『個人的に「回転式」は好みではないが、実によくできている。』 フィリップス 9000シリーズ S9985/50 多賀一晃さんのレビュー・評価

2022年 2月18日 発売

9000シリーズ S9985/50

  • 「スリーサイクロンヘッド」「SkinIQ テクノロジー」搭載のメンズ電気シェーバー。ヒゲの濃さと顔の輪郭を感知し肌質に合ったシェービングをガイド。
  • 過圧防止センサーを搭載し、シェーバーに搭載されたスマートセンサーが毎秒30回肌への圧力を感知、リアルタイムで色が変化して知らせる。
  • 「360 D フレックスヘッド」が顔の輪郭の凹凸に密着し、剃り残しを低減。1分間で洗浄できる、コンパクトでコードレスな洗浄器付き。
9000シリーズ S9985/50 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥33,000

(前週比:-200円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥33,000¥41,880 (32店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国738店舗)最寄りのショップ一覧

刃の枚数:3枚刃 駆動方式:回転式 電源方式:充電 その他機能:水洗い/海外使用/お風呂剃り対応/キワゾリ刃 9000シリーズ S9985/50のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • 9000シリーズ S9985/50の価格比較
  • 9000シリーズ S9985/50の店頭購入
  • 9000シリーズ S9985/50のスペック・仕様
  • 9000シリーズ S9985/50のレビュー
  • 9000シリーズ S9985/50のクチコミ
  • 9000シリーズ S9985/50の画像・動画
  • 9000シリーズ S9985/50のピックアップリスト
  • 9000シリーズ S9985/50のオークション

9000シリーズ S9985/50フィリップス

最安価格(税込):¥33,000 (前週比:-200円↓) 発売日:2022年 2月18日

  • 9000シリーズ S9985/50の価格比較
  • 9000シリーズ S9985/50の店頭購入
  • 9000シリーズ S9985/50のスペック・仕様
  • 9000シリーズ S9985/50のレビュー
  • 9000シリーズ S9985/50のクチコミ
  • 9000シリーズ S9985/50の画像・動画
  • 9000シリーズ S9985/50のピックアップリスト
  • 9000シリーズ S9985/50のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > シェーバー > フィリップス > 9000シリーズ S9985/50

『個人的に「回転式」は好みではないが、実によくできている。』 多賀一晃さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

9000シリーズ S9985/50のレビューを書く

多賀一晃さん

  • レビュー投稿数:397件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の…続きを読む

満足度5
デザイン5
使いやすさ5
剃り心地4
手入れのしやすさ5
バッテリー5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

個人的に「回転式」は好みではないが、実によくできている。

S9000.。こうしてみるとさほどヘッドは大きくない様にみえる。

フィリップスの象徴とも言える円刃3枚。平面プレートでより接肌面積も稼いでいる。

外刃と内刃。

肌に触れている圧力を光で表示。青は適正圧力より下であることを意味する。

洗浄器にセットされた本体。充電システムがないため、小型なのが魅力。

洗浄器中身。替えボトルに専用アタッチメントを嵌め込んだだけのシンプル構成。

今、日本でシェーバーを販売しているのは主に4社、パナソニック、ブラウン、マクセルイズミ、そしてフィリップスです。そのうち、パナソニック、ブラウン、マクセルイズミは往復式、フィリップスのみ回転式のシェーバーです。ではメジャーなのは往復式かというと、フィリップスは世界No.1シェア。何とも言えない状態です。しかし、円刃はサイズの割に接肌面積が大きい。肌に貼りつく感じで動かしにくいのです。このためヘッドを円を描くように動かします。なんとも独特の動きですし、顔の部位によっては、上手く回せないところもあります。思った通りに中々動いてくれません。私はちょっと苦手です。

さて、シェーバーが世に出てから今年で、101年が経ちます。その間シェーバーは「肌に優しく深剃りができる」ことを目指してきました。これはカミソリと異なり、シェーバーがヒゲを外刃と内刃で挟み切るためです。要するに外刃の厚み分だけ、剃ることができないのです。肌に当てながら剃るカミソリと異なるのです。

しかし、それを克服すべき技術もできました。各社持っていますが、フィリップスでは「リフトカット テクノロジー」と呼ばれている技術です。初撃でヒゲを刃が引っ掛けます。引っ掛けられたヒゲは引っ張られます。そして根元まで外刃に引き込まれます。そこを次の内刃がカットするのです。

しかしリスクもあります。ギリギリまで肌を網刃(外刃)に押し付けるので、力を入れすぎると肌もカットされてしまいます。しかし十分剃れないとなると、人はシェーバーを肌に押し付けます。そうすると肌も削りとられます。

