『高次元でバランスの取れたベーシック機』 SONY α7 IV ILCE-7M4 ボディ 下手な鉄砲打ちさんのレビュー・評価

2021年12月17日 発売

α7 IV ILCE-7M4 ボディ

  • 静止画と動画の撮影性能や操作性、共有・配信機能を一新したフルサイズミラーレス一眼カメラ。各設定を素早く切り替えられるダイヤルを追加。
  • 有効約3300万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載。高解像とともに拡張ISO204800の高感度を実現している。
  • 従来比最大約8倍の高速処理が可能な画像処理エンジン「BIONZ XR」や、AIを活用して高速・高精度・高追従に被写体をとらえるAF技術を採用。
α7 IV ILCE-7M4 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る
最安価格(税込):

¥283,000

(前週比:-6,919円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥292,520

ArcMarket-PLUS

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥292,900 (4製品)


価格帯:¥283,000¥368,000 (51店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥284,000 〜 ¥318,000 (全国708店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:3410万画素(総画素)/3300万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:573g α7 IV ILCE-7M4 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの価格比較
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの中古価格比較
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの買取価格
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの店頭購入
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのスペック・仕様
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの純正オプション
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビュー
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのクチコミ
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの画像・動画
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのピックアップリスト
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのオークション

α7 IV ILCE-7M4 ボディSONY

最安価格(税込):¥283,000 (前週比:-6,919円↓) 発売日:2021年12月17日

  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの価格比較
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの中古価格比較
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの買取価格
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの店頭購入
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのスペック・仕様
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの純正オプション
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビュー
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのクチコミ
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの画像・動画
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのピックアップリスト
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのオークション

『高次元でバランスの取れたベーシック機』 下手な鉄砲打ちさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビューを書く

下手な鉄砲打ちさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:245人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
317件
デジタルカメラ
1件
58件
自動車(本体)
0件
57件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感4
高次元でバランスの取れたベーシック機
当機種
当機種
当機種

当機種
機種不明ボディ筐体温度、α7Cとの比較
 

ボディ筐体温度、α7Cとの比較

 

【デザイン】
初代が出たころはあまり好きなデザインではなかったのですが見慣れたのか細部のデザインが変わったせいかは判りませんが今では不満はありません。

【画質】
α7Cでは基本RAWから現像していたのですが、同じようなやり方で画像を整理していたら撮って出しのJPEGの方が明かに良いことに気が付きました、今ではRAWは保険、HEIFからEditを使ってトリミングしています。
高画素化で心配された高感度ノイズも等倍で見れば若干悪くなってますが同じ鑑賞サイズなら同等です。

【操作性】
カスタム設定が豊富で自分好みの操作性が出来ます、モードダイヤル1・2・3にカワセミ用、飛行機用、風景用を設定し使っています。
メニューシステムが変更になり戸惑いましたが、ようやく慣れました、旧システムでもカスタムメニューもあり、慣れれば使いづらいことはありませんでした、要は慣れです、新メニューは初めて使う人にはわかりやすいと思います、タッチ操作が出来るようになったのは大進化です。

【バッテリー】
パワーアップした画像処理エンジンの為かα7Cと比べて減りは早くなりました、もともと予備バッテリは持参するのですがさらに増やすほど悪くはなっていないようです。ほとんどスタンバイ状態のカワセミ撮影でも半日持ちます。

【携帯性】
普通ですかね。

【機能性】
スチルは必要にして十分、動画は本格的に撮ることはありませんがかなり本格的に撮れそうです。
動画の熱警告ですが、新画像エンジンによる発熱(バッテリを消費するということはその分熱に変えているってことです)α7SVで採用された放熱構造に準じたシステムを採用しているため内部温度が同じでも筐体の温度は上がりやすいです、自動電源OFF温度設定「標準」は低温やけどに対するPL訴訟対策なので筐体の温度が上がりやすい分、内部のセンサーはより低い温度で警告を出していると思われます、ですので自動電源OFF温度設定「標準」では現行機種より早く自動停止します。
本来のシステム保護のための自動電源OFF温度設定「高」では排熱性が良くなったこともあり筐体温度は上がりますがα7Cより長時間撮影できそうです。
PL訴訟ってのがなければ自動電源OFF温度設定なんか不要だし、メーカ側からは絶対に自動電源OFF温度設定「高」を推奨しますとも言えないし、痛しかゆしですね。

【液晶】
ファインダーは不満無し、液晶は今まで通り、野外で確認する場合は結局ファインダーで確認することになるので不満はありません。

【ホールド感】
今は慣れましたがもう少しグリップを小さくしても良いかなと思います、批判?の声に反応し過ぎた感があります。

【総評】
大きく変わったところは画素数や鳥瞳AF、4K60p程度ですが操作性やボタン類の感触、起動速度、AF、モードダイヤル1・2・3に切り替え時の確認画面が無くなった等カタログに載らない見えない部分の改良がたくさんあり、高次元にバランスが取れた使いやすいベーシック機になったと思います。
値段は価値観次第です。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「α7 IV ILCE-7M4 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
最高!  5 2022年5月24日 00:29
スタンダード故にスペック出し惜しみ?  3 2022年5月14日 19:09
グリップと値段以外素晴らしいが詰めが甘い  5 2022年5月2日 17:16
オートフォーカス最高  4 2022年4月27日 20:03
8年ぶり  5 2022年4月19日 13:35
α7Vからの買い替え、満足です!  5 2022年4月19日 10:26
α7WとSONYレンズ。  5 2022年4月17日 19:09
軽さは正義  5 2022年4月12日 13:50
レンズ交換に向かないカメラ。キットレンズ専用か?  2 2022年4月7日 20:16
ハイエンド機並みのレスポンスを実現したベーシックカメラ  5 2022年3月31日 23:07

α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビューを見る(レビュアー数:42人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

α7 IV ILCE-7M4 ボディ
SONY

α7 IV ILCE-7M4 ボディ

最安価格(税込):¥283,000発売日:2021年12月17日 価格.comの安さの理由は?

α7 IV ILCE-7M4 ボディをお気に入り製品に追加する <1116

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意