CPUすべて ユーザーレビュー

 >  >  > すべて

ユーザーレビュー > パソコン > CPU > すべて

CPU のユーザーレビュー

(9002件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
モニタレビュー
CPU > インテル > Core i9 10900KF BOX

あずたろうさん 銀メダル

  • レビュー投稿数:4194件
  • 累計支持数:6031人
  • ファン数:50人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
23件
6179件
デスクトップパソコン
9件
3398件
CPU
25件
2967件
もっと見る
満足度4
処理速度4
安定性5
省電力性2
互換性4

再生する

製品紹介・使用例
紹介

 

 

販売価格でも5万ちょい。
そして自分は4万ちょうどで、譲ってもらいました。
ただ、起動するまでは本当に心配はありました。
この価格なので、もしかしたら?と言う想いも拭い切れなかった。

使ってみては、以前使用してたFなし10900Kよりは石としての、素性が悪そうです。
今回は本当に常陽域でも温度が高そうです。
AutoにてCinebench R20 で1.220V掛けて、最大78℃です。(室温24℃)
冷却は簡易水冷360oです。
それでもCPUの負荷時でそれですから、通常使用では問題はないでしょう。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 9 3900 バルク

nekomofumofuさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5

Ryzen 5 3600から交換して2週間使用。
ゲーム実況配信用に購入。
【処理速度】
マインクラフトダンジョンズ+フェイスリグ+OBS(1920×1080出力、
fester、60FPS設定、7000kbps)を問題なくこなせています。
【安定性】
まだ止まったり落ちたりなどはありません。
【省電力性】
Core Temp 1.16を見ながらやってますが、省エネって感じで良いです。
【互換性】
問題なし。さすがAMD。
【総評】
Ryzen 5 3600から変えた理由は1920×1080の出力でゲーム実況を
してみたかったからです。
CPUファンは無限五 リビジョンBにファンを2個付けて使用。
ゲームだけだと76℃位で、OBSで配信を始めると90℃に達することがあります。
しかし、12コア24スレッドの恩恵は大きく、配信をなんなくこなせます。
今後、ケースやマザーボードなど色々と変えて試していくつもりですが
買って良かったと思いました。


【追記】2021年5月8日
Antec P5→Antec P10 FLUX
ASRock B450M Pro4→B450M Steel Legend

先日、上記の様にケースとマザーボードを交換。
配信中のCPU温度は78℃〜80℃に落ち着きました。
静音性は少し無くなりましたが安心感が。
maxクロックも4.1Hzから4.25Hz位になりました。

参考になった2人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Core i9 11900K BOX

ariニャンさん

  • レビュー投稿数:67件
  • 累計支持数:1617人
  • ファン数:28人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
14件
25件
レンズ
27件
6件
プリンタ
2件
1件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性5

時間があったので、実際にいろいろ試してみました。

Adobeのスーパー解像度:
EOS Ra 3000万画素の元画像にメニューから強化を選び、スーパー解像度を試してみました。
Core i9 11900K 完了まで1分13秒ほど
Core i7-8700K ほぼほぼ5分
GTX 1080の力を借りると、7秒ほどで完了



Nero AI Photo Tagger
160枚の写真をAIタグ付け
Core i9 11900Kで7秒一枚当たり0.05秒で完了
Core i7-8700Kだと49秒一枚当たり0.31秒で完了


Topaz DeNoise AI
EOS Ra 3000万画素の元画像にDeNoise AI処理を
Core i9 11900Kで16秒ほど
Core i7-8700Kだと96秒ほど
Quadro P620グラフィックカードで36秒ほどで完了となりました。


有料の画像、動画編集ソフトのすべてを触ったことはありませんが、ほぼほぼIntelのCPUまたはAppleに最適化されている感じなので、Core i9 11900Kは本番でかなり早いCPUでした。
発熱問題も上記のソフトウエアでのテストではIntel UHD Graphics 750がメインで働いていたので、CPUの温度上昇はありませんでした。

