家電すべて ユーザーレビュー

 >  > すべて

ユーザーレビュー > 家電 > すべて

家電 のユーザーレビュー

(282001件)
RSS

イヤホン・ヘッドホン > AKG > K371-Y3

藤本健さん

  • レビュー投稿数:62件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

名門AKGのプロフェッショナルラインのモニターヘッドホン K371-Y3

持ち運びに便利なキャリングポーチが付属

AKGヘッドホンなどでも採用されているMini-XLR端子を採用

世界中の音楽制作現場で定番となっているAKGのヘッドホンやマイク。そのAKGは1947年にオーストリア・ウィーンで設立され、1949年にヘッドホンを発売して以降、多くのプロに愛用される機器を開発してきた。特にマイクのC414やK240 Studioは、名機として欧米のレコーディングスタジオや放送局などで、プロのエンジニアやミュージシャン達から支持され続けている。もちろん日本でもAKGのマイクやヘッドホンのブランドとしても著名なブランドの1つだ。

そんなAKGから、プロフェッショナルラインのモニターヘッドホンとして発売されたのがこのAKG K371-Y3。そもそも、モニターヘッドホンというと、作曲やミックスにおいて、音色や楽器の音量バランスを確認するのに欠かせないものであり、夜中などスピーカーから音を出せない環境では、最終的な音の出口になることもあるだろう。そんなモニターヘッドホンに求められるのは、いい音で聴こえるよう色付けされている音ではなく、低音域から高音域までフラットに再生してくれてる、原音への忠実さといえる。

それこそ、モニターヘッドホンで再生された音で楽曲を判断していくことになるため、いくらいい音源やいい楽器を使っていたとしても、音を判断する環境が悪ければ、変に低音が出すぎてしまったり、高音がキンキンになってしまったり、他の環境で自分の楽曲を再生したときに、意図しない音になってしまうのだ。

そのため、的確に音を判断できるモニターヘッドホンが必要なのだが、このK371-Y3はモニターヘッドホンに必要な条件を満たしているためDTMに適しているといえる。再生帯域は5Hz〜40kHzとかなり広く、音の細かい部分までモニタリングすることが可能。実際に聴いてみると、音の分離感がよく、超低音まで聴き取ることができるのだ。高音に関してもきれいに再生されるので音の判断がしやすく、中高域の再現性もよく、リアルな音を聴くことできる。

デザイン的には楕円形のイヤーパッドとなっていて、長さを調整するヒンジ部分をクルっと回転させると、折りたたむことができるので、付属のキャリングポーチに入れれば、コンパクトに持ち運ぶことができる。自宅でのモニタリング環境をそのままスタジオや外に持っていけるというのは嬉しいところだ。

また、K371-Y3のヘッドバンドとイヤーカップをつなぐアーム部分には金属製のパーツが用いられていて、外に持ち出したりしても、ちょっとやそっとじゃ壊れない作りになっている。それこそ厳しい耐久テストを行い、優れた耐久性を確保しているそうなので、安心して使用することができるだろう。

そんな、K371-Y3は他のAKGヘッドホンなどでも採用されているMini-XLR端子を採用している。3mカールコード、3mストレートケーブル、1.2mストレートケーブルが付属しているので、断線時などにも簡単にリケーブル可能だ。

私が運営しているDTMステーションではAKG K371-Y3について、もっと詳細に紹介しているので、ぜひそちらも参照していただきたい。
「名門AKGからDTMに最適なモニターヘッドホン2機種が誕生。コストパフォーマンスに優れたK361-Y3、K371-Y3を試してみた」
https://www.dtmstation.com/archives/26864.html

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

洗濯機 > 日立 > ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム BD-NX120CL

もこひろさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
使いやすさ5
洗浄力無評価
静音性4
サイズ4
機能・メニュー無評価
 

乾燥時の排気でびしょびしょになった排水溝周辺

排水溝トラップカバーを設置

 

縦型からの乗り換えなので、他のドラム式洗濯機と使用感を比較することはできませんが、構造上の差異に触れつつ感想を述べます。 本製品に限らず、洗濯機の検討の参考になれば幸いです。 購入してから2週間、7回程度使用後です。

総合評価
以下に記載のとおり、改善の余地はあるように見受けられるも、洗濯物をしっかり乾燥させるという我が家の最重要ミッションをしっかりこなしてくれるので満足です。本製品のおかげで家事負担が激減しました。

1.加熱方式
他の大手3社がハイエンドモデルでヒートポンプにより空気を加熱する方式を採用しているのに対し、日立はヒーターによる加熱です。 日立のパンフを見ると、モーターの熱を利用した省エネを謳ってますが、それでもヒートポンプが優位です。

