『しっとりとしたヤマハサウンドを楽しめる、マルチポイントも搭載』 ヤマハ TW-E3C(B) [ブラック] sumi_hobbyさんのレビュー・評価

TW-E3C(B) [ブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥10,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥10,000

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥10,000¥11,000 (18店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥11,000 〜 ¥11,000 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:20Hz〜20kHz TW-E3C(B) [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • TW-E3C(B) [ブラック]の価格比較
  • TW-E3C(B) [ブラック]の店頭購入
  • TW-E3C(B) [ブラック]のスペック・仕様
  • TW-E3C(B) [ブラック]のレビュー
  • TW-E3C(B) [ブラック]のクチコミ
  • TW-E3C(B) [ブラック]の画像・動画
  • TW-E3C(B) [ブラック]のピックアップリスト
  • TW-E3C(B) [ブラック]のオークション

TW-E3C(B) [ブラック]ヤマハ

最安価格(税込):¥10,000 (前週比:±0 ) 発売日:2022年11月25日

  • TW-E3C(B) [ブラック]の価格比較
  • TW-E3C(B) [ブラック]の店頭購入
  • TW-E3C(B) [ブラック]のスペック・仕様
  • TW-E3C(B) [ブラック]のレビュー
  • TW-E3C(B) [ブラック]のクチコミ
  • TW-E3C(B) [ブラック]の画像・動画
  • TW-E3C(B) [ブラック]のピックアップリスト
  • TW-E3C(B) [ブラック]のオークション

『しっとりとしたヤマハサウンドを楽しめる、マルチポイントも搭載』 sumi_hobbyさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

TW-E3C(B) [ブラック]のレビューを書く

sumi_hobbyさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:223件
  • 累計支持数:3612人
  • ファン数:65人
満足度4
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性4
しっとりとしたヤマハサウンドを楽しめる、マルチポイントも搭載

再生する

製品紹介・使用例
TW-E3Cの外観

AndroidとiOSでマルチポイント接続

オートパワーオフ時間、接続品質の設定を含む各種設定、バッテリーケース残量表示無

TW-E3Cのイコライザー設定、RESET、ENERGY、GENTLE

   

TW-E3Cのイコライザー設定、VOCAL、GROOVE、OPENNESS

   

TW-E3CはTW-E3A、TW-E3Bに続く3代目となるが機能面。音色面は今回の変化が一番大きく感じる。TW-E3Aは充電不良で味噌が付き、TW-E3Bはバッテリーケースひび割れで味噌が付いたがその辺りはどうなのだろうか。

【デザイン】
背面にYAMAHAロゴがあしらわれたデザインは代々変わっていない。TW-E3A、TW-E3B、TW-E3Cと代を重ねるにつれ、コロンとした丸っこさがだんだんとシェイプアップされてある意味平凡になっている分けだが装着性と言う観点ではだんだん良くなっている。

【低音の音質】【高音の音質】
これはもう素晴しい。ちょっと上の価格帯になるがfinal ZE2000がブライトな音を聞かせるならTW-E3Cはしっとりとした音を聞かせる。聞けば聞くほどおお、おおお、おおおおと唸ってしまうようなチューニングの妙はとても良い。

ドライバは最近のTWSで良く使われている6mmの比較的小径なタイプだがベントが効いているのか余裕のある低音である。高音はこれまた澄んだ伸び、押しのある高音では無い人工的で無い感じがとても良い。リスニングケアのチューニングも歴代のヤマハTWSの中では一番安定していると思う。

【フィット感】
ノズル的にはショートとロングの間のミドルと言った具合で収まりは良い。圧迫感が無くすっぽり収まる感じがする。JVC EP-FX2のような横幅のあるイヤピでもバッテリーケースに収まってちゃんと充電されるのでシリコンイヤピに関しては色々と試せそうである。

【外音遮断性】【外音取り込み】
遮音性はイヤピのマッチング次第と言う部分はあるが中の上かなと思う。外音取り込みはTW-E3Cの唯一の弱みと言って良いような塩ビパイプを伝わってくるような不気味な音である。最近は外音取り込み性能を重視する書き込みも有るようだが、そのような志向のユーサーにはちょっと不向きかなと思う。

【通話時マイク性能】
デュアルマイク構成と言う事で実際もその額面通りに取れる周囲音キャンセリング性能と声の捉えを併せ持つ。屋内は勿論だが屋外でも安定して使えそうである。

【バッテリー】【携帯性】
イヤホン本体のバッテリー持ちは9時間と言う事なのでアベレージよりは長めと判断される。イヤホンとバッテリーケースの充電時間は2時間でこれは平均的かなと思う。

ヤマハのTWSではTW-E5B、TW-E7Bと大きなバッテリーケースが続いたがTW-E3CはTW-E3Bよりもスリムなケースになっている。これによって蓋を開けた時のストレスも軽減されているのではと言う期待もある。

【機能性】
操作はTW-E3Bのプッシュ式からTW-E3Cはタッチ式に変更された。装着を整えても無用な反応は少なく適度なタッチ感度とタッチ範囲だと思う。

マルチポイントを搭載しているのは強みとなる。アプリにも対応し、オートパワーオフ時間のOFF、5分、30分、1時間、3時間と言った設定や常用するものではないと思うが接続品質の接続性優先と言った機能選択も可能である。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「TW-E3C(B) [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

TW-E3C(B) [ブラック]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

TW-E3C(B) [ブラック]
ヤマハ

TW-E3C(B) [ブラック]

最安価格(税込):¥10,000発売日:2022年11月25日 価格.comの安さの理由は?

TW-E3C(B) [ブラック]をお気に入り製品に追加する <8

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意