また、上記や下記の本番テスト中、記憶域のプールのソフトウエアRAIDから読み込み書き込みしながら複数のアプリを稼働させていましたが、クラッシュ一つない安定した動作でした。


以上



Z590-A PRO 空冷ファン
メモリー PC-3200 32GB
SSD トランセンド TS1TMTE240S
グラフィックカード GeForce GTX 1080
電源 Corsair 750W

主に写真の現像と簡単な動画編集で使っています。


古くなったパソコンを新調するためにCPUを探しているところ、Intelから11世代のCPUが春辺りに出ると言うことで、このタイミングで購入しています。
Core i9 11900Kは品薄らしく、販売当日に購入するのを半分諦めていましたが運良くネットショップにある在庫を購入できたのが幸いです。

最悪な評価に近いレビューが多そうなCPUなので、買って損したかな…と購入当初は少し後悔しながら昨日やっと組み立てて稼働できたので、実用レベルでどれだけ早くなったのか試した結果をレビューしたいと思います。



確かに消費電力が半端ないです。
マザーボードのBIOSをアップデートすることで、Intel ABT (Adaptive Boost Technology)なるものが使えるようになるらしく早速試してみましたが、ベンチマークソフトCinebench R23を実行すると、270Wまで消費電力が跳ね上がります。
空冷式CPUファンだと、室内温度23℃で4分も稼働すると100℃のリミット温度まで簡単に上がっていまいます。
それ以降は、上限100℃になるよう260W付近で稼働。
2回、マルチコアで計測したところ15800前後の評価だったので電力抑制させながらも意外と高評価のスコアに少々、驚きです。


実際の使用状況を見てみると、
キヤノン現像ソフトDPP、EOS Ra or Rの3000万画素RAW 40枚を一括でTiff16bitで現像テスト
Core i9 11900K 完了時間4分46秒 CPU温度60℃~78℃ おおよそ226W
比較にCore i7-8700K 完了時間9分ほど


Adobe Photoshop CC EOS Ra or Rの3000万画素RAW100枚を一括でTiff16bitで現像テスト
Core i9 11900K 完了時間2分20秒 CPU温度72℃~80℃ おおよそ232W
試しに1000枚のRAWを一括現像してもCPU温度は80℃以下を保持。

写真現像でしたら、空冷式ファンでも動作に問題は見られず。


EDIUS 9で動画のエンコード
4K 14分 46Mbps 47GBの動画をH.264 4K 100MbpsへQSVエンコード
Core i9 11900K QSV 完了時間7分 温度70℃~80℃ おおよそ192W
比較にCore i7-8700K QSV 完了時間10分ほど

4K 14分 46Mbps 47GBの動画をH.265 4K 65Mbpsへエンコード 
Core i9 11900K QSV 完了時間16分 温度50℃~60℃ おおよそ120W
比較にCore i7-8700K QSV 完了時間23分ほど

GeForce GTX 1080のハードウエアエンコードだと約7分で完了します。


EDIUS 9を使って素人が適当に編集エンコードする程度ならCPU温度の上昇の心配はなさそうです。


ゲームベンチマークテストのFF XIVを動かしていても、CPU温度は70℃前後だったのでネットレビューで騒がれるほどの温度上昇は、実用レベルでの動作では見られずに。



Cinebench R23でテストしてみるとヤバイ温度まで上昇するので、早急に水冷式ファンを買わなくては…と思っておりましたが実用レベルでの動作では現状の空冷式ファンでも大丈夫そうな感じです。




最新式のIntelのCPUだけあって、遅いと評判のDPPの現像行程もスルスルと進みます。QSVエンコードもより早くなったので、EDIUS 9を使い続ける限り最新のグラフィックカードは必要なさそうです。

