『不満なし』 MSI MPG A1000G PCIE5 necoconeさんのレビュー・評価

2022年10月28日 発売

MPG A1000G PCIE5

「GeForce RTX 40」シリーズのビデオカードに対応したATX電源ユニット

MPG A1000G PCIE5 製品画像
最安価格(税込):

¥31,963

(前週比:-80円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥31,963

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥31,963¥36,090 (16店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥33,980 〜 ¥33,980 (全国13店舗)最寄りのショップ一覧

対応規格:ATX 3.0 電源容量:1000W 80PLUS認証:Gold サイズ:150x150x86mm 重量:3.5kg MPG A1000G PCIE5のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MPG A1000G PCIE5の価格比較
  • MPG A1000G PCIE5の店頭購入
  • MPG A1000G PCIE5のスペック・仕様
  • MPG A1000G PCIE5のレビュー
  • MPG A1000G PCIE5のクチコミ
  • MPG A1000G PCIE5の画像・動画
  • MPG A1000G PCIE5のピックアップリスト
  • MPG A1000G PCIE5のオークション

MPG A1000G PCIE5MSI

最安価格(税込):¥31,963 (前週比:-80円↓) 発売日:2022年10月28日

  • MPG A1000G PCIE5の価格比較
  • MPG A1000G PCIE5の店頭購入
  • MPG A1000G PCIE5のスペック・仕様
  • MPG A1000G PCIE5のレビュー
  • MPG A1000G PCIE5のクチコミ
  • MPG A1000G PCIE5の画像・動画
  • MPG A1000G PCIE5のピックアップリスト
  • MPG A1000G PCIE5のオークション

『不満なし』 necoconeさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

MPG A1000G PCIE5のレビューを書く

necoconeさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

電源ユニット
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
容量5
安定性5
静音性5
コネクタ数5
サイズ5
不満なし

RTX4080の購入に伴い電源を買い換えました。FSPのHydro GSM Lite PRO 750Wからの買い替えです。750Wでもギリ足りるかなとも思いましたが、念のため1000W電源を購入しました。
実のところは、価格的に安いFSPのHydro G PRO ATX3.0(PCIe5.0) 1000Wが欲しかったのですが、入手することができずにこの製品にしたといのもあります。

私見ですが12VHPWR端子が燃える云々については、RTX4080はRTX4090よりも低電力なので問題ないだろうと思っていますが、グラボもMSI(RTX4080 16GB VENTUS 3X OC)なので、万一12VHPWRのトラブルが起きた場合、サポート的に同じメーカーの方が対応がいいかなとも思いこの電源にしたというのもありますが、実際のところ関係あるかは分かりません。

やはり変換アダプタを使わずに12VHPWRケーブル1本ですっきり配線できるというのはいいですね。
ちなみに12VHPWRケーブルは両端とも同じ端子で電源側とグラボ側の違いはありません(たまたまメーカーの人に聞ける機会があり確認しました)。この点については見れば分かるのですが、説明書に一言書いてあってもいいかなとは思いました。

この製品を使って一番好印象だったのが、CPU用のEPS4+4PINケーブルに余裕があったことです。前述のFSPの750W電源は裏配線時に長さがギリで取り回ししずらかったです。

デザインも質感も高級感があり良いと思いますし、使い始めたばかりではありますが問題点は見当たりません。

レンダリング用途で購入したのですが、BlenderのClassroomのGPUレンダリング時での手持ちのワットメーターの読みでPC全体の消費電力が350〜390Wでした。
3DMARKのTimeSpyも実行してみたところ、ワットメーターの読みでPC全体の消費電力が最大550Wまで上がりました。
Blenderでのレンダリング中はCPUはあまり使わないけど、3DMARKだとCPUとGPUを併用するので消費電力が上がるということですかね。ちなみにCPUは11700Kです。

電源容量の余裕は心の余裕ということで、いずれにせよ1000Wあれば安心して使えますが、850Wでも支障なく使えるかもしれません。

参考になった5人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
容量5
安定性5
静音性5
コネクタ数5
サイズ5
不満なし

先日投稿したレビューで、「BlenderのClassroomのGPUレンダリング時での手持ちのワットメーターの読みでPC全体の消費電力が350〜390W」と書きましたが、その後3DMARKのTimeSpyを実行してみたところ、ワットメーターの読みでPC全体の消費電力が最大550Wまで上がりました。
一応、情報修正のために投稿します。

Blenderでのレンダリング中はCPUはあまり使わないけど、3DMARKだとCPUとGPUを併用するので消費電力が上がるということですかね。ちなみにCPUは11700Kです。

参考になった0

満足度5
デザイン5
容量5
安定性5
静音性5
コネクタ数5
サイズ5
不満なし

RTX4080の購入に伴い1000W電源に買い換えました。
FSP Hydro GSM Lite PRO 750Wからの買い替えです。750Wでもギリ足りそうでしたが念のための購入です。
実のところ価格面でFSPのHydro G PRO ATX3.0 (PCIe5.0) 1000Wが欲しかったのですが、入手できずにこちらを購入したといのもあります。

変換ではなく12VHPWRケーブル1本ですっきり配線できるのはやはりよいです。
私見ですがRTX4090より低電力ですので燃える云々は問題ないだろうと思っています。
グラボもMSIなので万一12VHPWRの電源トラブルが起きたときに同じメーカーにしておいた方がサポート的にいいかなと思ったのもあります。実際に意味があるか分かりませんが。

前述のFSPの電源との入れ替えで一番好印象だったのがCPU用のEPS4+4PINケーブル長に余裕があったことです。FSPの電源は裏配線時にギリだったので。

デザイン的にも質感的にも高級感があり不満はありません。

電源容量の余裕は心の余裕ということで余裕を持ちたい方は1000W電源はいいと思います。が、BlenderのClassroomのGPUレンダリング時での手持ちのワットメーターの読みでPC全体の消費電力が350〜390Wなので、まあRTX4080なら850W電源とかでも支障はないかもです。

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「MPG A1000G PCIE5」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
12VHPWR対応電源ユニット  4 2022年11月30日 06:05
不満なし  5 2022年11月22日 13:17
無難なATX3.0電源  4 2022年11月12日 14:13
これ以上の電源はない。  5 2022年11月6日 18:20

MPG A1000G PCIE5のレビューを見る(レビュアー数:4人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

MPG A1000G PCIE5のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

MPG A1000G PCIE5
MSI

MPG A1000G PCIE5

最安価格(税込):¥31,963発売日:2022年10月28日 価格.comの安さの理由は?

MPG A1000G PCIE5をお気に入り製品に追加する <51

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(電源ユニット)

ご注意