2.冷却(除湿)方式
エアコンをイメージいただければ解るように、ヒートポンプには、「加熱」以外に「冷却」機能を備えています。 したがって、ヒートポンプを備える製品はいずれも、ドラムを通過した高温多湿の空気を、ヒートポンプにより冷却し、結露を発生させることで、 空気から水を取り出します(水は排水溝に流す。)。
これに対して、本製品を含むヒートポンプ不採用の製品は、
「水で冷却する(水冷除湿)方式」と
「そもそも冷却(除湿)しない方式」
に大別され、後者は更に、除湿されないままの高温多湿の空気を、
「室内に放出する方式」と
「排水溝に放出する方式」
に分かれます。本製品は、「排水溝に放出する方式」がデフォルトですが、「水冷除湿」を選択することも可能です。
除湿について、電気代だけを考えれば、いくらヒートポンプが省エネとはいえ、そもそも冷却(除湿)しない製品の方が安いです。 本製品が省エネ性能でヒートポンプ製品に迫るのは、除湿の放棄によるところもあると考えられます。
しかし、我が家のような網のある排水溝ですと、そのままでは勢いよく排出された空気が排水溝のトラップの水を跳ね上げて周辺をビショビショにするほか、 排水溝から湯気があがって洗濯機回りがムシムシするようで、やむなく付属の排水トラップカバーを自分で設置しました(写真を参考までに添付します。)。
カバーは両面テープで固定しているので、排水溝の掃除をするときにベリっと剥がす必要があります。
かなり勢いよく排気しており、乾燥中のピーク時はキッチンの流しから「コー、コー」と音がします(洗濯機とキッチンの排水管がどこかで繋がっている模様。)。
ただ、一番の懸念だった臭いは全く上がってこないので今のところ排気に不満は無いです。

3.送風構造
他の製品はドラムの底面(ドアから見て奥側)の中心に送風口があり、ここからドアに向かって送風するのに対し、本製品はドアの右上に送風口があります。 乾燥で洗濯物が膨らむと、洗濯物の位置関係が変わらなくなります(ドラム外側に位置した洗濯物は外側にあり続ける。)。この時、後者ならドラムが回転することで洗濯物に広く風が当たる一方、前者ではいくらドラムが回転してもドラムの真ん中の洗濯物にしか風が当たりません。したがって、本製品は他の製品より送風構造で優位です。

4.乾燥性能
乾燥性能は基本的に、1.、3.、4.で触れた「当てる風の温度」、「風の当て方」、「風量」などにより総合的に決されると思われ、使わない限り他社製品と比較できません。本製品については、今のところ靴下をまるめて入れない限り6キロ詰めても生乾きは起きておらず、大変満足しております。排気経路が詰まって劣化しないことを祈ります。

5.サイズ、デザイン
本製品はどのドラム式洗濯機よりも奥行きがスリムです。
奥行きが63センチ程度しか取れなかった我が家では、本製品以外の選択肢がありませんでした。奥行がスリムな分、ドラムの直径が他の製品より広めで、叩き洗いや洗濯物のほぐしをしやすいことから、洗濯・乾燥に優位な構造です。また、直径が大きいおかげで出し入れのしにくさを全く感じさせません。
したがって、日立製品の幅スリムタイプと奥行スリムタイプのいずれもおけるご家庭なら、構造上優位な後者をおすすめします(洗濯容量も後者が1キロ分大きいです。)。
また、お腹のでっぱる他の製品と異なり正面がフラットで、個人的には気に入ってます。

6.音
振動音は気になりませんがドライヤー音は結構大きいです。乾燥という機能の性質上どうにもならないので(ドライヤー音と乾燥性能はトレードオフ)、気にしてません。なお、東芝はサスペンション性能による振動音の小ささをかなり売りにしている様子でした。

7.操作方式や表示
本製品はボタン式です。我が家のように、毎回「電源」→「洗乾」→「スタート」を押すだけなら支障はないですが、高頻度で洗濯方式をマニュアル設定する家庭は、液晶タッチパネルの方が使いやすいと思います。
また、本製品は、洗濯乾燥の所要時間の表示がデタラメです。
たとえば、洗濯物を6キロ詰めて洗濯乾燥をスタートしたら、所要時間が4:41と表示されました。ところが、3時間半後くらいに、残り時間の表示が1:50から0:03に急減し、結局トータル3時間半くらいで6キロの洗濯乾燥が終了。終了時間表示の急減現象はほぼ毎回起きます。

8.その他
(1)洗剤自動投入の有無
本製品は洗剤自動投入機能は付いていないのですが(後継機には付いています。)、我が家は高さの制約があり(洗濯機のすぐ上に棚がある)、 付いていたところで自動投入用の大きなふたの開閉ができませんでした。高さに制約のある家は結構あると思うので、自動投入口は手前に引き出す形式にするなど工夫してもらいたいです。
(2)スマホ連携
本機はスマホ連携に対応しており、アプリをダウンロードすると、外出先から予約時間の変更や稼働状況の確認を行えます。開発したばかりだからかUIはイマイチ。そもそも、ドラムに洗濯物を詰めるという作業は、人間が家で予めやらざるを得ないので、洗濯機とスマホ自体そもそもそんなに親和性がありません。

洗濯量
2人分
使用時間帯
日中

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

イヤホン・ヘッドホン > JVC > HA-FXH30

Through_7188さん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性3

iPhone8やテレビに繋げて聴いています。
iPhone8での用途は音楽鑑賞・YouTube・映画・GarageBandです。

【音質】
購入当初はキンキンで使い物になりませんでした。しかしYouTubeにあるエージング用のホワイトノイズを数十時間流したところ、キンキンさが取れ低音も出るようになりました。音質については、エージング後の評価をします。

