カメラすべて ユーザーレビュー

 >  > すべて

ユーザーレビュー > カメラ > すべて

カメラ のユーザーレビュー

(264件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
モニタレビュー
ショップスタッフレビュー
ネットワークカメラ・防犯カメラ > TP-Link > Tapo C200

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
機能性4
設置性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

microSDスロットは目立たない場所に

パンとチルトは移動角度を設定できる

マーク機能で、複数位置のプリセットが可能

自宅内確認用として購入しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
球体に近く可愛いイメージで、一般家庭の室内に設置しても違和感が無いと思います。質感もまずまず良好で、価格に照らすと、どなたも不満は無いでしょう。
感心したのは、microSDカードのスロットが目立たないように配慮されていること。スッキリして見え、良いアイデアだと思います。

【画質】
パンとチルト機能が無いC100も購入して使用しています。画質的には同等のイメージです。(C100のレビューも参照頂ければ幸いです。)
素晴らしく良いとは言えませんが、レンズも含め、スマホ画面で情報として確認するなら解像度は充分。輪郭強調のような不自然さが無いのも良いです。各ユーザーの購入価格にもよると思いますが、満足できる画質です。(当方は3,300円で購入)
照明(周囲の環境光)が暗くなると自動で増感し、映像は暗部を中心に、実際の見た目の以上の明るさで視認性を保ちます。この副作用として、光源など部分的に明るい箇所は旺盛に白飛びしますが、大抵は暗い部分の情報が大切だと思いますので、実用的な設定だと思います。また、ノイズを抑えるためか、ディテールが鞣されますが、映像が暗くて被写体が見えないよりは良いと思います。こちらも、実用性を考えた適切な設定だと思います。
ナイトビジョン(暗くなると、本機から赤外線を照射してモノクロ撮影)は、完全暗室の状態かつ近距離で有効です。夜中に真っ暗な屋外を遠くまで見通せるモノではありませんので、ご参考までに。

【操作性】
アプリはGUIがキレイで項目も整理されていて、直観的に迷いなく使いこなせます。中国メーカーの製品としては、日本語が適切でフォントも違和感が無く、日本向けにしっかりローカライズされている印象を受けます。
本機は、パンとチルト機能が特徴ですが、一度タップして動く画角は、5°、10°、15°から選べ、用途に応じて快適に操作できると思います。

【機能性】
アプリ(操作画面や項目)はC100と共通です。動体検知はエリアが指定でき、動作も的確で、スマホにプッシュ通知できます。ただし、時々通知が遅れることもあり、防犯用途には心元ないです。(通知が全く来なくなった場合は、カメラを再起動すると復旧しました。1日一回、自動で再起動する機能もあります。)
動体検知は実用的ですが、通知のみなので、確認するにはアプリを起動して映像を確認する必要があります。通知時、静止画を撮影して送ってくれると、より便利だと思います。
本機の特長と言える、パンとチルトは、マーク機能でプリセットが可能です。ペットの見守りなどでは、小屋、餌場、トイレ、玄関など、定位置が何ヵ所かあると思いますので、一度セットしておくと、ワンタッチで呼び出せて便利です。パンとチルトの速度ですが、パンは端から端まで約28秒、チルトは端から端まで約7秒。高速ではありませんが、家庭用の手軽な製品としては大きな不満は無いと思います。

【設置性】
C100と同様、電源がAC/DCアダプター方式です。電源の無い場所で、モバイルバッテリーで…、という使い方ができません。USBタイプにしておいてくれると、何かと応用が利くのですが…

【総評】
実売価格を日々ウオッチしていると、3,300円〜4,500円くらいの間で変動があるようです。
当方、底値に近く、C100と同等の価格で購入したので、コストパフォーマンスは高く感じ、満足しています。
アプリの出来が良く、複数台の使用も実用的。設定により別ユーザーとの共有も簡単にできます。ただしこの際、音声も伝送されるので、設置場所によっては気になるかもしれません。カメラの所有者が音声をミュートできる機能があれば、さらに良いと思います。
上述の通り、改善して欲しいポイントはいくつかありますが、デザイン、質感、画質、使い勝手、価格のバランスが良く、低費用でネットワークカメラを利用したい方にお勧めできる製品です。
必要があれば、買い足そうと思います。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

その他カメラ関連製品 > SONY > GP-VPT2BT

岡安学さん

  • レビュー投稿数:259件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジモノ誌やウェブで活動するフリーライター。
デジカメ、テレビ、レコーダーなどデジタル機器を中心に
白物家電やPCまで執筆対象を拡げている。
また、ゲームやアニメ、ホビー、トイなど、サブカルチャーも扱う。
近著に『INGRESSを…続きを読む

満足度5
デザイン5
機能性5
使いやすさ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

本体です

三脚として使えます

片手で簡単に撮影できます

ZV-1と一緒にメーカーからお借りして使いました。


【デザイン】
ZV-1に似合うデザインです。
ボタンの数は限定されており、始めて使っても
感覚的に使えます。


【機能性】
静止画、動画、ズーム、カスタムボタンとZV-1の機能を絞り込んでいます。
シューティンググリップを使用するときは、これらがメインとなるので
十分と言えます。
回転ボタンで自撮り、他撮りが切り替えられるのは便利。


