@;)

PCを起動させると、今までと変わらない程度のファン音で、何事もないかの如く機能しました。
さて性能は、他の方のレビューどおり、簡易水冷式でお手軽ながらそれまでの空冷標準機より確実に低温下しました。特に動画編集のエンコードや、その動画を大量移動コピーなどの作業では10度以上の低温下を確認しました。

耐久性はこれからですが5年保証の謳い文句通り、5年は問題なく駆動してもらいたいものです。
それにしても、先日入れ替えたPCケースの約5倍の値段!PC遊びは金掛かります!笑

(その後)取り付け後、連日の猛暑のなか、どれぐらいの冷却効果があるのか、測定していましたが、どんなパソコンの使用状態でも、ほぼ室温+5度ぐらいに収まっています。
また、手元にあった120ミリファンをさらにサンドイッチ状にラジエーターを挟んで計6個のファンで測定してみましたが、あまり大きな変化はなく、3枚のファンで効果が出るように設計してあるみたいです。無駄骨!笑
今後、PCケーストップ位置取り付けているラジエーター部をケースフロントに取り付けて、測定してみようかと予定しています。トップの場合は排気方向で冷却しているのを、フロントでは吸気冷却になるので、どういう違いがあるか?比較できれば面白いかと思っています。
PCケース内の動画もアップしました。ネオン街状態です!爆



レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった4人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPUクーラー > FSP > AC601

あずたろうさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:1078件
  • 累計支持数:1760人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
13件
2037件
CPU
12件
966件
SSD
18件
845件
もっと見る
満足度5
デザイン5
冷却性能4
静音性5
取付やすさ4

再生する

製品紹介・使用例
紹介

造型が美しいのは好きです

掴んでもIZUNAのように痛くはない(笑)

Intel & AMD兼用なバックプレート

Cross barと3oネジ これだけはドライバー締め要

稼働状態

Linpack AVX結果 室温29.6℃

取付自体は最後のCross bar(サイズで言うところのマゥンティング・バー)を締め付ける以外は、手作業だけでできるのが良かった。
そしてマザーボードを外さなくても設置が易々と出来た。
Cross barの件は、抑々ヒートシンクとネジとの隙間が少なく、手を入れてローレットネジでも難しいくらいだから仕方ないところです。
ヒートシンクが美しいですね。1枚1枚の間隔も詰まってて狭めです。そして厚みは阿修羅の倍くらいはありますね。
ということはファンは静圧高くないと風は抜けれないでしょうね。

Intel LGA 775 & 115XシリーズとAMDの各シリーズ向けに同じパーツにて付けられる点も設計が素晴らしいと思いました。
またパーツ精度もよく、各ネジがスムーズに回らなかったことは無かったです。

問題は高さくらいでしょうか。 165oありますので この点だけは注意しましょう。
賭けに出た私は残念ながら負けてサイドカバー閉められませんでした^^;
(いずれアクリル加工しますので)

冷え具合は前のクーラーがサイズのIZUNA との比較になります。
(但し、サイドパネルは今回開けっぱなしです・・風は当ててません)



サイズ IZUNA (バックプレート化)
【室温 28.3℃】  
・最小温度        31℃
・Cinebench R15     59℃
・OCCT Linpack AVX 77℃


FSP AC601 (サイドパネル開放)
【室温 29.6℃】
・最小温度        31℃
・Cinebench R15     55℃
・OCCT Linpack AVX 73℃


CPU・・ i5 8400
その他PCファン・・ 背面12cm排気のみ

※単純比較にはなりませんが、冷えについてはおそらく予想程度の改善はできてます。

また Linpack実行中でも最大で1300rpmでしたし開放状態でも煩さはまったく感じません。

少し前に280o簡易水冷も使ってましたが同等には冷えてる上に、ファンノイズはさすが静かな空冷です。
これで安心な気持ちで猛暑の中でも使用していけそうです。






 

比較製品
サイズ > IZUNA SCIZN-1000I
レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(CPUクーラー)

ご注意