ならばということでとられたのが、それなりの力で押し当てても肌が外刃の網目に入り込まないようにする方法です。接肌面積を上げるのです。圧力=力/触れる面積 ですから、触れる面積を増やしてやるのです。今、最上級シェーバーのヘッドが大きい理由がここにあります。メリットとして多枚刃化による丁寧な剃り味を謳っていますが、肌が外刃に食い込みにくくするのです。

しかし、それでもまだ、100%良しとはなりません。理由は、その時シェーバを当てる力が1.5から4ニュートン(約150から400g)と、微妙なレベルの力で当てなければならないからです。

S9000は、この課題に対し「過圧防止センサー」を採用しました。センサーデータを元に、今どの程度の力で押し付けているのかを「発光」で知らせます。「本体」のネック(ヘッド下)の部分が光り、教えるのです。「え、見えるの?」と思われる人もいらっしゃるかもしれませんが、これが鏡を使わなくても割と見えるのです。

なるほど、適正の緑光領域だと、肌を傷めることなくいい感じで剃ることができます。強すぎの橙色になると肌が痛いとなります。ちょっと長くなりましたが、これがS9000シリーズの特徴です。今までの積み重ねられてきた技術を活かすための最後の一手が投入された感じです。

今回、メーカーよりサンプルを入手。テストしました。

【デザイン】
3枚の円刃は、フィリップスのシェーバーの特徴。今回は、刃ではなく刃を含む3つのプレートで構成されており、より圧力に気を使ったデザインになっている。

【使いやすさ】
コンソールにあるボタンは一つ。このため、使い方で迷うことはない。また、圧力センサーの結果も目で追えるので使いやすい。

【剃り心地】
接肌面積が大きいので動かしにくいという回転刃特有の問題を有する。慣れるまで時間を要する。「心地」でいうと最上級ではない。円を描く使い方はコントロールが難しく、中々自分の思った通りには行かない。

【手入れのしやすさ】
ギリギリまで剃り込むと、ヒゲはほとんど粉状態になる。このため、ドライ環境下でブラシでキレイにするより、洗浄器を使うことをおすすめしたい。フィリップスの洗浄器の良いところは、洗浄器に電気回路がないこと。洗浄器は洗浄液の入れ物であり、洗浄時は、シェーバーを作動させ洗浄する。このため洗浄器は小さくて済むし、洗浄時間は約1分。ただし、乾くまで、そのまま放置しておく必要がある。冬場、室温:10から15℃で約4時間かかった。

【バッテリー】
基本は、20日/月、2から3分/回で設計されることが多く、1ヶ月充電不要が謳い文句になることが多いが、洗浄時にも使用されるので、60分とカタログにはある。2から3週間というところであろうか。

【総評】
技術的に嘘のない、よくできたシェーバー。一方、個人的には回転刃に馴染めずにいる。「心地」は個人の感じ方として切り離すと、優れた技術で精緻に組み立てられていることがわかる。洗浄器なども扱いやすく、誰にでも勧められる良いモデルと言える。

参考になった36人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
使いやすさ5
剃り心地4
手入れのしやすさ5
バッテリー5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

個人的に「回転式」は好みではないが、実によくできている。

S9000.。こうしてみるとさほどヘッドは大きくない様にみえる。

フィリップスの象徴とも言える円刃3枚。平面プレートでより接肌面積も稼いでいる。

外刃と内刃。

肌に触れている圧力を光で表示。青は適正圧力より下であることを意味する。

洗浄器にセットされた本体。充電システムがないため、小型なのが魅力。

洗浄器中身。替えボトルに専用アタッチメントを嵌め込んだだけのシンプル構成。

今、日本でシェーバーを販売しているのは主に4社、パナソニック、ブラウン、マクセルイズミ、そしてフィリップスです。そのうち、パナソニック、ブラウン、マクセルイズミは往復式、フィリップスのみ回転式のシェーバーです。ではメジャーなのは往復式かというと、フィリップスは世界No.1シェア。何とも言えない状態です。しかし、円刃はサイズの割に接肌面積が大きい。肌に貼りつく感じで動かしにくい。このためヘッドを円を描くように動かします。なんとも独特の動きですし、顔の部位によっては、上手く回せないところもあります。思った通りに中々動いてくれません。私はちょっと苦手です。

さて、シェーバーが世に出てから今年で、101年が経ちます。その間シェーバーは「肌に優しく深剃りができる」ことを目指してきました。これはカミソリと異なり、シェーバーがヒゲを外刃と内刃で挟み切るためです。要するに外刃の厚み分だけ、剃ることができないのです。肌に当てながら剃るカミソリと異なるのです。