【使いやすさ】
機能性でも書きましたが、機能が限定しているので
使い勝手は良いです。
カメラとのペアリングも簡単かつ、繋ぎが良いのでわかりやすいです。


【総評】
今回はZV-1との接続だったのですが、他のカメラでも役立つこと間違いなしです。
手持ち以外に三つ股に分かれて三脚としても使えますので
リモート撮影にも便利です。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルカメラ > SONY > VLOGCAM ZV-1 > VLOGCAM ZV-1 (B) [ブラック]

岡安学さん

  • レビュー投稿数:259件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジモノ誌やウェブで活動するフリーライター。
デジカメ、テレビ、レコーダーなどデジタル機器を中心に
白物家電やPCまで執筆対象を拡げている。
また、ゲームやアニメ、ホビー、トイなど、サブカルチャーも扱う。
近著に『INGRESSを…続きを読む

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

別機種本体です
別機種背面です
別機種天面です

本体です

背面です

天面です

メーカーからお借りして使いました。


【デザイン】
ソニーのデジカメのデザインを踏襲する
シックでソリッド感のあるデザインです。
ハイエンド機らしい高級感があるのが魅力的です。


【画質】
1インチの大型撮像素子で、高解像度、低ノイズの高画質写真が撮影できます。
VLOGカメラらしく動画も4K動画もフルHD動画もクッキリです。


【操作性】
専用ボタンが多いので、即座に撮影したいシーンが多いVロガーにとっては使いやすいと思います。
背景ボケの専用ボタンもあります。
静止画、動画、ズーム程度のボタン、レバーだけがあれば十分と言う人には
数が多すぎる感じですが、ZV-1が気になる人にはそこは気にしなくても良いかも。


【バッテリー】
デジカメとしては十分ですが、オンオフを頻繁にし、
動画を中心と考えるVロガーであれば、ちょっと足りないかもしれません。
予備バッテリーはあった方が良いと思います。


【携帯性】
サイズ感はコンパクトデジカメとしては標準サイズ。
いわゆる小型薄型モデルと比べるとちょっと大きいと思いますが
高級コンデジとしては小さめで、携帯性は良いです。


【機能性】
VLOGに必要な機能が満載です。
自撮りなど人を撮影する機会が多いVロガーに最適な瞳AF、
人物を際立たせる背景ボケなどがあります。
スマホのアプリと連携すれば
動画の編集やSNSへのアップなど、撮影後すぐにVLOGをアップできるのも良いです。


【液晶】
液晶はバリアングル液晶で、自撮りもしやすく、
明るさ調節で屋外の晴天でも見やすくなっています。


【ホールド感】
グリップはコンデジらしくそれほどしっかりしたものはついてませんが
本体の重さやサイズがそこまでではないので
ホールド感としては十分です。


【総評】
VLOGをする人にはオススメの一台です。
もちろん、小型高機能デジカメを狙っている人も十分な機能を備えています。
本体上部にある大型マイクはウインドスクリーンも付属しており
機能的に風切り音を制限するなど、屋外の動画撮影でのノイズ低減にも役立ちます。
専用のシューティンググリップGP-VPT2BTを使用するとさらに使い勝手が良くなります。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ネットワークカメラ・防犯カメラ > TP-Link > Tapo C100

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
機能性4
設置性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

電源は付属のAC/DCアダプターで。

動体検知は任意のエリアを複数設定可能

iPhoneXでスクショ

高齢の母(84歳)の見守り用に購入しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
丸みがあってソフトなイメージで、用途に適すると思いました。監視カメラのような雰囲気は困りますので。

【画質】
素晴らしく良いとは言えませんが、スマホ画面で確認すなら解像度は充分で、価格を考えるとどなたも大きな不満はないと思います。
ご参考までに、水槽を30cm程度の近距離から捉え、iPhoneX画面で動画表示した画像(スクリーンショット)を添付しています。
ほか、監視カメラ的に、日没後に屋外を映してみましたが、街路灯があれば、ノイズが多いですが、昼間のように明るく見え、視認性は良好です。この際、光の当たっている部分が盛大に白飛びしますが、調整機能はなく、暗部確認を重視しているようです。なお、このような状況で暗視モードにすると、何も見えません。内蔵の補助光(赤外線)は強くないようで、屋内用ですね。

【操作性】
アプリはGUIがキレイで項目も整理されていて、直観的に迷いなく使いこなせました。
Amazon Echo Showとも組み合わせてみましたが、ウェイクワードに続けて「カメラを見せて」で、数秒待たされるものの、難なく映像を表示できました。余談ですが、安定性はスマホアプリとの組み合わせほど良くありません。原因はEcho Showかルーターの可能性が高いですが、数十分に一度程度の頻度でバッファリング状態になって一時停止したり、そのまま通信が途絶えて終了してしまいます。(カメラは動作を続けているので、再度操作すれば視聴可能)
スマホアプリも映像が停止することは多々あり、つまるところ、短時間の確認には支障がなさそうですが、長時間の見守りには使いづらい印象です。

