自動車すべて ユーザーレビュー

 >  > すべて

ユーザーレビュー > 自動車 > すべて

自動車 のユーザーレビュー

(69327件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
モニタレビュー
カーバッテリー > パナソニック > カオス N-60B19L/C7

納豆ラーメンさん

  • レビュー投稿数:121件
  • 累計支持数:662人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
31件
68件
スピーカー
5件
73件
ゲーム機本体
5件
49件
もっと見る
満足度5
耐寒性3
バッテリー容量5
メンテナンス5
設置のしやすさ3

【耐寒性】
私は南関東に住んでるので氷点下になる時は殆どないので分かりかねますが、外気温が3°cとかなら全く問題なくスムーズにエンジンは始動します。


【バッテリー容量】
容量自体は以前のC5と同サイズなので安心してます。
純正が44B19Lなので安心です。


【メンテナンス】
基本的にメンテナンスフリー?らしいので個人的には嬉しいです(そもそも純正バッテリーの時すら自分で何もメンテナンスしてないので、この項目は一般的な方にとっては必要ないのかも?)


【設置のしやすさ】
取り外し式の取手が付いてるので持ち運びが楽です。

僕の場合は車両に設置する際は設置後に上手く取手を取れるか分からなかったので取手は先に取っ払ってしまいました。
このバッテリーサイズなら男性なら余裕で持てます。


【総評】
以前のC5を5年ちょっと使ってて、エンジンの始動性が週に1度ほど悪い時もあるがスタート失敗までには至らないし、まだまだ大丈夫かな?と思ってました。

しかしながら夜間の信号待ちで前走車に反射した自車のヘッドライトが少しチラチラしたり、ウインカーの点滅に連動してマフラーの音が変わったりしてました。

毎日エンジンかけて動かしてるのでまだまだ大丈夫!と言う気持ちにさせてくれるバッテリーでしたが、自分で交換すれば5000円しないのと、ここの皆様のアドバイスに従い交換しました。


交換後はビックリするくらいにエンジンの始動が早いです。
アイドリングストップはしない車なのですが、アイドリングストップから復帰する最近の車並みにセル時間が短くてすぐに始動します。これは感動しました。

こんなにも始動の早さが違うって事はやはりC5は相当きてたのと思います(^^;


その他気づいた点は
夜間に純正HIDライトでも明るくなったのが分かり、ハイビームは純正で電球仕様の車なのですが、電球のハイビームはとにかく明るくなりました。
ビックリするレベルに全く違います。


その他に気づいた細かい違いですが
アイドリングしてる時にマフラーから水がよく出るようになったのと、
エンジンを止めた後に『あ、窓閉めるの忘れた!』と言う時に
エンジン止めてもしばらくはパワーウィンドウが効く車なのですが、その時に窓の上がり方が少し早くなってモーター音も苦しそうではなくなりました。

オーディオの音についてですが、シート下のウーハーはバッテリーから引っ張ってるのですが低音が明らかに強くなりました。
低音のせいで音が全体的にこもって聞こえるので調整し直した程です。


カオスはC4、C5、C7と今回で3度目ですが、C4とC5では明らかにバッテリーの持ちが違った(C4は4年もたなかった)
なので容量が全く同じのC5とC7では耐久年は変わりないと思うのですが、これで安心して冬を越せると思うと気が楽になりました。


なんと言っても一番はエンジンの始動性の早さ。
以前は出先でセルが2秒程回ってからエンジン始動したりしてたので、エンジンボタンを押す前から頭の中でちゃんとエンジンかかるかな??と不安でしたが、それから解放されました。


まだまだバッテリー大丈夫!と思ってても
早くて3年、長くて4年、頑張っても5年目には新品にした方が色々と良いのかもしれないと思いました。


一つだけこのカオスの不満点と言ったらカラーリングでしょうか。

バッテリー!!らしく黄色のカラーリングもあったらなぁと思ってます。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > スズキ > ハスラー 2020年モデル > Xターボ

川崎のケーズさん

  • レビュー投稿数:60件
  • 累計支持数:1500人
  • ファン数:2人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

最寄りのスズキに行ったら試乗車があったので乗ってみました。
グレード : Xターボ(2WD)

【エクステリア】
新型は四角くくキャビンも大きくなり、いい意味で男性ぽくなったと思う。

前モデルは一番前に止まった時に信号が見にくかったが、フロントウインドゥの上の部分が切り取られたように上がっており改善されている。

【インテリア】
安っぽさはない。
メーター、ナビ、グローブボックスの丸い三連は好き嫌いが別れそうだが、カタログで見るより大きく迫力があった。

メーターも丸いが前モデルより一回り大きくカラフルだ。
一見タコメーターがないように見えるが、メーター内のインフォメーションディスプレイがタコメーターにも切り替えれるようになっていた。

