カメラすべて ユーザーレビュー

 >  > すべて

ユーザーレビュー > カメラ > すべて

カメラ のユーザーレビュー

(228件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
モニタレビュー
ショップスタッフレビュー
SDメモリーカード > SANDISK > SDSQUAR-016G-GN6MA [16GB]

関口 寿さん

  • レビュー投稿数:147件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール東京都練馬区在住。小学生の時に読んだ科学雑誌に触発され電子工作を始める。学生時代は自動車整備に明け暮れ、その後はサーバー/ネットワークエンジニアを生業としながら、2002年よりPC自作、改造、電子工作の記事を執筆。近年はLEDや電子回路を…続きを読む

満足度4
読込速度4
書込速度3
信頼性無評価

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

定番のCrystalDiskMarkでは、リード94MBをマーク

NTFSでもスコアの落ち込みはわずかだった

AS SSD Benchmarkでは、全体的に辛口な結果となった

2019年4月に購入、職場で使用。

【読込速度】
良い
2種類のベンチマークで確認したところ、公称値・98MB/sに対し90〜94MB/sをマーク。
公称値には満たないものの、ベンチマークソフトの計測方法の違いやカードリーダーでのロスを考慮すれば、充分な結果といえるだろう。

【書込速度】
普通
5〜20MB/sと、リードに対し激しく見劣りする結果となったが、保証レート10MB/sであるCLASS10/A1製品としては妥当なスコア。

【信頼性】
購入以来問題なく使用できているが、1か月ほどと短い期間であるため無評価とした。

【総評】
USBメモリやSSDを含め、数多くの同社製品を使ってきたが、幸いなことにトラブルは皆無で、強い安心感が選定理由のひとつとなっている。
今回はマイコンのストレージ用だったため16GBを選択したが、32GBモデルもあるので、用途に合わせて選択していただきたい。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レンズ > ペンタックス > HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:181件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度5
操作性5
表現力5
携帯性3
機能性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

機種不明開放で寄って撮影。さすがに周辺の流れが目立つが落ち込みは少ない。
機種不明F8まで絞ると周辺の流れも消える。かなり好きな描写だ。
機種不明15mmはさすがに広い。室内での撮影では広角レンズは役立つ。

開放で寄って撮影。さすがに周辺の流れが目立つが落ち込みは少ない。

F8まで絞ると周辺の流れも消える。かなり好きな描写だ。

15mmはさすがに広い。室内での撮影では広角レンズは役立つ。

機種不明撮影時は余計なものが入らないよう周辺に気をつけよう。
   

撮影時は余計なものが入らないよう周辺に気をつけよう。

   

Webメディアでのレビュー用に借用。

K-1のレビューをする際にメーカーから一緒に借りたレンズ。正直大きくて重い。ただそれに見合った描写性能を持っているレンズだ。

開放で撮影すると周辺の流れがあるが、周辺光量の落ち込みはあまり感じられない。F5.6?F8くらいに絞って撮影すると、四隅までキリッとした描写になる。

K-1でこのレンズを使って撮影すると、中判カメラかと思うくらいの解像感がある。お金に余裕があり、大きくて重いことが許せるなら、ぜひ手に入れたいレンズだ。

操作性に関しても問題なし。ズームリングの幅が少々狭いが滑らかに動く。撮っていて気持ちがいい。マニュアル撮影の場合でも幅広のピントリングで快適だ。

K-1とこのレンズの組み合わせで風景撮影をすると、思わず自分のカメラの腕が上がったのかと思ってしまうくらい、ハッとする描写をしてくれる。K-1を手に入れたのなら、このレンズもぜひ。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

その他カメラ関連製品 > RODE Microphones > VideoMicro

神野恵美さん

  • レビュー投稿数:474件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールライター・編集者。
書籍編集者、雑誌記者・編集者を経て、2004年にセミリタイアと称して渡仏。以降、現地にて言語を学ぶ傍ら、フリーランスで日本のメディア向けの取材活動、現地邦人向けのメディアなどにも関わる。帰国後は、新聞、雑誌、ウェブ媒…続きを読む

