『かっこよさと実用性が高い次元でバランス』 ルノー アルカナ 2022年モデル 小さいデジカメ好きさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ルノー > アルカナ 2022年モデル

『かっこよさと実用性が高い次元でバランス』 小さいデジカメ好きさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

アルカナ 2022年モデルのレビューを書く

小さいデジカメ好きさん

  • レビュー投稿数:38件
  • 累計支持数:243人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
116件
デジタルカメラ
7件
19件
ブルーレイドライブ
3件
9件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3
かっこよさと実用性が高い次元でバランス

【エクステリア】
斜め後ろから見たデザインが特に素敵です。全体的にかなりデザインに振った凝った作りで、ルーテシアやキャプチャーとは別物、ほぼ全てのボディーパーツが独自、長いホイールベースも効いています。

【インテリア】
少し保守的なクラシックな内装に、シートベルトをはじめ細部にまで赤いステッチが入り、カーボン風のパーツも効果的に使われています。このインテリアデザインがスポーティーカーである事をうまく演出しています。

【エンジン性能】
必要にして十分、キビキビ走ります。アクセルを踏むと低速ではすぐ追従、高速ではじわっとどこまでも力強く盛り上がる感じで良い感じです。マッスルカーでなくあくまでジェントル。

【走行性能】
久しぶりにちょっと走っただけで、ワクワクする走行性能です。低速で走っても楽しいハンドリングやバランスの良さがわかります。 わかる方にはわかる違いです。ルーテシアなどのファミリーカーとは別次元のスポーティーな素晴らしいものです。

【乗り心地】
良く締まり、かと言って固すぎない日常使いに使える良い乗り味です。
ただし、シトロエンなどに比べて硬めです。

【燃費】
都内15Km/L程度、高速は25以上は期待できそうです、もしかすると走り方を気をつければ30Km/L以上
は期待できそうです。

【価格】
この内容と、独自のボディーから考えて、コスパは良いと思います。

【競合】
ルノールーテシア、プジョー5008、プジョー508、シトロエンC4 、AUDI Q2、日産ノートオーラ、スバルレボーグと比較しました。
その結果、アルカナが乗り味、ADAS 機能、燃費、実用性、希少性のバランスが最も高いと感じました。 

最後まで悩んだのがプジョー508とスバルレボーグでしたどちらも良い車でした。アルカナが優れると感じたのは以下の点です。
プジョー508よりもアルカナは、実用的で乗り降りしやすく、小柄な人でも視界が良く運転しやすく、ADAS 機能が優れる。
スバルレボーグよりもアルカナはかなり燃費が良い事。

【総評】
軽快さ、スポーティーで良い乗り味、パワフルな加速と、好燃費、デザインが良いのに、後席も十分使える、荷物もしっかり乗る。さらに、日産譲りのADAS機能は反応も良く実用的。 最低地上高が200mmある事で、アウトドアにも使えます。
車の作りも精度良く、ルーテシアを検討されておられたら、こちらも試乗される事をおすすめします。
我が家は気に入ったので、数回試乗した後、購入しました。

希少なスペシャルティーカー、少数台数輸入制度を使う関係で、エコカー減税が使えないのは少し残念なところです。


納車後の追記

・試乗時に、スポーティーだからまあこんなものかと思うものの、少し気になった足まわりの硬さが、納車された車では全く感じずむしろしなやかなルノーの印象で、さらに好印象になりました。
・デジタルインナーミラー付きドラレコ、ポータブルカーナビ、ETC2.0を自分で取り付けるときに、一部内張りを外してみたところ、丁寧に防塵、防音材が使われていてかなり音にも気を遣っていることが伺えますし、実際とても静かです。
・個人的にはデジタルインナーミラーを取り付けることをお勧めします。ハイマウントストップランプの下にリアカメラを内側から設置しました。DMDR-28をつけています。

比較製品
プジョー > 508 セダン
スバル > レヴォーグ
プジョー > SUV 5008 2017年モデル
乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年6月
購入地域
東京都

新車価格
429万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

アルカナの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3
かっこよさと実用性が高い次元でバランス

【エクステリア】
斜め後ろから見たデザインが特に素敵です。全体的にかなりデザインに振った凝った作りで、ルーテシアやキャプチャーとは別物、ほぼ全てのボディーパーツが独自、長いホイールベースも効いています。

【インテリア】
少し保守的なクラシックな内装に、シートベルトをはじめ細部にまで赤いステッチが入り、カーボン風のパーツも効果的に使われています。このインテリアデザインがスポーティーカーである事をうまく演出しています。

【エンジン性能】
必要にして十分、キビキビ走ります。アクセルを踏むと低速ではすぐ追従、高速ではじわっとどこまでも力強く盛り上がる感じで良い感じです。マッスルカーでなくあくまでジェントル。

【走行性能】
久しぶりにちょっと走っただけで、ワクワクする走行性能です。低速で走っても楽しいハンドリングやバランスの良さがわかります。 わかる方にはわかる違いです。ルーテシアなどのファミリーカーとは別次元のスポーティーな素晴らしいものです。

【乗り心地】
良く締まり、かと言って固すぎない日常使いに使える良い乗り味です。
ただし、シトロエンなどに比べて硬めです。

【燃費】
都内15Km/L程度、高速は25以上は期待できそうです、もしかすると走り方を気をつければ30Km/L以上
は期待できそうです。

【価格】
この内容と、独自のボディーから考えて、コスパは良いと思います。

【競合】
ルノールーテシア、プジョー5008、プジョー508、シトロエンC4 、AUDI Q2、日産ノートオーラ、スバルレボーグと比較しました。
その結果、アルカナが乗り味、ADAS 機能、燃費、実用性、希少性のバランスが最も高いと感じました。 

最後まで悩んだのがプジョー508とスバルレボーグでしたどちらも良い車でした。アルカナが優れると感じたのは以下の点です。
プジョー508よりもアルカナは、実用的で乗り降りしやすく、小柄な人でも視界が良く運転しやすく、ADAS 機能が優れる。
スバルレボーグよりもアルカナはかなり燃費が良い事。

【総評】
軽快さ、スポーティーで良い乗り味、パワフルな加速と、好燃費、デザインが良いのに、後席も十分使える、荷物もしっかり乗る。さらに、日産譲りのADAS機能は反応も良く実用的。 最低地上高が200mmある事で、アウトドアにも使えます。
車の作りも精度良く、ルーテシアを検討されておられたら、こちらも試乗される事をおすすめします。
我が家は気に入ったので、数回試乗した後、購入しました。

希少なスペシャルティーカー、少数台数輸入制度を使う関係で、エコカー減税が使えないのは少し残念なところです。

比較製品
プジョー > 508 セダン
スバル > レヴォーグ
プジョー > SUV 5008 2017年モデル
乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年6月
購入地域
東京都

新車価格
429万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

アルカナの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

アルカナ 2022年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

アルカナ 2022年モデル
ルノー

アルカナ 2022年モデル

新車価格:399〜429万円

中古車価格:388〜445万円

アルカナ 2022年モデルをお気に入り製品に追加する <21

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

アルカナの中古車 (7物件)

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意