『★う〜ん、困った・・・本当に素晴らしいクルマなのに!』 日産 エクストレイル 2022年モデル bona patitucciさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > エクストレイル 2022年モデル

『★う〜ん、困った・・・本当に素晴らしいクルマなのに!』 bona patitucciさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

エクストレイル 2022年モデルのレビューを書く

bona patitucciさん

  • レビュー投稿数:56件
  • 累計支持数:3326人
  • ファン数:3人
満足度4
エクステリア2
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3
★う〜ん、困った・・・本当に素晴らしいクルマなのに!

このクルマは簡単に言えば大きなKICKSですが、しかし単に大きなKICKSではありません。
予想を上回るとにかく素晴らしい出来でした。
ただの1点を除けば・・・う〜ん・・・


【インテリア】
インテリアの出来がまずは秀逸でした。
ステアリング周りや12.3インチ大型フル液晶メーターなどはオーラと同じ(フル液晶メーターは先に出た新型アウトランダーと同じパーツ)ですでに既出のものですが、国産車ではまだまだ先進的で魅力的。
そして純正ナビも同じ12.3インチで大型。

化粧パネルの使い方も最近の国産はマツダ車を中心に上手くなって来ましたが、エクストレイルも「ただのプラスチック」部分がほとんどなく、木目調かヘアライン仕上げでまとめてあって悪くありません。

シートの出来も非常に良く、心地よい触感の新素材「TailorFit(テーラーフィット)」が好印象。
張りはしっかりあるが硬過ぎず、成型が絶妙でとにかく収まりが良い。
これは長距離運転で疲労が少なそうです。
最近の国産新型車は良いシートを持つモデルが多くなりましたが、この新型エクストレイルもそんな中の1台と言えます。
こうなるとエクストリーマーXの防水シートの出来も非常に気になりますね。

荷室も後席を倒せばほぼフラットで、思い切り段差の出来るKICKSとは広さも含め使い勝手は比較になりません。


【動力性能】
充分速いです。
三菱新型アウトランダーも相当速いですが、この新型エクストレイルも同様です。
BEVのアリアと同じモーターを搭載しているとのことで、アクセルの踏みしろがほんの少しでもクルマがトンッと前に出て、エンジン車では想像出来ないスムーズさでヒュイ〜〜〜ンと加速して行きます。
相当踏み込んだ場面でも常識的な速度域内であれば頭打ちになることはなく、静かなままグングン加速して行きます。

どんなクルマも全開加速すれば気持ちいいものですが、新型エクストレイルは軽く踏むだけで気持ちいいわけで、ということはこの「気持ちいい!」を信号待ちからスタートするたびに味わえるということになります。
これは強力なモーターを動力源とするこのクルマの大きな美点です。

ちなみにエンジン音はしますが、かなり遠くで鳴っている感じで、KICKS以上に遮音してあるのはすぐ分かりますし、新型VCターボエンジンはもしかすると音そのものもいいかも知れません。
聞こえて来る音は高回転型の軽やかな気持ちいい音でした。
低周波帯を上手く抑え込んでいるようで、初期のe-POWERのように加速するたびに「ブォ〜ンブォ〜ン」でがっかりさせられることはありません。


【走行性能】
正直、短時間の街乗りで日産独自の新システム、e-4ORCEの実力は分かりません。
ただ、交差点への侵入時などブレーキを踏みながらハンドルを切る場面でのピッチングの少なさはちょっと違和感を感じるほどで個人的には昔、親が乗っていたシトロエンのハイドロサスペンションを思い出しました。
それくらいのフラット感です。

e-Pedalも減速フィールがさらに洗練された印象で、相変わらず完全停止まではしませんが、滑らかに時速15km程度まで減速してくれるので、慣れれば交差点で全くブレーキを踏むことなく曲がることも可能ですし、上手く使えばブレーキパッドの減りも極少で済むことでしょう。


【乗り心地】
試乗車のタイヤは19インチで大径でしたが、乗り心地は良好でした。
いつもわざと舗装の悪い川沿いを試乗するのですが、凹凸を上手く吸収してなおかつ前述のフラット感で走ってくれるため、かなりの高級感です。
悪路をぐらんぐらんと揺れながら走るSUVのイメージは薄く、背の高い高級セダンに乗っているようでしたので、ワイルドな4駆の乗り味が好きな方だとちょっとがっかり(?)するかも知れません。
なお、19インチでも全然いいのですが、ふわふわ好きの私的にはXグレードの18インチも試してみたいところです。


【静粛性】
エンジン停止中は走行中でもめちゃくちゃ静かです。
モータードライブの大敵は「ロードノイズ」と「風切り音」ですが、どちらも街乗りレベルではとてもよく抑え込まれていました。
ちなみに試乗後、ディーラーへ戻り、起動したままの車内で装備の説明を受けていたのですが、さすがにこの状態でエンジンがかかるとブルっと来て分かりますね。
でもこれは完全なEV以外(PHEVなど)は仕方ないですよね。


【総評】
ここまでエクステリアの話をしてきませんでしたが、外観は好みの世界なのでこの顔が好きならそれでいいと思います。
が、個人的には理解に苦しむというのが正直なところです。

日産はこの「Vモーショングリル」という手法を使って、メルセデスやBMW、日本ならレクサスやマツダのようにフロントフェイスで独自のアイデンティティを確立したくて仕方ないのだと思いますが、どの車種を見てもV字を主張するこの手法を昇華出来ていません。
これだけ何車種もV字の顔で出しているのにどういうことなのでしょうか?
未だに持て余し、どう料理すればよいか迷っているようにしか見えません。

Vにこだわりつつ上質かつ愛される顔を作り上げることが出来れば問題ありませんが、今のままでは「V字を使うことが最優先で、かっこいいクルマを作り上げることは二の次」と考えてるように思えてなりません。
個人的にはVはどうでもいいのでかっこいいクルマを作って欲しいのですが・・・

ちなみに欧州で売っているキャシュカイの方がずっといい感じです。
このキャシュカイをエクストレイルとネーミングして日本で売ればよかったのに・・・

素晴らしく気持ちのいいVCターボe-POWERとe-4ORCE、センスあるインテリアなど日産が持つ最新技術がてんこ盛りでこれら全てが高次元で融合した新型エクストレイル。
クルマは最高なのに顔が・・・という、新型アウトランダーと同じ悩みがまたここでも出て来てしまいました。
う〜ん、本当に本当に素晴らしいクルマなのに!

長文失礼いたしましたm(_ _)m

レビュー対象車
試乗

参考になった35

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「エクストレイル 2022年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

エクストレイル 2022年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

エクストレイル 2022年モデル
日産

エクストレイル 2022年モデル

新車価格:319〜449万円

中古車価格:349〜570万円

エクストレイル 2022年モデルをお気に入り製品に追加する <832

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

エクストレイルの中古車 (全4モデル/5,615物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意