自動車すべて ユーザーレビュー

 >  > すべて

ユーザーレビュー > 自動車 > すべて

自動車 のユーザーレビュー

(65135件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
自動車(本体) > 日産 > ジューク 2010年モデル > 15RX アーバンセレクション パーソナライゼーション

営業マンNo.9さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:78人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
3件
12件
デジタルカメラ
0件
10件
ノートパソコン
1件
6件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費4
価格3
   

   

4年3ヶ月で走行距離が約70000km。
乗り換える前に感想を。

燃費やパワーは凡庸。
1500ccのNAならこんなものでしょう。
パワーが欲しい人はターボモデルをどうぞ。
燃費は年間で14.4km/L。(メーター内の平均燃費)
一年中ACはONで走っています。
車内は広くもなく、狭くもなく。
こう書くと「ジュークの魅力ってナニ?」となります。
私にとってジュークの魅力はデザインです。
凹凸のある立体的なシェイプとそれを構成する曲線。
パッションレッドの車体にホワイトパールのパーツ、ブラックのアルミホイール。
似たようなデザインの多い国産車の中では異彩を放っています。(発売当時)
かなり目立つようなので、目撃情報が寄せられたりします。
パーソナライゼーションはノーマルにくらべて車高が若干低いので立体駐車場の高さ制限にかかることもほとんどありません。
過去に2回「事故防止のために」断られたことがある程度です。
ハンドリングは素直で取り回しもいいので、デイリーユースで不便を感じることはありません。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年12月
購入地域
神奈川県

新車価格
228万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

ジュークの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > スバル > ステラ 2014年モデル > G スマートアシスト

みらいPGさん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:253人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
125件
デジタル一眼カメラ
4件
58件
レンズ
3件
20件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4

【エクステリア】
オーソドックスな外観で特筆するところはないが飽きがこなさそうなデザイン。
免許を持ってる家族全員が運転する車なので、無難なデザインがいい。
【インテリア】
前車のワゴンR(MH21S)に比べたら質感は上がってるし、縦方向に数センチ広くなってるように感じられる。
ツイーターがAピラーの上部に付いているので、純正のスピーカーでも明瞭に聞こえる。
ブラックインテリアにしたので、シートはちょっとした汚れや埃が目立ち、埃によっては取れにくいこともある。
【エンジン性能】
平地を走る限りは不満なく走れるが、アクセルをいつもより踏み込むと昔のターボのような吸気してる音がして、エンジンが頑張ってる感が伝わってくる。
【走行性能】
雑誌等の評判通り、ハイト系の軽としては安定性は高いと思う。
交差点を30〜40km/hで右左折したくらいでは安定して曲がれる。
【乗り心地】
軽としては十分でしょう。
前車が購入時からスズキスポーツのサスが入っていて、家族全員多少固いのに慣れてるので特に不満も出ていない。
【燃費】
メーターの燃費計では14km/L
ほとんど街乗りで、片道数キロの場所ばかりなのでこんなものでしょう。
【価格】
必要なオプションとメンテナンスパックを付けて150万円に収まったので妥当なところでしょう。
【総評】
満足度では4点にしていますが、実用車として考えれば5点に近い4点です。
自動ブレーキや前車発進の警告音は普段自分が乗ってるアウトバックより小さく控えめで、不便はないものの、スバルの普通車のように音量を変えられたら、高齢者ドライバーにも聞き取りやすくなると思います。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
その他
頻度
月数回以下
重視項目
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
奈良県

新車価格
127万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

ステラの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

タイヤ > TOYO > PROXES Sport 215/50ZR17 95W XL

車輌syaryouさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
22件
レンズ
2件
12件
タイヤ
1件
6件
もっと見る
満足度5
走行性能5
乗り心地5
グリップ性能4
静粛性5

初代WISH(ANE11W)乗りです。純正サイズは215/50/r17

純正装着タイヤがダンロップのSP SPORT 9000m でまあまあ快適でしたので同じ方向性と思われるタイヤを選んできたつもりです。
5シーズン目の選択にあたり、ここの皆様からのアドバイスを頂き、当該製品を選択しました。