4WDはこのインフォメーションディスプレイにスノーモードなんかの画像がカラー液晶で表示されるらしい。

【広さ】
ホイールベースが伸びキャビンがスクエアになった分広くなってる。
車高が高いので天井の圧迫感もない。

ちなみに後部座席の余裕は、前後のシートを一番後ろにスライドした状態で握りこぶし3個半と広大だ。

【シートアレンジ】
今、流行りの車中泊を意識したのかシートが出っぱらないフルフラットになる。
またフルフラットの時に使えるカップホルダーもあった。

【エンジン性能】
非常にスムーズだ。
坂道も登らせてもらったが、モーターのアシストとターボの効果か少し踏み込むだけでどんどんのかけ上がって行った。

【走行性能】
速い。
ドッカンターボのような速さではなくスムーズに気持ちよく加速していく。
またパドルシフトが付いてるのでマニュアル的な運転をすることもできる。

【乗り心地、静かさ】
乗り心地はかなりいい。
前モデルはよく揺れて、いいイメージはなかったが格段に良くなってる。

CVTとの相性もいいのかエンジンの回転数も低くかなり静か。
ロードノイズも気にならなかった。
ちなみにタイヤはダンロップのエナセーブだった。

【ナビ】
18万5千円でパイオニア製の全方位モニター対応9インチの純正ナビが装着できる。
ホーム画面が地図、車両情報、オーディオの3面になっておりワンタッチで選べる。
アンドロイドオートも内臓されてたのでスマホのナビや音楽も使えるはずだ。

アクセサリーカタログには純正オプションとして通常の8インチや7インチナビも用意されていた。

【燃費】
信号の多い街中約3kmの試乗でアイドリングストップせず(暖気運転できてていなかったため)、17.2km/Lだった。
カタログ燃費が19kmなのでかなりいいと言える。
今回からハイブリッドと名付けられたのもまんざらではないかもしれない。

【不満に感じたところ】
フロントシートがセパレートになった分、シートが少し小さく感じた。

エアコンのスイッチが小さく使いづらい(ワゴンRやスペーシアと共通)。前モデルの方が使いやすかった。

【総評】
一言?で言えば、速くて広くて静かで燃費が良く維持費が安い。

Gタイプだとハイブリッドにターボに自動ブレーキ、前車追従の自動運転が付いて146万(車体価格)とかなりお買い得だと思う。

ちなみに1月20日現在、注文しても4ヶ月待ちだそうです。

レビュー対象車
試乗

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

カーワックス・コーティング > CCI > スマートシャイン ヘッドライトコート W-138

McDonald's Loveさん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:95人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
5件
77件
タブレットPC
1件
6件
デジタルカメラ
1件
6件
もっと見る
満足度4

黄ばんできたので、チューバー車生活案内さんの動画を見てこの商品を購入。耐水ペーパーからコーティングまでこの商品だけで足りるので便利。そして簡単に綺麗になりました。内側のヒビや曇はどうしようもないので程々に。
通常は二度塗りですが、余りまくってたので4度塗りしました。液がまぁまぁあるので2台位一緒にやるとお得です。コスパのいい商品ですね。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > トヨタ > RAV4 2019年モデル > X

お台場大好きさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
69件
スマートフォン
0件
11件
ネットワークカメラ・防犯カメラ
0件
4件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
スポーティで良い

【インテリア】
無難な品質ですが、平均以上

【エンジン性能】
2.0でもスポーツモードでキビキビ走る

【走行性能】
ハンドリングの良さ、セーフティ機能に満足

【乗り心地】
大満足です!
現行ハリアーからの乗り換えですが、ハリアーの上を行っているのには驚きです

【燃費】
現行ハリアー2.0より良くなってますので、充分です

【価格】
やや高い

【総評】
走行性能、セーフティ機能、乗り心地、燃費など、ほぼ全てが現行ハリアーより上でした!
次期ハリアーが大型化する噂の記事を読み、失望のあまり、高値で下取りができるうちにRAV4に乗り換えて、正解でした。街乗りならば、2.0で充分です。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年11月
購入地域
東京都

新車価格
265万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > 日産 > セレナ e-POWER 2018年モデル > G

胃カメラは苦しいさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
65件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地3
燃費4
価格3

セレナe-power G のレビューです。
この車にする前はMAZDAのプレマシーに乗っていました。

【エクステリア】★5
オラオラ顔がちょっと苦手なのでハイウェイスターは選びませんでした。
前期モデルに似た感じで派手さもなく気に入っています。
足でスライドドアを開ける機能が無いのはちょっと気になりましたが
スライドドアのスイッチで全ドア開錠しつつスライドドアも開くので
足を入れるのも指一本押すのも変わりないと思いました。

【インテリア】★4
グレードGはプレミアムインテリアでした。
黒インテリアが好きなので気に入ってます。
試乗車でシートが見れなかったので不安でしたが、防水性もありそうで
満足しています。ただ、プレミアムインテリアで納期が伸びたのは残念です。

シートアレンジは二列目がとても広く使え、家族が喜んでいます。
前に乗っていた車がロールーフミニバンだったのでとても開放感があります。
後部各席にテーブルがあるのはとても良いです。汎用品は見栄えがよくないので。
USBポートも有るには有るのですが1Aなのが残念なところ。
センターコンソールトレイは手抜き感があります。
こういう所にUSBポートやシガーソケットがあると便利そうなのに。

デュアルバックドアは狭いところでも開けるし、開閉が軽いので便利です。


【エンジン性能】★4
重いミニバンが静かにスーッと加速していく感じはとても良いです。
試乗でセレナSハイブリッドも乗りましたが、やはりe-powerの滑らかさ
力強さ、静かさに魅かれました。
同クラス他車の方がパワーはあるでしょうが、あちらは排気量大きいので…

ほぼ満足なのですが、たまにアイドリングが激しいときがあり
その時は結構な音がします。日産に問い合わせてみましたが
エンジンの発電は自動制御しているとのことなので
どういうときにアイドリングが激しくなるのかよく分りません。
乗った当初は気になりましたが、今は慣れたと思います。

