MOONRIVER2 レビュー・評価

2022年 4月28日 発売

MOONRIVER2

  • Cirrus Logicのフラグシップチップ「CS43198」を2基搭載したUSBポータブルDAC。デジタルからアナログへの高い変換パフォーマンスを実現。
  • CDロスレスの16ビット/44.1kHz、マスタリンググレードの24ビット/192kHz、音源が見つかりにくい32ビット/768kHzでも対応できる。
  • 2基の高性能デュアルオペアンプチップの4チャンネル増幅により、最大4Vrmsのバランス出力を備えている。4.4mmバランスイヤホンを使用可能。

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(ミニプラグ):1系統 ハイレゾ:○ MOONRIVER2のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MOONRIVER2の価格比較
  • MOONRIVER2の店頭購入
  • MOONRIVER2のスペック・仕様
  • MOONRIVER2のレビュー
  • MOONRIVER2のクチコミ
  • MOONRIVER2の画像・動画
  • MOONRIVER2のピックアップリスト
  • MOONRIVER2のオークション

MOONRIVER2水月雨

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2022年 4月28日

  • MOONRIVER2の価格比較
  • MOONRIVER2の店頭購入
  • MOONRIVER2のスペック・仕様
  • MOONRIVER2のレビュー
  • MOONRIVER2のクチコミ
  • MOONRIVER2の画像・動画
  • MOONRIVER2のピックアップリスト
  • MOONRIVER2のオークション

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.42
レビュー投稿数:3人 (プロ:2人)
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 5.00 4.31 -位
音質 音質の良さ 5.00 4.46 -位
操作性 操作のしやすさ 5.00 4.19 -位
機能性 搭載機能が充実しているか 4.00 4.14 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

MOONRIVER2のレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

野村ケンジさん

  • レビュー投稿数:173件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールヘッドホンからホームシアター、音楽、クルマ関連などの記事を手がけるライター。専門誌やWEBサイトに寄稿するほか、TBSテレビ開運音楽堂やレインボータウンFMなどにもレギュラー出演させていただいてます。音元出版VGP、CDジャーナル・ヘッド…続きを読む

満足度4
デザイン5
音質4
操作性4
機能性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

アルミ削り出しボディは立体的かつ個性的なデザイン

ヘッドホン端子は4.4mmバランス接続と3.5mmアンバランスの2つが搭載

ハードキーは音量調整のみ。本体裏側には内部回路を示す印刷も

   

シースルーなUSB C-typeケーブルとUSB A変換コネクタが付属する

   

メーカーからサンプル機をお借りする機会がありましたので、試聴させていただきました。音源はWindows11 PC(LG gram)のfoobar2000を使って再生。イヤホンはfinal「A1000」やビクター「HA-FW10000」など、ヘッドホンはオーディオテクニカ「ATH-ADX5000」などを組み合わせて試聴してみました(いずれも4.4mmバランス接続)。

【デザイン】
アルミ製の本体はCNC切削で立体的、かつ個性的なデザインで作り上げられています。所有欲をくすぐられる、唯一無二のデザインです。LEDによって電源のオンオフが把握できます。

【音質】
フォーカス感のよい、ニュートラル志向のサウンドです。解像度は必要充分を備え、音の広がり感も(それほど大きくはないですが)自然。やや高域がセンシティブな傾向がありJポップはややラフな表現となりますが、クラシックは活き活きとした伸びやかなサウンドで楽しめます。低域はそれほど量感は多くありません。大半のイヤホンが心地よいサウンドを聴かせてくれるいっぽうで、ヘッドホンはあまり向いていないようで、「ATH-ADX5000」は僅かながら線の細い音になってしまっていました。

【操作性】
ハードウェアスイッチは音量調整のみですが、操作しやすく便利に活用できました。ケーブルは取り外し式でUSB C-typeのみ。USB A変換コネクタも付属しています。ユニークなのは、ケーブルがシースルーなこと。実は、音質的にはあまり良くはなく、他社製品の付属ケーブル(Questyle「M15」)を使用すると音質がアップ。ガンメタリックの本体カラーとマッチしているわけでもないので、ケーブルは変更をお勧めします。