サマータイヤ遍歴
@SP SPORT 9000m(新車装着)
ADNA S.drive
BDIREZZA DZ101
CDIREZZA DZ102

直前まで履いていたタイヤはスタッドレス:ブリザックVRX

■PROXES Sport 215/50ZR17 95W XL/設定空気圧:250kPaで走行
【走行性能】
ハンドルが軽くなりました。走っていても「軽くなった」を如実に実感します。微速での走りだし時、陸上の試合用シューズに履き替えたかのような足の軽さを感じました。特に中低速域40-50km/h前後でアクセルオフした際の転がり抵抗の低さがものすごいです。アクセルオフ後も惰性がより効くので言葉悪いですが気持ち悪いくらい進みます。

【乗り心地】
過去のいずれのサマータイヤよりも良いように感じます。過去のタイヤは「ゴロゴロ」というイメージで、ハンドルにもその感触がありました。このたびのタイヤにはその振動をほぼ感じません。ただ裏を返すと、ハンドルを伝っての路面のインフォメーションを感じにくいという点にもつながり、好みが分かれます。
品名に「SPORT」の名がありますがコンフォートよりではないかと。

【グリップ性能】
激しいスポーツ走行はしません。
不足を感じたことはありませんが、過去のタイヤにおいても同様の為、星1つ余力を残しておきます。

【静粛性】
コンフォートタイヤを使用したことはないですが静かだと感じたスタッドレス3シーズン使用VRXよりマイルドです。
ゴツゴツ・ゴロゴロ感がないのでより静かと感じているところがあると思います。

【総評】
現時点ではコンフォートを主としたスポーツの味付けタイヤと判断します。

車の性能はタイヤの性能で間違いなく変わることを実感した衝撃的な体験でした。
そしてその性能がDZ102よりも安価に手に入るというダブルショックです。

自身の眼中になかったTOYOタイヤ。惚れ込みました。現状これ以上のコストパフォーマンスのものは私の眼力では見つけられませんでした。
ほかの皆様からの追加レビューを待ちたいところです。

車タイプ
ミニバン・ワゴン

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > トヨタ > カムリ ハイブリッド 2017年モデル > G

アオクジラさん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:99人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4

※C180AMGライン(500万円超)と比較試乗した結果、カムリのコスパの良さを実感したので再レビューします。カムリは現状、Dセグメントセダンでは敵無しのベストバイだと言えます。エクステリアと5.7mの最小回転半径を許容できればオススメ。2019/3/22
−−−−−−−−−

カムリとは、我らがニッポンの生んだ巨人トヨタが創り出した、アメリカ戦略車の代表格である。
その乗り心地とはソフトそのもの。さながら饅頭の上に乗っているよう、とは知人の秀逸な表現。

アオ「うーん、この柔らかさ、まさしくザ・トヨタ!だよね」
爺「それは褒めとるんかの」
アオ「褒めてるよ、段差を越えたときのハーシュネスも決してドカンと伝わらず、いつだってフワンフワンしてる。ロードノイズだって相当静か。」
爺「助手席で寝るには最高じゃの Zzz」
アオ「そのとおり。後席も広いから、まあ、運転しない人には、イイクルマなんじゃない?」
爺「おや、本音が見え始めてきとるの」

アオ「もう少し気に入ったところを足しておくと、パワートレインはすごく扱い易い。TNGAダイナミックフォースエンジンとモーターの組み合わせは低速からちゃんと力強いし、そのうえ低燃費だった。高速中心に500キロ走ってリッター20キロ超。」
爺「体格を考慮するとバケモノじゃの」

