『使う時は、重さを意識して。上手に使えばとっても便利。』 ティファール カフェ コントロール 1L KO9238JP 多賀一晃さんのレビュー・評価

2022年 4月 発売

カフェ コントロール 1L KO9238JP

8段階の温度コントロール付き電気ケトル

カフェ コントロール 1L KO9238JP 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥11,980

(前週比:-820円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥11,980¥16,683 (31店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥12,800 〜 ¥12,800 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:電気ケトル 容量:1L コードレス出湯:○ 空焚き防止:○ 温度設定:8段階 カフェ コントロール 1L KO9238JPのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • カフェ コントロール 1L KO9238JPの価格比較
  • カフェ コントロール 1L KO9238JPの店頭購入
  • カフェ コントロール 1L KO9238JPのスペック・仕様
  • カフェ コントロール 1L KO9238JPのレビュー
  • カフェ コントロール 1L KO9238JPのクチコミ
  • カフェ コントロール 1L KO9238JPの画像・動画
  • カフェ コントロール 1L KO9238JPのピックアップリスト
  • カフェ コントロール 1L KO9238JPのオークション

カフェ コントロール 1L KO9238JPティファール

最安価格(税込):¥11,980 (前週比:-820円↓) 発売日:2022年 4月

  • カフェ コントロール 1L KO9238JPの価格比較
  • カフェ コントロール 1L KO9238JPの店頭購入
  • カフェ コントロール 1L KO9238JPのスペック・仕様
  • カフェ コントロール 1L KO9238JPのレビュー
  • カフェ コントロール 1L KO9238JPのクチコミ
  • カフェ コントロール 1L KO9238JPの画像・動画
  • カフェ コントロール 1L KO9238JPのピックアップリスト
  • カフェ コントロール 1L KO9238JPのオークション
ユーザーレビュー > 家電 > 電気ポット・電気ケトル > ティファール > カフェ コントロール 1L KO9238JP

『使う時は、重さを意識して。上手に使えばとっても便利。』 多賀一晃さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

カフェ コントロール 1L KO9238JPのレビューを書く

多賀一晃さん

  • レビュー投稿数:356件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の…続きを読む

満足度5
デザイン5
使いやすさ4
静寂性5
湯沸し力5
手入れのしやすさ3
サイズ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

使う時は、重さを意識して。上手に使えばとっても便利。

注ぎ口。注ぎ方を緻密にコントロールすることができる。

持ち手側から見たケトル。水量確認もここから行う。

湯気は確実に抜けるように穴は複数。

台座。通常は何も表示されず、ヌメっとした独特の雰囲気がある。

電源ON時。タッチパネルなため字だけが浮かび上がるコンソール。

注ぎ口から手を入れられる。洗い対応も可能。

コーヒーをハンドドリップで楽しんでいる、そして楽しみたい人に、もってこいの細口の電気ケトル。
普通の電気ケトルでも抽出できない訳ではないが、注ぎ量、注ぎ位置をコントロールしやすいのが特徴。

この手のケトルは、コーヒーの専門メーカーから発売されてきた。しかし、価格が高いのだ。このため、便利だなぁと思いながらも、買うのを躊躇っていた人も多いのではないだろうか。ティファールのカフェ コントロール 1L KO9238JPも、税込で1万5千円と、電気ケトルとしては決して安くはない。しかし、コーヒーのハンドドリップ(プアオーバー)に適切な仕様になっているというモデルの中ではリーズナブルだ。

ティファールは、当モデルにいくつかの特徴を持たせている。一番は注ぎ量、注ぎ位置をコントロールしやすい細口であるが、、もう一つは重さとデザインだ。

ポイントとなる重さは、水を入れた上で考慮しなければならない。本体だけで、709g。これに水の重さが加わる。水と豆の比は、16:1。コーヒーカップの容量はレギュラーで120から150ml。マグカップで200から250mlと言われています。当モデルは、1Lですので、最大マグ4杯分です。フルの場合は、1.7kgをコントロールする必要があります。

ちなみに、スティック型掃除機で、手に負担少なく自在に動かすとなると、1.5kgを切りたいところ。4杯まで淹れるお湯量を確保することはできますが、普段使いは、マグ2杯分がいい感じです。

ちなみに、私が所有するハリオのコーヒーケトル(薬缶)が416gなので、差は約300g。満水:1Lだが、適正容量は600mlとしています。併せて1kgを切ります。多くの場合、1kgを切ると手に負担が少なく対応できます。同じことをカフェ コントロール 1L KO9238JPで行うと、1.2kg位。ギリ自在に操れる感じです。

もう一つ書いておきますと、コーヒーを淹れる時、全ての器具、カップを適正温度にすることも必要です。実際、600ml以下で抽出するとしてもカップを温めるお湯などは必要。それらを入れると1Lと言う沸かし容量は適切とも言えます。

細かな書き用ですが、美味しくコーヒーを淹れるには、物理量は守らないとダメですので、真面目にコーヒーと向き合う場合、全部計算して購入することが必要です。

さて適正量で対応した場合、注ぎの棒は、注ぎ量のコントロール、位置のコントロール共に極めて扱いやすいです。また、湯気の漏れ出しもありませんので、抽出のみに集中することができます。

さて温度ですが、40、60、70、80、85、90、95、100℃の8段階。コーヒーの抽出は、一般に90から95℃と言われています。が、酸味が好きな人は、87℃がベストなど、豆、その時の欲しい味によっても変わってきます。これだけあると困りませんが、一つほど、1℃刻みのメモリー設定できるようにして欲しかったと思います。

またデザインですが、今回は台座が非常に特徴的。ヌメッとした感じの「黒」です。机の上でも独特の存在感があります。あまり道具、見慣れた道具という感じではなく、特殊という感じが強いデザインでもあります。これもコーヒーには欠かせないモノで、いいデザインだと思います。

電気ケトルに強いメーカーが出した、コーヒー、ハンドドリップ用の電気ケトルしても優秀だと思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「カフェ コントロール 1L KO9238JP」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

カフェ コントロール 1L KO9238JPのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

カフェ コントロール 1L KO9238JP
ティファール

カフェ コントロール 1L KO9238JP

最安価格(税込):¥11,980発売日:2022年 4月 価格.comの安さの理由は?

カフェ コントロール 1L KO9238JPをお気に入り製品に追加する <34

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(電気ポット・電気ケトル)

ご注意