『電動モーターの動力を味わう車』 日産 エクストレイル 2022年モデル 新・元住ブレーメンさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > エクストレイル 2022年モデル

『電動モーターの動力を味わう車』 新・元住ブレーメンさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

エクストレイル 2022年モデルのレビューを書く

新・元住ブレーメンさん

  • レビュー投稿数:79件
  • 累計支持数:829人
  • ファン数:21人
満足度3
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地2
燃費無評価
価格3
電動モーターの動力を味わう車

ディーラー試乗。グレードはG e-4ORCEでした。

【エクステリア】悪くはない。綺麗な曲線だが抑揚は少ない。試乗車が黒だったためか、ちょっと間伸びして見える。明るい色のメタリックだと印象は変わるかもしれないが「カッコイイ」という感じは全くしない。ただ、キャラクターラインがガチャガチャしている車よりはよっぽど良い。表情含め、最近のプジョーに似てるかも、と感じた。サイズはカタログで見るより小さく感じ、日本の道路事情でも無理なく使えそう。

【インテリア】試乗車はタンのナッパレザーシートだったが、先日試乗した、レクサスのNX PHVと比較できるレベルと感じる。ブラックのウッドトリムなども含め、美しく精緻な印象。一方で、センターの操作性は両車ともミニコンっぽくてガチャガチャした印象で、もう一歩洗練して欲しい。シートはマッサージこそないが、ヒーターもベンチレーターも装備しており、調整は電動で項目もたくさんある。ミラーと連動するシートポジションメモリーが二種類登録できる。リアミラーは鏡とカメラ映像と切り替えられるが、ドラレコとは連動していない。

【エンジン性能】レンジエクステンダーEVという成り立ちなので、駆動は完全に電動モーター。エンジンは発電するだけだが、発電量・効率を増やすために可変圧縮にターボを組み合わせた意欲的な仕様。電動車らしく、ゼロからの発進はスムーズかつ力強く、トルクがいきなり立ち上がり、背中に圧力を感じる。直角コーナーなど、コーナリングスピードがほぼゼロになったところから加速する時ももたつきが一切ないので、スイスイ走れる。1500cc車として登録できるのは税金的にちょっとお得。

【走行性能】この車の弱点の一つがボディ剛性で、それが走行フィーリングを大きく支配している。まず、ドアを開けて閉めるだけで、軽いペラペラな印象を感じる。走り出して歩道を渡り、車道に出て進行方向に直角に曲がるだけで小さな揺り返しが2-3回起きる。柔らかくて収まりの悪いサスペンション。前ストラット、後マルチリンクという、日産お得意の構成だが、ちょっとまだチューニングが煮詰まっていない印象。ショックの伸び側を固くして、タイヤをインチダウンすると随分違うのではと感じる。ステアリングはちょうど良い軽さとちょうど良いステアリングインフォメーションで、疲れが少ない印象。最低地上高は185mmとそんなに高いわけではないので、アウトドア用途は注意して使用する必要がある。

【乗り心地】SUVにしては柔らかく、かつ収まりが悪いのと、重心が高いので、フワフワとなかなか落ち着かない。タイヤのショルダー剛性が低いのか、タイヤがよじれるような感覚もある。ハンドリングの印象は良かった割にボディ側がついてきていない印象。年改で改良されていくことに期待する。

【燃費】試乗でちょっと走っただけなので、無評価。ただディーラーの営業は、電動車は高速が苦手で、この車も例外ではなく、HV/PHVに一番差をつけられるとのこと。普通のエンジン車は車速が上がってギアが上がると、エンジンの回転数あたりの走る距離が増加し、燃費は良くなる。この車はギアがなく、とにかくモーターの回転数が上がるだけなので、高速では自家発電機の負荷が高くなる上、ブレーキをかける機会が少なくなるので回生もできない。電池の容量はPHVのRAV4/レクサスNXの1/10しかなく、家庭の電源から充電することはできず、とにかく自家発電機(エンジン)で発電してモーターを回すしかないので、燃費を期待して買う車ではない。

【価格】私がもらった見積もりは、値引き前で乗り出し560万円ほどだった。充電の心配がいらない、充電のできないEVとして、完全にモーターで走ることを味わう車として、評価は分かれると感じる。

【総評】この車はBEVの特徴のうち、「ゼロエミッションで走れる」「家庭用電源で充電することで経済的に走れる」ことを捨てて、「モーターで走る新しい感覚(ゼロスタートから最大トルクを発生するなど)」ことを電池切れの心配なく味わえることが特徴と感じた。ボディ剛性は誉められたモノではないが、内装の質感は高く、静粛性も優秀。また、今回試せたわけではないが、e-4ORCEは本格的電動四駆として相当な勢いでアピールしており、トヨタの自信なさげなE-fourよりは雪道や林道で頼りになるはず。総じて、この車はレジャー用として海山に躊躇わず行くことができ、モーターの特性で力強い低速域を楽しめ、充電の心配がいらない、趣味の車と感じた。経済性を重視する人には、価格も含めて向かない。価格の割に「いい車感」がないことも残念。

レビュー対象車
試乗

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「エクストレイル 2022年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

エクストレイル 2022年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

エクストレイル 2022年モデル
日産

エクストレイル 2022年モデル

新車価格:319〜449万円

中古車価格:419〜518万円

エクストレイル 2022年モデルをお気に入り製品に追加する <817

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

エクストレイルの中古車 (全4モデル/5,263物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意