『USBのノイズ耐性の低さが惜しい』 FiiO K7 FIO-K7 ぴたぴーさんのレビュー・評価

K7 FIO-K7 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥35,750

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥35,750

eイヤホン

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥35,750¥39,730 (11店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥35,750 〜 ¥35,750 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(標準プラグ):1系統 ハイレゾ:○ K7 FIO-K7のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • K7 FIO-K7の価格比較
  • K7 FIO-K7の店頭購入
  • K7 FIO-K7のスペック・仕様
  • K7 FIO-K7のレビュー
  • K7 FIO-K7のクチコミ
  • K7 FIO-K7の画像・動画
  • K7 FIO-K7のピックアップリスト
  • K7 FIO-K7のオークション

K7 FIO-K7FiiO

最安価格(税込):¥35,750 (前週比:±0 ) 発売日:2022年11月18日

  • K7 FIO-K7の価格比較
  • K7 FIO-K7の店頭購入
  • K7 FIO-K7のスペック・仕様
  • K7 FIO-K7のレビュー
  • K7 FIO-K7のクチコミ
  • K7 FIO-K7の画像・動画
  • K7 FIO-K7のピックアップリスト
  • K7 FIO-K7のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

K7 FIO-K7のレビューを書く

ぴたぴーさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:70人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
35件
マザーボード
0件
30件
デスクトップパソコン
1件
28件
もっと見る
満足度4
デザイン5
音質4
操作性3
機能性4
USBのノイズ耐性の低さが惜しい

【デザイン】
個人的にRGB LEDは無い方が良かったですが、
見た目のデザインは考えられていると思います。
HiResとTHXのロゴが全体に馴染んでいて良いですね。
(他社製品のHiResロゴは後付け感が強い)


【音質】
箱から出した直後からかなり良いです。
クッキリ目に描写するわりに表面的な音場が広いです。

機器や個人の相性もあるので、あまりこういう話はしたくないのですが、
一方で、コスパが高いという話も各所であるものの、
ライバル機などと比較して具体的に語られているサイトも
見受けられなかったので、個人的な感覚を参考程度に書きます。

付属ACアダプタを使う限りでは、
DAPよりも制動が効いているとは感じるものの、総合的に音をみると
6〜8万のDAP(2022年の値上げされた状態での価格)よりも劣る感じです。
※DACは壁コンセントに直接繋いで、PCはリニア電源で駆動させて
 AISOのレイテンシを下げている状態での評価なので
 普通の環境だと、もっと評価は下がると思います。)

安かった時のDAPを含めるなら3万円台で売られていた
DX160のMango OSと比べると、双方良い部分、悪い部分ありますが、
個人的には総合的にみるとDX160の方が描写が細かく上に感じます。

ただし、リニア電源に交換してPC側もノイズ対策をすれば
10万円クラスのDAPに近い音は出てるんでかなぁという感じです。

あとは、USBはXUF208搭載で優秀なははずなんですが、
USBアイソレータのUSB-029H2-RPと相性が最悪で
これを経由すると、レイテンシ設定に関係なく音飛びします。

USBアイソレータ無しの素の状態のノイズ耐性も低く、
手持ちのXMOS搭載の中で44.1kHzを8sampleで再生した場合の
安定性を比較すると下記になります。
(ほぼ音飛び無し)DX7 Pro(新型)≒DX7 Pro(旧型)
>(safe mode有効なら音飛び無し)Go Bar>(safe modeでも結構音飛びする)K7

これは、かなり残念です。
電源をiPower Eliteに交換しても、経験上ジッターを御しきれてない時の
奥行が無い音が出ます。
この点は、USB-029H2-RP(+5Vリニア電源)を経由した
iBasso DC04にも劣っています。

ヘッドホンアンプとしては、
所持しているU-05、NT-505、DX7 Pro(旧型)を圧倒しているものの、
USBのノイズ耐性の弱さにより、音の時間軸的奥行
(要は音の反響や残響の再現度)が、これらのDACと比べて薄っぺらです。


【操作性】
シンプルで良いと言いたいところですが、
電源スイッチがボリュームと兼用なので、
毎回、耳の感覚での音量調整が必要で少々面倒です。
(INPUTボタンの長押しで電源をON/OFFできると良かったのですが)

細かく言うと、電源ONから音が出始めるまで1.5cmぐらい回す必要がある点、
ボリュームインジケータが無い点、
これは当たり前ですが電源ONしないとUSBを認識しないので
まずONにして曲を再生して音量を決めるために最低2回す必要がある点、
ローゲインでもボリュームの刻みはそんなに細かくないので、
イヤホンだとミリ単位の微調整が必要な点、
これらの複合で、ちょっと面倒臭さを感じます。


【機能性】
入出力は値段を考えれば十分と思いますが、
ファームウェアのアップデートに対応していないのが、残念です。

ちなみに、エミライが売っているK7は対策済みですが、
ファームウェアのアップデートに非対応な点に関連して、
海外通販やメルカリなどで買う場合には、少々注意が必要です。

と言うのは初期ロットはボリュームが11時半ぐらい位置にバグあって
リコールされたのですが、メジャーでないことで買うと
コレを掴んでしまう可能性があります。

あとは個人的にはRGB LEDは無い方が良かったですが、
今の仕様だと、電源投入時に虹色に光る部分でしか活用されて無いので、
せかっく搭載するのであれば、もう少し機能性があれば良かったと思います。
(例えば、ボリュームと連動して色が変化するなど)


【総評】
鳴らしにくいイヤホンを再生する場合におススメです。
ヘッドホンは鳴らしやすいものなら問題ありませんが、
300オーム以上とかあるやつは、ボリューム的に問題無くても
音のヌケが悪くなるかも知れません。

ただ、付属のスイッチング電源を使う限りは値段相当の音なので
なにかしらノイズ対策グッズを使うか、リニア電源に交換した方が
良いかと思います。

海外ではFiioの純正電源PL50(約1万5千(セール時)〜2万円)が売られていて
値段的にはアリですが、安全性を考えると、おススメはしません。
(PSE問題もありますが、12V⇔15V切替えのトグルスイッチがあるのが危ない)

お試しでやるなら、
FX-AUDIOのDC電源ノイズクリーナー+バルクキャパシタあたりが、
おススメです。
これもケースに入ってないので、常用するのはちょっと危ないですが、
安い割に意外と効きます。

iFi audio iPowerの普通のACアダプタ型のやつはグレードが
変わる程の音の変化はありません。
iPurifier DC2は良くなるけどお高いです。
iPower Eliteや、国産のリニア電源は結構良くなりますが、
K7より高くつのとAC100V側にノイズが無いことが前提となるので、
このクラスDACには向かないかと思います。

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする

「K7 FIO-K7」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

K7 FIO-K7のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

K7 FIO-K7
FiiO

K7 FIO-K7

最安価格(税込):¥35,750発売日:2022年11月18日 価格.comの安さの理由は?

K7 FIO-K7をお気に入り製品に追加する <89

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意