【機能性】
動体検知はエリアが指定でき、動作も的確で、スマホにきちんとプッシュ通知されました。ただし、時々通知が遅れることもあり、防犯用途には少々心元ないです。
また、できれば、動体検知をした際、静止画を取って送ってくれる機能が欲しです。
動体検知機能に期待している方は、本機の機能性が用途に合うか確認をお勧めします。

【設置性】
コンパクトで設置性は良いのですが、電源がAC/DCアダプター方式です。電源の無い場所で、モバイルバッテリーで…、という使い方ができません。

【総評】
マイクとスピーカーを搭載し、アプリ側からの操作で、双方向通話が可能です。ただし、遅延時間が1秒程度あり、音質も限定的で、円滑な会話は難しいです。
動体検知(通知)と双方向通話については、当方が主目的としていた「老人の見守り」には使いづらいですが、ペットや赤ちゃんの見守りなど、用途が合えば実用的だと思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

SDメモリーカード > キオクシア > MU-J016GX [16GB]

関口 寿さん

  • レビュー投稿数:196件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール東京都練馬区在住。小学生の時に読んだ科学雑誌に触発され電子工作を始める。学生時代は自動車整備に明け暮れ、その後はサーバー/ネットワークエンジニアを生業としながら、2002年よりPC自作、改造、電子工作の記事を執筆。近年はLEDや電子回路を…続きを読む

満足度3
読込速度5
書込速度3
信頼性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

リードはほぼ公称値をマーク、対してライトは4分の1程度とアンバランスな結果となった

リード/ライトとも安定するのは1MB超と、I/Oサイズ大きめに設計されているようだ

リード/ライト比4:1が浮き彫りになるスコア。ライトはもう少し頑張ってほしいところだ

2020年7月に購入、職場で使用。

【読込速度】
非常に良い
約96MBと、公称値・100MB/sにやや届かない結果となったが、誤差の範囲。
USB変換アダプタのロスを考えれば、広告に偽り無しといえ、非常に満足。

【書込速度】
普通
ベンチマークソフトによって差があるものの、最大25MB/sと、ごく一般的な速度。
リードの4分の1程度とギャップが激しいものの、ライトに関しては公称値もなく、Class10の10MB/sをクリアしているので「普通」とした。

【信頼性】
良い
購入から0.5か月ほどと短い期間だが、トラブルもなく極めて快適。
同社製品は過去にも購入し、いずれも正常に使えているので、耐久性にも期待できるだろう。

【総評】
スペック/価格ともに標準的で、悪くいえば個性のない製品だが、著名な半導体メーカー製だけに安心感は高い。
ベンチ結果では振るわなかったものの、動画に代表される大容量ファイルを扱わない限り、書き込みも極端な遅さは感じず、意外とフツウに使えた。
スマホやタブレットのお供として普段使い、スペックよりも安定性重視の方に適した製品といえるだろう。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レンズ > ニコン > NIKKOR Z 50mm f/1.8 S

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:231件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度5
操作性5
表現力5
携帯性4
機能性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

当機種
当機種
当機種

某メディアでの記事作成用にレンタル。

Z 6を借りているときに、一緒に使っていたレンズ。いわゆる標準レンズだ。スペックだけ見ると、廉価版レンズのようだが、実際は違う。Zシリーズのポテンシャルを最大限に発揮するために開発された、本気のレンズだ。

描写力に関しては、同じニコンのAF-S NIKKOR 50mm f/1.4Gよりもシャープネスが高い印象。AFが速く、目に付いたものをささっと撮影できる。コントラストも高く、細部まできれいに描写されるレンズだ。Z 6やZ 7を購入したら、とりあえずこのレンズは買っておきたい。おそらく、キットレンズに付属する標準ズームよりも出番が多くなるはずだ。

おおむね不満はないのだが、ひとつだけあるとすればレンズ全体のサイズ。50mm F1.8というスペックから想像するよりも鏡胴が長い。それが画質に直結しているとは思うのだが、できればもう少し短くなってくれると、ボディとのバランスがよくなりもっと持ち出したいと思うようになるだろう。

とにかく、Zシリーズを買ったら手に入れておきたいレンズであることには変わりない。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドローン・マルチコプター > AirSelfie > AIR PIX

鈴木啓一さん

  • レビュー投稿数:101件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールITmedia等の情報サイトで記事を書いている フリーランスのライター、兼、IT先端技術コンサルタント。
モバイルやクラウドを駆使するスマートワーク研究をライフワークとしている。