唯一残念なのが、Intel UHD Graphics 750からのパソコン用のモニターへ10bit出力に2021/04/10現時点で対応していないのが痛いところです。
写真や動画などの編集に使うカラーマネジメントモニターへの10bit入力が現状不可能なので、Quadro系または一部のGeForce系のグラフィックカードを使わないとPhotoshop CCで言うところの30bit(RGB各10bitの総和?)ディスプレイ表示ができないところが唯一の欠点でしょうか。

そこさえ将来のバージョンアップで対応してくれたら、写真や動画編集パソコンで最もお得なCPUになれそうな感じがします。



ディープラーニング、AI?というのか専用の命令セットIntel Deep Learning Boost(AVX512/VNNI)も搭載してきたので、将来的にはPhotoshopやDPPなどでディープラーニング式のノイズ除去や自動選択、EDIUSの動画編集でも力を発揮しそうなので将来性が楽しみです。


ベンチマークテストではあまり良い評判を見ませんが、実務レベルだと普通に早いのとグラフィック内蔵なので10bit出力さえ諦めれば、写真と動画編集用にグラフィックカードが要らないまたは、低スペックで十分なのでトータル出費でみたらお得なCPUかもしれません。
※写真現像だけならグラフィックカードの力は1%も使ってくれません。



レベル
自作経験あり

参考になった13人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Core i5 3550S BOX

Takesi_38さん

  • レビュー投稿数:1621件
  • 累計支持数:4393人
  • ファン数:19人

よく投稿するカテゴリ

CPU
119件
0件
メモリー
114件
5件
SSD
91件
11件
もっと見る
満足度4
処理速度4
安定性5
省電力性3
互換性3

CPUはコア4つあり今でもエントリークラスの性能を持っている

CPU内臓のGPUはHD2500 今となっては少々厳しい

比較参考用】所有の i5 3550 のスコア

処理速度】
「S」なしと比較すると、定格時が3.3GHzから3.0GHzに抑えられておりTDPが77Wから65Wとなっている。しかしブースト時はどちらも最高で3.7GHzまで上がる。性格的に少しエコです。という印象だが。。。
上記以外では基本同じ。内臓のGPUも共にHD2500となっている。※HD2000より気持ち性能が上だが。
Win10-PCとして、GPU性能はエントリーとも言えない低性能なので、出来ればグラボ増設構成としたくなる。

CPU部はコアが4つあるので、まだ普通に使えます。ここはいまでもエントリークラス並み。
(画像ご参考まで)

安定性】
定格仕様、至って安定。高負荷となるベンチを回しても平気。


省電力性】
これまでの経験から仕様のTDP数値ってなに?ってぐらい「S」なしとほとんど変わらない印象であったのだが、、、個体差なのかな。
PC単体ワットチェッカー読みで、アイドル時17/ベンチ時60W。
「S」なしは
アイドル/負荷時:26/78W(ベンチ中の瞬間最高は81W)。

構成的にはストレージがコッチはSSDで他はほぼ同じ。ぁら?w SSD/HDDの差を考慮したとしても結構違うな。


互換性】
短命ソケット互換性は低い。


総評】
光学ディスク内蔵、電源ユニット内臓筐体としてコンパクトなDELL-PCで、内部の空間余裕ないので、発熱-冷却面考慮してコレを採用しているご様子。

今回は「S」付を「ちょっと見直した」感じになりました。ノーマルの石と比較して省電力面が優秀なので結果電力性能で上をいく製品でした。個体差のアタリ・ハズレもあったのか、過去経験では「S」付にメリットを見いだせなかったのです。

比較製品
インテル > Core i5 3550 BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 9 3900X BOX

チャダ2501さん

  • レビュー投稿数:95件
  • 累計支持数:239人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
14件
21件
PC用テレビチューナー
1件
18件
デジタル一眼カメラ
6件
8件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性無評価
省電力性無評価
互換性5

