『コスパの高い動体撮影カメラだが、R3を期待してはいけない』 CANON EOS R7 ボディ yidlerさんのレビュー・評価

2022年 6月23日 発売

EOS R7 ボディ

  • RFマウントを採用する「EOS Rシステム」のAPS-Cハイエンドモデルのミラーレスカメラ。有効画素数最大約3250万画素APS-CサイズCMOSセンサーを搭載。
  • メカシャッター/電子先幕による撮影時はAF/AE追従で最高約15コマ/秒、電子シャッターによる撮影時はAF/AE追従で最高約30コマ/秒の高速連写が可能。
  • APS-CサイズCMOSセンサーと映像エンジン「DIGIC X」により高解像性能を実現。7Kオーバーサンプリングによる高画質な4K動画撮影ができる。
EOS R7 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る
最安価格(税込):

¥178,002

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥178,002¥254,588 (35店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥178,002 〜 ¥197,780 (全国703店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:3440万画素(総画素)/3250万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/22.3mm×14.8mm/CMOS 重量:530g EOS R7 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • EOS R7 ボディの価格比較
  • EOS R7 ボディの中古価格比較
  • EOS R7 ボディの買取価格
  • EOS R7 ボディの店頭購入
  • EOS R7 ボディのスペック・仕様
  • EOS R7 ボディの純正オプション
  • EOS R7 ボディのレビュー
  • EOS R7 ボディのクチコミ
  • EOS R7 ボディの画像・動画
  • EOS R7 ボディのピックアップリスト
  • EOS R7 ボディのオークション

EOS R7 ボディCANON

最安価格(税込):¥178,002 (前週比:±0 ) 発売日:2022年 6月23日

  • EOS R7 ボディの価格比較
  • EOS R7 ボディの中古価格比較
  • EOS R7 ボディの買取価格
  • EOS R7 ボディの店頭購入
  • EOS R7 ボディのスペック・仕様
  • EOS R7 ボディの純正オプション
  • EOS R7 ボディのレビュー
  • EOS R7 ボディのクチコミ
  • EOS R7 ボディの画像・動画
  • EOS R7 ボディのピックアップリスト
  • EOS R7 ボディのオークション

『コスパの高い動体撮影カメラだが、R3を期待してはいけない』 yidlerさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS R7 ボディのレビューを書く

yidlerさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:234人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
285件
レンズ
3件
26件
デジタルカメラ
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン無評価
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感5
コスパの高い動体撮影カメラだが、R3を期待してはいけない
当機種DeNoise AIでノイズ除去
当機種全域AFで被写体追従無しでも端のヒバリを捕捉
当機種走っていくバンの子供

DeNoise AIでノイズ除去

全域AFで被写体追従無しでも端のヒバリを捕捉

走っていくバンの子供

当機種全域AFのみで燕を捕捉
当機種RAWバーストのプリ撮影
当機種向かってくる燕は辛いけど捕捉可能

全域AFのみで燕を捕捉

RAWバーストのプリ撮影

向かってくる燕は辛いけど捕捉可能

普段はR3 + RF100-500などを使用していますが、比較的軽量な組み合わせとしてRF100-500mmやRF100-400mmの組み合わせを動体撮影の観点で評価しています。
R7の特徴として「R3ゆずりのAF」があるので、R3との比較も行っています

【画質】
APS-Cセンサーとしては良い画質ですが、高感度耐性はあまり高くはありません。
またAPS-C高画素センサーのためレンズ性能も極めて重要になるため、等倍表示で解像感を保ちたいならLレンズ、可能であればその中でも明るい単焦点のLレンズをお勧めします。

とはいえ、RF100-400mmでも等倍鑑賞を目的にしなければ十分に良い写真が撮れます。

【AF】
この価格帯のカメラのAFとしては極めて優秀です。非積層型センサーのカメラの中ではトップクラスのAF機能、AF性能を誇ります。特に被写体検出をOFFにした時のAFは優秀で、全域AFでも素早く飛び回る燕に対してフォーカスをそれなりに合わせることができます。

ただしR3と同等のAFシステムを搭載していますが、同等なのはあくまでも機能面だけです。
AFの速度、安定性、粘り、ピント精度等の性能面はR3と比較すると結構劣ります。特に苦手な被写体(野鳥だとバンなど)、複雑な前景や背景がある場合にやAFが合いにくく合焦した後も少しウロウロするような挙動がR3と比べて目立ちます。このような場合は被写体検出を無効にして通常のAFで撮影した方が安定するため、被写体検出のON/OFFは切り替えられるようにボタン設定をしておくことをお勧めします。

なおR7の場合はRF100-400mmでもRF100-500mmでも、遠くの被写体のフォーカスが大きく外れるとサーチ駆動しても再びフォーカスできることがほとんどありませんでした。こういう時は被写体を追うのを中断して素早くどこかに他の場所にフォーカスを合わせて焦点距離を調整してから再び被写体のフォーカスを試みる、というようなアクションが必要になります。
なおR3 + RF100-500mmの組み合わせだとサーチ駆動でフォーカスが復帰することが多いです。