満足度4
デザイン4
機能性3
使いやすさ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

デジイチのホットシューに装着

ホットシューがないDVカメラはとりあえずハンドマイクとして使用

ウィンドシェードを取り外した状態

   

マイク本体の集音部

   

DVカメラでインタビュー映像を撮るために購入。カメラのホットシューマウントに取り付ける設計だが、DVカメラにはマウントがなく、カメラを三脚固定した状態でマイクは手に持って収録。そのうち、雲台にホットシューを付けられるアダプターを購入しようと思うが、暫定的には問題なし。

価格も安いのでそれほど期待はしていなかったものの、やはりマイクあり・ナシでは音声品質は差は歴然。風音をカットするウィンドシェードがあるだけでも違う。マイク性能が極めて高いかというとそうでもないが、マイクを向けた方向の音をキャッチしてくれるので、余計な音を拾いにくいのがよい。

軽くて小さいので邪魔にならず、ユニークなデザインもお気に入り。インタビュー映像収録以降あまり出番がなくなってしまったが、お値段なりにそこそこ機能を果たしてくれるので、1つ持ってて損はない代物。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ビデオカメラ > ZOOM > Handy Video Recorder Q2n-4K

藤本健さん

  • レビュー投稿数:55件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
機能性5
バッテリー5
携帯性5
液晶5
音質5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

4Kのビデオ撮影機能と、最大24bit/96kHzのリニアPCMレコーダー Q2n-4K

ヘッドホンアウト、ラインインが搭載されている

マイクの入力音量はサイドにあるインプットボリュームのノブで調整することもできる

   

画面に現在どういった設定がされているのかが表示される

   

Q2nの上位モデルとして登場したQ2n-4K。4Kのビデオ撮影機能と、最大24bit/96kHzのリニアPCMレコーダー機能を兼ね備えた機材で、音楽のあらゆる場面で活躍する高画質・高音質ビデオカメラだ。

X-Y型のエレクトレット・コンデンサマイクを内蔵しているため、別途マイクを用意することなく、いい音での録音が可能。バッテリーは単3電池2本で駆動し、録画・録音はmicroSDカードにしていく。また長時間の撮影時にも、microUSBで電源供給ができるので安心して使用できる。

搭載されているカメラの視野角は5段階あり、スタジオでのバンド撮影でも一人の演奏でも、最適な設定を行うことができる。さらにSCENEボタンを押すと屋外での撮影に最適な色にしたり、コンサート会場での撮影に最適な形にしてくれるなどの選択もでき、状況に合わせて変更可能だ。

音質はかなりクリアで、低音域もしっかりと録音できる。音声のフォーマットは、96kHz/24-bit、48kHz/24-bit、44.1kHz/16-bitのいずれかを選択できるので、必要に応じて設定していくといいだろう。

マイクの入力音量はサイドにあるインプットボリュームのノブで調整することもできれば、オートで調整してくれるモードもあり、中央にあるボタンを押せばすぐに録画がスタートされる。操作は非常にシンプルなので、今までこういった機材を使ったことがない人でも、ストレスなく扱うことができるだろう。

またQ2n-4Kを気に入っているポイントとしては、音声フォーマットや視野角などを含め、さまざまな設定がボタン1つで行えるところだ。たとえば、LO CUTに関しても表に設定がで表示されているため、簡単に操作できる。さらに、画面にも現在どういった設定がされているのかが表示されるので、意図しない設定をしてしまうトラブルなどを防ぐことができる。

他にもヘッドホンアウトが搭載されているので、モニタリングが容易だったり、マイクロHDMI OUTを装備しているので、配信用のカメラとして使うこともできる。実際私が運営しているDTMステーションPlus!というネット番組では、手元を映す用のカメラとして導入している。

