『走りは最高!最新機能は熟成待ち』 三菱 アウトランダーPHEV 2021年モデル Desert Eagleさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 三菱 > アウトランダーPHEV 2021年モデル

『走りは最高!最新機能は熟成待ち』 Desert Eagleさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

アウトランダーPHEV 2021年モデルのレビューを書く

Desert Eagleさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:116人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
59件
スマートフォン
0件
3件
USBメモリー
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4
走りは最高!最新機能は熟成待ち

良いところ
・走りに関しては、文句のつけどころが見つからない。
 雪の降る地域に住んでいる私として納車から3週間、ここ最近の大雪も体験し、安定度の高さを実感した。
・ALHの完成度の高さ。先行車はもちろん、対向車を照らすことはない。
 オート系のライトで苦手とする高低差のある場所でも、瞬時に必要な部分のみ減光される。先行車の発見も早く、テールランプが見えると素早く減光されるのを確認できた。また、対向車に対しては、それ以上に俊敏に反応している。ライト自体もかなり明るく感じる。
・ヒートポンプ式のヒーターは、一晩、完全にエンジン停止状態から概ね5分程度で暖かい風が吹き出し、10分もあればフロントウインドの雪が溶ける。体感的にもシートヒーター、ハンドルヒーターと併せて寒さを感じることはない。
・エレクトリックテールゲートの使用頻度が高く、買い物などに行くたび後席ではなく、ラゲッジに物を積むようになる。
・ウオッシャーがワイパーに付いていることと、フロントガラスのサイドが水受けになっているので、窓を開けてウオッシャーを使っても車内に入り込むことはない。
・加速感がまるでスポーツカー
 タイヤの限界を超えるような路面でなければ、信号待ちからのスタートが驚くほど速く、時速60kmまでほんの数秒で到達します。違反に注意が必要です。
・スノーモードはほぼアンダーが出ない。エクリプスクロスPHEVより回頭が穏やかで安心感が高く、かつ、確実にカーブに対してドライバーの意図通りノーズが回頭していきます。仮に滑っても回復が早くドライバーへのインフォメーションが確実なので、簡単な操作で姿勢制御することができます。
・運転中のほとんどの操作をハンドルで行うことができる。

