『スタバでテスト。味再現性はGood。不況時でも生活の質を維持。』 シロカ カフェばこPRO SC-C251 多賀一晃さんのレビュー・評価

2022年10月15日 発売

カフェばこPRO SC-C251

  • 好みの挽き目と抽出温度を選べるコーン式全自動コーヒーメーカー。豆の挽きムラを抑え、雑味の少ない風味豊かなコーヒーに仕上がる。
  • 豆と水の計量は不要で、マグカップに直接抽出する「じかマグ」も可能。「ミルお手入れモード」や「クリーニングモード」を備え、手入れが楽。
  • 挽き目ごとの挽き時間設定や、ミル単独で使える「ミルのみモード」、デカフェの豆をおいしく淹れる専用コースを搭載。
カフェばこPRO SC-C251 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥27,100

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥27,100¥29,700 (22店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥27,100 〜 ¥27,100 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

容量:6杯 フィルター:紙フィルター/メッシュフィルター コーヒー:○ カフェばこPRO SC-C251のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • カフェばこPRO SC-C251の価格比較
  • カフェばこPRO SC-C251の店頭購入
  • カフェばこPRO SC-C251のスペック・仕様
  • カフェばこPRO SC-C251のレビュー
  • カフェばこPRO SC-C251のクチコミ
  • カフェばこPRO SC-C251の画像・動画
  • カフェばこPRO SC-C251のピックアップリスト
  • カフェばこPRO SC-C251のオークション

カフェばこPRO SC-C251シロカ

最安価格(税込):¥27,100 (前週比:±0 ) 発売日:2022年10月15日

  • カフェばこPRO SC-C251の価格比較
  • カフェばこPRO SC-C251の店頭購入
  • カフェばこPRO SC-C251のスペック・仕様
  • カフェばこPRO SC-C251のレビュー
  • カフェばこPRO SC-C251のクチコミ
  • カフェばこPRO SC-C251の画像・動画
  • カフェばこPRO SC-C251のピックアップリスト
  • カフェばこPRO SC-C251のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > コーヒーメーカー > シロカ > カフェばこPRO SC-C251

『スタバでテスト。味再現性はGood。不況時でも生活の質を維持。』 多賀一晃さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

カフェばこPRO SC-C251のレビューを書く

多賀一晃さん

  • レビュー投稿数:413件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の…続きを読む

満足度5
デザイン4
使いやすさ5
機能性4
保温性4
手入れのしやすさ5
サイズ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

スタバでテスト。味再現性はGood。不況時でも生活の質を維持。

本体。赤坂のホテルニューオータニに似たシルエット。

ホッパー。開けたところ。スタバらしい深い焙煎の豆が強い香りを放つ。

水タンク。窓から見た水位の視認性は悪い。

当モデルの目玉。コーン式に使われるコニカル刃。

抽出バスケット。工夫の余地がものすごくある。

コンソール。操作ボタンが周りに並ぶ。炊飯器に似たレイアウト。

シロカには、カフェばこと言うコーヒーメーカーがあります。1人用で、実にコンパクト。コーヒー豆を挽き、抽出ができるモデルですが、あまりにもコンパクトなので、「本当に上手くコーヒーができるの?」と愚問が出てしまうほどです。中を開いてみると、かなり簡素。ドリップ方式ですが、見慣れたドリップとはちょっと異なります。ただそのモデルでも、美味しいコーヒーが飲める。ここが、コーヒー他、嗜好品の面白いところ。すごい道具があると、美味しく淹れられるわけではないですし、理にかなっていれば、一見トリッキーでも美味しく淹れられう。カフェばこは、かなり不思議な、気になるモデルです。

私は、カフェばこ最大の長所は、「コーヒー豆」を使うところにあると考えています。コーヒー豆は、コーヒー粉に比べて、保存性に優れます。風味が長持ちします。コーヒー粉の場合は、10日もすると、かなり風味が落ちますが、コーヒー豆だと1ヵ月ぐらいは頑張れます。コーヒーを大量摂取しない、ゆっくりコーヒー豆を消費していく人に人にとっては嬉しいモデルです。

そして今秋出たのが、カフェばこ PRO(以下 PRO)。こちらは、かなりいじることができます。カフェばこでは、メーカーの言いなりというか、どちらかと言うと自分の好きな条件でコーヒーを入れることができないため、美味しく淹れられても、コーヒー好きには、欲求不満が溜まるところがありました。PROだと、いろいろなところがいじれます。

