デジタルオーディオプレーヤー(DAP)すべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > パソコン > デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > すべて

デジタルオーディオプレーヤー(DAP) のユーザーレビュー

(16821件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
モニタレビュー
デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > FiiO > M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]

mokogenさん

  • レビュー投稿数:46件
  • 累計支持数:205人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
19件
5件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
7件
6件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性4
バッテリ3
音質5
操作性4
付属ソフト4
拡張性無評価

DAPはSONYのWM1AとLotooのPAW 6000を所有しています。
両機においては主にハイレゾ音源を分けて入れているのですが、
PAW 6000が音質は良いのは良いのですが、操作性が今一つで
特に再生時のフォルダループ機能がないことが自分にとって
致命的でして、android搭載DAPを購入するに至りました。

使用イヤホン:SE425(有線時)、Soundcore Liberty 2 Pro(無線時)

【デザイン】
本体前面にはフィルムがないのですが、背面はフィルムが貼ってあり
自分はクリアケース(TPU)、前面フィルムを別途買いました。
デザインですが、ボタン類が左側面に並べられているのですが、
これが結構使いづらいです(音楽を聴いている間は特に気にならない)。
イヤホンジャックが本体底面に配置されているのも特徴的でして
はじめはちょっと慣れないかもしれません。

【携帯性】
当機はDAPのなかでは割と大きめの本体サイズになるのですが、
当方スマホではiPhone XRを使っているのでそこまで気になりません。

【バッテリ】
有線で聴いているときは本体は結構熱くなるのと、
ぐんぐんバッテリーが減っていきます。
対して無線(Bluetooth)で聴いているときはバッテリーの減りが
ゆるやかでして、比較的長時間リスニングするには無線運用がおすすめです。

【音質】
とてもクリアでかっちりめの印象です。THXアンプの影響もあるかもしれません。
低音もしっかりでており、中高音も曇りがありません。

【操作性】
android搭載DAPはM7につづいて2台目でしたが、
サクサクまでとはいきませんが、自分は満足しています。

【付属ソフト】
FiiO Musicで音源を再生していますが、自分は満足しています。
操作に慣れてきたら他のアプリを試してみたいです。

【拡張性】
無評価

【総評】
有線時はパワーを食うのか、バッテリーの減りが早く心もとないですが、
無線時のバッテリーのもちはかなりよく安心して音楽を聴くことができます。
音質も有線/無線どちらで聴く場合も満足しております。
なお、前面フィルムとケースは必須かと思います(別途購入要)。

ジャンル
R&B
歌謡曲
ロック

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > FiiO > M11 Pro FIO-M11PRO-B [64GB]

かりすけ77さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
1件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性3
バッテリ5
音質4
操作性4
付属ソフト3
拡張性4

pioneer製XDP-300Rのバッテリの持ちが悪くなってきたので以前から興味があったM11proに買い換えました。
機能等の比較は主にXDP-300Rが基準となります。
また使用イヤホン
@SONY XBA-N1+onsoバランスケーブル
Apioneer SE-CH9+onsoバランスケーブル

★デザイン
角ばっていてゴツイですね、私は嫌いではありませんが・・・
ボディの質感はいいと思います。ボリュームダイアルに若干のチープさを感じますが・・・

★携帯性
ゴツくて割と重量もある(アルミボディなので)ので電車移動メインでポケットにといった使い方はちょっと厳しいかなと思います。本体はバッグ(orリュック)でBluetooth接続のイヤホンでという使い方がいいかもしれません。
また利用状況にもよりますが結構発熱します(特にDSD変換モード利用時)
ちなみに私は有線接続で家やホテルなど屋内利用がメインなので問題ありませんが。

★バッテリ
バッテリの持ちはいいと思います。300Rは待機時も結構バッテリを消費するし、フル使用で4~5時間程度しか持たずモバイルバッテリ必須でしたが、待機時はほとんどバッテリは消費せず、通常利用で倍くらいは持つ感じです。
DSD変換モードを利用するとバッテリの減りがかなり早くなりますので充電できる環境が近くにある状態で利用したほうが良いと思います(3~4時間といったところ)。

★音質
最初はレンジが狭く全体的に音が痩せていてえっと思いましたが、エージングをすると狭かったレンジが広がり全体的にダイナミックになってきました。いい感じです。
300Rはフラットで解像度指向でしたが、M11Proは解像度高めでダイナミック(ドンシャリではない)といった感じです。
ただサードパーティ製ソフト(HFplayer有償版)を利用するとサンプリング周波数が48kHzの固定されてしまう(AndroidのSRCが原因?)ので、SD音源のスケーリング、ハイレゾ音源の再生ができないのが残念なところ、PCM384kHz/DSD256入力に対応しているのに利用できないなんて残念です。
【2020/10/29追記】
解決策を見つけました下記のおまけを参照してください。

★付属ソフト
最近Fiio MUSICがアップデート(2020/10/20現在)して画面レイアウトが一新され前よりかはだいぶ操作性はよくなりました。もともと曲の検索等非常に難があり迷いながら検索することがよくありましたが検索機能がパワーアップしましたので、既存のソフトを利用している方はアップデートすることをお勧めします。過去のレビューされている方が言っておられた変なアルバムアートが表示されるといったこともなくなっています。中国製ですが変な日本語表現もなくなりました。
オーディオ出力は上記のサードパーティ製ソフト利用時の48kHzに固定されてしまうのでここは改善してほしいところ、DSD変換モードはHFplayerでは可能でしたがpowerampでは音が出ませんでした。ただ音質に関しては一度48kHzにしてからDSDに変換しているようでバッテリの減りの割にはDSDの恩恵を受けるほど音質はよくなりません。
またDSD変換モードを利用すると曲と曲の間にプツッというノイズが入ります。これは何でしょうか?
アンプの性能はいいのにその性能を生かし切っていない印象を受けます。今後の改善を望むところです。

