音楽ソフト(DTM・ボカロ)すべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > パソコン > 音楽ソフト(DTM・ボカロ) > すべて

音楽ソフト(DTM・ボカロ) のユーザーレビュー

(8件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
音楽ソフト(DTM・ボカロ) > Celemony > Melodyne 4 assistant

藤本健さん

  • レビュー投稿数:58件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度5
機能性5
使いやすさ5
安定性5
軽快性5
サポート5
マニュアル5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ボーカルのピッチ編集の定番ソフト Melodyne

ARAに対応しているDAWでは即解析して編集可能

assistantでは、ピッチ、音量、フォルマントなどの編集ツールが個別に選択できる

Melodyneは、Celemonyが発売しているボーカルのピッチ編集の定番ソフト。現在のMelodyneのラインナップは上から、studio、editor、assistant、essentialの4つ。エディションごとにできることは違うが、基本的なピッチ修正はエントリーモデルのessentialから可能だ。

ピッチ修正機能は、各DAWにも搭載されていたりするが、使い勝手や機能面において、Melodyneは一歩先を行っているの事実だろう。また基本的なピッチ修正のクオリティが高いのもそうだが、Melodyneにはいくつか便利な機能が搭載されている。

一つはポリフォニックの音を解析して編集できる機能だ。この機能自体は2009年には実装されていたのだが、それまで不可能といわれていた和音の分析を可能としている。他にも、同時に複数のトラックを表示したり編集できる機能やピッチ補正にとどまらないサウンドエディター、テンポ検出機能、マクロを組んだりと作業効率もさることながら、ボーカル以外のすべての楽器に使える、ピッチ修正にとどまらないクリエイティブなツールとなっている。

これらの機能がどのエディションで使えるかは、CelemonyのMelodyneのページから確認できる。クロスグレード版も用意されているので、より便利でクリエイティブな機能が必要になったらグレードを上げるといいだろう。

またMelodyneはARAを搭載しているため、対応のDAWの一機能としても使えるようになっている。ARAというのは、DAWとプラグインが情報交換をするのと同様にデータの受け渡しのためのインターフェイスで、ARAに対応していないDAWでは、一度Melodyneを立ち上げプロジェクトを再生し読み込ませる必要があるのだが、ARAに対応していれば、瞬時に解析して編集することができる。対応しているソフトは、PreSounsのStudio One、BandLabのCakewalk、MagixのSamplitude ProとSequoia、AcousticaのMixcraft、TracktionのWaveform、Melodyne 4.2からは、LogicとReapeの全部で7つのDAWだ。

この中でも、Studio One ProfessionalにはMelodyne essentialが付属している。また現在Melodyne 4 studioのデモ版が30日間無料で使うことができる。ピッチ修正がどんなものなのか試す意味でも一度デモ版を使ってみるといいだろう。

私が運営しているDTMステーションでは、Melodyneについても紹介しているので、ぜひそちらも参照していただきたい。
「ARA 2対応で何が変わるのか?Melodyneの開発者にインタビューしてみた」
https://www.dtmstation.com/archives/52016150.html

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

音楽ソフト(DTM・ボカロ) > INTERNET > ABILITY 2.0 Pro

関口 寿さん

  • レビュー投稿数:148件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール東京都練馬区在住。小学生の時に読んだ科学雑誌に触発され電子工作を始める。学生時代は自動車整備に明け暮れ、その後はサーバー/ネットワークエンジニアを生業としながら、2002年よりPC自作、改造、電子工作の記事を執筆。近年はLEDや電子回路を…続きを読む

満足度4
機能性5
使いやすさ4
安定性4
軽快性4
サポート5
マニュアル5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ノートやベロシティを数値で指定できるので、効率的に編集できる

アクティベーション情報をUSBメモリに保存すれば、複数のPCで利用可能(同時1台)

830ページも及ぶ詳しいマニュアルが用意されているので、不明点はすぐに解消できる

2018年2月に購入、自宅で使用。

【機能性】
非常に良い
楽譜の入力や再生といった基本的な機能はもちろんのこと、「周波数アナライザ」のような付加機能が満載されているのが特徴的。
なかでもノートやベロシティを数値で入力できる「ステップエディタ」は秀逸で、テンキーで操作できるため効率的に編集できる。

【使いやすさ】
良い
直感的にわかりやすいアイコンと体系的にまとめられたメニューのおかげで操作性は上々。
ただしあまりにも機能が多いため、使いこなすには慣れが必要。

