『MDR-MA900難民の前に現れた救世主 付け心地最高クラス』 オーディオテクニカ ATH-HL7BT elgadoさんのレビュー・評価

2021年11月12日 発売

ATH-HL7BT

  • 長時間の装着でも軽量かつ快適な着け心地で聴き疲れしにくいオープンエアー型ワイヤレスヘッドホン。周りの空気とともに自然な音の鳴りを楽しめる。
  • 広帯域再生を実現する大口径53mmドライバーを搭載。3.5mmステレオミニプラグの2.0mコードが付属し、有線接続も可能。
  • 専用アプリで音質や音量レベル、音のバランスなどをカスタマイズできる。最大約20時間の連続再生、約10分の充電で約150分間の急速充電に対応。
ATH-HL7BT 製品画像
最安価格(税込):

¥19,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥19,800

Joshin

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥19,800¥20,800 (7店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥19,800 〜 ¥20,800 (全国703店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド/ネックバンド 装着方式:両耳 構造:開放型(オープンエアー) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜40kHz ハイレゾ:○ ATH-HL7BTのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • ATH-HL7BTの価格比較
  • ATH-HL7BTの店頭購入
  • ATH-HL7BTのスペック・仕様
  • ATH-HL7BTのレビュー
  • ATH-HL7BTのクチコミ
  • ATH-HL7BTの画像・動画
  • ATH-HL7BTのピックアップリスト
  • ATH-HL7BTのオークション

ATH-HL7BTオーディオテクニカ

最安価格(税込):¥19,800 (前週比:±0 ) 発売日:2021年11月12日

  • ATH-HL7BTの価格比較
  • ATH-HL7BTの店頭購入
  • ATH-HL7BTのスペック・仕様
  • ATH-HL7BTのレビュー
  • ATH-HL7BTのクチコミ
  • ATH-HL7BTの画像・動画
  • ATH-HL7BTのピックアップリスト
  • ATH-HL7BTのオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

ATH-HL7BTのレビューを書く

elgadoさん

  • レビュー投稿数:89件
  • 累計支持数:999人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
3件
334件
自動車(本体)
3件
208件
ノートパソコン
11件
108件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性1
音漏れ防止1
携帯性2
MDR-MA900難民の前に現れた救世主 付け心地最高クラス

今使っているヘッドフォンがソニーのMDR-MA900というフルオープン型ヘッドフォンで、
その音質の自然さ、音場の広さに加え付けて全く疲れないという付け心地の良さから
10年くらい使い続けていますが2016年にディスコンされ、今ではなかなか手に入らない逸品。

AKGやゼンハイザーのオープン型のヘッドフォンを後継候補として購入したけど
MA900の代わりにはなりませんでした。
しかし、ATHHL7BTというまさにMA900の代替になりそうなヘッドフォンがようやく発売され
セールで実質15000円切りでしたので比較として購入しました。


【付け心地】 (点数が高いほど良い)

ATHHL7BT 軽さ: 9 側圧: 9 蒸れ: 9 ずれやすさ;6
MA900  軽さ:10 側圧:10 蒸れ:10 ずれやすさ:5
HD599SE 軽さ: 8 側圧: 4 蒸れ: 6 ずれやすさ:8
CD900ST 軽さ:10 側圧: 7 蒸れ: 7 ずれやすさ:9
K712P  軽さ: 6 側圧: 5 蒸れ: 6 ずれやすさ:7

実物を手にした瞬間、確信しました。「これは絶対に合う」

MA900よりも30g程度重いですが、十分誤差の範囲
自分は側圧がちょっとでも強いと30分ほどで頭痛がしてきますが、
これは側圧も弱く付けているのを忘れるかもしれない感じです。
MA900はつけているのを忘れる感じですが、それにかなり肉薄するレベルです。

これでBT回路やバッテリーを積んでいるとのことなので、驚きです。



付け心地は良いとして、肝心なのは音質です。基本的に有線で聞く運用です。

再生環境 Foobar2000+ASIO DAC AL-38432DR(ヘッドホン出力)電源付属ACアダプター+Petit Susie


MA900のコードを外して、ATH-HL7BTで音楽を再生しました。

心 が 震 え た … !

MA900がディスコンして5年くらい色々後継ヘッドフォンを探していましたが、
ついに見つけました、これは後継になる…!