★拡張性
バランス端子が2.5だけでなく4.4にも対応しているので接続するケーブルを問わないのがいいところです。元々2.5のケーブルしか持っていなかったのですが4.4のケーブルを購入しちゃいました。
Bluetoothは利用していないのですが全ての接続形式に対応しています。
ただ発熱の問題かケースがないところが傷等ちょっと心配です(ちなみにm11のケースが利用可能)
通常利用時はあまり発熱しないのでm11のケースでいいかもしれません。
Airplayに対応しているのでiphoneなどに入っている音源が再生できるのがいいです。

★総評
初の中国メーカー製DAPですがハードウエアの性能は十分なレベルに行っておりいいと思います。ただpioneer等オーディオ専門メーカーのようなアナログ音質のチューニングはもう少しかなと感じる部分もありますがおおむね満足です。
ソフトウエアの出来に関してはもう少しかなという印象ですね良いハードウエアの性能を生かし切れていないと感じる部分は多くありますので今後の改善に期待します。
そもそもFiioを選んだ理由がユーザーの声を聴き改善してくれるなと思い選定しているのできっと改善してくれると信じております。

【2020/10/29追記】
★おまけ
せっかく高い能力のDACやTHXアンプを搭載してるのにデフォルトアプリのFIIOMUSIC(SD音源のスケーリング機能はなし別途オーディオ出力でDSD変換機能あり)やHFplayer(SD音源、ハイレゾ音源等周波数に関係なく48kHzにコンバートされる、DSD変換モード利用可)等々ソフト性能がいまいちなM11proの本来の性能(特にPCM384kHz)を活かす方法はないかと模索していたところ”neutron music player”の有償版に行きつきました。
私自身ハイレゾ音源(e-onkyoで購入したFLAC)はあまり持っていなくSD音源(過去資産のMP3、itunesで購入した曲、CDからリッピングしたALAC)が多いのですが、音源のスケーリング機能があり元音源から任意の倍率でアップコンバートが可能です。またDSD変換も利用できます(ちなみにCPU性能の限界かDSD64(2.8MHZ)まではいけますがDSD128(5.6MHZ)では音飛びが発生するのでDSD64が現実的)
オリジナルの音源であればFIIOMUSICでも大丈夫ですが、スケーリング機能を利用したいという方にはお勧めですよ。またFIIOMUSICではインポートする必要があるm3uプレイリストがインポートなしでそのまま利用可能なのでm3uプレイリストを主に使用している方も行けますよ。
有償アプリですが課金する価値ありです。googleplayが利用できる本機ならではです。
細かい操作は割愛しますがお勧めです。

ジャンル
その他

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > SONY > NW-A35 [16GB] > NW-A35 (B) [16GB チャコールブラック]

悪×割さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
ラジオ
1件
0件
スマートフォン
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性5
バッテリ5
音質5
操作性5
付属ソフト5
拡張性5

【デザイン】

購入当時より好きになった。

【携帯性】

なかなか普通に良い

【バッテリ】

問題無いがやはりハイレゾ機なので持ちは期待より悪くなってる。

【音質】

後々発売されたA50シリーズと比較するとなんとなくこちらの方が良い音に聞こえる。
そしてバイナルプロセッサやエージング機能など加えるとさすがにこの機材は勝てない。
しかし今くらいに発売すれば結構まともに使えそうな訳で当時はまだ早過ぎたと言える。

【操作性】

普通に良い

【付属ソフト】

スマホから入れるのでソフトは使えない。

【拡張性】

内蔵メモリーをきちんと使う人には外付けフラッシュの魅力はどうかと思う。

【総評】

ちょっと早く発売されてしまった感じですね。

ジャンル
クラシック・オペラ
ジャズ
R&B
ロック
ヘビーメタル

参考になった2人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > Kontinum > K100 KA-100-128GB-BK [128GB]

組紐屋の竜.さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:193件
  • 累計支持数:356人
  • ファン数:5人
満足度4
デザイン3
携帯性2
バッテリ無評価
音質4
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性無評価

【デザイン】
後方下部のバッテリー部分が膨らんでいて、正直不細工に感じました。正面から見るとAK機ぽい感じでしょうか。
【携帯性】
後方下部のバッテリー部分が膨らんでいて、其れなりに大きさが有るので、携帯性は良くなさそうですね。
【音質】
AK機にちょっと似た音質で解像度が高く、音に厚みも有る今風の音質でしょうか。AK機も現行フラッグシップモデルのSP2000とか有るので、音質的には星4つ程度が妥当かなと思います。
【拡張性】
Bluetooth接続、光デジタル出力、USB OTG出力、MQA対応。
【総評】
20万円以内で、長く使うつもりのDAPを探しているなら選択肢には入るDAPだと思います。
音質も、この価格帯のDAPでは十分な音質と言った感じでしょうか。

コンティナムは、AKブランドの創業者として高級ハイレゾDAP市場の確立に尽力してきたJames Leeが独立し、新たに立ち上げたオーディオブランドとの事。

DACチップには、旭化成の高級DACチップ AK4497EQをデュアルDAC搭載し、PCM384/32、DSD11.2MHzまでのネイティブ再生、MQAのフルデコードをサポートしているそうです。

電源として、電気自動車(EV)市場向け規格に準拠した21700型リチウムバッテリー(4900mAh/3.6V)を採用、メイン基板から独立したバッテリーハウス内に収納する事により放熱効率を高め、熱によるバッテリーの劣化と性能低下を抑制しているそうです
。バッテリー交換も容易に出来、長期間に渡って使用できる様ですね。

重量295gなのでAK SA700より、ちょっと軽い感じですかね。
一応、普段使いで持ち運び出来る範疇かと思います。

【試聴環境】Oriolus 2nd直挿し

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > Astell&Kern > KANN ALPHA AK-KANN-ALPHA-OB [64GB]