またQ2n-4KはUSBマイクとしても使用可能なので、ちょっとボーカルを録りたいとか、アコギを録りたいといったときでも使える。ただUSBマイクとして使うときは44.1kHz/16-bit固定らしいので、あくまでも簡易的なマイクとして使用するのがいいだろう。

最近のスマホはかなり高画質に録画できるようにはなってきたものの、音質のほうはまだまだであるのが実情。特に大きい音量で録音する場合には、オートレベル調整機能が効いてしまって正しい形で録音は難しい。そういう意味では、Q2n-4Kは、音楽専用という点で大きな役割を果たしてくれるビデオカメラだといえる。


私が運営しているDTMステーションではQ2n-4Kについて、もっと詳細に紹介しているので、ぜひそちらも参照していただきたい。
「リハスタも超高音質で丸ごと撮(録)れる4K対応ビデオカメラ、ZOOM Q2n-4Kが便利」
https://www.dtmstation.com/archives/23342.html

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

SDメモリーカード > SANDISK > SDSDXNE-016G-GNCIN [16GB]

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:181件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度5
読込速度5
書込速度5
信頼性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

JPEG記録用なので16GBで十分。

本体は堅牢な雰囲気。他社製に比べ硬い感じがする

D750のスロット2にて使用。JPEGバックアップ用だ

   

D750最高画質で設定したら700枚弱。普段はNORMAL画質、Mサイズにしている

   

自腹購入。

SDカードを2スロットもつD750のスロット2用に使用。こちらのスロットはJPEG記録用、いわゆる保険的なバックアップで使用しているので、容量はあえて少なめのものを選んだ。

メインのカード(SDSDXXG-032G-GN4IN)に比べ若干書き込み速度、読み込み速度は遅いものの、まったく問題なし。快適に使っている。

やはり、一流メーカーであるサンディスクは、安心感が違う。本体もしっかりしているし、特に不具合も起きない。

SDカードはピンキリ。これまで数々のメーカーを使ってきたが、一度サンディスクを使ってしまうとちょっとほかのメーカーが不安に感じるほどだ。まあ、ほかのメーカーのものでも何か問題が起きたことはあまりないのだが。

ちょっと高く感じるかもしれないが、デジカメの画像が消えてしまうかもというそこはかとない不安は多少払拭できる。数百円の違いだったら、サンディスクのカードを選んだほうがいいだろう。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

SDメモリーカード > SANDISK > SDSDXXG-032G-GN4IN [32GB]

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:181件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度5
読込速度5
書込速度5
信頼性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

天下のサンディスク。結構安価なのがうれしい

D750のスロット1に入れている。RAW画像の保存担当だ

書き込み禁止スイッチが勝手に動かないのがいい。それが普通なのだが……

   

D750のRAW画像で500枚以上は保存可能。条件によっては600枚以上いける

   

自腹購入。

メインで使っているデジタル一眼レフ「D750」のメモリカードとして利用。それまで別なカードを使っていたのだが、書き込み禁止ロックが勝手に動いてしまったり、本体がバラバラになってしまうなど、堅牢性その他に不安を感じていたので、こちらを購入。

ロックも勝手に動かないし、本体もなんとなく堅牢に感じる。やはりちゃんとしたメーカーのものはいいなと思った。転送速度や書き込み速度も満足できるレベルだ。

動画をバリバリ撮影する場合はどうなのかわからないが、静止画を撮影する分には何の不満も感じられない。どのSDカードを買おうか迷ったら、このカードで決まりだろう。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レンズ > ニコン > Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:181件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度4
操作性4
表現力4
携帯性4
機能性3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

別機種18mm、F3.5。さすがに開放では全体的に甘めの描写。色味は濃い
別機種18mm、F4.5。周辺はやや流れているが中心部の解像度は上がっている
別機種18mm、F5.6。周辺の流れが多少改善された。中央部は良好

18mm、F3.5。さすがに開放では全体的に甘めの描写。色味は濃い

18mm、F4.5。周辺はやや流れているが中心部の解像度は上がっている

18mm、F5.6。周辺の流れが多少改善された。中央部は良好

別機種18mm、F7.1。周辺もかなりかっちりしてくる。コスパはいいレンズといえる
   

18mm、F7.1。周辺もかなりかっちりしてくる。コスパはいいレンズといえる

   