【主なWeb媒体】
ITmedia 誠Biz.I…続きを読む

満足度4
デザイン5
操作性4
バッテリー1
静音性4
画質無評価

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

これまでも超小型のドローンに好奇心を揺さぶられ、何度か購入してきたが、いずれもホバリングがとても難しく、正直言って購入失敗が度重なっていた。

しかし、今回こそ、ホバリングの技術がかなり進歩し、動画、静止画の撮影も期待できるのではと思い、久しぶりに購入に踏み切った。

実は数回フライトさせたところで墜落時に壊れてしまい、離陸できなくなった。そのため、まだ使いこなせていないが、まずは第一印象ということでレビューしたい。

【デザイン】
手のひらサイズ。スマホとそれほど違わない大きさのドローンである。

4つのプロペラはフレームにがっちりガードされており、携帯しやすく、落下時の損傷にもある程度耐えるように感じられるデザインだ。

【操作性】
基本的にはスマホにアプリを入れ、コントロールする。

離陸、ホバリング、自分の手のひらに帰還という繰り返しは、私のような初心者でもすぐに行えた。期待していた自立ホバリング性能向上のおかげだと思う。

マニュアル操作でのフライトには練習が必要ではあるが、ある程度その場にとどまるホバリング能力を持つので、私のような初心者にもなんとか操作でき、練習を重ねることで使えるようになりそうな感じがする。

スマホなしで単体でというモードがある。今回これこそが期待したい機能だ。

本機の電源を入れ、その直後に同じ電源ボタンをダブルクリックのような感じで2回、早めの間隔で押す。プロペラが回りだすので、カメラを手前に向けて、優しく前方にふわっと投げる。すると、本機が、ある程度の距離を取ったところでホバリングする。ホバリングは、思った以上に安定しているのでちょっと感動ものである。

そこでジェスチャーをして撮影もできるのだが、何度か試しているうちに上記のように故障してしまったので、撮影はまだ未体験である。

いずれもこうした使い方のビデオが用意されているので、それを見ながら試せるのはとても良い。

【バッテリー】
バッテリーの消耗はとても速い。あっという間に空になる。これが練習の集中力の妨げになるが、現状、しかたのないことのようだ。
この小さな筐体にこれだけの技術が詰め込まれているというだけでもすごいので、我慢して、充電しては飛ばし、そしてまた充電の繰り返しである。

【静音性】
プロペラを回すのであるからどうしても大きな音が出る。これもしかたのないところだろう。ただ、小さいので、それなりの音の存在感である。

【画質】
撮影のテスト前に故障してしまったので、残念ながら未評価である。

【総評】
期待していたホバリングの技術は驚くほど進歩している。空中に投げ出すだけで自動的にホバリングをするなど、私のようなドローン超初心者にもやさしい、夢のように思えた技術であるが、夢ではなく現実のものになったようだ。

ただ、数回飛ばし、自宅リビングの床に落下したときに故障してしまったようだ。どうやら離陸できない。私の1台だけで故障しやすいと結論付けるのには早いが、修理に出してできれば再レビューをしたいと考えている。

プロペラが取れて紛失しやすいのも気になった。黒色で小さいので、どこかに飛んで行ってしまうと見つけ出すことはかなり困難だ。

ドローンの技術は日進月歩である。本機のような超小型の機種でも、ホバリング能力をはじめ、ここまでできるようになったとは感動ものだ。

とにかく修理に出して、また試してみたい。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レンズ > ニコン > Ai AF Nikkor 85mm f/1.4D IF

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:231件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度5
操作性5
表現力5
携帯性4
機能性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

別機種F2.0。発色はややおとなしめかも。
別機種F1.4。ピント面が薄いのでピント合わせは慎重に。ボケがなだらかでよい。
別機種F2.8。

F2.0。発色はややおとなしめかも。

F1.4。ピント面が薄いのでピント合わせは慎重に。ボケがなだらかでよい。

F2.8。

別機種F5.6。
別機種F8。
別機種F3.5。

F5.6。

F8。

F3.5。

自腹購入。

以前スタジオでのポートレート撮影のとき、50mmと標準ズームを使ったところ、ピンと来なかったので、友人から借りて使ったレンズ。そのときから人、特に女性を撮るのに向いているなと思って欲しい欲しいと思っていたのだが、金銭面に余裕がなく見送っていた。そしてやっと購入。

こんなご時世なのでなかなか人を撮る機会がないので、外で撮影をしてみたのだが、やはり線が細く繊細な絵が出てきた。絞り開放ではかなりピント面が薄いが、ボケが大きく柔らかい印象。F5.6くらいまで絞るとピントの合ったところがかなりシャープな印象になる。

古いレンズだが、AFはそれほど遅いという印象はない。近接撮影だと迷うこともあるが、基本MF撮影にしているので僕は気にならない。

ニコンのデジタル一眼レフで女性のポートレートを撮るのなら、持っていて損はないレンズだと思う。現行の85mm F1.4もよさそうなのだが、なにせ高い。だったら状態のいいこちらの中古を探して買ったほうがいいだろう。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルカメラ > SONY > サイバーショット DSC-RX100M7

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

当機種ワイド端(比較用)
当機種テレ端。描画もシャープ。
当機種HDR撮影。見た目に近い雰囲気で残せる。

ワイド端(比較用)

テレ端。描画もシャープ。

HDR撮影。見た目に近い雰囲気で残せる。

当機種HDR撮影。もう少し階調に滑らかさが欲しいが、コンデジとしては優秀!
   