再生環境→iPhone8 イコライザーはRock

高音・・・十分です。
中音・・・あまりありません。ドンシャリサウンドに近いためです。
低音・・・パンチ良く出ますが、重低音に特化したイヤホンを使っている方からしたら物足りないと思います。

【良い点】
・Bluetoothではないので遅延はゼロです。そこが良い点です。

【悪い点】
・有線なのでどこかに引っ掛けることがあります。
・イヤホンの上部のフタ?が取れました。使用には問題ありませんが。

主な用途
音楽
映画
ゲーム
テレビ
ラジオ
その他
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ネットワークオーディオプレーヤー > TEAC > NT-505-S [シルバー]

ぴたぴーさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
0件
30件
PCモニター・液晶ディスプレイ
0件
26件
デスクトップパソコン
0件
21件
もっと見る
満足度3
デザイン3
音質3
操作性3
機能性3

基本、満足している点は書かず、不満点だけ書いたので、辛口評価です。
記載のない点は満足していると思って頂ければ。

【デザイン】
肉厚のアルミは高級感があって良いですが、
前面の取っ手、トグルスイッチ、側面と天面の両方に見えるネジがガレージメーカー感があってスマートじゃないです。

また、ボリュームノブはプラスチックがたわんだ感覚があって、チープです。
ノブはコストを掛けるところでないのは分かりますが、それを素人でも分かるレベルで仕上げてきた点に疑問を感じます。
結構重めのボリュームなので、これを少し軽くするだけで、たわみの感覚を軽減できたと思います。


【音質】
当機、一般的にはナチュラルの美音でコスパが高いという評価かと思いますが、
音の立ち上がりが遅いのと、60Hz以下のローエンドがあまり出てない点が気になってます。

原因の1つは付属の細い電源コードかと思いますが、
本質的にはノイズ侵入元となる入力端子が多いという点です。
これは利便性の裏返しでもあるのですが…


■USB入力(背面USB B端子)
インターフェース社のドライバは他社と比べて安定性が高く、
最小の64サンプルでも音飛びすることが無いです。

ただ、かなり安定しているのでこれ以上チューニングして詰められない点が惜しいです。
通常、ASIOドライバは音飛びするまでレイテンシを詰められるので、
オーディオ用のUSBボードやアナログ電源を導入して、音飛びを抑止して限界までチューニングできます。

Bulk Petも発想は面白いのですが、
余程非力なPCでない限り、Bulk Petとしては一番負荷の高い4番が一番音が良く、
逆にアナログ電源などでノイズ対策したPCであれば1〜4のどれを選択しても殆ど音が変わりません。

USB-029H2-RPなどのUSBアイソレータを導入した場合も、
Bulk Petは1〜4のどれを選択しても殆ど音が変わらなくなります。

ちなみにPCM 44.1kHz,48kHzのみ(DSD不可)しか聞かないのでれあれば、
USB-029H2-RPよりも、Amazonで2000円ぐらいで売られている
ADUM4160を搭載したUSBアイソレータの方がおススメです。
安価なのと、ACアダプタを差さない場合の音質はUSB-029H2-RPよりも微妙ながら上です。

個人的には、通常のPCではノイズしか出ないようなピーキーな設定も用意してくれていれば、
チューニングし甲斐があって良かったのですが…


■NET入力(背面LAN端子)
別途なにかしらノイズ対策の機材を導入しないと、正直、音が悪いです。

単にUSBケーブルで直結したNET-505のUSB入力と比べても音が霞んでレンジも狭いです。
さらには、半額以下で構築できるアナログ電源を導入したラズパイオーディオに劣ります。

私はノイズ対策としてLAN光メディアコンバーターを導入しました。
霞んだ感じがかなり改善しましたが、まだレンジは狭く感じます。(特に低域側)

最近になって、前面のUSB A端子と背面のmicro USB端子が
中のコンピュータに直接繋がっているので、この2つのノイズ対策も必要であると気付きました。

また、音とは直結しませんが、
PCから無負荷のNT-505にPingを打つと、同じLANのセグメント内でも1ms〜3msあたりの応答になり、ブレがある点が気になります。
曲の再生開始時はもっとブレますが、これは仕方が無いと思います。
OpenHomeやRoonにそこまでのリアルタイム性は必要ありませんが、ブレはジッターに繋がるので気になるところです。


■その他の端子
未使用のため、評価できないです。


【操作性】
■端子の自動切換え
USB→NETの切替は、USBで再生中でもNETの信号が来たらNETに自動切換されますが、
NET→USBは、NETの再生が止まってからUSBを再生しても自動で切り替わらないです。
リモコンで切替える必要があって、この点が、操作性の一番の不満です。