【処理速度】

文句なしです。

【安定性】

USB周りの不安定さに泣かされる。

【省電力性】

悪くは無いのではと。

【互換性】

X370のマザーにも乗るのだから、文句をつける事などありません。

【総評】

CPU単体の問題ではないかもしれませんが、USB周りの不安定さは何とかなりませんかね?
最新のBIOSでかなりマシになりましたが、液晶タブレットでペンが反応しなくなる事が頻発します。
原因の特定はできていませんが、BLUETOOTH接続の10キーが待機状態に入った後復帰しなくります。
何処に原因があるのか判断できず、非常に困りました。
性能だけで言えば文句なしなのです。
ここまでコア数が多いと、クリスタとフォトショップを同時に立ち上げてもビクともしません。3600Xも、ソフト単体で使う分には十分な性能を発揮しますが、クリスタとフォトショップを同時に動かすとかなり重たくなります。
その点、このCPUは何にも引っかかる事なく作業できます。
性能は素晴らしいので、AMDさん。USB周りの不具合を解決してもらえませんかね??

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 9 3900 バルク

七転六起さん

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:105人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
20件
自動車(本体)
0件
16件
CPU
3件
9件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性5
互換性4

24スレッド負荷

12スレッド負荷

6スレッド負荷

   

2スレッド負荷

   

【構成】
CPU:RYZEN9 3900(RIZEN5 3500からCPUのみ換装)
M/B:MSI B450 TOMAHAWK MAX
MEM:TEAM Elite Plus DDR4-3200 8GB*2
VGA:玄人志向Radeon RX560 RD-RX560-E2GB/OC REV2.0
電源:玄人志向KRPW-N600W/85+
CPUクーラー:峰COOLER Rev.B SCMN-1100(12cm1200rpmPWMファンへ換装)
SSD:SanDisk SSD PLUS SDSSA240G

【処理速度】
ベースクロックから持つイメージよりも遥かに高速です。
デフォルト運用で、軽度の作業又は、高負荷でもスレッド数が少ないと最大クロック、全コアフルロードの場合でも3.8GHzで動作します。ベースクロックの3.1GHzといった低いクロックで動作することはまずありません(省電力の電源設定なら下がるかもしれませんが…)。

【安定性】
換装時はいろいろトラブルがありましたが(後述)、諸問題解決後は安定しています。

【省電力性】
TDP65W以下となるよう、きっちり制御されています。
時々いわれる、TDPは目安だよなんてことはありません。
逆にこれだけ余裕があるのだから発熱が少ない時はもっとクロックアップしてもいいのに…と物足りなく思うくらいです。

【互換性】
調整した末ですがデフォルト安定稼働していますので、互換性は問題無いと判断します。

調整が必要となった主要因は、ほんの時々プチフリーズが発生し、元々は不要と考えていたのですが、他者からのアドバイスもありBIOSを最新(5000対応版)へ更新したところブルースクリーン+突然の電源断が頻発するようになったためです。
原因は元々マザーとメモリの相性が悪かったものが、BIOS更新により動作に影響が出るような状態となったものです。
対応としては、@メモリを手動で1333に設定、ABIOSを安定稼働するまで戻す、B一応稼働するようになったが、念のためOSクリーンインストールを行いました。

【総評】
非常に良いCPUです。
京都寺町のパソコン工房で43,780円に商品券2,000バックの実質41,780円で購入しました。
これまで、1万円台のCPUしか購入した事がなかったのですが、この価格でこの性能で省電力のCPUを購入するチャンスは今を逃したら無いと考え、思い切って購入しました。

いろいろ試して興味深かったのは、TDPをきっちり守るよう制御されているので、65Wを超えるとクロックダウンします。
2,4,6,8スレッド……と負荷をかけるスレッド数を増やしていくと、当然スレッドが増える毎にクロックは低下するのですが、CPU温度も6スレッド付近をピークにスレッドが増えるほど下がっていきます。
CPUの消費電力を確認すると、2〜6スレッド時は30W〜60Wであるため、ほぼ最大クロック付近で動作しますが、8スレッドから上は65Wに到達し横ばいとなります。