気に入らないところ
・MITSUBISHIコネクトの使いづらさ。
 リモートでエアコンをかけようとしても、反応しない時がある。
 対処としては、一度スマートキーでドアロックを開閉すると反応する。
 また、操作状態をメールで知らせる機能について、朝6時に充電完了しているお知らせメールが
 10時過ぎくらいに4〜5通くることがある。さらに、車側の送受信にどこの携帯会社を使っているのかわかりませんが、山間部などに行くと反応しなくなることが多い。
私のスマホは「docomo」で電波があるのに、車側からの反応が全くないことがあった。
※再レビュー 
MITSUBISHIコネクトは「docomo」の電波を使っているようです。
・ドアハンドルを握って、ドアロックを解除直後に扉を開けるとセキュリティーアラーム(車のホーン)が鳴ることがある。対処法は、解除後、一呼吸置いてから開けること。
・私は降りるときにシートを一番後ろに下げて降りているためシートポジションメモリの2に下げたポジションをメモリし、1に運転時のポジションをメモリしているが、エンジンをかける前に1を押してシートが動いている最中に、スタートボタンを押すと自動的に「2」のポジションに戻そうとする。
・スマートフォン連携ナビ(マルチモニター)の不具合が多すぎ
(1) スタートボタンを押し、「Ready」がついた直後に発進させるとマルチモニターがブラックアウトすることがある。
(2) リバースに入れたとき、画面がブラックアウトするときがある。
・MITSUBISHIコネクトを使ってエアコンを作動させた状態で扉を開けても、エアコンはすぐに切れない。エアコンが切れていない状態でエンジンを始動させると、「Ready」は点灯するし、車も走れるがエンジンがかからない。(電気で走行)対処法は、一度エンジンを切るしかない。
※再レビュー
「MITSUBISHIコネクトでエアコンをかけ、エアコンが切れる前に乗り込んでエンジンをかけた場合、エアコンが「OFF」になります。冬にそのまま走るとエアコンがOFFなので「EV」モードで走り始めます。これがエンジンがかからないと思った理由だとわかりました。走り続けるか、エアコンの「AUTO」を押すことでエンジンが始動します。」
・スノーモードの時は、MI Pilotが動作範囲外となりクルーズコントロールも使えない。
※再レビュー
EVモードで走行している時にパドルで「B3以上(B4、B5)にすると、EVモードが解除されてしまう。
・気温がマイナスの環境で洗車をした場合、充電口が凍り何をしても開かない。対処法はドライヤーなどで温めて開けるしかない。
・ブレーキの踏み幅が広く、回生ブレーキやMI Pilotで減速する場合、ブレーキペダル自体が動き奥に入っていく。それは良いとして、ペダルがノーマル状態で踏み込むと、あるところから急にブレーキが強くかかるため、慣れるまでは急ブレーキのような止まり方になる。
・天井部が低いのか、サンバイザーを下げるときに視界を奪う。
・なぜ?シートポジションメモリは夜間光らないので全く見えない。結局、ルームランプをつけることになる。
微妙な機能
・オドメーターは常時表示されていますが、トリップメーターはありません。
その代わりに、マルチインフォメーションディスプレイの「運転情報i」に「ドライブコンピュータ」と言う項目があり、「ドライブ情報1」「ドライブ情報2」「給油後ドライブ情報」というものがあります。これが「トリップメーター」の代わりとなるもので、私は「ドライブ情報2」をオイル交換時にリセットしています。
総評
機械的な部分は完全に次世代であると感じます。走りの良さ、運転の楽さ、楽しさは文句のつけようがありません。
しかし、電子的な部分、新しい技術の部分はこれからの熟成待ちで、特にスマートフォン連携ナビについては、どのメーカーにもある不具合ではあるものの、500万円もする車にはお粗末としか言いようがない。100歩譲って、スマホ連携はスマホのOSに依存する部分があるとしても、リバースに入れて画面がブラックアウトするとか、エンジンReadyにも関わらず、エンジンがかからないとかは安全面を考えても改良の余地ありと感じました。いい車なんですけどね…
※再レビュー
ANCAPによる衝突安全性能はクチコミにアップしました。

乗車人数
6〜7人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年12月
購入地域
北海道

新車価格
532万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

アウトランダーPHEVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった116人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4
走りは最高!最新機能は熟成待ち

再生する

製品紹介・使用例
MITSUBISHIコネクト使用後のエアコンOFF動画

良いところ
・車としての完成度が高い。特に走りに関しては、文句のつけどころが見つからない。
 雪の降る地域に住んでいる私として納車から3週間、ここ最近の大雪も体験し、安定度の高さを実感した。

・ALHの完成度の高さ。先行車はもちろん、対向車を照らすことはない。
 オート系のライトで苦手とする高低差のある場所でも、瞬時に必要な部分のみ減光される。先行車の発見も早く、テールランプが見えると素早く減光されるのを確認できた。また、対向車に対しては、それ以上に俊敏に反応している。ライト自体もかなり明るく感じる。

・ヒートポンプ式のヒーターは、一晩、完全にエンジン停止状態から概ね5分程度で暖かい風が吹き出し、10分もあればフロントウインドの雪が溶ける。体感的にもシートヒーター、ハンドルヒーターと併せて寒さを感じることはない。

・エレクトリックテールゲートの使用頻度が高く、買い物などに行くたび後席ではなく、ラゲッジに物を積むようになる。

・ウオッシャーがワイパーに付いていることと、フロントガラスのサイドが水受けになっているので、窓を開けてウオッシャーを使っても車内に入り込むことはない。

気に入らないところ
・MITSUBISHIコネクトの使いづらさ。
 リモートでエアコンをかけようとしても、反応しない時がある。
 対処としては、一度スマートキーでドアロックを開閉すると反応する。
 また、操作状態をメールで知らせる機能について、朝6時に充電完了しているお知らせメールが
 10時過ぎくらいに4〜5通くることがある。さらに、車側の送受信にどこの携帯会社を使っているのかわかりませんが、山間部などに行くと反応しなくなることが多い。
私のスマホは「docomo」で電波があるのに、車側からの反応が全くないことがあった。

