『純粋に写真機としてコスパ良く、追い込めばもっと良くなりそう』 CANON EOS R7 ボディ tyksさんのレビュー・評価

2022年 6月23日 発売

EOS R7 ボディ

  • RFマウントを採用する「EOS Rシステム」のAPS-Cハイエンドモデルのミラーレスカメラ。有効画素数最大約3250万画素APS-CサイズCMOSセンサーを搭載。
  • メカシャッター/電子先幕による撮影時はAF/AE追従で最高約15コマ/秒、電子シャッターによる撮影時はAF/AE追従で最高約30コマ/秒の高速連写が可能。
  • APS-CサイズCMOSセンサーと映像エンジン「DIGIC X」により高解像性能を実現。7Kオーバーサンプリングによる高画質な4K動画撮影ができる。
EOS R7 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥178,002

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥178,002¥254,588 (39店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥178,002 〜 ¥221,000 (全国705店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:3440万画素(総画素)/3250万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/22.3mm×14.8mm/CMOS 重量:530g EOS R7 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • EOS R7 ボディの価格比較
  • EOS R7 ボディの中古価格比較
  • EOS R7 ボディの買取価格
  • EOS R7 ボディの店頭購入
  • EOS R7 ボディのスペック・仕様
  • EOS R7 ボディの純正オプション
  • EOS R7 ボディのレビュー
  • EOS R7 ボディのクチコミ
  • EOS R7 ボディの画像・動画
  • EOS R7 ボディのピックアップリスト
  • EOS R7 ボディのオークション

EOS R7 ボディCANON

最安価格(税込):¥178,002 (前週比:±0 ) 発売日:2022年 6月23日

  • EOS R7 ボディの価格比較
  • EOS R7 ボディの中古価格比較
  • EOS R7 ボディの買取価格
  • EOS R7 ボディの店頭購入
  • EOS R7 ボディのスペック・仕様
  • EOS R7 ボディの純正オプション
  • EOS R7 ボディのレビュー
  • EOS R7 ボディのクチコミ
  • EOS R7 ボディの画像・動画
  • EOS R7 ボディのピックアップリスト
  • EOS R7 ボディのオークション

『純粋に写真機としてコスパ良く、追い込めばもっと良くなりそう』 tyksさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS R7 ボディのレビューを書く

tyksさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5
純粋に写真機としてコスパ良く、追い込めばもっと良くなりそう
当機種ISO100
当機種ISO160
当機種ISO2000

ISO100

ISO160

ISO2000

当機種ISO3200
当機種ISO5000
当機種ISO12800

ISO3200

ISO5000

ISO12800

当方EOS R6 R7所有しており、いままで EOS R5 R RP を所有したことがある者です。

【質感】
今回のコンセプトなら軽いエンジニアリングプラスチックで良い。動画回してもR6では熱問題なかったの省電力なR7でも大丈夫と考える。材質もレンズと一緒で統一感あるし安っぽく見えず気に入っている。耐久性はユーザーよりはるかにメーカーが開発、評価しているだろう。それを踏まえて外装プラ+内部金属であればそれでよい。同構造のR6は1年以上使っているが炎天下の公園も冬の山も一般の人が使う所なら大丈夫でした。

【操作性】
マルチコントローラーのダイヤルは移動なく良いと思うが3ダイヤルほしかった。(SS,F値,露出)
ファインダーもR6と同様にしてほしかった。シャッターボタンもR5,R6のような半押しで反力があるタイプが良かった。反力ないと全押しの境目がわかりずらい。つまりミドルクラスでなくハイアマチュアクラスの操作感が欲しい。それで20万ちょいでも個人的に買い。
グリップはEOS Rみたいな細身で握りやすいグリップになり個人的にしっくりくる。
左目でも覗きダイヤルを回してみても距離があるので指と顔が干渉しなかったが実際そこが気になる人は実機で確認した方が良いと思った。

【画質】
いままでのフルサイズ機より白飛び黒潰れになりやすい傾向。高感度耐性は等倍鑑賞ならISO3ケタ台、使えるレベルなら6400位と思った。高画素のAPS-Cなので高感度管理や被写体の距離など諸条件が揃わないとフルサイズより解像せず絵が破綻しやすいのは確かでレンズの性能に依存しそう。
そこら辺もDPPやLightroomでうまくコントロールできるのを楽しめればと思うし高画素なので近くで撮れば精細な描写でキヤノン色好きであれば満足すると思う。

【AF】
R5,R6より動体向けでいままで顔認識だったのが瞳認識になるなど細かく追従してくれるようになった。自動認識でしっかりピントも来る。背景にピントを持ってかれづらくなった。

【レンズ】
キットレンズ持ってないので手持ちのレンズで軽くレビュー。

1.RF100-500mm F4.5-7.1 IS USM(作例あり ISO別で適当にアップロード)
→800mmを使えるのと描写も個人的には満足でピントも早い。
R6よりグリップが良いせいか手持ちでも苦にならない。

2.RF14-35mm F4L IS USM
→22mm-56mmで標準ズームにぴったり。これも軽くてF4まで使えるので汎用性高く
レンズのおいしい所を使える。

【気になった機能】
・RAWバーストモード(プリ連写)
シャッター押した瞬間から0.5秒前に戻れるもので小鳥の飛び出しに実際使ってみた所、確かにとらえることが出来たが電子シャッターなので翼が歪むことも。その中で良いものを抽出する感じ。
(Youtubeで検索すると結構作例が見られる)
あと。一度押してしまうと生成に時間がかかり次の撮影に移れない。

・露出シミュレーション
R3から?絞った様子もモニターできるようになった。これはR5,R6にも欲しい

【歴史的背景などで思ったこと】
金属、がっちり、縦型グリップのイメージから従来の7Dシリーズから大分変わり不満なコメントも見られるが私は過去の良さを知らないので今回の「安価でなるべく性能全振り路線」は素直に歓迎できた。(ただ、操作感はハイアマチュアクラスのが欲しかった)
ただ、大まかにみて遠方の動体撮影のために高速連写と高性能AFを一般層に提供する意味では7のコンセプトは引き継いでるのとスマホに満足できない層を取り込む為のギリギリの値段設定だと思ったりした。

【所感】
軽くて高性能AFで高画素、高感度耐性もそこそこある。そのままでも満足できる人もいるが高画素のAPS-Cで絵の扱いがデリケート。設定や後処理でまだまだ仕上がりも追い込める要素もありそう。撮って出しで楽したいならキヤノンの場合R5以上が良いと思います。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
子供・動物
室内

参考になった54

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS R7 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

EOS R7 ボディ
CANON

EOS R7 ボディ

最安価格(税込):¥178,002発売日:2022年 6月23日 価格.comの安さの理由は?

EOS R7 ボディをお気に入り製品に追加する <577

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意