『誰にでもお勧め出来るフルサイズ一眼レフ』 SONY α7 IV ILCE-7M4 ボディ naonaonaona333さんのレビュー・評価

2021年12月17日 発売

α7 IV ILCE-7M4 ボディ

  • 静止画と動画の撮影性能や操作性、共有・配信機能を一新したフルサイズミラーレス一眼カメラ。各設定を素早く切り替えられるダイヤルを追加。
  • 有効約3300万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載。高解像とともに拡張ISO204800の高感度を実現している。
  • 従来比最大約8倍の高速処理が可能な画像処理エンジン「BIONZ XR」や、AIを活用して高速・高精度・高追従に被写体をとらえるAF技術を採用。
α7 IV ILCE-7M4 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る
最安価格(税込):

¥296,000

(前週比:-10円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥295,100 (3製品)


価格帯:¥296,000¥368,000 (44店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥296,010 〜 ¥351,000 (全国709店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:3410万画素(総画素)/3300万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:573g α7 IV ILCE-7M4 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの価格比較
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの中古価格比較
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの買取価格
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの店頭購入
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのスペック・仕様
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの純正オプション
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビュー
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのクチコミ
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの画像・動画
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのピックアップリスト
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのオークション

α7 IV ILCE-7M4 ボディSONY

最安価格(税込):¥296,000 (前週比:-10円↓) 発売日:2021年12月17日

  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの価格比較
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの中古価格比較
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの買取価格
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの店頭購入
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのスペック・仕様
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの純正オプション
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビュー
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのクチコミ
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディの画像・動画
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのピックアップリスト
  • α7 IV ILCE-7M4 ボディのオークション

『誰にでもお勧め出来るフルサイズ一眼レフ』 naonaonaona333さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビューを書く

naonaonaona333さん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:480人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
68件
自動車(本体)
5件
34件
レンズ
8件
17件
もっと見る
満足度5
デザイン2
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感5
誰にでもお勧め出来るフルサイズ一眼レフ

【デザイン】
もう見飽きたを通り越して悟りの境地に入った感じのαのデザインなので、もはや何も感じませんね。ある意味では、BMWのキドニーグリル的な物なのでしょうか?
個人的な好みで言えば、どうもガドガド感とペラペラ感がアンバランスさにより、余り好きでは無いデザインだったりします。

【画質】
ほとんど言い訳のないフルサイズ一眼の画質を堪能できると言えます。高感度特性、ラチュード、解像感、ホワイトバランス含めた色味、解像感など含め、これと言った不満を感じません。
後、この解像度はなかなか絶妙だと思います。2400万画素程度だと、トリミング時に力不足に感じる事がありそうだし、以前、所有していたα7R IVの6000万画素超だと、アーカイビング性、編集性、SNSへのアップロード時など、何やと扱い辛くなる場面が多々ありました。
一方で、3000万画素程度は、トリミングはそこそこできるし、扱い心地よい画素数だと思います。

【操作性】
ここも何も不満は無いです。ボタンやダイヤル、コントロールスティック等々、どの操作系も何も疑問を感じません。それぞれの機能の割り当てのカスタマイズ性が極めて高いのもαシリーズの特徴の一つですが、ほぼ思い通りの操作性にできるので、不便は感じません。
後、各種操作に対するレスポンスは、本当、素晴らしく改善されました。α7R IVは、そのもっさり感のある操作性が嫌で手放してしまいましたが、これは疑問を感じないレスポンスが実現されています。

【バッテリー】
以前はα7R IVを使っていたので、電池の持ちは全く不満はありません。丸一日の撮影では、予備バッテリー無しでも行けましたが、安全を見て1つ予備を持っていけば、全く困ることは無い印象です。

【携帯性】
所謂、α7由来の形状なので、悪いわけはないです。これ以上、小さいと撮影に影響しそうですので、携帯性も考慮された絶妙にバランスの取れた形状だと思います。デザインはともあれ・・苦笑

【機能性】
特に不満は無く、あるべき機能は全て有しています。Wi-Fi も5GHz対応になり、高速転送可能になりました。
ただ、ボディ内の手ぶれ補正が、他社に比べて弱い点は、気にはなります。もはや、Eマウントの限界と思って諦めるしかないとも思ってます。
後、AFは明らかに進化しており、実に気持ちよいAF動作で、ジャスピンの歩留まりも大幅に向上したと思います。私はある意味でのベイビーα1レベルと言って良いと思いました。

【液晶】
背面液晶は、α7R IVと遜色ないので、特に気になりません。
ただ、EVFはやはり解像度が落ちているのが分かってしまう印象で、各画素が何となく見えてしまいます。なので、MF時の精密なピントの合わせは、高解像度なEVFを有するα7R IVの方がやり易かった印象ではあります。

【ホールド感】
全く問題なくホールドします。3kg以上のレンズでも、安定した手持ちでホールド可能です。
これ以上、デカくても無駄で、小さいと持ちにくくなるので、絶妙にバランスされたサイズだと思います。