【走行性能】★5
<プロパイロット>
とても楽です。
自動運転否定派だったので最後まで迷いましたがつけて良かった。
通勤では自動車専用道を走るので、ほぼプロパイロットで走行しています。
基本は走行車線をゆっくり走り続けています。たまに遅すぎる車を追い越しますが
加速がスムーズなのでさっと追い越してそのままプロパイロットに戻り
走行車線でゆっくりのんびりとしています。
多少アクセルなり、ブレーキを踏み足すシーンもありますがそれ以外は
操作としては殆どやることがないです。
のんびり&楽すぎて早朝のプロパイロットは眠気との戦いです。
<ワンペダルドライブ>
始めはマニュアルモードもない、パドルシフトもないことに不満がありましたが
ワンペダル走行に慣れるともうそれらは要らないと感じました。
アクセルの加減で簡単にコントロールできます。
アクセルとブレーキの踏み替えをしなくていいのはとても楽です。
殆どの場合、停止後のオートPのためにブレーキをチョンと踏むだけになります。
もうこれがないと嫌かも。(次の車どうしよう・・)


【乗り心地】★3
箱ミニバンの宿命ですが酷いです。曲がる時や段差は結構揺れます。
プレマシーのような感覚で曲がるととんでもないことになります。
結果、揺れを起こさないようにするためとても安全運転になります。


【燃費】★4
シートヒーターを使うくらいでA/Cはオフで温風のみちょっと使うくらい
平均18後半km/Lです。夏場がどれだけ落ち込むか不安です。
カタログ燃費はちょっと盛りすぎでは?


【価格】★3
高い
Sハイブリッドとの差額は走りの滑らかさ、加速の良さ
静粛性の良さ、ワンペダルの楽さで埋まると思います。
オーテックも気になってましたが予算的に無理(笑)


【総評】★4
クチコミでは細かい不満を挙げていますが、概ね満足です。
買ってよかったと思っています。
自動ブレーキやセンサーでの安全装備も充実していて
セレナに力を入れているのが感じられます。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年12月
購入地域
愛知県

新車価格
347万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
20万円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スタッドレスタイヤ > YOKOHAMA > iceGUARD 6 iG60 215/60R16 95Q

Sugi 14さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
4件
ゲーム機本体
0件
1件
タイヤ
1件
0件
もっと見る
満足度4
走行性能5
乗り心地5
グリップ性能4
静粛性5

BLIZZAK revoGZからの履き替え。スタッドレス歴は20年位、安物からBLIZZAKまで色々履いてます。クルマはオデッセイRC型です。
最近替えた夏タイヤのYOKOHAMAのADVAN v552がかなりクルマと相性が良かったので、スタッドレスも良いだろうと思い今回指名買いです。

【走行性能】
スタッドレス特有の頼りなさはほとんど無い。
特に怖い事もあった雨の日の安定感は今までで最高。そしてよく転がる気もする。

【乗り心地】
BLIZZAK GZはガタガタだったのでそれと比べれば雲泥の差。グニャ感では無く、しなやか感すらある。さすがにコンフォートタイヤのV552と比べると多少粗はあるけど。

【グリップ性能】
冬タイヤとしての基本はとてもいい部類に入ると思います。ただ、これがGZと比べるといわゆるシャーベットみたいな滑りやすいとこで若干VSAがよくかかるような。。。どんな物でも滑る時は滑るし、滑ってもすぐグリップするからいいけど、回数は増えた気がする。

【静粛性】
スタッドレスと考えると50キロまではとても静か。そこからはまあまあ他と同じ位の音がしますね。
【総評】
当方、雪国ではありません。年イチ位の積雪と週末のスキーに行く為に履いてます。
そのため走行や快適性能をあまり犠牲にせず、しかもウェットにも比較的強いと言うのは凄く魅力的です。
冬道はやはりBLIZZAKのが?っていう点も若干ありますが、基本的には凄く安心して乗れます。アプローチの違いと考えるならばBLIZZAKの対抗として双璧を成すタイヤだと思います。満点に近い星4です。

車タイプ
ミニバン・ワゴン

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライブレコーダー > ユピテル > DRY-ST3000P

甚太さん

  • レビュー投稿数:136件
  • 累計支持数:452人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
671件
スマートフォン
4件
330件
ドライブレコーダー
4件
301件
もっと見る
満足度3
デザイン4
操作性2
画質4
設定3
拡張性3
録画性能3

【デザイン】
四角く黒で目立たない。車に付けともおかしくないので気に入ってます。
【操作性】
ボタンがサイドにあったり指の太い私には少々つかいにくいです。
立体感あると押しやすいんですが。
【画質】
ごく普通です。
できればもう少し画質がいいといいです。
【設定】
シンプルで良いです。
【拡張性】
バッテリーは高くて使えません。
【録画性能】
メディアはもっと容量を増やしてほしい。
【総評】
ドラレコとして画像だけを取るには価格も安く手頃です。
せめてWi-Fiに接続できたら使いやすいかな。
万が一のために記録するだけなら十分ですが、一日使うと上書きされてしまいます。

参考になった7人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > レクサス > NX 2014年モデル > NX300 I Package 4WD

ムーミングランパさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
20件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

