TCL 10 Pro レビュー・評価

TCL 10 Pro

  • 128GB

4眼カメラ搭載の6.47型有機ELスマートフォン

TCL

<
>
TCL TCL 10 Pro 製品画像
  • TCL 10 Pro [Ember Gray]
  • TCL 10 Pro [Forest Mist Green]

TCL 10 Pro のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.00
(カテゴリ平均:4.05
満足度ランキングTCL TCL 10 Proの満足度ランキング
レビュー投稿数:3人 (プロ:2人)
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 5.00 4.34 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 5.00 3.97 -位
レスポンス 操作時の反応速度 4.00 4.07 -位
画面表示 明るさやコントラストなど、表示の見やすさ 5.00 4.33 -位
バッテリー バッテリーのもちのよさ 5.00 3.64 -位
カメラ 画像・動画の精細さ、写りのよさなど 3.00 3.85 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

製品の絞り込み

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

ジャイアン鈴木さん

  • レビュー投稿数:73件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールEYE-COM、TECH Win、TECH GIAN、PDA Magazine、DIGITAL CHOICE、ログイン、週刊アスキー、週アスPLUSと主にPC系メディアで編集兼ライターとして勤務。2015年1月よりフリーの編集兼ライターと…続きを読む

満足度4
デザイン4
携帯性5
レスポンス4
画面表示5
バッテリー無評価
カメラ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

別機種有機ELディスプレイを搭載。NetflixでHDRコンテンツを再生可能です
機種不明ベンチはAnTuTuが222920、Geekbench 5が500/1595、3DMarkが1028/1071
機種不明TCL 10 Proで撮影。暖かみのある絵作りですね

有機ELディスプレイを搭載。NetflixでHDRコンテンツを再生可能です

ベンチはAnTuTuが222920、Geekbench 5が500/1595、3DMarkが1028/1071

TCL 10 Proで撮影。暖かみのある絵作りですね

メーカーから提供を受けた端末でレビューします

【デザイン】
画面占有率93%の曲面有機ELディスプレイが採用されていることで、全画面感が非常に強いデザインです。背面はシンプルな造形ですが、純正ケースが多く用意されており組み合わせでさまざまな外観を楽しめます。なお個人的にはEmber GreyよりForest Mist Greenのほうが好みです。

【携帯性】
サイズは158.5×72.4×9mm、重量は約177g。6.47インチディスプレイを搭載しているわりにはコンパクトに感じます。側面が曲面になっていることも握りやすさに功を奏していると思います。

【レスポンス】
AnTuTuが222920、Geekbench 5が500/1595、3DMarkが1028/1071。ベンチマークのスコア自体は2020年5月時点のフラッグシップ端末の半分以下です。とは言え、たとえば「PUBG」なら、クオリティ:HD、フレーム設定:高、演出:CLASSIC、アンチエイリアス:無効、シャドウ:有効、グラフィックの自動調整:無効という設定で特に気になる遅延なく、快適にプレイできました。通常の使い方であればパフォーマンスに不満を感じることはなさそうです。

【画面表示】
DCI-P3 100%の色域、100,000:1のコントラスト比の有機ELディスプレイが採用されており、HDR10にも対応しています。YouTubeではHDRコンテンツを再生できるのに、Netflixでは再生できない端末もなかにはありますが、TCL 10 ProではNetflixでHDRコンテンツを再生できるのを実際に確認しました。

【バッテリー】
サブ端末としてしか使っていないので無評価としていますが、バッテリーが4500mAhと比較的大容量なので、バッテリー駆動時間は標準またはそれ以上だと思われます。

【カメラ】
「TCL PLEX」も試用しましたが、「TCL 10 Pro」はメインに6400万画素、F値1.9のカメラを搭載しているだけに、その画質はかなり高いレベルだと感じました。特に「スーパーナイト」モードによる夜景撮影の画質が大きく向上しています。その一方で、メインカメラ(6400万画素/F値1.9)と広角カメラ(1600万画素/F値2.4)の色味の違いが気になりました。今回試用したかぎりでは、広角カメラのほうが実際の色に忠実だと感じました。

【総評】
TCL 10 Proはディスプレイとカメラに注力したAndoridスマホです。処理性能はミドルレンジクラスに留め、そのぶんディスプレイのクオリティとカメラの機能性を向上させています。ちょっと不思議なのが、メイン(標準)、広角、暗所(ビデオ用)、マクロというカメラ構成。個人的には4つのカメラを搭載するのであれば、ひとつは望遠カメラを搭載してほしいところです。ひょっとしたらTCLの本社がある中国では、望遠よりも暗所(ビデオ用)、マクロカメラのほうが需要は多いのかもしれません。

TCL PLEXは2万9800円と破格に安かったですが、TCL 10 Proも充実した装備を考えれば5万円切りの4万8800円という価格はコストパフォーマンスが高いと感じました。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鈴木啓一さん

