『大掛かりな改善が必要だと思います』 OMデジタルソリューションズ OM SYSTEM OM-1 ボディ ゆきびたきさんのレビュー・評価

2022年 3月18日 発売

OM SYSTEM OM-1 ボディ

  • 有効画素数約2037万画素裏面照射積層型「Live MOSセンサー」と、従来比約3倍高速化した画像処理エンジン「TruePic X」搭載のミラーレス一眼カメラ。
  • ノイズ処理技術により常用で最高ISO 25600、拡張で最高ISO 102400の高感度を達成。防じん・防滴保護等級IP53、-10度の耐低温性能を備えている。
  • 「5軸シンクロ手ぶれ補正」で最大8.0段、ボディ単体で最大7段の補正効果を実現。1053点オールクロス像面位相差クアッドピクセルAF方式を採用。
OM SYSTEM OM-1 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥230,387

(前週比:-813円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥242,800

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥197,600 (5製品)


価格帯:¥230,387¥280,049 (44店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥230,389 〜 ¥245,520 (全国704店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2293万画素(総画素)/2037万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 重量:511g OM SYSTEM OM-1 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの価格比較
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの中古価格比較
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの買取価格
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの店頭購入
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのスペック・仕様
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの純正オプション
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのレビュー
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのクチコミ
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの画像・動画
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのピックアップリスト
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのオークション

OM SYSTEM OM-1 ボディOMデジタルソリューションズ

最安価格(税込):¥230,387 (前週比:-813円↓) 発売日:2022年 3月18日

  • OM SYSTEM OM-1 ボディの価格比較
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの中古価格比較
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの買取価格
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの店頭購入
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのスペック・仕様
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの純正オプション
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのレビュー
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのクチコミ
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの画像・動画
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのピックアップリスト
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

OM SYSTEM OM-1 ボディのレビューを書く

ゆきびたきさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:82人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン5
画質3
操作性3
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
大掛かりな改善が必要だと思います

マイクロフォーサーズ、APS-C、フルサイズと、3マウントを使い分けながら撮影をしており、これまで山歩き中の野鳥撮影用に使用していたG9を手放してOM-1を予約注文しました。
今回は森での小鳥撮影カメラとしての感想ですので、他用途の方は参考にしないでください。

鳥の認識は、わりと複雑な状況でも素早く認識をしてくれ、AFのスピードも速いです。
しかし枝も被っていないような状況で認識した鳥、瞳にAFがガッチリと合わせてくれるというわけではなく、連写で枚数を稼いでおけば気まぐれに合ってくれた数枚が使えるかも?といったレベルで、微妙に外したまま合焦サインを出し続けるなど、全体的にピント位置が曖昧な写真を量産しがちだ。
使えるAFのカメラなら連写で記録をした中から「どの瞬間を残すか」という選別作業になるのだが、OM-1の場合には「どれにピントが来ているか」という選別になってしまう。
そういったレベルのAFだから、近くの枝にとまった鳥が逃げるまでの僅か3秒程度のチャンスだと、全てのピンが甘くて全滅という事も多々ある。
これの厄介なところは、明らかに外しているわけではないため、撮影中にその判断が出来ないのです。
G9のように初動で合わないなら合わないでこちらも工夫をして撮るのですが、素早く認識をしながら合っているフリをされるのは本当に困りものです。
なので貴重な鳥狙いで確実性を求める場面や、レンズの持っている解像力をしっかりと出したい場合には認識AFを切り、自分の責任においてS-AFのピンポイントで狙った方がいいです(しかしこのシングルAFはG9より精度が安定していない印象です)。
でないと解像重視で重い望遠単焦点レンズを使っていても、安価なズームレンズレベルの写真を無駄に量産してしまいます。
このカメラを初めて持ち出したときにパナのElmarit200mmを付けて出かけたのですが、G9で撮っていたときよりも大きく描写が落ちてしまったので、レンズが壊れたのかと思いましたよ、ほんとに。
しかもパナレンズでのProCap使用時には、数秒で手ぶれ補正が暴れ出すという、まともに使えない状態でした。
自分は、ほぼ森の小鳥専門なため、信用できない認識AFは諦めて現在は認識OFFのS-AFしか使っていません。なのでこの機能を目当てにOM-1を買った意味は今のところ全くなく、買うカメラを間違えましたとしか言いようがないです。

ただ、背景が綺麗に抜けた状況下の飛翔撮影などには認識AFもけっこう使える感じで、今の時期だとツバメの飛翔やクマバチのホバリングなども比較的簡単に撮れてしまいますから、そういった飛翔撮影用途の方や、またはピント精度よりも素早く手軽に野鳥の写真が撮りたい、といった方には良いカメラかもしれません。

そもそも金額が違うので比較をするのは可哀想だが、フルサイズフラッグシップのAFを知っている人なら遊びレベルに感じてしまうだろう。
しかしキヤノンのR7やフジのX-H2Sなども発売され、値段が安いから仕方がないという言い訳も、この先は出来なくなるかもしれない。
画質面よりもAF性能に振ったセンサーを積んでこのAFレベルというのは、正直言って失敗に近いのではないかな。
このカメラはハード的にまだ余裕があるらしいのだが、それもソフト面の技術があればこそで、もういくらファームウェアで手を入れようが大きくは変わらないような気がしますし、わたしも長くは使わないと思います。
ネット上でも既に数人の鳥屋さんたちが見切りを付けて手放されたようですが、OMの認識AFはビギナーレベルだというレッテルをがっちりと貼られてしまう前に、かなり大きな改善が必要だと思いますね。

参考になった82

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

OM SYSTEM OM-1 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

OM SYSTEM OM-1 ボディ
OMデジタルソリューションズ

OM SYSTEM OM-1 ボディ

最安価格(税込):¥230,387発売日:2022年 3月18日 価格.comの安さの理由は?

OM SYSTEM OM-1 ボディをお気に入り製品に追加する <803

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意