Uehara課長さん 銅メダル

  • レビュー投稿数:120件
  • 累計支持数:523人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
79件
676件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
15件
136件
デジタル一眼カメラ
1件
55件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性3
バッテリ4
音質5
操作性5
付属ソフト無評価
拡張性3

木工ボンドで何時もの凸加工。左がALPHA 右が初代。

汎用性の高いバンナイス製キャリングポーチ。プレニューLで使ってる物を共用。

出し入れ楽チン、保険代わりの便利アイテム。

   

収納した状態でも音量やボタン操作が可能

   

※2020年10月28日追記

購入から約10日、自分的には定番の加工を。

加工なんて言えない位の簡単な作業ですが効果は抜群、ブラインドでの操作が格段に上がります。

サイドボタンの再生停止部分に木工ボンドで僅かに点付をするだけ。
作業自体は5分と掛かりませんが、1日はしっかり乾かす必要があります。

上手く出来れば半透明で目立つ事無く、指先にはしっかりとした感触の指標ができます。
初代KANNや他のAK機でも同作業済みです。


持ち運び用のケースは手元に有ったバンナイズ製SP1000M用を代用。
プレニューLでも使ってる便利アイテム。

ケースに入れた状態で音量操作やボタン操作が可能。
此の状態で凸加工が生きてきます。

あとは鞄の中で不意なトラブルから守る為の保険ですね。
早くALPHA専用品を設定して下さいバンナイズさん♪♪


※追記此処まで

文字数超過の為、購入直後の印象は下から最初のレビューを御覧下さい。

ジャンル
歌謡曲
ロック
その他

参考になった4人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > Apple > iPod touch 第5世代 [64GB] > iPod touch MD718J/A [64GB ブルー]

重陽さん

  • レビュー投稿数:73件
  • 累計支持数:236人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
90件
レンズ
27件
32件
デジタルカメラ
6件
11件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性5
バッテリ5
音質5
操作性5
付属ソフト無評価
拡張性無評価

【デザイン】 良いです。スマホより薄くて軽い。(ガラケーユーザーですが)

【携帯性】 良いです。誤動作することもなく、すっきりバッグに入ります。

【バッテリ】 持ちで困ったことはありません。

【音質】 これまた良いのですよ。音楽プレーヤーとして購入して良かったと思う次第。

【操作性】 余計な機能を使っていないため全く問題ありません。

【付属ソフト】、【拡張性】 重視していないため省略

【総評】
 iPod Classic を落として液晶画面を残念なことにしてしまったため購入。
 純正の、再生品だったと記憶しています。Classicが確か120GBだったので、一番大容量な本機種を選定。以降、何年使ったか……。
 最近は専らBluetoothでパナソニック社SC-RS55に飛ばして聞いています。
 十分です。CD変える必要ないし。音質も素人耳には満足できています。
 子供たちは子供たちの、自分は自分の好きな曲を、この小さなプレーヤー一つで聞けます。
 掛け算もこのプレーヤーで覚えさせました。
 音楽プレーヤーとしては十分のような気がします。
 問題は曲集めでしょうかね。
 時代に若干取り残され始めている身としては、CDを買ってはiTunesでデータ化しておりますが……。

比較製品
パナソニック > SC-RS55-N [ウォームゴールド]
ジャンル
歌謡曲

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > SONY > NW-A55 [16GB] > NW-A55 (R) [16GB トワイライトレッド]

nBanjoさん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:274人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
12件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性5
バッテリ3
音質3
操作性3
付属ソフト無評価
拡張性無評価
 

自分は何が必要かを見極めてDAPを選ぶべし [by 響鬼-紅]

AndroidベースのDAPはシステムの制限に注意すべし[by 威吹鬼]

 

■まえおき
すでに過去にレビューをしているが、あらためて今回はいろいろなDAPを入手して気づいてた点(追加情報)があるので、本機との比較を交えて再レビューする。

■DAPのタイプ分類
A)Androidベースのシステムソフトを搭載したタイプ
対象モデル:
・SONY WALKMANの最新モデル(A100/ZX500シリーズ)
・Astell&Kernの最新モデル
・中国ブランドの最新モデルなど
Androidベースなので、ワイヤレス再生機能/ストリーミング再生機能/ネットワーク機器との連携/いろんなアプリをインストール可能など、スマホ同様に多彩な機能があって使い勝手が良い。
しかしながら、イヤホン/ヘッドホンを有線接続して聴く場合、システム仕様に依存して楽曲のサンプリングレートに関係なく再生時は強制的に48kHz(または44.1kHz)に変換されてから再生出力する仕組みらしい。
つまり、88.2kHz以上のハイレゾ楽曲を用意する意味が無くなるということなのだが、アプリやユーザー側ではどうすることもできない。
そこで、一部のモデルではAndroidシステムをカスタマイズ化することによって、標準搭載のプレーヤーアプリを特殊扱いにして楽曲のサンプリングレートを変換せずにそのままダイレクトに再生出力できるようになっている。
そしてさらに、特殊な動作モードが用意されている場合があり、そのモードに切り換えるとシステム起動時には標準プレーヤーアプリのみが起動し、他のすべてのアプリは使用できないようにして、システムの影響を極力受けないように音質向上を図ったモデルもある。
ただし、先述のシステム制限仕様の通り、サードパーティーのプレーヤーアプリでは、標準アプリのように音質最優先でハイレゾ楽曲をダイレクトに再生出力することはできない。
その仕組みからすると、ストリーミングアプリで再生しても同じことではないだろうか?
ワイヤレス(Bluetooth)接続時も、Androidシステム仕様により搭載コーデックの対応サンプリングレートの最大値に強制的にサンプリング変換されるようだ。
例えば、SBC/AAC/aptXコーデックなら48kHzに、LDACコーデックなら96kHzに変換される。
先述のように有線接続時にシステムをカスタマイズ化したDAPであっても、ワイヤレス接続時はこの仕様に準じていることが多い。
以上から、Android仕様が音楽再生に大きく影響するので、スマホなどではハイレゾ音源を十分に活かすことはできないし、DAPでもすべてが真にハイレゾ音源再生に最適化されているわけではなさそう。