【高音の音質】
MA900の優しく奇麗の伸びる高音に比べて、やや自然さ優しさに欠け
粒粒感は足りないものの、それでも十分奇麗です。

【中音の音質】
MA900は女性ボーカルが奥に設置されますが、HL7BTは前面に配置され
イコライザーが少しかかっているような感じがします。
ただ、わざとらしさというよりも今のニーズに合わせたように思います。
広めの音場にボーカルを中心に置きたいという好みの人も多いでしょう。

ボーカル中心の曲はMA900とはまた違ったイメージでこちらのほうが好きなものもあります。

【低音の音質】
オープン型なので低音は苦手と言われますが、十分な音は出ています。
MA900が70mmドライバなのに、53mmドライバのHL7BTのほうが低音が強いです。
ただ、やや硬い感じがするのでまだエージング不足かもしれません。

【音場】
さすがにMA900の広い音場には敵いませんが、HL7BTも十分に広いです。
ただ、上記のように中音が前に出てくるのでボーカル正面の印象が強いです。

【解像度】
MA900は意図的に下げているのか音のフォーカスが全体に合う感じですが、
HL7BTはこれより高いです。 ただ、高すぎるわけではなく音楽として楽しめる範囲です。

【音質全体】
MA900が高音寄り音場広、自然で聞き疲れ一切しない心地よい音とすれば、HL7BTは
それにもう少しラウドネス&シャープさ足したようなガッツリと音楽を聴く方面に振った感じです。

しかし、素の方向性はほとんど似ているため、気分や音楽によって変えて楽しめる違いです。
生音、ジャズ系はMA900 打ち込み系はHL7BTのほうが向いている気がします。


【その他】
音漏れ? 盛大ですかなにか?

BT(無線)でも聞いてみましたが、明らかにパワーや解像度が落ち音楽を聴く面からは劣ります。
線がなくってフリーで軽いという魅力はありますが…。


【まとめ】
オープン型でも軽くて付け心地が良くて、側圧が緩くて頭痛がしなくて、夏場も蒸れない
音質が良いヘッドフォンというとMA900くらいで、ディスコンしてしまって難民化していたんですが、
HL7BTが思った以上に近くて、MA900を手放せないという人は絶対に購入するべきです。

10年間自分のアタマにフィットされたMA900と比べても肉薄する快適な付け心地、
音質も方向性が同じでオープン型の広い音場、MA900よりもくっきりとしていて
低音も強く解像度も高めなので、今風の音質。

まだ、2,3時間しか聞いていないのでエージングはこれからだし、リケーブルを検討しても良し。

どのように化けるのかは分からないけど、間違いなく、何年も待ち望んでいた
全く疲れないヘッドフォンに限りなく近いと言ってよいでしょう。

(追記)
リケーブルについて:3本ほどリケーブル試しました。
@家に転がっていた20年前のAUXケーブル(オーテク) 刺した瞬間音が3重くらい曇った。
A家に転がっていた10年前のAUXケーブル(ソニー)  刺した瞬間音が1重くらい曇った。
Bamazonで買った2000円のケーブル(IMPETO)
 解像度が上がり高音がより聞こえるようになった。音場も広がったが個人的には
 前のほうがよかった。

リケーブルは驚くほどに音が変わりますが、なんだかんだで好みはもとのケーブルでした。
付属ケーブルは決して品質も悪くなく、なるほどうまくバランスをとっているように思えます。
当然ソース、DAC、アンプなどの出力機器の特性を反映するので、それを踏まえたもので
自分の環境ではこれ以上の解像度は邪魔に感じただけです。

一点、ヘッドフォン側の差し込みに干渉するものもあり、なるべく端子が長い物が良いです。
接触部より3mmほどのクリアランスか、外径は8mmじゃないと引っかかります。
引っかかると片耳になったり、簡単に抜けたりします。 ここは改善してほしいかな。
amazonのIMPETO AUXはOKでした。

主な用途
音楽
ゲーム
接続対象
PC

参考になった9人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性1
音漏れ防止1
携帯性2
MDR-MA900難民の前に現れた救世主 付け心地最高クラス

今使っているヘッドフォンがソニーのMDR-MA900というフルオープン型ヘッドフォンで、
その音質の自然さ、音場の広さに加え付けて全く疲れないという付け心地の良さから
10年くらい使い続けていますが2016年にディスコンされ、今ではなかなか手に入らない逸品。

AKGやゼンハイザーのオープン型のヘッドフォンを後継候補として購入したけど
MA900の代わりにはなりませんでした。
しかし、ATHHL7BTというまさにMA900の代替になりそうなヘッドフォンがようやく発売され
セールで実質15000円切りでしたので比較として購入しました。