普段はOCはしないのですが、あまりにも余裕を残している印象のため
RYZEN MASTERの自動オーバークロックを試してみました。
スレッド数を減らしても最大クロックは変わらず。全コアフルロード時のクロックは4〜4.1GHz。CPUの消費電力は最大110W、CPU温度は最大85度前後でした。

余力は残しているものの、OCしても最大クロックが上がらないこと、気温20度程度で最高85度の発熱であることから、当然ながら高クロックが苦手な選別落ちの個体であると考えられ、定格運用であれば最高にコストパフォーマンスが高いが、オーバークロックしてまで使用するものではないという印象です。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 9 5950X BOX

aoaoaoaさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
2件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性4
省電力性3
互換性3

2600Kからの買い増しです。
主な用途は動画編集でゲームやOCなどはやりません。
5950X、2600Kともに定格のままで購入して約2週間でのレビューです。

VegasPro17で動画9本を1920×1080(ビットレート 12〜24Mbit/s 29.9fps 15分) 中にタイル状に並べ、尺が短い動画は最長尺の動画に合わせ繰り返して再生するよう連続貼り付けし、2600Kと5950XそれぞれCPUのみ(VegasでのIGPUやDGPUの支援をオフ)でエンコードしました。
なお、編集用元動画の内訳は次のとおりです。
 フレームサイズ:縦長 概ね460×645 etc...
 ファイルサイズ:70 〜 920Mbyte
 ビットレート:4 〜 12Mbit すべて29.9fps VBR
 動画尺:30秒 〜 15分

結果は
 2600K グラボ無し。
 エンコード時間:100分、CPU使用率:95%前後、CPU温度:50℃前後、システム消費電力:120〜130W(アイドル時は50W 前後)
 ※高い数値はブラウザやもう1つVegasPro17を起動していた際の値です。

 5950X
 エンコード時間: 40分、CPU使用率:30〜45%、CPU温度:60〜70℃、システム消費電力:205〜225W 前後(アイドル時は33℃ 前後、90W 前後)、GPU使用率:1〜3%
 ※高い数値はブラウザやもう1つVegasPro17を起動していた際の値です。

 参考 5950X + NVENCエンコード時
 エンコード時間: 40分、CPU使用率:20%前後、CPU温度:60〜64℃、システム消費電力:200W弱、GPU使用率:20〜25%
 でした。


以下は上記エンコード結果を踏まえた所感です。

処理速度 4
 十分な速度です。
 10年前に3万円弱で買えたCPUと最新11万円前後のCPUの性能差としては平時の反応速度もそれほど変わらず、実際にエンコードした結果を比較してみると期待値が高かったせいもあり少し物足りない気もしました。
 とはいえ、今回のエンコード比較において40分程度なら風呂に入ったり他の作業をしながら時間をつぶせますが、1時間40分となるとそこそこ長く、持て余すほどの時間だと思いますのでこの差はやはり大きいのかなと感じます。

安定性 4
 上記条件でのエンコード中、5950XのPCで同時にYouTubeやヤフーなどWebを閲覧しながらもう1つVegasProを開いて軽い編集作業をしていましたが、CPU使用率は終始40%前後のまま安定しており、画面がカクツいたり反応が止まるなどはありませんでしたし、CPUファンにも特段変化はありませんでした。ただし、他の作業をガンガン行うとどうなるか分かりません。
 2600Kでも同時にYouTube閲覧やもう一つVegasPro17を開いて編集をするとマウスや画面表示などにもたつきがありエンコードのみの時点でファンは全開でしたが、エンコード自体は完走できました。

 ちなみに5950Xでエンコードしながら8K 60FPSのYoutube動画を再生したところ、VegasのファイルI/OタブにあるGPUデコード支援等のオプションをオフの場合は再生できませんでしたが、GPU支援をオンにしたころ15秒に1,2秒遅延する程度には再生可能で、エンコードが止まることもありませんでした。
 かなり限られた条件からですが、CPUに起因する不安定要素はないように見受けられます。

