『ハイレゾワイヤレス!』 SONY WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー] にゃらりーまんさんのレビュー・評価

2022年 5月27日 発売

WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]

  • 高いノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスステレオヘッドホン。装着状態や環境に合わせて最適化する「オートNCオプティマイザー」機能を備える。
  • 専用設計の30mmドライバーユニットを搭載し、低音域から高音域までの再現性を高め、より自然で伸びのある音質を実現。
  • ノイズキャンセリングON時は最長30時間、ノイズキャンセリングOFF時は最長40時間の音楽再生が可能。3分の充電で3時間再生が可能なUSB PD充電に対応。
WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー] 製品画像

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥48,762

(前週比:+7,182円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥48,762¥59,400 (41店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥48,763 〜 ¥59,400 (全国743店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ハイレゾ:○ WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]の価格比較
  • WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]の店頭購入
  • WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]のスペック・仕様
  • WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]のレビュー
  • WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]のクチコミ
  • WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]の画像・動画
  • WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]のピックアップリスト
  • WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]のオークション

WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]SONY

最安価格(税込):¥48,762 (前週比:+7,182円↑) 発売日:2022年 5月27日

  • WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]の価格比較
  • WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]の店頭購入
  • WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]のスペック・仕様
  • WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]のレビュー
  • WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]のクチコミ
  • WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]の画像・動画
  • WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]のピックアップリスト
  • WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]のレビューを書く

にゃらりーまんさん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:112人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
7件
0件
イヤホン・ヘッドホン
6件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性1
ハイレゾワイヤレス!

購入後4か月の再レビュー
接続機器はNW-ZX500。
音源はハイレゾかPCM。

【デザイン】
イヤマフに間違えられる。
これも好みだと思うが。。。
個人的には高音質のヘッドホンならもっとゴツくて、いかにも音にこだわってます感が出てた方がいい。

【高音の音質】
少し曇った感じあるが、長時間聞くには丁度いい。
逆にクリアすぎると私は耳が疲れる。

【低音の音質】
ベースの輪郭がくっきりとわかる。
ベースを弾く音も聞こえる。

【フィット感】
とてもいい。
ずっとつけていたくなる。
【外音遮断性】
最高。音楽鳴らせば電車の車内の音が消える。

文句なし。
【音漏れ防止】
多分、優秀でしょう。

【携帯性】
ヘッドホンなので嵩張る。

【総評】
この5年間色々なヘッドホン使ってきたが、このヘッドホンは個人的には一番好きだ。
有線の高級品も使ってきたが、外で聞くことが多いのと家事をしながら音楽聞けるのが便利だ。
また、スマホと接続して昔の友人と長電話するときも重宝してる。
最初は無線だからといってなめてたが、私の中で最高のヘッドホンになった。
確かにガチの有線ヘッドホンには音質は負けるが、ハンドリングの面では圧倒的にこちらが分がある。

音源は基本PCMかハイレゾだ。
ハイレゾワイヤレスだと接続が若干不安定だが気にならない。
スマホと接続してもいい音なる。
個人的にはこのヘッドホンはハイレゾで使うことで、底力見せてくれる気がする。
用途に応じて、私はWF-1000M4と使い分けてる。

このヘッドホンの音は面白みはないが、長時間聞いていられる音だ。
なんの楽器が鳴ってるかはっきりとわかる。
音の作り込みがうまい。

また、バッテリーがめちゃ持つ。
一週間に一回しか充電しない。



主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった12人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン3
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性1
恐るべしワイヤレスヘッドホン

【デザイン】
高級感は全くないです。
知らない人が見たら安いヘッドホンと思われる出材。

【高音の音質】
繊細で声帯の音やシンバルの響きがしっかりと聞こえる。

【低音の音質】
楽曲によっては、こもるがそこまで気にならない。
ロックを聞くとベースの音が鮮明に聞こえる。

【フィット感】
筐体の剛性感はないが、それが逆に頭にフィットする感じがする。
頭にヘッドホンを置くのではなく、身に着けるといった表現がいいと思う。

【外音遮断性】
WF-1000XM4を久しぶりに使ったが、ヘッドホンの方が2枚くらい上手だ。WF-1000XM4もワイヤレスイアホンとしてよく遮音する。でも、このヘッドホンはさらに遮音性高い。電車の中で使うとはっきりとわかります。