自腹購入。

普段ニコンのシステムを使っているが、もっとも広角で24mm。特に広角で撮影する機会が多いわけではないのだが、やはり広角側を少し広げたいと思い、このレンズを選択。決め手は「安い」「そこそこ映る」「軽い」という点だ。それほど使用頻度は高くないので、最新レンズではなくてもいいかなと思った次第。

Dタイプのレンズなので、D3400などではMFになってしまうが、D750、D500ならば普通に使える。

写りのほうは、とびきりいいというわけでもないが、この価格でこれだけ写れば十分。やはり広角端の絞り開放では、少し甘い描写に見受けられるが、少し絞るとシャキッとする。あまり開放で使うレンズではないと思うので、その辺りはあまり気にならない。

軽くてD750に付けても負担が少ないのはいいのだが、AF時にピントリングが回ってしまうのが少し気になった。まあ、古いレンズなのでしょうがないのだが。また、MF時のピントリングは軽い。MFメインの場合、少し気になるかも。

現在、中古で2万?3万円くらいで買えるので、ニコン純正で広角ズームを探しているのなら選択肢に入れておいてもいいだろう。D500の標準ズーム代わりとしても使えそうなので、フルサイズとAPS-Cを同時に使っている人は、その辺りの便利かもしれない。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レンズ > ニコン > AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:181件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度4
操作性4
表現力4
携帯性4
機能性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

機種不明ズーム全体的に平均的によく写るほうだと思う。色のりは濃いめだ。
機種不明望遠側で寄るとボケも楽しめる
機種不明D3400と組み合わせるとややレンズのほうが大きく感じる

ズーム全体的に平均的によく写るほうだと思う。色のりは濃いめだ。

望遠側で寄るとボケも楽しめる

D3400と組み合わせるとややレンズのほうが大きく感じる

機種不明ボケ味はやや汚いがこの価格帯では普通か
機種不明シャープさはあるほう。特に中央部はかなりキレキレ
 

ボケ味はやや汚いがこの価格帯では普通か

シャープさはあるほう。特に中央部はかなりキレキレ

 

自腹購入。

D3400のダブルズームキットを買ったときに付いてきたレンズ。このレンズはDX専用で、AF/MF切り替えスイッチがレンズにないなど、簡易版望遠ズームという位置づけとなっている。

ただし、描写に関しては平均点以上。AFの速さも問題ない。かといって、よく使うかというとそうでもない。

僕はニコンのAF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDも持っているので、D750ではそちらを使うし、D500でもそちらを使うことが多い。やはりフルサイズ対応のほうがレンズに余裕があって高画質だからだ。

使うのは主にD3400との組み合わせだが、D3400は18-55mmのみで使うことが多いので、結局このレンズを使うことが極端に少なくなっているのだ。

70-300mmはニコンではフルサイズ用もあるし、タムロンやシグマでも発売されている上、高倍率ズームでもカバーできるというライバルが多いレンズ。純正というところには安心感があるが、コンパクトさや価格を考えると、他社でもいいかなと思わせるレンズだ。

ダブルズームキットで付いてくるのなら、文句なくお得だが、これを単体で買うかというとちょっと悩んでしまう。そんな中途半端なレンズのように感じる。

また、18-55mmとのキットとなっていると、55ー70mmの間が抜けてしまうというのもちょっとなあという感じ。以前の55-200mmのレンズのほうが、焦点距離的にはつながりがあって使いやすかったかもしれない。

文句ばかりいっているが、レンズだけを見れば十分合格点。しかしこれを単体で買う意味があるのかなと思ってしまうのは残念なところだ。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタル一眼カメラ > 富士フイルム > FUJIFILM X-H1 ボディ

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:181件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度4
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性3
機能性5
液晶4
ホールド感5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