【総評】
2022年初頭段階で、最もお勧めできるミラーレス一眼がα7IVだと思います。
α7R IVで色々と嫌気が溜まっていたので、EOS R5発売と同時にそっちに行きましたが、この度、これと二台持ちにすることにしました。
理由はα7R IVの操作性が機能に関する不満が、ほぼ解決されており、しかもAF性能含めたレスポンスの改善が行われたのが満足度が高くなりました。
後、Eマウントに豊富に存在するマウントアダプターで各種メーカーのレンズで遊べるのもαを楽しめる所だったりします。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった14人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン2
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感5
他者にお勧めが出来るフルサイズ一眼レフ

【デザイン】
もう見飽きたと通り越して、もはや悟りの境地に入った感じのαのデザインなので、何も感じませんね。ある意味では、BMWのキドニーグリル的な物なのでしょうか?
単純な好みで言えば、どうもペラペラ感が有って余り好きでは無いデザインだったりします。

【画質】
ほぼ何の言い訳もなく、フルサイズ一眼の画質を堪能できると言えます。高感度特性、ラチュード、解像感、ホワイトバランス含めた色味、解像感などなど、これと言った不満を感じません。
後、この解像度はなかなか絶妙だと思います。2400万画素程度だと、トリミング時に力不足に感じる事がありそうだし、以前、所有していたα7R IVの6000万画素超だと、アーカイビング性、編集、SNSへのアップロードなど、何かやと扱い辛くなる場面が多々ありました。
一方で3000万画素程度は、バランス感が有って、実に心地よい画素数だと思いました。

【操作性】
ここも何も不満は無いです。ボタンやダイヤル、コントロールスティック、どの操作性も何も疑問を感じません。実に自然に使えますし、割り当てのカスタマイズ性が極めて高いので、自分好みの操作性が簡単に得られる点も、特質すべき長所だと思います。
後、各種操作に対するレスポンスは、本当、素晴らしく改善されました。α7R IVは、そのもっさり感のある操作性が嫌で手放してしまいました。

【バッテリー】
以前はα7R IVを使っていたので、それより電池は持つようです。予備バッテリー無しか、安全を見て1つ予備を持っていけば、私のスタイルでは丸一日撮影しても全く困ることは無いです。

【携帯性】
所謂、α7由来の形状なので、悪いわけはないです。これ以上、小さいと使いにくいし、大きいと、今度はカバンを選ぶようになるので、携帯性も考慮された絶妙にバランスの取れた形状だと思います。

【機能性】
特に不満は無く、あるべき機能は全て有しています。Wi-Fi も5GHz対応になり、高速転送可能になりました。ただ、特にボディ内の手ぶれ補正が、他社に比べて弱い点は、気にはなりますが、もはや、Eマウントの宿命と思って諦めるしかないとも思ってます。
後、AFも進化しており、実に気持ちよくAF動作可能になり、ジャスピンの歩留まりも大幅に向上しました。ある意味でベイビーα1レベルと言って良いと思います。

【液晶】
背面液晶は、α7R IVと遜色ないので特に気になりませんが、EVFはやはり、よくよく見ると解像度が落ちており、画素が何となく見えているので、MF時の精密なピントの合わせは、より高解像度なα7R IVの方がやり易かった印象です。

【ホールド感】
全く問題なくホールドします。3kgレンズでも手持ちでホールド可能です。これ以上、デカくても無駄で、小さいと持ちにくくなるので、絶妙にバランスされたサイズだと思います。

【総評】
2022年初頭段階で、最もお勧めできるミラーレス一眼がα7IVです。
α7R IVで色々と嫌気が溜まってきた。EOS R5に行きましたが、この度、これと二台持ちにすることにしました。
理由はα7R IVの操作性が機能に関する不満はほぼ解決されており、しかもAF性能含めたレスポンス改善がかなり行われたのが気に入りました。
後、Eマウントに豊富に存在するマウントアダプターで各種レンズで遊べるのもαの良い所です!

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった5

 
 
 
 
 
 

「α7 IV ILCE-7M4 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
スタンダード故にスペック出し惜しみ?  3 2022年5月14日 19:09
グリップと値段以外素晴らしいが詰めが甘い  5 2022年5月2日 17:16
オートフォーカス最高  4 2022年4月27日 20:03
8年ぶり  5 2022年4月19日 13:35
α7Vからの買い替え、満足です!  5 2022年4月19日 10:26
α7WとSONYレンズ。  5 2022年4月17日 19:09
軽さは正義  5 2022年4月12日 13:50
レンズ交換に向かないカメラ。キットレンズ専用か?  2 2022年4月7日 20:16
ハイエンド機並みのレスポンスを実現したベーシックカメラ  5 2022年3月31日 23:07
α7cから機種変  5 2022年3月30日 16:15

α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビューを見る(レビュアー数:41人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7 IV ILCE-7M4 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

α7 IV ILCE-7M4 ボディ
SONY

α7 IV ILCE-7M4 ボディ

最安価格(税込):¥296,000発売日:2021年12月17日 価格.comの安さの理由は?

α7 IV ILCE-7M4 ボディをお気に入り製品に追加する <1102

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意