『タバコ代大幅コストダウン!(約1/3〜1/4に)』 HIMASU Himasu 1Be3 本体 Q400さんのレビュー・評価

 >  >  >  > HIMASU >  > レビュー・評価

HIMASU

Himasu 1Be3 本体

従来の紙巻きタバコ1本で3〜4回加熱できる加熱式タバコデバイス

Himasu 1Be3 本体

※画像は検索された結果の中の一例です

参考最安価格(税込):¥9,980最安ショップへ行く

  • 更新日時:2021年10月16日4時30分
  • メーカー希望小売価格:¥―
  • Himasu 1Be3 本体の価格比較
  • Himasu 1Be3 本体のスペック・仕様Himasu 1Be3 本体のスペック・仕様
  • Himasu 1Be3 本体のレビュー
  • Himasu 1Be3 本体のクチコミ
  • Himasu 1Be3 本体のオークション

Himasu 1Be3 本体HIMASU

参考最安価格(税込):¥9,980

  • Himasu 1Be3 本体の価格比較
  • Himasu 1Be3 本体のスペック・仕様Himasu 1Be3 本体のスペック・仕様
  • Himasu 1Be3 本体のレビュー
  • Himasu 1Be3 本体のクチコミ
  • Himasu 1Be3 本体のオークション

『タバコ代大幅コストダウン!(約1/3〜1/4に)』 Q400さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Himasu 1Be3 本体のレビューを書く

Q400さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
8件
レンズ
0件
4件
コンパクトフラッシュ
2件
0件
もっと見る
満足度4
タバコ代大幅コストダウン!(約1/3〜1/4に)

本体とフィーダー

本体(ヴェポライザー)充電中

フィーダー(リキッドボトル)

紙巻タバコへのリキッド注入

付属フィルター(1袋)

喫煙後、シガーカッターを使ってカット

これまでメビウス 8mg 100sの紙巻タバコを吸ってました。
しかし2021年10月からのタバコ増税に伴う値上がりで540円→580円に。。。
ちょっとこのままではタバコ代が厳しいので、何か良い手立てはないか??
と思案してた所に、この「HIMASU 1be3」が日本で初発売との記事に遭遇。
紙巻タバコも肩身が狭い世の中なので、電子タバコへのシフト時期が来たのかな?
と、早速Amazonで購入。

他の電子タバコキット等に比べて、少し値段が高めです。
しかし、これまで通りの紙巻タバコが使える加熱タバコなので、
これでタバコ代が節約出来れば、すぐに元は取れそうです。
また、メビウスの値上がりにも納得してないので(笑)
少し値段が安いKENT 9mg 100s(520円)に変えて(元々はこれを吸っていた)
よりコストダウンを図ってみました。

【総評】
少し吸い応えが足りない感じ(軽いタバコに変えた様な感じ)ですが、
喫煙量はそのままに、タバコの消費本数も減って、
1日1箱吸っていたものが4日で1箱に。
概ね満足です。
KENT 9mg 100sで使用し、1日1箱分の喫煙量とした場合(自分の場合)
月11700円の節約(30日で計算)、年間140400円の節約になりそうです。
またメビウス 8mg 100sを燃焼で喫煙してた場合からの節約効果は
月13500円、年間162000円・・・コレはデカい!と思います。
バッテリーの持ち、充電時間は、約10回分は持ちます。(実際に計測していません。。。)
充電時間は1時間前後です。
必要に応じてモバイルバッテリー等でいつでも充電出来る様にしておくと
良いと思います。

【特色】
レギュラーサイズの紙巻タバコなら1本で3回、100sなら3回〜4回吸えます。
これは加熱する部分がタバコの1/3〜1/4の部分的な加熱方式によるものです。
尚、1回の加熱時間は3分30秒で、通常の燃焼で1本を吸うのと同じ位です。
1回吸い終わったら、タバコの先端約15mm前後をシガーカッターで切り、
次に吸うときにグリセリンを注入して(専用フィーダー付属)加熱、喫煙・・・
を繰り返す形となります。
あと、電源ON/OFF、加熱開始、加熱終了時はバイブ機能があって便利です。

【良くない点】
・中華製だけあって?日本語の取説が解り難いです(笑)写真も何がどうなのか??見えません!
・2つの加熱モード(高温と低温)がありますが、取説(日本語有)には書かれていません(笑)
 電源ボタンを5回連続で押すとLEDインジケーターが1つ(モード1)更に5回押すと2つ(モード2)
・1回の喫煙時間が4分は欲しかったかな?
・加熱温度、時間は液晶表示等で分かりやすく、また調節可能だと良かったかもしれません。