■リモコン
リモコンのステンレス製?のカバーは高級感はありますが、真冬は、かじかんだ手に辛いかも。
そして、ちょっと重くて使い勝手は微妙です。

縦長でボタンは上半分に寄っていますが、
電池の重みで重心が下側にあるので、上部のボタンを操作しずらいのです。

ボリュームボタンは真ん中あたりなので押しやすいですが、上に行くほど押しづらくなります。
特に、利用頻度の多い端子の切替のボタンが上部2〜4段目に配置されており、押しずらいです。


■操作体系の全体的な感想
私は、NETオーディオは操作方法の変革であると理解していますが、
それが1端子としてリモコンに収めているNT-505は、
ある意味で、まだまだ進化の余地を感じさせます。


【機能性】
NT-505は色々繋げられるのが良いところですが、
それが仇になってノイズ侵入元となる端子が多く、上を目指すとノイズ対策が大変です。
正直、アクセサリー代を考えれば、コスパは悪いと思います。

目玉機能の1つである10Mhzクロックについて、
私は、試しににヤフオクでアナログ電源の安価なOCXOを入手しました。
音のディテールの奥行が増し、音質が向上しました。

しかし、10Mhzはあくまで基準値であり、
最終的なクロックはNT-505が生成するため、結局はNT-505の性能に依存します。
また、当たり前ですがアナログ的なノイズは10MHhzクロックでは改善されないため、
10Mhzクロック導入1つで、すべて解決とはいかない点が辛いところです。

■評価時のファームウェアバージョン
システムファームウェア :V1.21
ネットワークファームウェア :Ver11.1e

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

イヤホン・ヘッドホン > AKG > K361-Y3

藤本健さん

  • レビュー投稿数:62件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

DTMに適したAKGのモニターヘッドホン K361-Y3

着け心地のよいイヤーパッドとなっている

ヘッドホン側の接続端子は2.5mmプラグを採用

多くのプロのエンジニアやミュージシャンたちから、絶大な信頼を置かれているAKGのマイクやヘッドホン。そんなAKGは1947年にオーストリア・ウィーンで設立され、1949年にヘッドホンを発売して以降、さまざまな名機を世に送り出してきた。特にC414やK240 Studioなどは後継機が作られ、今もなおレコーディングスタジオや放送局、ホームスタジオで使用され続けている。

そんなAKGから、プロフェッショナルラインのモニターヘッドホンとして発売されたのが上位機種のK371-Y3の弟分的ライナップのAKG K361-Y3。そもそも、モニターヘッドホンというと、作曲やミックスにおいて、音色や楽器の音量バランスを確認するのに欠かせないものであり、夜中などスピーカーから音を出せない環境では、最終的な音の出口になることもあるだろう。そんなモニターヘッドホンに求められるのは、いい音で聴こえるよう色付けされている音ではなく、低音域から高音域までフラットに再生してくれてる、原音への忠実さといえる。

それこそ、モニターヘッドホンで再生された音で楽曲を判断していくことになるため、いくらいい音源やいい楽器を使っていたとしても、音を判断する環境が悪ければ、変に低音が出すぎてしまったり、高音がキンキンになってしまったり、他の環境で自分の楽曲を再生したときに、意図しない音になってしまうのだ。

そのため、的確に音を判断できるモニターヘッドホンが必要なのだが、このK361-Y3はK371-Y3と同様、モニターヘッドホンに必要な条件を満たしているためDTMに適しているといえる。K371-Y3との違いは、パーツの素材の他、再生帯域やヘッドホンケーブルの端子などだ。そんなK361-Y3は、値段的にみると下位機種にあたるライナップとなっているが、実際に音を聴いた感じでは、単純に下位機種というよりかは、音の傾向が少し違うので、試聴できるのであれば実際に聴いてみて、好みによってK361-Y3かK371-Y3か選択するといいだろう。

デザイン的にもK371-Y3と同じく、楕円形のイヤーパッドとなっていて、長さを調整するヒンジ部分をクルっと回転させると、折りたたむことができ、付属のキャリングポーチに入れれば、コンパクトに持ち運ぶことができる。

装着感は、イヤーパッドに厚みがあり、肌触りがすごくいいので、ストレスなく着けていられる。またヘッドバンドに関しても、これまた柔らかく手触りのいいクッションが採用されているので、長時間付けていても痛くならないし、長い期間使用してもへたりにくそうだ。実際耳全体をすっぽり覆うタイプのイヤーパッドとなっているので、音漏れしにくく、レコーディング時などにも余計な音がマイクに乗るのを防ぐことができそうだ。また横のスライダーの長さは、11段階の調節が可能なので、ちょうどいい位置に固定することができる。

そんなK361-Y3には、ヘッドホン側の接続端子が2.5mmプラグ、プレイヤー側の端子が3.5mmステレオミニジャックの3mストレートケーブル、1.2m ストレートケーブルの2本が付属している。どっちを使うかはユーザーの好み次第だが、デスクトップでの作業であれば、あまり長いものは必要なく、スッキリさせたいところなので、1.2mのストレートケーブルはちょうどいいところだと感じた。

私が運営しているDTMステーションではAKG K361-Y3について、もっと詳細に紹介しているので、ぜひそちらも参照していただきたい。
「名門AKGからDTMに最適なモニターヘッドホン2機種が誕生。コストパフォーマンスに優れたK361-Y3、K371-Y3を試してみた」
https://www.dtmstation.com/archives/26864.html