HDR撮影。もう少し階調に滑らかさが欲しいが、コンデジとしては優秀!

   

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
当方、普段はRX100M5Aを使っています。比較も交えまして。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、製品写真などを参考にご判断頂ければと思います。
従前のRX100シリーズと同等、凹凸が少なくスッキリ&シンプル。毎日使う道具として飽きずに長く使えると思います。

【画質】
作例を添付しています。別途RX100M5A/M6のレビューも投稿していますので、比較頂ければと思います。
本機は望遠200mmが魅力ですが、同じ200mmのM6はコントラストやキレがM4とM5の中間的な印象。望遠倍率を上げると、トレードオフは仕方なし…と思ったものでした。
ところが本機は、M5と比べてもよりクッキリ。レンズはM6と同等だと思いますので、新型センサーや画像処理の進歩かもしれません。また実際の撮影では、フォーカスが大切ですが、本機は速度や精度が向上したのか、ラフにとってもキリッと映る確率が高い印象。画面上をタッチしてフォーカスの位置を指定するのも実用的で、こうした差が仕上がりを良くしているのかもしれません。
因みにレンズのスペックはM5A(24-70mm)がF1.8-2.8、本機(24-200mm)はF2.8-4.5です。

【操作性】
電源ボタンを押してから撮影できるようになるまで約1.3秒。スペック値をM6と比べると、0.1秒速くなっています。もうこのレベルになると充分に高速で差は分かりにくいですが、新モデルの度に改善されるのは良いことだと思います。
ほか、モードの切り替えなども待たされる感はなく、操作体系はRX100シリーズを踏襲し、RXユーザーなら同じ感覚で使用できると思います。
新しいところでは、Bluetoothリモコンが利用できるようになりました。

【バッテリー】
スペック表には、約220枚(液晶モニタ使用時)、M6の同約240枚より少なく、M5Aと比べると同等です。
なお、充電はUSBマイクロBで、充電しながらの撮影も可能です。撮影時間が気になる方は、モバイルバッテリーを一緒に携行すれば良いでしょう。

【携帯性】
従前のRX100シリーズ製品と同等で、非常にコンパクトです。それでいて200mmもの望遠は撮影の幅を広げてくれるでしょう。
電源OFF時はレンズの飛び出し距離が少なく、レンズを保護するシャッターも内蔵しているので、ポケットに入れて気軽に持ち出せます。毎日の携行も苦にならないでしょう。

【機能性】
M6と比較すると、フォーカスは性能に加え、機能性も増しています。動物の瞳AF、リアルタイム瞳AF、瞳の左右選択、リアルタイムトラッキングなど、ZV-1に近いと言えます。

【液晶】
M5/M6と同様、3.0型(4:3) 約123万ドットの液晶です。高精細で明るい場所でも反射が少なく見易いです。
本体と分離して角度が変えられ、180度反転して自撮りもできます。

【ホールド感】
M5/M6と同様の印象です。コンパクト機で特段にホールド感にこだわった形状ではありませんが、小型軽量なので撮影時に困ることはありません。

【総評】
M6が登場した時は、画質面でM5Aに一歩譲る感がありました。
200mmが必要ならもちろんM6、ただし、望遠をあまり使わないならレンズの明るいM5Aという選択で良かったと思います。
本機M7に関しては、フォーカス性能も含め、M5Aよりキレイな写真が残せる可能性は高いと思います。価格差が大きいですが、予算に余裕があれば、M7を選ばれると良いと思います。
因みにM6と比べると、現時点で価格差は僅か2千円。この条件でどちらを選ぶかとなれば、間違いなくM7が良いと思います。

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

SDメモリーカード > SANDISK > SDSQUAR-128G-GN6MN [128GB]

岡安学さん

  • レビュー投稿数:259件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジモノ誌やウェブで活動するフリーライター。
デジカメ、テレビ、レコーダーなどデジタル機器を中心に
白物家電やPCまで執筆対象を拡げている。
また、ゲームやアニメ、ホビー、トイなど、サブカルチャーも扱う。
近著に『INGRESSを…続きを読む

満足度5
読込速度5
書込速度5
信頼性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

パッケージです

本体です

ベンチマークです

Nintendo Switchで使用していたSDカードの容量が足りなくなったので入れ替え。


【読込速度】
超速と言うわけでは無いですが遅くはないです。
用途がNintendo Switchのゲームデータの保存なので、
そこまで超速は求めていないので、これで問題ないです。


【書込速度】
遅くはないですが、こちらも超速ではないです。
上記でも書きましたがNintendo Switchのゲームデータ用なので
書き込むのはソフトをダウンロードした時くらいなので
書き込み速度はそこまで求めていません。


【信頼性】
3か月くらいの使用なので信頼度を語るほどではないですが
現時点ではエラーも不具合も出ていません。


【総評】
ゲームデータはそこそこ容量があるので、速度よりも容量重視で
選ぶことができ、その点ではコスパは良いと思います。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルカメラ > SONY > VLOGCAM ZV-1 > VLOGCAM ZV-1 (B) [ブラック]

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

当機種背景が「クッキリ」モード(比較用)
当機種背景が「ぼけ」モード。ボケ味もキレイ!
当機種ワイド端

背景が「クッキリ」モード(比較用)

背景が「ぼけ」モード。ボケ味もキレイ!