B)メーカー独自のシステムソフトを搭載したタイプ
対象モデル:
・SONY WALKMANの旧モデル(本機A50シリーズ/WM1シリーズ)
・海外ブランドの一部のモデル(Cayin N3Proなど)
これらは、上記Aタイプのような制約/制限は無く、ハード/ソフトともに音楽再生やハイレゾ音源への対応が最適化/特化され、有線/ワイヤレスともに音源の音をピュアダイレクトに出してくれて、真のDAPとして余計なものがない/余計なことをしないのがメリット。
それとは反対のデメリットとして、多彩な機能や拡張性の点でAタイプより見劣りするケースがある。
私のような生粋のオーディオファンには、機能が多彩であることよりも何のしがらみの無いこのようなピュアオーディオのコンセプトは理想であり好感が持てる。
しかし、それはある程度ハードウェアの性能が伴っているという前提で高音質が期待できるというもので、ハードウェアが貧弱であればそれなりの音にしかならない。
また、いくら機能がシンプルでもソフトウェアの出来映えが悪く、操作や動作上の安定性/信頼性に欠けていては使う気が失せる場合もある。
特に中国ブランドでは初期不良や不具合などの発生頻度が高く信頼性に欠けていたり、日本語ローカライズに考慮不足や手抜きのところがあり不便に思うところが多く不安も大きい。
その点ではメジャーなAndroidシステムを搭載したAタイプの方が比較的増しであり、私的にもBタイプのメリットだけでは絶対良いとは言い切れないところでもある。

■DAPとスマホとの使い分け(DAPのあり方)
先述の通り、スマホではハイレゾ音源を十分に活かすことはできない。
スマホを音楽プレーヤーとして使えばそれなりに電池消耗するわけで、外出時には音楽リスニング以外のもっと大事なことのためにスマホの電池を残しておきたいと思いつつ、リスニングに集中できなくなるのが私はどうも嫌だ。
スマホ電池温存のためにDAPを使うというのもアリではなかろうか。
DAPならば電池が切れたとしても諦めはつく。
スマホとDAPを使い分けるというのが私の趣向。

■まとめ
以上A/B両タイプとも一長一短である。
実際の音の善し悪しは、単純にタイプの違いからだけでは判断できず、試聴してみるか長年の経験と勘に頼るしかないだろう。
音よりも先ずは、A/Bどちらか自分が必要とするタイプを選択してから音質への検討(試聴やレビュー参照)をした方が良いだろう。
本機BタイプのWALKMANは、ワイヤレスに関してはデジタルなのでその良さ(ピュアダイレクト)が十分に発揮できて、リスニングへのこだわりや購入資金をイヤホン/ヘッドホンに集中しやすくなる。
メインとなるDAPをすでに所有してあり、有線接続時の音質にこだわらず、Android搭載の多彩な機能性を求めず、ワイヤレスの利便性やコンパクトな携帯性を重視してサブ機として活用するなら、本機はコスパを含めて最適。
但し、有線接続の音質は悪く言うとオマケ程度だから、そこにもこだわるなら最上位モデルのWM1シリーズがオススメ。
強いて欠点をあげるとWM1Aは充電や外部接続用にSONY独自のWMポートを採用しており、それに扱いにくさや古くささを感じるところもあり、普及度の高いType-CのUSBポートを採用した新しい上位モデルの登場に期待したい。
最後に、
ワイヤレスで使用するなら、他社モデルのDAPで主要機能部品とされる「D/Aコンバーター(DAC)」「アナログアンプ回路」などのデバイスはまったく無用ということに注意されたい!

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > Astell&Kern > A&futura SE200 AK-SE200-MS [256GB]

組紐屋の竜.さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:193件
  • 累計支持数:356人
  • ファン数:5人
満足度4
デザイン4
携帯性4
バッテリ無評価
音質4
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性無評価

【デザイン】
最近のAK機らしい綺麗なデザインで宜しいかと思います。
【携帯性】
ちょっと大きいので携帯性は、あまり良くないですね。
【音質】
解像度が高く、音に厚みも有り美音系のAK機らしい音質ですかね。
DACチップに旭化成のDACチップとES社のDACチップの2種類のDACチップを搭載していて、差込み口もAKのDACチップの差込み口(バランスとアンバランス)とES社のDACチップの差込み口(バランスとアンバランス)が搭載されていて、本体操作で切り替えるのではなく本体に計4つのイアホンジャックが搭載された機種になります。
【総評】
一つのDAPで2種類のDACチップの音質が味わえるDAPです。
DACチップの型番とか詳しくは、メーカーホームページを御覧下さい。

個人的には、AKのDACチップの音質の方が好みかな。
ES社のDACチップの音の方が高音域にちょっと特徴の有る音が鳴りますかね。このDAPの場合。

一つのDAPで2種類のDACチップの音質が味わいたいと言う人とか、そのDACチップの違いによって、ちょっと音質が変わるので所有のイアホンの相性によって使い分けをしてみたいと言う人には良いDAPなのかもしれませんね。

興味の有る人は、専門店、大型家電量販店等で両方のDACチップの違いを所有のお気に入りのイアホンで試聴して感じてみると良いでしょう。

[試聴環境] Oriolusの元フラッグシップモデル Oriolus 2nd 直挿し

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > SONY > NW-ZX507 [64GB] > NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]

msausさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
83件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
55件
イヤホン・ヘッドホン
0件
11件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性5
バッテリ3
音質5
操作性3
付属ソフト無評価
拡張性5

