『ソニーには珍しく尖った所がないのに満たされる。』 SONY α7 IV ILCE-7M4 ボディ コリーヌコリーヌさんのレビュー・評価

2021年12月17日 発売

α7 IV ILCE-7M4 ボディ

  • 静止画と動画の撮影性能や操作性、共有・配信機能を一新したフルサイズミラーレス一眼カメラ。各設定を素早く切り替えられるダイヤルを追加。
  • 有効約3300万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載。高解像とともに拡張ISO204800の高感度を実現している。
  • 従来比最大約8倍の高速処理が可能な画像処理エンジン「BIONZ XR」や、AIを活用して高速・高精度・高追従に被写体をとらえるAF技術を採用。
α7 IV ILCE-7M4 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る
最安価格(税込):

¥297,000

(前週比:-2,256円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥296,800 (12製品)


価格帯:¥297,000¥361,900 (42店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥299,000 〜 ¥325,710 (全国703店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:3410万画素(総画素)/3300万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:573g α7 IV ILCE-7M4 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの価格比較
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの中古価格比較
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの買取価格
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの店頭購入
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのスペック・仕様
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの純正オプション
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビュー
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのクチコミ
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの画像・動画
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのピックアップリスト
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのオークション

α7 IV ILCE-7M4 ボディSONY

最安価格(税込):¥297,000 (前週比:-2,256円↓) 発売日:2021年12月17日

  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの価格比較
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの中古価格比較
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの買取価格
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの店頭購入
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのスペック・仕様
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの純正オプション
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビュー
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのクチコミ
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの画像・動画
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのピックアップリスト
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのオークション

『ソニーには珍しく尖った所がないのに満たされる。』 コリーヌコリーヌさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビューを書く

コリーヌコリーヌさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
3件
1件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感4
ソニーには珍しく尖った所がないのに満たされる。

写真5割・動画5割で利用しています。
nex5 nex7 a7r a7ii a7iii a7cと巡りましたがやっと到着した感覚です。
アクティブモードとレンズブリージング修正力が凄まじく、上記カメラの弱点を無くして少し重くしたような機種です。
10bit動画はほぼ触っていません。なのに動画写真共に階調豊かなのでセンサーが良くなったのだと実感できました。

a7cに装着したsel20f18gのブリージングが気になり
まあ確かに普通な事か
と思いつつもソニーに点検に出したところ、仕様だという回答で悶々としていましたがa7ivで運用すると全て解決できました。
後継機種には全てこの機能が付くべきです。

弱点を強いていえばa7iiiよりバッテリーが持たないところがあります。ですが半日は確実に持ちます。バッテリー強化の為に重く大きくなったりするような事はあまりしないで欲しい。
現状モバイルバッテリーを挿して撮影する事もできるので苦はないです。

このカメラの弱点ではないですがeマウントシステムのテレコン対応レンズが少なくて悩みます。AFへの拘りでしょうか。

これ以上のカメラを求めるなら何が必要か?

・4k 120fps 10bit撮影
・撮影者の視線感知フォーカス&シャッター
・一つのセンサーでRAWの画素数を変えられたりローパスフィルターやndFのon/offができる
・Catalyst Browseのようなジャイロデータを用いた手ブレ補正のボディ単体による補完
・本体が500g

これらの夢を満たす時にこのカメラが負ける時かなと、数台持ちかモジュール型にでもしないと太刀打ちできないでしょう。
現実的なところ次期a7cには期待しています。

映し出す雰囲気
色気のあるシャッターの音
握った感触
撮るぞ!という気持ちが湧く…などの曖昧な持つための理由は要りませんね。
良い絵が撮れる→褒められる→持ち出せる→の繰り返しです。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった17人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感4
ソニーには珍しく尖った所がないのに満たされる。

写真5割・動画5割で利用しています。
全ての弱点を無くしたようなカメラだと思います。
強いていえばa7iiiよりバッテリーが持たないところがあります。ですが半日は確実に持ちます。バッテリー強化の為に重く大きくなったりするような事はしないで欲しい。
現状モバイルバッテリーを挿して撮影する事もできるので苦はないです。

このカメラの弱点ではないですがeマウントシステムのテレコン対応レンズの幅が狭い事があります。AFへの拘りでしょうか。

これ以上のカメラを求めるなら何が必要か?