アオ「さて、ここから気になったことを挙げるよ。まず先述のパワートレインは音振動が駄目だ。エンジンが回ってる間ハンドルもアクセルペダルもブルブルしてる。せっかく静かな車体なのに、エンジンが掛かるたびに騒々しくなるのは残念」
爺「他には?」
アオ「アクセルペダルとブレーキペダルの大きな高低差。サイドサポートがひ弱なシート(ファブリックの方)。あと左足付近が少し狭くて足首を真っ直ぐ伸ばせないのは、もしかして左ハンドル車を無理矢理右ハンにしたせいじゃないのかと勘繰りたくなる」
爺「なんだか細かいのう…」
アオ「あとは摩擦感のあるハンドルレスポンスと、センスの無いインパネ。ドリンクホルダー周りのあれ、ダークレインボーって言えば良いの?バンダイ カードダスのキラカードが劣化したみたいな色してて、オジサン感性的にはまるで意味不明」
爺「その喩えの方が意味不明じゃ」
アオ「ま、そんな細かいとこしか指摘できないくらちに、クルマ全体でみて相当イイよ。車体剛性がしっかりしてるから直進性も良いし、アメリカで売れるのも分かる。」

爺「あとは価格かの」
アオ「カムリって非ハイブリッド含めるとアメリカでは二万ドル台で売られてるコスパ車だからね。個人的には結構気に入ったし、試しに公式HPの見積もりでレンタカーと同じ仕様を計算したら…なん…だと…381万円…!」
爺「アオには荷が重いかもしれんが、御三家Dセグの500万円超と比較すれば依然安いじゃろ」

レビュー対象車
試乗

参考になった4人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > ダイハツ > ブーン 2016年モデル > X Lパッケージ

tom3.starさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度2
エクステリア2
インテリア2
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地1
燃費1
価格1

単身赴任になったため急遽買う事になり中古車の軽自動車を買うつもりが、いつのまにか、コンパクトカーを買う事になり、パッソと迷いこちらにしました。
単身赴任の終了と共に売却しました。
【エクステリア】
後ろにプラスチックの部分があり黒以外では、同一に見えないので、それがあまり好ましくないので、黒しか選択肢がありませんでした。
【インテリア】
ベンチシートは使いやすかったですが、本当に狭い。以前実家で乗っていたフィットでも広いと思ってしまうほど狭い。
【エンジン性能】
非力です。買い物はいいですが高速に乗ると大変でした。
【走行性能】
特になし。
【乗り心地】
長距離は非常に疲れます。
【燃費】
14キロほど。全く走らないです。
【価格】
軽自動車より安いのでなんとも言えません。160万円。
【総評】
長距離は、乗れないのでミライースで良かったと後悔しています。半年、5000キロ乗って、80万円で売却。高かったです。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年8月
購入地域
北海道

新車価格
125万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

ブーンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > メルセデス・ベンツ > Cクラス セダン 2014年モデル > C180 AVANTGARDE

アオクジラさん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:99人
  • ファン数:1人
満足度3
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地2
燃費4
価格3

C180AMGライン、300キロちょっと乗ってきました。つい一昨日カムリハイブリッドを500キロ乗ったばかりなので、それとの比較で以下書きます。
果たして、プレミアムセダンであるベンツCと良品廉価なカムリの闘いの行方は…?!


評価の○とかXとかは全て、「C180」、「カムリ」の順番です。

・操縦安定性 ○と△
コレはC180の方が明確に優れる、楽しい。ハンドルの反力が自然で、コーナリング中アクセルオンで曲がっていける気持ちよさはやはりFRであるCクラスの利点だと再確認。

・乗心地、静粛性 Xと○
イヤイヤ!C180硬すぎぃ!段差での突き上げ半端ないって!18インチランフラットタイヤさん、何してくれちゃってんの?!
減衰感だけはちゃんとあるから「最悪」とまでは言わないけど、これはもう庶民のワタクシがプレミアムブランドに期待するレベルとかけ離れてしまっている。 現行新車は全部非ランフラットに切り替わってるらしいから、そっちにも乗ってみたくなった。
あと、C180はエンジンがブインブインと元気。正直かなり気になった。2リッターのC200ならだいぶジェントルなのかも?