【音漏れ防止】
静かな室内で実験したが、外で聞いてる音量と同じ音量で鳴らしてみたがよく耳を澄まさないと聞こえないレベルだ。
【携帯性】
悪い。ヘッドホンなのであきらめたほうがいい。
【総評】
WF-1000XM4とこのヘッドホンで有線のイアホンが駆逐された。
外で聞くには便利過ぎて、高音質、高性能すぎる。
一般的には高いヘッドホンだが、買って損はないと思う。
ただ、このヘッドホンにも弱点はある。
殆どの楽曲を快適に外で聞けるが、クラシックはどうしても鳴らしにくい。
クラシック聞くときは家で据え置きアンプとガチのヘッドホンのHD650やHIFIMAN XSで鳴らすのがいいようだ。クラシック以外の音楽は大体快適に聞ける。

有線は静かな場所で聞くには有利だが、ノイキャンない有線は外での使用は圧倒的に不利だ。
Sonyのワイヤレスシリーズ買ってから、手持ちの有線イアホンが駆逐された。
DAPはZX-507だが有線で聞くときは、寝る前にベッドで聞く程度だ。

このヘッドホンよりいい音で聞きたいなら据え置きアンプと少なくともHD600シリーズ以上じゃないと敵わないと思う。
ノイキャン+高音質+多機能をこの値段で買えるのだから、とてもお得だと思う。

ハイレゾ音源で聞くのが一番いいがAACやストリーミング再生でもそこそこいい音出る。
コスパいいヘッドホンなのでオススメです。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった8

満足度5
デザイン3
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性3
「よく作ったなー!」と感心する。

【デザイン】
チープ感がある。
とても5万円もするヘッドホンとは思えない。
でも、実際に使用すると適度に柔らかいので装着感はいい。

【高音の音質】
ボーカルの声の輪郭もクッキリと描写する。
声のかすれ音やさ行の音の再現力がなかなかいい。

【低音の音質】
割と強めに出る。
かと言ってくどい感じの出方ではない。
比較的、締まりのある感じだ。

【フィット感】
筐体の剛性感はないが、それが逆に頭にフィットする感じがする。
頭にヘッドホンを置くのではなく、身に着けるといった表現がいいと思う。

【外音遮断性】
「凄い!」の一言。
実際に使わないとわからないが、一例を挙げると駅を通過する特急列車の音も消してしまう。
これには驚いた。
音楽ならしていないと、外音は聞こえるが音楽を鳴らすと全く聞こえない。
電車の中で音楽鳴らして、ノイキャンオンにしてると音楽以外の音が無音になる。
今まで、WF-1000XM4やシュアーのイアモニシリーズの使ってきたが次元が違うノイキャン性能だ。

【音漏れ防止】
静かな室内で実験したが、外で聞いてる音量と同じ音量で鳴らしてみたがよく耳を澄まさないと聞こえないレベルだ。
【携帯性】
ヘッドホンなのでよくない。
でも、首にかけておけば嵩張らないとおもう。
私は昔から首からかけていた。
【総評】
私はガチの有線派で、ワイヤレスヘッドホンをなめていました。
でも、最近のWF-1000XM4やWH-1000XM5を実際に使ってみて、考え方が変わりました。
いかにいい音の有線イアホンであっても電車の中では相当音量上げないと、騒音が入ってくる。
イヤピースで色々調整したが遮音性高いイヤピースは耳が痛くなる。
最新のノイキャン搭載機は音量を上げなくても、イヤピースで悩まなくても快適に音楽が聴けることが分かりました。

外では専ら、WH-1000XM5かWF-1000XM4のどちらかで聞いてます。
そして、LDACコーデックで音楽を楽しめるのが大きい。
私はハイレゾ音源を持ってるので、外ではウォークマンのNW-ZX507でLDACコーデックで音楽を楽しんでいる。
家できちんと聞きたいときは、据え置きのアンプかNW-ZX507を優先接続している。
確かに、開放型のHIFIMAN XSやHD650の音にはどうしても負けるがWH-1000XM5外で聞く分には十分すぎる音質だ。

私の場合音質にこだわるので、LDACや4.4バランス接続が使えるウォークマンを持ち出してるがそこまでこだわらない人であればスマホとこのヘッドホンあれば最高の音響環境が構築できるでしょう。

音は作り物の音であるが、音の作り方がとてもうまい。
8個のマイクで拾った音と逆の波形を、音楽に混ぜて耳に届ける。
これは凄い技術だ。
騒音が耳に届く前に、瞬時にマイクで拾った音の逆の波形を計算して音楽に合成して耳に届ける。
しかも、音がほどんど劣化してないように聞こえる。

一聞の価値あり。

最期に、このヘッドホンをこれから買う人は、買ったらすぐにファームウェアのアップデートをしてください。私も買ったばかりは、「何これ?」と思いましたが、アップデートで全く別のヘッドホンになりました。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]
SONY

WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]

最安価格(税込):¥48,762発売日:2022年 5月27日 価格.comの安さの理由は?

WH-1000XM5 (S) [プラチナシルバー]をお気に入り製品に追加する <215

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意