『エクストレイルのオーテック納車→前車のアリア比較レビュー』 日産 エクストレイル 2022年モデル カプチーノ555さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > エクストレイル 2022年モデル

『エクストレイルのオーテック納車→前車のアリア比較レビュー』 カプチーノ555さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

エクストレイル 2022年モデルのレビューを書く

カプチーノ555さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:227人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
40件
太陽光発電 なんでも掲示板
0件
8件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費無評価
価格5
エクストレイルのオーテック納車→前車のアリア比較レビュー

前車のアリア(B6 2WD)が評価基準です。

随所にアリアとの比較有りますが、
私はアリア好きなので否定やアンチの類いではありません。

アリアの前は、リーフで、電動車3台目です。

現在家族5人、ミニバン+軽+エクストレイルの体制です。
釣り、キャンプ、雪山など数名で出掛けます。峠道での軽快なモーター走行、、これに憧れてE4orceを選びました。

1500wコンセントもポイントです。
地味に嬉しいです。

サイズ感、形状、価格で競合車はあるかもしれませんが、今回のエクストレイルはニッチな立ち位置だと思います。

納期の都合もあり今回はエクストレイルを注文しました。

購入車は事前にディーラーがメーカーへ
発注していたの車両です。所謂、即納車です。リスト見ましたが20台くらい有りました。

恐らく発表前に予約などで注文した場合より半年以上納車が早いです。

最近の新車の販売方式、悩ましいですね。
予約や発表後にすぐ注文した人よりも
納期早いって何。

展示、未登録在庫ではないです。
もちろん試乗車でもないです。

結果、納期ですが
注文日を入れても16日後に納車でした。
本当に早いです。頭が下がります。

実はこのオーテック仕様、私より先に押さえていた人が居ましたが、その人がローン落ちたらしく。。。話が来ました。

仕様はオーテックアドバンスドです。
(GグレードのE4orceでオーテック仕様です)

【エクステリア】
オーテックのカスピアンブルーxブラックのツートンでLEDデイライトでザ・オーテック
です。
結構好きです。

【インテリア】

アリアからの乗り換えなので操作系は大体一緒です。
エアコンなどの物理スイッチが押しやすく
実用性重視です。
フル装備で全く不満はございません。
オーテック仕様で良かったと思える内容です。

【エンジン性能】

普段は黒子に徹しているが、アクセルを踏み込んだ加速時には回転数が上がり音も非常に盛り上がります。
ガソリンターボとモーターのいいとこ取りです。これは気持ちいいです。

【走行性能】

Youtubeの動画では、0-100km加速 実測6.1秒らしいです。
モーターのトルクなのでパワーは十分です。

エクストレイルは、フロント150kw+リア100kwでトータル出力150kwです。
E4ORCEの特性で同150kwの2WDより加速が良いみたいです。

そういえば、
「試乗の際にスノーモードを試して下さい」

そんな台詞をインターネットで見た記憶があり、納車直後に試しました。

オートホールドからの解除が更に滑かになり、車速と連動して車体が地面に張り付く感じがします。

しかも、走行姿勢がフラットで加減速時に、
アクセルを踏もうが抜こうが乗員の頭が揺れない。これがE4orceだと知りました。
雪で滑らない制御ですからそうなりますね。