当機種
当機種
当機種

当機種
当機種ISO6400。高感度でのノイズの少なさは素晴らしい
 

ISO6400。高感度でのノイズの少なさは素晴らしい

 

某メディアでのレビューで使用。

富士フイルムのカメラは、どれも高画質なので好きだ。レンズ交換式はもちろん、コンデジも好きだ。

満を持して登場した、プロ向けの機種である本機。画質に関しては、さすが富士フイルムという感じ。若干色味が地味目な印象だが、ポジフィルムのような深みがある。高感度撮影でもノイズが少なく素晴らしい。

本体は、ミラーレス一眼だが結構ごつい。その分グリップ感はいいのだが、中級機以上のデジタル一眼レフくらいのボリューム感がある。「軽くて小さい」というイメージとはほど遠い。軽快に持ち運ぶという用途にはあまり向いてない機種だ。

ボディが大きいので、ボタンやダイヤルの操作性はよいので、しっかり写真を撮りたいというニーズは満たされると思う。

ただ、このくらいの大きさであれば、別にデジタル一眼レフカメラでもいいのではないかと感じた。富士フイルムには、X-E3などの小型の機種もあるので、僕はそちらを選んでしまうだろう。

繰り返しになるが、富士フイルムの画質でがっつり作品作りをしたいという方や、ある程度過酷な現場で撮影したいという用途ならば、本機がベストチョイスになるのではないだろうか。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

カメラバッグ・リュック > Think Tank Photo > アーバンアプローチ15

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:181件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度5
デザイン5
サイズ・可搬性5
収納力4
防護性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

あまり長いレンズは入らないが、仕切りを変えれば結構収納力がある

メッシュ部分は小物入れに。

背面部分のPC・タブレットスペース。このサイズでPC持ち運べるのはありがたい

 

サイド部分。三脚の足受け部分がもうちょっと余裕があるとよかった

この小物入れ部分が浅すぎてあまり使い道がない。残念

 

自腹購入。

持っているカメラバッグの9割が肩掛けタイプなのだが、最近肩が辛くなってきたので、リュックタイプのものを探していたときに見つけたのがこれ。
サイズ感がちょうどよく見た目もかっこいいので思い切って購入(カメラバッグ何個目だろう……)。

デジタル一眼レフ+標準ズーム+レンズ2本ならば余裕で入る。そのほかストロボとか小物を入れても余裕。見た目よりも収納力はある。工夫すればカメラ2台入れることも可能。

メッシュ部分はメモリーカードケースなどの小物を入れておくのにピッタリ。両サイドは小型三脚を収納可能。また、背中の部分にはパソコンやタブレットが入るスペースもある。13インチのノートPCならば余裕で入る。一応15インチにも対応しているらしい。

さすがthinktankphoto。作りはしっかりしているし、背負ったときの感覚もよい。カメラ1台での出動の際はこのバッグの出番だ。そうそう、レインカバーも標準装備されている。

ただ、いくつか気になったところも。まず表にある小物入れ部分。ここが浅すぎてあまり使い物にならない。また、サイドの三脚収納部の足を受ける部分が、タイトすぎて小物入れとしては使いづらい。本来の用途ではないだろうが、ここのマチがもうちょっとあれば、ペットボトルとか入れられていいのだが。

でもこのバッグはデザインも気に入っているし、パソコンも持ち運べるので、カメラが不要なときの普段使いでも持ち歩いている。普段使いもできるカメラバッグはずっと探していたので、個人的にはかなり気に入っている。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

XQDメモリーカード > SONY > QD-G32E [32GB]

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:181件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度5
読込速度5
書込速度5
信頼性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

生産はソニーだけのよう。Zシリーズでも使われているのでなくなることはないだろう

端子が3つに分かれている。カード全体は頑健そう

D500のXQDスロットにピッタリ!(当たり前)

   

D500でのRAW撮影では648枚と表示される

   

自腹購入。

D500購入時に「そういえばXQDカード必要じゃん」と思い購入。容量はあまり大きなものは故障した際に怖いので32GBと決めているので、XQDカードも32GBをチョイス。