・ドアハンドルを握って、ドアロックを解除直後に扉を開けるとセキュリティーアラーム(車のホーン)が鳴ることがある。対処法は、解除後、一呼吸置いてから開けること。

・私は降りるときにシートを一番後ろに下げて降りているためシートポジションメモリの2に下げたポジションをメモリし、1に運転時のポジションをメモリしているが、エンジンをかける前に1を押してシートが動いている最中に、スタートボタンを押すと自動的に「2」のポジションに戻そうとする。

・スマートフォン連携ナビ(マルチモニター)の不具合が多すぎ
(1) スタートボタンを押し、「Ready」がついた直後に発進させるとマルチモニターがブラックアウトすることがある。
(2) リバースに入れたとき、画面がブラックアウトするときがある。

・MITSUBISHIコネクトを使ってエアコンを作動させた状態で扉を開けても、エアコンはすぐに切れない。エアコンが切れていない状態でエンジンを始動させると、「Ready」は点灯するし、車も走れるがエンジンがかからない。(電気で走行)対処法は、一度エンジンを切るしかない。
※再レビュー
「MITSUBISHIコネクトでエアコンをかけ、エアコンが切れる前に乗り込んでエンジンをかけた場合、エアコンが「OFF」になります。冬にそのまま走るとエアコンがOFFなので「EV」モードで走り始めます。これがエンジンがかからないと思った理由だとわかりました。走り続けるか、エアコンの「AUTO」を押すことでエンジンが始動します。」

・スノーモードの時は、MI Pilotが動作範囲外となりクルーズコントロールも使えない。

・気温がマイナスの環境で洗車をした場合、充電口が凍り何をしても開かない。対処法はドライヤーなどで温めて開けるしかない。

・ブレーキの踏み幅が広く、回生ブレーキやMI Pilotで減速する場合、ブレーキペダル自体が動き奥に入っていく。それは良いとして、ペダルがノーマル状態で踏み込むと、あるところから急にブレーキが強くかかるため、慣れるまでは急ブレーキのような止まり方になる。(まだ慣れません…)

・天井部が低いのか、サンバイザーを下げるときに視界を奪う。

・なぜ???シートポジションメモリは夜間光らないので全く見えない。結局、ルームランプをつけることになる。

総評
機械的な部分は完全に次世代であると感じます。走りの良さ、運転の楽さ、楽しさは文句のつけようがありません。
しかし、電子的な部分、新しい技術の部分はこれからの熟成待ちで、特にスマートフォン連携ナビについては、どのメーカーにもある不具合ではあるものの、500万円もする車にはお粗末としか言いようがない。100歩譲って、スマホ連携はスマホのOSに依存する部分があるとしても、リバースに入れて画面がブラックアウトするとか、エンジンReadyにも関わらず、エンジンがかからないとかは安全面を考えても改良の余地ありと感じました。いい車なんですけどね…

乗車人数
6〜7人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年12月
購入地域
北海道

新車価格
532万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

アウトランダーPHEVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4
走りは最高!最新機能は熟成待ち

良いところ
・車としての完成度が高い。特に走りに関しては、文句のつけどころが見つからない。
 雪の降る地域に住んでいる私として納車から3週間、ここ最近の大雪も体験し、安定度の高さを実感した。

・ALHの完成度の高さ。先行車はもちろん、対向車を照らすことはない。
 オート系のライトで苦手とする高低差のある場所でも、瞬時に必要な部分のみ減光される。先行車の発見も早く、テールランプが見えると素早く減光されるのを確認できた。また、対向車に対しては、それ以上に俊敏に反応している。ライト自体もかなり明るく感じる。

・ヒートポンプ式のヒーターは、一晩、完全にエンジン停止状態から概ね5分程度で暖かい風が吹き出し、10分もあればフロントウインドの雪が溶ける。体感的にもシートヒーター、ハンドルヒーターと併せて寒さを感じることはない。