ここまでの完成度とは思っていなかったので
正直驚きました。
ミシュランの20インチタイヤの影響もあると思います。

前車のアリアのB6(2WD)とは全く異なる走行特性です。
やはりアリアはE4orceでマイナーチェンジ後に最チャレンジしたいですね。

ハンドルは軽く、綺麗にコーナーを曲がってくれます。
1900kg近い車なのか疑わしいです。

【乗り心地】
B6アリアからの比較ですが路面の入力の角がとれてます。でこぼこ道もそつなくこなします。
高速は乗ってないので分かりません。

アクティブノイズキャンセリングで音も静かです。
20インチですが荒れた路面も気にならず。

マイルドな癖にE4orceによるハンドリングマシン。

停車時、走行時の揺れが嫌で売却したアリアよりマイルドです。
不満はありません。走行モードで印象は変わります。

これは重量物のサンルーフレスの影響もあるかもしれません。アリアはサンルーフ付きでした。

【燃費】
走行キロ数キロなので割愛します。

【価格】
あのエクストレイルが400〜500万円?高い?
そこに物があり購入できるだけ有難いです。

日本という小さなマーケットでここまで頑張ってくれたと感謝してます。
関係者の皆様有り難うございます。

もはや、今までのエクストレイルという名前の車とは別車両です。

過去の同じ車両の名前を基準に比較しても意味がありません。
他のメーカーも一緒だと思います。

正当な対価だと思います。

【総評】

仕組みは異なりますが、海外で先行してローグ?として販売実績があります。
やはりそこにはノウハウがあり、
しっかり日本向けに対応してきています。
既存の仕組みを組み合わせた新機構には
なりますが、オールニューの車に比べ
多少の安心感はあります。

ただ、
2年以上前のコンセプト時代のアリアの旨味をノートやオーラ、エクストレイルに持っていかれてる感が。。鮮度が落ちてます。

事情があると思いますが元アリアオーナーとして年次改良、納期改善、期待してます。

最後に、
新製品なので細かな不具合は出ると思いますが、そこは人のやることです。
楽しむベクトルを間違えないようにしたいです。


【追記】

納車一ヶ月レビューです。

現在走行性能、快適性バッチリです。

但し、条件がつきます。
バッテリー容量が小さい為か空調(冷房、暖房)を使用するとすぐにエンジンがかかります。

で。
バッテリーの多いエクストレイルのような車がないのかと考えていたら、有るじゃないですか、アウトランダーPHEVが(笑)

実は最初に候補に上がったのですが
結構前に妻の意見でカットされていました。

今年は、リーフ→アリア→エクストレイル→? ……。

試乗した感じでは乗りやすく、
これが2130kg?と疑問符。
エクストレイルより250kg重いはずが
肩透かしを食う。

グレードとMOPは組み合わせが親切で親切。
中間グレードでもサンルーフ選べるし、なんなら最低グレードでも4WDで1500wコンセント、ナビついてるし。補助金も出るのか。………(´Д`)

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車

参考になった109人(再レビュー後:28人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費無評価
価格5
エクストレイルのオーテック納車→前車のアリア比較レビュー

前車のアリア(B6 2WD)が評価基準です。

随所にアリアとの比較有りますが、
私はアリア好きなので否定やアンチの類いではありません。

アリアの前は、リーフで、電動車3台目です。

現在家族5人、ミニバン+軽+エクストレイルの体制です。
釣り、キャンプ、雪山など数名で出掛けます。峠道での軽快なモーター走行、、これに憧れてE4orceを選びました。

1500wコンセントもポイントです。
地味に嬉しいです。

この車種の競合は有るとすると兄弟車のアウトランダーPHEVでしょうか。あちらも良い車です。かなり悩みました。ただ、納期が。。

サイズ感、形状、価格で競合車はあるかもしれませんが、今回のエクストレイルはニッチな立ち位置だと思います。

納期の都合もあり今回はエクストレイルを注文しました。

購入車は事前にディーラーがメーカーへ
発注していたの車両です。所謂、即納車です。リスト見ましたが20台くらい有りました。

恐らく発表前に予約などで注文した場合より半年以上納車が早いです。

最近の新車の販売方式、悩ましいですね。
予約や発表後にすぐ注文した人よりも
納期早いって何。

展示、未登録在庫ではないです。
もちろん試乗車でもないです。

結果、納期ですが
注文日を入れても16日後に納車でした。
本当に早いです。頭が下がります。

実はこのオーテック仕様、私より先に押さえていた人が居ましたが、その人がローン落ちたらしく。。。話が来ました。

仕様はオーテックアドバンスドです。
(GグレードのE4orceでオーテック仕様です)

【エクステリア】
オーテックのカスピアンブルーxブラックのツートンでLEDデイライトでザ・オーテック
です。
結構好きです。

【インテリア】

アリアからの乗り換えなので操作系は大体一緒です。
エアコンなどの物理スイッチが押しやすく
実用性重視です。
フル装備で全く不満はございません。
オーテック仕様で良かったと思える内容です。