SDカードだけでも撮影はできるが、「RAWで200枚まで連続撮影」というストレスフリーな撮影をするとなると、やはりXQDカードは必須。もちろん、高速のGタイプじゃなけりゃいけません。

ほかに使ったことがないので比較はできないが、今のところ何の不満もなく使えている。カード自体も頑丈そうで信頼できそう。

弱点としては、やや高いこと。あと、D500だとついつい連写してしまって、32GBだとあっという間にフルになってしまうことがあることだろうか。

もう1枚、32GBを買うか64GBを買うかで迷っている。どちらがいいのだろう。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ビデオカメラ > DJI > OSMO POCKET

神野恵美さん

  • レビュー投稿数:474件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールライター・編集者。
書籍編集者、雑誌記者・編集者を経て、2004年にセミリタイアと称して渡仏。以降、現地にて言語を学ぶ傍ら、フリーランスで日本のメディア向けの取材活動、現地邦人向けのメディアなどにも関わる。帰国後は、新聞、雑誌、ウェブ媒…続きを読む

満足度4
デザイン3
画質4
操作性3
機能性4
バッテリー3
携帯性5
液晶3
音質3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

とにかく小さい!女性にとってはカメラは軽量&コンパクトさが重要

モニターは確かに極小。画角も独特だが、使っているうちに慣れる

設定は画面上でフリック&タッチ操作で。使い慣れると非常にわかりやすく使いやすい

 

スマホ接続用の端子。未使用時は反対向けに装着して収容できる

付属のケースも使い勝手が良好。装着したまま充電ケーブルも挿せる

 

自身初のアクションカメラとして購入。メディアでのレビューを読んで、「これは画期的なガジェットに違いない!」と確信し、発売日にさっそく購入してみた。

アクションカメラを今まで欲しい欲しいと思いつつも、価格的に手が出ず、後回しになっていたが、「OSMO POCKET」はレビューや公式のプロモーション映像を見る限り、コンシューマ向けのビデオカメラでこれまで見たことのないムービング、かつポケットサイズで取り回しがよさそうなこと、4Kカメラで4万円台というリーズナブルな価格にも魅かれた。

4KのDVカメラを別途所有しており、高精細な映像品質には満足しているものの、本体が大きく機動力という点でやはり気軽に持ち出して撮るという使い方には現状は適していない。運動会や音楽会など学校行事では、やはり三脚固定が基本だ。

本製品では、それを片手で軽く握った状態で、いろんな場所や角度に自在に動かして自在に撮影ができる。ジンバル機能自体が初体験だったが、ハンディカムでは絶対に撮れないスムーズな動きの映像にただただ感動。

スマホとの接続は、LightningまたはUSB-C端子のみの対応。使用前のアクティベーションをスマホで行う必要があり、自前のスマホがミニUSBだったため、所有するiPad miniでかろうじて行うことができたが、スマホと連動した使い方はまだできていない。現状は、カメラ単体で使用している。

始めのうちは、極小のモニター画面とズームが利用できない仕様のため、フレーミング等に慣れなかったが、使っているうちにだんだんコツが掴めてきた。後からパソコンで確認すると、モニタリングしていた際とは違った印象の映像が撮れていたりするのがまたおもしろい。

これだけ小型でジンバル機能があるというだけで、動画撮影の手法・手段が広がり、表現力や創造力が高まることを実感。日常のちょっとしたひと時であっても、カメラを向けるだけで、違った印象、味方の映像を捉えることができ、撮影好きには文句なしに楽しめるカメラだ。感度も高く、夜間屋外でも十分鮮明な映像が撮影できたことにも感動した。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルカメラ > SONY > サイバーショット DSC-WX800

神野恵美さん

  • レビュー投稿数:474件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールライター・編集者。
書籍編集者、雑誌記者・編集者を経て、2004年にセミリタイアと称して渡仏。以降、現地にて言語を学ぶ傍ら、フリーランスで日本のメディア向けの取材活動、現地邦人向けのメディアなどにも関わる。帰国後は、新聞、雑誌、ウェブ媒…続きを読む