IEM: intime Ti3 balanced 4.4
イヤーチップ: comply
エーイジング: 300時間経過
普段聴く音楽: ポップ、Jazz、ロック、ブルース

○全体的な評価
fiio x5からの乗り換えになりますが、かなり満足しています。また、私みたいに色々なジャンルの音楽を聴く人であればかなりオススメの機種ではないでしょうか。しかもandroidにしては結構な頻度でアップデートが来て色々改善してくれているのでユーザーにとってはかなり嬉しいです。

○良くない所
エイジングが面倒。
画面が小さすぎる(最低4.2インチは欲しい)。
シャットダウンは早いが、起動が若干遅い。
バッテリーがzx300よりもたない。
普段ストリーミングで音楽を聴かない為androidだと言う事が大変残念。
sony独自のOSのままだったらもっとバッテリー持ちがよく音質も良かったのでは?と思いました。
また、ストリーミングはインターネットの月の契約プランを無制限にしないと使えないので私はandroidはまだ早いと思いました。5Gが浸透し料金プランがもっと安くなればストリーミングでハイレゾをきくのが当たり前の時代がくるかもですね。

○3.5mmアンバランスと4.4mmバランス接続との音の違い
こちらHeir Audio 8.0の3.5mmで視聴し4.4mmのbalance接続で聴いた感想です。
バランス接続すると全体的な解像度が増し、低域の解像度がよりリアルに再生されている様に思いました。特に、オーケストラ等を聴くと楽器の音がよりリアルになった様に思います。

○ S-Master HXを使った感想
かなり静かな場所でないと聞き分けにくと思いますがかなり細かい音まで描ききっていてかなり満足でにるのでないでしょうか。DSEE ultimateへのアップデート効果もあり更に音場が広がった気がしました。

○イラコライザーに関して
かなり細かいところまで設定できる様なので、曲毎又はその日の気分でにイラコライザーを変えて聴くのがかなり楽しいです。ですが、結局普段はメロウ又はリラックスのプリセットで聴いてます。イラコライザーの設定をユーザー同士でシェア出来る様な機能があれば、面白いでは?と思いました。

○ボリュームに関して
120段階から細かく設定出来るので、聞く場所によって細かく設定出来るのが良いと思いました。静かな部屋等では50、外出時には+5〜10で普段利用しています。

○音場に関して
fiio x5 と比べて音場がかなり広くなった様な印象を受けました。特に音楽を聴いていると見晴らしが良く晴れやかな空を見ている様で且つボーカルと楽器の前後の位置関係や、奥行き方向への描写が良いように思います。

〇解像度に関して
fiio x5 と比べて解像度はかなり高い様に思います。特に弦楽器(ギター、ビオラ等々)の音が一音一音が生々しく丁寧に再生され且つ聴き疲れしにくい音だと思いました。再生機器にもよるかもしれませんが、静かな部屋でベートーベン等をきくとまるで音楽ホールで聴いている様な感覚になります。

ジャンル
クラシック・オペラ
ジャズ
ロック
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > SONY > NW-S313 [4GB] > NW-S313 (B) [4GB ブラック]

hf401212さん

  • レビュー投稿数:66件
  • 累計支持数:377人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
42件
10件
イヤホン・ヘッドホン
14件
0件
ラジカセ
2件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性5
バッテリ5
音質4
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性無評価

色々なレビューを見て、ある程度の妥協をしていましたが、実際に使用した感想としては、思っていたより悪くないです。それなりではありますが、特別不便は感じませんでした。このあたりは使用される用途や方法にもよるので、参考にはならないところですが、私の場合は、ウォーキングと通勤で活躍してくれていますが、付属のイヤホンはあわなかったので、手持ちのボーズの古い有線タイプを繋いでます。ノイズキャンセル機能は使えませんが、周りの音が少し聞こえた方が安全なので良いです。できればイヤホン無しと付きが選べるといいのでは?あとラジオを聞いてみましたが、受信感度が低いようで場所を選びます。私的にはラジオよりはお気に入りの音楽を聞けて満足しています。質感も自分で確認したので不満もなく毎日のウォーキングの友として、末長い活躍を期待しています。

ジャンル
ジャズ
ロック

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > Shanling > SHANLING M6 [32GB]

nBanjoさん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:274人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
12件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性3
バッテリ5
音質5
操作性3
付属ソフト無評価
拡張性無評価

■いきなり他モデルとの比較

A)FiiO M11 Pro
解像感は高くF特はフラットでレンジが広い、そしてヌケの良さもあってS/N感も高く感じられ、クール&ドライ基調のハイクオリティさを前面に出すような印象がする。
下記Cを入手後その音を聴いて比較すると、このモデルの音は抑揚の無い平坦で厚みや密度感のない軽薄な音調に聞こえてきて、オーディオらしさや面白みが無いなどの何か物足りなさを感じて大きく印象が変わる。

B)Aster&Kern SR25
ひとことで言うなら、明瞭且つパンチのある元気でクールなソリッドサウンド。
今時の若い人なら受け入れやすく好印象になるだろうと思うのだが、年輩の人や古きオーディオファンの人にはどうかな?という印象。
特に私の場合は、数曲の音楽を聴いていると一番目立つ中音域の元気さとパンチ力に耳が耐えきれなくなって悲鳴をあげる始末となった。

C)Cayin M3Pro
私的に音質は良く非常に気に入っているが、ソフトウェア(ファーム&音楽再生アプリ)がダメ子なので、使い勝手が悪くプレーヤー単独での使用がついためらいがちになる。
聴くときは据え置きのDACアンプと同様にこのモデルをPC接続してUSB-DACモードにした上、自作のPCアプリで楽曲データを再生転送し音を出して楽しむことにした。
これなら目立つ不具合/欠点をほぼ回避できそうだし、楽曲の選曲はPC側でするので本機よりも格段に操作は快適となる。