20年近くBMWを乗り継いで来ましたが、
この度300h4WDに買い換えました、納車からまだ1週間ですが、
現時点での感想を書き込んでみます。

今までレクサスについては「厚化粧したトヨタ車」のイメージしかなく、
全く眼中になかったのですが、今回購入に至った主な理由は下記です。

1、単純にハイブリッドに乗ってみたくなった。
2、シルキー6が代名詞のBMWなのに希望の車に直6の設定が無くなった。
3、年齢と共に(50代)楽ちんで内装の豪華な車を志向するようになった。


【エクステリア】
個人的にはとても気に入っています。
国産、外車含めて同クラスのSUVでは一番カッコいいと思っています。

スピンドルグリルは最初は下品な感じを持っていたのですが、
見慣れると共に、あの張り出し感が結構カッコよく見えてきました。
マイナーチェンジ後のデザインは押し出し感と高級感のバランスが良くとれていると思います。

ボディーはサイドのエッジ感とボリューム感が上手くミックスされた造形です。
斜め横から見たデザインは何度見てももカッコいいです。


【インテリア】
インパネ回りは上段と下段に分かれたような独特なデザインです。
スイッチ類も多くて、飛行機のコックピットのような感覚です。
ガンダムチックな感じもあり、個人的には気にっいっています。

ダッシュボードやドアトリムは触ると気持ち良いソフトな素材で、
手作業による精緻なステッチも入っており、
見た目も触った感じも高級感と質感の高さを感じます。
この内装の質感の高さは「さすがレクサス」と言った感じです。

特にBMWの質素な内装に慣れた目からは、より高級感を感じます。


【エンジン性能】
ハイブリッドなので、発進時から70kmまでの領域はとても静かでスムーズです。
発進時はモータが引っ張ってくれるので、もっさり感でストレスを感じる事はありません。

市街地でストップ&ゴーをくり返しても、
エンジン始動時と、停止時のブルブル感がないのでとても快適です。
いつエンジンがかかって、いつエンジンが停止したのかも気づくかないです。

上り坂や高速の追い越し時にはやはり、加速が今一歩です、
エンジン音もうるさくなり、サウンドも心地良い音ではないのでやはりストレスを感じます。

高速で追い越しを頻繁に行ったり、上り坂でもパワフルな走りを求める人なら、
ターボモデルを選んだ方が良いかと思います。


【走行性能】
BMWとの比較になるのですが、
「走る、曲がる、止まる」の性能は当然BMWよりは劣ります。

但し、車高が高いにも関わらず、コーナリング時の車体のフラツキ感は少ないです。
高速走行時の直進安定性もそんなに悪くないので、
私がレクサスに持っていたイメージよりは、結構しっかりしたボディー剛性と足回りだと思います。


【乗り心地】
乗り心地は一言で言うと
「静でスムーズ」です、足周りはBMWと比べると軟らかく、
これぞレクサスという感じです。

また、遮音性が高く、エンジン音や路面からの騒音はも少ないです。
室内が静かで足回りも軟らかいので、長時間運転していても疲れません。。
通勤で毎日往復2時間の道のりですが、BMWと比べると疲労感がそうとう軽減されました。

半面、静かなので、車を運転していると眠くなります。


【燃費】
市街地の通勤オンリー使用で13kmです。
冬は暖気確保の為にエンジン使用が増え燃費は少し悪くなるらしいので、
春になるともう少し良くなるのではと期待しています。
出来れば15Km位まで行ってくれるとありがたいのですが。


【価格】
安全装備のメーカオプション全てと、パノラミックルーフを付けたので、
車両本体で約600万(税込み)です。

比較検討したX1も同装備だと同じ位の価格ですが、X1は100万位は値引きしてくれるので、
値引き後価格で比較すると、X1の方がかなり安く買えます。
リセールバリュも考慮すると差は少し縮まりますが、
後50万位安ければX1と同程度のバリュー感になるのかなと思います。

値引きに関しては一般的には5万〜10万位と言われていますが、担当営業スタッフさんの努力で、
今回はそれ以上は引いてもらえました。
ダメ元で交渉はしてみた方が良いかと思います。

【総評】
レクサスについては「厚化粧したトヨタ車」のイメージしかなかったのですが、
ハリアーやRAV4を試乗した上での感想は、
「トヨタ車とは別次元のプレミアム感を味わえる車」だと感じました。

総合的に考えて私にとっては満足度の高い買い物でした。













乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
高級感
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年1月
購入地域
東京都

新車価格
495万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

NXの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > マツダ > CX-30 2019年モデル > XD L Package

Takaoismさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:120人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
47件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4
 

 

CX30 XD Lパケのマシングレー納車。契約から約2ヶ月弱での待望の納車です。CX3の2015デビューモデルのAWDからの乗り換えです。それまでは、AudiTTやBMWX3などドイツ信者でしたが、家族が出来たのを期にデザイン、走り、安全性、維持費やディーゼルの経済性の良さに惹かれそれ以来のマツダ車2台目になります。※納車から約1ヶ月を経て、キャンプで高速道や山道等利用した気づきも踏まえ、評価を更新させて頂きました。結果、エクステリア5、走行性能5、乗り心地5、燃費4に満足度を更新させて頂きました。乗れば乗る程じわじわと良さが伝わってくる、スルメのようなクルマです。