満足度4
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー3
携帯性5
機能性3
液晶3
ホールド感4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

別機種先代機との比較。まずは重量・サイズ感で同等のコンデジが必須条件
別機種シンプルな操作ボタンも条件
別機種取材用途がメインのため、高倍率のズームも外せない要件

先代機との比較。まずは重量・サイズ感で同等のコンデジが必須条件

シンプルな操作ボタンも条件

取材用途がメインのため、高倍率のズームも外せない要件

別機種難点だったのはメディアがMicro SDなこと。データコピーはひと手間多くなってしまった
別機種自撮り用のチルト液晶は必要ないかと思ったが、あるとやっぱり便利かも
別機種垂直方向に可動するチルト液晶は、特にローアングルの時に役立つ

難点だったのはメディアがMicro SDなこと。データコピーはひと手間多くなってしまった

自撮り用のチルト液晶は必要ないかと思ったが、あるとやっぱり便利かも

垂直方向に可動するチルト液晶は、特にローアングルの時に役立つ

愛用していたオリンパス「STYLUS PEN SH-2」の電源ボタンが陥没してしまい、使えなくなってしまったため、急遽代用機として検討。前回STYLUS PEN SH-2を購入したのが2016年12月で、以降2年の間にコンデジ市場がすっかり様変わりしており、オリンパスをはじめ、ニコンも一般のコンデジ市場から撤退。残ったのは10万円クラスの高級コンデジばかりになっていたものの、予算は4万円程度に抑えたいということで、キヤノンの「PowerShot G7 X Mark II」と迷った結果、こちらに決定。

決め手となったのは、ズームの違い。PowerShotの1インチCMOSセンサーと、F1.8-2.8の明るいレンズによる、適度なボケ感が出せる描写力は確かに魅力。しかし、光学4.2倍というズームは、主目的である取材用途にはやはり耐えられないであろうと、本製品を選択。本製品の最大720mmという高倍率ズームレンズはやはり魅力。かつこれまで愛用していたオリンパス機と仕様が近い。

とはいえ、光学24倍、最大600ミリという先代のオリンパス機も、暗い室内での撮影は被写体を追いきれないことが多く、720ミリという光学ズームも屋外以外では役に立たないのではないかという懸念があった。しかし、照明が暗めの演出の広い発表会会場で試してみたところ、遠くの席からでもその威力を発揮でき、安堵した。そのあたりは、単なるスペック値では比較できない、レンズ性能や画像処理エンジンといった要素にも左右されるのだということを実感。

タッチフォーカスとシャッターに対応した、180度チルト液晶も不要な機能かもと思ってはいたが、やはりあると便利な機能。あまり自撮りする習慣はないものの、ローアングルでの撮影などに重宝する。

4Kに対応した動画機能についても、別にDVカメラを所有しているので、あまり必要がないかと思ってはいたが、コンデジサイズで4K動画を撮影できるというのは、DVカメラを持っていない時でも4Kで撮影ができるので、いざというときに頼りになる。DVカメラに比べると、ズーミングが滑らかではないなどの欠点はあるものの、大きな画面に映し出した際には、やはり4Kの高精細で美しいリアルな映像で残しておくに越したことはない。静止画と迷った場合にも、後から動画からカメラ内で簡単に切り出して両方残しておくこともできる。

唯一難点と感じているのは、メディアがマイクロSDカードであること。Wi-Fi、NFC、Bluetoothにも対応しているので、それらを利用すれば済むことかもしれないが、PCのスロットにSDカードを挿して吸い出す方法に長年慣れ親しんできた身としては、ひと手間増えてしまってやはりめんどう。

とはいえ、手のひらにすっぽり収まるこれだけのコンパクトなサイズで、これだけの機能と性能を4〜5万円程度に収めたという点を個人的にまずは手放しに評価したいと思う。

参考になった29

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レンズ > ニコン > AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:181件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度5
操作性4
表現力4
携帯性5
機能性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