【安定性】
良い
購入から1か月ほど経つが、動作が不安定になることは一度もなかった。

【軽快性】
良い
起動も速く、複数のウィンドウを開いた状態でもモタりは感じなかった。
また、スタンダードMIDIファイルを開く際に時間がかかるソフトもあるが、この製品では瞬時に開けるのでストレスなく作業できた。

【サポート】
非常に良い
製品名は 2.0 のままだが、インストール後に自動的に 2.5 へとアップデートされる。
その後も起動のたびにアップデータを確認してくれるので、バージョンを意識する必要はない。

【マニュアル】
非常に良い
830ページにも及ぶ量には戸惑ったが、各機能の概要から解説され非常にわかりやすい。
メニューだけでなく「オーディオ録音」などシーンにあわせた説明もあるので、知りたい要素を見つけやすいのも好感が持てる。

【総評】
動画や音声といったMIDI以外のデータも扱え、エフェクトで音の加工も可能と、ABILITYの名にふさわしい仕上がりには大いに満足。
機能が限定されたElementsも存在するが、のちのち買い直すことを考えればProのほうがお買い得と言えよう。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

音楽ソフト(DTM・ボカロ) > デネット > ほぼ全自動作曲支太郎

藤本健さん

  • レビュー投稿数:58件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度4
機能性4
使いやすさ3
安定性5
軽快性4
サポート4
マニュアル4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ほぼ全自動作曲支太郎のメイン画面

パターンを変更すると曲の雰囲気もかなり変わる

メロディに歌詞を入力すると歌ってくれる

ちょっと変わったネーミングのソフト、「ほぼ全自動作曲支太郎」。これは、その名のとおり、作曲を全自動?で行ってくれるというユニークなソフトだ。リリース後、いろいろなところで話題になっていたので、メーカーに連絡して、製品を借りて使ってみた。

画面を見て、最初に「どこかで見たことがある」と感じたのだが、やはりこれ、フリーウェアとしてリリースされている「作曲ホイホイ」の上位版という位置づけだった。作曲ホイホイの場合は、限定された形でしか曲作りができなかったが、これはかなりのバリエーションで曲作りができるようになっている。

まあ自動作曲ソフトというのは、Music Maker MXの「ソングメーカー」機能など、ほかでもいろいろあるので極めて珍しいソフトというわけではないが、やはり定価3,800円というのは魅力的ではある。

この、Music Maker MXと比較した場合の特徴としては、ほぼ全自動作曲支太郎で生成するのはMIDI楽曲であるという点。それだけに自由度は高く、ループ素材に限定されないため、多くのバリエーションの曲を自動的に作ることができる。また、単にMIDIデータを生成するだけでなく、「WAVE生成」ボタンを押すことで、オーディオデータに変換してくれるのも嬉しいところだ。

ただ「ほぼ全自動作曲支太郎」となっているが、実は難しい点もある。それはあらかじめコードを指定しなくてはならない、ということ。コード進行についての知識がまったくない人にとっては、何をどうすればいいのか分からないかもしれない。

とはいえ、あらかじめサンプルが27パターンほど入っているので、これを選んで、作曲ボタンを押すだけでも、いろいろな曲が作れてしまうので、十分ではあるだろう。またリズムパターンやベースパターンなども数多く収録されているので、これを切り替えると結構違う雰囲気の曲に仕上がる。

一方、このソフトにはもうひとつ大きな特徴がある。それは初音ミクのような声で歌う、歌声合成機能が用意されている、ということ。自動作曲したメロディーでもいいし、自分で入力した音符でもいいので、これに歌詞を流し込む形で入力すると歌ってくれるのだ。

もちろん、自動生成したBGMに合わせて歌ってくれるから、楽しみ方の幅も広がる。

とはいえ、このソフトの場合、イントロや間奏、エンディングといった構成まではしっかり作ってくれない。そのため、曲が突然終了する感じになってしまうのが、ちょっと残念なところだ。まあ、その辺は理解した上で、これをビデオなどのBGMに使うのも手だ。最後の部分でフェードアウト処理をかければ、とくに違和感もないので、かなり便利に利用できそうだ。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

音楽ソフト(DTM・ボカロ) > フックアップ > FL STUDIO 10 SIGNATURE BUNDLE

藤本健さん

  • レビュー投稿数:58件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度5
機能性5
使いやすさ4
安定性5
軽快性4
サポート5
マニュアル4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

シーケンサから進化した独特なDAW

起動したら、即ドラム入力ができる

数多くのソフトシンセを同根

FL STUDIOは、ベルギーのImage-Line社が開発したWindows用のDAWで、その昔はfruityloopsという名前で存在していたシェアウェアの独特なシーケンサが進化してきたものだ。