【動体撮影】
AFが優秀なため動体撮影は問題なく行なえます。EVFもなめらかさ優先にすれば素早い被写体でもレンズを振り回しながら追うことができます。

ただしメカシャッターの場合は連写時にコマ送りとなるため、連写を開始すると被写体を追いながら連写し続けることは結構難しいです。特に素早い被写体だとよほど動きを予測して慣れていないと無理です。どうしても追いながら連写を続けたい場合は照準器を併用することをお勧めします。電子シャッターだとコマ送りはありませんが、レンズを振り回しながらの撮影は歪みが酷いため実用的ではありません。


【総評】
R7はコスパの高い動体撮影カメラです。メカシャッターの連写性能なども考慮すれば非積層型センサー搭載のカメラの中では間違いなくトップクラスです。特にRF100-400という廉価かつ小型軽量のズームレンズの組み合わせで燕の飛翔などの動体撮影も楽しめるのは素晴らしいです。

ただやはりR3は別次元です。
R7は練習や工夫次第で素晴らしい結果を出すこともできますが、R3は練習や工夫なしでも素晴らしい結果を量産できることが多いです。このため「R3ゆずりのAF」とは謳っているものの、動体撮影においてはR3を期待すべきではありません。

レベル
アマチュア
主な被写体
その他

参考になった96人(再レビュー後:51人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン無評価
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感5
コスパの高い動体撮影カメラだが、R3を期待してはいけない
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
 

 

普段はR3 + RF100-500などを使用していますが、手軽な野鳥撮影セットとしてR7 + RF100-400mmの組み合わせを動体撮影の観点で評価しています。
R7の特徴として「R3ゆずりのAF」があるので、R3との比較も行っています

【画質】
APS-Cセンサーとしては良い画質ですが、高感度耐性はあまり高くはありません。
またAPS-C高画素センサーのためレンズ性能も極めて重要になるため、等倍表示で解像感を保ちたいならLレンズ、可能であればその中でも明るい単焦点のLレンズをお勧めします。

とはいえ、RF100-400mmでも等倍鑑賞を目的にしなければ十分に良い写真が撮れます。

【AF】
この価格帯のカメラのAFとしては極めて優秀です。非積層型センサーのカメラの中ではトップクラスのAF機能、AF性能を誇ります。特に被写体検出をOFFにした時のAFは優秀で、全域AFでも素早く飛び回る燕に対してフォーカスをそれなりに合わせることができます。

ただしR3と同等のAFシステムを搭載していますが、同等なのはあくまでも機能面だけです。
AFの速度、安定性、粘り、ピント精度等の性能面はR3と比較すると結構劣ります。特に苦手な被写体(野鳥だとバンなど)、複雑な前景や背景がある場合にやAFが合いにくく合焦した後も少しウロウロするような挙動がR3と比べて目立ちます。このような場合は被写体検出を無効にして通常のAFで撮影した方が安定するため、被写体検出のON/OFFは切り替えられるようにボタン設定をしておくことをお勧めします。

あとRF100-400mmの組み合わせだと、遠くの被写体のフォーカスが大きく外れるとサーチ駆動しても再びフォーカスできることがほとんどありませんでした。こういう時は被写体を追うのを中断して素早くどこかに他の場所にフォーカスを合わせて焦点距離を調整してから再び被写体のフォーカスを試みる、というようなアクションが必要になります。
なおR3 + RF100-500mmの組み合わせだとサーチ駆動でフォーカスが復帰することが多いです。


【動体撮影】
AFが優秀なため動体撮影は問題なく行なえます。EVFもなめらかさ優先にすれば素早い被写体でもレンズを振り回しながら追うことができます。

ただしメカシャッターの場合は連写時にコマ送りとなるため、連写を開始すると被写体を追いながら連写し続けることは結構難しいです。特に素早い被写体だとよほど動きを予測して慣れていないと無理です。どうしても追いながら連写を続けたい場合は照準器を併用することをお勧めします。電子シャッターだとコマ送りはありませんが、レンズを振り回しながらの撮影は歪みが酷いため実用的ではありません。


【総評】
R7はコスパの高い動体撮影カメラです。メカシャッターの連写性能なども考慮すれば非積層型センサー搭載のカメラの中では間違いなくトップクラスです。特にRF100-400という廉価かつ小型軽量のズームレンズの組み合わせで燕の飛翔などの動体撮影も楽しめるのは素晴らしいです。

ただやはりR3は別次元です。
R7は練習や工夫次第で素晴らしい結果を出すこともできますが、R3は練習や工夫なしでも素晴らしい結果を量産できることが多いです。このため「R3ゆずりのAF」とは謳っているものの、動体撮影においてはR3を期待すべきではありません。

レベル
アマチュア
主な被写体
その他

参考になった45

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS R7 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

EOS R7 ボディ
CANON

EOS R7 ボディ

最安価格(税込):¥178,002発売日:2022年 6月23日 価格.comの安さの理由は?

EOS R7 ボディをお気に入り製品に追加する <675

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意