『小型軽量を楽しみたい、爆速AFの高性能超広角ズーム。』 SONY FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635G とびしゃこさんのレビュー・評価

2022年 5月27日 発売

FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635G

  • 高い解像性能と美しいボケ描写、すぐれた操作性を軽量で実現したミラーレス一眼カメラ用広角パワーズームレンズ。高性能レンズ「Gレンズ」シリーズ。
  • 超広角16mmから35mmのズーム全域で、画面中心部から周辺部まで高い光学性能を実現。コーティングの最適化により、ゴースト・フレアを効果的に抑制。
  • パワーズーム機能を搭載し、通常のマニュアルズームリングに迫る快適な操作が可能。速度を一定に保った「スローズーム」による表現も簡単にできる。
FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635G 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥138,000

(前週比:+2,200円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥138,000

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥137,900 (8製品)


価格帯:¥138,000¥188,793 (44店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥138,000 〜 ¥148,500 (全国705店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:広角ズーム 焦点距離:16〜35mm 最大径x長さ:80.5x88.1mm 重量:353g 対応マウント:α Eマウント系 FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gの価格比較
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gの中古価格比較
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gの買取価格
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gの店頭購入
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gのスペック・仕様
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gのレビュー
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gのクチコミ
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gの画像・動画
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gのピックアップリスト
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gのオークション

FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635GSONY

最安価格(税込):¥138,000 (前週比:+2,200円↑) 発売日:2022年 5月27日

  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gの価格比較
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gの中古価格比較
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gの買取価格
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gの店頭購入
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gのスペック・仕様
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gのレビュー
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gのクチコミ
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gの画像・動画
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gのピックアップリスト
  • FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gのオークション

『小型軽量を楽しみたい、爆速AFの高性能超広角ズーム。』 とびしゃこさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gのレビューを書く

とびしゃこさん

  • レビュー投稿数:92件
  • 累計支持数:906人
  • ファン数:18人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
74件
850件
デジタル一眼カメラ
12件
765件
デジタルカメラ
0件
53件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5
小型軽量を楽しみたい、爆速AFの高性能超広角ズーム。
当機種1.近接、開放は拡大で細部(花粉など)がわずかにソフト。(35mm, F4)
当機種2.近接、一つ絞ると細部もシャキッとします。(35mm, F5.6)
当機種3.逆光の暗い石垣の写りです。(18mm, F5.6)

1.近接、開放は拡大で細部(花粉など)がわずかにソフト。(35mm, F4)

2.近接、一つ絞ると細部もシャキッとします。(35mm, F5.6)

3.逆光の暗い石垣の写りです。(18mm, F5.6)

当機種4.ど逆光の暗い森部分です。(16mm, F5.6)
当機種5.望遠端35mmの開放F4の玉ボケです。(35mm, F4)
当機種6.飛んできた熊蜂にもすぐにフォーカスできます。(35mm, F8)

4.ど逆光の暗い森部分です。(16mm, F5.6)

5.望遠端35mmの開放F4の玉ボケです。(35mm, F4)

6.飛んできた熊蜂にもすぐにフォーカスできます。(35mm, F8)

2022/6/26改訂。

逆光時のフレアの範囲が広めと感じた点について、
保護フィルターが日焼け止め?の油膜がついて
いたため、ノーフィルターで撮り直し逆光耐性
の懸念が払しょくされたため一部記載、満足度を
修正しました。写真も入れ替えています。

【操作性】
インナーズーム、インナーフォーカスで全長は
伸びません。ズームリングとフォーカスリングは
段差がついて手探りでも判ります。
ズームレバーが左横配置でフォーカスホールドボタン
は通常より下にあり、その下にAF/MF切り替え、
右側にIRISロックと絞りクリックの有無スイッチが
所狭しと並びます。
根元の絞りリングは目視でもわかりやすく、AやM
モード地のお気に入り数値セットや入手後のレンズ
テストの際にも便利です。
ズームレバーがありますが、スチルメインのため
ついついズームリングを回してしまいます。

フードはクリック感とともにガタつきなく装着され
ます。ロックスイッチはなくGMとのグレード差を
感じます。内側はしっかりしたつや消し塗装があり
24/2.8Gのような内側半光沢(半テカリ?)仕上げ、
みたいなことはありません。左右のフード長は短く
PLフィルターの操作には全く問題ありません。
鏡筒の根元は細身でα1のせり出しグリップでも
中指の当たりはありません。

【表現力】
開放からしっかり解像します。四隅は少し落ちますが、
F5.6も絞れば十分です。α1のJpegの50Mモード
圧縮はスタンダードで撮影していますが、広角で細かい
風景が被写界深度に入るような撮影をすると、F5.6で
もう解像しすぎていて構図にボケや空を入れない限り、
価格のアップロード制限の30MBを簡単にオーバー
してしまいます(37MBとか)。
これだけの軽量コンパクトズームでこれだけの解像を
するのは驚きです。