D)SHANLING M6(本機)
Aとはまったく違う味わいでウォーム&ウェットな音色であり、音全体に厚みと密度感のあるややソリッドなパワフル傾向でありながら、音のピークに滑らかさやマイルドさがあるのでBのように耳にまったく刺激感/圧迫感がない。
これは正に私が求めていた音に近いという印象だったとも言えるので、当分は買い換えせずにいけたらと思っているところ。
ただちょっと気になったのは、
曲ごとのアーティスト名リストしかないので、3000曲以上にも及ぶ楽曲におけるアーティスト名のリストとなると、重複がいくつかあって3000よりは少ないにしてもその数はけっこうなものとなる。
しかも、アーティストの日本語名と英語名が混在して不規則な並び順に表示されるので容易に目的アーティストを選択できない。
この点はCも同じだが、AとBでは音楽再生アプリの日本語ローカライズが上手くできていて使い勝手に格段の差がある。
そこでサードパーティーの「ONKYO HF Player」をインストールして使用することにした。
これならA/B同等の使い勝手になる。

■以上から私的に良いと思う順位付けすると以下のようになる。

●音質の順位
評価内容は上記の通りで、
 D ≒ C > A ≫ B
CとDは音質が同等という意味で無く、音質違いはあれど好みの度合いが同じで甲乙つけがたいという感じ。

●ファームウェア&音楽再生アプリの出来映え/使い勝手の順位
ハード仕様に依存しない、純粋にソフトウェアだけのパフォーマンスやユーザーインターフェイス(UI)仕様に対してだけ評価すると
 B ≧ A > D ≫ C
A/B/DはAndroid-OSがベースなので基本部分はほぼ同格で、音楽再生アプリだけに着目すると、
Bは老舗ブランドだけあって完成度が高い。
Aも中国ブランドながら洗練化が進んでおり、日本語ローカライズもよくできている。
Dは選曲仕様や日本語ローカライズの面でA/Bに比べ格段に劣る。
Cはシステム(OS)が独自でシステム起動/終了時間が短く優れているものの、システムフリーズなどの致命的/根本的な問題を多数抱えていそうで信頼性に欠ける。
アプリも他モデルに比べUIに古くささがあり進化しない化石のようなレベルになっている。

まとめると、
本機は(Cも同様)は音質的には非常に満足だが、ソフトウェアの出来映えの面で私的には不満が残ったという結果である。
その他、外観デザインやビルドクオリティについてはミドル級らしい出来映えで特に不満はない。
あと特筆すべき点は、
・上記にあるようにスマホ同様にアプリを追加インストールできること。(動作保証はされないが)
・昨今のDAPは再生中の発熱が気になるものが多い中、本機は発熱がかなり抑えられ気にする余地がないのが秀逸。
・それに伴うようにバッテリーライフも優秀。

■DAPに対する私のつぶやき
お金のかけ方としてイヤホン/ヘッドホン/スピーカーの方に出費し取り揃えた方が幸せになれるような気がして、なかなか集中投資できずDAPとしてはこのようなミドル級に甘んじている。
中国ブランドのものは10万円以下のミドル級で十分な性能/コスパを発揮していると思うが、SONYやAster&Kernなどの老舗ブランドでは10万円以下のものではコスパが悪く音質的に中国ブランドに負けているようで、10万円超の製品でないと音質面での満足は得られないように思う。
・SONYならNW-WM1A以上がオススメ(NW-ZX500シリーズで妥協すると後悔しそう)
・Aster&Kernの場合は、10万円超のモデル数が多く音質差も大きく非常に迷うところなので、音質追求するならば一気に20万円クラスのモデルになりそう。
(「オーディオ沼に誘い込む悪魔のささやき」のようなコメントだが)
最近のDAPにはBluetoothレシーバー(受信機)機能が備わっているが、私がいろいろ試したところでは、スマホ含めた送信機側との相性が悪く、特に他DAPとのペアリングが成立せず使い物にならないケースが多いので、正直なところあまり使える機能では無い。
そもそも、自機において選曲再生機能が備わっているのだから、わざわざスマホ含めた他機にある楽曲を再生し転送する必要性があるのか?甚だ疑問に思うところ。
また、いくらハイレゾ時代であってもPCM384kHz/DSD256以上の超ハイレゾの馬鹿デカいサイズで扱いにくい楽曲データを、いったいどれくらいの人が手にして使いこなしているのか?、すなわちDAPとしてPCM384kHz/DSD256以上の再生スペックが本当に必要で意味あるのかも私には疑問である。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > SONY > NW-A105 [16GB] > NW-A105 (L) [16GB ブルー]

黒い三連福さん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:133人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

クレジットカード
6件
0件
イヤホン・ヘッドホン
5件
0件
スマートフォン
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性5
バッテリ4
音質5
操作性5
付属ソフト無評価
拡張性無評価

spotifyをスマホで聴いていたのですがアプリの動作が不安定だったり、メールが着信するたびに音量が下がったりで音楽に浸るために本機を購入。

【デザイン】
特別高級感はありませんが安っぽいという感じも無く値段相応かと思います。

【携帯性】
容積的にはスマホの半分くらいの大きさ。ポケットに入れても重くないし丁度いい感じ。

【バッテリ】
音楽再生してなくてもアンドロイドOSが着実にバッテリーを消費していきます。巷では持ちが悪いと評判ですがアンドロイド機の宿命だと諦めるしかありません。自動オフが設定できるようになりましたが最小1時間なので1時間は無駄にバッテリーを消費してしまいます。
起動するのを待つのが面倒ですが小まめに電源オフするのがバッテリーを長持ちさせる最良の方法かと思います。