・4k 120fps 10bit撮影
・撮影者の視線感知フォーカス&シャッター
・一つのセンサーでRAWの画素数を変えられたりローパスフィルターやndFのon/offができる
・Catalyst Browseのようなジャイロデータを用いた手ブレ補正のボディ単体による補完
・本体が500g

これらの夢を満たす時にこのカメラが負ける時かなと、数台持ちかモジュール型にでもしないと太刀打ちできないでしょう。
現実的なところ次期a7cには期待しています。

映し出す雰囲気
色気のあるシャッターの音
握った感触
撮るぞ!という気持ちが湧く…などの曖昧な持つための理由は要りません。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった1

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感4
満たされると書くことないですね。

このカメラは確実に現在最高の物です。
短所を無くした究極の形かと思います。

強いていえば
a7iiiよりバッテリーが持たないところがあります。ですが半日は確実に持ちます。バッテリー強化の為に重く大きくなったりするような事はしないで欲しい。
現状モバイルバッテリーを挿して撮影する事もできるので苦はないです。

このカメラの弱点ではないですがeマウントシステムのテレコン対応レンズの幅が狭い事があります。AFへの拘りでしょうか。

これ以上のカメラを求めるなら何が必要か?

・4k 120fps 10bit撮影
・撮影者の視線感知フォーカス&シャッター
・一つのセンサーでRAWの画素数を変えられたりローパスフィルターやndFのon/offができる
・Catalyst Browseのようなジャイロデータを用いた手ブレ補正のボディ単体による補完
・本体が500g

これらの夢を満たす物が発売されるまでa7ivは最強のカメラです。数台持ちかモジュール型にでもしないと太刀打ちできないでしょう。
現実的なところ次期a7cには期待しています。

映し出す雰囲気
色気のあるシャッターの音
握った感触
撮るぞ!という気持ちが湧く…などの曖昧な持つための理由は要りません。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった0

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感4
満たされると書くことないですね。

このカメラは確実に現在最高の物です。
短所を無くした究極の形かと思います。

弱点といえば
a7iiiよりバッテリーが持たないところがあります。ですが半日は確実に持ちます。バッテリー強化の為に重く大きくなったりするような事はしないで欲しい。
現状モバイルバッテリーを挿して撮影する事もできるので苦はないです。

このカメラの弱点ではないですがeマウントシステムのテレコン対応レンズの幅が狭い事があります。AFへの拘りでしょうか。

これ以上のカメラを求めるなら何が必要か?

・4k 120fps 10bit撮影
・撮影者の視線感知フォーカス&シャッター
・一つのセンサーでRAWの画素数を変えられたりローパスフィルターやndFのon/offができる
・8kからのクロップによるフルサイズセンサー全てを使った4k超アクティブ手ぶれ補正撮影
・Catalyst Browseのようなジャイロデータを用いた手ブレ補正のボディ単体による補完
・本体が500g

これらの夢を満たす物が発売されるまでa7ivは最強のカメラです。数台持ちかモジュール型にでもしないと太刀打ちできないでしょう。

映し出す雰囲気
色気のあるシャッターの音
握った感触
撮るぞ!という気持ちが湧く…などの曖昧な持つための理由は要りません。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった0

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

α7 IV ILCE-7M4 ボディ
SONY

α7 IV ILCE-7M4 ボディ

最安価格(税込):¥297,000発売日:2021年12月17日 価格.comの安さの理由は?

α7 IV ILCE-7M4 ボディをお気に入り製品に追加する <1357

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意