ワイド端

当機種テレ端。シャープな描写。
   

テレ端。シャープな描写。

   

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
普段はRX100M5Aを使用していますので、比較を交えてご紹介したいと思います。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、製品写真などを参考にご判断頂ければと思います。
質感ですが、樹脂素材のようで、RX100シリーズ(金属製)と比較するとカジュアルな印象です。Vlog向けというコンセプトを考えると、特に問題は感じません。

【画質】
開梱して直ぐに試し撮り。画質やテイストは、普段使い慣れているRX100M5Aとほぼ同じ雰囲気に感じました。念のため、メーカー公表のスペック値を確認すると、センサーサイズと画素数(1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor RS CMOSセンサー/約2,100万画素)、レンズ構成(ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ(レンズ構成:9群10枚(AAレンズを3枚含む非球面レンズ9枚)))、画角とf値、絞り(虹彩7枚)は、RX100M5Aと全く同じでした。
なお、個体差かもしれませんが、所有しているRX100M5Aよりもテレ端で色収差が少なくシャープな印象を受けました。また、映像処理エンジンも両者BIONZ Xですが、露出の設定方針が異なるのか、本機はやや明るく柔らかな雰囲気に映ります。
本機はVlog用という明確な用途が設定されていて、写真画質についてあまり細かく述べるのは避けますが、少なくともRX100M5A相当の画質で、この価格帯の通常のカメラとしても充分な画質性能を備えていると言えます。

動画は4K撮影したモノをYouTubeにアップしました。コンパクトなカメラでこれだけ撮れれば満足度は高いと思います。
池に浮かぶ鴨/7秒 https://youtu.be/u8hfKioDtdY


【操作性】
起動は高速で、電源ボタンを押してから液晶画面が点灯する時間は、RX100M5Aよりも確実に速いです。
全ての操作はサクサク行え、ストレスも感じません。
当方、RX100シリーズで慣れているということもあり、同じ操作体系が維持されているというのもありがたく感じました。
一方、多機能で設定メニューのページ数も多いので、目的の設定を変更しようとして迷子になることも。音声で所望の機能を呼び出せると良いかもしれません。

【バッテリー】
スペック値は、実動画撮影時(CIPA準拠)で約45分です。
充電はUSBマイクロBで、充電しながらの撮影も可能です。撮影時間が気になる方は、モバイルバッテリーを携行すれば良いでしょう。

【携帯性】
RX100シリーズと同様、手のひらサイズで、電源OFF時はレンズの飛び出し距離が少なく、レンズを保護するシャッターも内蔵しています。日常的に携行するのも苦にならないでしょう。高画質Vlog用途に適していると思います。

【機能性】
メーカーが本機をVlog用という特徴的な機能は、「背景のボケ」をワンボタンで、「ぼけ」か「くっきり」を切り替えられるというもの。実際に使ってみると、これがなかなか便利。絞り優先モードで調整すれば済む話ですが、Vlog撮影の場合、自分を強調したい、あるいは、風景をきちんと記録したい、という2極端のニーズが強いと思いますので、ワンボタンで瞬時に切り替えできるのは上手いアイデアだと思います。
「商品レビュー用設定」は実際の動作も実用的。動画で試してみましたが、手に持った商品をカメラに近づけて行くと、フォーカスは顔から外れて商品を追随します。ゆっくり動かせば、前後の動きにも追随し、それに合わせて被写界深度により顔のボヤケ度合いも変化するのが確認できました。アルゴリズムが賢いのか、非常に的確に動作するので、商品レビュー系のYouTuberは、失敗が少なく効率もアップして重宝すると思います。
AF/AE/補正によって表情をキレイに撮影するという試みもVlog用途にドンピシャ。炎天下で帽子をかぶって自撮りしてみましたが、影になっている部分が暗くなってしまわず、表情が見易くて好印象です。ダイナミックレンジの広いプロ用カメラを用い、露出を最適化したかのような雰囲気で撮影できます。

【液晶】
3.0型(4:3) 約92万ドットの液晶です。因みにRX100M5Aは同 約123万ドット。見た目はほぼ互角の印象です。細かく見ると、本機は、黒背景に白文字を表示すると、文字の下方にサブピクセルと思われる色滲みが見られますが、RX100M5Aはスキャンによるものと思われるうっすらとした縞が常時見えるので、どっちもどっち。どちらも撮影に支障は感じません。