・インテリアの品質 ○とX
インパネはこのクラスで最良と言っていい。細やかなステッチ、色遣いの品の良さ、何をとっても満足。ちなみにAMGラインの革シートは結構固めなんだけど、サイドサポートがしっかりしてるので運転に集中しやすく好感触だった。やっぱりベンツはインテリアイイねえ。

・燃費 ○と○
ハイブリッドのカムリが20km/l超えたのに対して、ダウンサイジングターボのC180は15ちょっと(高速道路が走行全体の6割)。ま、十分なレベルでしょう。エンジン音的に燃費悪そうだと思ってたので正直意外だった。

・価格 ?と?
500万円超vs400万円弱。これはもうあなたが何を重視するか次第。操縦安定性、インテリア、ブランド価値を強く重視するならばC180は十分お買い得に感じるかも。そうでない限り、きっと割に合わない。
エアサス入って非ランフラットタイヤのC200なら、きっと乗心地も高得点になるだろうけど、余計に値段差が膨れ上がるジレンマ。

・総評
廉価グレードの180でも「流石メルセデスベンツですなぁ」と言わせてほしかったのが本音。18インチランフラット仕様では乗心地が、ワタクシ的にはNGでした。
Dセグセダンにコスパ求めちゃう庶民なアナタはぜひカムリも、お試しあれ。

レビュー対象車
試乗

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > トヨタ > プリウスα 2011年モデル > G ツーリングセレクション (5人乗り)

tom3.starさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4
   

   

【エクステリア】
モデリスタのエアロを装着してあったので、かっこよかったですし、今でもフルモデルチェンジでは無いので、古さは感じないです。
【インテリア】
可もなく不可もなく。プラスチック感はありますが、
シートの色も黒でしたので、特に安っぽい印象ないです。ゴルフバックがラゲッジに4本入ります。
【エンジン性能】
ハイブリッド車ですので、性能は、感じられませんが普段エコモードで走っていたので、パワーモードに切り替えて走ると高速の合流なども不安なかったです。
【走行性能】
特に不安定な部分はなかったです。
【乗り心地】
シートもある程度硬めで、長距離運転していてもあまり疲れなかったです。
【燃費】
平均して18キロでした。
子供の送り迎えや、土日の街乗りが基本でしたので妥当だと思います。プリウスの名がついているので20キロは超えると思っていました。
【価格】
3年落ち2万キロのGツーリングセレクション、スタッドレスタイヤ付きで、198万円。そしてこの度4年間、4万キロ乗って90万円で、売却できました。リセールバリューも考えると非常にいいコスパでした。
【総評】
中古車で購入する初めての車には、凄く丁度良かったです。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
エコ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

タイヤ > ZEETEX > ZT1000 165/55R14 72V

otokomae958さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

空気清浄機
1件
0件
シーリングライト
1件
0件
タイヤ
1件
0件
もっと見る
満足度4
走行性能無評価
乗り心地4
グリップ性能無評価
静粛性3

会社の車用で購入しました。

コストパフォーマンス、最高です。

普通に乗れますよ!

後は、何万キロ走れるかですね?

楽しみです。

車タイプ
軽自動車

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

タイヤ > YOKOHAMA > BluEarth RV-02 205/60R16 92H

青プリ乗りさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タイヤ
2件
0件
スタッドレスタイヤ
1件
0件
ETC車載器
1件
0件
もっと見る
満足度5
走行性能5
乗り心地4
グリップ性能5
静粛性4

プリウスαに装着しています。新車装着タイヤはヨコハマのADVANでした。片減りが気になったので、ミニバン用のこのタイヤを選択しました。ショルダーの剛性があるので、ふらつきがなく、ハンドリングもいい感じです。
転がり抵抗が少ないので、ハイブリッド車独特の滑空運転を意識すると燃費もなかなか良さそうです。
静粛性も ほどよいレベルで私個人としては満足なレベルです。
月に2000キロ近く走るので、このタイヤのライフ性能にも期待しています。

車タイプ
ミニバン・ワゴン

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

タイヤ > グッドイヤー > EfficientGrip Comfort 185/60R16 86H

まぁてきとさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タイヤ
1件
0件
もっと見る
満足度5
走行性能5
乗り心地5
グリップ性能無評価
静粛性4
   

   

DJデミオの乗り心地が指定空気圧(前260kPa,後230kPa)だと荒れた路面で車が暴れるので若干空気圧を下げて乗っていましたが、余りの跳ね具合に辟易してしまい、乗り心地重視で選んだタイヤです。