【その他】
まだ使い始めて1週間程ですが、今の所は特に問題になる様な事はありません。
後は耐久性がどんなものか?割とシッカリした造りではあるようなので期待してます。

【付属品】
本体(ヴェポライザー)、フィーダー(グリセリンボトル、クリーニングブラシ入り)、
プラスティックノズル2本、シリコンノズル6本
フィルター(1袋沢山入ってます)
予備リキッド(グリセリンボトル5本)
※リキッドボトルはガラス製なので、グリセリンを別途購入すれば詰め替え出来ます。
充電ケーブル1本(USB Type-A / Type-C)

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
タバコ代大幅コストダウン!(約1/3〜1/4に)

これまでメビウス 8mg 100sの紙巻タバコを吸ってました。
しかし2021年10月からのタバコ増税に伴う値上がりで540円→580円に。。。
ちょっとこのままではタバコ代が厳しいので、何か良い手立てはないか??
と思案してた所に、この「HIMASU 1be3」が日本で初発売との記事に遭遇。
紙巻タバコも肩身が狭い世の中なので、電子タバコへのシフト時期が来たのかな?
と、早速Amazonで購入。

他の電子タバコキット等に比べて、少し値段が高めです。
しかし、これまで通りの紙巻タバコが使える加熱タバコなので、
これでタバコ代が節約出来れば、すぐに元は取れそうです。
また、メビウスの値上がりにも納得してないので(笑)
少し値段が安いKENT 9mg 100s(520円)に変えて(元々はこれを吸っていた)
よりコストダウンを図ってみました。

【総評】
少し吸い応えが足りない感じ(軽いタバコに変えた様な感じ)ですが、
喫煙量はそのままに、タバコの消費本数も減って、
1日1箱吸っていたものが4日で1箱に。
概ね満足です。
KENT 9mg 100sで使用し、1日1箱分の喫煙量とした場合(自分の場合)
月11700円の節約(30日で計算)、年間140400円の節約になりそうです。
またメビウス 8mg 100sを燃焼で喫煙してた場合からの節約効果は
月13500円、年間162000円・・・コレはデカい!と思います。
バッテリーの持ち、充電時間は、約10回分は持ちます。(実際に計測していません。。。)
充電時間は1時間前後です。
必要に応じてモバイルバッテリー等でいつでも充電出来る様にしておくと
良いと思います。

【特色】
レギュラーサイズの紙巻タバコなら1本で3回、100sなら3回〜4回吸えます。
これは加熱する部分がタバコの1/3〜1/4の部分的な加熱方式によるものです。
尚、1回の加熱時間は3分30秒で、通常の燃焼で1本を吸うのと同じ位です。
1回吸い終わったら、タバコの先端約15mm前後をシガーカッターで切り、
次に吸うときにグリセリンを注入して(専用フィーダー付属)加熱、喫煙・・・
を繰り返す形となります。

【良くない点】
・中華製だけあって?日本語の取説が解り難いです(笑)写真も何がどうなのか??見えません!
・2つの加熱モード(高温と低温)がありますが、取説(日本語有)には書かれていません(笑)
 電源ボタンを5回連続で押すとLEDインジケーターが1つ(モード1)更に5回押すと2つ(モード2)
・1回の喫煙時間が4分は欲しかったかな?
・加熱温度、時間は液晶表示等で分かりやすく、また調節可能だと良かったかもしれません。

【その他】
まだ使い始めて1週間程ですが、今の所は特に問題になる様な事はありません。
後は耐久性がどんなものか?割とシッカリした造りではあるようなので期待してます。

【付属品】
本体(ヴェポライザー)、フィーダー(グリセリンボトル、クリーニングブラシ入り)、
プラスティックノズル2本、シリコンノズル6本
フィルター(1袋沢山入ってます)
予備リキッド(グリセリンボトル5本)
※リキッドボトルはガラス製なので、グリセリンを別途購入すれば詰め替え出来ます。
充電ケーブル1本(USB Type-A / Type-C)

参考になった0

「Himasu 1Be3 本体」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Himasu 1Be3 本体のレビューを書く

この製品の参考最安価格を見る

Himasu 1Be3 本体
HIMASU

Himasu 1Be3 本体

参考最安価格(税込):¥9,980

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(電子タバコ・加熱式タバコ)

ご注意