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

シェーバー > マクセルイズミ > Z-DRIVE IZF-V949

多賀一晃さん

  • レビュー投稿数:110件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の…続きを読む

満足度5
デザイン5
使いやすさ4
剃り心地5
手入れのしやすさ5
バッテリー5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

本体。重厚感溢れるゴリっとした感じ。

キーパーツ。5枚刃。「切れ」よい上、3年の耐久性がある。

5枚刃の台座。ダイキャスト製。ずしっとくる重さ。

 

きわ剃り刃。

ケース収納時。1回充電で28日使用可なので、これだけで持ち出せる。

 

2019年4月にマクセル社の資本が入って、泉精器製作所から社名がマクセルイズミに変わった、「イズミ」ブランドの最高峰モデル。2018年モデルは、5枚刃の良さをフルに活かし切れていないモデルでいささか残念だったが、今年のモデルは、それがない。5枚刃の良さが上手く全面に出たモデルに仕上がっている。このため、近年の課題「肌にやさしい」に関しても、かなりいい感じになっている。
それが、他社の同性能モデルの約半分の価格で手に入るので、高コストパフォーマンス。と言うより、この価格でイイの、大丈夫なのと、目を疑りたくなるほど。もしユーザーがブランドにこだわりなければ、真っ先に推したいモデル。

ただし、もう一つ前提がある。それは軽く当てる様に使うことだ。これは、全メーカーのモデルに共通する。押し当てるとどうしても肌が外刃から中に入り込む。そうすると肌の表面が刃に晒されることになるからだ。このため、メーカーフラッグシップは、何らかの形でこれに歯止めをかけ。「肌にやさしい」としている。パナソニックの場合は、スムーズローラー。これは肌をスムーズに送ることにより、肌が刃の間に入り込むのを防ぐ役割をする。フィリップスの剃り方を点数で表示、剃り方をマスターしてもらうアプリもそれに当たる。
しかし、マクセルイズミのIZF-V949には、そこまでの機構は織り込まれていない。このため軽く当てるのが前提になっている。(取説には400g以下でとあるが、400g押し当てた状態が分からない。)また、切れない=押し当てるのサイクルは、ヒゲの剃り残しから端を発する場合が多々ある。剃り残しはくせヒゲである場合が多い。これに関しては、各メーカー対策をしており、何度か軽く当て動かす内に、切れる様設計されている。

【デザイン】
5枚刃は刃の部分が大きいため、どうしてもゴッツくなってしまう。それを上手く活かした、メタルの「塊」感を強く出したデザイン。黒、金、ダークグレー系なので、グルーミング機器としてはちょっと重めだが、グルーミング機器のトレンドとして、黒が来ていることもあり、なかなかよい。

【使いやすさ】
ごく普通。ただし、ヘッドの可動域は狭いため、常に本体と顔の角度を意識して動かすことが必要。

【剃り心地】
よい。刃の切れ味も抜群。私は顎後ろ側のヒゲがくせヒゲであり、剃り残ることが多いが、そこも2〜3度で剃れた。
これにはいろいろな要素が絡むが、その中の一つに刃に余分な振動をさせないとことがあげられる。 IZF-V949は、刃の台座をダイキャストで作っている。このガッチリさは、いい。
また刃の寿命は、外刃、内刃共に3年。これは他社より1〜1.5年長い。

【手入れのしやすさ】
ごく普通。特に不便な点はなかった。

【バッテリー】
2時間/回の充電で、28日。(3分/回が前提。諸条件により前後することあり)
しかしかなり長持ちと言える。これも楽。

【総評】
マクセルイズミは、他のメーカーより安いのが一つの特徴。それに対して剃り心地は破格。
が、先に書いた様に肌ガードに関してはちょっと甘いのも事実。それを心に留めて使うなら、とてもお買い得なモデル。お勧めしたい。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

イヤホン・ヘッドホン > SONY > XBA-N1

Spenon_nさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
0件
イヤホン・ヘッドホン
5件
0件
ノートパソコン
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性4

不具合持ちだった(後述)ためか9400円という安価で出回っていた中古品を仕入れて使用。イヤーピースが殆ど欠品状態だったため、コンプライ装着。

【デザイン】

黒基調、一部メタリックという感じ。着けているのを外から見る限りでは違和感のないデザイン。

【音質】

低音がよく響きつつもBAユニットの高音も掻き消されず、ハイブリッド型としてはバランスの取れたいい音。市販価格2万円強という価格帯には十分見合った音だと思う。

【フィット感】

普通。

【外音遮断性・音漏れ防止】

この2点に関してはイヤーピースを変えているのもあって何とも言えない所ではあるが、いずれもまあまあ。

【携帯性】

悪くはないかな、という感じ。付属のキャリングケースがあると持ち運びやすいと思う(生憎これも欠品だった)。

【総評】

新品で買えば2万円台だが、それに見合うだけの音質を持つ良イヤホンだと思う。コストパフォーマンスはとても高い。リケーブル対応なのでそこでも音質変えられるし、カスタマイズ可能という点を見ても良いイヤホンだと思う。ハイエンド機の入門には最適。

