『高級機らしい音質とデザイン。欠点を許容できるか?』 Bang&Olufsen Beoplay EX [Anthracite Oxygen] 瞳の中のGalaxyさんのレビュー・評価

2022年 4月22日 発売

Beoplay EX [Anthracite Oxygen]

  • 大口径のドライバーとキャビネット設計により原音に忠実ながらパワフルなサウンドを奏でる完全ワイヤレスイヤホン。ワイヤレス充電(Qi規格)に対応。
  • 屋内外問わず環境に合わせた没入感をサポートするノイズキャンセリング、スポーツなどアクティブな用途にも対応するIP57認定の防じん防水基準に適合。
  • 筐体のサイズは従来モデルよりも小型化。タッチコントロールでの再生・停止、ANCの切り替えに加えて、曲送り・戻しの操作性も向上。
Beoplay EX [Anthracite Oxygen] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥39,900

(前週比:+3,627円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥39,900

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥39,900¥42,692 (6店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥39,900 〜 ¥39,900 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:20Hz〜20kHz Beoplay EX [Anthracite Oxygen]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Beoplay EX [Anthracite Oxygen]の価格比較
  • Beoplay EX [Anthracite Oxygen]の店頭購入
  • Beoplay EX [Anthracite Oxygen]のスペック・仕様
  • Beoplay EX [Anthracite Oxygen]のレビュー
  • Beoplay EX [Anthracite Oxygen]のクチコミ
  • Beoplay EX [Anthracite Oxygen]の画像・動画
  • Beoplay EX [Anthracite Oxygen]のピックアップリスト
  • Beoplay EX [Anthracite Oxygen]のオークション

Beoplay EX [Anthracite Oxygen]Bang&Olufsen

最安価格(税込):¥39,900 (前週比:+3,627円↑) 発売日:2022年 4月22日

  • Beoplay EX [Anthracite Oxygen]の価格比較
  • Beoplay EX [Anthracite Oxygen]の店頭購入
  • Beoplay EX [Anthracite Oxygen]のスペック・仕様
  • Beoplay EX [Anthracite Oxygen]のレビュー
  • Beoplay EX [Anthracite Oxygen]のクチコミ
  • Beoplay EX [Anthracite Oxygen]の画像・動画
  • Beoplay EX [Anthracite Oxygen]のピックアップリスト
  • Beoplay EX [Anthracite Oxygen]のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

Beoplay EX [Anthracite Oxygen]のレビューを書く

瞳の中のGalaxyさん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:527人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
17件
0件
ノートパソコン
2件
2件
イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感3
外音遮断性2
音漏れ防止4
携帯性4
高級機らしい音質とデザイン。欠点を許容できるか?

【デザイン】
ケースはアルミ製で、プラスチック製のDEVIALET geminiやWF-1000XM4に比べると相応の高級感があります。ただ、若干傷が付きやすいようです。
イヤホン本体のビルドクオリティも高く、青色?のガラスがキラリと光るのが美しいです。ただし、装着している姿を鏡で見ると、私のような陰キャ丸出しの風貌の人間だとなんとなく浮いて見えるような気がしました(自意識過剰?)。また、いわゆるうどん型なので、単体で見るより装着時のほうがダサさが増した感がありました。
総じて、デザインや高級感に関しては、同価格帯ではMW08の次に良いかな、と感じました。

【高音の音質】
これは素晴らしいと思います。音の鳴らし方はgeminiに近いものを感じたのですが、geminiより自然で、高音の伸びはBeplay EXのほうが美しく聞こえました。特に、ハイトーンボーカルはなかなかの聴き応えでした。ただ、打楽器の響きや余韻はgeminiの圧勝です。

【低音の音質】
そこまで強く主張はしませんが、上質な低音が出ていると感じました。ドンシャリというより、どちらかと言うとフラット寄りかな、と思いましたが、低音が出ていないということは無く、上品な低音が楽しめます。

【フィット感】
フイット感自体は良い方かな、と思います。自宅では特に耳が痛くなるということもなく快適です。
ただ、歩行時など動きの大きい場面では、重心の問題か耳の中で擦れるような音が大きく、快適とは言えませんでした。イヤーピースをfinalなど複数のものに変えてみましたが、特に改善はされませんでした。

それと、接続安定性があまり良くなく、そこまで満員でもない電車や駅構内でもブツブツ途切れることがありました。この点もgeminiに劣っています。

【外音遮断性】
これは期待外れでした。ANCは全く効いていないわけではないのですが、WF-1000XM4のような強力さも、geminiのような「ちょうどよさ」も無く、ただただ「弱い」としか感じませんでした。車や電車の音などはほぼ消えず、話し声やアナウンスも大きめのものだとほぼ通ります。ANCのレベルは調整できますが、どのレベルでも弱いので意味がありません。オーディオメーカーはよく音質に影響しないようANCを調整したと主張しますが、geminiのようにハイレベルの音質でそこそこのANCを搭載できているTWSがある以上は、言い訳にしか聞こえません。

【音漏れ防止】
特に問題ありません。自分は聴覚が比較的過敏でGalaxyだと最低から+1、iPhoneだと+2と小さめの音量で聞くので、あまり参考にならないかもしれません。

【携帯性】
ケースは小さめかつ四角い形状なので、持ち運びには苦労しません。ただ、傷のつきやすさとケースの選択肢の少なさから、気にする方にとってはデメリットになりうるかな、と感じました(自分にとってはデメリットです)。

【総評】
WF-1000XM4の音にビミョーに不満があった中、geminiの音とANCのちょうどよさに惚れ込んでからはずっとgeminiをメインにしてきました。2、3万円以上のTWSはだいたい買ってきましたが、音は好みでもANCが弱いなど、なかなかメイン交代には至らず。Beoplay EXも音と操作感は好みでしたが、ANCと接続安定性の点でgeminiに劣ると感じたので、既に手放してしまいました。

主な用途
音楽
その他
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「Beoplay EX [Anthracite Oxygen]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Beoplay EX [Anthracite Oxygen]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Beoplay EX [Anthracite Oxygen]
Bang&Olufsen

Beoplay EX [Anthracite Oxygen]

最安価格(税込):¥39,900発売日:2022年 4月22日 価格.comの安さの理由は?

Beoplay EX [Anthracite Oxygen]をお気に入り製品に追加する <55

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意