電子書籍リーダーすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > パソコン > 電子書籍リーダー > すべて

電子書籍リーダー のユーザーレビュー

(2件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
電子書籍リーダー > Amazon > Kindle Paperwhite 32GB Wi-Fi

神野恵美さん

  • レビュー投稿数:653件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールライター・編集者。
書籍編集者、雑誌記者・編集者を経て、2004年にセミリタイアと称して渡仏。以降、現地にて言語を学ぶ傍ら、フリーランスで日本のメディア向けの取材活動、現地邦人向けのメディアなどにも関わる。帰国後は、新聞、雑誌、ウェブ媒…続きを読む

満足度4
デザイン4
処理速度4
機能性4
画質4
携帯性4
バッテリ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

通常Kindle(右)とのサイズ比較

通常Kindle(上)との厚さ比較

通常Kindle(右)との解像度の比較

OASIS(右)とのサイズ比較

OASIS(下)の薄い側との厚さ比較

OASIS(下)の厚い側との厚さ比較

Amazonの電子書籍端末。現時点でラインナップする3つのモデルの中では中位モデルとして位置づけられる。メーカーより提供されたサンプルを試用。

解像度300ppiは、最上位モデルの「OASIS」と同じ。小さな文字もくっきりと表示されて読みやすい。

サイズ感と画面サイズは、下位モデルの「Kindle」とほぼ同じで、ベゼルがフラットなせいか、心なしか大きくは見える。

厚みもKindleとほとんど変わらないが、重さ182グラムは3モデル中最軽量。持ち運びのしやすさでは一番だと思う。

OASIS同様に、画面の明るさは調整できるが、色調の変更機能はない。色調の変更はより紙のようなリアルな色味に近づけられるとは思うが、必須というほどではない。

ディスプレーのフロントライトは、LEDライトを5個内蔵し、ムラなく発光する。残念ながら、OASISに搭載されている周囲の明るさを感知して自動で理想的な明るさに調整してくれる機能はないものの、直射日光の下などの環境下でも眩しくない反射抑制のディスプレーが採用さrている。

OASIS同様に。最深2mの真水に最大60分間の浸漬に対応するIPX8等級の防水機能を備え、お風呂やプール、海などでも利用できる。

Kindleの3つのラインナップの中では、必要十分な機能を備え、価格的にも最も不満のない無難なモデルではないだろうか。電子書籍端末として最上級の読書体験をしたければOASISを奮発したいとは思うが、ポータビリティなども踏まえるとリーズナブルながら機能や性能的に大きな格差は感じないと思う。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

電子書籍リーダー > Amazon > Kindle Paperwhite

岡安学さん

  • レビュー投稿数:259件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジモノ誌やウェブで活動するフリーライター。
デジカメ、テレビ、レコーダーなどデジタル機器を中心に
白物家電やPCまで執筆対象を拡げている。
また、ゲームやアニメ、ホビー、トイなど、サブカルチャーも扱う。
近著に『INGRESSを…続きを読む

満足度5
デザイン4
処理速度4
機能性4
画質5
携帯性5
バッテリ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

液晶と違い、目が疲れずに紙の本に近いディスプレイ。

かなり薄く、軽い。持ち運びはしやすい。

片手で持った感じ。サイズ的にもちょうど良い。

発売日当日に購入し、約5カ月使用。


【デザイン】
特に目を見張るところもないですが
余計なデザインやカラーで台無しにしているわけでもないです。
純正のケースを使っているので、
本体自体のデザインはあまり気になっていません。


【処理速度】
電子ペーパーとしてはまぁまぁ良いのではないでしょうか。
ページの切り替わりで白黒反転するのが
最初は気になると思いますが
そのうちに慣れるレベルです。
数ページ一気にめくるなど
普段あまり使わない処理に関しては
ちょっと遅く感じるかも知れません。


【入力機能】
高速反応と言うわけではないですが
ストレスが感じない程度には反応してくれます。
操作自体は難しくなく、すぐに慣れます。


【携帯性】
同サイズのタブレット端末と比べても
破格の軽さ。
これなら文庫本1冊くらいと変わらないかもと
思うくらいの重さです。
薄いので、カバンに入れても邪魔になりません。


【バッテリ】
さすがは電子ペーパーと言うくらいに保ちます。
逆に保ちすぎて、充電をする習慣がなくなってしまうほど。


【液晶】
文字も絵も十分に見やすいです。
電子ペーパーの特性で
タブレットなどの液晶と違い目が疲れにくいのも良いです。


【付属ソフト】
付いているのはブラウザくらいですが
電子書籍端末としては十分かと。
タブレットと比べるものではないと思います。


【総評】
電子書籍と体験してみたい人にはオススメです。
明るい場所でも暗い場所でも見やすい画面や
超消費電力、高解像度など、
電子ペーパーの特性を思う存分、味わえます。
今年に入って、対応する本の数も増えてきているので
読みたい本があればアリです。
特にマンガは1冊の読了時間が短いので、
通勤、通学には数冊持っていくことになるのですが
電子書籍なら端末ひとつで足りるのが魅力です。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(電子書籍リーダー)

ご注意