『VS marantz M-CR612』 Bluesound POWERNODE [ブラック] osewasamaneさんのレビュー・評価

2021年12月中旬 発売

POWERNODE [ブラック]

  • オーディオファイル・グレードのコンポーネントとマルチルーム・ミュージック機能を組み合わせた、ストリーミング時代のためのHiFiアンプ。
  • クアッドコア1.8GHz ARM Cortex A53プロセッサーと32ビット/384kHzプレミアムDAC採用により、正確で明瞭な再生を実現。
  • デュアルバンドWi-Fi、ギガビットイーサネット、2ウェイBluetooth aptX HD Bluetoothに対応し、音楽を途切れることなく再生できる。
POWERNODE [ブラック] 製品画像

拡大

プロダクトアワード2022

最安価格(税込):

¥127,600

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥127,600¥127,600 (2店舗) メーカー希望小売価格:オープン

定格出力:80W/8Ω 対応インピーダンス:8Ω POWERNODE [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • POWERNODE [ブラック]の価格比較
  • POWERNODE [ブラック]の店頭購入
  • POWERNODE [ブラック]のスペック・仕様
  • POWERNODE [ブラック]のレビュー
  • POWERNODE [ブラック]のクチコミ
  • POWERNODE [ブラック]の画像・動画
  • POWERNODE [ブラック]のピックアップリスト
  • POWERNODE [ブラック]のオークション

POWERNODE [ブラック]Bluesound

最安価格(税込):¥127,600 (前週比:±0 ) 発売日:2021年12月中旬

  • POWERNODE [ブラック]の価格比較
  • POWERNODE [ブラック]の店頭購入
  • POWERNODE [ブラック]のスペック・仕様
  • POWERNODE [ブラック]のレビュー
  • POWERNODE [ブラック]のクチコミ
  • POWERNODE [ブラック]の画像・動画
  • POWERNODE [ブラック]のピックアップリスト
  • POWERNODE [ブラック]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > プリメインアンプ > Bluesound > POWERNODE [ブラック]

『VS marantz M-CR612』 osewasamaneさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

POWERNODE [ブラック]のレビューを書く

osewasamaneさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
1件
0件
ミニコンポ・セットコンポ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性3
音質5
パワー5
機能性3
入出力端子4
サイズ5
VS marantz M-CR612

「マランツ M-CR612」と「Bluesound POWERNODE(ブルーサウンド・パワーノード N330)」の比較です。

これまで「M-CR612」を気に入って使っていたのですが、アプリ「HEOS」でAmazon music を聴くようになってからは、多くの人が指摘するような不便を感じたため、「POWERNODE」に乗り換えました。

ただ、結論として、CDやラジオ機能の有無、価格差を別にしても、いずれの機種にも長短があって一概にどちらが優れているというものではないと思いました。

使用目的は、家族で使うリビングのテレビと共存させながら、可能な限りステレオ再生(Amazon music、USBメモリー)を高音質で楽しめるミニマルなシステムであること。CDとラジオは使いません。スピーカーはDYNAUDIO SP40。

【音質】
両機種共デジタルアンプですが、音の傾向はかなり違います。
聴感上、周波数レンジが広く、解像度も十分な耳当たり良い音と感じていた「M-CR612」に対して、「POWERNODE」は、中域を充実させたアナログライクな音で、中域〜中低域の厚みや力感、躍動感を強く感じる音は、ロックやジャズを中心に聴くわが家では好印象でした。
また、映画をよく観るため、人の声が明解で聞き取りやすい「POWERNODE」が使用目的にも合っていました。
なお、「M-CR612」の特徴的な機能のパラレルBTLは、音像が前に出るようになる一方、音場が平面的なってしまうように感じたため、わが家の環境(もしくは好み)には合わずでした。

【デザイン・サイズ】
「M-CR612」もオーディオ機器としては相当コンパクトで、そこはかとなくクラシカルさを漂わせる端正なデザインが気に入っていました。
「POWERNODE」は存在を忘れるようなサイズ感で、そっけない外観デザインですが、ソリッドな仕上げの質感は、写真で見るよりもずっと良いように思いました。

【Wi-Fi】
わが家の環境では「M-CR612」がWi-Fiを掴めなかったり、切断されたりするようなことは、ほとんどなく、極めて快適に使うことができていました。
一方、「POWERNODE」は不安定(※ネットワークの設定で解決する可能性があります)。わが家では、結局、LANケーブルでつないで使っています。

【アプリ・操作】
評判の芳しくない「HEOS」ですが、Amazon musicを使う場合の不便(ライブラリ一覧を表示できないことなど…致命的ですが)のほかには、大きな不満はありませんでした。
「POWERNODE」で使う「BluOS」の優位は、複数の部屋で音楽を楽しむという使い方でもなければ、Amazon musicで追加したライブラリを使える点以外にはほとんどなく、むしろ、「HEOS」の方が安定している部分が多かったです。「BluOS」に過度な期待はしない方がいいかもしれません。

【端子】
「M-CR612」は、テレビ(SONY X9500H)と光ケーブルで接続していましたが、やはり、テレビとの連携は「HDMI eARC」端子付きの「POWERNODE」が快適です。
音の遅延や光ケーブルからHDMIケーブルに変更したことによる音質の差は特に感じませんでした。光アイソレートの効果を期待して「POWERNODE」でも光ケーブルを試しましたが、素直にHDMIケーブルを使った方が、動作・音質共に良好のようです。
端子レイアウトなどは、「M-CR612」のサイズが大きいとはいえ、よく計算・整理されていているようで使いやすかったです。このあたりはメーカーに一日の長を感じました。
「POWERNODE」は、LAN端子とUSB端子の両端子とも使う場合、干渉することがあります。ソースにUSBメモリーなどを使う予定がある場合は、USBメモリーの形状やサイズに注意が必要です(Sandiscの最薄のUSBメモリーは問題なくLANケーブルと共存できました)。

総じて、機能やアプリなど操作の面では両機種は一長一短のようで、音質の面でも、清廉さが気持ち良く長時間聴いていられる「M-CR612」と、躍動感と温かみが楽しい「POWERNODE」とで好みが分かれるように思います。

比較製品
マランツ > M-CR612 [ブラック]
レベル
初心者

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「POWERNODE [ブラック]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
POWERNODE 2iとの比較  5 2023年1月5日 10:21
サブウーファーからのポップノイズがNG、音質・操作性は◎  2 2022年12月30日 22:26
VS marantz M-CR612  4 2022年8月25日 14:05
AVアンプから買い換えしました。  5 2022年6月24日 07:39
音質操作性いいです  5 2022年4月30日 08:22
なんだ、最高かよ  5 2022年4月23日 19:11
めっちゃいいです! ※購入一ヶ月再レビュー  5 2022年2月7日 10:05
リビングHiFiというメーカーコピー通り。1つの完成形。  5 2022年1月22日 17:33
生活の中で音楽と共に  4 2022年1月12日 00:11

POWERNODE [ブラック]のレビューを見る(レビュアー数:9人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

POWERNODE [ブラック]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

POWERNODE [ブラック]
Bluesound

POWERNODE [ブラック]

最安価格(税込):¥127,600発売日:2021年12月中旬 価格.comの安さの理由は?

POWERNODE [ブラック]をお気に入り製品に追加する <43

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意