【ホールド感】
コンパクト機で特段にホールド感にこだわった形状ではありませんが、小型軽量なこともあり、特に問題は感じません。
安定した撮影を行いたい方は、別売のグリップ(GP-VPT2BT)を購入されると良いと思います。

【総評】
RX100シリーズの高画質をベースにしつつ、Vlog用としてのアイデア機能を盛り込み、実際の動作も的確で実用的。
カメラが生き残るために、高性能化するスマホとの棲み分けを狙った企画ありきの感もありますが、YouTube一視聴者としても、やはり高画質だと見たくなるもの。スマホ撮影との画質差は、スマホ画面でYouTube映像を見ても明らかで、本製品を利用する価値はあると思います。
時代にマッチしたコンセプト、実用性、高画質を両立した点を高く評価します。

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

その他カメラ関連製品 > SONY > GP-VPT2BT

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度4
デザイン4
機能性4
使いやすさ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

デザインと質感のご参考に

しっかり握り易い形状

質感のご参考に

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
ZV-1、RX100M7と組み合わせて確認しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
三脚機能も含めて、上手く纏められていると思います。
質感ですが、樹脂素材そのものの印象で、表面にテカリもあり、高級感はありません。しかし、この価格帯の実用品としてはどなたも大きな不満はないと思います。
映像系製品の場合、余計な光の反射はノイズと言え、何らかの際に不都合に繋がる可能性もあるので、できれば完全なマット調が好ましいですが、本機の仕上げは、強度や耐久性なども考慮しての判断かもしれません。(汚れたらゴシゴシ拭き取れそうです)

【機能性】
Bluetoothリモコン機能は対応機種が限られているので、メーカー公式ページでご確認を。
コンパクトデジカメは、ZV-1とRX100M7に対応しています。
ZV-1と組み合わせると、出荷状態でC1(カスタムボタン1)が、「背景のボケ」を「ぼけ」または「くっきり」の切り替えに割り当てられていて、この組み合わせで多いであろう自撮り用途に便利だと思います。(カスタムボタンに対する動作は、カメラ側で任意の機能を割り当てが可能)
RX100M7と組み合わせると、カメラ側に「背景のボケ」を切り替える機能が無いので、ユーザーが何かを割り当てることになります。
大半の機能を割り当て可能ですが、例えば撮影モードは、撮影モードの選択に入ってから、さらにモードの選択操作が必要なので、この操作がグリップだけでは完結しません。製品公式ページにも例が掲載されていますが、実用的なのは瞳AFの左右切り替えくらいでしょうか。

【使いやすさ】
リモコンボタン操作はタイムラグを感じません。シャッターボタン半押しからの撮影も、本体ボタンと同様の感覚で操作できました。
三脚機能は自撮りにも便利かと思いましたが、シャッターボタンはグリップ側(三脚側)にあるので、やはりセルタイマーかスマホアプリを使うしかないですね。リモコン部が着脱できれば、さらに便利そうです。
ほか、本製品に対応のカメラが複数台あって交換する場合、ペアリング操作が面倒です。NFC対応だとより便利そうに思いまいした。もちろん、カメラが1台だけの場合は何ら問題ありません。

【総評】
グリップにきちんと動作する実用的なリモコン機能が内蔵され、三脚にも早変わり。機能はシンプルですが、価格が手頃に抑えられていているのは何よりだと思います。
対応カメラは複数ありますが、カメラも含めた総重量、用途、機能を考えると、ZV-1との組み合わせで最も価値を感じられると思います。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタル一眼カメラ > ニコン > Z 6 ボディ

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:231件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

当機種
当機種
当機種

当機種
当機種この写真のみ、FTZ経由でNikon AF NIKKOR 28mm F2.8で撮影
 

この写真のみ、FTZ経由でNikon AF NIKKOR 28mm F2.8で撮影

 

某メディアでの原稿執筆のため借用。

使用する前は、ボディがやや小さめでグリップ感が心配だったが、実際に使ってみると杞憂に終わった。グリップを握ると小指が余る感じがするが、慣れてしまうとそれほど気にならなくなった。

何より、比較的小型のボディで35mmフルサイズのセンサー、そして高画質。正直、あまりミラーレス一眼に興味がなかったが、これはいいものだと思った。

まず、色味が気に入った。鮮やかだけどくどくない。青の発色が抜けた感じでかなり好み。人肌もちょうどいい感じがした(カメラの色味を人肌基準で考えがち)。正直、ここまで画質がいいとは思っていなかったので、びっくりしたくらいだ。

また、高感度にも強く、ISO6400くらいまでなら躊躇なく使える。シーンによっては12800以上も使える。メインにしているD750、D500よりも高感度には強いのではないだろうか(D500は高感度はそれほど強くない印象。APS-Cだからというのもあるだろうが)。

バッテリーの持ちも気になっていたが、それほど心配しなくてもいい感じがした。D750やD500とバッテリーが同じなので使い回せるのがいい。

また、Fマウントを取り付けるためのアダプタFTZも使用したが、Fレンズは普通に使える。ただ、ちょっとレンズが長くなってしまうのが残念。やはりZレンズのほうがスマートでいい。