【機能性】
機能は音量調節のみとなっています。ヘッドホン出力端子は4.4mmバランス接続と3.5mmアンバランスの2つが用意されていますが、この小さいサイズによく2つを収めたと感心するばかりです。Lightningケーブルは付属しませんので、別に入手する必要があります。

【総評】
音質に関しては価格相応といえる良質さを持ち合わせています。他社製の上級クラスに位置するスティック型DACに比べると音質的にやや不利ですが、価格を考えると充分なクオリティを持ち合わせているといえます。また、こちらの製品は以前Androidスマートフォンで試聴したとき(ダウンコンバートの悪影響もあってか)“価格相応とはいえない音質”と感じていましたが、今回PCと接続することでその実力をしっかり発揮、2万円台の製品としては十分に魅力を感じるサウンドを聴かせてくれました。水月雨のスティック型DACは正式販売まで至らなかった初代「MOONRIVER」があるそうですが、事実上のファーストモデル、日本国内としては初の展開となる製品としては、完成度の高い製品です。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

T.K.SOさん

  • レビュー投稿数:64件
  • 累計支持数:209人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
45件
0件
Bluetoothスピーカー
6件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
5件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性4

【デザイン】
アルミ製の削り出しボディの質感は中々上品だと思います。
【音質】
中高音にかなり強みがあります。低音も引っ込んではいないので、バランスは相当いいかと思います。
【操作性】
音量調整が出来るのはいいと思います。
【機能性】
バスボタンなどはありません。シンプルな構成です。
【総評】
水月雨初のUSBDACなので手に入れてみましたが、積んでいるDACの特性が水月雨の音質傾向に近いので、かなりいい塩梅で仕上がっていると思います。
安くはない買い物ですが、スマホやパワーの弱いDAPが生まれ変わります。
ただ、機種によっては使えない可能性ある物もあるので、試聴できる環境があるなら試聴してから買う事をおすすめします。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

デザインと質感のご参考に。

底面。デザインもマニアにウケそう。

付属のC-Cケーブル。こだわり仕様。

Androidスマホと組み合わせ確認しました。
イヤホンはDUNU EST112をφ4.4mmバランス接続しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
筐体はアルミをCNCで削り出したものですが、等高線のような段々が精密で稜線も明瞭。表面の仕上げもパーフェクトに平滑で、造形の個性と合わせ、所有感をくすぐります。

【音質】
最も評価すべきは音の勢い。特に低域が生み出す躍動感が素晴らしいです。低歪によるS/Nの高さが効いているようです。また、詳細にチェックすると、中高域の滑らかさや透明感も優秀。お安くはありませんが、スマホの音が激変します。
駆動力が高くゲインの切替も可能で、幅広いイヤホン、ヘッドホンの実力を引き出せるでしょう。

【操作性】
Androidスマホと接続すると、難なく認識されて音が出ました。
本機にはボリューム調整ボタンがあり、音量UPは長め、音量DOWNは短めと違いがあるので、見た目にも、指先の感触でも、違いが分かり易いです。因みにこの音量調整は、スマホ側に反映されました。
取説は日本語がありませんでしたが、機能はシンプルなので、どなたもそれほど迷わずに使いこなせると思います。

【機能性】
本体にLEDインジケーターがあり、入力信号がPCMまたはDSD、出力ゲインがLowまたはHighが、点灯色で分かる仕組みです。入力信号のサンプリングレートやビット数(Hz/bit)も分かればさらに良いと思いますが、スマホとの組み合わせなら、そこまで必要ないかもしれません。
ヘッドホン出力は、φ3.5mmとφ4.4(バランス)があり、マニアの要求にも応える仕様です。

【総評】
お安くはなく、音質面では粗削りな部分もありますが、勢いと躍動感を感じるサウンドは魅力的で、外観も所有欲をくすぐります。スマホの音をスマートかつマニアックにアップグレードしたい方におすすめしたいユニークなモデルです。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あなたのレビューを投稿しませんか?

MOONRIVER2のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

MOONRIVER2
水月雨

MOONRIVER2

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2022年 4月28日

MOONRIVER2をお気に入り製品に追加する <5

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意