シェアウェア当時からときどき触っていたし、当時のCakewalk(SONARの前身)にもバンドルされていたことがあったので、使っていたが、その後のFL STUDIOという名前に変わってきたころから、だんだん複雑になってきて、私自身少し敬遠していたのも事実だ。

ただ、最近ボーカロイド系のミュージシャンのFL STUDIOユーザー率が妙に高いので、新バージョンのFL STUDIO 10が出てきたころに、代理店であるフックアップにお願いして、評価版をいただいて、いろいろと使ってみた。

確かにSONARやCubaseなどの一般的なDAWと比較すると、かなり独特な世界観を持ったソフトであり、これまでDAWを駆使してきた人が触ると最初、まったく操作方法などが理解できない可能性はある。その一方で、DAW初めてというユーザーにとっては、とってもわかりやすいソフトといえるかもしれない。

というのは、このソフト、インストールして起動した瞬間からすぐに音楽制作に入れ、音を出すことができるからだ。もちろん、細かく設定していくことは可能だが、とりあえず設定不要で音楽制作に入れるというのはある意味画期的。ASIOの設定だとか、MIDIの設定、トラックの設定、トラックの作成……というDAWを使う上での最初の大きなハードルがなく、いきなりドラムの打ち込みができてしまう。

とりあえずドラムパターンを1つ作ったら、2つ目のパターンにチャレンジ。さらにはベースのパターンの作成……と作っていくことができ、それをプレイリストというところに並べていくと、曲の骨子が出来上がっていくという考え方。やはり普通のDAWとはだいぶ考え方が違うのだ。

その意味では楽器がまったく弾けない人でも、打ち込みの面白さをすぐに体感できるソフトともいえる。そして、FL STUDIO 10には、これでもか、というほどたくさんのソフトシンセがバンドルされているので、自由に使うことができるし、VST/VSTiにも対応しているから、自分のお気に入りのシンセをここに組み込んで使うこともできる。

もちろん、打ち込みだけでなくオーディオのレコーディングも可能。このレコーディングした結果もサンプリング音源として利用できるなど、やはり多くのDAWとは大きく違うわけだが、これによって打ち込み曲だけでなく、ロック、ジャズからクラシックまでどんなジャンルの曲でも制作可能となっている。

なお、FL STUDIOのすごいのは「ライフタイム フリーアップグレード」というものに対応している点。これは今後、FL STUDIO 11、12、13、14……とアップグレードしていっても、生涯無償でアップグレードできるという画期的なもの。アップグレードはWebサイトからのダウンロードという形であり、マニュアルもオンラインのものを使うことが前提とはなるが、ほかにはないサービスであるため、人気の秘訣となっている。

また、通常版のほかにクロスグレード版というものもあり、こちらはほかのDAW(所定のもの)を持っているユーザーならさらに安く購入できる。モノ自体は通常版とまったく同じなので、ほかのDAWを購入したものの、GIVE UPしたという方には、嬉しい再チャレンジ方法ともいえそうだ。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

音楽ソフト(DTM・ボカロ) > アーティストハウスソリューションズ > Music Maker MX Producer Edition

藤本健さん

  • レビュー投稿数:58件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度5
機能性5
使いやすさ4
安定性5
軽快性4
サポート4
マニュアル4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

Samplitudeの下位バージョンとしてのMusic Maker MX

強力なアナログシンセモデリング音源も搭載

ピッチ補正などができるエラスティックピッチ

Music Maker MXはAHSが販売している低価格な音楽制作ソフト。そういってしまうと、オモチャ的、素人向けのお遊びソフト……という印象を持ってしまうかもしれないが、かなりな機能を持ったDAW=Digital Audio Workstationとなっている。

開発元はドイツのMAGIXという会社であり、実は業務用の音楽制作の世界でも用いられているSamplitude、SEQUOIAを作っている会社。実際、Music Maker MXはSamplitudeのエントリー版という位置づけになっているものなのだ。

オーディオ、MIDIのレコーディング、編集ができるのはもちろん、数多くのソフトシンセを搭載している。たとえば、アナログモデリングシンセ、サンプリング音源、ギター音源、ベース音源……。またさまざまなエフェクトを装備しており、インサーションエフェクトとして使えるだけでなく、センド・リターンで利用する空間系エフェクト、さらにはマスタリング用のEQやコンプなどさまざま。さらにVSTのプラグインエフェクト、ソフトシンセも利用可能となっているから拡張性という面でも申し分ないだろう。