【付け心地】 (点数が高いほど良い)

ATHHL7BT 軽さ: 9 側圧: 9 蒸れ: 9 ずれやすさ;6
MA900  軽さ:10 側圧:10 蒸れ:10 ずれやすさ:5
HD599SE 軽さ: 8 側圧: 4 蒸れ: 6 ずれやすさ:8
CD900ST 軽さ:10 側圧: 7 蒸れ: 7 ずれやすさ:9
K712P  軽さ: 6 側圧: 5 蒸れ: 6 ずれやすさ:7

実物を手にした瞬間、確信しました。「これは絶対に合う」

MA900よりも30g程度重いですが、十分誤差の範囲
自分は側圧がちょっとでも強いと30分ほどで頭痛がしてきますが、
これは側圧も弱く付けているのを忘れるかもしれない感じです。
MA900はつけているのを忘れる感じですが、それにかなり肉薄するレベルです。

これでBT回路やバッテリーを積んでいるとのことなので、驚きです。



付け心地は良いとして、肝心なのは音質です。基本的に有線で聞く運用です。

再生環境 Foobar2000+ASIO DAC AL-38432DR(ヘッドホン出力)電源付属ACアダプター+Petit Susie


MA900のコードを外して、ATH-HL7BTで音楽を再生しました。

心 が 震 え た … !

MA900がディスコンして5年くらい色々後継ヘッドフォンを探していましたが、
ついに見つけました、これは後継になる…!


【高音の音質】
MA900の優しく奇麗の伸びる高音に比べて、やや自然さ優しさに欠け
粒粒感は足りないものの、それでも十分奇麗です。

【中音の音質】
MA900は女性ボーカルが奥に設置されますが、HL7BTは前面に配置され
イコライザーが少しかかっているような感じがします。
ただ、わざとらしさというよりも今のニーズに合わせたように思います。
広めの音場にボーカルを中心に置きたいという好みの人も多いでしょう。

ボーカル中心の曲はMA900とはまた違ったイメージでこちらのほうが好きなものもあります。

【低音の音質】
オープン型なので低音は苦手と言われますが、十分な音は出ています。
MA900が70mmドライバなのに、53mmドライバのHL7BTのほうが低音が強いです。
ただ、やや硬い感じがするのでまだエージング不足かもしれません。

【音場】
さすがにMA900の広い音場には敵いませんが、HL7BTも十分に広いです。
ただ、上記のように中音が前に出てくるのでボーカル正面の印象が強いです。

【解像度】
MA900は意図的に下げているのか音のフォーカスが全体に合う感じですが、
HL7BTはこれより高いです。 ただ、高すぎるわけではなく音楽として楽しめる範囲です。

【音質全体】
MA900が高音寄り音場広、自然で聞き疲れ一切しない心地よい音とすれば、HL7BTは
それにもう少しラウドネス&シャープさ足したようなガッツリと音楽を聴く方面に振った感じです。

しかし、素の方向性はほとんど似ているため、気分や音楽によって変えて楽しめる違いです。
生音、ジャズ系はMA900 打ち込み系はHL7BTのほうが向いている気がします。


【その他】
音漏れ? 盛大ですかなにか?

BT(無線)でも聞いてみましたが、明らかにパワーや解像度が落ち音楽を聴く面からは劣ります。
線がなくってフリーで軽いという魅力はありますが…。


【まとめ】
オープン型でも軽くて付け心地が良くて、側圧が緩くて頭痛がしなくて、夏場も蒸れない
音質が良いヘッドフォンというとMA900くらいで、ディスコンしてしまって難民化していたんですが、
HL7BTが思った以上に近くて、MA900を手放せないという人は絶対に購入するべきです。

10年間自分のアタマにフィットされたMA900と比べても肉薄する快適な付け心地、
音質も方向性が同じでオープン型の広い音場、MA900よりもくっきりとしていて
低音も強く解像度も高めなので、今風の音質。

まだ、2,3時間しか聞いていないのでエージングはこれからだし、リケーブルを検討しても良し。

どのように化けるのかは分からないけど、間違いなく、何年も待ち望んでいた
全く疲れないヘッドフォンに限りなく近いと言ってよいでしょう。

主な用途
音楽
ゲーム
接続対象
PC

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「ATH-HL7BT」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

ATH-HL7BTのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

ATH-HL7BT
オーディオテクニカ

ATH-HL7BT

最安価格(税込):¥19,800発売日:2021年11月12日 価格.comの安さの理由は?

ATH-HL7BTをお気に入り製品に追加する <213

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意