機種不明小さいレンズだがよく写る。
機種不明やはりD3400クラスの小さなボディによく似合う。
別機種ある程度絞ると画面全体がしゃっきりとした描写になる。

小さいレンズだがよく写る。

やはりD3400クラスの小さなボディによく似合う。

ある程度絞ると画面全体がしゃっきりとした描写になる。

別機種寄れるのもこのレンズの魅力。グイグイ寄りたくなる。
別機種ちょっと逆光には弱いかも。フードを付けていてもハレ切りには気をつけたい。
 

寄れるのもこのレンズの魅力。グイグイ寄りたくなる。

ちょっと逆光には弱いかも。フードを付けていてもハレ切りには気をつけたい。

 

D3400のダブルズームレンズキットとして購入。

以前、D3400のレビューをしたときにこのレンズを使って、その使い勝手の良さに驚いた。そこで今回、レンズ目当てでD3400のダブルズームレンズキットを購入した。

大きさ軽さ、作りのチープさはエントリークラスという感じだが、写りのほうは価格以上のものがあると思う。一番気に入っているポイントは、最短撮影距離。かなり寄れるので、簡易マクロ的に使えるのがいい。D3400を持ち出すときは、必ずこのレンズを付けている。

描写のほうは、取り立ててすごいという感じではないが、破綻なく写っている印象。特に画質にこだわった撮影でなければ、何の不満もない。やや逆光に弱いかもしれない。

ボタンを押しながらレンズを回さないと撮影できないという煩わしさはあるが、それを使うのは撮影の一番初めだけなので、特に気にならない。それよりも、軽快に撮影が楽しめるほうが重要だ。

D500とも合わせて使ってみたのだが、ちょっともの足りない印象。D500の性能をフルに活かせるレンズではなさそう。D3400やD5600などと合わせることで、一番輝くレンズだろう。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レンズ > TOKINA > AT-X 165 PRO DX 16-50mm F2.8 (ニコン用)

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:181件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度4
操作性5
表現力5
携帯性4
機能性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

機種不明見た目は高級感があって好ましい
機種不明D500に付けてみるとかなりしっくりくる
機種不明F2.8。思ったほど甘くない。

見た目は高級感があって好ましい

D500に付けてみるとかなりしっくりくる

F2.8。思ったほど甘くない。

機種不明F3.5。ちょっと絞るだけでかなりかっちりした感じになる。
機種不明色味が濃いと感じた。特に青が印象的。
機種不明結構寄れるのも使い勝手がいい。かなり安かったが使えるレンズだ。

F3.5。ちょっと絞るだけでかなりかっちりした感じになる。

色味が濃いと感じた。特に青が印象的。

結構寄れるのも使い勝手がいい。かなり安かったが使えるレンズだ。

自腹購入。

先日、ニコンのD500を購入。基本的に望遠側担当にするつもりだが、一応標準ズームレンズもあったほうがいいかなと思い、中古で探して購入した。決め手はF2.8通しだったことと、見た目が好きなこと、そしてクラッチ式のAF/MF切り替え機構だ。

手ぶれ補正はないが、標準ズームには手ぶれ補正はなくてもいい派なので問題なし。前評判は開放が甘いとのことだが、開放で撮ることもあまりないだろうと思って購入に踏み切った。

結果として、かなり古いレンズだが十分使えた。AFスピードが遅いということもなく、音が大きいということもない。AFが動くときにシャッと音がするくらいだ。

写りのほうは、結構かっちりしている。線が太めで、色味が濃いめ。どっしりとした印象の絵になる。D500と相性がよいと感じた。

付けたときの状態も、純正のレンズ? というくらいしっくりきている。今までトキナーのレンズは使ったことがなかったが、結構いいんじゃないかと思っている。

フード内に植毛されているのはいいのだが、ゴミが付くとなかなか撮れない。地道に掃除するしかないかな……。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(カメラ)

ご注意