【エクステリア】
キャラクターラインのない、光の移ろいでデザインしてるという手法は新しいし、美しいですね、駐車場にとめたクルマをつい眺めてしまう。【追記】自然の中に佇むとその曲線美と光の揺らぎがさらに際立つ。(写真)賛否両論あるクラッディングが太い論ですが、そこだけに注目すると確かに太いのですが、デザイナーの方曰くボディは天地方向に薄く、タイヤ周りはどっしりとSUV感を強調。確かに「スリーク&ボールド」の対比のコンセプトは面白いです。各言う私はあまり目立たないようにマシングレーにしてるので、あまり違和感ないと思います。お尻は最高に美しいと思います。セクシーでかつ機能的。アルファのステルヴィオに雰囲気似てる。【追記】まさにクーペSUV。クルマの運転席は包まれ感があり、SUVというよりはクーペやセダンに乗っているようなビューなのに(運転席に埋もれているようなAudiTTを思い出した)、視線はちょい高めで乗降に優れたSUVライクな高さと見晴らし。なのに、後部座席に向かって楔のように前席から天井が高くなっているので、後部座席+ラゲッジは適度な空間効率を確保出来てるという、デザインの妙。今回コテージでの冬キャンプに夫婦2人+犬(トイプ)で行きましたが、トノカバーをつけたまま、石油ストーブ+10Lポリタンク。その他、雑多なキャンプ道具をスッキリ積めました。嬉しい誤算(写真)

【インテリア】
正直、プレミアム輸入車に比肩してる?と思うくらいの出来です。(価格の割に)前々からアウディ の内装を意識してるなって思ってましたが、これまではまだ品質的に追いついてないって思ってましたが、第8世代からは飛躍的に向上してます。内装ドアの閉まる音(後部ドアの開閉音も◎)から、遮音性、オーディオの音質(まるでAudiのような)、。自動開閉するトランクの作りも重厚感があります。外装は勿論、内装のチリやダッシュボードからドアに繋がる部分の端部の処理まで抜かりないです。お値段以上ですね(笑)

【エンジン性能】
1500cc→1800ccディーゼルなので、パワーちょっとUP。トルク同等。CX3から車重が増えてるので、そこまでどっかん加速ではありませんが、一般道においては気持ちの良い十分なトルクフルな加速性能です。【追記】法定速度の高速走行、坂道もスムーズで回転数をあまり上げずにストレスなく加速します。出足はゆっくりですが、クルコン巡航には持ってこいですね。

【走行性能】
乗り心地にも繋がりますが、滑らかなステアリングに、雑音の抑えられたエンジンで気持ちの良い走行が楽しめます。低速時にはディーゼルの音はしますが、CX3とは雲泥の差の遮音性能です。巡航時はホント静か。【追記】結構なワインディングを試しに走りましたが、滑らかに曲がっていく感じではありましたが、ステアリングがクイックな感じではなくてマイルドなので、山道向きのセッティングではない感じがしました。高速道路をドッシリとゆったり走るGTカー的な感じです。走りは常に上品なので、大人な運転が似合います。

【乗り心地】
上質です。
ここは色々な試乗動画等でも言われおりま したが、GVC+のおかげなのか、低速でも地面の上をタイヤが非常に滑らかな感じでタッチして、自然に転がっているような感じが、乗り出してすぐ分かりました。【追記】個人的には50km~60kmくらいの乗り味が一番滑らかに感じます。ドイツ車のような地面にピタっとくっついて走る感じとは違う感じです。カーブでのクイックなハンドルにも穏やかに応答してくれる感じです。ただ、新車だからかなのか地面の轍等は拾って、コツコツする部分はありますが、振動は直ぐに収束する感じですね。いやな感じではありません。タイヤがTOYOだったので、ブリジストンだったらもっと良いのか?の議論があるように、タイヤにもよるかもしれません。【追記】ガラス投影のヘッドアップディスプレイも見やすく、情報量も適切で、視線の動きが少なくて済むので運転に前方注視に集中出来ます。

【燃費】
【追記】250kmくらいしか走ってませんが、街中6+郊外2+山道2くらいの感じで、メーターの平均燃費は11.7kmです。次回高速乗った時にはもうちょっと伸びてくれることに期待。→【更新】今回キャンプで250km(高速6+郊外道4)走行で、平均燃費は18.3kmまで伸びたので、CX3程ではないですが、まずまずでしょうか。

【価格】
贅沢装備グレードを選ばなければ、300万前後の価格で最新の安全装備と外装、内装もデザインも高品質、走りも良く+コネクテッドシステムのついたコンパクトSUV(荷物も人も後ろに普通に乗る)があるでしょうか。CarPlayも便利です。「CX3を発売するなら、はなからCX30を作って欲しかったですよマツダさん」というのが元CX3乗りの叫びです(笑)

【総評】
荷物も人もそれなりに乗れて且つ、コンパクトで美しく上質なクーペSUV

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年12月
購入地域
大阪府

新車価格
306万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった79人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > トヨタ > スペイド 2012年モデル > F

ヤマKさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:68人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
4件
バイク(本体)
0件
6件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費2
価格3

2年前、今後の祖母や身障者の母親の介護に使うこと、将来的に実質的に介護に使用する父親への譲渡を前提に購入しました。

自分が購入したのは、福祉仕様「助手席リフトアップシート車」です。 

https://toyota.jp/spade/welcab/ (詳しくは、トヨタのウェルキャブのサイトで確認ください)

