Google Pixel 4 XL レビュー・評価

Google Pixel 4 XL

  • 64GB
  • 128GB

19:9の6.3型QHD+有機ELを装備したスマートフォン

<
>
Google Google Pixel 4 XL 製品画像
  • Google Pixel 4 XL [Just Black]
  • Google Pixel 4 XL [Clearly White]
  • Google Pixel 4 XL [Oh So Orange]

Google Pixel 4 XL のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:3.90
(カテゴリ平均:4.05
満足度ランキングGoogle Google Pixel 4 XLの満足度ランキング
レビュー投稿数:18人 (プロ:2人)
  1. 3 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.08 4.33 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 3.21 3.96 -位
レスポンス 操作時の反応速度 4.42 4.08 -位
画面表示 明るさやコントラストなど、表示の見やすさ 4.48 4.32 -位
バッテリー バッテリーのもちのよさ 3.68 3.69 -位
カメラ 画像・動画の精細さ、写りのよさなど 4.51 3.91 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

製品の絞り込み

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェッショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

ジャイアン鈴木さん

  • レビュー投稿数:94件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールEYE-COM、TECH Win、TECH GIAN、PDA Magazine、DIGITAL CHOICE、ログイン、週刊アスキー、週アスPLUSと主にPC系メディアで編集兼ライターとして勤務。2015年1月よりフリーの編集兼ライターと…続きを読む

満足度4
デザイン3
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー4
カメラ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

別機種背面は滑らかな手触りで指紋も付きにくいです。色もよいですね
機種不明AnTuTuの総合スコアは420172でした
当機種星空を撮ってみました。肉眼では見えない星もくっきり写ります

背面は滑らかな手触りで指紋も付きにくいです。色もよいですね

AnTuTuの総合スコアは420172でした

星空を撮ってみました。肉眼では見えない星もくっきり写ります

メーカーから借用している端末でレビューします

【デザイン】
オレンジとブラックのコントラストが鮮烈ですね。側面は電源ボタンだけがオレンジなのもアクセントが効いています。背面に指紋が付きにくい点も気に入りました。

【携帯性】
6.3インチで200g切り。多くのセンサーが搭載されているために上部のベゼルが太いので、全画面感に乏しいですが、現代のスマートフォンとして携帯性は平均的だと思います。

【レスポンス】
AnTuTu Benchmarkの総合スコアで420172と、他社フラッグシップよりスコアは見劣りしますが、レスポンス、そして処理速度ともにトップクラス。あらゆる操作が快適です。

【画面表示】
有機ELディスプレイを搭載しているだけに明るさ、発色は申しぶんなし。また、最大90 Hz対応のスムーズディスプレイは、ゲームプレイにも適しています。

【バッテリー】
バッテリー容量は3700mAh。この端末だけを1日使っていても、モバイルバッテリーのお世話になったことはありません。位置情報ゲームなどをしないかぎりは、外出中に継ぎ足し充電する必要はないと思います。

【カメラ】
画質は良好。なにも足さず、見たままの色で撮影されるカメラですね。夜景モードはやや補正が強すぎる気がしますが、ノイズもなく明るく撮影できます。
望遠カメラを搭載しているにもかかわらずデジタルズームは8倍に留められていますが、超解像技術により画質の劣化があまり気になりません。常用できる8倍デジタルズームだと思います。

【総評】
購入する前に注意してほしいのが、カメラが広角と望遠のデュアル構成であること。超広角カメラは搭載されていません。個人的には広角&超広角という構成のほうが使い勝手がいいと考えています。遠くの被写体には近寄れますが、たとえば室内では広く撮影したいときに下がることはできないからです。
というわけでカメラ構成には不満があるのですが、それを帳消しにするほど楽しみなのが、端末に触れることなく手の動きで操作できる「Motion Sense」機能。この機能は現時点で日本の無線規格に適合していないため有効になっていませんが、2020年春に利用できるようになる予定です。このMotion Sense機能により、どのようなユーザーインターフェースが実現されるのか楽しみですね。
Google謹製スマートフォンはOS最新機能がいち早く提供されるのがなによりも魅力。そこに魅力を感じるのであれば、Androidスマホを選ぶ際に最右翼の存在となるでしょう。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意