良く使われるだろう望遠側の最短撮影距離付近では
開放F4で少しふわっとしたソフト感が出ます。
(白色の被写体などで目立ちます。)
シャキッとさせたい場合は1段絞るとよいです。
(写真1,2)

マクロ的な撮影での大ボケは柔らかくて良いですが、
通常距離での微ボケやピント面前後のつながりは、
GMとは異なる印象です。

最初のレビューで逆光のフレアの範囲が気になる
としましたが、使用したフィルターに油膜汚れが
あり、「ノーフィルター」で撮りなおしました。
フレアの範囲は光源周りのみで、逆光の石垣や
森の木陰にもおかしな描写はないと思います。
(写真3,4)
ゴーストは縦位置で左斜め上(フードが最も
短くなる部分

写真はクリエイティブルックのスタンダート、
AWB(Ver. 1.3)のα1のJpeg撮って出しです。
1枚間違ってAPS-Cモードで撮影しましたが、
とてもシャープでしたので例示します。

ご参考に。
・16-35/4Zのレビュー(当時5点ですが高画素機で周辺解像せず、現在なら3.5点です。)
https://review.kakaku.com/review/K0000694063/ReviewCD=1137281/

・16-35GMのレビュー
https://review.kakaku.com/review/K0000966593/ReviewCD=1593334/

【携帯性】
16-35/4Z(518g)、F2.8の16-35GM(680g)比で
圧倒的に軽量です(353g)。インナーズームのため
バッグの奥から取り出すときも伸びたりしません。
24-70/2.8GMII付きでヘロヘロになるまで歩き
回っても、付け替えてもう少し撮ろうという気に
させてくれる軽さです。


【機能性】
XDリニアモーターを用いた電動ズーム大変素早く
従来のPZレンズのようなもたつき感はありません。
AFも爆速でα1の30コマ/秒連写にも余裕で対応
します。急な滑り台を眼前まで滑ってくる6歳児を
全コマ瞳にジャスピンで上半身がはみ出る位まで
追従します。空を取っていて飛んできた熊蜂に
瞬時にピントを合わせたりできます。

特筆したいのは電源オフ後にカメラを上下などに
向けても、電源オンすると、「オフ前の焦点距離や
ピント位置を保持」していることです。よくある
PZのように毎度最広角や無限遠に戻ったりする
動きが有りません。メカニズム不明ながら便利です。
ただし、超解像ズームなど電子ズームの場合は
35mmを超える望遠にしていても、電源オフ後は
望遠端の35mmになり、超解像の望遠域まで
戻したりはありません。

最短撮影距離0.24m(最大撮影倍率0.23倍)は
16-35ZやPZ16-35/4Gの同0.28m(同0.19倍)
よりは寄れます。もちろん防塵防滴対応です。

常時の焦点距離表示がないのがスチル派には
寂しく、batisのような液晶窓が欲しかったです。
焦点距離に捕われずに感覚的に撮れるメリットも
ありますが。
ズームリングに触れると出る焦点距離表示が、
常時表示になるアップデートが欲しいです。


【総評】
軽量コンパクトにもかかわらず、高画素機でも
周辺まで解像しスチル派にも応える新型機です。
逆光にも強く、シーンを選ばずに使えそうです。
(↑再撮後、訂正しています。)

価格帯も変わりませんので今からの購入であれば、
よほどのツァイスファンや16-35/4Zの青色の
写りが好みなどでなければPZ16-35/4Gがよいと
思います。高画素機なら周辺描写の差でなおさら
新型を選ぶメリットがあります。
16-35/4Zからの移行(予定)組はフィルター径
が同じで移行しやすいでしょう。

16-35GM派は動画や小型軽量最優先なら移行も
ありですが、ピント面からアウトフォーカスへの
移行部の描写などが異なりますし、星景など
F2.8が生きる場面もありますので、GMIIを
待つかは迷うところだと思います。自分も
迷いつつ今のところ併用中です。

動画派でなくとも、爆速AFや小型軽量の
優先度が高い場合は間違いのない選択肢です。
例えば被写体と一緒に動き、遊びながらの
スナップ的撮影ならこれ一択だと思います。

最新の小型軽量超広角ズームを楽しみたいです。

比較製品
SONY > Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Z
SONY > FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM
レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内
スポーツ

参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
操作性5
表現力4
携帯性5
機能性5
小型軽量を楽しみたい、爆速AFの高性能超広角ズーム。
当機種1.最広角での撮影。(16mm, F5.6)
当機種2.遠景も大変シャープです。(30mm, F5.6)
当機種3.ピント面前後のつながりはGMとは異なる印象。(16mm, F5.6)