これくらい面白いのかを試すため、メーカーから貸し出してもらい、テストしました。

まずは、コーヒー豆を入れるホッパーから。PROはホッパーにコーヒー豆を入れ、飲む量に応じて豆を自動計測、ミル(コーヒー豆挽き)に送られます。ホッパーは最大200g、多くのコーヒー豆は一度に全部入れることが可能です。まぁ、私がテストで使っている、スターバックス ハウスブレンドは 250g。ちょっと余ってしまいます。

次は水入れ。水タンクは取り外すことができますし、手探りにはなりますが、真正面から手を伸ばし、水タンクをはめることが可能なので、特には問題はありません。目盛が打たれている窓は、中がちょっと見えにくいです。

コーヒーメーカーは、飲みたいコーヒーの量から逆算して、全ての量を決めていきます。PROの単位は、120mlのレギュラーと180mlのマグ。私の場合、愛用のマグカップは240mlですから、レギュラー基準で合わせていきます。このあたりは、マグという言葉ではなく、自分の愛用マグを実際に計ってみて決めてください。コーヒーを淹れるのも含めて、調理は科学。このため、真のコーヒー好きは、スケーラーと温度計を手放しません。

そして、次は粉の細かさを決めます。コーヒーは粗い粉の場合は、あっさりした、どちらかと言うと酸味が強い味になります。そして細かいと苦味が強い味になります。コーヒーはこの酸味と苦味のバランスを楽しむものですから、その調整です。シロカがこの過程でこだわったのは、挽き刃です。コーヒー豆は非常に硬いもので、通常のブレンダーだと、氷屋の氷のように歯が立ちません。それはともかく、刃は大きく2つに大別されます。1つはプロペラ刃。ハンドブレンダーなどで有名ですね。もう1つはコニカル刃と呼ばれるもので臼状です。人間の歯でいうと、前歯と奥歯の違いです。

コーヒーを美味しく抽出するためには「均一」が必要です。挽いた時の粒子形状、粒子径は一定であることが望ましいです。しかも、モノが強く当たると摩擦熱がでます。コーヒーの風味は揮発性。熱を抑えるのがポイントになります。

だからこそ、コーヒーは価格に応じて、いろいろなミル(グラインダーとも言います)が発売されているのです。シロカもしっかりこのこだわりを継承していています。品名に、「コーン式」(臼の形が円錐なのでこう呼ばれる)と付いているのは、そのためです。プロペラ刃はシンプルで安価ですが、カッテイングですから、形状、粒径共にバラバラ。コニカル刃は高価ですが、すり潰す感じで、形状、粒径共均一になります。

これに対し、抽出部分はあまり凝ってないように感じられます。実は、コーヒー粉を買ってきて、抽出にこだわる人の方が人数的には多いかもしれません。が、ここは決め打ちされています。ちょっと面白い、台形ペーパーフィルターと一つ穴の組み合わせです。基本、台形ペーパーフィルターは三つ穴。三つ穴ドリッパーは、長い間使われているドリッパーで、ファンも多い。しかし、今はスペシャリティコーヒー愛好者も多い。こちらはの方は、一つ穴ドリッパーが強いです。ペーパーフィルターも特殊な円錐形のものを使います。台形フィルターは、どのスーパーにも置いてありますが、円錐ペーパーフィルターはなかなか置いてありません。入手難易度が全然違うのです。そのために、合わせた仕様にしたのかも知れません。また、SDG'sなどを考えると、初めからメタルフィルターもありだと思います。この辺りは、ユーザー個人の趣味かも知れませんが・・・。

さて淹れて飲んでみると、ほぼ店の味を再現できました。まぁ、楽に、美味しいコーヒーを淹れられるわけです。

しかし、PROと言い張るなら、抽出部の充実も図りたいと思うのは私だけでしょうか?
それでもできはかなりのモノ。あーだこーだと思ったことを指摘しましたが、店舗の味再現的には満足いくレベル。スタバを多用しすぎてスタバ破産するくらいなら、ステンレスボトルに、カフェばこ PRO、そしてスターバックスの豆で、コストパフォーマンスが圧倒的に良いコーヒーライフを楽しむことができます。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「カフェばこPRO SC-C251」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

カフェばこPRO SC-C251のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

カフェばこPRO SC-C251
シロカ

カフェばこPRO SC-C251

最安価格(税込):¥27,100発売日:2022年10月15日 価格.comの安さの理由は?

カフェばこPRO SC-C251をお気に入り製品に追加する <118

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(コーヒーメーカー)

ご注意