ちなみにこれは余談だが、自分が仕入れた物はケーブルカバーの不具合(劣化?)で片方のケーブルの接続が緩く外れやすくなる癖を抱えていたのと付属品欠品の多さからか激安になっていた。ただ、実際に使ってみる分には不具合とは言うものの乱雑に扱わなければ気にならない程度であり、物凄くお得な買い物をしたと思う。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

イヤホン・ヘッドホン > ゼンハイザー > MX375

富士山1ごうさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性1
音漏れ防止1
携帯性無評価

★音質評価
・中高音に対してはとても良いです
バイオリンだけ・ピアノだけ・女性ボーカルと少しの楽器とか、かなり満足のいくものです

イヤホンの小さな空間で「こじんまり」とした感じはありますが、気楽に低価格で高音質を味わえて、いつまでも聞いてられます

・最初のうちは薄っぺらい音で中高音のみの感じです
エージング必須です

・音源はAAC・OGG・WAV(CD音質)使用

ハイレゾ持ってますが全然聞きません
他のハイレゾ対応イヤホンでも音の優位性を感じません

ハイレゾ対応よりも対応してないこのイヤホンのがいい音なのでは?

以前使ってたヘッドホンアンプでは、むしろコモって聞こえました
新しく買ったibasso DC02でもハイレゾはコモって聞こえました

・SACD(DSD)は良い音と思いましたがハイレゾだからいいのではなく、再生機器が高性能なのとSACDのマスター音源がいいものを使ったからと知りました
そういえば昔SACDは、まず良い録音状態のマスターを探すことから始めるって、雑誌に書いてありました

・圧縮音源をプレーヤーで再生出来るように変換してくれるソフトでCD-Rに焼いて、店で色んなオーディオ機器で聞くと、圧縮音源の音が悪いって本当ですか?と思うほどいい音でした
情報量じゃなくてハードが良ければいい音なのでは

ということでハイレゾ対応してない、このイヤホンで十分であとはいらないです



★1抜けた

オーディオ雑誌を沢山読んで色々聞いて歩いて、雑誌に書いてある、こうすると音が良くなるということを信じてやって、ハイレゾは情報量が多いしいい音に違いないと思い込み手に入れました

CDについて
「CDは音が良い」
「これほどの音の情報がCDに入っていたとは」
「20KHzまででも十分だと教えてくれる」
「これ以上の音質は不要とさえ思える」

と評論家先生は過去に雑誌の中で述べておられました

しかしここ数年のハイレゾが浸透した後では

「CDは圧縮音源」とかハイレゾは素晴らしくCDは音質的に劣るみたいな記事が多いです

あれほど評価してたのにコロッと意見変えるんですね
この調子じゃ24bit・96KHzの配信されてるハイレゾも数年後には過去のものになり

「24bitの粗さが目立つ」
「32bitの優位性を感じる」
「ぜひ32bitで聞いてほしい」
「32bitはまさにマスターサウンド」とかいって

そんでハイレゾ売ってるメーカーと32bitに対応したハード作ってるメーカーが儲けると・・

ハイレゾの行きつく先はアナログの音って書いてありました
じゃあデジタルやめてレコード販売にでも力を入れればいいような・・
アナログが行きつく先なら数十年前にレコードやテープというアナログの音がもう存在してたわけで、今の中高年はもう既に最高の音質で聞いてたんですね

キリがないのでオーディオから抜けます


主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

イヤホン・ヘッドホン > RHA > RHA CL750

Moto-yaさん

  • レビュー投稿数:101件
  • 累計支持数:471人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
55件
22件
ヘッドホンアンプ・DAC
10件
12件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
7件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止5
携帯性4
 

 

【購入経緯】
 RHAのイヤホンは、自分が1万円超えのイヤホンに手を出し始めた頃にMA750そしてT10を購入して使っていました。このCL750はMA750のマニアック版?のようなイメージで興味はあったのですが、初期のころは価格が高くて購入欲が湧きませんでいた。価格改定があり、さらにセールで1万円を切ってきたところで、パワフルなシングルエンドDAPやポタアンで使ってみたいと思い、衝動買い。

【デザイン】
 MA750と共通デザインですね。ケーブル被膜やハウジング接続部分のブーツがクリア系になっていて、MA750よりも洗練されてる雰囲気はあります。RHAの「金属の質感」を前面に押し出し、「ちょっと良いモノ」という雰囲気が漂っています。3.5mmプラグのデザインも共通した金属系で美しいです。このイヤホンを使うときは主にCayin i5 で聴いているのですが、DAPのローレット加工されたボリュームノブのデザインとよくマッチしています。ただ、6.3mmプラグ装着のためのネジが切ってあるのが、ちょっとイマイチかなぁ。付属品には6.3mmプラグは入っていないのに。