1.最広角での撮影。(16mm, F5.6)

2.遠景も大変シャープです。(30mm, F5.6)

3.ピント面前後のつながりはGMとは異なる印象。(16mm, F5.6)

当機種4.逆光耐性は1635Zや同GMほどではないかも。(26mm, F5.6)
当機種5.マクロ域で白い被写体は一段絞りたい。(34mm, F5.6)
当機種6.近接の大ボケは柔らかい。(35mm, F4)

4.逆光耐性は1635Zや同GMほどではないかも。(26mm, F5.6)

5.マクロ域で白い被写体は一段絞りたい。(34mm, F5.6)

6.近接の大ボケは柔らかい。(35mm, F4)

【操作性】
インナーズーム、インナーフォーカスで全長は
伸びません。
ズームリングとフォーカスリングは段差がついて
感触で判ります。ズームレバーが左横にあるため
フォーカスホールドボタンはその下に、他AF/MF
切り替えや絞りロックや絞りクリックの有り無しが
所狭しと並びます。その根元側が絞りリングです。
小さな鏡筒で精いっぱい操作性を模索しています。

パワーズーム(PZ)と相性の良いズームレバー
ですが、ついついズームリングを回してしまいます。
フードはクリック感とともにガタつきなく装着され
ます。ロックスイッチはなくGMとの差を感じます。


【表現力】
開放からしっかり解像し四隅は少し解像が落ちますが、
F5.6も絞れば十分だと思います。コンパクトズームで
5000万画素機でこれだけの解像するのは驚きです。

良く使われるだろう望遠側の最短撮影距離付近では
開放F4で少しふわっとしたソフトな写りになります。
(白色の被写体などで目立ちます。)
シャキッとさせたい場合は1段絞るとよいです。

マクロ的な撮影での大ボケは柔らかくて良いですが、
通常距離での微ボケやピント面前後のつながりは、
GMとは異なる印象です。

また、逆光に弱いわけではないですが強い光源周りの
フレアっぽい範囲が広めで、16-35/4Zや16-35GM
程の逆光耐性ではないかもしれません。
(いずれも保護フィルター付きでの評価ですが)

写真はクリエイティブルックのスタンダート、
AWB(一部太陽光)のα1のJpeg撮って出しです。

ご参考に。
・16-35/4Zのレビュー
https://review.kakaku.com/review/K0000694063/ReviewCD=1137281/

・16-35GMのレビュー
https://review.kakaku.com/review/K0000966593/ReviewCD=1593334/

【携帯性】
16-35/4Z(518g)、F2.8の16-35GM(680g)比で
圧倒的な軽量性と可搬性です。インナーズームのため
バッグの奥から取り出すときも伸びたりしません。


【機能性】
XDリニアモーターを用いた電動ズーム大変素早く
従来のPZレンズのようなもたつき感はありません。
AFも爆速でα1の30コマ/秒連写にも余裕で対応
します。急な滑り台を眼前まで滑ってくる6歳児を
全コマ瞳にジャスピンで上半身がはみ出る位まで
追従します。

特筆したいのは電源オフ後にカメラを上下などに
向けても、電源オンすると、「オフ前の焦点距離や
ピント位置を保持」していることです。よくある
PZのように毎度最広角や無限遠に戻ったりする
動きが有りません。メカニズム不明ながら便利です。

最短撮影距離0.24m(最大撮影倍率0.23倍)は
16-35ZやPZ16-35/4Gの同0.28m(同0.19倍)
よりは寄れます。もちろん防塵防滴対応です。

常時の焦点距離表示がないのがスチル派には
寂しく、batisのような液晶窓が欲しかったです。
ズームリングに触れると出る焦点距離表示が、
常時表示になるアップデートが欲しいです。


【総評】
軽量コンパクトにもかかわらず、高画素機でも
周辺まで解像しスチル派にも応える新型機です。
ただ、強い逆光耐性やピント面前後の描写など、
ZやGMの写りが好きな方はよく検討された
方がよいかもしれません。

動画派でなくとも、爆速AFや小型軽量の
優先度が高い場合は間違いのない選択肢です。
例えば被写体と一緒に動き、遊びながらの
スナップ的撮影ならこれ一択だと思います。

疲れてもこのレンズなら、もう数キロ歩いて
写真が撮れる!と思わせる軽さと快速AFです。
小型軽量を楽しみたいです。

比較製品
SONY > Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Z
SONY > FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM
レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内
スポーツ

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635G」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635G
SONY

FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635G

最安価格(税込):¥138,000発売日:2022年 5月27日 価格.comの安さの理由は?

FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635Gをお気に入り製品に追加する <260

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意