・エレクトリックテールゲートの使用頻度が高く、買い物などに行くたび後席ではなく、ラゲッジに物を積むようになる。

・ウオッシャーがワイパーに付いていることと、フロントガラスのサイドが水受けになっているので、窓を開けてウオッシャーを使っても車内に入り込むことはない。

気に入らないところ
・MITSUBISHIコネクトの使いづらさ。
 リモートでエアコンをかけようとしても、反応しない時がある。
 対処としては、一度スマートキーでドアロックを開閉すると反応する。
 また、操作状態をメールで知らせる機能について、朝6時に充電完了しているお知らせメールが
 10時過ぎくらいに4〜5通くることがある。さらに、車側の送受信にどこの携帯会社を使っているのかわかりませんが、山間部などに行くと反応しなくなることが多い。
私のスマホは「docomo」で電波があるのに、車側からの反応が全くないことがあった。

・ドアハンドルを握って、ドアロックを解除直後に扉を開けるとセキュリティーアラーム(車のホーン)が鳴ることがある。対処法は、解除後、一呼吸置いてから開けること。

・私は降りるときにシートを一番後ろに下げて降りているためシートポジションメモリの2に下げたポジションをメモリし、1に運転時のポジションをメモリしているが、エンジンをかける前に1を押してシートが動いている最中に、スタートボタンを押すと自動的に「2」のポジションに戻そうとする。

・スマートフォン連携ナビ(マルチモニター)の不具合が多すぎ
(1) スタートボタンを押し、「Ready」がついた直後に発進させるとマルチモニターがブラックアウトすることがある。
(2) リバースに入れたとき、画面がブラックアウトするときがある。

・MITSUBISHIコネクトを使ってエアコンを作動させた状態で扉を開けても、エアコンはすぐに切れない。エアコンが切れていない状態でエンジンを始動させると、「Ready」は点灯するし、車も走れるがエンジンがかからない。(電気で走行)対処法は、一度エンジンを切るしかない。
※再レビュー
「MITSUBISHIコネクトでエアコンをかけ、エアコンが切れる前に乗り込んでエンジンをかけた場合、エアコンが「OFF」になります。冬にそのまま走るとエアコンがOFFなので「EV」モードで走り始めます。これがエンジンがかからないと思った理由だとわかりました。走り続けるか、エアコンの「AUTO」を押すことでエンジンが始動します。」

・スノーモードの時は、MI Pilotが動作範囲外となりクルーズコントロールも使えない。

・気温がマイナスの環境で洗車をした場合、充電口が凍り何をしても開かない。対処法はドライヤーなどで温めて開けるしかない。

・ブレーキの踏み幅が広く、回生ブレーキやMI Pilotで減速する場合、ブレーキペダル自体が動き奥に入っていく。それは良いとして、ペダルがノーマル状態で踏み込むと、あるところから急にブレーキが強くかかるため、慣れるまでは急ブレーキのような止まり方になる。(まだ慣れません…)

・天井部が低いのか、サンバイザーを下げるときに視界を奪う。

・なぜ???シートポジションメモリは夜間光らないので全く見えない。結局、ルームランプをつけることになる。

総評
機械的な部分は完全に次世代であると感じます。走りの良さ、運転の楽さ、楽しさは文句のつけようがありません。
しかし、電子的な部分、新しい技術の部分はこれからの熟成待ちで、特にスマートフォン連携ナビについては、どのメーカーにもある不具合ではあるものの、500万円もする車にはお粗末としか言いようがない。100歩譲って、スマホ連携はスマホのOSに依存する部分があるとしても、リバースに入れて画面がブラックアウトするとか、エンジンReadyにも関わらず、エンジンがかからないとかは安全面を考えても改良の余地ありと感じました。いい車なんですけどね…

乗車人数
6〜7人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年12月
購入地域
北海道

新車価格
532万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

アウトランダーPHEVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4
走りは最高!最新機能は熟成待ち

再生する

再生する

製品紹介・使用例
吹雪の中のライト照射テスト

製品紹介・使用例
吹雪の中のライト照射テスト2

良いところ
・車としての完成度が高い。特に走りに関しては、文句のつけどころが見つからない。
 雪の降る地域に住んでいる私として納車から3週間、ここ最近の大雪も体験し、安定度の高さを実感した。

・ALHの完成度の高さ。先行車はもちろん、対向車を照らすことはない。
 オート系のライトで苦手とする高低差のある場所でも、瞬時に必要な部分のみ減光される。先行車の発見も早く、テールランプが見えると素早く減光されるのを確認できた。また、対向車に対しては、それ以上に俊敏に反応している。ライト自体もかなり明るく感じる。