省電力 3
 あまり良くない印象です。 特にアイドル時の消費電力が90W、エクセルとブラウザを開きこの文章を打っているだけでも90Wです。
 エンコード中の消費電力も2600Kの約2倍ですが、処理時間は40%に短縮されているため消費電力並の性能を有していると考えられます、が、アイドル時・・・分かってはいたつもりでしたが、残念ながら省電力とは呼べないと思います。

互換性 3
 ご存じのようにAM4ソケットほぼ最後のCPUとなり、今後DDR5や他の新しい規格に置き換わっていった頃には新規AM4マザーボードの供給は当然先細りしていると思われ、互換性に対する選択肢はあまり無いと考えています。
 もう1度くらいAM4対応CPUが出るのかもしれませんが、手間と費用対効果を考慮するとさらなるCPU交換は考えていません(というか本音はこのCPUで満足)。

満足度 5
 いろいろネガティブなことを書いてしまいましたが、所有欲を満たしてくれ 且つ ロマンを感じさせてくれるCPUで大変満足しています。

5950X 搭載PCの構成
MB :ASUS ROG Crosshair VIII Dark Hero
Graphic :ASUS 2060s
Memory :32GB (16GB x2)
Cooler :Nuctua NH-C14S に Noctua NF-A14 PWM を増設
Strage1 :NVME 1TB
Strage2 :NVME 1TB
Strage3 :HDD 4TB
CaseFan :120mm x2
Display :Dual ※システム電力にディスプレイ本体の電力は含んでいません。

                               以上です。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Core i5 10400F BOX

熊ちゃん@自宅さん

  • レビュー投稿数:66件
  • 累計支持数:124人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
4件
221件
PC用テレビチューナー
2件
186件
スマートフォン
3件
141件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

【処理速度】

6コアの恩恵受ける作業してませんが
いい感じです

【安定性】

安定してます

【省電力性】

65Wはいいですね
i5 8400から変更ですが発熱については全く変わりないですね

【互換性】

10世代11世代のマザーに対応

【総評】

i5 8400からの買換です
CPUに不満とかでの買換ではなく
光るファンをマザーで制御したくて
8世代CPUのマザーでアドレサブルピンマザーを捜していたら
対応マザーが10世代マザーしか見つからず
CPUまで買換ることになりました(^_^;

R3年1月下旬にAmazonで18980円で購入です

グラボ持ってるので敢えて安いF版(内蔵グラボ無)にしました
有無で発熱とかどうなのかと思い
安さにも釣られました(笑)
ここ数ヶ月で2000円程安くなってますが
元々が安いので値下がりはあまり気にしてません

発熱に関しては全くと言っていいほど変わりませんね

まぁ内蔵グラボ使ってないから比較の意味もないけど(^_^;

ゲームするためにCPUの価格押さえるならこれはオススメです

まぁグラボは信じられない価格ですが(/_;)

AMDのRyzenシリーズも気になるけど安心のIntelに弾かれます

まぁ同性能を考えたらコスパも発熱もIntelになりますね

10世代や11世代のi7やi9は高いし発熱が凄すぎて買う気になれませんが

第2世代i7までは上位クラスのCPUにこだわりましたが
第4世代で初めてi5使い
サブ機に6世代のi3使ってみて今やってることにi7クラスは必要ないことを実感してます

CPUに付加掛かる作業しないなら
本当オススメです
ただし内蔵グラボ無しなのでグラボ無い人は注意ですね

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 3 3100 BOX

ライダーちっぷすさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

カメラフィルム
0件
88件
デジタル一眼カメラ
0件
82件
デジタルカメラ
0件
36件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性無評価
互換性5

