『Xiaomiイヤホンの真打ち。オーディオとしてイメージ向上は今後。』 Xiaomi Buds 3T Pro [カーボンブラック] 多賀一晃さんのレビュー・評価

2022年 3月18日 発売

Buds 3T Pro [カーボンブラック]

最大40dBの「アダプティブANCモード」を搭載した完全ワイヤレスイヤホン

Buds 3T Pro [カーボンブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥21,600

(前週比:-40円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥21,600¥24,160 (11店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥21,600 〜 ¥21,600 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 駆動方式:ダイナミック型 Buds 3T Pro [カーボンブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Buds 3T Pro [カーボンブラック]の価格比較
  • Buds 3T Pro [カーボンブラック]の店頭購入
  • Buds 3T Pro [カーボンブラック]のスペック・仕様
  • Buds 3T Pro [カーボンブラック]のレビュー
  • Buds 3T Pro [カーボンブラック]のクチコミ
  • Buds 3T Pro [カーボンブラック]の画像・動画
  • Buds 3T Pro [カーボンブラック]のピックアップリスト
  • Buds 3T Pro [カーボンブラック]のオークション

Buds 3T Pro [カーボンブラック]Xiaomi

最安価格(税込):¥21,600 (前週比:-40円↓) 発売日:2022年 3月18日

  • Buds 3T Pro [カーボンブラック]の価格比較
  • Buds 3T Pro [カーボンブラック]の店頭購入
  • Buds 3T Pro [カーボンブラック]のスペック・仕様
  • Buds 3T Pro [カーボンブラック]のレビュー
  • Buds 3T Pro [カーボンブラック]のクチコミ
  • Buds 3T Pro [カーボンブラック]の画像・動画
  • Buds 3T Pro [カーボンブラック]のピックアップリスト
  • Buds 3T Pro [カーボンブラック]のオークション

『Xiaomiイヤホンの真打ち。オーディオとしてイメージ向上は今後。』 多賀一晃さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Buds 3T Pro [カーボンブラック]のレビューを書く

多賀一晃さん

  • レビュー投稿数:356件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の…続きを読む

満足度4
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止5
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

Xiaomiイヤホンの真打ち。オーディオとしてイメージ向上は今後。

ケース。充電口はUSB-C。接続時にのみ使う押しボタンは本当に目立たない。

イヤホンの一部に金属光沢を持たせ、高級感を演出している。

イヤホンの上部に、外部音を取り入れるマイクが付けられている。

 

軸の先には、充電用の金属端子がある。

イヤーパッドは、色々なサイズが同梱されている。

 

現在のXiaomiが自社の持てる技術を全てつぎ込んだ、Xiaomiのノイズキャンセリング・コードレス イヤホン最高モデル。そして最高の意欲作。他のモデルのように割安感、コストパフォーマンスではなく、真っ向から高音質、使い勝手と向き合って挑戦している。本当にXiaomiかと思える価格(ソニー レベル)であることは、アップルがイヤホンを作るときに妥協しなかったことを思い出してしまう。

そういう意味では、デザイン、操作系も、アップルのAir Pods系。口さがないユーザーには、「うどん」とも「そうめん」とも呼ばれる軸があるタイプだ。このタイプは、軸先端をピンチ(掴む)ことで、操作する。よくある本体平面部をタップ(叩く)するモデルとはちょっと異なる。人の好みにもよるだろうが、個人的には、タップよりピンチの方が優雅に感じられるので、好きである。本来なら、ここも独自性があっての「最高モデル」。だが、そこまでは行っていない。模倣から入るのは、モノづくりのセオリーでもあるが、最高峰はオリジナルでやってほしいと思うのは、私だけだろうか?

しかし、他は、ありったけの技術を詰め込んだという感じが、ヒシヒシと伝わってくる。
今回は、Xiaomiより製品貸出してもらい詳細をチェックした。

【初期設定】
ケースに付いているボタンを押し、Bluetooth接続を行い、初回接続を行う。つながり良く、数秒もかからない。Xiaomiはスマートホンが本業であるので、接続はお手のものであ理、楽に接続できる。

【装着感】
高価なモデルなので、落としたら大変。万が一、回収できないところへ落ちたりしたら泣くに泣けない事になる。実は装着直後の装着感はあまり良くない。しかし30秒位でフィット、外れない感じになる。逆な言い方にもなるが、操作をピンチで行うので、この外れない感触はとても大切。そうでないと、怖くて操作できない。イヤーパットは、S、M、Lが同梱されており、自分での調整も可能。

【音質】
ノイズキャンセリングOFF時。
Xiaomiらしい、やや硬く、前に押し出されるような特徴は当モデルにも窺える。外部からの音を完全にシャットアウトする訳でないので、ある意味、この音の方向性はあり。かなり明確に聞こえる。わりと気持ちを高揚させてくれる音。

ノイズキャンセリングON時。
基本はOFF時と変わらないが、ノイズが低減される分、音のクリアさと粒ダチの良さが感じられる。しかし、漂うような音にはちょっと弱い。ジャンルとしては、クラシックなどより、ポップス、アニメなどに合う。
なお、ON時は、雑音はかなり遮断するが、人間の声、電車の駅名アナウンスなどは聞こえる。そういう意味では、程よいノイズキャンセリングレベルとも言える。

ただし、この価格帯の製品は、主力オーディオメーカーの製品が手に入る。「やや硬く、前に押し出されるような音」:だけでは弱く、今後、何らかの対応が必要となるとい考える。

【使用時間】
本体で最長:6時間。ケースでの持ち歩きで、最長:24時間。十分。
しかしスマートホンアプリを、Xiaomiが出していないため、電池残量などを数字で把握することはできない。

【総括】
かなり優秀なモデル。Xiaomi史上最高モデルと言っても良い。ただしかし、「だから推しモデル」と容易にいうことはできないのがオーディオ製品。
確かに良くできている。しかし、この超激戦区のイヤホン市場の一角を占めることができるのかは、別の話。それはXiaomiは伸び盛りの新しい会社であり、多少高品質イメージがつき始めたものの、まだまだコストパフォーマンスに優れたモデルを出すメーカーのイメージが強い。一方、オーディオ製品は、ある種突き抜けたような品質イメージを持つことが重要。
値段分の技術は詰め込まれているが、上手く落とし所を見つけることができるか、否かは、これから。Xiaomiファンを自負するなら、是非購入してほしい。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「Buds 3T Pro [カーボンブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Buds 3T Pro [カーボンブラック]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Buds 3T Pro [カーボンブラック]
Xiaomi

Buds 3T Pro [カーボンブラック]

最安価格(税込):¥21,600発売日:2022年 3月18日 価格.comの安さの理由は?

Buds 3T Pro [カーボンブラック]をお気に入り製品に追加する <6

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意