しかし、それを克服すべき技術もできました。各社持っていますが、フィリップスでは「リフトカット テクノロジー」と呼ばれている技術です。初撃でヒゲを刃が引っ掛けます。引っ掛けられたヒゲは引っ張られます。そして根元まで外刃に引き込まれます。そこを次の内刃がカットするのです。

しかしリスクもあります。ギリギリまで肌を網刃(外刃)に押し付けるので、力を入れすぎると肌もカットされてしまいます。しかし十分剃れないとなると、人はシェーバーを肌に押し付けます。そうすると肌も削りとられます。

ならばということでとられたのが、それなりの力で押し当てても肌が外刃の網目に入り込まないようにする方法です。接肌面積を上げるのです。圧力=力/触れる面積 ですから、触れる面積を増やしてやるのです。今、最上級シェーバーのヘッドが大きい理由がここにあります。メリットとして多枚刃化による丁寧な剃り味を謳っていますが、肌が外刃に食い込みにくくするのです。

しかし、それでもまだ、100%良しとはなりません。理由は、その時シェーバを当てる力が1.5から;4ニュートン(約150から;400g)と、微妙なレベルの力で当てなければならないからです。

S9000は、この課題に対し「過圧防止センサー」を採用しました。センサーデータを元に、今どの程度の力で押し付けているのかを「発光」で知らせます。「本体」のネック(ヘッド下)の部分が光り、教えるのです。「え、見えるの?」と思われる人もいらっしゃるかもしれませんが、これが鏡を使わなくても割と見えるのです。

なるほど、適正の緑光領域だと、肌を傷めることなくいい感じで剃ることができます。強すぎの橙色になると肌が痛いとなります。ちょっと長くなりましたが、これがS9000シリーズの特徴です。今までの積み重ねられてきた技術を活かすための最後の一手が投入された感じです。

【デザイン】
3枚の円刃は、フィリップスのシェーバーの特徴。今回は、刃ではなく刃を含む3つのプレートで構成されており、より圧力に気を使ったデザインになっている。

【使いやすさ】
コンソールにあるボタンは一つ。このため、使い方で迷うことはない。また、圧力センサーの結果も目で追えるので使いやすい。

【剃り心地】
接肌面積が大きいので動かしにくいという回転馬特有の問題を有する。慣れるまで時間を要する。「心地」でいうと最上級ではない。円を描く使い方はコントロールが難しく、中々自分の思った通りには行かない。

【手入れのしやすさ】
ギリギリまで剃り込むと、ヒゲはほとんど粉状態になる。このため、ドライ環境下でブラシでキレイにするより、洗浄器を使うことをおすすめしたい。フィリップスの洗浄器の良いところは、洗浄器に電気回路がないこと。洗浄器は洗浄液の入れ物であり、洗浄時は、シェーバーを作動させ洗浄する。このため洗浄器は小さくて済むし、洗浄時間は約1分。ただし、乾くまで、そのまま放置しておく必要がある。冬場、室温:10から15℃で約4時間かかった。

【バッテリー】
基本は、20日/月、2から3分/回で設計されることが多く、1ヶ月充電不要が謳い文句になることが多いが、洗浄時にも使用されるので、60分とカタログにはある。2から3週間というところであろうか。

【総評】
技術的に嘘のない、よくできたシェーバー。一方、個人的には回転刃に馴染めずにいる。「心地」は個人の感じ方として切り離すと、優れた技術で精緻に組み立てられていることがわかる。洗浄器なども扱いやすく、誰にでも勧められる良いモデルと言える。

参考になった24

満足度5
デザイン5
使いやすさ5
剃り心地4
手入れのしやすさ5
バッテリー5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

個人的に「回転式」は好みではないが、実によくできている。

S9000.。こうしてみるとさほどヘッドは大きない様にみえる。

フィリップスの象徴とも言える円刃3枚。平面プレートでより接肌面積も稼いでいる。

s外刃と内刃。

肌に触れている圧力を光で表示。青は適正圧力より下であることを意味する。

洗浄器にセットされた本体。充電システムがないため、小型なのが魅力。

洗浄器中身。替えボトルに専用アタッチメントを嵌め込んだだけのシンプル構成。

今、日本でシェーバーを販売しているのは主に4社、パナソニック、ブラウン、マクセルイズミ、そしてフィリップスです。そのうち、パナソニック、ブラウン、マクセルイズミは往復式、フィリップスのみ回転式のシェーバーです。ではメジャーなのは往復式かというと、フィリップスは世界No.1シェア。何とも言えない状態です。しかし、円刃はサイズの割に接肌面積が大きい。肌に貼り付KU感じで動かしにくい。このためヘッドを円を描くように動かします。なんとも独特の動きですし、顔の部位によっては、上手く回せないところもあります。思った通りに中々動いてくれません。私はちょっと苦手です。