2020年6月に購入して現在も快適に使用しています。
M2.SSDとの組み合わせで起動も速く、デジタル一眼の画像処理ソフトやネットゲーム使用時に純正CPUクーラーの回転速度が上がる程度で、私の使用範囲では余裕があります。
とてもコスパのいいCPUだと思いますが、1万3000円台までならお買得感有りと言った所でしょうか。
注意点としては純正CPUクーラーが結構大きく、マザーボードによってはCPU周辺パーツとの干渉や取り付け順序を考慮する必要がある事です。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 5 5600X BOX

やなん(о´∀`о)さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

キーボード
1件
0件
CPU
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

rimworldのfpsが向上しました。

マザボ 『msi B450 gaming plus max』のbiosを更新しての使用で安定動作してます。
以前はRyzen7 2700(4.1Ghz)を使用してましたが、rimworldの高画質modをモリモリ入れてのWQHD(165hzモニター)環境で、fpsは30から165で揺れ幅がすごかった。
画面に50人程収まる乱戦時には30から60fpsと低調でした。
しかし、RimWorldのような1コアの性能が重視されるゲームではRyzen5 5600Xの超絶シングルコア性能が輝きました!
5600Xでは上記のような乱戦時でさえ100fps前後で推移し、戦闘以外の日常は165fpsを行ったり来たりと安定します。
シングル性能が弱くてRimWorldのfpsに悩んでいる方で、且つWQHD環境で100fps以上を安定動作させたい方は今すぐ5600Xに換装して快適プレイすべし。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Core i5 10400 BOX

Athler64改さん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:83人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
9件
18件
CPU
5件
6件
PCモニター・液晶ディスプレイ
2件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性5
省電力性5
互換性5
   

   

【処理速度】
YouTube視聴とマイニングしかしていないので十分な処理速度です
【安定性】
久しぶりのINTELです。
安定していると思います。
【省電力性】
省電力であってほしい(笑)
【互換性】
LGA1200マザーであればどれも使える?
【総評】
サブPCとして今回作りました。
YouTube視聴とマイニング(負荷テスト)用です。
ばっちり掘れている(負荷かけても落ちない)ので満足です。

実店舗行けば3070も3080も通常の値段で買えることがわかりました。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 5 3600 BOX

Alpha Deltaさん

  • レビュー投稿数:91件
  • 累計支持数:430人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
28件
AVアンプ
2件
16件
スピーカー
6件
10件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性5
省電力性2
互換性5

そこそこな性能のCPUが欲しかったためこれをチョイスしました。
【処理速度】
6コア12スレッド
エンコード等の重い処理を行わなければ、十分だと思います。
ゲーム用としてなら最新のZen3 5000シリーズの方がフレームレートが出ますが
普通にプレイする分には問題ありません。
【安定性】
定格で使用しているので、当然ですが安定しています。
特にCPUが原因でクラッシュしたことはありません。
【省電力性】
定格3.6GHz ブースト最大4.2GHz
ブーストがかかると4GHzを超えるので、あまり省電力ではないと思います。
ただ、ワットパフォーマンスは高いので、Intel i7 9700Kと同じか少し上くらいの処理をこなせるとなれば納得です。
アイドル時の消費電力はIntelのほうが低いのでその点は改善してもらいたいです。
【互換性】
X570、X470、B550、B450などのチップセットで使用できます。
安いB450マザーを使えるのでコスパが高いです。
【総評】
リテールクーラーが付属していますが、冷却性能が心もとないなのでサイズの超天を購入しました。
冷却性能も問題なく、静かに冷やせています。
Zen3の5000シリーズが発売になっていますが、コスパが悪いので普通に使えればいい方はこのCPUはおすすめです。
ただ、アイドル時の消費電力が高めなので事務用途にはIntelのほうがいいと思います。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Core i9 11900 BOX

Ghost Reconさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
2件
6件
CPU
1件
1件
マザーボード
2件
0件
もっと見る
満足度4
処理速度4
安定性5
省電力性5
互換性無評価
 

 

追記2:
動画からでは分かりづらかった電力制限解除の前と後での比較画像を公開します。
Assassin's Creed Odysseyのベンチマークを使用しています。
省電力設定(TDP65w初期設定)
https://i.imgur.com/9MOGLJT.jpg