最大の特徴とも言えるべき機能が、「ソングメーカー」という自動作曲機能。まったく音楽も知らない、楽器を触ったことがないという人でも、数回ボタンをクリックするだけで、オリジナル曲が作れてしまう。これはSamplitudeなどにもないMusic Maker特有の機能だ。

またなかなかすごいのは、エラスティックピッチという機能。これはソロボーカルや、単音での演奏データなどを元に、音程や音長を分析し、それをピアノロール風に表示するとともに、それを自在にいじれるという機能。つまり、ボーカルをレコーディングした後、ピッチを補正したり、音の長さをいじったりということが自在にできてしまうのだ。CelemonyのMelodyneやRoland/CakewalkのV-VOCALのような機能といえば分かりやすいかもしれない。

ほかにも数多くの機能が搭載されているなど、本当に多彩な機能をもっているが、これで定価が14,800円というのは信じられない安さだ。もちろん、これで万能というわけではないが、DTMのエントリー用として、また他のDAWといっしょに使うソフトとして捉えると非常に強力なソフトといえるだろう。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

音楽ソフト(DTM・ボカロ) > アーティストハウスソリューションズ > VOICEROID+ 民安ともえ

藤本健さん

  • レビュー投稿数:58件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度5
機能性4
使いやすさ5
安定性5
軽快性5
サポート5
マニュアル4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

文字を入力すれば漢字でも普通に読んでくれる

ある程度の制限はあるが、イントネーションも設定できる

付属ソフトのCrazyTalk5LEで動画作成もできる

世の中はVOCALOIDブームで、10月にはよりキレイに歌うことができるVOCALOID3がリリースされた。VOCALOIDでは、歌詞と音符を入力すると、そのとおりに歌ってくれるものだが、VOCALOIDよりかなり古くから実用化が進んできたのが、Text to Speech(TTS)という分野のソフトだ。

つまりテキストを入力するとしゃべってくれる、というソフトウェアであり、多くのメーカーが取り組んでいるが、その中でも非常によくできているのが、株式会社エーアイという会社が開発したTTSのエンジンだ。

このエンジンを利用したパッケージソフトは、何社かから発売されているが、非常に使いやすく、声質的にも扱いやすいのが、株式会社AHSの「VOICEROID+ 民安ともえ」というもの。

これはAHSが声優である民安ともえさんの声をサンプリングし、編集した上で、株式会社エーアイが開発したエンジンとセットにしてパッケージ化したもの。

使い方はいたって簡単、ソフトを起動して現れるウィンドウ内にしゃべらせたい文字を入力して「再生」ボタンをクリックするだけ。これだけで本当に流暢な日本語をしゃべってくれるのだ。

VOCALOIDを使ったことのある方ならご存知のとおり、「私はギターを弾きます」と歌わせるには歌詞として「わたしわぎたあをひきます」というように入力する必要があるが、VOICEROID+ 民安ともえなら、普通に漢字かな混じりの状態で「私はギターを弾きます」と入力するだけでOK。とてもハッキリした声で、標準語のイントネーションでしゃべってくれて、誰でも普通に聞き取ることができる。

確かにときどき、イントネーションがおかしいこともあるが、そんな場合は、イントネーションを簡単にエディットしてしまえばいいだけだ。また設定したイントネーションで辞書登録することもできるので、なかなか便利に使える。

ただし、このイントネーションのエディターは何でもできるというわけではない。基本的に標準語調のしゃべりを実現させるためのもので、自在にいじって関西弁調にするとか、東北弁調にするといったことまではできないので、あまり複雑なことまで期待しないほうがいいだろう。

とはいえ、しゃべる速度を変えたり、音域をいじるといったことは可能。またCrazyTalk5 LEというソフトがバンドルされており、これを使うことで簡単にキャラクタがしゃべるビデオを作成できるのもポイントだ。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

音楽ソフト(DTM・ボカロ) > SONY Media Software > ACID Music Studio 8

藤本健さん

  • レビュー投稿数:58件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度5
機能性4
使いやすさ5
安定性5
軽快性5
サポート4
マニュアル4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

元祖ループシーケンサのACID

既存の曲を簡単に分析してACIDに読み込めるBeatmapper

Beatmapperで読み込んだ曲にループを重ねていくこともできる

ソニーの子会社(正確には孫会社)であるSony Creative SoftwareのACIDは、ループシーケンサの元祖で、初期バージョンが登場したのは1998年のこと。その後、各DAWがACIDとそっくりなループシーケンサ機能を搭載していくようになったが、元祖であるACIDは今もループシーケンサとしての機能を中枢に据えている。

