GMOインターネット ConoHa VPS 1GBプラン レビュー・評価

GMOインターネット ConoHa VPS 1GBプラン

GMOインターネット ConoHa VPS 1GBプラン 製品画像

拡大

価格(税込):月額 990 このプランのお申し込み

 初期費用月額
1ヶ月契約 0 990

ディスク容量:SSD:50GB メモリ容量:1GB CPU:仮想 CPUコア数:2

※価格は長期契約、キャンペーン価格による最安価格を表示しています

ネットで買うなら!クレジットカード比較
GMOインターネット ConoHa VPS 1GBプランをお気に入り製品に追加する

ご利用の前にお読みください

  • GMOインターネット ConoHa VPS 1GBプランのトップ
  • GMOインターネット ConoHa VPS 1GBプランのレビュー
  • GMOインターネット ConoHa VPS 1GBプランのクチコミ
  • GMOインターネット ConoHa VPS 1GBプランの画像・動画

ユーザーレビュー > パソコン > レンタルサーバー > GMOインターネット > GMOインターネット ConoHa VPS 1GBプラン

GMOインターネット ConoHa VPS 1GBプラン のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:3.31
レビュー投稿数:1人 
GMOインターネットの全プラン平均:2.00合計レビュー投稿数:7人
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
サポート サポートの質のよさ 無評価 3.02 28位
安定性 接続が頻繁に切断されないか 無評価 3.35 29位
使い勝手 各種設定画面は使いやすいか 4.00 3.81 13位
機能 機能が充実しているか 5.00 3.94 3位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

GMOインターネット ConoHa VPS 1GBプランのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

サウンドカード・ユニット
0件
41件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
7件
車用エンジンオイル
0件
4件
もっと見る
満足度5
サポート無評価
安定性無評価
使い勝手4
機能5

VPSを今月初めて契約しました。ConoHaだけではなくWebAREANAのVPSも契約しました。この2社を比較しての評価になります。WebAREANAのレビューも別口で投稿します。
主要スペック差は以下の通りです。

ConoHa VPS 1GBプラン
CPU数 2
メモリ 1GB
SSD 50GB
選択したOS fedora 30
月額(税込み) 972円

WebARENA VPSクラウド プラン10
CPU数 1
メモリ 1GB
SSD 20GB
選択したOS Ubuntu 18.04
月額(税込み) 388円


VPSを初めて使って再起動が速いと感じ驚きました。ConoHaは環境を構築した後でも再起動が20秒程度で出来ます。
インストールしたソフトはApache2, PHP, MariaDB, Sambaです。
WebARENAのプランより3秒程度速く再起動できますが、両方SSDのせいか大した差ではありません。これはCPUの差でしょうか。

趣味でVPSを使用したくて契約しましたが私にとってこの2社の一番大きな差はIPv6が使えるかどうかです。
WebARENAは現時点(2019/07)でIPv6に対応していませんが、ConoHaは17個のIPv6アドレスが割り当てられます。
内1個は基本のIPv6アドレスです。他の16個は設定をOSの設定を変更することで使用できるアドレスです。
この16個のアドレスは連番でした。基本のアドレスも他16個のアドレスから類推しやすいアドレスでした。
折角であれば他のアドレスから類推し辛いアドレスも割り当てられた方が使いやすかったと思います。
とはいえ、連番であっても複数IPv6アドレスが割り当てられる事はうれしいです。

ConoHaのCPUの種類は「/proc/cpuinfo」から以下の様です。
Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2660 v3 @ 2.60GHz


ConoHaのコントロールパネルの使い勝手について

接続許可ポートが選べますが、コントロールパネルから選べるポートは
全て許可
SSH (22)
Web (20/21/80/443)
MySQL (3306)
PostgreSQL (5432)
メール (25/110/143/465/587/993/995)
RDP (3389)
のみでした。ここに無いポート番号を通す必要がある場合は「全て許可」を選択して他のポートはOSのfirewallで対処するしかありません。

選択できるOS(インスタンス)は沢山用意されています。
種類はCentOS, Ubuntu, Debian, FreeBSD, Fedora, openSUSE, Arch Linux, NetBSD, OpenBSDです。
Debianは今月リリースの10.0が用意されている事から最新OSはすぐに対応しているようです。ユーザーが独自に用意することも出来るようです。

コントロールパネルにログインするたびにメールが来ます。
契約してすぐはよくログインするため鬱陶しいですが、設定が完了した後はコントロールパネルにあまりログインしなくなるでしょうからこれは良い事だと思います。

コントロールパネルからリソースの利用状況が分かります。
CPU使用量, ディスクIO, 転送量などが見れます。


ConoHaにしてもWebARENAにしてもその他の企業に比べると特にコスパがいいです。その中でIPv6が使えるConoHaは趣味として使うには面白いと思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あなたのレビューを投稿しませんか?

GMOインターネット ConoHa VPS 1GBプランのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(レンタルサーバー)

ご注意