タイヤサイズも特殊な為選択肢は狭かった中でレグノと迷いましたが、メイドインジャパンのタイヤなのでこちらにしました。(レグノはお値段が高めでメイドインジャパンかどうか分からなかったので。)

乗り心地は流石、純正タイヤとは比べ物にならない位良くなりました。
ガツンと来ていた所がソフトにいなす感じです。
転がり抵抗もAAなので、アクセルを踏み込まなくても良く転がるのが判ります。

騒音に関して荒れた路面では静かとは感じませんが、これは静粛性が決して高い訳ではないデミオなので諦めですね。
ただ全般に静粛性も上がっていると思います。

総合的に見て、やや値段は高めですが買って損はないタイヤだと思います。


もう一つ、同時にホイールも変えたので、バネ下荷重が軽くなった事も乗り心地に良い影響を与えたのかも知れません。

車タイプ
コンパクト

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > ホンダ > ステップワゴン スパーダ 2015年モデル > Cool Spirit Honda SENSING BLACK Style 4WD

kkkkntさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
7件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格3

■良い点

 1.エクステリア

  気取っていなくて、クレバーな印象で良い。


 2.走行性能
  
  ノンストレスで軽快に走れます。
  足回りも適度に固く、酔いにくい。


 3.わくわくゲート
 
  これしか使わなくなる。


■悪い点

 1.インテリア

  BLACK STYLEは所々に紫がちりばめられていて・・・。
  うーん。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
北海道

新車価格
328万円
本体値引き額
35万円
オプション値引き額
40万円

ステップワゴン スパーダの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > マツダ > CX-5 2017年モデル > 20S PROACTIVE

まじぱねさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度2
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格4

SUVでハリアー、CX-5を候補に試乗してきましたので、レビューします。
【エクステリア】
トヨタ系に代表されるごちゃごちゃした感じがないのはgood。シンプルでよい。
ただ、遠目に見る分にはいいけど、近くで見るとシンプルが故の面白みのなさと、ラインの少なさから安っぽく見えるのマイナス。
買って見飽きないという点で見るといいのかも。
【インテリア】
この価格帯でのこの内装はなかなかよい。
価格が上のドイツ車、レクサスなどと比べるとおもちゃ感はあるけど、値段以上には頑張っているなと感じました。
【エンジン性能】
うーん、いいですね。トルクの良さはたしかに魅力的。
ただ、それで車を買うかというと、違うかなとも感じる。
【走行性能】
走行性能は特に違和感を感じず、大きな塊を操っている感はいい感じ。
特に詳しくないのでこれくらいの感想のみ。
【乗り心地】
遮音性は特に問題ないけど、比較したハリアーには劣るかな。比較してしまうとロードノイズを拾うのは気にはなる。
【燃費】
試乗なのでパス。
【価格】
コスパは確かによい。
ただ、もう少しお金を出して、より良い車に乗りたいと欲もでる。
価格相応というところか。
【総評】
ここまで書いたように、良いところもたくさん。
でも、この車の欠点は、マツコネと運転席の狭さ。
マツコネの酷さは言わずもがなで、5年前に買って乗っているホンダ車の純正ナビ以下。CX5購入者の方々はよく我慢されているなと感心してしまった。大減点。
あと、運転席が狭い。長時間の運転ではしんどいだろなと感じた。
あと、ディーラーの対応ははっきりいって稚拙。ディーラーの外観をレクサス風にするのなら、接遇もしっかりせよと感じた。

他の国産車にない良い点もたくさんあるけど、古くからのマツダ車のイメージ脱却とまではいかず。
価格をもう200くらい上げて、上記の欠点を見直してくれれば即ハンコ押しただろなと感じました。
現状で車格的に競合するCHRに負けているのは納得した。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
東京都

新車価格
280万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
5万円

CX-5の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > フォルクスワーゲン > ザ・ビートル 2012年モデル

納豆ラーメンさん

  • レビュー投稿数:113件
  • 累計支持数:475人
  • ファン数:3人
満足度3
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格無評価

【エクステリア】
これがこの車の全ての価値と言ってもいいと個人的に思います。

ルーフからリアに流れるラインと犬が伏せしてる様なリアタイヤハウス付近の盛り上がりが特に最高です。


【インテリア】
正直かなりショボいです。
デザイン性は無く、単にボディと同じカラーにしてます!と言うインパネでフィアット500と比較にならない位にデザイン性は無いです。

肘掛けはあるだけマシだが長さが不足してるし、ハンドブレーキに接触する構造的な問題が?