【エンジン性能】

普段は黒子に徹しているが、アクセルを踏み込んだ加速時には回転数が上がり音も非常に盛り上がります。
ガソリンターボとモーターのいいとこ取りです。これは気持ちいいです。

【走行性能】

0-100km加速 実測6.1秒らしいです。
モーターのトルクなのでパワーは十分です。

エクストレイルは、フロント150kw+リア100kwでトータル出力150kwですが、
E4ORCEの特性で同150kwの2WDより加速が良いみたいです。

そういえば、
「試乗の際にスノーモードを試して下さい」

そんな台詞をインターネットで見た記憶があり、納車直後に試しました。

オートホールドからの解除が更に滑かになり、車速と連動して車体が地面に張り付く感じがします。

しかも、走行姿勢がフラットで加減速時に、
アクセルを踏もうが抜こうが乗員の頭が揺れない。これがE4orceだと知りました。
雪で滑らない制御ですからそうなりますね。

ここまでの完成度とは思っていなかったので
正直驚きました。
ミシュランの20インチタイヤの影響もあると思います。

前車のアリアのB6(2WD)とは全く異なる走行特性です。
やはりアリアはE4orceでマイナーチェンジ後に最チャレンジしたいですね。

思い返すと、スバルのレガシィの4WD、日産のスカイラインのfour系、アウディのクアトロ、、すべて違いました。

ハンドルは軽く、綺麗にコーナーを曲がってくれます。
1900kg近い車なのか疑わしいです。

【乗り心地】
B6アリアからの比較ですが路面の入力の角がとれてます。でこぼこ道もそつなくこなします。
高速は乗ってないので分かりません。

アクティブノイズキャンセリングで音も静かです。
20インチですが荒れた路面も気にならず。

マイルドな癖にE4orceによるハンドリングマシン。

停車時、走行時の揺れが嫌で売却したアリアよりマイルドです。
不満はありません。走行モードで印象は変わります。

これは重量物のサンルーフレスの影響もあるかもしれません。アリアはサンルーフ付き。
スノーモードは絶品です。
前後に揺れてたら滑りそうですね。

【燃費】
走行キロ数キロなので割愛します。

【価格】
あのエクストレイルが400〜500万円?高い?

高い安いは個人の価値観。欲しくて買える人が買えばいいです。
そこに物があり購入できるだけ有難いです。

日本という小さなマーケットでここまで頑張ってくれたと感謝してます。
関係者の皆様有り難うございます。

もはや、今までのエクストレイルという名前の車とは別車両です。

そう言う意味では、外車みたくアルファベット表記だと分かりやすいです。

過去の同じ車両の名前を基準に比較しても意味がありません。
他のメーカーも一緒だと思います。

正当な対価だと思います。

【総評】

リーフで電動化の素晴らしさを知り、アリアで新型プラットフォームへの可能性を知り、
今回のエクストレイルに落ち着きました。

仕組みは異なりますが、海外で先行してローグ?として販売実績があります。
やはりそこにはノウハウがあり、
しっかり日本向けに対応してきています。
既存の仕組みを組み合わせた新機構には
なりますが、オールニューの車に比べ
多少の安心感はあります。

ただ、
2年以上前のコンセプト時代のアリアの旨味をノートやオーラ、エクストレイルに持っていかれてる感が。。鮮度が落ちてます。

事情があると思いますが元アリアオーナーとして年次改良、納期改善、期待してます。

最後に、
新製品なので細かな不具合は出ると想いますが、そこは人のやることです。
楽しむベクトルを間違えないようにしたいです。

気楽に使える道具として。
ガシガシ使えるタフギアとして家族と楽しみたい(モノより思い出)と思います。

最後までお付き合い有り難うございます。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車

参考になった81

 
 
 
 
 
 

「エクストレイル 2022年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

エクストレイル 2022年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

エクストレイル 2022年モデル
日産

エクストレイル 2022年モデル

新車価格:319〜449万円

中古車価格:349〜570万円

エクストレイル 2022年モデルをお気に入り製品に追加する <832

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

エクストレイルの中古車 (全4モデル/5,697物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意