両親が運転する前提の購入なので、トヨタセーフティセンスの付いている新車を購入しました。

その後、2年が過ぎて、父親の車が乗り換え時期になったので、予定通り父親に
この度、譲渡が決まりました。

これを機に、レビューを書いてみたいと思います。


【エクステリア】

水平基調のフロントのデザインは、全体のフォルムが少し丸みを帯びた形状ゆえに、少々チグハグ感はあります。

デザインの統一感は、ポルテのほうがきれいですね。

しかし、塊感はしっかりしているので、ぱっと見のまとまりは良いです。エアロや車高を落としたりしても、案外キレイに纏まりやすく、懐の深いデザインだと思います。


【インテリア】

全体の質感は、プラスチッキーで、お世辞にも良くはありません。

しかし、割り切った分、インパネやスイッチ類を工夫して、車らしさを減らして、部屋っぽく全体の調度を整えてあります。

そのため、乗っていてあまり気にならないです。

またシート類はこのクラスにしては厚手のクッションが入っていて、座り心地は良いほうです。しかし、ベンチシートなので、サポート性は程ほど。

そのため自分は、腰痛が出たので、サポート用のクッションを使ってました。

後席は、クッションもしっかりしており、前後のスペースは足も組めるほど広いです。

後ろの荷室は、正直、最低限です。大きい荷物は、後部座席を跳ね上げて使う事を前提にしているからです。

後席を荷室にすると、かなりの量の荷物を運べます。

逆に言えば、旅行などの荷物が嵩張る場合は、3人が限界です。1人〜2人ならば、非常に使いやすいです。

※以下、助手席リフター装着に関して

助手席のリフターは、機構上、座面が通常シートより高いです。そのため、天井が高くないと、頭がつかえたり、視界の上半分が天井に遮られるなど、凄まじい閉塞感、圧迫感を伴ってしまいます。

当時、ヴィッツやカローラなどにもこのリフターの装着は可能でしたが、この座面の高さ故に、これらの車は候補から外しました。

リフターの装着は、天井高に余裕が必要です。

また、助手席のシートベルトのユニットが後席左側の床に増設されたり、シートユニットが床に固定される関係上、後席左側の乗り降りは、通常の運用のようにはいきません。基本、右側のドアからしか後席は乗り込めなくなってしまいます。


【エンジン性能】

2年半、通勤メインで使ってきましたが、不足を感じるシーンは全くありませんでした。

当初は、1.3Lの設定もあったそうですが、1.5Lに統一したのは、良い判断だったと思います。トヨタが、熟成させてきた低フリクションの燃費スペシャルエンジンは、非常に滑らかで、街乗りに特化したCVTや足回りと相性抜群です。

滑らかに回るエンジンは、振動も少なく、非常に静かです。アイドリングストップも洗練されています。

無論、電動車じゃないので、動き出しはどうしても遅いですが、1.5L故に、踏めばちゃんと加速でき、高速道路の巡行も十分、周りをリードできます。


【走行性能】・【乗り心地】

左右非対称、左右での重量バランスも明らかに違うアンバランスな車両ですが、それ故にキッチリ床面を補強されているようで、ハンドリング、乗り心地、共にこのクラスのトヨタ車ではかなり良いです。

無論、街乗り仕様なので、限界値はそれなりですが。

それでも、1.5Lのパワーを不安なく受け止めて走れるし、サスなどもちゃんと仕事ができるだけの土台を持っています。


【燃費】

トヨタの低フリクションエンジン、燃費スペシャルなCVTが光ります。高速道路限定ですが。

自分の使用環境は、常に渋滞みたいな市街地での通勤なので、ストップアンドゴーの連続で、燃費は全然伸びません。だいたい9km/Lくらいです。

高速で巡行すると、だいたい20km/Lとか余裕で出るんですけどね。


【価格】

良くも悪くも形状、機能が特殊なので、コストパフォーマンスは、買った人の使い方次第で大きく変わります。

1人〜2人までの使用で、街中中心、たまに遠出でレジャーくらいなら、使い勝手は良いです。使用は、3人まで。4人以上で使うのは、コスパ悪いと思います。

割と抱き合わせのオプションなこともあるので、使い方は、よく考えて購入したほうがいいです。


【総評】

「日用品的な送迎車両」という表現がピッタリの実用車です。

助手席が電動スライドドアなので、誰かを迎えに行くような使い方は、非常にやりやすいです。

逆に言えば、後席まで誰かを乗せる使い方を想定すると、途端に使いにくくなります。乗ってしまえば、環境は良いんですけどね。

しかし、後席の運用をあまり考えないなら、どんなシーンでもだいたい困りません。安全装備に自動ブレーキも付き、動力性能も過不足なし。

尖った機能面が美点な車なので、自分がその機能をどう活かすかが問われる車です。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年10月
購入地域
埼玉県

新車価格
182万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
20万円

スペイドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > トヨタ > RAV4 2019年モデル > HYBRID G

るるかパパさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
15件
スマートフォン
0件
4件
カーナビ
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4

【エクステリア】
 モデリスタ付けたかったんですが、コストを考慮して妥協しましたが、それでも、満足出来て格好いい

【インテリア】
 ルームランプは、LEDへ取り替えたりと、インテリアはいろいろ付け替えて快適です!

【エンジン性能】
 私はfit3 HYBRIDから乗り換えましたが、とてもパワフルで、荷物積んでも五人乗っても、パワー不足は感じず満足しています

【走行性能】
 納車が冬でしたが、雪道を走った感じですと、前車より安心して乗れて過信しないように注意しています

【乗り心地】
 エンジンに切り替わった音やロードノイズは、気にならず、好きな音楽を快適に聴いてドライブ出来て、毎日が楽しいです!