  • レビュー投稿数:96件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールITmedia等の情報サイトで記事を書いている フリーランスのライター、兼、IT先端技術コンサルタント。
モバイルやクラウドを駆使するスマートワーク研究をライフワークとしている。

【主なWeb媒体】
ITmedia 誠Biz.I…続きを読む

満足度5
デザイン5
携帯性4
レスポンス4
画面表示5
バッテリー5
カメラ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

別機種
別機種
別機種

別機種
別機種
別機種

販売代理店のFOX社に手配していただき、入手。

TCL社自社ブランドでの国内発売2機種目のスマートフォンである。

【デザイン】
とても美しいスマホである。

ディスプレイが液晶ではなく有機ELで、しかも左右側面が湾曲している。前面のほぼすべてが画面である。

また、背面は、私の入手したフォレストミストグリーンモデルでは、光沢が美しく、ハイエンドモデル並みの高級感を感じる。

評価は「5」とした。

【携帯性】
6.47インチディスプレイを搭載し、158.5 × 72.4 × 9 mm、177gと最近大型化しているスマートフォンのトレンドにのった感じである。携帯性よりも画面の大きさを採ったということだろう。評価は「4」とした。

【レスポンス】
Snapdragon 675、オクタコアCPUと6GB RAMを搭載し、実際に使ってみた感じ、とてもきびきび動く。特に問題ないレベルだろう。評価は「4」とした。

【画面表示】
この機種の売りは、やはり画面表示だろう。

有機ELの解像感と色の再現性は完全にハイエンド機並みといえそうだ。

TCL社は中国最大級の大型テレビのメーカーであり、ディスプレイ周りの技術についてはとても得意にしている。

今回それに加え、左右側面を湾曲させたデザインとなっており、とても新鮮な印象である。ただし、湾曲部分に文字がかかる場合もあり、少し気になる場合もありそうだ。ただ、これは小さなこと、贅沢な感想といえそうだ。

評価は間違いなく「5」である。

【バッテリー】
4520mAhの大容量リチウムイオンタイプを搭載しており、リバースチャージと称して他の機器へ電力を供給する機能も備えている。

充電はQC3.0に対応しており、急速充電が可能だ。

実際に使ってみて、1日中問題なく余裕をもって使える。あの電力消費量の極めて大きいPokemonGoをプレイしても、他の機種と比べ、かなりバッテリーには余裕を感じて使えている。

評価は「5」とする。

【カメラ】
本機種のもうひとつの売りは背面4眼のカメラである。背面上部に横に4つ並んでいる。

これらは、64Mピクセルのメインカメラ、16Mピクセルの広角カメラ、2Mピクセルの暗所カメラ、5Mピクセルのマクロレンズカメラの4つである。

実際に撮影してみたが、やはりハイエンド機並みの様々な撮影ができ、十分満足できた。
また、このほか、フロントカメラは24Mピクセルで、画面上部中央に位置し、水滴型のノッチとなっている。

評価は「5」である。

【総評】
TCL社はスマートフォンの分野では、自社ブランドでの2機種目であり、その前にBlackBerryやアルカテル、Palmなどのすでに浸透しているブランドを借りて(もしくは権利を購入して)ある程度実績を持っているメーカーである。

まだまだブランド認知度に課題はあるが、これだけの魅力ある製品を出していれば、きっとファンもついてくるんではないかと思う。

実際に使ってみて、ミドルレンジの機種なのに、ハイエンドの製品を使っている感覚で、大変満足度が高いモデルである。

ただ、ブランドとしてまだまだこれからの機種であることから、この機種専用のケースなど、周辺機器を手に入れるのはなかなかむつかしいのも事実だ。

日本国内代理店としてFOX社が販売を担当している関係で、同社の本機種専用ケースが用意されているが、まだまだバラエティが十分ではないだろう。このあたりが、今後の大きな課題になるだろうし、メーカーや販売代理店もすでに取り組んでいるようなので、今後を期待したい。

私としては、全機種TCL Plexのときに見つけた手帳型汎用ケースをつけて使っていこうと思っている。

また、本機種はドコモ、au、ソフトバンクのいずれの4G回線にも対応しているというが、残念ながら楽天モバイルのMNOには今の段階では未対応だという。これも今後に期待したい。

また、本機はデュアルSIMに対応しておらず、nanoSIM 1枚と、マイクロSDを装着できる仕様になっている。最近はデュアルSIM対応が増えているので、少し残念である。

ひとつ今時珍しい機能として、本機にはIRリモコンの機能が搭載されており、テレビやエアコンなどを制御できるのも面白い。まあ、これはおまけのようなものだが。

とにかく、ミドルレンジの価格帯でハイエンド機の満足度で、評価は「5」とした。おすすめできる機種である。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スマートフォン]

スマートフォンの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意