省電力開放(TDP65w制限解除)
https://i.imgur.com/Sa8tHV4.jpg

上記二つを重ねて表示
https://i.imgur.com/cIZZLGA.jpg

解放をした後では、総スコア数値上では誤差の範囲ですが全体的な動作状態を比べると
解放した後の方が全体的に安定
============================================================
追記:
電力制限を解除した状態でゲームをプレイしました。
テストに使用したゲームは
Cyberpunk 2077とWatch Dogs Legionです。
https://youtu.be/LyIvjM7A2Js
https://youtu.be/RFGAe4FEnBw
ASRockに確認したところ、制限を解除する場合には対応するマザーボードと
十分な冷却性能を確保して欲しいとの事。
=============================================================
投稿先をクチコミと間違えました。
こちらで再投稿致します。

■CPU i9-11900
■RAM F4-3600C17D-32GTZR
■GPU MSI RTX3080GamingXTrio10G
■M/B ASRock Z590Extreme
■PC CASE Coolermasyter CM694
■OHER Coolermasyter MasterLiquid ML240L V2 RGB
     Noctua NF-A12x25

11世代の中でもKが付いていない65wモデル。
低発熱で高負荷なゲームを最高画質で安定プレイしたいのならこのモデル。
BIOSの設定で”電力開放”設定があるので解放テストを行いました。
ベンチマークはCinebench R23を使用しました。

★結果 マルチ 15172
★   シングル 1641
★ベンチマーク時最高消費電力 196w
★ベンチマーク時最高温度 70度

https://pcrecommend.com/cpu/cinebench-r23/
こちらのスコア表を確認したところ、マルチではRyzen5800Xに近い性能でした。
シングルは5950Xとほぼ同等となかなかでした。
電力開放で温度の心配がありましたがそこは問題は無かったです。
満足度4はマザーボードとの相性問題が解決できていないのでマイナス1としました。
Z590Extremeのレビューを参考にしてください。
https://review.kakaku.com/review/K0001332724/#tab

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 9 5950X BOX

パクパクバグさん

  • レビュー投稿数:49件
  • 累計支持数:212人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

CPU
10件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
7件
0件
ケースファン
6件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5

3950x 全コア43倍OC

5950xポン付(PBO on)

50倍で回っている時もある

   

組んだPC

   

【処理速度】速い! シネベンr20のスコアが素晴らしいです。

【安定性】ポン付(PBO、メモリー XMP3600 )で、高性能が享受できます。3950xは、弄り倒しての1万超だったのに・・・

【省電力性】デカいクーラーに交換しましたが、発熱は、3950xと同等と思われるので、少し拍子抜けです。まぁ、冷えれば、高クロックで回り易くなるので良しとします。

【互換性】3950xから交換。BIOSの更新、CPUとクーラー以外は変更なしです。

【総評】素晴らしい性能。絶賛されてる理由もわかりますね。2台のryzenPCのCPU交換(3700x→5800x、3950x→5950x)完了。どちらも良いです。ryzen5000番台ハズレ無ですね。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Celeron Dual-Core G3900 BOX

senrohaさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

SDメモリーカード
1件
0件
キーボード
1件
0件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性5
省電力性5
互換性無評価

2016年3月に購入。録画機用に使用しています。
ハイビジョンの再生ができれば十分と判断して、発熱の低さを重視してSkylakeの中で最も下位のCPUを選択。特に動作が重いということもなく快適に動いてます。

[システム構成]
OS:Windows7(64bit)Professional SP1
M/B:ASUS H170-PRO
RAM:DDR4 8GB → 32GB
HDD:WD30PURX、WD40EZAZ、WD60EZAZ、他多数
SSD:WDS250G2X0C (M.2 2280 250GB)
光学ドライブ:LITE-ON iHOS104-06、iHBS112
電源:SST-ST30SF

レベル
自作経験あり

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意