使い勝手、画質ともかなりよかったので、D750の次のメイン機はZシリーズかなという気がしている。ただ、まだD750がどうしてもダメ! という感じになっていないので、もう少しがんばってもらおうと思っている。

ひとつだけニコンさんに注文。Zシリーズに合う小型軽量の単焦点レンズ出してください。パンケーキレンズなら、一気に買い換えもあるかも。

参考になった31

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタル一眼カメラ > ニコン > D780 ボディ

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:231件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー5
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

当機種
当機種青空が濃い。
当機種

青空が濃い。

当機種D750に比べ解像感が高いように感じる。画像エンジンの威力か。
   

D750に比べ解像感が高いように感じる。画像エンジンの威力か。

   

某メディアでのレビューのため借用。

普段D750とD500を使っている。本機はD750の後継機種となるわけだが、細かいところで異なっている。

まず内蔵ストロボがなくなっている。D750の内蔵ストロボはあまり使わなかったが、いざというときにあると安心感があったのでちょっと残念。ただ、なくてもどうにもなるのだが。

あとはシャッターボタン近くにISOボタンが配置された。これは個人的によいと思う。ISOを頻繁に変更することがあるので、ファインダーを覗いたままできるのはありがたい。

ホールド感はD750と同等かそれ以上。しっかり握れるし重さは同じ。使い心地としてはD750と違和感がない。バッテリーはかなり持つ印象。これはかなりうれしいブラッシュアップだ。

D750では気になったバッファも容量アップしているようで、撮影していてバッファフルで待たされるということがなかった。

背面液晶は見やすい。ライブビュー撮影では瞳AFが使えるので試してみたが、ちゃんと人物の瞳を追随していた。ただ、個人的にはあまり使わないかもしれない(慣れていないだけなのだが)。

画質は、D750と比べると一皮むけた感じ。映像エンジンがバージョンアップしていることが大きいのだろう。D500に近い感じで、全体的にビシッとした感じだ。この絵に見慣れてしまうと、D750では物足りなくなってしまう。

全体的に、D750から正常に進化したモデルという感じ。買い換えをしても違和感なく使え、満足できるだろう。

ただし、新機種のワクワク感といったものはない。質実剛健のニコンらしい機種と言える。D750同様、末永く使える機種ではないだろうか。

個人的には、D500と同じようにサブセレクターが付いてくれれば完璧だったのだが…。これはハイエンドモデルにしかつかないのかな。

サンプル画像は、AF-S NIKKOR 50mm f/1.4Gでのもの。JPEG撮って出しです。

※初出時、ローパスレスと表記しましたが、D780はローパスありでした。お詫びして訂正いたします。

参考になった25人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

SDメモリーカード > キオクシア > EXCERIA PRO MUX-A016G [16GB]

関口 寿さん

  • レビュー投稿数:196件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール東京都練馬区在住。小学生の時に読んだ科学雑誌に触発され電子工作を始める。学生時代は自動車整備に明け暮れ、その後はサーバー/ネットワークエンジニアを生業としながら、2002年よりPC自作、改造、電子工作の記事を執筆。近年はLEDや電子回路を…続きを読む

満足度4
読込速度5
書込速度5
信頼性無評価

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

UHS−I環境でもシーケンシャルライト約83MB/sと、良好なスコアをマークした

公称値には届かなかったものの、UHS−IIでは倍以上の性能を発揮

I/Oサイズ512KB以上でスコアが安定。小I/Oは苦手なようだ

   

毎度低めの評価となるこのベンチでも、今回は驚きのハイスコアを示した

   

2020年2月に購入、自宅で使用。

【読込速度】
非常に良い
メーカー公称値・270MB/sに対し、実測で244MB/sを確認。
1割減の値だが、USBカードリーダーでのロスを考慮すれば妥当なスコアといえよう。
また、UHS-II非対応の環境でも約96MB/sと高速なため、ほとんどの用途で普通に速さを体感できるだろう。

【書込速度】
非常に良い
シーケンシャルライトはUHS-IIで約178MB/s、UHS-I時でもおよそ83MB/sと良好なスコアをマーク。
I/Oサイズが小さくなると極端に遅くなる傾向がみられたが、意図的に調整しない限り、気になることはないだろう。

【信頼性】
購入から1.5か月ほど使用しトラブルは皆無だが、信頼性を論じるほどの期間ではないため無評価とした。

【総評】
今回はマイコンのストレージ用だったため16GBで充分、容量よりも速度重視で選択し、大変満足のゆく結果となった。
また、マイコンはUHS-II非対応なため性能をフルに引き出せないものの、全体的なもっさり感が解消され、極めて快調に利用できている。
この製品には64/32GBモデルも用意され用途に合わせて選べるが、これらはライト150MB/sと記されているのでご注意いただきたい。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(カメラ)

ご注意