【音質】
 さすが、高インピ・低感度だけあって、静寂の中から美しい音が奏でられる印象。Cayin i5 ぐらいパワフルなDAPなら、十分に鳴らしてくれます。Walkman ZX500 ですと、ちょっとツライ感じ。音が薄くなる、というか。
 とにかく、高音は綺麗です。若干、金属的な鳴り。これはRHAの過去使っていた機種と同系統の音と言えるかな。しかし低音がイマイチ量が少ないです。切れのある低音なんですけどね。自分の好みとしては、もっと豊かに低音が響いてくれる出音が好きなんです。以前、低能率イヤホンとしては Pinnacle P1 を使っていたのですが、それよりは量感ある低音を聴かせてはくれています。

【フィット感】
 人によるのでしょうが、自分はMA750も装着感はバッチリでした。イヤピは final E タイプのLを使っています。スパイラルドットとかいろいろ試しましたが、自分はそれが一番でした。高音がとっ散らかることなく低音がよく出てくる感じで。

【取り回しなど】
 ケーブルがごついです。あと、若干「ゴムゴム感」あり。これまたRHAの特徴ですかねぇ。MA750の初期型は酷かったですもんねぇ。ねずみ色の太いゴムゴムケーブルで。自分はさほど気にしてはいませんでしたが、そのMA750のケーブルよりはかなり良い感じで、ある程度は「言うことをきいてくれる」質感です。ツイストだからかな。

【総評】
 音質含め、完璧に自分の好みには合致していませんが、この「鳴らしにくい」イヤホンは唯一無二のような価値があり、ついつい使いたくなる雰囲気があります。解像感の高さとか、BAドライバには無いダイナミックな出音とか。バランス一辺倒の今だから、高出力なシングルエンドDAPのお供として、使い甲斐のあるイヤホンですね。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

掃除機 > パナソニック > パワーコードレス MC-SBU430J

しょいたさん

  • レビュー投稿数:73件
  • 累計支持数:136人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
7件
0件
自動車(本体)
6件
0件
スマートフォン
5件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
使いやすさ4
吸引力・パワー4
静音性3
サイズ4
手入れのしやすさ5
取り回し4

【デザイン】
壁に立てかけてますが、バッテリーが高い位置にあるので不安な気もします。
逆に低い位置にあると使いにくくなりそうですが。
【使いやすさ】
片手で使えます。
【吸引力・パワー】
強くはないですが、コードレスとしては十分ホコリ取れます。
【静音性】
静かではないです(普通の掃除機よりはうるさくない)。
【サイズ】
車に持っていけます。
【手入れのしやすさ】
ホコリは少しこびり付きはありますが、捨てやすいです。
【取り回し】
ソファーの下8cmくらいもいけます。
【総評】
やはりホコリセンサーのランプはあった方が安心です。

頻度
週3〜4回

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

掃除機 > フォアベルク > ロボット掃除機 コーボルト VR200

秋のナツメグさん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人
満足度1
デザイン3
使いやすさ1
吸引力・パワー3
静音性1
サイズ1
手入れのしやすさ1
取り回し1

ルンバの新しい機種を買いに新宿ヨドバシへ。
販売員の強引な勧めで本品を購入。
色々調べてみるとアメリカのナイトの模倣品のようですが価格は2倍以上、機能はナイトを使っていないのでわかりませんが、我が家の先代・ルンバ800シリーズより遥かに劣ります。

良い点
白がベースのデザイン

悪い点
説明書が鼻くそレベルでわかりづらい
ダストボックスの蓋がすぐ外れる粗悪品
ゴミフィルターに綿ゴミが詰まりどうやっても取れない
カーペット上でスタックし動けなくなる
充電器に戻らないことがほとんど
バッテリーの持続時間がメーカー表示と大幅に異なり短すぎる
価格が高過ぎる
代官山にショールームがあるとのことで週末に訪問したが、日本語の出来ない外人のお爺さんがいるだけで全く話にならず

返品しようと思ったが使用していることもありクレーマーになりたくないので諦めて物置へ。

掃除面積
60m2〜79m2
頻度
週1〜2回

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

薄型テレビ・液晶テレビ > 東芝 > REGZA 65Z730X [65インチ]

sunaccharさん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プロジェクタ
0件
1件
自動車(本体)
0件
1件
もっと見る
満足度1
デザイン3
操作性4
画質3
音質3
応答性能2
機能性3
サイズ2

こんなに酷い商品は初めてです。

1台目→液晶が壊れているらしく画質がよくブレる

2台目→スピーカーのところに打痕

3台目→1台目同様の症状

TOSHIBAの対応もすこぶる悪く、何より全て新品にもかかわらず設置当日に不備。2度とTOSHIBA製品は買いません。皆様にも私と同様不快な思いをしていただきたくないため投稿しました。

設置場所
リビング

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

イヤホン・ヘッドホン > Mavin > Air-XR > Air-XR [ブラック]

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度4
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

iPhoneXとサイズ比較

質感のご参考に

充電器兼用ケースのフタを開けたところ。

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
iPhoneXと組み合わせて確認しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
充電器兼用ケースもイヤホン本体も全て樹脂素材のようですが、表面はマット調で仕上げも良好。
ほか、ケースの充電状態を示すランプは白色で光り方も上品。大人のアイテムとしても相応しい雰囲気です。