【音質】
スマホと大して変わらないだろうと期待していなかったのですがスマホとは別物でした。スマホだと音量を上げると耳に刺さってくるような感じ(デジタルな感じ)が本機ではありません。上手く言い表せないのですが滑らかな感じです。かと言ってぼんやりした感じは無くメリハリはしっかりあります。

【操作性】
タッチパネルの操作性は指で操作するギリギリの大きさかと思います。再生中の基本操作はサイドのボタンで行います。第一印象として何故サイドのボタンが本体から飛び出してるのか疑問だったのですがポケットに入れたままブラインド操作が出来る為だと気づきました。手さぐりで各種ボタンが判ります。

【付属ソフト】
spotifyメインなので無評価。

【拡張性】
SDカードでストレージ増やせるぐらいかと思います。ちなみにSANDISKの128GBで問題無く動作してます。spotifyでダウンロード再生しなくてもSDカードは必須だと思います。SDカードが無いとキャッシュが溜まって容量足りませんと言われます。そのたびにキャッシュをクリアすればいいのですが面倒です。

【総評】
DAPなんてスマホと大差無いと思ってましたが全然違いますね。買って良かったです。起動時にfor music loverとメッセージが出て来るのも気に入ってます。中華製DAPが群雄割拠する中、孤軍奮闘するSONYには頑張って欲しい物です。

追記:これは私の情報不足による失敗ですがamazon music HDを聴いてみたいと思い無料お試しを登録しました。spotifyと聞き比べても全然違わないので何故だろうと調べた結果ultara HDはダウンコンバートされてしまうので最高音質で聴けないということが判りました。ファームウエアのアップデートで対応予定ということですがお試し期間中にアップデートが無いと聞き比べが出来ません。amazon music HDに浮気しようとした天罰でしょうか。
amazon music HDを聴きたい方はアップデート後にお試しください。

追記:ハイレゾストリーミング対応のアップデートが来たのでハイレゾとspotifyの聞き比べを行いました。amazon music HDのお試しは使ってしまったので今回はmora qualitasのお試しで確認。まずビリー・アイリッシュのbad guyで聞き比べ。よく聞かないと判りません。囁くようなところで、かすかに違いが判るくらいです。次にローリングストーンズのLiving In A Ghost Townで聞き比べ。こちらはハッキリ違いが判ります。しかし曲の印象が違うくらいメリハリがあるのでハイレゾ音源にする時にハイレゾ用に補正されてるのだと思います。
自分なりに出た結論としては音源をそのままハイレゾ化した曲だと違いが殆ど判らない。補正機能のDSEE HXでアップスケーリングするとハイレゾ級になるのでDSEE HX+spotifyで十分かなという結論です。それだけDSEE HXが素晴らしいと感じさせられました。
あくまでも個人的意見なので、製品を購入又は試聴し自分の耳でハイレゾストリーミングと通常ストリーミングの聞き比べをしてみてください。

追記:最近アップデートの為に2Gバイト以上ストレージを開けてくださいというメッセージが出るようになりました。Spotifyのユーザーデータが1Gバイトになっていたのでユーザーデータを削除したらメッセージは出なくなりました。ユーザーデータが何ものかは良く判りませんが削除しても動作に影響はないようです。shazamとらじるらじるしかインストールしてませんが内部ストレージに余裕がありません。radikoやTuneInもインストールしたいのですが控えてます。Spotify以外はインストールするつもりは無かったのですが他の音楽アプリを使ってみたくなってきました。後々のことを考えると懐に余裕があればA-106の購入をお勧めします。

ジャンル
クラシック・オペラ
ジャズ
R&B
歌謡曲
ロック
ヘビーメタル
その他

参考になった25人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > Astell&Kern > KANN ALPHA AK-KANN-ALPHA-OB [64GB]

lego1245さん

  • レビュー投稿数:68件
  • 累計支持数:271人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
24件
28件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
21件
18件
イヤホン・ヘッドホン
19件
3件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性3
バッテリ3
音質5
操作性3
付属ソフト無評価
拡張性無評価

音は良いが操作性やバッテリーもちなどその他全ての面でm15に劣る印象。
音もそこまで大差ないので、ちょっと考えてから購入したほうがよいと思います。ただし、悪い機種ではありませんよ。akシリーズからしたらバーゲンプライス!

ジャンル
R&B

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > Astell&Kern > KANN AK-KANN-64GB [64GB] > KANN AK-KANN-64GB-SLV [64GB アストロシルバー]

ひもやさん

  • レビュー投稿数:38件
  • 累計支持数:94人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
18件
イヤホン・ヘッドホン
14件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
4件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性3
バッテリ4
音質5
操作性5
付属ソフト5
拡張性4

dapの音質向上のためにヘッドホンアンプを調べていましたが、手頃なものが見つけられなかったためにこちらの製品を検討しました。本メーカーは高価なため選択肢から外していましたが、モデル落ちで手頃になっていた本製品を購入しました。

これまで使ってきたdapの音質とは別物で、知らなかった音質でした。
音の響き、広がり、立ち上がり、立ち下がり、音圧、滑らかさ。カチッとしたした音像。音が見事に整えられていました。
持っていたヘッドホンアンプのパワーによる音質向上とは別物でした。パワーでしっかり駆動することで音質向上するだけでなく、音そのものが良くなっていました。

今まで聴こえなかった音がよりはっきりと聴くことができました。ありきたりですが、こんな音の曲だったのかと再発見があり、今まで聴いていた曲を聴き直しています。
また、手持ちのイヤホンとヘッドホンの性能や特徴が本製品を使うことでよくわかりました。良い音だと思っていた製品の限界が分かったり、逆にここまでの音が出せる製品だったのかと改めて見直すこともできました。
3.5oの音質が非常に良くて、バランス接続は不要かと初めに思いましたが、どのような音か確認したくてバランス接続も楽しんでいます。3.5oは無難で聴き易く、バランス接続は解像度が少し上がり高域が少し強めになるように感じました。