【燃費】
 まだ、冬の時期しか使用していないのですが、エアコンを25℃に設定で、エコ採点70〜80点運転で、通勤距離で片道22km 13〜14km/Lでした

 前車のfit HYBRID 4WDは、冬の普段使いで、15〜16km/L 長距離で22km/Lでした

 RAV4で、まだ、長距離や高速乗ってないのでどんなもんか楽しみです

【価格】
 高かったけど、満足しています


【総評】
 家族が五人となりfit3 HYBRIDでは、走行や積載量などで不便が多くなり、今回、RAV4にしました。この車格でパワーや走行性、燃費、荷室の広さなど、快適に過ごせて使い用途に合っていて、運転するのが楽しいです。

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年1月
購入地域
青森県

新車価格
388万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
30万円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > ダイハツ > ロッキー 2019年モデル > Premium

せっけん22さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
5件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5

エクステリアや走りには全く不満はありません
あるとすれば、ティッシュケースをどこに置くか悩むくらい

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年1月
購入地域
茨城県

新車価格
220万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
20万円

ロッキーの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > マツダ > MAZDA3 ファストバック 2019年モデル > XD Burgundy Selection

ランドベンチャー09さん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:165人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
7件
280件
デジタル一眼カメラ
0件
226件
スマートフォン
4件
204件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地2
燃費5
価格4

【エクステリア】 ハッチバックの中では国内国外問わず、センス抜群だと思います。

【インテリア】 こちらも素材とデザインにおいてもこの価格帯では抜群です。

【エンジン性能】 1.8のディーゼルエンジンは音量、音質、振動のレベルは十分で自分にとっては一切気になりません。ただし、加速性能は低回転域においてはトルクの細さが目立ってしまいます。しかし、どうして1.8リットルなのか?2リットルのターボでもう少し低速トルクがあれば言うことなしです。

【走行性能】 直進安定性や高速域での挙動はまさしく安楽です。もはやドイツ車との差は殆ど無くなっているかも知れません。

【乗り心地】 一番の問題が乗り心地です。サマータイヤは18インチですが納車が今月だったので以前アクセラで装着していた16インチのブリザックでの印象ですが、特に低速域での粗さが目立ちます。ある程度速度を上げていけばマイルドになりますが、もう少しサスペンションの懐の深さが欲しいところです。
これではまるで一昔前のドイツ車の乗り心地と同じかもしれません。逆に今のドイツ車はかなりソフトになっています。メルセデス・ベンツやBMW,VWにしても突き上げ感はこれ程ありません。16インチでこれなので、18インチのサマータイヤに換えたら一体どうなることやら?試乗車ではそんなに気にならなかったのですが、もう少し様子を見ることにします。

【燃費】 郊外中心でリッター20キロ前後です。これは持ったよりも良いですね。普通に走っている限りにおいては素晴らしい燃費性能です。

【価格】 この内容で300万円は驚きです。400万円前後の欧州車と十分に渡り合えます。

【総評】 何より国産車がここまでのレベルになったのが素晴らしいと思います。トヨタや日産、ホンダとは車のレベルが違いすぎます。新型カローラは中身はだいぶ良くなったようですが、あの内装デザインでは試乗する気にもなりません。車はまずはデザインからです。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年1月
購入地域
岩手県

新車価格
304万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
5万円

MAZDA3 ファストバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > プジョー > 508 セダン 2018年モデル > GT

holy-woodさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
11件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
2件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格3

【エクステリア】デザインに一目ぼれしました。ちょっとアメ車を連想させるデザインですが、フロントもリアも秀逸だと思います。5ドアなのがいいです。ちょっとクーペ風であり、トランクが使いやすい実用性も兼ね備えています。ただし、デザイン重視なのか、運転すると前方の隅の位置の把握がしにくく、後方のCピラーが非常に大きいため視界が非常に狭いです。

【インテリア】デザインはいいと思います。しかし、使い勝手がいいわけではありません。ポケット類が少ないわけではないのですが、一時的に、スっと置けるところがドリンクホルダーくらいしかないのです。助手席の人が、携帯電話を置くところもドリンクホルダーくらいしかないので、アクセサリーを色々と買って、取り付けました。
最悪なのが、i-Cocokpit です。これが使いずらい。ナビとテレビの部分がパナソニック製なのですが、なぜか現在地ボタンがないのです。取扱説明書にも現在位置に戻ることができるとは書いてあるものの、戻り方が書いていないという、とんでもない代物です。現在地に戻るには、ナビ画面から一旦他の画面に切り替えて、もう一度ナビ画面に戻ったときに出てくるMAPボタンを押すと、やっと現在地に戻れます。この辺は、なんとか改善して欲しいです。
もちろんですが日本仕様なので、日本語表記対応なのですが、ある日突然、表記がすべてフランス語になってしまいました。当然、ディーラーに設定方法を聞いて元に戻しましたが、どうもまだまだバグが多い気がします。

【エンジン性能】低速でちょっと力がない感じがするのですが、十分にトルクがあって速いです。気づくとスピードが出ている感じがあります。カタログの数字だけ見たとき、190PSくらいまで出して欲しい気もするのですが、177PSもあったら、すでに十分パワフルと言えます。文句はないです。

【走行性能】直進安定性が恐ろしいほどに良いです。そこは秀逸で素晴らしいです。コーナーリング性能は、特段にいいわけではなく、同クラスのライバル車と比較しても、変わらないのではないでしょうか。以前に所有していたプジョー406クーペには叶わない感じです。