・ヒートポンプ式のヒーターは、一晩、完全にエンジン停止状態から概ね5分程度で暖かい風が吹き出し、10分もあればフロントウインドの雪が溶ける。体感的にもシートヒーター、ハンドルヒーターと併せて寒さを感じることはない。

・エレクトリックテールゲートの使用頻度が高く、買い物などに行くたび後席ではなく、ラゲッジに物を積むようになる。

・ウオッシャーがワイパーに付いていることと、フロントガラスのサイドが水受けになっているので、窓を開けてウオッシャーを使っても車内に入り込むことはない。

気に入らないところ
・MITSUBISHIコネクトの使いづらさ。
 リモートでエアコンをかけようとしても、反応しない時がある。
 対処としては、一度スマートキーでドアロックを開閉すると反応する。
 また、操作状態をメールで知らせる機能について、朝6時に充電完了しているお知らせメールが
 10時過ぎくらいに4〜5通くることがある。さらに、車側の送受信にどこの携帯会社を使っているのかわかりませんが、山間部などに行くと反応しなくなることが多い。
私のスマホは「docomo」で電波があるのに、車側からの反応が全くないことがあった。

・ドアハンドルを握って、ドアロックを解除直後に扉を開けるとセキュリティーアラーム(車のホーン)が鳴ることがある。対処法は、解除後、一呼吸置いてから開けること。

・私は降りるときにシートを一番後ろに下げて降りているためシートポジションメモリの2に下げたポジションをメモリし、1に運転時のポジションをメモリしているが、エンジンをかける前に1を押してシートが動いている最中に、スタートボタンを押すと自動的に「2」のポジションに戻そうとする。

・スマートフォン連携ナビ(マルチモニター)の不具合が多すぎ
(1) スタートボタンを押し、「Ready」がついた直後に発進させるとマルチモニターがブラックアウトすることがある。
(2) リバースに入れたとき、画面がブラックアウトするときがある。

・MITSUBISHIコネクトを使ってエアコンを作動させた状態で扉を開けても、エアコンはすぐに切れない。エアコンが切れていない状態でエンジンを始動させると、「Ready」は点灯するし、車も走れるがエンジンがかからない。(電気で走行)対処法は、一度エンジンを切るしかない。

・スノーモードの時は、MI Pilotが動作範囲外となりクルーズコントロールも使えない。

・気温がマイナスの環境で洗車をした場合、充電口が凍り何をしても開かない。対処法はドライヤーなどで温めて開けるしかない。

・ブレーキの踏み幅が広く、回生ブレーキやMI Pilotで減速する場合、ブレーキペダル自体が動き奥に入っていく。それは良いとして、ペダルがノーマル状態で踏み込むと、あるところから急にブレーキが強くかかるため、慣れるまでは急ブレーキのような止まり方になる。(まだ慣れません…)

・天井部が低いのか、サンバイザーを下げるときに視界を奪う。

・なぜ???シートポジションメモリは夜間光らないので全く見えない。結局、ルームランプをつけることになる。

総評
機械的な部分は完全に次世代であると感じます。走りの良さ、運転の楽さ、楽しさは文句のつけようがありません。
しかし、電子的な部分、新しい技術の部分はこれからの熟成待ちで、特にスマートフォン連携ナビについては、どのメーカーにもある不具合ではあるものの、500万円もする車にはお粗末としか言いようがない。100歩譲って、スマホ連携はスマホのOSに依存する部分があるとしても、リバースに入れて画面がブラックアウトするとか、エンジンReadyにも関わらず、エンジンがかからないとかは安全面を考えても改良の余地ありと感じました。いい車なんですけどね…

乗車人数
6〜7人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年12月
購入地域
北海道

新車価格
532万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

アウトランダーPHEVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった71

 
 
 
 
 
 

「アウトランダーPHEV 2021年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

アウトランダーPHEV 2021年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

アウトランダーPHEV 2021年モデル
三菱

アウトランダーPHEV 2021年モデル

新車価格:462〜532万円

中古車価格:

アウトランダーPHEV 2021年モデルをお気に入り製品に追加する <559

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

アウトランダーPHEVの中古車 (774物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意