さて、シェーバーが世に出てから今年で、101年が経ちます。その間シェーバーは「肌に優しく深剃りができる」ことを目指してきました。これはカミソリと異なり、シェーバーがヒゲを外刃と内刃で挟み切るためです。要するに外刃の厚み分だけ、剃ることができないのです。肌ギリギリまで剃れるカミソリと異なるのです。

しかし、それを克服すべき技術もできました。各社持っていますが、フィリップスでは「リフトカット テクノロジー」と呼ばれている技術です。初撃でヒゲを刃が引っ掛けます。引っ掛けられたヒゲは引っ張られます。そして根元まで外刃に引き込まれます。そこを次の内刃がカットするのです。

しかしリスクもあります。ギリギリまで肌を網刃(外刃)に押し付けるので、力を入れすぎると肌もカットされてしまいます。しかし十分剃れないとなると、人はシェーバーを肌に押し付けます。そうすると肌も削りちられます。

ならばということでとられたのが、それなりの力で押し当てても肌が外刃の網目に入り込まないようにする方法です。接肌面積を上げるのです。圧力=力/触れ面積 ですから、触れる面積を増やしてやるのです。今、最上級シェーバーのヘッドが大きい理由がここにあります。メリットとして多枚刃化による丁寧な剃り味を謳っていますが、肌が外刃に食い込みにくくするのです。

しかし、それでもまだ、100%良しとはなりません。理由は、その時シェーバを当てる力が1.5〜4ニュートン(約150〜400g)と、微妙なレベルの力で当てなければならないからです。

S9000は、この課題に対し「過圧防止センサー」を採用しました。センサーデータを元に、今どの程度の力で押し付けているのかを「発光」で知らせます。「本体」のネック(ヘッド下)の部分が光り、教えるのです。「え、見えるの?」と思われる人もいらっしゃるかもしれませんが、これが鏡を使わなくても割と見えるのです。

なるほど、適正の緑光領域だと、肌を傷めることなくいい感じで剃ることができます。強すぎの橙色になると肌が痛いとなります。ちょっと長くなりましたが、これがS9000シリーズの特徴です。今までの積み重ねられてきた技術を活かすための最後の一手が投入された感じです。

【デザイン】
3枚の円刃は、フィリップスのシェーバーの特徴。今回は、刃ではなく刃を含む3つのプレートで構成されており、より圧力に気を使ったデザインになっている。

【使いやすさ】
コンソールにあるボタンは一つ。このため、使い方で迷うことはない。また、圧力センサーの結果も目で追えるので使いやすい。

【剃り心地】
接肌面積が大きいので動かしにくいという回転馬特有の問題を有する。慣れるまで時間を要する。「心地」でいうと最上級ではない。円を描く使い方はコントロールが難しく、中々自分の思った通りには行かない。

【手入れのしやすさ】
ギリギリまで剃り込むと、ヒゲはほとんど粉状態になる。このため、ドライ環境下でブラシでキレイにするより、洗浄器を使うことをおすすめしたい。フィリップスの洗浄器の良いところは、洗浄器に電気回路がないこと。洗浄器は洗浄液の入れ物であり、洗浄時は、シェーバーを作動させ洗浄する。このため洗浄器は小さくて済むし、洗浄時間は約1分。ただし、乾くまで、そのまま放置しておく必要がある。冬場、室温:10から;15℃で約4時間かかった。

【バッテリー】
基本は、20日/月、2から3分/回で設計されることが多く、1ヶ月充電不要が謳い文句になることが多いが、洗浄時にも使用されるので、60分とカタログにはある。2から3週間というところであろうか。

【総評】
技術的に嘘のない、よくできたシェーバー。一方、個人的には回転刃に馴染めずにいる。「心地」は個人の感じ方として切り離すと、優れた技術っで精緻に組み立てられていることがわかる。洗浄器なども扱いやすく、誰にも勧められる良いモデルと言える。

参考になった11

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

9000シリーズ S9985/50のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

9000シリーズ S9985/50
フィリップス

9000シリーズ S9985/50

最安価格(税込):¥33,000発売日:2022年 2月18日 価格.comの安さの理由は?

9000シリーズ S9985/50をお気に入り製品に追加する <98

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(シェーバー)

ご注意