【高音の音質】
超高域の解像度は充分でキラキラ感はありますがが、ボーカルの高音域に中低域が被るようで、モタつく印象を受けます。
価格を考えると不満の無いレベルですが、IPX7と高度な防水性能が、音質面で不利になるのかもしません。

【低音の音質】
解像度よりも量感が優先されている印象です。やや緩めですが量感が豊かで、映画、ドラマ、音楽をリッチな音調で楽しみたい方に適しています。

【フィット感】
筐体はコンパクトで耳穴への収まりもまずまず良好です。
イヤーチップはシリコン製が3サイズ、楕円形タイプ(シリコン)、スタビライザー(固定用のシリコンパーツ)が2サイズ付属しています。

【外音遮断性】【音漏れ防止】
カナル型イヤホンとして一般的な範疇です。

【携帯性】
充電器兼用ケースは非常にコンパクトで、携帯性は大変良好です。

【総評】
充電器兼用ケースは超コンパクトかつ薄型で、携帯性に優れています。
質感や音質は価格相応でIPX7対応。
この価格帯で、高い防水性能と携帯性を重視し、ゆったりとした音調を好まれる方にお勧めできます。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

コーヒーメーカー > デロンギ > エレッタ カプチーノ トップ ECAM45760B

tommy副部長さん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人
満足度5
デザイン5
使いやすさ5
機能性5
保温性無評価
手入れのしやすさ5
サイズ4

同社の他の機種と比較して値段がネックでしたが、この機種は色々な豆やミルク関係の調整やミルクメニューが豊富で、全自動と手動でミルクをスチーミングできる唯一の機種でした。試飲させてもらい、ミルクメニューの作り分けも実際に拝見しましたが非常に良かったです。
イタリア本国は日本に比べて同じ値段ならさらに上の機種があるのが羨ましかったですが、保証等が怖いので昇圧機込みで輸入は諦めました……
何より楽にエスプレッソが飲めるのがとてもありがたいです。

発売から2年?経っているため値段も大分落ち着いていたのには助かりました。

使用人数
1人
頻度
毎日

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

薄型テレビ・液晶テレビ > 東芝 > REGZA 55X830 [55インチ]

浅井光男さん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人
満足度4
デザイン4
操作性3
画質4
音質2
応答性能3
機能性4
サイズ3

【デザイン】パネルの特性上デザインというものは無いに等しいが、画面下の電源ボタンやスタンドは非常に薄く作られており、アルミ色なのは良いと思う。薄すぎてふつうのサウンドバーは置けません。

【操作性】今のところ評価しがたい、動画コンテンツの契約もしていないし、YouTubeがまだ未サポートなので。
TVの操作性としては以前のREGZAと変わらず安心して使えます。

【画質】有機EL+REGZAエンジン、それにつきます、ほかに言うことないですね。有機ELのパネル速度が超速いとはいえREGZAエンジンは倍速駆動(120Hz)ですのでそこまでです、反応速度の面では例のゲームモードにすれば度良くなります。
画質モードで異なりますが動きのある場面では画面の大きさと相まってカクカクさを感じます、しょうがないよね。色合いやグラデーションはIPS液晶のほうが良いと思いますけど、有機EL+REGZAエンジン様様なのと抜群のコントラストで、暗いところはしっかり真っ黒、夜のわずかな明るさもしっかり映し出し、証明のライティングは眩しく感じるくらい素晴らしいものです。

【音質】TV内臓のスピーカーとしては合格ではないでしょうか、背面にスピーカーBOXを配置し、音は下向きに出ます、それをリフレクタを兼ねたスタントで反射し前に音を送り出してます。低音も聞こえますけどそれ以上にチャカチャカした高音が気になる、ニュースとかならそこそこ聞き取りやすいかと。購入層からしても結局サウンドバーは必須でしょう。

【応答性能】ゲームをやらないので評価は難しい、REGZAエンジンを評価するとしてリフレッシュレート120Hzは十分満足。

【機能性】3チューナーもあり必要以上、背面の端子盤やメクラ板、配線ルートに若干改善の余地ありかと。
 消費電力の高さは何とかならないかな・・・

【サイズ】大きさは推して知るべし、それよりもスタンドの高さです、REGZAオーディオ買ってくださいみたいな薄さです、
サウンドバーを購入検討の方はTV台ではなく壁寄せスタンドをセットにして考えたほうが良いですね。

【総評】自分としてはREGZAのレコーダーがあるから、チューナー・スピーカーすら要りませんという感じなのですが。
 まずはタイムシフトマシーンという電気の無駄遣いが無いだけでも買うに値します。
カタログ上ではありますが、同じサイズの液晶テレビより消費電力が高いのは注意です、ただし暗い画像が多い場合は消費電力が下がるのも有機ELの特徴でもあります。
あと今年型で改善されたとはいえパネル焼き付きのリスクがあります、またパネル寿命も液晶よりも短いですので長時間運用されるならVA液晶のRZ630、コントラストを求めないけど視野角を重視するならIPS液晶のZ730をお勧めする。

視聴目的
ニュース・報道
スポーツ
その他
設置場所
リビング
広さ
12〜15畳

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(家電)

ご注意