イヤホンやヘッドホンのレベルアップで音質は向上しますが、dapのレベルアップによる音質向上の大きいと改めて思いました。

コンパクトで高音質で、本製品を購入して良かったです。

ジャンル
クラシック・オペラ
ジャズ
歌謡曲
ロック

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > FiiO > M11 FIO-M11-B [32GB]

nBanjoさん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:274人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
12件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性3
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性無評価

■音質について
本機には上位モデルとしてPro版があるが、店頭試聴ではPro版の方は最近の上位プレーヤーによくある最新DAC性能を重視した高解像度を特徴にした音という印象だった。
本機(無印版)の方は、DACよりもアナログアンプによる音質の色付け/味付けを濃くした音作りという印象で、これはメーカーであるFiiO得意の仕上げ(仕様)ということらしい。
私は前者の傾向に飽きてきたところだったので、ベースモデルである本機をあえて選択した。
その音質は、アンプにより解像感よりも迫力感(特に中低音の厚み/重み)を際立たせた聴きごたえのあるもので、高解像度重視プレーヤーのあっさりしたものよりも音楽を聴く楽しみ/気持ちよさを満たしてくれる。
あえて高価なPro版にするよりもお買い得感があった。
また本機の使い方を助言すると、低音強調系イヤホンだと本機の音質キャラとかぶり低音が増す方向となり、不快感または耳へのダメージにつながるので、フラット系または大人しめの音質のイヤホンを迫力ある音に演出させるという使い方が本機には向いていると言える。
因みに、Pro版の方の出音のF特性はほぼフラットでレンジが広いようなのだが、フラット傾向のイヤホンだと平坦な音調でやや大人しく躍動感のない面白みに欠ける感じがするので、低音や高音などを強調した個性的なイヤホンとの組み合わせに向いている気がする。
本機は基本的にはOSであるAndroidベース(本機では「Android モード」と称している)で動作するが、これとは別に「Pure Music モード」という音楽再生に特化して音質に影響するものを極力排除するよう工夫されたと思われる動作モードが用意されているのが特徴としてある。
実際にこのモードに切り替えてみると、音楽再生アプリである「FiiO Music」が強制的に動作の主体となり、OSの設定変更のみが許される様式に変わり、その他のアプリへのアクセスは一切できなくなる。
そして、再生音についてはバランス出力/アンバランス出力ともに解像度が一段と上がる印象だった。

■音質以外について
システム用のプロセッサー(SoC)もスマホレベルの高速なものを採用しているので、DAPとしては操作レスポンスが非常に軽快な印象。
音楽再生アプリの操作性も一昔前のプレーヤーよりもかなり洗練されたという感じで扱いやすくなっている。
また、ボディ側面にある物理操作ボタン類も形状や配置がよく操作しやすく、ボディを持つときの側面スペースが十分確保され誤操作につながらないようになっていて都合がよい。
このボタンについては私が過去所有してきたいくつかのプレーヤーの中で一番優れていると評価できる。
また、ヘッドホン出力端子が
3.5mmアンバランス
2.5mmバランス
4.4mmバランス
と3つあるのが非常に都合がよい。
(所有するケーブルの対応度が上がり余計な変換プラグを使わなくてすむ)

■気になる点
購入当初に再生動作においていくつか気になる点(断続的な音途切れなど)があったが、最新ファームウェア(Ver.1.1.0)で解消されたように思う。
また、この最新ファームでFLAC形式の楽曲ファイルのメタデータで読み仮名タグ情報(ALBUMSORT、ALBUMARTISTSORT、ARTISTSORT、TITLESORT)に対応し、日本語(漢字)の読み仮名による楽曲リストの並べ替えができるようになったのは非常にありがたいところ。
私の場合、楽曲データのほとんどはFLAC形式であり、これでようやく楽曲選曲における日本語名リストの並び順の不満(不規則な点)もほぼ解消、すなわち日本語のアーティスト名も読み仮名で「あいうえお順」に並んで表示されるので格段に選択しやすくなった。
これは、SONYのWAILMAN並(あるいはそれ以上)に使い勝手が向上したと言えそう。
ただし、新たに気になる点が出てきた。
標準の音楽再生アプリ「FiiO Music」のアップデート(Ver.3.0.1)がリリースされたが、これを適用するするとフリーズする(動作不能状態になる)場面に遭遇した。
私の場合、楽曲データはすべてSDカードに保存して、選曲のメインメニューの「フォルダー」による選曲をよく使用するのだが、目的のフォルダーを選んでその中にある楽曲を選択して再生しようとするフリーズが発生するという有様だ。
そのとき、自己回復機能でアプリの再起動のアサートが出るが、アプリやシステムを再起動して同じ選曲操作をすると同じ結果(フリーズ)に陥るという始末。
これではまったく使い物にならない。
楽曲データを内部ストレージに保存して同様な操作でこの現象が発生するかは試していないのだが。
アプリのアップデートをする前は、特にこのような現象に遭遇しなかったので、アプリを初期バージョンに戻すことにした。
ただし、それをするにはファームウェアを初期化(設定メニュー内にある)するしかなかった。
今のところ、アプリの初期バージョンでは問題ない。
やはり、アプリの新バージョンに問題があるとしか思えないし、新バージョンでのメリットと思えるところも特になかったので、このまま旧バージョンを使うことにした。
(改修版のリリースに期待)
FiiOは他社に比べてソフトウェアのアップデートを頻繁に実施するところに好感が持て、ユーザーに対するメーカーの企業努力として認めたいところだが、ソフトウェアの品質管理(検証体制)が今ひとつ甘いと言わざるを得ないところが気になる。
まあ、昨今のソフトウェア品質の甘さはどこのメーカーも同じような感じだが、私個人としてはあまり認めたくないものだと思っている。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意