【乗り心地】とても乗り心地が良く、非常に快適です。ただし、昔のプジョーのような猫足ではないです。非常に引き締まってはいるものの、角が取れて丸くなっているので、全く不快ではありません。これがアクティブサスペンションのなせる業なのだと思います。平地ではダンパーを固めにして引き締めて、凹凸のあるところでは、ダンパーを柔らかくして角を取る、と言うようなことをやっているのだと思います。

【燃費】以前に所有していたマツダ アテンザ ディーゼルMTよりも、やや燃費が悪いように思います。もちろん、MTとATでは、MTの方が効率がいいのですが、アテンザにはエンジンブレーキで蓄電する減速エネルギー回収システムが付いていましたから、そういうところでも差がでてくると思います。BMWやボルボ、ベンツやアウディ、にも減速エネルギー回収システムが付いているので、プジョーにも搭載して欲しいです。そうすれは、1割くらいは燃費が変わってくると思います。ただし、そう言っても、市街地で12〜14km/l、高速で16〜18km/lくらいなので、十分に燃費のいいクルマと言えます。177PSもあって、この燃費ですから、燃費とパワーのバランスがすばらしいです。

【価格】フルパッケージで、諸費用を含めると600万円にもなるクルマですから、決して安いクルマではないです。

【オーディオ】これには、悩まされました。音は非常にいいです。そこは満足しています。このi-Cockpit のミュージックプレーヤーが、使いづらいのです。私は、シンプルにプレイリストを再生したいだけなのですが、これができないのです。USBメモリにMP3ファイルを入れて、フォルダーに番号をふって簡易プレイリストを作ったのですが、i-Cockpit での再生順はアルファベット順になってしまうので、曲順はバラバラになってしまいます。なぜかunknown になってしまうフォルダーもありました。次にウォークマンを試したのですが、USBメモリと症状は同じでした。iPod が頼みの綱で、iPod touch をわざわざ買ってつなげてみたところ、これはばっちりでした。プレイリストをちゃんと順番通りに再生してくれます。ですが認識が非常に不安定で、フォルダー内が空で表示されることがしばしば。ほかのミュージックリストも、iPod touch に入れていない曲やアルバムのタグデータだけが表示されたり、同じ曲が何重にもなって入っていたりと、なんだかバグだらけ。iPod touch 側で再生してやると、ちゃんと鳴るのですが、i-Cockpit 側で再生できたりできなかったりするので、それを繰り返していたら、最終的には認識してくれました。i-Cockpit で音楽を聴くなら、iPod で聞くことをお勧めしますが、もうちょっとシステムを安定させて欲しいです。

【総評】ハード最高、ソフト最低、な感じなのですが、買って後悔はないです。何よりも運転していて楽しいのですから、こんなクルマはほかにないです。システムのバージョンアップに期待です。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった4人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > 三菱 > アウトランダーPHEV 2013年モデル > G Navi Package

GSX1100SKATANA乗りさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
クレジットカード
3件
0件
腕時計
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

初めての三菱車。昔、パジェロが欲しくて販売店に行ったが、つっけんどんで売る気無し。
あきらめて出たてのエスティマ2400にした。
家内のセカンドカーにリーフを購入。 俄然モーターカーの走行フィーリングに嵌まってしまった。
家内のリーフ、普通のFFなのに、ミッドシップのようなコーナリング。出足は3リッター車なら楽勝でついて行ける。
危ないので、常にエコモード。
長距離はヤッパ苦手。
そこで、500万くらいで普段はEV。長距離はレンジエクステンダー車のように走れるし、高速走行はエンジンが直接フロントのみ補助に入る。
当時、ADASも最新で、停止まで追随するACCは殆ど無かった。
デザインだけがチョットとだったけど、マイナーの顔が気に入った。

何しろモーターカー。 知り合いのLマーク乗り(1000万級)が乗っても静かと評価してくれる。
室内は、広い。 全幅1800しかないから、Uターンも、狭い道路も余り苦にならない。
使いやすいジャストサイズ。
荷室が広く、リア席座面を前に倒すと、170センチの私がフラットな床で寝られるし、満充電しておくと、一晩くらいなら、エンジンが掛からずエアコンがつかえる。
家族が入院時に駐車場で数日車中泊の時、本当に助かった。

荷室で胡座かいてかろうじて天井に頭が擦れるが着替えが出来る事も便利。

走安性はほぼ申し分ない。日帰り往復700qの出張も年に数回あるが、台風の最中でもLOCKMODEを使わなくても安定性が高い。

操舵性もトルクベクタリングで、雪道でもステアリング操作に素直に追随して安心して走れる。
渡河性能も70センチあれば冠水時も余裕。

オールマイティな車もはや10万q。最近バッテリー消耗が目立ってきたが、8年16万qの保証は安心。
これで実際に交換した人も聞くと、リーフとは大違い。
次はアウディのETRONが欲しいが、次もアウトランダーPHEVのフルモデルチェンジ車になりそう。
三菱版車線追随ACCがつくらしいし。
内装はチープの評価もあるが、むしろクロカン好きの私はチャライ内装には興味が無い。
三菱だから500万でここまでの車が出来たと評価する。
蛇足だけど、トヨタの最近出たSUVのリアスタイル。PHEVのパクリっぽいのだけど、気のせいかな。

乗車人数
1人
使用目的
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年3月
購入地域
三重県

新車価格
423万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
40万円

アウトランダーPHEVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車)

ご注意