そのACIDのエントリーモデルとして手ごろな価格で入手できるのが、ACID MUSIC STUDIO 8だ。3,000以上用意されているループ素材を並べていくだけで、まったくのド素人でも簡単にオリジナル音楽を作曲してしまうことができる。

必要に応じてドラム、ベース、キーボード……とパズル感覚で並べていけば、かなりカッコイイ音楽になってしまう。

上位版のACID Pro 7も含め、最近はDAWと名乗るようになってはいるが、オーディオの編集機能であったり、MIDIの編集機能という面では、ほかのDAWと比較してやや劣る面があることは確かだ。しかし、それらDAWと横並びで比べるよりも、ACIDならではのループシーケンス機能の秀逸さだけに注目したほうが、ACIDの良さが見えてくるはず。

ループ素材を並べて曲をくみ上げていくそのスムーズさ、使い勝手のよさはダントツなのだ。

また注目すべきはBeatmapperという機能。これはCDやWAV、MP3などから既存の曲を読み込む際に利用するものなのだが、これを使うことでヒット曲などのテンポやビートを自動的に解析してACIDに読み込むことができる。

その結果、たとえばサビを2回繰り返す、2番以降をカットしてエンディングにつないで、短い曲に仕上げる……といった構成変更も簡単にできるほか、この曲に別のリズムを重ねていくといったアレンジが簡単にできてしまうのだ。

ある程度ビートがハッキリした曲、といった制限はあるものの、とにかく便利に活用することができるので、BeatmapperのためだけにACID Music Studio 8を買っても十分満足がいくのではないだろうか?

VOCALOIDと組み合わせて、BGM生成ツールとして使うのもいいだろう。手軽に作った曲は、その後、ACIDから直接CDに焼いたりMP3を生成するなど活用法はいっぱいだ。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

音楽ソフト(DTM・ボカロ) > Steinberg > HALION 4/R

藤本健さん

  • レビュー投稿数:58件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度5
機能性5
使いやすさ5
安定性5
軽快性5
サポート5
マニュアル4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

7年ぶりに大きくリニューアルして登場したHALion 4

ミキサーやエフェクトなど自在に配置できる設計になっている

単なるサンプラーではなく、アナログシンセ機能まで装備している

7月1日に発売されたVSTインストゥルメント対応の音源、HALion 4。これは、Cubaseの開発元であるドイツSteinbergが開発したソフトシンセで、Steinbergが満を持してリリースした強力な音源だ。

ご存知の方も多いと思うが、HALionはNative InstrumentsのKONTAKTやIK MultimediaのSampleTankと並ぶ著名ソフトサンプラーであり、その簡易バージョンともいえるHALionOne、さらにはその後継のHALion Sonic LEはCubaseシリーズにバンドルされてきたので使っている方も多いだろう。

そのHALion 4、実は7年ぶりの新バージョンであり、従来のHALion 3からサンプリングデータが一新されたのはもちろんのこと、プレイバックエンジンが大きく変更になったほか、さまざまな変更がなされている。DVD2枚組みでインストールすると約11GBの容量を食うが、ありとあらゆる音色が、非常に高品位なサウンドで用意されている。

また、このHALion 4は単なるサンプラーではなく、強力なシンセサイザへと進化している。というのも、ここにはバーチャル・アナログ・シンセサイザ機能も搭載されているので、ゼロから自分で音色を作り上げることも可能になっているのだ。

もちろんマルチティンバー音源だから、複数の音色を同時に立ち上げて、内部のミキサーでミックスできるほか、コンボリューションリバーブなど、高性能なエフェクトも搭載しているから、これひとつでかなりのことができる。またVSTインストゥルメントのプラグインである一方、スタンドアロンの音源としても起動できるようになっている。

ユニークなのは、HALion 4自身が持っているライブラリ管理機能やミキサー機能、エフェクト機能、スプリット機能……といった各種機能を画面上に自在に配置できること。その配置を変えたり、ウィンドウそのものの大きさを変えた結果を保存しておくこともできるため、まさに自分の好きにソフトシンセを設計できるという感覚だ。

さらには、各機能をウィンドウとして独立させることまで可能。つまりマルチウィンドウのプラグインとして使うことができるなかなか不思議な音源なのだ。

VST 3.5に対応した音源だからこそ、という点も多いが、未来のプラグイン型ソフトシンセのあり方を体感できる新感覚の超高性能ソフトシンセといえるだろう。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(音楽ソフト(DTM・ボカロ))

ご注意