質感も正直日本の軽自動車や小型車と変わりないです。

ただし、シートの造りとテレスコ付のドラポジ、オルガンペダル等のペダル配置は良かった。

でも、視界はそんなに良く無いです。
ベルトラインもインパネも少し位置が高く、自分が沈み込んでるかの様な感じがして、女性ならフロントノーズが何処まであるのか分かりにくいかも。


【エンジン性能】
この車格で1.2Lとは少しビックリですが、ターボ付いてるのでソコソコ。
出足は少しノンビリしてますが、走り出せば必要十分なパワー感でした。


【走行性能】
腐ってもドイツ車なので直進安定性はソコソコ良かった。
ただ、横方向のロールは結構大きめに感じた。


【乗り心地】
カーブ以外では比較的にフラットな乗り心地でした。


【燃費】
街乗り14走ってたので良い方かと、ただハイオク燃料なのが少し痛い。


【総評】
外のデザインは良いので期待しましたがインテリアは地味で、フィアット500の様に走らずに座ってるだけで雰囲気が楽しい事は全く無くて、走りもパワーも十分にあるし、ドイツ車なので安定してるし、シングルクラッチATもスムーズなので運転して楽しくは無かった。

フィアット500の方が非力だけど癖のあるセミオートマの感覚、気分がワクワクするインテリア、キビキビ走るあの感じ。
運転しててとても楽しかったので、ザ・ビートルに同じような感覚を期待してただけに少し残念な結果になりました。

レビュー対象車
試乗

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > 日産 > エクストレイル 2013年モデル > 20Xi 4WD

ライト1982さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
16件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格5

2014年式の前期から2019年1月マイチェンに乗り換えたので色々とレビュー。
フロントは後期のほうが断然カッコいいです。

室内は2列車でも4対2対4になりサーフボードやスノーボードを4名乗車で積めるようになったのも大きなメリット。

オートバックドア、足つっこむだけなので楽ですね。

プロパイロット、使えるレベル。すごい感動はナシ。

ドアの開きからが変わった。前期は強風時、勢いよく開いて
しまってたけど後期は改善されてる。

乗り心地、固めです。

エンジン、変わらず非力〜普通のレベル。走りに重点を置く人なら迷わずフォレスターやcx-5を勧めます。(排気量がそもそも違うが)箱根ターンパイクや伊豆スカイラインを走ると可哀想な感じ。

燃費、平均12キロ。街乗り9キロ高速16キロ。前期後期変わらず。まあ満足です。

価格、安いです。値引きも大きいです。下取りも高めです。

以上を踏まえエクストレイルの道具としてのキャラクターがわかっていれば実用性は最高です。
走りは普通で、褒める所はないです。道具として扱えないなら他の車にしましょう。でもこれでe- Powerが加われば唯一の欠点がなくなるでしょう。

乗車人数
3人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年2月
購入地域
千葉県

新車価格
300万円
本体値引き額
50万円
オプション値引き額
10万円

エクストレイルの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

カーオーディオ > パイオニア > MVH-7500SC

ACテンペストさん

  • レビュー投稿数:53件
  • 累計支持数:264人
  • ファン数:25人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
17件
5960件
ゲーム機本体
3件
1534件
タブレットPC
5件
329件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性3
音質・画質2
設定4
拡張性4

イルミネーションもシンプルというか地味

両サイドのボタンは裏から光が漏れます

USB端子。キャップはチープで照らすイルミも無し

今回は本体の使用感のレビューをしたいと思います。

結論から言うと思った以上にチープです。

外観、ボタンレイアウトからして横並びに、
左端にメイン機能である音楽系各種機能切り替えボタン。
中間左右に各種スマホ連携機能ダイレクトボタン。
中央にデジタル表示ディスプレイ。
左端に機能ボタンとシンプルそのものです。

