『ハイブリッドANC搭載。aptX adaptive 96/24対応で音質も進化』 プレシードジャパン AVIOT TE-D01m2 [ブラック] 野村ケンジさんのレビュー・評価

2021年12月17日 発売

AVIOT TE-D01m2 [ブラック]

  • ハイレゾ再生対応、「ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング」搭載の完全ワイヤレスイヤホン。大口径10mmドライバーを搭載している。
  • ノイズキャンセリング用マイクを前モデル「TE-D01m」の2倍、両耳合わせて計4基搭載。ノイズを大幅にカットし、音楽を際立たせる静寂を作り出す。
  • イヤホン単体で最大10時間、チャージングケース併用で最大50時間再生が可能。ワイヤレスチャージングに対応し、充電パッドに置くだけで充電できる。
AVIOT TE-D01m2 [ブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥14,850

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥14,850¥14,850 (10店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥14,850 〜 ¥14,850 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 駆動方式:ダイナミック型 ハイレゾ:○ AVIOT TE-D01m2 [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※正規販売店以外で購入された場合、メーカー保証が受けられない可能性がございます。保証に関しては購入ショップへお問い合わせください。

ご利用の前にお読みください

  • AVIOT TE-D01m2 [ブラック]の価格比較
  • AVIOT TE-D01m2 [ブラック]の店頭購入
  • AVIOT TE-D01m2 [ブラック]のスペック・仕様
  • AVIOT TE-D01m2 [ブラック]のレビュー
  • AVIOT TE-D01m2 [ブラック]のクチコミ
  • AVIOT TE-D01m2 [ブラック]の画像・動画
  • AVIOT TE-D01m2 [ブラック]のピックアップリスト
  • AVIOT TE-D01m2 [ブラック]のオークション

AVIOT TE-D01m2 [ブラック]プレシードジャパン

最安価格(税込):¥14,850 (前週比:±0 ) 発売日:2021年12月17日

  • AVIOT TE-D01m2 [ブラック]の価格比較
  • AVIOT TE-D01m2 [ブラック]の店頭購入
  • AVIOT TE-D01m2 [ブラック]のスペック・仕様
  • AVIOT TE-D01m2 [ブラック]のレビュー
  • AVIOT TE-D01m2 [ブラック]のクチコミ
  • AVIOT TE-D01m2 [ブラック]の画像・動画
  • AVIOT TE-D01m2 [ブラック]のピックアップリスト
  • AVIOT TE-D01m2 [ブラック]のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

AVIOT TE-D01m2 [ブラック]のレビューを書く

野村ケンジさん

  • レビュー投稿数:141件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールヘッドホンからホームシアター、音楽、クルマ関連などの記事を手がけるライター。専門誌やWEBサイトに寄稿するほか、TBSテレビ開運音楽堂やレインボータウンFMなどにもレギュラー出演させていただいてます。音元出版VGP、CDジャーナル・ヘッド…続きを読む

満足度4
デザイン3
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ハイブリッドANC搭載。aptX adaptive 96/24対応で音質も進化

イヤーモニター型のイヤホン本体。良好な装着感を持ち合わせる

コンパクトなケースにもかかわらずイヤホン本体は取り出ししやすい

装着感は良好だが、密閉性を高めるためにも付属フォームタイプイヤーピースがお勧め

メーカーから現行モデルのサンプル機を全機種お借りする機会がありましたので、一気に試聴させていただきました。プレーヤーはスマートフォンXiaomi「Mi 11 Lite 5G」や「11T Pro」を使用、aptX adaptiveコーデックで接続して試聴をおこないました。念のため、ポータブルDAP、Astell&Kern「SP2000T」などでも音を確認しています。

【デザイン】
オリジナルモデル「TE-D01m」とデザイン面ではほとんど変わりありません。ややゴージャスなカラーリングになったくらいでしょうか。そのいっぽうで、コンパクトなケースやフィット感の高いイヤーモニター然としたデザインなど、オリジナルモデルのよさを改めて実感させられました。

【高音の音質】
エッジの効いた、メリハリのはっきりした高音です。明瞭度が高く、のびのびとした中高域の表現を持ち合わせています。Jポップ、男性ヴォーカル、EDM系にピッタリのサウンドに感じられました。いっぽうでアンビエント系や女性ヴォーカルなどでは、少々騒がしいようにも感じられました。このあたりは、好み次第といえるでしょう。

【低音の音質】
量感が多く、かたまり感のある迫力満点の低音です。個人的にはもう少しフォーカス感があると良いようにも思いましたが、これはこれでバランスの良い纏まりのあるサウンドに仕上がっています。

【フィット感】
オリジナルモデルからほとんど変わらないイヤホン本体デザインは、イヤーモニター然としたスタイルのおかげで高いフィット感を持ち合わせています。イヤーピースは、一般的なシリコンタイプに加えてフォームタイブも同梱されているので、好みに合わせて使い分けてください。個人的には、フォームタイプがオススメです。

【外音遮断性】
付属のイヤーピースから自分にあったものをしっかり選べば、高い遮音性を確保できます。特にフォームタイプがオススメです。

【音漏れ防止】
遮音性同様、ピッタリのイヤーピースを選べば音漏れもある程度防ぐことができます。

【携帯性】
専用ケースはコンパクトで扱い易く、持ち運びはとても用意です。また、小さいケースながらもイヤホンが取り出しやすい点も好印象です。

【総評】
オリジナルモデル「TE-D01m」はアクティブとパッシブの両方を組み合わせた「マイルドANC」を採用していましたが、この「TE-D01m2」ではフィードフォワードとフィードバック方式を組み合わせたハイブリッドANCを搭載。ノイキャン性能をグレードアップさせてきました。実際、ANCの効き具合はなかなかのもので、様々なシチュエーションで大いに役立ってくれると思います。
いっぽうで、嬉しいポイントとなっているのが「Snapdragon Sound」に対応していること。おかげで、aptX adaptive96kHz/24bitコーデックでの接続・再生がおこなえるようになっています。転送速度の問題なのか、aptX adaptive48kHz/24bitとは音質・音色的に多少の違いがありますので、最新コーデックに対応していることは大きなアドバンテージになってると思います。この機能、この音質を持ちつつ、1.5万円前後で購入できるのは嬉しいかぎりです。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「AVIOT TE-D01m2 [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

AVIOT TE-D01m2 [ブラック]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

AVIOT TE-D01m2 [ブラック]
プレシードジャパン

AVIOT TE-D01m2 [ブラック]

最安価格(税込):¥14,850発売日:2021年12月17日 価格.comの安さの理由は?

AVIOT TE-D01m2 [ブラック]をお気に入り製品に追加する <12

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

  • 【Myコレクション】D
  • 【Myコレクション】C
  • 【Myコレクション】B
  • 【質問・アドバイス】メインPC
  • 【欲しいものリスト】購入予定

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意