『α7III / α7Cからの買い替えもアリ』 SONY α7 IV ILCE-7M4 ボディ tmxさんのレビュー・評価

2021年12月17日 発売

α7 IV ILCE-7M4 ボディ

  • 静止画と動画の撮影性能や操作性、共有・配信機能を一新したフルサイズミラーレス一眼カメラ。各設定を素早く切り替えられるダイヤルを追加。
  • 有効約3300万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載。高解像とともに拡張ISO204800の高感度を実現している。
  • 従来比最大約8倍の高速処理が可能な画像処理エンジン「BIONZ XR」や、AIを活用して高速・高精度・高追従に被写体をとらえるAF技術を採用。
α7 IV ILCE-7M4 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る

プロダクトアワード2022

最安価格(税込):

¥284,800

(前週比:+6,000円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥287,800

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥257,000 (58製品)


価格帯:¥284,800¥372,900 (55店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥284,800 〜 ¥335,610 (全国706店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:3410万画素(総画素)/3300万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:573g α7 IV ILCE-7M4 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの価格比較
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの中古価格比較
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの買取価格
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの店頭購入
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのスペック・仕様
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの純正オプション
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビュー
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのクチコミ
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの画像・動画
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのピックアップリスト
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのオークション

α7 IV ILCE-7M4 ボディSONY

最安価格(税込):¥284,800 (前週比:+6,000円↑) 発売日:2021年12月17日

  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの価格比較
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの中古価格比較
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの買取価格
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの店頭購入
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのスペック・仕様
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの純正オプション
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビュー
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのクチコミ
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの画像・動画
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのピックアップリスト
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのオークション

『α7III / α7Cからの買い替えもアリ』 tmxさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビューを書く

tmxさん

  • レビュー投稿数:113件
  • 累計支持数:336人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
32件
レンズ
3件
9件
レンズフィルター
5件
7件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性3
機能性4
液晶3
ホールド感5
α7III / α7Cからの買い替えもアリ

α7Cからの買い替えで手にしました。
7Cから離れた理由はホールド感とEVF、画素数に不満があった為、乗り換えることにしました。

【デザイン】
α7Cを使う前はα7IIを使用していたので、慣れ親しんだ形を手に入れたと感じています。無骨な感じがありながらも、ソニーらしいミニマルな面も感じられ野暮ったくないのが気に入っています。

【画質】
α7Cよりも夕焼けなど空を撮影した時の階調が滑らかに感じます。特にα7Cは肌の色が緑寄りで不自然な感じに感じてましたが、ようやく自然と感じる色味になったと思っています。特にクリエイティブルックの「FL」はハイコントラストでフジでもライカでもない独特な色味になるので好きです。

【操作性】
スチルとムービーとを切り替えられるスイッチは便利だと感じます。そして、やはりカメラを握った時に親指、人差し指で触れる部分にコントローラー・ボタンが配置されているのが、使いやすい操作性になっているのだと感じました。

【バッテリー】
付属バッテリーに加えて予備を1本購入し運用しています。私の場合は1日に撮影する撮影枚数が少ないからか、1日で1本あればなんとか回っています。ただ、旅行ともなれば1本じゃ不安ですし、海外などで利用する場合はもう一本購入するか、モバイルバッテリーで移動中に充電などする必要があるかと考えています。

【携帯性】
携帯性は明らかにα7Cよりは劣りましたが、特に不満は感じていません。
ただ、携帯性が良いかと言われたらそうではないと感じているので、3つ星にしています。

【機能性】
電源オフ時にシャッターを下ろす機能は本当に便利だと感じています。正直、ホコリなどがセンサー部に付着するのが嫌でレンズ交換をする気になれずズームレンズ一本で運用していましたが、単焦点レンズを購入するきっかけにもなりました。全てのホコリやチリ・ゴミなどを防ぐものではないと思っていますが、嬉しい機能追加でした。

【液晶・EVF】
液晶はタッチパネルですが、タッチ機能を一時的にオフするような小さいボタンが液晶内に出てくるのが便利です。バリアングル液晶はやはりレンズ・センサー位置からずれた場所に移ってしまうので、慣れが必要だと思います。このあたり、α7RVで改善されているので不満に思う方が多かったのかと感じました。カメラを使う方であれば使いにくさは簡単に分かるようなことなので、この辺りが本機で改善されなかったのはズルいというか、メーカーの姿勢がネガに映りました。なので星3つにしています。
EVFはα7Cの時は小さく使い心地が悪く不満に感じていましたが、α7Cと比べると格段に広く使い心地が良く、撮りたいと思わせてくれるのが気に入っています。

【ホールド感】
α7IIと比べてもグリップ部分が大きくなり、少し持ちにくいかなと思うこともありましたが、使ってみると慣れの問題なのか、それほど大きな問題だとは感じないようになりました。ただ、手の小さい方は持ちにくいと感じることがあると思うので、一度店頭で触ってみる方が良さそうです。

【その他】
動画性能(スペック)は正直、登場時点で期待外れでした。4K60P対応時にSuper35mmというのは微妙だなと思っています。このあたりは今の時代にそぐわないので、ファームウェアアップデートでなんとか対応してほしいところです(機能性を★3つにしたもうひとつの理由がこれです)。

【総評】
デビュー当初、動画性能(スペック)が気に入らず、保留していましたが、肝心な色味、使い心地が改善されたことで購入するに至りました。ただ、α7RVが出た今となっては動画も写真も高い次元で使いたいという人にはα7RVを選択しろということかなと感じました。
ベーシック機としてはα7III/7Cよりも性能は上なので、ストレスは少ないので買い替えもアリかと感じています。

比較製品
SONY > α7C ILCE-7C ボディ [ブラック]
レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
室内

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「α7 IV ILCE-7M4 ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

α7 IV ILCE-7M4 ボディ
SONY

α7 IV ILCE-7M4 ボディ

最安価格(税込):¥284,800発売日:2021年12月17日 価格.comの安さの理由は?

α7 IV ILCE-7M4 ボディをお気に入り製品に追加する <1620

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意