イルミネーションも各種ボタンとディスプレイ一括でカラーを変えるもので、
定番の時間でカラー遷移モードはあるものの、至って素っ気なく、捻りもないイルミネーションです
(左右下部のマーブル調の帯はスマホと繋がって初めて点灯するようです)

USB端子部はカバー帯状の留め具で繋いであるスマホ等の防水キャップによくあるタイプで照らすイルミネーションもありません。
ここらへんは前に付けていたKENWOOD U360BTの、イルミネーション付きヒンジ開閉扉式の透明カバーと見比べると数段見劣りします。
特にイルミネーションは単に電飾ということだけでなく、夜間の暗闇の中でも挿し間違い防止にも役に立っていましたので、この機種に換えてから余計に不便を感じます。複数のデバイスとUSBを用いて接続する機会の多いこの機種の特色を踏まえると尚更です。

左右の音楽と機能ボタンには同心円状紋様のメタリック塗装がしてありますが、
塗装が薄いのか質が悪いのか、夜間ではまだらに光が漏れて見栄えが良くありません。こういう指が触れるボタンは磨耗防止に内側から塗装してあるものですが、最初からこれではその意味もありません。

中央のデジタルディスプレイも同クラスのオーディオと比べても簡易なもので、8文字の表現力しかありません、仕様として最初の一巡しかスクロールしませんし、
日本語表示能力も無く文字化けでなく無表示なので、
耳で曲を認識出来るまでは、どこを読んでるか不安になることも多いです。
また、多くのユーザーが不満に上げるとおり、全ての機能を使わない時以外時計を常時表示することはできません。

スマホ連携無しでスタンドアローン利用での機能面を掘り下げて行きますが
(当然この場合はUSB音源リスニングかラジオかトラフィックインフォのみになります)

四隅に配置された音量上下&曲送り戻し(左右カーソル)軟質プラスチック製カバーそのものをボタンとして押す仕組みです、配置自体は分かりやすくクリック感も良く仕組み自体は悪くは無いのですが、
機能に多くを割り当てる機能性に乏しいのが難です。
音量ボタンは長押しが利かないので連打しなければなりません。カーオーディオとしては煩わしいですね。

これは下げボタンに長押しでMUTE/ATT機能が割り当ててあるのからもありますが、この機能は別に設けて欲しかったですね。
電源ボタンが音楽ボタン長押しに振り分けてありますが、これを独立ボタンにして音楽ボタンにMUTEを振り分けたほうが良かったのでは?

どちらにしても、平面ボタンだけでは二次元的な割り振りしか出来ないので、ボリュームスイッチは最低欲しかったですね。必要に応じて素早く調整できますし、 引き上げや押し込み機構を仕組めば、違った機能を割り当てることも出来ますので。

左右ボタンは曲送り曲戻し、長押しで早送り早戻しというのは常識的な仕組みです、
右端の機能ボタンでアルバム(フォルダ?)送りとなります。
アルバムまたはフォルダ単位の戻し機能が無いので、大量に曲を入れたUSBを運用するには難儀します。

ここらへんも割り当て出来るボタンは欲しかったですし、連携機能の音声やSNSやナビボタンはスマホ無しの状態では意味がないボタンもありますので、表示を変えたり付記した上で、フォルダ操作に振り分けても良かったのではと思いますね。

なんにしてもスマホ連携のコンセプトを逆手に取って、よく言えば割り切り、悪く言えば言い訳にコストを掛けなかったのがありあり見て取れます。

スマホ連携はアプリ次第なわけで、先々OSが数年で対応を打ち切ったりする可能性もあることを考えると、車はより長い期間使用することもあるので、それを考えると単独運用するしかなくなった時はこの機能の至らなさは不安ですね。

次は連携アプリpioneer smart syncに焦点を当ててレビューしたいと思います。

車タイプ
コンパクト

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車)

ご注意